独立・起業・経営・人脈の知恵袋マガジン

★【きぷら開運 165 号 最終号!】廃刊のご挨拶-感謝を込めて


∞───────────────────────────────
き┃ぷ┃ら┃
━┛━┛━┛【独立・起業・経営・人脈】の知恵袋 マガジン

                     開運165号 2007/12/16
∞───────────────────────────────
 ■INDEX■

   ● 廃刊のご挨拶−感謝を込めて 川野 真理子

   ● きぷら編集部からのお知らせ

   ● イベント紹介

   ● 編集部通信

───────────────────────────────∞
   NPO法人キープラネット発行  http://www.keyplanet.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ■廃刊のご挨拶−感謝を込めて  川野 真理子
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 キープラネットのメールマガジン「きぷら開運」は、キープラネット
 設立10周年という一つの区切りを迎え、この号をもちまして配信を終
 了することになりました。

 読者の皆様には、長い間、おつきあいくださいまして、誠にありがと
 うございました。編集部一同、心から、心からお礼を申し上げます。

 1998年に発足したキープラネットは、前半の5年を任意団体として、
 会員のための勉強会やセミナー、また、会員の課題を解決するような
 事業を中心に活動をしてきました。

 その流れで、後半の5年目にはNPO という法人格を取得し、さらに
 「行政の委託事業」をいただくようになってきました。
 後半の5年という期間は、キープラネットにとってはまさに、新しい
 事業や新しい人との繋がりにより、これまでで一番、発展・成長した
 時期でした。

 そして、2008年から11年目を迎えるにあたり、

       これまではよかった、今もよいかもしれない。

 でも、これからキープラネットはどこに向かおうとしているのか?

 キープラネットが「NPO法人」として、次にやるべきことは何か? 
 会員の課題を解決し、会員が喜ぶことは何か?  
 何をすべきか? と2年位前からいろいろ考えるようになりました。

 実績と人脈と活動が広がることで新たな課題や、次のステージへの模
 索が始まった時期でもありました。

 2005年には「ビジョン検討委員会」を発足させて話し合いの機会をも
 ちましたが、なかなか出口は見つかりませんでした。

 目先の事業は日々猛烈に忙しく、組織が大きくなるにつれ、有償・無
 償スタッフも増え、1人切り盛りによる自身の経営力不足や、NPO法人
 としての限界をどこかで感じるようになっていました。

 当初は、任意団体の流れのまま、
 キープラネットがやるべきこと=会員が喜ぶこと=会員の課題解決

 が起業家ネットワーク、キープラネットとしてのミッションだと考え
 ていました。

 しかし、近年キープラネットに入会する人は、社歴や規模、ビジョン
 の違うさまざまな起業家や経営者であり、その人たちが求めているも
 のは多種多様で「会員満足」を提供することの難しさにも直面してい
 ました。

 キープラネットが会員=お客様、として考える以上は、お客様をもっ
 と、セグメンテーションをしなければ、今後発展しないだろうと思っ
 ていました。会員の7割は、女性起業家であるのに、「女性起業家ネッ
 トワーク」とも言えません。また、駆け出し起業家ネットワークであ
 れば、その人たちに対するサービスをもっと集中的に出来るでしょう。
 でも、キープラネットは、駆け出しからベテランまで、女性も男性も、
 NPOも(株)も(有)も合資も個人事業主も、ありとあらゆる人たちが参加
 しています。

 そんな中で、行き先が見えないのに、目先の事業は忙しい。こんなに
 忙しいのに、それでも経営は楽ではなく、2005年、2006年は経営者の
 孤独を味わった、非常に苦しい時期でした。

 一方で、
 会員=お客様=会員サービス事業 をするなら、なぜ、キープラネッ
 トはNPO法人なんだろう? という疑問がいつも頭から離れませんでし
 た。

 そして、この1年間は一新した理事と、新しい活動や事業を立ち上げ
 て行く中で、様々なことに直面し、話し合った結果、 NPO法人キープ
 ラネットの事業から「会員制サービス事業」にあたる事業を廃止し、
 会員制度を見直すことになりました。

 これからは、会員の特典やサービスを受けるために入会するのではな
 く、会員1人1人が、起業家や経営者の役に立つ、力になる、元気を
 提供する、そんなキープラネットの活動趣旨に賛同し、そのキープラ
 ネットを維持するために、一定の費用としての会費(年会費12000円/
 入会金5000円)を負担していただくことになります。
 また、運営方針に対する賛否を表明するための「議決権」をもち、(そ
 れを法的に社員と呼びます。)」1年に1度の総会に参加(又は委任状
 を提出)することで、会の活動を支えていくことになります。

 NPO法人の活動に参加するということは、もらうことより、与えること
 で心の対価を得ることだとすれば、生まれ変わるキープラネットは、
 本来のNPOらしいNPOに生まれ変わると言っても過言ではないのかもし
 れません。

 メールマガジンも、きぷら編集部の団結と情熱によって、今年、よう
 やく配信部数が3000部を超えました。
 これを廃刊するのはもったいないという声もありますが、新しく生ま
 れ変わるためには、新しく0から生み出すエネルギーが必要です。
 そちらの方がはるかに大変ですが、でも、私たちは起業家ですから、
 どんなに大変でも、新しく始めるときには、また最初と同じように、
 ないところから創りだして行けばよいと思うのです。
 それが起業家であり、創業者精神なのだと思います。

 皆様には、またいつか、どこかの段階で情報を発信する価値と必要性
 と準備が整ったところで、お目文字出来ればと思っています。

 私の文章につきましては、拙いものでお恥ずかしく思いますが、長い
 期間お読みいただきまして、本当にありがとうございました。

 編集部一同、皆様への深い感謝をしつつ、本日最後の配信とさせてい
 ただきます。
 本当にありがとうございました。

 NPO法人キープラネット代表 川野真理子


●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
    ★ きぷら編集部からのお知らせ ★
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●

 これまで、メールマガジン「きぷら」をご愛読いただきまして誠に
 ありがとうございました。

 2001年2月の創刊号では発行部数1,850部からスタートした「きぷら」
 ですが、2007年12月第165号では3,107部にまでに増えました。これも
 読者の皆様に支えられ、発行続けてこれましたことに、厚く御礼申し
 上げます。

 励ましのお便り、貴重なご意見、ときには耳の痛い言葉も頂戴しまし
 た。編集部一同、このメルマガの発行を通じ、取材をさせていただい
 た皆様、相互協力をしていただいた皆様そして、応援してくださった
 読者の皆様との対話が深まったことに心から感謝しております。

 来年2008年からは、発行母体であるNPO法人キープラネットの、「会
 員制サービス事業の廃止」という方針に伴い、メールマガジンの発行
 も終了することとなりました。

 たくさんの励まし、応援ありがとうございました。皆さまの今後の
 ご活躍を心より応援しております。

                      きぷら編集長一同

●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●


┏┏┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┣━┫  キープラネットメンバー主催のイベントPR
┗┛┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
│
│ ◆ 株式会社スパークラーズ    小村ユミ
│  http://www.keyplanet.com/list/sparklers.html
│
| テーマ:スパークラーズエレガントウォーキング
|      スペシャルステージ&パーティー
|
│ 詳細: http://www.sparklers.co.jp
│ 日時: 12月22日(土)18時〜21時
│ 場所: ビジョンセンター秋葉原/ 参加費 6,300円
│ 申込: info@sparklers.co.jp
│
└───────────────────────────────


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■編集部通信  −私のきぷらの思いで−
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ◇ キープラ入会間もない頃、今度メルマガを手伝ってという言葉に
   「いいですよ〜」軽く返事をしたところ、気づくとメルマガ編集
   長になって8年目、まだその頃は他の編集長もいなく、1年間は
   たったひとりで企画、編集をしていました。

   その当時の企画で一番楽しかったのが「会員み〜つけた!」雑誌、
   新聞等に掲載された会員さんを探してメルマガでご紹介する企画
   でした。本屋さんの雑誌の山から会員さんを探すのは根気と体力、
   そして愛がないとできない作業でした。たとえ1行の文章でも、
   事実に基づき愛をもって書かないと何も伝わらないということを
   学んだ貴重な経験でした。私たちの愛は伝わりましたか?

   取材に応じてくださった皆さま、勇気をありがとうございました。
   そして読者の皆さま、長い間読んでくださってありがとうござい
   ました。きぷらメルマガは廃刊となりますが、編集長たちはいつ
   ものように元気よく楽しいことにいつも挑戦します!またお会い
   できる日を楽しみにしております。ありがとうございました!
                            (祢津)


 ◇ あれはもう、何年前のことになるのでしょう・・・。

   キープラのある勉強会に参加した帰り道、偶然祢津編集長と一緒
   で、なぜかメルマガの話になり、その場で「一緒にどう?」とス
   カウトされました。気がつけば2番目に古株の編集長になってい
   ました(笑)

   それまでは、祢津さんが一人で記事依頼、編集、配信をやってい
   ました。一人で続けるのは、大変なことだったと思います。祢津
   さんがふんばって続けてくださっていたからこそ、その後、私を
   含め、のべ12名の編集長、他にも原稿依頼係や web担当の方々が
   このメルマガにかかわり、ここまで続けてこられました。

   この場をお借りして、初代、そして活動最長の編集長である祢津
   順子さんに、あらためて敬意を表したいと思います。お疲れ様で
   した。                      (森山)


 ◇ 初めてメルマガの編集会議(通称:ぶっちゃっと)に参加させて
   いただいたのは2002年2月。第25号からでした。

   2年後の2004年春、川野さんがメルマガ編集会議の席で突然っ!
   「ねぇ。きぷらのオフ会やらない! 思いっきり過激なやつ。
   読者の人と交流できるような楽しいパーティ、やろうよぉ〜!」

   “楽しくなければ『きぷら』じゃない!”をモットーとしている
   編集部として、こんな面白そうな話は聞き逃せません(笑)
   「よっしゃ! やろう!」と、即決・即断。ドキドキ・ワクワク
   する企画を、編集会議そっちのけで立て始めました。

   編集部のメンバーをコアに、バンド「ぶっちゃった〜ず」を編成し、
   互いに忙しい時間をやりくりしてスタジオでの猛特訓?を開始。
   当時WEBを担当していた岩崎さん、イベント告知やML登録責
   任者だった竹村さんも巻き込み、揃いのTシャツを作ってもらい
   新橋のライブハウスを借りて、第1回目のオフ会を開催しました。

   あれから3年。「ぶっちゃった〜ず」のレパートリーも二桁となり
   今秋にはギャラをもらえるバンドに成長しました(*^^*)

   きっかけは何気ない一言でも、仲間がいてくれればカタチにできる。
   カタチにできれば、自分の気持ちも伝えていける。
   気持ちが伝われば、想いが共有でき、記憶に残すことができる。

   四十路越えても、やろうと思えばできるんだ! ってことを教えて
   くれた「きぷら」編集部と、親分・川野さんに感謝!です。
   そして、応援してくださった皆様にどれだけ励まされたことか・・
   本当にありがとうございました。           (佐々木)


 ◇ 私も、佐々木編集長と同期で、メルマガ編集に携わりました。
   2001年の秋にキープラに「ひまわり会員」として入会し、セミ
   ナーに参加したりし、様々なことを学ばせていただいた(インプッ
   ト)ので、何か私でもお手伝いできる(アウトプット)ことがあ
   ればと自ら手を挙げました。

   そうは言っても、ど素人なので「メルマガ!?」という状態でし
   たが、2002年より気がつけば、足かけ6年。ここまで続けて来ら
   れたのは、祢津編集長を始めとする各編集長に支えていただき、
   「部活のノリ」のチームワークがあったので、楽しく続けること
   ができました。

   メルマガ編集を通じて、多くの方々にインタビューできたことも
   貴重な体験でした。
   取材に応じていただいた方々には感謝、カンシャ!です。
   「ありがとうございました。」

   特に一年目に、リクルートの渡邉嘉子氏にインタビューさせてい
   ただき、プロのライターさんたちに何度もインタビューされてい
   る方なので、こわごわと第一稿をお送りした際に「今迄で、一番、
   私の言いたいことが伝わっている」というフィードバックをいた
   だいたことが印象に残っています。
   (単にテープ起しを着実にやっただけだったのですが、、、(^〜^;)ゞ )

   「きぷら」メルマガでの多くの出愛に感謝しています。
   メルマガでお会いするのは、最後になりますが、Having Fun!
   をモットーに「きぷら」で繋がったご縁を大切に、笑顔でまた皆
   様にお目に掛れる日を楽しみにしています。
   ありがとうございました。             (田子)


 ◇ きぷら編集部では、編集会議というのを年2回位やります。

   でも、主な目的はその後の飲み会(笑)

   あ、もちろん編集会議もちゃんとやるんですよ。方向性とか、
   当番を決めたり、取材対象者をリストアップしたり。

   でも、小1時間もすると、「さ、喉も乾いたし、早く決める事を
   決めて、次へ行きましょう」という声が出ます。

   ここからは、物事が速く決まっています。

   経営者のみなさん、会議はこうでなくちゃ。

   そして飲み会に繰り出します。

   編集長はみんな強いんですよ〜

   編集会議の後だけではなく、顔を合わせる機会があると(という
   か、顔を合わせる機会を作り)、良く飲みます。

   今後きぷらが無くなると、編集会議も無くなってしまいますが、
   この仲間達とは今後もずっと、飲み続けるでしょう。

   こういう出会いをくれたきぷらに感謝!
   そしてご愛読いただいたみなさま、有り難うございました!
                            (阿川)



 ◇ 思い起こせばキープラの参加したのは2003年の11頃だったと思う。

   最初に参加した研究会が「ビジネスに役立つ手相研究会」でした。
   独立起業支援を謳い文句にしていたキープラネットにしては面白
   い企画だなと思い参加した記憶が。

   そして次に参加したのが「マーケット研究会」。
   自分の経験も織り交ぜながらスピーカーとして話しました。
   そしてその次には、研究会のリーダーとして、2回目となる「マー
   ケット研究会」に参加。

   参加する度に感じたことは、研究会の後のお酒の席の楽しい事。
   兎に角キープラネットのイベントに参加する度につきものなのが
   お酒の席でした。
   これがまた楽しかった。

   そして昨年からはきぷらの編集部として参加しましたが、最後の
   発刊に携わる事になるとは…

   キープラネット自体は来年から、新しい方向性で進むことが決まっ
   ています。
   また皆さんと何処かでお会いできる事を楽しみにしています。
                            (粟盛)



 ◇ キープラに私が入ったのが今年2月。その翌月「子育て・教育支
   援プロジェクト」の座談会に参加した、3月16日の晩のことです。

   打ち上げを終えて店から出てきたところで、祢津編集長と佐々木
   編集長に「きぷら」編集部の仲間入りを迫られました。大好きな
   おふたりからのお誘い、断るわけにはいきません。でも、ふたり
   に圧倒された私は「うっ、あっ」としどろもどろ。ところが、自
   宅に戻るとすでに「きぷら」MLに私が入っている。この仕事の早
   さ……怖い(笑)。あの晩のことは、鮮明に覚えています。

   その日から今日までの10カ月間、ずっと末っ子のように、ほかの
   編集長たちに可愛がっていただき、「編集長」というより「編集
   子」だったな、なんて。メルマガ編集も初めてで「きぷらML」に
   投げる配信予定原稿を誤って、キープラメンバーが全員入ってい
   るMLに投げて青ざめたこと。等倍フォントの存在を知らず、文面
   がズレてると指摘したこと……。思い起こせば赤面の数々ですが、
   先輩編集長たちの配信ぎりぎりまで議論を交わす情熱、プライベ
   ートのことでも親身にフォローする優しさを享受できたことは、
   何よりも10カ月の私の学びであり、幸せでした。
    
   これまで講読していただいた読者の皆さんと、多くの取材対象者、
   そして、6人の現役編集長と、歴代編集長たちに喝采! (石田)



∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
 キープラメールマガジン  きぷら 開運165号
 発行部数: 3,107部(12月16日現在)  http://www.keyplanet.com/
 発 行:NPO法人 キープラネット O型の代表 川野 真理子
     大儲け小儲けをたくらむ・新★きぷら編集部
     B型の編集長:祢津 順子/B型の編集長:森山 貴代
     O型の編集長:田子千鶴子/A型の編集長:佐々木直子
     A型の編集長:阿川 道仁/B型の編集長:粟盛 俊光
     O型の編集長:石田 恵海

 ★広告の掲載お申込・お問い合わせは…(ご意見・ご感想もね)
   mailto:magazine@keyplanet.com へ
----------------------------------------------------
  登録・解除・変更は下記ページにて行ってください。
   http://www.keyplanet.com/magazine/
----------------------------------------------------
 ★禁複写・転載★
 本誌に掲載された記事を許可なく使用することを禁じます。
 Copyright(c)2007 keyplanet workshop. All rights reserved.
 転載をご希望の方は、ご一報ください。  magazine@keyplanet.com
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

このメルマガは現在休刊中です

独立・起業・経営・人脈の知恵袋マガジン

RSSを登録する
発行周期 大安吉日(月2回)
最新号 2007/12/16
部数 0部

このメルマガは
現在休刊中です

ついでに読みたい

独立・起業・経営・人脈の知恵袋マガジン

RSSを登録する
発行周期 大安吉日(月2回)
最新号 2007/12/16
部数 0部

このメルマガは
現在休刊中です

今週のおすすめ!メルマガ3選

一緒に歩もう!小富豪への道
富裕層むけ、富裕層入りを目指す方むけの究極の資産防衛メルマガ!一国だけに資産を集めておくのは危険な時代がやってきました。海外ヘッジファンド、貴金属、不動産からアンティーク・コインまで、金融不安に負けない世界分散ポートフォリオを、経験豊富なファイナンシャル・プランナーが誠意をもってご案内します。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

楽しく幸せな会社組織づくりのすすめ
組織変革コンサルタントが語る楽しく幸せな会社組織づくり・社員育成実践テクニックをご紹介。社員数名~100名前後の中堅・中小企業オーナー社長や経営層・人事部・管理職・仕事の幅を広げたいフリーランス・士業の方は必見! 社員の主体性や部門間の連携力を高める効果的なコーチング・研修・ワークショップなど具体的な打ち手も解説します。また自社で取り組んでいる管理・評価・指示命令が不要な新世代型の組織運営法「びりかん式経営」についてもご紹介していきます。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

生きる意味は仏教に学びなさい
仏教メルマガ読者数日本一。今この瞬間に幸せを感じ、後悔のない人生にする方法とは?なぜどんなにお金があっても幸せになれないのか。むなしい人生になってしまう原因とは?あなたの人生を背後で支配する運命の法則と99%の人が自覚なく不幸を引き寄せている6つの行いとは…?仏教史上初のウェブ通信講座を開設、仏教の歴史を変え続ける中村僚が、葬式法事仏教となった現代日本の仏教界では失われた本当の仏教の秘密を公開。発行者サイトでも隠された仏教の秘密を無料プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

相馬一進の、1億稼ぐビジネスの本質|マーケティングと心理学
・天職で1億稼いだ相馬一進が、お金、自己啓発、仕事について、 心理学とマーケティングの側面から語る本格派メールマガジン。 ・著者の相馬一進は、ダライ・ラマ14世や、『7つの習慣』の スティーブン・コヴィーや、リチャード・ブランソンなどの、 海外セミナーへの日本人ツアーを企画、集客した実績を持つ。 ・最先端の起業・副業のノウハウや、マーケティングの原理原則、 生活の中からストレスを減らす方法、モチベーションの心理学、 複数の収入源を持つ方法、働く時間を減らす秘密などを配信中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

水戸市のサラリーマン大家さん
総発行部数15万部。購読者日本一の不動産メルマガ。 2017年5月現在8900人以上の投資家さんとお会いしてきました。 年間取引額300億円以上、累計取引額1000億以上の不動産会社社長が、不動産投資について真剣に書いています。 今ならメルマガ内で10万円相当の「不動産投資大百科」を無料配布中。 メルマガ登録で非公開の物件情報も入ってきます。 不動産仲介業 宅地建物取引業免許 国土交通大臣(1)第8944号
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

『資金調達など経営者の悩みを真に解決するマガジン』
経営コンサルタントが実践から得た経験や知恵を基に、経営に役立つ「本日の経営者への一言」と、実際にあった話を基に実名を出さずに「実話風読物(カードローン取立との戦い等)」に仕立てた読物との2部構成で綴られたメルマガです。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング