往来堂ももんが通信

【往来堂ももんが通信 373 号 2017/11/18】


カテゴリー: 2017年11月18日
□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□

     ◇◆◇ 往来堂ももんが通信 373号 ◇◆◇

□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□

■デイリー往来堂(文庫ベスト10、新聞出ました)

■NEW!!!イベント情報

■フェアがいっぱい(新しいフェア盛りだくさん)

■往来っ子のおすすめたち

■第15回目【南陀楼綾繁の本のメド ももんが版】

■お得なポイントサービス(ポイントとグッズ交換のお知らせ)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◆◆デイリー往来堂 ◆◆◆
─────────────────────
●【往来堂書店 週間文庫ベスト10 2017/11/05 ~ 2017/11/11】
1 『はじめての暗渠散歩』本田 創、高山 英男、吉村 生、三土 たつお:著(筑摩書房)
2 『忘れられた巨人』カズオ・イシグロ:著(早川書房)
3 『南方熊楠 近代神仙譚』佐藤 春夫 :著(河出書房新社)
4 『わたしを離さないで』カズオ・イシグロ:著(早川書房)
5 『日の名残り』カズオ・イシグロ:著(早川書房)
6 『人間心理のふしぎがわかる本』清田 予紀:著(三笠書房)
7 『あるフィルムの背景 ミステリ短篇傑作選』結城 昌治 日下三蔵・編(筑摩書房)
8 『ブラックオアホワイト』浅田 次郎:著(新潮社)
9 『キャプテンサンダーボルト 上』阿部 和重:著(文藝春秋)
10『もっとハゲしく声に出して笑える日本語』立川 談四楼:著(光文社)
1位、イベントを企画しております(満員御礼)。往来堂のすぐ裏を流れる(?)藍染川(もちろん暗渠)をたどる日曜の昼下がり。
上野で不忍池にたどり着いたことを確認したあとはガードしたで明るいうちから乾杯!なんてすてきな日曜日。どうか、晴れますように!著者の先生方、どうぞよろしくお願いします!
3位、同郷の文豪が「伝説の巨人」を初めて描いた評伝小説。独創は苦々しい宿命であり、先駆は悲痛な使命である・・・カバー後ろの紹介文からして格調高いぞ! バッタ博士でもなく、人間を休んでヤギになった男でもなく、熊楠です!!(最近、苦々しい宿命、悲痛な使命、そして笑いと涙にまみれた本によく出会う気が・・・)
7位も初速好調! 普通の人々が歪んだ事件を引き起こす恐ろしさと悲しみを巧みに描き、読者の予想を裏切る驚愕の結末を鮮やかに提示する。
昭和の名手の妙技を堪能できる、文庫オリジナルの短篇傑作選!(表紙うらより)(笈入)
詳しくはこちら → http://www.ohraido.com/archives/6039

●手書きのフリーペーパー『往来っ子新聞』最新号 160号できました! 店頭にて配布中! 
新しくなる広辞苑のお得情報もありますよ。http://www.ohraido.com/archives/6045

●【D坂文庫2017】小さくなって継続中。実は、まだまだ人気です。売れてます。
オリジナルセレクトギフトとしても展開いたしておりますのでよろしくお願いいたします。

●あの人に本を贈ろう!【往来堂書店の本のギフト D坂文庫2017】
カタログに収録された64冊の中から3冊と往来堂書店のオリジナルグッズをセットにしたお得なギフトです。
◆Aセット 3000円+税(本3冊(ブックカバー付き)とエコバッグ)
◆Bセット 5000円+税(本3冊(ブックカバー付き)とオリジナルTシャツ)
詳しくはこちらを御覧ください →Aセット http://www.ohraido.com/archives/5487
                Bセット http://www.ohraido.com/archives/5498
●柴犬図書カードが11月15日に発売されました。とてもかわいいので、贈り物にもおすすめです。
柄はA,Bのふたつ。ちゃぶ台の芝犬と、本を読むカップルワンちゃん。 http://www.ohraido.com/archives/5448

●おすすめイベント
【はじまりの谷根千 - 地域雑誌『谷中・根津・千駄木』とローカルメディアのこれから ー 】
「谷根千」という言葉を生み出した地域雑誌『谷中・根津・千駄木』
1984年に創刊して26年発行されてきました。
ローカルメディアとして20年早かった!その『谷中・根津・千駄木』を振り返るイベントです。
現在開催中。
▼会場:谷中HAGISO
▼会期:11月25日(土)まで(会期中無休:入場無料)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◆◆ イベント情報 ◆◆◆
─────────────────────
〈かのひと〜超訳世界恋愛詩集、重版記念EVENT〉
     菅原敏『千駄木朗読会』  
往来堂書店の店内で、なんと!なんと!朗読イベントがあります。
『かのひと〜超訳世界恋愛詩集』の著者・菅原敏さんが朗読を、金曜日の夜に。
皆さん、『かのひと〜超訳世界恋愛詩集』読みましたか?
2017.07.25に刊行されました。入荷したとき、ひときわ光を放っていました。
恋のうたがぎゅっと詰まっています。はかなさ、うつろい、ざんこくさゆえ宇宙の調和・・・と想いが馳せます。そして超訳なのです。
たとえば、小野小町の
《今はとて 我が身時雨にふりぬれば 言の葉さえに うつろひにけり》 は、
〜「もうおしまいだ」と あなたがいった。
 そうね わたしは年をとった。
 時雨に濡れる木の葉も かつての約束の言葉も 色あせてしまったから。〜
それに、久保田沙耶さんのイラストもKIGIさんのデザインも優しい。
この美しいベールで包まれた本の著者・菅原敏さんが、この本の朗読会を開いてくださいます。菅原さんの朗読で、この本のベールは虹色に輝きそうです。
こういう方をきっと吟遊詩人と呼ぶのでしょうか・・・(遠い目)。
子どもの頃から会ってみたいと思っていた吟遊詩人・・・、という響き。楽しみです。
12月1日金曜日の夜。うっとりしたい女性はもちろん、心にぽっかりのある豊かな男性も、どなたでもご参加ください。(川本)

▼日時:2017年12月1日(金)19:30〜
▼参加費:1,500yen,1drink付
▼会場:往来堂書店
▼定員:15名・先着順
▼申込みと問い合わせは [往来堂書店]文京区千駄木2-47-11
03-5685-0807 / maido@ohraido.com
http://www.ohraido.com/archives/6096
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◆◆ フェアがいっぱい ◆◆◆
────────────────────────
●【朗読フェア】「朗読しましょう。群読しましょう。」
NHKで放送していた朗読ドラマにハマったスタッフ!そして朗読好きなスタッフがもりあがってフェアが緊急スタート!
うっとりイベントも決まったし!正面入口にて開催。
朗読にオススメな本を集めました。様々な種類の朗読をお楽しみください。http://www.ohraido.com/archives/6050

●【タラブックス フェア】世界を変える美しい本 インド・タラブックスの挑戦
インドのちいさな出版社「タラブックス」。 手漉きの紙に、シルクスクリーンの手刷り印刷。ものすごく繊細で美しい表現!
そんなタラブックスにまつわる本、タラブックスがつくった美しい絵本が揃っています。
美術棚にて。詳しくはこちら → http://www.ohraido.com/archives/6140

●【クリスマス フェア】
児童書コーナーにて。
クリスマスのオススメ本。次々に入荷しています。ラインナップをどんどんかえていきますのでお楽しみに。

●矢島商会(@kintaro_yajima )xコミック部のコーナー棚「くまちゃん、マンガを読む。」
第3回の棚替え。今回は大島弓子『夏のおわりのト短調』。全コマの芸が細かくて笑ってしまいました。
「きっとまた・・・ 私、一人で品出しすることになる」白泉社文庫版でお待ちしております。https://twitter.com/ohraido_comic/status/920547901088022528/photo/1

●速水健朗さんとおぐらりゅうじさんの対談集『新・ニッポン分断時代』(本の雑誌社)
【速水健朗とおぐらりゅうじが選ぶ2017年度上半期の3冊フェア】
速水健朗さんの3冊・『日本の夜の公共圏 スナック研究序説』『一故人』『アガサ・クリスティーの大英帝国』。
おぐらりゅうじさんの3冊・『百年後』『往復書簡 初恋と不倫』『1122 第1巻』。
それぞれ推薦文が掲示してありますので、ぜひ店頭で御覧ください。

●「ノンタンまつり’17 開催中」です。
ノンタンの絵本お買い上げの方にノンタン缶バッジをプレゼントしています。缶バッチ!残りわずかです。おはやめにどうぞ。
往来堂の人気者、ぶらんこノンタンも秋を楽しんでいますよ。http://www.ohraido.com/archives/5633

●【WECKフェア】
ドイツ製の丈夫でお手頃価格なガラス容器「WECK」。
さりげないいちご模様、可愛らしいフォルムで食器や小物入れにも使えて便利、大人気です。
今回は、とっても小さいサイズの新商品や、便利なシリコン蓋も入荷しました!
おしゃれなテーブルウエアとしておすすめです。今ならサイズも豊富です。
http://www.ohraido.com/archives/4904

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◆◆ 往来っ子のおすすめ ◆◆◆
────────────────────────
●ミロコマチコ・カレンダー「鉄三、うちの猫たちはね。」(ブロンズ新社)
入荷しています。ミロコマチコさんのイラストがかわいいコンパクトなカレンダー。税込み540円ですよ!

●『ブルータス カーサ 特別編集 音のいい部屋。A ROOM WITH SOUND』(マガジンハウス)
レコードを聴く部屋特集!音楽を聞くのではなく、レコードを聴く!
村上春樹さんのお部屋も拝見。いかにしてレコードを楽しむ暮らしをするのか。
やはりレコードです。おすすめプレイヤー、スピーカーガイドもありますよ。いざレコードライフへ。

●『メガネと放蕩娘』山内マリコ:著(文藝春秋)
新作長編です。
山内マリコさんの地元・富山の商店街を徹底取材して描かれた、地元愛が爆発するエンターテイメント。
地元にいた姉、地元を飛び出してもどってきた妹、商店街の老舗書店、さびれた商店街・・・
地方の女子のリアルを鋭く描いてきた山内マリコさんの新しい展開に興味しんしん。

●『大家さんと僕』矢部太郎:著(新潮社)
かなり話題になっているのでご存知とは思いますが、芸人のカラテカの矢部太郎さんによるコミックエッセイ。
でも!あえてオススメ!!
87歳の上品な女性の2世帯住宅だった2階を借りている矢部さん。大家さんと賃借人の小さな物語。
まず、絵がとっても素敵。往来堂スタッフの漫画家さん?もうなる腕前。
矢部さんのお父さんが絵本作家さんというのがうなずけます。
家族のように心配してくれること、大家さんの目にはいつでも戦争の時のことがうつっていること、
とってもスローペースなこと、けっこう辛辣なご意見が沢山あること、などなど矢部さんがとても丁寧に優しく捉えていて
2人の暮らし、流れる時間が愛おしい。自分の今の暮らしのペースを考えさせられてしまいます・・・。名作です。

●『21世紀版 奇想天外』山口雅也:編集(南雲堂)
日本の雑誌の全盛期、70年代から80年代にかけて発刊されたエンタメ小説雑誌『奇想天外』のアンソロジー。
ものすごい豪華執筆陣による分厚い復活です。

●『7年の夜』チョン・ユジョン:著、カン・バンファ:訳(書肆侃侃房)
「いま韓国でもっとも新作が待たれている作家チョン・ユジョン待望の長編ミステリー」と帯にあります。
初邦訳です。死刑囚である父、その息子をめぐる壮大なスケールの物語。気になります。

●『中国名言集 一日一言』井波律子:著(岩波現代文庫)
人気です。史書、詩文、随筆、小説、俗諺などから選び抜かれた名言を、365日と1日分、366セレクトした楽しいもの。
1日1ページ、資料や写真なども使い、ふりがなつきで、とても丁寧に優しく解説されています。
これだけのセレクトはすごいです。はっとしたり、頷いたり、わらったり。日々が豊かになる1冊。

●『新橋アンダーグラウンド』本橋信宏:著(駒草出版)
往来堂書店でかなり売れた『東京最後の異界 鶯谷』『上野アンダーグラウンド』の著者による最新作。
今度は新橋!闇市、花街の名残は昭和のフィクサーたちによって創られた?
あのビルの秘密、事件、ドラマもいっぱい!新橋、気になります。

●『絶望図書館 立ち直れそうもないとき、心に寄り添ってくれる12の物語』頭木弘樹:著(ちくま文庫)
文庫オリジナルです。
20歳の時に難病になり、13年間の闘病生活の時にカフカの言葉に救われたという著者。
彼がセレクトする絶望に寄り添ってくれる物語。
図書館なので、コーナー別閲覧室があります。
「人がこわい」「運命が受け入れられない」「家族に耐えられない」「よるべなくてせつない」。
どれもつらいです・・・絶望・・・そんな絶望「だれもわかってくれないけど、文学だけはわかってくれるときがある」と紹介されています。
その出会いを紹介してくれる図書館。嗚呼、寄り添ってほしい・・・

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◆◆ 南陀楼綾繁の本のメド ももんが版 第15回 ◆◆◆
──────────────────────────────────────
 ~創業時からの往来堂ユーザーのナンダロウさんが、いま店頭で売りたい本を紹介します~
10月末からバタバタしていて、この連載も一度休載させてもらいました。
その後、このメルマガ自体が発行されていなかったので、かなり間が空いてしまいました。お久しぶりです。
その間、11月3日には千駄木・養源寺で「しのばずくんの本の縁日」が晴天の下、開催されました。そして翌日からは高松に飛び、香川―高知―香川と回ってきました。そんなこんなで紹介したい本がたまってしまいました。今回はその一部を取り上げます。
 
【南陀楼の新刊】
★『編む人 ちいさな本から生まれたもの』(ビレッジプレス)
『地域雑誌 谷中・根津・千駄木』の山崎範子さん、『雲のうえ』の牧野伊三夫さんら、『入谷コピー文庫』の堀内恭さんら、独自の方法とペースで出版活動を続ける9人のインタビュー集。『雲遊天下』『彷書月刊』掲載のものや〈古書ほうろう〉などでのトークイベント収録のもののほか、語り下ろしもあります。新しいことをはじめ、続ける姿勢が語られているので、出版関係者以外の方にも読んでいただけたらと思います。
 
★『新版 谷根千ちいさなお店散歩』(WAVE出版) 
旧版刊行から3年半。谷中・根津・千駄木の40の個人店を紹介した本の新版が出ました。移転・閉店などでこの地域からなくなった店を外し、新たに8店を取り上げています。表紙は路地裏の雑貨店〈ワト舎〉、裏表紙は三崎坂の〈tokyobike rentals yanaka〉です。旧版に続き、地元の方にもそれ以外の方にもご愛読いただけると嬉しいです。
 
【書いた記事】
★『東京人』12月号 特集「永井荷風」
「若い世代は荷風をどう読んでいるか」を書いています。
DMMのゲーム「文豪とアルケミスト」とコラボする新潮社、荷風の文庫や全集を出している岩波書店、若い荷風好きが通う向島の古書店などを取材しています。新潮社は『「文豪とアルケミスト」文学全集』として、未発表資料を含むアンソロジーを刊行。神楽坂〈la kagu〉で展覧会も開催します。
http://www.shinchosha.co.jp/bungo_alchemist/#fh5co-event-section
 
★『コンフォルト』159号
京橋〈LIXILギャラリー〉で開催中の「超絶記録! 西山夘三のすまい採集帖」の記事を書いています。建築学者の西山が培った観察眼と記録精神を伝える展示です。会場写真もたっぷり載せています。展示もいいですが、祖父江慎デザインの図録もすごい。オススメです。
 
【注目の本】
★『さぬきうどん全店制覇攻略本2017―18年版』(セーラー広告)
香川県で発行されている県内635軒のガイドブック。とにかく、うどん屋なら全部載っていて、コメントも的確。
エリアMAPと店ごとのMAPがあるので迷うこともない。香川でさぬきうどんを2食以上食べるつもりの人は、買っておいて損はないです。
巻頭特集「朝うどん」には朝5時半から開いている店も載ってます。私はこの本を見て、3日間で7軒でうどん食べました。
 
★富安陽子(文)・山村浩二(絵)『絵物語 古事記』(偕成社)
『古事記』上巻の神話部分を絵物語化。息遣いの感じられる文章と迫力ある絵。監修は古事記研究の一人者、三浦佑之。
子どもにも古事記を読んだことのない大人にも読んでほしいですね。とくに出雲神話はいちどは必読。
 
★久禮亮太『スリップの技法』(苦楽堂)
タイトルと帯は書店員向けですが、書店員だけが読むのはもったいない。本屋という場でスリップを武器にどんな実験&検証が行われるかを描いたドキュメント。出版社、著者、読者も「深く掘る」やり方を知れば、本屋に通うのが楽しくなる。
あと一箱古本市の店主さんにもぜひ読んでほしいです。一箱古本市では最初から、店主さんに本に値札を入れたスリップを挟むことをお勧めしていました。新刊書店のように本の管理のためではなく、スリップが売れた本の記憶であり、後で眺めると楽しいからです。
でもこの本を読むともっと色々使える気がします。
ここに書かれていることを実践している書店人も多いだろうが、明確に言語化した本はなかったのではないか。また索引もあるので、著者や出版社は自分の名を見つけてニヤニヤしてください。私も久禮さんが何かと組み合わせてみたいと思う本が出せたらと思う。
 
★藤井青銅『幸せな裏方』(新潮社)
少し前に出た本です。ラジオの放送作家を中心に小説などを書いてきた人の回想的エッセイ。好きなことをやり続けてきた人ならではの幸せな空気が文章から伝わる。大瀧詠一から聞いたというはっぴいえんど再結成の話など。人と人との出会いの妙が味わえる。いい本です。
 
★今村昌弘『屍人荘の殺人』(東京創元社)
第27回鮎川哲也賞受賞作。文章は達者。本格ミステリでありながら、中盤でガラッと様相を変えるところが味噌。
ここはどう書いてもネタバレになってしまうので、知らずに読むのがいいだろう。
選考委員の選評も「野球の試合を観に行ったら、いきなり闘牛になるようなもの」(北村薫)などと苦心している。本格ミステリ云々は別にして、面白い小説を読みたいと思う人は前知識を入れずに読んでみては。
 
【ご近所イベント】
★〈上野桜木あたり〉で「山形かわにし豆の展示会」
12月1〜3日。あたりの他、近く2会場で開催。豆など農産物の試食販売、ばあちゃんの茶の間、じぃちゃん農産物の土間、『豆の絵本』原画展など。川西町はBook! Book! Okitamaの中心地です。ぜひ!
https://www.facebook.com/mamenoarumachi

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◆◆ お得なポイントサービス ◆◆◆
────────────────────────────
●ポイントの商品引換のご案内
  600P → ミロコマチコさんのイラストのオリジナルエコバッグ
  3000p → 今回出来上がったミロコマチコさんのイラストのTシャツ

たくさんたまっているかたはぜひこちらもご利用ください。

●おとくな割引サービス【とくとく7】は往来堂のポイントカードで、 通常600ポイント使うとお買い上げが5%オフのところ、 【【7%オフ】】です!(現金のみ)
【とくとく7】は毎月第4金曜、土曜が【とくとく7】となります。

●11月は11月24日(金)と25日(土)です。

●ポイントカードは入会金・年会費無料、 有効期限もありませんので、ご登録がオススメです。
・200円(税込)ごとに5ポイント
・入会時に300ポイントをプラス
・毎週月曜と水曜はポイントが2倍
・カバー&レジ袋が不要の場合はエコポイントとしてプラス10ポイント

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
■往来堂ももんが通信 373号
■発行日:2017年11月18日
■担当/ムラタタカコ
■発行人/編集長:笈入建志
■編集・発行:往来堂書店
■<maido@ohraido.com>(本のご注文、メルマガ・サイトへのご意見・ご投稿)

往来堂ももんが通信

RSSを登録する
発行周期 週刊
最新号 2017/11/18
部数 1,812部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

往来堂ももんが通信

RSSを登録する
発行周期 週刊
最新号 2017/11/18
部数 1,812部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

【六単塾】1日数分で英単語・英文をあきれるほど覚える方法
「英語をやり直したいけど面倒なことはしたくない」「英会話したいけど時間がない」「TOEICスコアが急に必要になった」そんなあなたに。1日10分、たった6単語で英語が話せるようになるためのメルマガを1日1通お送りします。登録は2秒で終了。今すぐ登録してくださいね。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

井出ひろゆき 最速不動産オーナーへの道
日本で唯一の不動産満室コンサルタント。 普通の人を不動産オーナーにする スペシャリスト&不動産オーナーに満室コーチング行い、 口コミで無料面談は、常にキャンセル待ち状態。 30代OL、   90日で家賃年収756万円。 40代会社社員 150日で家賃年収1586万8000円。 過去最短でコンサル開始後144日で 20代高利回り2棟家賃年収1456万8千円を記録!!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

首都圏不動産インサイドニュース
不動産業者がゼッタイ言わない最新の業界ウラ事情をリアルタイムで暴露します!!不動産投資で儲けよう!と意気込んでいるあなた。家族を守り夢を叶える手堅い不動産投資ですが数億円の借金を負う100%自己責任の事業。海千山千の業者相手に知識武装は万全ですか?「まかせっぱなし」は命取りです。かく言う私も業者ですが、不動産に携わる者として不幸な投資家さんをゼロにしたい。本気です。業界経験13年のプロとして真実だけをお伝えします。業者と対等な立場で戦ってください。決して損はさせません。村上しゅんすけ
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

ダメおやじの全財産をかけた崖っぷちFX通信
【1日に数万人が熟読する人気FXブログのメルマガ版】 相場歴30年以上のダメおやじがFXノウハウを大公開! 毎朝配信!毎日の経済指標情報や攻略法を無料で解説しています。 ●損切りがうまくできない、利食いが浅い ●ポジポジ病(ポジションを不要に持ってしまう) ●コツコツドカーン(小さく勝っても大きく負ける) ●エントリータイミングわからない ●メンタル面が弱い このようなお悩みがあれば購読してみてください。 FX初心者から経験者まで、FXの悩みをこのメルマガで解消します。 期間限定でメルマガ内で数万円相当分のFX情報商材をプレゼント中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング