ほぼ日刊日々是映画

[ほぼ日刊日々是映画] vol.1222 ★ 柔らかい肌


カテゴリー: 2004年06月04日
=====================================================2004/6/4==
                          -vol.1222--
  ほぼ日刊 日々是映画           発行:cinema-today
                  http://www.cinema-today.net/
             http://cinema-today.hp.infoseek.co.jp/
=====c====i====n====e====m====a====-====t====o====d====a====y==


---------------------------------------------------------[ad]---
「日本名画図鑑」キャンペーン実施中!!
週に1本えりすぐりの名画を紹介するメールマガジン。
月額210円でお届けいたします(最初の1ヶ月は無料)。
今なら、創刊月のバックナンバーもプレゼント。
詳しくはこちらから↓
http://www.cinema-today.net/magazine/meiga.html
---------------------------------------------------------[ad]---


1222号です。

東京はここ数日とてもよい天気です。
日陰なんかにいれば涼しいくらいで、まさにいい気候という感じですね。
こんなときに、行きたいところといえばべたべたながらオープンカフェ。
パリの、公園かセーヌ川を見渡せるカフェのイメージで、
ゆるりとビェール(ビールじゃなくてね)なんぞをのみたいですね…

パリのカフェといえば、朝日新聞にパリで哲学カフェが流行っている
なんていう記事が載っていました。フランス人といえば議論好き、2人
集まれば哲学的な議論が… なんてのはロメールの映画なんかにも頻出
するわけですし、フランス革命もカフェでの議論から始まったといいま
すから、もしかしたら新たな革命の予兆? そんなわけはないか。
とりあえずロメールが見たくなってきました。いまコレクションDVD-BOX
というのが発売されていて、全4巻の2まで出たんです。ほしい…
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00012BDHQ/hibikoreeiga-22
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0001N1Q0E/hibikoreeiga-22

さて、ロメールを見たくなってしまったのですが、なんとなくトリュフォー
でもと思ったので、ちょっとトリュフォーを見ます。今日(ちょうど今)
『大人は判ってくれない』をBSでやっているはずだし。トリュフォーも
特集していこうかなぁ。
という「柔らかい肌」です。


書き込み大熱望! リクエストも随時募集中!
掲示板はこちら!
http://bbs3.otd.co.jp/309529/bbs_plain 


=========================================================[ad]==========
「日々是映画傑作選」 まぐまぐ文庫から発売中!!
vol.1、vol.2、各399円(税込)
詳しくはこちらから↓
http://www.ebook-print.com/ebook/default_mag.asp
=========================================================[ad]==========



--cinema1215------------------------------------------
柔らかい肌
Le Peau Douce          1963年,フランス,118分
------------------------------------------------------

<キャスト&クルー>

監督 フランソワ・トリュフォー
脚本 フランソワ・トリュフォー
   ジャン=ルイ・リシャール
撮影 ラウール・クタール
音楽 ジョルジュ・ドルリュー

キャスト ジャン・ドザイー
     フランソワーズ・ドルレアック
     ナリー・ベネデッティ
     サビーヌ・オードパン


<評価>

☆☆☆1/2(満点=5)


<プレヴュー>

 文芸評論家のラシュネーは講演のためリスボンに行く。友人の車でぎりぎ
りに空港に着いた彼は何とか飛行機に乗せてもらい席につく。そこで見かけ
たスチュワーデスの二コールをホテルで見かけたラシュネーは彼女を食事に
誘い、帰国を延ばしてまでも彼女との時間を過ごす。そして、帰りに飛行機
で彼女の電話番号をもらい、その逢瀬はパリでも続く…
 トリュフォーの4作目の長編作品は、不倫を題材にして、恋とサスペンス
というトリュフォーらしい題材を扱って地味ではあるが観客をひきつける仕
上がりになった。



<レビュー>

 トリュフォーは言葉に頼ることなく、心理を描写していくのが絶妙にうま
い。とこの映画を見て思った。ランスの町でうるさく付きまとう友人に大し
て感じるラシュネーの苛立ち、妻に電話したいというラシュネーの気持ちを
察してしまうニコールの戸惑い、そのような気持ちが画面からあふれ出るよ
うに見えてくる。
 それは、表情や体の所作のタイミング、間の取り方によって実現されてい
るわけだが、とくに正面からじっと見据えるように捉えられたラシュネーの
表情が印象的だ。人間の心理とは(映画的には)言葉に頼らずとも表現でき
るものだ。そんなことを感じた。
 だから、非常に静かで動きが少なくとも、映画に引き込まれてしまう。物
語だってたいした物語ではないのだが、映画の表面には表れない(あるいは
染み出すように表れてくる)心理の行き来を見ていると、どんどんと映画に
引き込まれていってしまう。それはもしかしたら、トリュフォーが敬愛して
やまないヒッチコックの影響なのかもしれない。ヒッチコックはサスペンス
というジャンルではあるけれど、人の心理をスクリーンの上に刻み、それで
サスペンスを盛り上げた作家であったのだとトリュフォーを見ながら気づく。
トリュフォーはヒッチコックの心理描写の見事さに敬服し、それを学び、自
分なりの方法でそれを実現しようとしていた。この作品を見ると、そんなト
リュフォーの映画に対する真摯な姿勢が見えてくるようである。

 そのように、トリュフォーらしいまじめさが見えてくる作品だが、物語の
ほうはたいした話ではない。ただ3人の男女の三角関係を描いただけであり、
よくある不倫の話である。
 しかし、その当事者の3人それぞれが簡単には割り切れない心の持ちよう
でいるところが面白い。おのおのが自分自身の心情を処理しきれず、相手に
それを預けてしまう。自分の処理しきれない気持ちを相手に委ねてしまって
相手に依存する。ラシュネーが特にそのような傾向を持っている。そのこと
によって生じる軋みが彼らをすれ違わせ、物語をある種の悲劇へと導く。
 結末を見れば悲劇的ではあるが、しかしこれは悲劇なのであろうか。この
物語は悲劇と呼ぶにはあまりに日常的過ぎる。決して互いを理解し得ない人
間は常にこのような悲劇と隣りあわせで生きている。極端にしてしまえばこ
の物語のようになってしまうわけだが、このようなすれ違いは日常にあふれ
ているのだ。
 そのような日常の軋みによって生まれた、当たり前の生活の間隙からひょっ
こりと狂気や暴力が飛び出してくる。そのことによって事件が起こってはじ
めてそれは悲劇と呼ばれる。悲劇があるから事件が起こるのではない。事件
が起こったからそれは悲劇なのだ。
 それはあらゆる悲劇に当てはまる真理なのかもしれないと思う。『エレファ
ント』に取り上げられたコロンバイン高校の銃乱射事件もそのような暴力の
極端な発露なのではないだろうか。



=========================================================[ad]==========
DVDを買うならAmazon.co.jp

↓柔らかい肌
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00005ALV2/hibikoreeiga-22
↓フランソワ・トリュフォーDVD-BOX「14の恋の物語」3
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00018GY56/hibikoreeiga-22
=========================================================[ad]==========



*購読解除や、アドレス変更の際はお手数ですが、まぐまぐまたは下記アドレス
 で手続きをしてください。こちらでは対処しきれない場合もございますので。
 まぐまぐ http://www.mag2.co.jp マガジンID:0000032940
 メルマガページ http://cinema-today.net/magazine.html




                   ====================================
                            日々是映画第1222号
                             2004年6月4日発行
                            発行:cinema-today
                          マガジンID:0000032940
                    Mail to: webmaster@cinema-today.net
                   ====================================
                                  掲示板
                  http://bbs3.otd.co.jp/309529/bbs_plain
                   ====================================
                           購読解除はこちらから
                   http://cinema-today.net/magazine.html
                   ====================================

▲_▲_▲_▲_▲_▲_▲_▲_▲_▲_▲_▲_▲_▲_▲_▲_▲_▲_▲

{magclick}

ほぼ日刊日々是映画

RSSを登録する
発行周期 日刊
最新号 2016/05/25
部数 868部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

ほぼ日刊日々是映画

RSSを登録する
発行周期 日刊
最新号 2016/05/25
部数 868部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

親鸞に学ぶ幸福論
【あなたを幸せにさせない理由はただ一つの心にあった。その心がなくなった瞬間に人生は一変する】と親鸞は解き明かします。 「本当の幸福とは何か」はっきり示す親鸞の教えを、初めての方にもわかるよう、身近な切り口から仏教講師が語ります。登録者にもれなく『あなたを幸せにさせない5つの間違った常識』小冊子プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング