武道通信かわら版

武道通信かわら版 2月5日号 通算425号


カテゴリー: 2018年02月05日
==============================================================
─────■─■─■■─────────【武道通信かわら版】
────■■■■■■■■────────2/5 2018 通算425号
───────■─■──────────
─────■─■■─■─────────インターネットで読む
─────■─■───■────────『武道通信』
────■■■■■■■─■───────サブマガジ
==============================================================
  http://www.budotusin.net        東京都 国立市東3-4-8
 sugiyama@budotusin.net       杉山頴男(ひでお)事務所
                    042-580-6428 
////////////////////////////////////////////////////////////////

全学連のデモ隊の中にいた
なぜか幼児時の記憶が蘇った

大人の拳ほどの石を
アメリカ軍艦に見立て
ジャリ石をカミカゼに見立て
何度も何度も投げつけた

あの60年安保デモは仇討ち
戦士した父、兄の仇討ちだった
焼夷弾、原爆で焼き殺された母、姉の仇討ちだった
この全学連のデモには
自分の命を手段化する情念が無かった
デモ隊から去った

「死を賭した行動への決断のDNA」
ここに降りていくしかない
根へ根へ降りていくしかない
武士の記憶の遺伝子へ


    …………………………………………

 お知らせ
2 北朝鮮の弱点を狙え! ……加藤 健
  ◎朝鮮総連破産を実現しよう!
3 忙中閑あり  ……杉山頴男
  ◎西部邁の武士道
     ──日本列島固有種[武士]を考究する


■お知らせ───────────────────────────


一、 兵頭二十八ネット私塾「読書余論」
   有料配信は5月まで。6月期からの配信から無料。
   配信とするかサイトUPにするか検討中
     *今月2月から有料までの「2018-5-25」配信号まで購読
     したいとの方は4ヵ月分500×4=2,000円でお申
     し込みください。

    2月期(139 回)は1月25日配信 目次は告知版 
     読書余論バックナンバー  
     http://www.budotusin.net/yoron.html


二、『ヒラリーのアメリカ:民主党の秘密の歴史』
    ディネシュ・ドゥスーザ著(Regnery Publishing, 2016)
   一般的なイメージとしては、民主党は奴隷制度に反対、人種差別
   に反対する思想を持つ政党であると見られております。しかし、
   ドゥスーザ氏は奴隷制度に一貫して反対し、憲法を改正して、
   奴隷制度を非合法とし、解放された黒人に米国市民としての完全
   な法的権利を与えたのは共和党であったと全く反対の事実を述べ
   ています。
   ウッドロー・ウイルソン大統領は、パリ講和会議のときに日本が
   提案した人種差別条項削除提案が多数の支持を得たにも関わらず
   これを葬り去ったことで知られています。また、ハリー・トルー
   マン大統領は、広島、長崎に核爆弾を投下する決定を行いました。
   この両者とも、民主党の伝統思想の影響を強く受けた人種差別主
   義者であったことが、こうした決定の背景にあったということも
   ドゥスーザ氏の本からわかってきます。
   あまり類例のない角度からアメリカの民主党の歴史と考えを明
   らかする。(史実を世界に発信する会)



■北朝鮮の弱点を狙え! ご協力の呼びかけ《181》─────────

                                             加藤 健

朝銀破綻の全体像を知れば、大部分の日本人は「朝鮮総連破産は当然」
と言うはずです。なにしろ被害者ですから。多くの人に知ってもらい
たいです。

 ◎朝鮮総連破産を実現しよう!

★ 途方もないカネを取られた!

在宅ロビー活動にご参加いただいている皆様、このたび産経新聞が発行
する『正論』に「朝鮮総連の隠し財産を追う」と題された私の論文が掲
載されました。ぜひご覧ください。
http://seiron-sankei.com/recent

冒頭に、朝銀破綻で私たち日本国民に1兆円以上負担させ、裁判所から
910億円の支払いを命じられている朝鮮総連が、都内に100億円の
土地を持つことを書きました。朝鮮総連自身が「財産」と認めているも
のです。ところが脱法行為の壁に阻まれて差押えできません。破産手続
を活用するしかないと論じました。

私たち日本国民が朝銀破綻で払わされた血税は計1兆3453億円です
が、その規模をいかに伝えるか、表現方法で苦労しました。
実は巨大すぎて、自分でもピンときていないのです。そこで無駄遣いの
象徴である夜の街の豪遊を例にしようと計算したら、あまりの凄まじさ
に倒れそうになりました。

バブルの頃、アブク銭を銀座や六本木で惜しげもなく使う話がよくあり
ました。高級クラブをはしごし、ルイ13世やピンクドンペリといった
高級酒を次々とあけ、ホステスにチップをバラ撒き、一晩で何百万円を
使うような散財です。某サラ金会社のオーナーなどが有名でした。普通
の庶民ならアッという間に破産です。ドラ息子は持ちたくないものです
(笑)

もしも一晩500万円の超大豪遊を続けたら、朝鮮総連に払わされた1
兆3453億円を何日で使い切れるだろうかと計算してみました。

なんと737年もかかるのです。雨の日も風の日も夜の街に通い続け、
1年365日一日も休まず毎日500万円バラ撒き続けたとしても、7
世紀以上必要になるのです。

今から737年前といえば元寇のころです。その頃から放蕩をはじめ、
楠木正成が戦っていたときも、応仁の乱のときも、戦国時代に入っても、
江戸時代の飢饉のときも毎日500万円使い続け、幕末の京では尊攘志
士や新選組に奢り、第一次世界大戦後は戦争成金に負けないように無駄
遣いし、昭和の終わりにはバブル紳士からも「あの人には到底かなわな
い」といわれ、やっと今年使い切れるのです。30世代くらい必要でし
ょうか?

私たち日本人が額に汗して蓄えた巨額の共有財産を、朝鮮総連のためド
ブに捨てる羽目になりました。いや、ドブに捨てたほうがずっとマシで
した。朝銀破綻で投入された公的資金の一部は北朝鮮に送金され、核・
ミサイル開発資金となり、いま私たちの生命を脅かしています。

こんなことが許されていいはずありません。政府はいますぐ朝鮮総連の
破産を裁判所に申立てるべきです。破産申立てが技術的に可能な旨は、
自民党の長尾敬先生が金融庁から説明を受けています。
できるのです。やるべきです。


★ 岸田文雄座長にメールを!

ここで皆様にお願いがあります。ほんの少しだけお時間をください。前
回と同じになりますが、自民党対北朝鮮総合対策検討プロジェクトチー
ムの岸田文雄座長にメールを送り「朝鮮総連の破産申立てを自民党の政
策にしてください」と要請していただきたいのです。

送り方としてはメールアドレスに直接送る方法と、
f-kishida@kishida.gr.jp
議員ホームページのメールフォームを利用する方法、
http://www.kishida.gr.jp/mail/mailform.html
自民党ホームページの「自民党へのご意見」から「岸田文雄政調会長」
と宛先を指定して送る方法の三通りがあります。
https://www.jimin.jp/voice/

私たちの声で、正義を実現しましょう。日本人はコケにされたままでは
いけません。よろしくお願いします。



■忙中閑あり《371》───────────────────────

                         杉山頴男

 ◎西部邁の武士道
  《生命尊重こそがニヒリズムの根源
  それにいち早く気づいたのは文明人が武士》
          ──日本列島固有種[武士]を考究する

 人と云う生き物は煩悩のカタマリだから、解脱して絶対自由の境地に
達せよとお釈迦さんは云われたが解脱などドダイ無理なハナシ。それに
 解脱修行でもしていたら、損得勘定しか頭にない他者に核ミサイルを
打ち込まれる。
 欲も快楽も大いに結構。が、<お命一番大事>が世をダメにする。人
間を劣化させる。敗戦後の日本がまさにコレ。
 憲法九条を<お命一番大事>と解釈し、国会、教育、お茶の間のテレ
ビまで<お命一番大事>漬け。
 もう、やんなっちゃった。長年の不摂生がたたり身体はボロボロだし、
死ぬことにしたんだ。ハイ、サヨナラ。

        ―――――――― * ――――――――
 拙者、男であるゆえイタコになれぬ。が、西部邁さんの霊が降りてき
た。拙者の身に降霊(憑依)してきた。
 その昔、武道通信十三ノ巻に寄稿いただいたゆえなのだろうか。
 イタコまがいに口寄せしたのが上記。口寄せは下記につづく。
        ―――――――― * ――――――――

 ★死を賭した行動への決断
 
 小柄すぎたせいで武道に身を投じたことはなかった。とて身体の俊敏
さは人並み以上。60年安保の学生運動で疲れ切った中で百メートルを
十三秒フラットで走った。
 親からもらった元来の丈夫さが、積年の不養生の報いでこの有り様だ。

 武の道には無縁であったが、武道家たちの精神を思いやる点において、
人並み以上だったと自負している。
 なぜならDNAは武士道なるものに通じる「死を賭した行動への決断」
に引き寄せられるからだ。
 少年の頃から、そのような物語を好み、そうした場面を夢想した。
 戊辰戦争の折に会津藩士の子であったなら少年白虎隊として切腹した
に違いない。また大東亜戦争のときに神国日本の青年であったなら、神
風特攻隊員として東支那海で命を散らしたに違いない。
 
 文筆、口上の徒であるが、老残の身をもてあますようになっても、武
士道精神、「死を賭した行動への決断」の残り火を書き立てなくては文
章の一片も、口上の一言も能{かな}わずとしてきた。とて武士道精神
などと表現するのは気恥ずかしくもあるので、行間に、息継ぎに滲ませ
てきた。
 それを杉山に見破られて、武士道論を書けと注文が来た。平成十二年
の春の宵だった。

 ★儒教かぶれの「文武両道」

 「文武両道」との常套句は文弱の徒を撃つ言葉に聞こえるが、自分の
文弱ぶりを否定するわけではないが、知(文)と行(武)とを両断する
のは間違いである。朱子学、陽明学のウンチクはやめておくが、まさに
儒教だ。知(文)より行(武)を下に置いた儒教は両断する。日ノ本で
は両断できない。
 平家物語の「文武二道」は文武を両断するのでなく相互浸透である。
 江戸初期の儒学者が云っている。まだこの頃には儒学かぶれはいなか
った「文と武は元来一徳であって、分かつことができない。したがって、
武なき文、文なき武は共に真実の文ではなく、武でもない」
 
 これまでの武士道論で見逃されがちであったのは文武の相互浸透さ。
「寸鉄人を刺す」ごとく他者を傷つけうるし、逆に「物言えば唇寒し」
のごとく自分を危地に追いやる。
 他者への介入という意味で「武」の要素を伴う。知(文)と行(武)
を分離するのは不可能だ。文(知)それ自身に死活の感情がこめらえて
いるのさ。

 切腹して果ては三島由紀夫にしても、自らの行為を納得させるために
『文化防衛論』『太陽と鉄』を書かねばならず、自衛隊のバルコニーか
ら檄文を撒かなければならかった。知(文)の作業それ自体も行(武)
の実戦でしかありない。 

 ★新渡戸稲造の『武士道』は新宗教である

 いまの世の知識人の知(文)にはアクビするしかなかった。「武なき
文」であるからさ。僕がやっていた『表現者』に書いてもらっていたテ
ラいなく軍学者と名乗る兵頭二十八は見事な「武ある文」の人であった。
 軍学者が『予言 日支宗教戦争』で「武ある文」書いていた。たしか
前書きにこうあった。
 新渡戸稲造が『武士道』を書いたのは、日本人はクリスチャンでない
が、古代ギリシャ人のような正邪の言語的誠実さを持っているから西欧
文明のメンバーになれると宣伝したかったからと。そして近代日本人に
新宗教たる「武士道」を創案した。
 クリスチャン新渡戸稲造は、米国で日本の新しい宗教を見つけ出した。
欧米と伍していくには日本にも強い宗教が必要だと痛感した。

 知識人、つまりエリートとは「選ばれし良き人」でなければならない。
エリートとは元来、神の戒律ごとき超越の基準にもとづいて選ばれた人
間のことである。
 超越の基準とは何か。死活の覚悟に奉じるのを第一の義とする。その
義のために自分の生命を手段化、武器とする態度のことさ。
 
 連綿とつづいてきた武士道の核心もまた、自分の感情の根底において
そうした超越の義のために進んで自分を犠牲にする決意に他ならない。
つまり、神のような超越者に服従することではじめて人間は一人前の主
体となれる。
 命は義と云う目的のための手段としてのみ尊い。武士の理想像もまた、
そうしたものであった。

 ★ニヒリズムの根を絶つ自決
 
  義とは何か。近現代の価値観を形づくる「ライト」。「ライト」は名
詞では「権利」。が、形容詞は「正しい」。物事の正しさはどこからや
ってくるか。己らの欲望からやってくると思う人間だけが、基本的権利
などと云う。人権だ人権だと云って騒ぐ。
 
 義を知ろうとする者は、「ライト」を権利でなく「権理」ととらえる。
福沢諭吉の云った「権理」。
 歴史の英知の理{ことわり}に叶った基準にもとづいて己の利のあり
方を権{はか}ること。それに対して「権利」とは、人々の願望にもと
づいて社会の理が定まる。生きること自体を最高価値とし、そのために
義を脇に押しやっても良いとする。人々の人権を調停するものとしての
民主主義。
 
 敗戦により文明の価値の源泉である宗教的感情を干しあがらせた。
 こともあろうに人間の長寿願望をはじめとする欲望を超越次元に据え
たみすぼらしい七十年間であった。
 生きながらえることを最高価値とすると、義を見捨てることの方が延
命にとって都合がよいので、義は無(ニヒル)である、というニヒリズ
ムが強まる 。
 つまり、人間の生命こそは一切のニヒリズムの温床である。それゆえ
命尊重の価値にあっては 、愚鈍であれ蛮勇であれ、狡猾であれ臆病で
あれ、許されることになる。

 ★己の宗教「武士道」を持て

 このニヒリズムの根を断つ必要性を「武士道というは死ぬこととみつ
けたり」の一言で片づけている。やはり偉い古人がいたものだと云うほ
かない。
 生命尊重こそがニヒリズムの根源であると、一番早く気づいたのは文
明人が武士。武士の専売特許、切腹はここから始まった。

 いまどきの世に超越の基準に<神仏>を持ち出してもせん無い。神仏
を持ち出さないとしたら、それは歴史の中からしかやってこない。
 かつての良き武士がそうであったように、伝統という名の「歴史の英
知」を大事にする者だけが、己の感情の葛藤を制御でき、身体の、脳を
含めたの身体の鍛錬で「超越」への崇敬を勝ち取ることができる。「死
を賭した行動への決断」できる。命を義と云う目的のための手段とでき
る。

 武士道なるものに通じる「死を賭した行動への決断」のDNAは消え
てはいない。
 このDNAを持っていると自覚しておる者、気づいておる者が、自分
なりの「武士道」を見つけ出すことだ。杉山の云う「日本刀信仰」もそ
う。自分の宗教「武士道」をつくり上げることだ。
 後は頼んだよ。ハイ、サヨナラ。
 
       ―――――――― * ――――――――

 武道通信十三ノ巻(平成十二年二月)の西部邁さんの寄稿を元にした
 杉山の創作である。 http://www.budotusin.net/no13.html
  
////////////////////////////////////////////////////////////////

武道通信かわら版

RSSを登録する
発行周期 月2回
最新号 2018/02/05
部数 978部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

武道通信かわら版

RSSを登録する
発行周期 月2回
最新号 2018/02/05
部数 978部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から3年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

株投資・初心者からミリオネアへ
一般の個別銘柄は、 日経225先物に引きずられて動く習性があります。 そのため、個別銘柄を売買する場合は、 先物の動向をチェックした上で、売買する必要があります。 ここでは、その日経225先物の動向を中心にお伝えしてまいります。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

毎日1分!経済英語NEWS(解説付き)
TOEIC235点だった私が900点を超えるまでの勉強の過程で感じた、「英語のニュースを解説してくれる教材があったらいいのに。。。」という思いを形にしました。 全ての英文に、文法解説・和訳 がついています。 「読めない英語」は聞き取れません。 1ヶ月無料です。もしあなたが、「本気で英語を身に着けたい!」と思っているのであれば、挑戦しない理由はないはずです。 あなたの英語力を必ず引き上げてみせます。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

ダメおやじの全財産をかけた崖っぷちFX通信
【1日に数万人が熟読する人気FXブログのメルマガ版】 相場歴30年以上のダメおやじがFXノウハウを大公開! 毎朝配信!毎日の経済指標情報や攻略法を無料で解説しています。 ●損切りがうまくできない、利食いが浅い ●ポジポジ病(ポジションを不要に持ってしまう) ●コツコツドカーン(小さく勝っても大きく負ける) ●エントリータイミングわからない ●メンタル面が弱い このようなお悩みがあれば購読してみてください。 FX初心者から経験者まで、FXの悩みをこのメルマガで解消します。 期間限定でメルマガ内で数万円相当分のFX情報商材をプレゼント中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

問題解決研究所刊【よくわかる!英字新聞の読み方】
このメルマガは、中学レベルの英語を復習できるように、毎号、英字新聞記事を使って文法事項を解説します。また、取り上げたニュースの背景を解説し世界で起こった出来事が我々にどのように関係するのかをお伝えします。2020東京オリンピックに向かって英語は欠かせません。このメルマガを購読すれば、世界の人とつながるための英語脳ができ、さらにはグローバル競争に勝つための戦略脳を作れます。戦略は弱者のためにあります。忙しい方、英語の苦手な方に最適なメルマガです。メルマガ読者だけの特典・イベントを開催します。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング