山本紫苑です。大好きな人、育てましょ。

山本紫苑です。大好きな人、育てましょ。


カテゴリー: 2006年02月19日
□■□■DAISUKI no.90□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

山本紫苑です。大好きな人、育てましょ。

      第90回配送:
       ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
       ★                  ☆
       ☆   「バレンタインデー」の巻   ★
       ★                  ☆
       ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★



 多くの大人は、若いころにバレンタインデーの思い出を持っているのではな
いかと思います。ドキドキして渡した思い出、好きな女の子から受け取った喜
び……甘くせつない思い出を毎年振り返っている人もいるのではないでしょう
か。

 自分の思い出が昔の話になった分、子どもたちが「バレンタインデー適齢
期」になっているわけですが、今年のバレンタインデーは、どう過ごしていた
でしょうか。

 私の二人の息子たちは、モテルという訳でもない上に、今年は二人とも日本
におりませんでしたので、まあ、格好悪い思いもしないで済んだわけですが
……
 中3になった娘・チョコリンは日本の習慣に従う場合、チョコレートをあげ
る方の立場です。自分のことを思い出しても、義理チョコのみならず、チョコ
レートの贈り相手ぐらいいてもよさそうなものです。

 しかし、お小遣い制がない我が家で、一体彼女はどうするのだろうか……あ
る意味、見物(みもの)だと思っていました。
 2月の初め、チョコリンは少女向けの雑誌を買ってくれと言いました。今ま
でも何度か買ったことがある普通の雑誌でしたので、なにも考えることなく
買ってやりました。

 そもそもジャニーズ好きのチョコリンは、雑誌を買えばすぐに「慶ちゃんが
……」だの「りょうちゃんカワイイ♪」などと言っては、区別のつかない少年
たちを嬉しそうに見せるのが常です。
 しかし、今月はパターンが違いました。食い入るように特定のページを繰り
返し読んでいました。なんだろう? とは思いましたが、ひとまず忙しいし、
あまり関係なさそうだと思い、そのままにしていました。

 やがて、バレンタインデーを2日後に控えた日の夕方、チョコリンは、あま
りにも何げなく「買い物に行ってくるからお金ちょうだい」と言いました。そ
ういえば、2〜3日前に一緒に100円ショップに行った時、さりげなく私の
カゴにケーキ型を入れてたっけ……

チョ「薄力粉って小麦粉のこと?」
私「そうよ」
チョ「じゃあ、うちにあるの?」
私「ある、ある」
チョ「うちにあるバターって有塩? 無塩?」
私「有塩よ」
チョ「じゃあ、買わなきゃ」

 こんな会話がしばし続いたあと、チョコリンは何品かを書いたメモを私の前
に差し出して「いくらぐらいいると思う?」と尋ねました。私は、だいたいの
金額にちょっと足した分を持たせて買い物に行かせました。

 どうやら雑誌に作り方が載っていたガトー・ショコラを作るつもりらしいと
わかり、なにかとても楽しみなことが起きようとしているようなワクワク感で
チョコリンの帰りを待ちました。

 「ただいま〜」元気に勝手口から入ってきたチョコリンは、お釣りを返すの
も早々に、それはそれは楽しそうに買って来たものをテーブルに並べました。
私は「なにを作るの?」「誰にあげるの?」と訊きたい気持ちをグッとこらえ
……

 じつは、もう1つグッとこらえていたことがありました。それは「どうせ上
手くいかないからやめなさい」の一言でした。そうなのです。普段から料理を
手伝うわけでもない、買い物にさえ滅多に行かないチョコリンに、いきなり
ケーキなど作れるはずがないと思っていました。

 材料も燃料ももったいないし、なによりも時間の無駄……ともすると「お願
い、やめて!」と言いたいぐらいの気持ちでした。

 そこで思い出したのが、自分が中高生ぐらいの時のことです。私は、チョコ
リンのように露骨にバレンタインデーを目前に作り方を勉強したり、材料を買
いに行ったりということは出来ませんでしたが、少なくとも手作りのチョコ
レートやチョコレート菓子をあげたいと思ったことは何度もありました。

 あるとき事前に「チョコレートってどうやって溶かすの?」と母に尋ねたこ
とがありました。母から返ってきた言葉は「なに変なもの作ろうとしてる
の?」「誰にあげるのか知らないけど、いいチョコレートを買ってあげるから
作るのなんかやめなさいよ」というものでした。さらには、誰にあげるのかと
聞かれて、結局、それから高2でおつきあいをしている少年(いわゆる
「彼」)にあげるまで、母に隠さずにあげることはありませんでした。

 つまり「こそこそ買って、こそこそあげる」ことしかできなかったのです。
それはそれでいい思い出の数々なのですが、できればそうではなく、下手でも
手作りのチョコレートを作って「ゴメン、失敗しちゃった」なんて言って渡し
てみたいと思っていました。

 そして、気分や状況によっては、誰にあげるという話をしたり、友だちとす
るように渡し方の相談でもしたかったように思います。

 本題は、チョコリンのバレンタイン・デーでした。結局彼女は、期待(不
安)を裏切り、とてもおいしいガトー・ショコラ(どうしてもチョコレート
ケーキではないらしい)を作り、まずは前日の13日に試食にありつきまし
た。そして、その晩、夜中までかかって、再びガトー・ショコラは作られたの
でした。

 果たして……チョコリンは、学校に持って行ってお弁当のあとに皆で持ち
寄った「友チョコ」と交換をしてきたということで、お友だちの作ったいろい
ろなチョコレートを持って帰ってきました。

 ふ〜〜〜む。一体、チョコリンの目的はそれだけだったのだろうか? もし
かしたら、ラウンド型に流し込まなかった材料で、小さなガトー・ショコラな
どが製作されたのではあるまいか……そして、それは誰の手に??? まる
で、ワイドショーの芸能レポーターのような気持ちにかき立てられる母であり
ます。

 ま、楽しいのがいいです。ケーキ作りだって、そうやって挑戦していたら上
手になるかも知れませんし、そうすれば、この母のようにお菓子は作らない
(作れない)という人生ではなくなるわけですから、こんなにいいことはあり
ません。

 それにしても……試験の前に「勉強する!」と宣言しても、気がつくと眠っ
てしまうチョコリンのどこに家族が寝静まってから、カシャカシャと泡立て器
にせわしく手を動かし、オーブンをじっと見つめて作品が焼き上がるのを待つ
才能があったのかと、子どもの可能性に驚愕するのでした。

 いやぁ、やらせてみてよかった! それにしても、どこかにチョコリンの本
命チョコレート(ガトー・ショコラだって!)を受け取った少年がいるので
しょうか。これが、父親だったら、ヤキモキしてしまうという気持ちも、朧気
に理解できてしまいました。


-------------------------------------------
                    彡彡ミ
     山本紫苑           .. b
   VEV02403@nifty.com    ...φヽ人 ー"人
--------------------------------------------2006/02/19

」」」」」」」」」」」」」」

それにしても、またまた大変なご無沙汰をいたしました。申し訳ありませんで
した。実は、その間に第2弾の著書が発売になりました。

「学習院初等科受験バイブル」ゴマブックス刊

と申します。一見、「お受験もの」のように見えますが、まあ、確かにお受験
といわれる小学校受験に関連する書籍なのですが、私がお伝えしたいことは、
ほとんどこのメルマガと同じような内容です。
子どもとの接点を通して、どうやって過ごしてきたのかということを著してい
ます。その中で、通過点である小学校受験との関連を見ていただくことで、小
学校受験の本当のところを知っていただきたいと思って書きました。
amazon等で、目次なども見ていただけますので、よろしかったらご覧くださ
い。もちろん、書店で手に取っていただければなお嬉しく、さらには、レジま
でお運びいただけるとこの上ない幸せといったところでございます。
(amazonでは、和書検索で「山本紫苑」と入れていただくのが一番早いと思い
ます)
よろしくお願い申し上げます。

」」」」」」」」」」」」」」

---------------------------------------------------------------------

「山本紫苑です。大好きな人、育てましょ。」に、ご意見・御感想をお寄せ下
さい。
また、こんな話が聞きたいというご要望や、ご質問もお寄せ下さい。内容に
よっては、巻末でお返事を載せて参ります。

  →掲示板に。  http://homepage1.nifty.com/DAISUKI/
  →メールで。  VEV02403@nifty.com

======================================================================
★登録/解除の方法
http://homepage1.nifty.com/DAISUKI/
 「山本紫苑です。大好きな人、育てましょ」は、
 上記URLよりいつでも登録/解除可能です。
============================================================
★発行システム:インターネットの本屋さん『まぐまぐ』
       http://www.mag2.com/
 マガジンID: 0000029115
============================================================

このメルマガは現在休刊中です

山本紫苑です。大好きな人、育てましょ。

RSSを登録する
発行周期 不定期
最新号 2007/03/01
部数 0部

このメルマガは
現在休刊中です

ついでに読みたい

山本紫苑です。大好きな人、育てましょ。

RSSを登録する
発行周期 不定期
最新号 2007/03/01
部数 0部

このメルマガは
現在休刊中です

今週のおすすめ!メルマガ3選

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2009年10月、130万円だった株式資産は2017年に7000万円を突破。定期預金などを合わせた資産は1億2000万円に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数2万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

首都圏不動産インサイドニュース
不動産業者がゼッタイ言わない最新の業界ウラ事情をリアルタイムで暴露します!!不動産投資で儲けよう!と意気込んでいるあなた。家族を守り夢を叶える手堅い不動産投資ですが数億円の借金を負う100%自己責任の事業。海千山千の業者相手に知識武装は万全ですか?「まかせっぱなし」は命取りです。かく言う私も業者ですが、不動産に携わる者として不幸な投資家さんをゼロにしたい。本気です。業界経験13年のプロとして真実だけをお伝えします。業者と対等な立場で戦ってください。決して損はさせません。村上しゅんすけ
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

ダメおやじの全財産をかけた崖っぷちFX通信
【1日に数万人が熟読する人気FXブログのメルマガ版】 相場歴30年以上のダメおやじがFXノウハウを大公開! 毎朝配信!毎日の経済指標情報や攻略法を無料で解説しています。 ●損切りがうまくできない、利食いが浅い ●ポジポジ病(ポジションを不要に持ってしまう) ●コツコツドカーン(小さく勝っても大きく負ける) ●エントリータイミングわからない ●メンタル面が弱い このようなお悩みがあれば購読してみてください。 FX初心者から経験者まで、FXの悩みをこのメルマガで解消します。 期間限定でメルマガ内で数万円相当分のFX情報商材をプレゼント中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング