やまのい和則の「軽老の国」から「敬老の国」へ

サンプル誌


。☆〃。☆〃。☆〃。☆〃。☆〃。☆〃。☆〃。☆

   やまのい和則の
     「軽老の国」から「敬老の国」へ

     - Yamanoi Kazunori Mail Magazine -

            第0号(2000/03/16)

。☆〃。☆〃。☆〃。☆〃。☆〃。☆〃。☆〃。☆

==================================================
    やまのい和則のメールマガジンに
    登録して下さった皆様へ
==================================================

このたびは、私のメールマガジンに登録して下さり、本当に
有難うございます!

私は、自分でこうやってメールマガジンを発行するのは初めてで
すが、読者の皆さんのご期待に沿えるよう頑張ります。

     .:*~*:._.:*~*:._.:*~*:._.:*~*:._.:*~*:.

 さて、このメールマガジンについて、まず解説します。

 まず、『 「軽老の国」から「敬老の国」へ 』という、この
タイトル説明と自己紹介をします。私は過去8冊の本を書きまし
たので、その本を振り返りながら、私の自己紹介に変えたいと思
います。

 私は(財)松下政経塾の研究員以来、十数年、高齢者福祉の研
究をしています。高齢者福祉の研究を本格的に始めたのは26歳の
時。学生時代から福祉施設でボランティア活動をしており、日本
の福祉の遅れを痛感し、人生を福祉に賭けたいと思い、松下政経
塾の研究員になったのです。

 そこで、27歳の時にまず、日本の老人ホームや老人病院、のみ
ならず、アメリカ、スウェーデン、デンマーク、イギリスなどの
老人ホームに住み込んで、合計1年間、実習してきましたが、そ
の中で、痛感したのが世界と日本の落差でした。

 『なぜ、日本は世界一寝たきりのお年寄りが多いのか?』

 痴呆性高齢者の置かれている状況も日本は悲惨です。日本は、
「敬老の国」というけれど、福祉は欧米よりはるかに遅れ、これ
ではまさに「軽老の国」ではないかと思ったのでした。

 以上についての私の怒りや日本や世界の老人ホームでの実習ル
ポは、拙著【体験ルポ 世界の高齢者福祉】(岩波新書、1991年)
に書いてあります。

 この本は、私の人生の原点となる本です。すでに22刷になり、
福祉の名がつく本では日本で最も売れている本です。
 詳しくは拙著をお目通しいただきたいのですが、世界の福祉を
見る中で、日本の高齢者福祉がいかに遅れているかを痛感し、寝
たきり問題や痴呆症の問題の多くが人災である、と私は怒りを感
じ、人生を福祉に賭けよう、苦しんでいるお年寄りや介護者、障
害のある方々の声を代弁することをライフワークにしようと改め
て決意しました。

    .:*~*:._.:*~*:._.:*~*:._.:*~*:._.:*~*:.

 この世界福祉行脚の旅で、スウェーデンに魅力を感じました。
やはり、すごい。問題点はあるけれど参考になる国です。その後
スウェーデンに2年間留学しました。

 スウェーデンを学び、スウェーデンに生活し、スウェーデンの
福祉、生活、政治、地方分権を学びました。【スウェーデン発 
住んでみた高齢社会】(ミネルヴァ書房、1993年)では、2
年間住んでみたスウェーデンの暮らし、高齢者福祉政策、家族、
教育などについて書きました。

 さらに、詳しく、スウェーデンの地方分権について調査したの
が【スウェーデン発 高齢社会と地方分権 −福祉の主役は市町
村ー】(ミネルヴァ書房、1994年)です。
 これは、自治体議員、市長、国会議員、福祉現場職員への何十
人ものインタビュー、1000枚以上の写真、10年分のスウェ
ーデン現地の新聞検索などから3年がかりで執筆した本で、斉藤
弥生との共著。

 「地方分権が進まないと福祉は進まない!」ということを強く、
2年間のスウェーデン留学で感じました。自分で言うのもなんで
すが、いい本です。また、1989年初めてスウェーデンに2ヶ
月滞在したとき、痴呆性高齢者向けのグループホームに出会いま
した。
 住み慣れた地域の5−9人規模のグループホームで痴呆性高齢
者が暮らすのが一番理想的です。この普及が私のライフワークで
す。
 このグループホームについて、スウェーデンのバルブロ・ベッ
ク・フリス博士の著書を、私が近澤貴徳君とともに翻訳した本が、
【スウェーデンのグループホーム物語−ぼけても普通に生きられ
るー】(1993年、ふたば書房)です。スウェーデンのグルー
プホームのバイブルと呼ばれる本ですが、本屋にはあまり売って
いないので、関心のある方はメールで私にご注文ください。

 さらに、1995年には前著に続いて【体験ルポ 日本の高齢
者福祉】(岩波新書)を出版。
全国各地の介護の現場ルポとともに、実際、老人病院に寝泊りし
た経験、オムツをつけて老人ホームで2泊3日排泄した経験など
も書きました。これももう15刷となっています。

 さらに、講談社から1995年には【家族を幸せにする老い方】
を出版しました。当時、私は奈良女子大学で専任講師をするかた
わら、講演が年に150回くらいで、新聞の連載やテレビ出演も
していました。

 しかし、評論家では福祉は変えられないと感じ、国会を目指し
て政治活動に入りました。1996年の衆議院選挙に力不足で落
選。いまは再度の挑戦を準備しています。このあたりのことは、
私の政治のホームページをご覧下さい。

 その後、1999年に【転ばぬ先の介護ハンドブック】(講談
社)を斉藤弥生との共著で出版。
 また、鳩山邦夫さんとの共著で【グループホーム入門】(リヨ
ン社)を出版。介護保険とグループホームは、ともに私のライフ
ワークです。

 そして、この3月には3月22日に【グループホームの基礎知
識】(リヨン社)を出版、3月30日には
【図解 介護保険のすべて】(東洋経済新報社、斉藤弥生と共著)
を出版します。こうご期待ください。

     .:*~*:._.:*~*:._.:*~*:._.:*~*:._.:*~*:.

 このメールマガジンは、このように本を書いたり、講演をした
りして、福祉の充実のために人生を賭けている山井和則の通信で
す。

 介護保険やグループホームなどの学問的なニュースでなく、そ
れをよくするにはどう運動することが必要かということが、私の
関心です。
 さらに、福祉の充実を目指して「国政に福祉のプロを!」をキ
ャッチフレーズに、私は国政を目指して政治活動をいま、してい
ます。

 「政治は汚いもの」といわれますが、そういって、福祉関係者
が政治から距離を置くから、いつまで経っても福祉に強い国会議
員が生まれないのです。

 このメールマガジンを通して、末永く、山井和則が試行錯誤を
重ねながら、福祉をよくするために運動する姿を知って頂ければ
幸いです。

     .:*~*:._.:*~*:._.:*~*:._.:*~*:._.:*~*:.

 私は、soul mate という言葉が好きです。「魂の友」。福祉を
良くしたいという同じ思いを持ったsoul mate にこのマガジンを
通じて、出会えればこんなに嬉しいことはありません。初めての
今回の原稿は少し自己宣伝が過ぎたかもしれませんが、お許しく
ださい。
 ご意見やご質問、ご感想も、 yamanoi@wao.or.jp 
 まで頂ければ幸いです。

 このメールマガジンでは、今後、私が新しい記事やレポートを
書いたり、また、新しいニュースをホームページに更新したとき
にご案内したいと思います。頑張りますので、末永くお付き合い
ください。

                      山井和則 拝

==================================================

なお、山井和則について詳しくは、下記ホームページをごらんく
ださい。ホームページはそれぞれ本2冊分くらいの量があります。
のぞいてみてください。


 山井和則(やまのいかずのり)

  ☆福祉のホームページ
     http://www.wao.or.jp/yamanoi/

  ☆政治のホームページ
     http://member.nifty.ne.jp/yamanoi/

  ☆個人メールアドレス
     yamanoi@wao.or.jp


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆やまのい和則の「軽老の国」から「敬老の国」へ☆

ご意見・ご質問・ご感想はこちら:yamanoi@wao.or.jp

-------------------------------------------------
掲載された記事を許可なく転載することを禁止致します。必要な
場合はご連絡下さい。

Copyright(C)2000 Yamanoi Kazunori All rights reserved.

=================================================
このマガジンは『まぐまぐ(http://www.mag2.com/)』(ID 0000
027832)を利用して発行しています。

☆当方での配信の登録,変更,中止は行っておりません。
☆配信先の変更は,現アドレスを削除後,新アドレスで再登録く
ださい。
=================================================

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━






やまのい和則の「軽老の国」から「敬老の国」へ

RSSを登録する
発行周期 不定期
最新号 2017/06/13
部数 3,175部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

やまのい和則の「軽老の国」から「敬老の国」へ

RSSを登録する
発行周期 不定期
最新号 2017/06/13
部数 3,175部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

相馬一進の、1億稼ぐビジネスの本質|マーケティングと心理学
・天職で1億稼いだ相馬一進が、お金、自己啓発、仕事について、 心理学とマーケティングの側面から語る本格派メールマガジン。 ・著者の相馬一進は、ダライ・ラマ14世や、『7つの習慣』の スティーブン・コヴィーや、リチャード・ブランソンなどの、 海外セミナーへの日本人ツアーを企画、集客した実績を持つ。 ・最先端の起業・副業のノウハウや、マーケティングの原理原則、 生活の中からストレスを減らす方法、モチベーションの心理学、 複数の収入源を持つ方法、働く時間を減らす秘密などを配信中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

WEBマーケティングを学ぶためのメールマガジン
国内トップクラス(ユーザー数70000人)のWordPressテーマTCDやフォトマルシェ、ロゴマルシェなどを運営する株式会社デザインプラスの中田俊行が発行するメールマガジン。 アフィリエイトから始めた著者が、ネットマーケティングや最新のウェブ業界の情報を発信していきます。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から3年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

3連単3頭ボックスで超簡単に万馬券をゲットする競馬プロジェクト
◆読者6000人突破!まぐまぐ殿堂入り!! 圧倒的に少ない買い目で馬券を的中させます。 指定した《3頭》をボックスで買うだけで・・・ 昨年は9万馬券&7万馬券が当たりました。 一昨年にはなんと10万馬券も的中させています! 馬券は3頭をボックスで買うだけなので 誰がやっても買い目は同じ。 女性でもOK、競馬初心者でもOK 資金が少ない人でもOKです。 しかし、買い目が少ないので 当たればガツンと儲かります! こんな競馬予想は他にありません! ☆彡メルマガ広告主様大歓迎です☆彡
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

生きる意味は仏教に学びなさい
仏教メルマガ読者数日本一。今この瞬間に幸せを感じ、後悔のない人生にする方法とは?なぜどんなにお金があっても幸せになれないのか。むなしい人生になってしまう原因とは?あなたの人生を背後で支配する運命の法則と99%の人が自覚なく不幸を引き寄せている6つの行いとは…?仏教史上初のウェブ通信講座を開設、仏教の歴史を変え続ける中村僚が、葬式法事仏教となった現代日本の仏教界では失われた本当の仏教の秘密を公開。発行者サイトでも隠された仏教の秘密を無料プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング