相場を知る・より安定した将来設計のために

ヘイトスピーチと表現の自由 ー 相場はあなたの夢をかなえる


カテゴリー: 2017年08月21日
▲----------------☆★Free E-Seminar on Trading★☆-----------------
◇
▼------- 2017.08.21 Vol.647 ---- ヘイトスピーチと表現の自由 -------
◇
▲               Since 2001.01.13 - 購読者数:まぐまぐ9,886人+melma

━━━━━━━━━━━ Seminar on Trading ━━━━━━━━━━━━
    殿堂入りメールマガジン:「相場はあなたの夢をかなえる」
☆無料版(参照&登録):http://archive.mag2.com/0000031054/index.html☆
「生き残りのディーリング」の著者による経済と相場の解説(折に触れて)
★有料版(\840税込:購読登録):http://www.mag2.com/m/0001111340.html★
まぐまぐ大賞2016:資産運用(予想的中!)第1位(毎週月曜日+3、4回)
━━━━━━━━━━━━【 Dealer's WEB 】━━━━━━━━━━━━━



☆ヘイトスピーチと表現の自由

米バージニア州シャーロッツビルでの事件を受けたトランプ大統領の対応を
巡り、アメリカ合衆国が揺れている。あえてアメリカ合衆国と明記したのは、
1865年に終了した南北戦争後の米国は、奴隷制度を否定した
「新制アメリカ合衆国」とも言えるからだ。このことは、
現在のアメリカ合衆国大統領であるトランプ氏は、
奴隷制度を明確に否定することが要求されていることを意味する。

南北戦争については、ウィキペディアでは以下のように記述している。

南北戦争(なんぼくせんそう、英語: American Civil War)は、
1861年から1865年にかけて、アメリカ合衆国の北部諸州と
アメリカ連合国を称した南部諸州との間で行われた内戦である。
奴隷制存続を主張するアメリカ南部諸州のうち11州が合衆国を脱退、
アメリカ連合国を結成し、合衆国にとどまった北部23州との間で戦争となった。
参照:南北戦争
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%97%E5%8C%97%E6%88%A6%E4%BA%89


・奴隷制度

上記の記述では、「1860年11月の大統領選挙では奴隷制が争点のひとつになり、
奴隷制の拡大に反対していた共和党のエイブラハム・リンカーンが当選した。
この時点では、奴隷は個人の私有財産であることもあり、リンカーン自身は
奴隷制廃止を宣言していなかったが、南部では不安が広がった」とある。

ここでのポイントは、「奴隷は個人の私有財産」であるということだ。
基本的人権どころではない。人間でありながら、
奴隷は財産として家畜同様に売買されていた。
リンカーンがためらったのは、私有財産没収につながるからだ。

このことが何を意味するかを、ほとんどの人はピンと来ないと思う。私も、
人種差別などの理解を超えては、もう1つピンと来ていなかった。
それも当然で、人間を家畜同様に扱うようなことが、それが法律で定められて
いるというようなことが、現在の日本人には想像を絶することなのだ。

奴隷制度のどこが悪いか? 奴隷の身の上から、
人間としての「自由」を買い取った人の証言があるので、参照して頂きたい。
参照:ある奴隷少女に起こった出来事(ハリエット・アン・ジェイコブズ著)
https://www.amazon.co.jp/gp/product/4479570160/ref=oh_aui_detailpage_o04_s00?ie=UTF8&psc=1

南北戦争終了まで、奴隷は人間と見なされず、家畜同様、所有者の財産
と見なされていた。財産なので売買可能だ。つまり、
所有者である白人男性が多くの奴隷女性(ほとんどが10代の少女)に産ませた
子供たちも、価値のある財産として売買された。白人男性は奴隷を
「家畜として生産」し、自分の子供でありながら、売買したのだ。

象徴的なシーンは、「白人と奴隷の幼い異母姉妹が遊んでいる。
2人の乳母は奴隷の娘の母親で、2人は姉妹であることを疑わずに遊んでいる。
しかし将来は、白人の娘は人間として一生を送り、
奴隷の娘は奴隷として売られていく」とある。
仮に父親が奴隷の娘を愛していても、金に困れば売られるのだ。

南部諸州の一般的な家庭には、白人夫妻の人間の家庭と、
人間とは見なされていない多くの奴隷とが同居していた。
これは、白人女性たちにとっても居心地がいいはずもなく、白人の妻は、
夫の蛮行(仕事熱心な生産活動?)の嫉妬の対象を奴隷女性に求め、
虐待することで慰めとした。
宗教者も白人至上主義を受け入れるような説教をした。
奴隷制度下の南部諸州は、人類そのものが堕落していたというような話だ。

著書は、家畜としての運命に抵抗する奴隷親子の深い愛情の感動実話だ。
一気に読める。登場する人々は、白人も奴隷も、
当たり前だが現在の我々と何ら変わりのない感情を抱いた人間だ。
しかし、奴隷制度という法律が、人間性を歪めているのだ。

そうした奴隷制度を含め、トランプ大統領は「(米国が輝いていた誇るべき)
偉大な過去を否定するな」と述べたのだ。


・白人至上主義

自分に自信がない人ほど、自分が所属するカテゴリーに自己の存在意義を
求める。自分自身に誇れるものがないと、自分がその一員であるという
集団に誇れるものを求める。他人と比較しての自分のピークが20歳前にあった
人は、他人に誇れるものは学歴だけなので、一生、それを拠り所にして生きる。

例えば、一流大学に入っても、その後も成長し続けている人には、
もはやどの大学を出たかなどは問題ではない。
OB会なども、仲間の集まり以上の意味はなく、集まりで問題となるのは、
その後、どう生きてきたかだ。そして、どう生きていくかだ。

ところが、自分の一生で誇れるものが出身大学だけだと、
20歳前までは成績が出来たと、いつまでも根拠のない自慢を続けるものだ。
大事なのは、自立してからの、その後の人生だったろうに。

比較の対象を他人ではなく、過去の自分におけば、どんなに自慢しても、
傷つく相手はいない。ところが、他人と優劣を競うと、
どうしてもどちらかが面白くない思いをする。
それでも、努力次第で競争に勝てるならば、勝ち負けは一時的なものだ。

他人と比較し、自己肯定の拠り所を「過去の栄光」に求めるのは、
カッコ悪い。しかしそれでも、自分自身で達成した過去ならば、
仲間内にも自慢できるものならば、
幾分、今は落ち目という自虐的にはなるが、それもいいかも知れない。

ところが、自慢するものが、自分が属する人種や民族だけだとなると、
同情に値するほど「哀れ」なことだ。

とはいえ、生まれながらのことなので、覆される恐れはない。
拠り所としては、能力もいらず、努力の必要もなく、安心していられるのだ。
どうして、そこまでして、優劣をつけたいのか? 
優劣をつけようとするから、自分自身の劣等感のはけ口を、
どこかに求めざるを得なくなるのだ。白人至上主義も、
そうした人種自慢である限り、「哀れ」なだけのものなのだが、
まるで逆切れのように暴力的なると、社会的には認められないものとなる。

しかしながら、白人至上主義の実態は、白人が優秀だとの主義主張ではない
のではないか。基本的人権とは、白人のためだけにあるという身勝手な
主義主張ではないか。奴隷制度のような
恥ずべきはずの過去の他人種虐待を懐かしみ、
「夢をもう一度」というのが根底にあるのが、白人至上主義ではないか。

そうした考えの白人至上主義と、ネオナチの人々が、
南部の奴隷制度擁護のために戦った「英雄」の銅像撤去に抵抗するために
集まり、撤去支持の人たちと衝突したのがシャーロッツビル事件だ。
銅像撤去は市議会が今年4月に決めていた。
ネオナチとは、ナチスドイツを率い、人種に優劣をつけ、
劣等と自らが見なす民族を虐殺したヒットラーの崇拝者たちだ。

米国は奴隷制度を巡って、国を二分して戦った。その結果、
アメリカ合衆国は奴隷制度と決別した。そのアメリカ合衆国の大統領が、
奴隷制度時代を偉大な過去と称賛し、擁護の英雄を称える白人至上主義を
受け入れることは、アメリカ合衆国という国家に対する危険思想を持つ
と言えるのではないか。人種差別、女性差別などという次元ではないのだ。


・ヘイトスピーチと表現の自由

白人至上主義者や、ネオナチだけでなく、マイノリティーや他宗教、LGBT
などに対するヘイトスピーチの高まりで、
米国の教育者たちは表現の自由との兼ね合いを教えるのに苦労しているという。

どうも分からない話だ。というのは、自由が尊重すべきものだとすれば、
自分の自由だけでなく、他人の自由も尊重されるべきだからだ。
奴隷制度のように、白人の自由だけ保証し、奴隷という他人の自由を
徹底的に奪っていながら、米国は「自由の国」だと呼べるはずがない。

ヘイトスピーチも同じで、身勝手な自分の自由だけを振り回し、
他人の考え方、嗜好、行動の自由を否定、蔑視、束縛することは、
「表現の自由」のはき違えだ。本当に、米国の教育者たちが、
ヘイトスピーチと表現の自由との兼ね合いを教えるのに苦労している
というのなら、米国の病根は相当に根深いと言えるかも知れない。現に、
奴隷制度擁護のために戦った「英雄」の銅像は、南部の各地に今も存在している。

もっとも、個の自由やニーズと、集団の利害とが、必ずしも一致するとは
限らない。はっきり言えば、しばしば対立する。これは人類だけに限らず、
牧場でのんびりと草を食んでいる牛たちでも、実は
個々と群れのせめぎ合いで、「葛藤と確執」に満ちているらしいことが、
数理モデルの活用で明らかとなったという。
参照:気ままに見える牧場の牛たちは、実は「葛藤と確執」に満ちていた
──数理モデルを用いた解析で判明
https://wired.jp/2017/08/01/cow-herds/


犬や猫のように、大集団で生活するわけではない動物でも、
日常生活で十分にストレスを感じるようだから、群れで生きる動物、
あるいは昆虫や細菌などにも「葛藤と確執」があってもおかしくはない。

とはいえ、「葛藤と確執」に満ちていながらも、
集団で生きる動物たちは、お互いに協力し合って生きている。
人類はそういった動物たちに社会性を学ぶ必要がありそうだ。



☆矢口の下記メルマガが、「まぐまぐ大賞2016」を受賞しました。
資産運用(予想的中!)第1位
http://www.mag2.com/events/mag2year/2016/category/asset-hit.html

★相場はあなたの夢をかなえる ー有料版ー
http://www.mag2.com/m/0001111340.html



━━━━━【生き残りディーリング塾 http://s-dealing.com/】━━━━━

エスチャートは相場のタイミングを捉えるのに適しています。出来高急増と
いうのは、誰かが実際に売買を行った結果なのだから、何かが起きていても
不思議ではないからです。

エスチャート・スクリーナーは節目にある銘柄に出会えるチャンスを広げる
ツールです。生き残りディーリング塾ではエスチャートの使い方はもとより、
投資運用のスキルアップに関して、矢口新が出来る限り協力いたします。


【サービス内容】

1)マーケット情報:相場に役立つ経済情報(矢口新のコメント、見方を含む)

2)エスチャートスクリーナー:出来高急増銘柄を探すことにより、谷や山
といった相場の節目にある銘柄に出会うチャンスを得るツール。

3)SBBR(エスチャート・ブル・ベア・レシオ):
観察日数8日、3つの基準日のシグナルの総数の比率=行き過ぎを判断

4)生き残りTV:いつでもセミナー内容などをオンラインで閲覧可。
現在の配信例
・「2013年相場見通し」セミナー (1時間51分 資料付き)
・「エスチャートが可能にする山越え&谷越えトレード」セミナー (1時間
  52分 資料付き)
・「エスチャートによる銘柄選択と売買タイミング」セミナー(1時間26分 
  資料付き)

5)電子書籍「円高を止める方法、活かす方法」(矢口新、東洋経済新報社
刊、1995年)の閲覧 


【会費】

入会金:なし
3ヶ月契約:9,975円
6ヶ月契約:18,900円
1年契約 :35,700円
(全て税込み)


※新規入会はこちらから:(運営:ZuluTrade Japan株式会社)
http://s-dealing.com/entry.html


※無料情報もあります。
・エスチャート30銘柄
・トレードセンス養成講座
お申し込みはこちらから→ http://s-chart.com/


※ZuluTrade Japan株式会社へのご質問はこちらから承ります。
https://www.directform.info/form/f.do?id=2089

1ヶ月契約:3,500円、入会金もないので、まずはサイトをみて頂ければ幸い
です。


-----------------生き残りディーリング塾運営者情報-------------------
ZuluTrade Japan株式会社 金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第1058号
加入協会/一般社団法人日本投資顧問業協会
金融商品取引法に基づく表示についてはこちら:http://s-dealing.com/risk.htm
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



【購読会員募集】

☆「相場はあなたの夢をかなえる ー有料版ー」の読者を募集しています。

まぐまぐ大賞2015:Money Voice賞(毎週月曜日+週3、4回のフォローアップ)

・購読料:1カ月 ¥840(税込);1部当り¥40以下
【会員登録・サンプル版】http://www.mag2.com/m/0001111340.html
 購読申込当月の購読料は無料(解約可)

※当メルマガは、投資教育を目的としており、運用助言ではありません。



★電子メールマガジン:「毎日、数行!マーケット情報で学ぶ経済英語」

経済、相場英語を「生き残りのディーリング」の著者が解説。日々の海外市
場のニュースを通じて、英語と相場を学びましょう

・無料(参照&登録):http://archive.mag2.com/0000142830/index.html



【執筆者著書紹介】:http://aratayaguchi.web.fc2.com/ 



---------------------------- 免責事項 ------------------------------

本メールマガジンは教育的な目的で用いられるものであり、
 売買の注文をすすめるものではありません。 
また、投資を斡旋・推奨するものでもありません。

━━━━━━━━━━━━【 Dealer's WEB 】━━━━━━━━━━━━━
電子メールマガジン:「相場を知る」 Vol.647 2017/08/21
マガジンID: まぐまぐ:0000031054、melma:m00108140
執筆者: 矢口 新
Homepage:http://aratayaguchi.web.fc2.com/ 
S-Chart:http://s-dealing.com/ 
Blog:http://ameblo.jp/dealersweb-inc/ 
E-mail: dealersweb@infoseek.jp 
★All Rights Reserved by A.Yaguchi

★メールマガジン解除、アドレス変更の方はこちらでお願いします。
http://archive.mag2.com/0000031054/index.html 
※変更の場合は、旧アドレスを解除して頂いた後、
新アドレスで再登録という形になります。

★このメールマガジンはインターネットの本屋さん『まぐまぐ』
(http://www.mag2.com/)と、『melma』(http://www.melma.com/)
を利用して発行しています。
━━━━━━━━━━━━【 Dealer's WEB 】━━━━━━━━━━━━━

相場を知る・より安定した将来設計のために

RSSを登録する
発行周期 不定期刊
最新号 2017/08/21
部数 9,817部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

相場を知る・より安定した将来設計のために

RSSを登録する
発行周期 不定期刊
最新号 2017/08/21
部数 9,817部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

オンラインカジノ情報ドットコム
カジノって楽しいですよね。ラスベガス、マカオ、韓国などのカジノへ行く前や行った後も日本でカジノを楽しみたいと思いませんか?実はそのカジノが日本でもオンラインカジノを通じて遊べるんです!そんなオンラインカジノの魅力をたくさんご紹介しちゃいますね。今話題の海外FXについても詳しく解説します。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から3年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

ダメおやじの全財産をかけた崖っぷちFX通信
【1日に数万人が熟読する人気FXブログのメルマガ版】 相場歴30年以上のダメおやじがFXノウハウを大公開! 毎朝配信!毎日の経済指標情報や攻略法を無料で解説しています。 ●損切りがうまくできない、利食いが浅い ●ポジポジ病(ポジションを不要に持ってしまう) ●コツコツドカーン(小さく勝っても大きく負ける) ●エントリータイミングわからない ●メンタル面が弱い このようなお悩みがあれば購読してみてください。 FX初心者から経験者まで、FXの悩みをこのメルマガで解消します。 期間限定でメルマガ内で数万円相当分のFX情報商材をプレゼント中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

3連単3頭ボックスで超簡単に万馬券をゲットする競馬プロジェクト
◆読者7000人突破!まぐまぐ殿堂入り!! 圧倒的に少ない買い目で馬券を的中させます。 指定した《3頭》をボックスで買うだけで・・・ 昨年は9万馬券&7万馬券が当たりました。 一昨年にはなんと10万馬券も的中させています! 馬券は3頭をボックスで買うだけなので 誰がやっても買い目は同じ。 女性でもOK、競馬初心者でもOK 資金が少ない人でもOKです。 しかし、買い目が少ないので 当たればガツンと儲かります! こんな競馬予想は他にありません! ☆彡メルマガ広告主様大歓迎です☆彡
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング