やまのい和則の「軽老の国」から「敬老の国」へ

[やまのい和則メールマガジン第1908号]


。☆〃。☆〃。☆〃。☆〃。☆〃。☆〃。☆〃。☆
  やまのい和則の
      「軽老の国」から「敬老の国」へ
            第1908号(2017/01/27)
。☆〃。☆〃。☆〃。☆〃。☆〃。☆〃。☆〃。☆

◆◆国民の幸せにつながる充実した質疑を!◆◆


 メルマガ読者の皆さん、こんにちは。

 予算委員会(NHK生放送)が始まりました。
 毎朝、地元の宇治茶を飲み、心を浄めています。
 
 ◎昨日の質疑:(敬称略)
  玉木雄一郎    文科省職員の天下り問題、補正予算
  細野豪志     天皇
  前原誠司     子どもの貧困、外交
  大西健介      長時間労働
  山尾志桜里    共謀罪、イスラム国への自衛隊派遣
  後藤祐一      文科省職員の天下り問題

 ◎本日の質疑:(敬称略)
  長妻 昭     格差
  井坂信彦   長時間労働  
  小川淳也     文科省職員の天下り問題
  福島伸享    TPP
 
 わが党の議員が質問に立ち、国民の幸せにつながる質疑を、皆さんの代弁者として行っています。
 政府の答弁の言行不一致がはなはだしい点、正確さに欠ける点を指摘していきます。
 具体的には・・・

 <子どもの貧困率>
 政府は、子どもの貧困が改善した、と言っていますが、
 そもそも2009年の政権交代まで、自民党政権では子どもの貧困率を発表していませんでした。
 
 はじめて「子どもの貧困率」を発表したのは、
 長妻厚生労働大臣、私が厚労大臣政務官を務めたときで、
 それまで発表しなかった理由として聞いていたのは、
 「発表すると日本の子どもの貧困率の数値が高いことが国際的にバレてしまって、
 子どもの貧困対策に予算がかかってしまうから」というものでした。
 
 そのため子どもの貧困率を公表するのは控えようという議論があり、
 諸外国が発表していても、多くの団体から発表すべきと言われても、
 2009年までは、政府は発表しませんでした。
 
 子どもの貧困率が高いことが今までから問題でしたが、
 政府はこれが下がったと最近、言っています。
 しかし、この発言の根拠としているのは、総務省が発表した子どもの貧困率。
 しかし、これまで国際比較で言われてきたのは
 厚生労働省が発表した子どもの貧困率です。
 
 総務省が発表している子どもの貧困率(全国消費実態調査の回答)は煩雑で、
 貧困家庭は回答しにくく、子どもの貧困率が低く出やすい調査方法です。
 
 勝手に子どもの貧困率の中身をすり替えて、貧困率が下がったと主張しても、
 ほとんどの国民は、定義が変わったことはわかりません。
 これまで一般的に使われていたのは厚労省発表の子どもの貧困率で、
 今回、急に政府は総務省の子どもの貧困率を引っ張り出し、答弁をしました。
 
 急に、総務省の子どもの貧困率に切り替えるのは問題です。
 子どもの貧困解消のためには、給付型奨学金の充実や児童扶養手当の引き上げが急務です。

 
 <過労死:長時間労働>
 政府は長時間労働の是正と言います。
 しかし、過労死の家族の会の方や過労死の弁護団の方々は、
 政府が現在提出している労基法改正・残業代ゼロ法案に含まれる
 裁量労働制の拡大は過労死を増やす・長時間労働を増やすからやめてほしいと言っておられます。
 
 口では長時間労働是正と言いながら、
 実際に成立させてくれという法案は過労死と長時間労働を増やすものになっています。
 
 これは矛盾しています。
 私たちは既に昨年から議員立法で長時間労働是正法案を提出しています。
 私も中心になり2年がかりで作成した法案です。
 ぜひ、与野党で合意して、長時間労働是正法をこの国会で成立させたいです。
 
 国会対策委員長であるため、私自身は国会質問はできませんが、
 国民の幸せにつながる国会を目指し、皆さんの声なき声を代弁します!

 山井和則拝




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆やまのい和則の「軽老の国」から「敬老の国」へ☆
(2017/1/27 読者数 3186 [同内容のメルマガ合計 3509])
携帯電話から利用する場合、以下のアドレスに空メールを送る
ことで携帯電話でメルマガを見れます。
a0000027832@mobile.mag2.com

ご意見・ご感想はこちら:yamanoi@yamanoi.net
ホームページもご覧ください:http://www.yamanoi.net
-----------------------------------------------
メールマガジンの原稿を転載し、福祉を良くする運動の輪を
広げて頂くことは、大歓迎です。
Copyright(C)2000 Yamanoi Kazunori All rights reserved.
================================================

やまのい和則の「軽老の国」から「敬老の国」へ

RSSを登録する
発行周期 不定期
最新号 2017/10/26
部数 3,152部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

やまのい和則の「軽老の国」から「敬老の国」へ

RSSを登録する
発行周期 不定期
最新号 2017/10/26
部数 3,152部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

ダメおやじの全財産をかけた崖っぷちFX通信
【1日に数万人が熟読する人気FXブログのメルマガ版】 相場歴30年以上のダメおやじがFXノウハウを大公開! 毎朝配信!毎日の経済指標情報や攻略法を無料で解説しています。 ●損切りがうまくできない、利食いが浅い ●ポジポジ病(ポジションを不要に持ってしまう) ●コツコツドカーン(小さく勝っても大きく負ける) ●エントリータイミングわからない ●メンタル面が弱い このようなお悩みがあれば購読してみてください。 FX初心者から経験者まで、FXの悩みをこのメルマガで解消します。 期間限定でメルマガ内で数万円相当分のFX情報商材をプレゼント中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

僕は『絶対倒産する』と言われたOWNDAYSの社長になった。
売上20億,負債14億,赤字2億『絶対倒産する』と言われ、メガネ業界内ではただの質の悪い安売りチェーンと馬鹿にされ続けていたOWNDAYS(オンデーズ)を30歳の時に買収し社長に就任。その後、10年間で奇跡のV字回復を遂げて、売上150億,世界10カ国に進出するまで・・、みたいな巷によくある再生物語。半分ノンフィクション。半分はフィクション。いつまで、どこまで書き続けるかはまだ未定です。 https://www.owndays.com Twitter:https://twitter.com/shuji7771 blog:https://ameblo.jp/shuji7777/
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

石渡浩の不動産投資を本業に―保証人無しでも融資を受け自己資金にレバレッジをかけて家賃年1億円越えを―
大学院修了時に資本金990万円で作った投資不動産保有会社の石渡住宅サービスを9年後の2016年に上場企業フィンテックグローバル子会社ベターライフサポートホールディングス等に約5億円で売却(株式譲渡)して上場会社連結子会社にして石渡住宅サービス(現商号:ベターライフプロパティ)名誉会長に就任した石渡浩が,自己資金数千万円規模の一般投資家さんを主対象に,銀行融資を活用してアパート経営を成功させ不動産賃貸業を本業にするためのノウハウを伝授します. 主著:『たった4年! 学生大家から純資産6億円を築いた私の投資法- 借りて増やす技術-』ソフトバンククリエイティブ(2012)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

首都圏不動産インサイドニュース
不動産業者がゼッタイ言わない最新の業界ウラ事情をリアルタイムで暴露します!!不動産投資で儲けよう!と意気込んでいるあなた。家族を守り夢を叶える手堅い不動産投資ですが数億円の借金を負う100%自己責任の事業。海千山千の業者相手に知識武装は万全ですか?「まかせっぱなし」は命取りです。かく言う私も業者ですが、不動産に携わる者として不幸な投資家さんをゼロにしたい。本気です。業界経験13年のプロとして真実だけをお伝えします。業者と対等な立場で戦ってください。決して損はさせません。村上しゅんすけ
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から3年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング