武道通信かわら版

武道通信かわら版 4月20日号 通算430号


カテゴリー: 2018年04月20日
==============================================================
─────■─■─■■─────────【武道通信かわら版】
────■■■■■■■■────────4/20  2018 通算430号
───────■─■──────────
─────■─■■─■─────────インターネットで読む
─────■─■───■────────『武道通信』
────■■■■■■■─■───────サブマガジ
==============================================================
  http://www.budotusin.net        東京都 国立市東3-4-8
 sugiyama@budotusin.net       杉山頴男(ひでお)事務所
                    042-580-6428 
///////////////////////////////////////////////////////////////

宮本武蔵は
Two ‐Way playreではない

武蔵は大刀と小刀を
その場その場で使い分けたわけでない

武蔵の“二刀流”は
騎馬での刀法 片手馬上刀術
騎馬武者に出世できなかった武蔵は
地上戦では片手刀術は一度も使わなかった

「二刀流」は
剣術のケの字も知らない
泰平の戯作者の造語

武士の“二刀流”とは
「攻守所を変える」「攻守所を異にする」
その心得


   …………………………………………

1  お知らせ
2 北朝鮮の弱点を狙え! ……加藤 健
  ◎バッハIOC会長の拉致無視を許すな!
3 英米の罠から目を醒ませ、日本人よ!
  ◎人間は自国の基底文化から離れられない
   〈その2〉日本の女性史に対する誤解は、江戸時代にさかのぼる
4  忙中閑あり  ……杉山頴男
  ◎二刀流の武士道
    ──日本列島固有種[武士]を考究する

■お知らせ───────────────────────────

一、 兵頭二十八ネット私塾「読書余論」
   有料配信は5月まで。6月期以降は
   武道通信HPに「今月の読書余論」を新設
   ここで<無料>にてお読みなされ
    
   4月期(140 回)は4月25日配信 目次は告知版 
     読書余論バックナンバー  
     http://www.budotusin.net/yoron.html

二、 軍学者の新刊
   『AI戦争論――進化する戦場で自衛隊は全滅する』 
      飛鳥新社 税込み1500円



■北朝鮮の弱点を狙え! ご協力の呼びかけ《184》─────────

                                             加藤 健

拉致問題はいま重要な局面を迎えています。今かける圧力の大きさで、
6月以降に帰国できる人数が決まります。オリンピック参加を人質にす
る下記作戦に、多くの方がご協力してくださることを願っています。


  ◎バッハIOC会長の拉致無視を許すな!


★ なんという偽善!

在宅ロビー活動にご参加いただいている皆様、朗報です! 私たちの主
張をドイツ公共放送ドイチェ・ヴェレが大きく報じてくれました。
4月6日付で、バッハIOC会長が拉致問題を無視して北朝鮮選手団の東
京オリンピック参加を進めたことや、金正恩に誤ったメッセージを送っ
たことなどを厳しく非難する英文記事が出ました。タイトルは「世界は
北朝鮮人道犯罪を無視しているのか?」
http://www.dw.com/en/is-the-world-ignoring-north-koreas-crimes-against-humanity/a-43277807

記事の最後で「これを許すことは、第二次世界大戦中にヨーロッパのユ
ダヤ人虐殺を無視するのと同等の犯罪行為だ」という私のコメントが紹
介されています。ドイツの弁護士であるバッハにとって、自国の公共放
送に「ユダヤ人虐殺を無視するも同然」と報道されたことは痛かったと
思います。とりあえず一矢は報いました。

そのバッハが昨年11月にジュネーブで開催された国際フォーラムで、
IOCは人権擁護に積極的に取り組むと演説していたことが分かりまし
た。次のように述べています。
「実際に人権はオリンピック憲章の中で明確に根拠づけられている。そ
のため、スポーツを人類一般のため役立てる私どもの使命は、人権と密
接な関係にある。オリンピック競技において、民族、性別、性的志向、
社会的地位、文化的背景または信条に関わらず全ての人は平等である。
差別を許さない原則は、スポーツがすべての人の間に平和と理解を促進
することを可能にする。なぜならば、すべての人に同じルールが適用さ
れるからだ」
そして人権擁護促進のため、開催地契約規定を変更したと述べました。
IOCホームページにあります。
https://www.olympic.org/news/the-ioc-committed-to-collective-and-proactive-action-on-human-rights-protection

私は思わず、「なんというインチキ野郎だ!」と叫びそうになりました。
北朝鮮が人道犯罪を行っていることは常識です。バッハが知らないはず
ありませんし、立場上知っているべきです。にもかかわらず、責任者で
ある金正恩を平壌に訪ねて笑顔で握手し、「北朝鮮は問題ない国だ」と
いう誤ったメッセージを全世界に発信したのです。

拉致被害者が北朝鮮で監禁されているのに、北オリンピック選手団が東
京オリンピックで体制宣伝を行うなど、絶対に許されてはなりません。
罪のない拉致被害者が日本に帰国できないのに、犯罪国家の宣伝チーム
が日本に入国できるほど「平等」に反する話はありません。

(はじめての方は前回記事をご覧ください)
http://kenkato.blog.jp/archives/75121138.html


★ 全世界のオリンピック協会に訴えよう!

ここで皆様にお願いがあります。ほんの少しだけお時間をください。前
回IOC本部と、執行役員の母体の国内オリンピック協会(NOC)に
抗議文をメールしましたが、今回は全世界のNOCにもお送りいただき
たいのです。相当な件数がありますが、メールなら一瞬です。あなた様
の送られた抗議メールは全世界に飛んでいき、関係者に読まれます。

IOCが北朝鮮の体制宣伝を助け、金正恩と笑顔で握手するような破廉
恥な行為を行っていることは、全世界のNOCにとって重大な関心事で
す。知らせてあげましょう。また拉致問題について伝えることで、「北
朝鮮選手団は来るな!」という私たちの主張に正当性があることを理解
してもらいましょう。実際のところ正当性どころか、私たちの主張はオ
リンピック憲章に合致していて、逆にIOCの北朝鮮幇助が違反なので
す。

抗議メール送付は、拉致被害者救出に大いに役立ちます。金正恩がバッ
ハに「東京オリンピックに参加する」と言明したことで、参加は北朝鮮
外務省にとって至上命題となりました。「最高尊厳」の言葉は必ず実行
されなければならないのです。ところが「拉致被害者が帰国できないの
に、北選手団の入国はおかしいだろ!」という世論が高まれば、北外務
省は焦ります。参加を実現できなかった責任を取らされて、農場送りに
なる可能性があるからです。これは有効な圧力です。

同じ方が何度送っても大丈夫です。それでは皆様、いますぐメールをお
送りください。よろしくお願いいたします。


◆ 送り先
宛先: pressoffice@olympic.org, office@dosb.de
CC欄: afgnoc1920@gmail.com, secretariat@nocalbania.org.al, 
coacom_info@yahoo.fr, asnoc@asnoc.org, coa@coa.ad, olympang@gmail.com, 
antiguabarbudanoc@gmail.com, coarg@coarg.org.ar, armnoc.info@gmail.com, 
info@olympicaruba.com, aoc@olympics.com.au, office@olympia.at, 
info@noc-aze.org, nocbah@coralwave.com, info@boc.bh, nocban@gmail.com, 
info@olympic.org.bb, nocblr@gmail.com, info@olympic.be, olympicbze@btl.net, 
cnosbenin@yahoo.fr, olympics@ibl.bm, bhutannoc@gmail.com, 
con-bolivia@entelnet.bo, okbih@okbih.ba, bnoc@botswananoc.org, 
cob@cob.org.br, bdnoc@brunet.bn, nocbulgaria@bgolympic.org, 
cnos_burkina@yahoo.fr, cnoc.burundi@gmail.com, camnoc@online.com.kh, 
camnosc3@yahoo.com, webmaster@olympic.ca, info@coc.cv, 
noc@caymanolympic.org.ky, cnosca_rca@yahoo.fr, cno_tchad@yahoo.fr, 
ichea@coch.cl, international@tpe-olympic.org.tw, coc@coc.org.co, 
info@cosic-comores.org, cnorc.cgo64@gmail.com, president@cisnoc.org.ck, 
info@olimpicocrc.org, cno-civ@aviso.ci, hoo@hoo.hr, cypnoc@cytanet.com.cy, 
info@olympic.cz, contact@cnordcongo.org, noc.denmark@dif.dk, cnodj@yahoo.fr, 
cod@colimdo.org, doc@cwdom.dm, presidencia@coe.org.ec, 
info@egyptianolympic.org, coes@teamesa.org, masucaw@hotmail.com, 
enoc@tse.com.er, eok@eok.ee, etholympic@gmail.com,  office@noc.fi, 
cnosf@cnosf.org, cnogab@yahoo.fr, gnosc@qanet.gm, info@geonoc.org.ge, 
office@dosb.de, bennmensah@hotmail.com, boa@teamgb.com, hoc@hoc.gr, 
grnoc@spiceisle.com, gnoc@teleguam.net, congua@cog.org.gt, 
cnosg2012@yahoo.fr, comiteolimpicogb@gmail.com, guyolympic@gmail.com, 
comiteolympiquehaitien@gmail.com, coh@cablecolor.hn, 
secretariat@hkolympic.org, info@olimpia.hu, isi@isi.is, ioa@olympic.ind.in, 
koisekretariat@gmail.com, info@nociraq.iq, admin@olympicsport.ie, 
nociri@olympic.ir, nocil@nocil.co.il, segretariogenerale@coni.it, 
nocjam@cwjamaica.com, jpn-noc@joc.or.jp, info@joc.jo, office@olympic.kz, 
nock@iconnect.co.ke, kautu.temakei@knoc.org.ki, info@noc-kosovo.org, 
info@olympic.kg, noc@olympiclao.org, lok@olimpiade.lv, 
lebolymp@cyberia.net.lb, olympic@ilesotho.com, liberianoc59@yahoo.com, 
info@olympic.ly, office@olympic.li, info@ltok.lt, cosl@cosl.lu, 
olympicmalagsy@gmail.com, info@moc.org.mw, nocmas@olympic.org.my, 
marzooq@nocmaldives.org, olymp.mali@orangemali.net, moc@nocmalta.org, 
minocsecgen@gmail.com, mauritanie_mtn@yahoo.fr, mnoc@intnet.mu, 
secretaria.general@com.org.mx, secretariat@comite-olympique.mc, 
noc@olympic.mn, cok@t-com.me, cnomarocain@cnom.org.ma, info@com-cga.co.mz, 
nocmya@gmail.com, info@olympic.org.na, naurunoc@gmail.com, 
info@nocnepal.org.np, International.affairs@nocnsf.nl, 
office@olympic.org.nz, connca@cablenet.com.ni, cosni5@yahoo.fr, 
secretariat@nigerianoc.org, nif-post@idrettsforbundet.no, 
omannoc@omantel.net.om, info@nocpakistan.org, pnoc@palaunet.com, 
info@poc.ps, info@copanama.com, pngolycom@pngsfoc.org.pg, 
secretaria@cop.org.py, coc@olympic.cn, cop_secretaria@coperu.org, 
noc-phi@olympic.ph, pkol@pkol.pl, correio@comiteolimpicoportugal.pt, 
info@copur.pr, qoc@olympic.qa, koc@sports.or.kr, international@olympic.md, 
noc_romania@cosr.ro, info@olympic.ru, cnosr@olympicrwanda.org, 
sknoc@sisterisles.kn, sloc@candw.lc, sasnocceo@sasnoc.org, nocsmr@cons.sm, 
cospjasgam@cstome.net, saoc@olympic.sa, cnoss@orange.sn, office@oks.org.rs, 
noas@seychelles.net, olympic_sle@yahoo.com, admin@snoc.org.sg, 
office@olympic.sk, info@olympic.si, nocsi@solomon.com.sb, 
nocsom@hotmail.com, admin@sascoc.co.za, tongchor@gmail.com, correo@coe.es, 
natolcom@slt.lk, admin.sec@svgnoc.org, ssudnoc@gmail.com, 
Suriname.NOC@gmail.com, socga@realnet.co.sz, info@sok.se, 
info@swissolympic.ch, syriaolymp@yahoo.com, noc@olympic.tj, 
info@olympicthai.org, mok@mok.org.mk, tl_con@yahoo.com, 
tasanoc.sg@gmail.com, contact@ttoc.org, president.cnot@email.ati.tn, 
info@olimpiyat.org.tr, info@olympic.tm, iakopotasnoc@gmail.com, 
uoc@nocuganda.org, office@noc-ukr.org, info@uaenoc.ae, 
noctanzania@gmail.com, international@usoc.org, cou@cou.org.uy, 
info@olympic.uz, vasanoc@vanuatu.com.vu, 
comiteolimpicovenezolano.cov@gmail.com, olympic@vnn.vn, 
cmfarrington@bviolympics.org, noc@virginislandsolympics.org, 
noc.yemen@yahoo.com, nocz@microlink.zm, info@zoc.co.zw


◆ 例文
件名: DO NOT SEND THE WRONG MESSAGE TO NORTH KOREA など(タイト
ルは個々別々のほうがいいので、できれば変えてください。From ・・
とあなた様の名前を入れても構いません)

本文:
Dear President Bach,
(CC: Presidents of National Olympic Committees)

I am writing to urge the IOC not to worsen the human rights situation in 
North Korea by taking part in their propaganda campaign and sending the 
wrong message to the regime. The North Korean regime has been condemned by 
UN General Assembly resolutions for committing crimes against humanity and 
it should not be ignored in the name of sports. "The educational value of 
good example, social responsibility and respect for universal fundamental 
ethical principles" enshrined in the Fundamental Principles of Olympism must 
be respected.
The German public broadcaster Deutsche Welle has reported our claim.
http://www.dw.com/en/is-the-world-ignoring-north-koreas-crimes-against-humanity/a-43277807

North Korea’s official Korean Central News Agency (KCNA) reported on 31 
March that "The IOC president said the purpose of their visit to Pyongyang 
is to express the most heartfelt thanks to respected Chairman Kim Jong Un", 
and that you made "active cooperation while taking special measures beyond 
rules and precedents."
http://www.kcna.co.jp/item/2018/201803/news31/20180331-01ee.html
I ask the IOC to clarify whether the report is true or not.

There are hundreds of Japanese citizens, including a 13-year-old girl, 
abducted by the North Korean government and Japan is strongly demanding for 
their immediate return. Because North Korean Olympic athletes are state 
propaganda personnel, not amateur sportsmen, the Japanese public do not 
welcome them in the 2020 Tokyo Olympics. If the IOC wanted to change the 
situation, you should have urged Kim Jong Un to release Japanese abductees 
immediately.
https://www.rachi.go.jp/en/index.html

One of the most shocking crimes against humanity that the North Korean 
regime is committing right now is systematic killing of half-Chinese 
children on racist grounds. According to the UN Commission of Inquiry 
report, the North Korean authorities believe mixed race children contaminate 
the "pureness of Korean race" and a witness told the Commission: "guards put 
the baby in a bucket and took it away saying ‘the baby is not human’ and 
‘[it] does not deserve to live because it is impure.’" (Paragraph 426)
Paragraph 432 stated: "In most cases, guards at the detention facilities in 
which repatriated persons are held force either the mother or a third person 
to kill the baby by drowning it in water or suffocating it by holding a 
cloth or other item against its face or putting the baby face down so that 
it cannot breathe."
http://www.ohchr.org/EN/HRBodies/HRC/CoIDPRK/Pages/ReportoftheCommissionofInquiryDPRK.aspx
The BBC reported North Korea’s slaughter of half-Chinese children back in 
2003. It has been going on for decades.
http://news.bbc.co.uk/2/hi/asia-pacific/3204509.stm

By a handshake with IOC President in front of the media, Kim Jong Un now 
believes that the international community has condoned his regime’s crimes 
against humanity. There will be more children murdered in North Korean 
detention facilities.

Yours truly,
(あなた様のお名前)

◆ 翻訳文
バッハ会長(CC:各国国内オリンピック協会会長)
北朝鮮の宣伝活動に協力し誤ったメッセージを送ることで、人権状況を
悪化させないようIOCに要求する。複数の国連総会決議が北朝鮮政権
の人道犯罪を糾弾しており、スポーツの名のもとに無視することは許さ
れない。オリンピック憲章が定める「良い模範であることの教育的価値、
社会的な責任、さらに普遍的で根本的な倫理規範の尊重を基盤とする」
を尊重せよ。
ドイツ公共放送ドイチェ・ヴェレは私たちの主張を報じた。
(ドイチェ・ヴェレ記事リンク)
北朝鮮の公式メディア・朝鮮中央通信は3月31日、「IOC会長は平壌を
訪問した目的について、尊敬すべき金正恩国務委員長に心からの感謝の
気持ちを伝えるためだと述べた」と報じ、貴殿が「ルールや前例を越え
た特別な手段をとって積極的に協力した」とした。
(朝鮮中央通信記事リンク)
この報道が事実かどうか明確にするようIOCに求める。
北朝鮮政府によって13歳の少女を含む数百人の日本人が拉致されており、
日本は即時帰国を強く要求している。北朝鮮オリンピック選手は国の宣
伝要員であり、アマチュアのスポーツ愛好家ではないので、日本国民は
2020年東京オリンピックで彼らを歓迎しない。もしIOCが状況を変え
たかったのなら、貴殿は日本人拉致被害者を直ちに解放するよう金正恩
に要求すべきだった。
(政府拉致問題対策本部英文HP)
北朝鮮がいま現在凶行に及んでいる数々の人道犯罪のうち最もショッキ
ングなものの一つは、民族差別に基づく中国人の血をひく子供の組織的
虐殺だ。国連調査委員会報告書によれば北朝鮮当局は、混血児が「朝鮮
民族の純粋性」を汚すと考えている。ある目撃者は委員会に、「看守は
『この赤ん坊は人間でない。汚れているから生きる資格がない』と言い
ながらバケツに入れて持って行ってしまった」(パラグラフ426)と証言
している。
報告書パラグラフ432は、「ほとんどの場合、強制送還された女性が拘置
されている施設の看守は、赤ん坊を溺死させるか、顔に布などをかぶせ
て窒息死させるか、うつ伏せに寝させて息ができないようにして殺すよ
う、母親か第三者に強要する」と述べている。
(国連人権高等弁務官事務所HPの報告書ダウンロードページ)
BBCは、北朝鮮による中国人の血をひく子供の虐殺を2003年時点で報
じている。何十年も続いているのだ。
(BBC記事へのリンク)
金正恩はメディアの前でIOC会長と握手できたことで、国際社会が人
道犯罪を黙認したと思っている。これからより多くの子供たちが北朝鮮
拘置施設で殺害されることになる。
敬具



■英米の罠から目を醒ませ、日本人よ!  《64》──────────
                               
                                              鎖帷子剣士
 ◎人間は自国の基底文化から離れられない
 〈その2〉日本の女性史に対する誤解は、江戸時代にさかのぼる


★福祉国家スゥエーデン社会にみる男女の対立と社会の荒廃
 前回では、「男対女は、なぜこうまで対立させられるのか」と、西欧
的二元論の対立関係とは根本的に異なる、同じ生命体としての日本の男
女一元論の在り方を、歴史の一部から見てみましたが、ここに『三くだ
り半と縁切り寺』-江戸の離婚を読みなおすー高木 侃(ただし)著
という、上記 杉山氏と同じ大労作の著書があります。
 
 杉山氏の主旨と同じように、高木氏は武士の妻は夫を主人と呼んでも、
従属関係の主人ではなく、男女の役割の区別であり、家庭内においては、
主人と奥方はほとんど対等の人間関係にあったということを述べていま
す。今日でも日本の家庭の実態の多くは、変化していないでしょう。
 日本は伝統的に、タテマエは別としても男尊女卑の國ではなかったの
です。少し触れておきますが、日本のフェミニストがしきりにもてはや
す、スゥエーデンのある調査では、衝撃的な回想が語られています。

 1世紀を生きてきたスゥエーデンの古老に、ある大学生が尋ねていま
す。「お爺さんの一生で何がもっとも重要な変化でしたか?」と……
 老人の回答は彼の予想もしないものでした。
 「それはね、家族の崩壊だよ」と。
 二度の世界大戦か、原子力発電か原爆か、テレビか、携帯電話か、月
面着陸か、ではないのです。これは、ルンド(スゥエーデン南部の都市)
大学のポールソン教授(女性)の小論文の引用によることが、『福祉国
家の闘い』―スゥエーデンからの教訓―武田龍夫著に書かれています。

 武田氏に反論したいフェミニストの方たちは、日本対スゥエーデンの、
人口10万人当たりの凶悪犯罪認知件数(2001-2002年、国連犯罪傾向
調査報告書による)を見て下さい。
日本      スゥエーデン
殺人 0.78   殺人 13.63   (日本の約17倍)
強盗 5.49   強盗 100.56  (日本の約18倍)
強姦 1.85   強姦 24.47   (日本の約13倍)

 これで足りなければ、同じく国連所属の調査機関による2001~2012
年の国別殺人の種類分けを見ると(PCでチェックできます)、スゥエ
ーデンにおける殺人事件(2003~2006年)の40パーセントが配偶者間
であり、男女差別文化で有名なインド(2001~2012年)でも27パーセ
ント、南米コスタリカ(2006~2012年)では11パーセント、ジャマイ
カ(2008~2011年)では5パーセントにすぎません。
 殺人事件の40パーセントが配偶者間とは、こんないがみ合いのギス
ギスした家庭が、あるべき男と女の在り方であるとは誰も思いません。

★「貞女二夫にまみえず」の儒教的観念は、日本本来のものではない
 本題に戻ります。
 「貞女二夫にまみえず」式の儒教的な貞操観は、たとえ夫が死亡し
ても未亡人として子の養育等に専念しなければならないことを意味し
ます。実家に戻って再婚することは許されないことであり、当然離婚
⇒再婚することは認められなかったであろうと、昔の日本、少なくと
も戦前は、男尊女卑の社会であったと現代人の多くが理解しています。

 そこで、高木氏は『まず武士の離婚率の高さからみよう。脇田修氏
は「寛政重修諸家譜(かんせいちゅうしょうしょかふ・1799年まで)
を素材として、三河松平125家の婚姻を統計的に分析されたが、それ
によると離婚率が全結婚数の約10パーセントという高い率を示し、し
かも離婚後の再婚率(夫死亡後、離婚後、婚約破棄後、婚約者死亡後
を含む)がほぼ50パーセントに及んでいることが明らかになった。
 このような再婚率の高さは、再婚への忌避がなく、ことに夫の死亡
後の再婚にためらいはなかったと推測されている。そして、これらを
ふまえ江戸時代の女性について抱く、「貞女二夫にまみえず」の理念
は現実に行われず、実態からみれば、女性が実権をもっていたとみて
よい、と結論されているのである(「日本女性史 第三巻 近世」)』

 高木氏は、25年かけて収集した約千通の資料を基に近世女性の立場
の弱さを示すといわれた、三行半で書かれた離縁状、有名な「三下り
半」は、実際には女性も対等な立場で離縁を要求できたとして、近世
女性の地位を問い直しています。

★国家権力が離婚を仰せつける、世界的にも特異な制度
           ――「縁切り寺(駆け込み寺)」――
 一般には「駆け込み寺」として鎌倉の東慶寺が名高いのですが、時
代による変遷や、地方によっても差がありますが、夫から別れたい妻
は幕府や藩の公的施設、関所や武家屋敷に緊急避難的に駆け込むこと
は、決して推奨はされないけれど、事実上、受け入れられていたよう
です。走り込んだ女性を役人は保護する義務があり、女の身元調べを
厳格に行った後、次に女性の夫の方に派遣され、事情聴取に及びます。

 これを拒否した場合、役人は宿を取り、宿泊滞在費用は夫が払わね
ばなりません。内済離縁が成立しない最終確認が行われると、女を寺
に受け入れると同時に、寺役人が夫のもとに出張して「寺法書」を名
主から夫の関係者に読み聞かせた後に、寺法離縁状を差し出させます。
東慶寺ですと24カ月間の寺への滞在により、離縁が政府(幕府)に
より公的に認められます。こんな制度は世界で、日本にしかないでし
ょう。尼になり剃髪する必要はありませんが、寺へ払う出費はやはり
大きな負担であり、寺に勤労で奉仕するしかない女性も多くいたよう
です。東慶寺への駆け込み女は、江戸末期の150年間に2000人を超
えたであろうとの推測があります。

 高木氏は、男尊女卑とされ(GHQから厳しく手直しされた)明治
民法以前の日本人の心性の根源的なもの、さらには「いま」の状況
を理解するためには、まず、前代の江戸時代を正確に把握しておかな
ければならないと述べています。
 離婚率(人口1000人に対する年間離婚件数)でいえば、江戸時代
の名残であるとされる明治前期の方がずっと高かったのです。
 
 統計を取り始めた明治16年の3.39パーセントを最高として、明治
31年までは平均して2.74パーセントで、離婚率が多くなったといわ
れる今日よりも高いのです。
 ちなみに、厚生労働省「平成26年 人口動態調査」によると日本
の離婚率は1.8パーセントであり、多くの人が意外に思うでしょう。
 その時代の女性の地位は離婚における取扱いに顕著にあらわれると
いわれますが、江戸時代の実態は「多婚」であり、武士の間ではきわ
めて離婚=再婚が多いのです。

★『武士の娘』からみた米国社会の女性の立場
 大名百家・旗本百家を分析した朝倉有子氏の研究によっても、全体
で離婚率は11.23パーセント、再婚率も58.65パーセントに及び、し
かも時代が下るにしたがって、離婚率は上昇しているのです。
 また、娘を嫁に出すときは自分の家より若干低い家格の家と縁組す
るという傾向があり、持参金等の経済的負担を軽減しようとしたよう
です。もちろん、離婚に際して夫は妻の持参金を返還しなければなり
ませんでした。妻の多くは夫の家格より高い実家を後ろ盾にして、家
庭内で夫に対して優位を保っていたのが、実態であった様子です。

 今日でも残っている、「奥様」や「お袋」という言葉は、実は中世
武士社会の産物であり、「お袋」の語源は室町時代に女性が家の財産
を「袋」に入れて管理していた、仕切っていたことに由来しています。
 この呼称は日本の女性の地位が伝統的に高かったことを表しており、
現代でも日本の夫婦の大半は、妻が財産の管理を任されている実態は、
欧米人には理解不能の「暴挙」と写るようで、信じられないことのよ
うです。

 新渡戸稲造の『武士道』の原本は、夫人に読ませるために英語で書
かれていたようですが、同じく米国で出版された『武士の娘』、著者
の杉本鉞子(えつこ)は明治6年生まれの元越後長岡藩士の娘であり、
明治維新後、貿易商をしていた兄の友と結婚し、渡米。
 以下はその文の一部です。
 
 『……私がこちらへ参ります頃は、日本はまだ大方、古い習慣に従
って、女は一度嫁(か)しますと、夫にはもちろん、家族全体の幸福
に責任を持つように教育されておりました。夫は家族の頭であり、妻
は家の主婦として、自ら判断して一家の支出をつかさどっていました』
 ところが、封建時代と無縁なはずの米国に来て驚いた。財布の紐は
夫が握っているのです。鉞子の知人の教養ある主婦、母である妻たち
ですら、わずかの金をも夫にねだる卑しい立場に身を置いているでは
ありませんか。

★『妻を夫のモノ、とする社会通念』は日本にはない
   ――国連統計にみる世界のドメスティックバイオレンスーー
 冒頭に掲げた、マーガレット・アトウッド著『侍女の物語』の最後
の書評に、作家 落合恵子という人が『……女性がキャッシュカード
が使用できないようにされて、銀行預金がすべて夫の口座に移される
……。これもまた、つい昨日までのわたしたちの現実である。財産は
「夫のものとする」社会があったのだから。ドメスティックバイオレ
ンスが犯罪としてなかなか認められなかったのは、妻を夫のモノ、と
する社会通念が広く普及していたからだろう。……』と書いています。

 この人もまた作家でありながら、メディアを通して、あるいは風評
を通してしか、日本の実態をイメージできていないようです。
 本当に貴女の周りの男たちは、『妻を夫のモノ、とする社会通念』
の人々ばかりだったのでしょうか?
 2000年~08年までの国連統計部がまとめた、パートナーから身体
的・性的暴力を受けた経験のある女性比率の先進国比較資料では、日
本は、身体的暴力(定義・女性の身体を物理的に害する行為)が13
パーセント、性的暴力(定義・意志に反し、または同意なしに性的行
為を強要する目的でなされた行為)が6パーセントであり、順不同で
すが、ドイツ、英国、オーストラリア、ニュージランド、デンマーク
以下であり、欧州諸国ではイタリアと日本がほぼ同値です。
 なおこの資料には、なぜか米国とフランスは欠落しています。
 さらに付け加えると、OECD(経済協力開発機構)加盟先進国
34か国中、凶悪犯罪(殺人・強盗・強姦・放火)の発生率は、いず
れも日本は最下位です。

 次回は江戸の遊女は性奴隷ではないことを、紹介しましょう。
 資料は『吉原の真実―知らないことだらけの江戸風俗』秋吉聡子著
からの引用ですが、いわゆる「軍慰安婦」と吉原女郎、誤解の類似点
にも及びます。



■忙中閑あり《376》───────────────────────

                         杉山頴男


 ◎二刀流の武士道
      ──日本列島固有種[武士]を考究する
 
 
 江戸の戯作者は、あの武蔵の自画像をみて「二刀流」と講釈した。
武蔵の「二刀流」は後世まで伝説化する。
 昨年の全日本選手権、半世紀ぶりに二刀流剣士が出場。二回戦で消え
た。宮本武蔵ファンの二刀流剣士は「現役でいるうちはチャレンジし続
ける」とコメントした。が、二刀流剣士が決勝戦に立つことはあるまい
と、泉下の武蔵は云うだろう。
 
 昔々、武士が二刀を同時に抜いたのは矢を払うため。柳生心眼流に二
振りの脇差を使う二刀小太刀術がある。瞬時、0.1秒の差で決着が着く剣
術は片手だけの大刀ではドダイ無理。
 剣術家の表舞台、御前試合で二刀、両刀使いは出ていない。軽い軽い
竹刀の競技とて理は同じ。

 武蔵の“二刀流”、両刀使いの意味は、剣を片手で持てることは得だ
と云うことだ。

 『兵法三十五箇条』で云う。
 一、此道二刀と名付事
《此道、二刀として太刀を二ツ持つ儀、左の手に、さし心なし。太刀を
片手にて取ならせん為なり。片手にて持つ得、軍陣、馬上、川沿、細道、
石原、人籠、かけはしり、若左に武道具持たる時、不如意に候へば、片
手にて取なり。
 太刀を取候事、初はおもく覚れ共、後は自由に成候成。たとえば、弓
を射ならひては其力つよく、馬に乗得ては其力有。凡下のわざ、水主は
ろかひを取て其力有、土民はすきくはを取て其力強し。
 太刀も取習へば、力出来る物也。。但強弱、人々の身に応じたる太刀
を持べき物也。》

 いま訳。
 この道を二刀と名付ける。が流儀ではない。二刀<流>でなない。
 太刀を二つ持つ事情は左手にはさして意味は無し。太刀を片手で持つ
ことに慣れさせるためである。ゆえに二刀流ではない。

 片手で持つ事の利点は軍陣、馬上、川沿い、細道、石原、人込み、駆
けたり走ったりするときにある。
 左手に武器や道具を持ち、両手ではままならないときは片手で太刀を
取るしかあるまい。片手で取ればはじめは重く感じられるが、慣れれば
思いのままになるものだ。
 弓を射ることに熟練していれば、その腕力は強くなり、馬に乗ること
で下半身も鍛えられ、全身の体力がつく。

 武士でもなんでもない船の漕ぎ手や大工を農民を見ろ。いつも使いな
れている道具を力強く、上手に使っているではないか。
 武芸初心者に二キロある重い刀を楽に扱えるようになりますよ、と元
気づけている。

 最後にマッチョマン気取りの武士にこう付け加えている。
 日々の訓練で身についた筋力の程度で、自分の体力に合った得物を使
え。身分柄を越えない刀を佩刀していなさい。

 拙者、武士の“二刀流”の奥義は「攻守所を変える」「攻守所を異に
する」ではないかと推察する。
 攻めの勇猛果敢さ、守りの優柔不断さに捉われるなと云いたいのだ。
 特に武士が生きる道は攻守が背中合わせ。
 野球解説者の「ピンチはチャンス」。サッカー解説者の「切り替えろ」
 は武士の“二刀流”である。
 
 日本男児は舶来の九対九のbaseballが琴線に触れた。
 60feet6inch(18.44m)の間合での投手・打者の一対一の決闘を武
蔵と小次郎の巌流島の決闘に感情移入できたからだ。
 この“巌流島の決闘”も下着姿のアイドル女子始球式で風化していく。
 
 ////////////////////////////////////////////////////////////////

武道通信かわら版

RSSを登録する
発行周期 月2回
最新号 2018/04/20
部数 972部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

武道通信かわら版

RSSを登録する
発行周期 月2回
最新号 2018/04/20
部数 972部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

ダメおやじの全財産をかけた崖っぷちFX通信
【1日に数万人が熟読する人気FXブログのメルマガ版】 相場歴30年以上のダメおやじがFXノウハウを大公開! 毎朝配信!毎日の経済指標情報や攻略法を無料で解説しています。 ●損切りがうまくできない、利食いが浅い ●ポジポジ病(ポジションを不要に持ってしまう) ●コツコツドカーン(小さく勝っても大きく負ける) ●エントリータイミングわからない ●メンタル面が弱い このようなお悩みがあれば購読してみてください。 FX初心者から経験者まで、FXの悩みをこのメルマガで解消します。 期間限定でメルマガ内で数万円相当分のFX情報商材をプレゼント中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

がんばれ建設~建設業専門の業績アップの秘策
ダム、トンネル等大型建設工事の参画経験を有し、テレビ、ラジオ、新聞に出演中の著者が、「儲かる」「身につく」建設(土木、建築、設備、電気、プラント)関連情報を厳選。建設業の業績アップ、技術者育成、技術提案、原価低減ネタを紹介します。ベストセラー「今すぐできる建設業の原価低減」等著書多数。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

システマティックな「ま、いっか」家事術
食べるのは大好きだけど、作るのは超苦手。棚拭きとアイロンがけが何より嫌い。 そんな家事オンチだった私がソレナリに家事をこなせるようになったワケ。 家事全体を見渡して、最小の手間で最大のリターンを得る、具体的なシステムをお知らせするメールマガジンです。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

ダメおやじの全財産をかけた崖っぷちFX通信
【1日に数万人が熟読する人気FXブログのメルマガ版】 相場歴30年以上のダメおやじがFXノウハウを大公開! 毎朝配信!毎日の経済指標情報や攻略法を無料で解説しています。 ●損切りがうまくできない、利食いが浅い ●ポジポジ病(ポジションを不要に持ってしまう) ●コツコツドカーン(小さく勝っても大きく負ける) ●エントリータイミングわからない ●メンタル面が弱い このようなお悩みがあれば購読してみてください。 FX初心者から経験者まで、FXの悩みをこのメルマガで解消します。 期間限定でメルマガ内で数万円相当分のFX情報商材をプレゼント中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング