安心!?食べ物情報

安心!?食べ物情報 Food Review 915


カテゴリー: 2017年06月04日
安心!?食べ物情報915号
-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/
--安心!?食べ物情報--Food-Review-----------------------------
-------------------------------------915号--2017.06.04------
--〔今週の内容〕--------------------------------------------

「ニュースから」「抹茶と碾茶」

-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/
--〔話題〕--------------------------------------------------

 まずは商品回収のニュースです。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

■「りんご&ぶどう果汁100%のドリンク」回収についてのお詫び
とお知らせ

 平素は、無印良品をご愛顧賜り誠にありがとうございます。

 弊社が2017年4月12日から2017年5月29日まで販売いたしました
「りんご&ぶどう果汁100%のドリンク」の一部から、カビの発生
した商品が見つかりました。つきましては、該当商品の自主回収
をさせていただきます。

 お客様のお手元に該当商品がございましたら、お召し上がりにな
らず、誠にお手数ですが、最寄りの無印良品店舗までお持ちいただ
くか、下記フリーダイヤルまでご連絡くださいますようお願いいた
します。代金を返金させていただきます。

 お客様には多大なご迷惑をおかけしますことを心からお詫び申し
上げます。今後一層の品質管理の徹底を行い、再発防止に万全を期
す所存でございます。何卒ご理解とご協力を賜りますようお願い申
し上げます。

2017年6月1日
株式会社 良品計画

http://ryohin-keikaku.jp/news/2017_0601.html
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 これはメーカーのサイトでの「おわび」ですが、今のところ一般
には全く報道されていません。週明けのニュースになるのでしょう
か。

 次は原発事故に関連して、福島県産品について。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

■県産品「不安ない」「不安薄らぐ」9割 
JA福島中央会 首都圏調査

 JA福島中央会が首都圏の消費者を対象に平成28年に実施した
県産食品に関する意識調査で、「震災当初から不安はない」「時間
の経過で不安が薄らいだ」との回答は合わせて約9割を占めた。そ
の一方で、実際に購入するかどうかについては「品目によっては買
わない」との回答が約2割に上った。中央会は「放射性物質検査の
取り組みがまだ十分に理解されていない」と分析し、より分かりや
すい情報発信などを県や国に求める。

 意識調査は中央会が27、28年に初めて実施し、26日に両年
分を公表した。

 28年調査では「震災当初から不安はない」が58.3%(27
年55.6%)で最も多く、「時間の経過で不安が薄らいだ」が3
1.4%(同32.9%)。「震災当初と変わらず不安」は9.5
%(同10.2%)と約1割だった。

 何らかの動機で「買う」との回答は81.3%(同83.6%)
に達した。「品目によっては買わない」は18.7%(同17.5
%)だった。

 これらの調査結果をさらに詳しく分析すると、県産食品に対して
「震災当初から不安はない」と答えた574人のうち38人(6.
6%)、「時間の経過で不安が薄らいだ」とした309人のうち7
1人(23.0%)の計109人(12.3%)が「品目によって
は買わない」と回答した。中央会は、県産食品への不安を感じてい
なくとも、何らかの理由で購入を控えている消費者層が一定程度存
在するとみている。

 「品目によっては買わない」と回答した消費者に県産食品につい
て知りたい情報を複数回答で聞いた結果、「放射性物質検査結果」
が72人で最も多く、「(食品衛生法の)基準値に関する分かりや
すい情報」63人、「生産段階での放射性物質対策」44人などと
続いた。

 県が昨年2月に首都圏、阪神圏、中京圏、北海道、沖縄県の5地
域で行った県産農産物に関するアンケートでは、「安心して食べら
れる」との印象を持つ消費者は51.9%だった。

http://www.minpo.jp/pub/topics/jishin2011/2017/05/post_15112.html
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 現状でほとんどの人が特に問題視していないということです。

 残り一割ほどはいつまでもうるさいですが、「反○○」とかで集
まって騒いでいるのはほぼこの一割の人たちです。これにはつける
クスリもありません。

 関連して、こんな記事がありました。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

■「ふつうの良い商品として福島産を取り扱う。それが復興支援」
イオングループの心がまえ

 2017年5月26日、東北のイオングループ各社のスーパーで、福島
県南相馬市産の小ネギの販売が始まった。津波で被害を受けたエリ
アにできた大型園芸施設から通年で仕入れる。

 消費者庁の調査でも減少傾向とはいえ、福島産を買い控える消費
者も一定数いるなかで、大手スーパーが取り扱う理由はなにか。東
北エリアの広報担当者はBuzzFeed Newsの取材にこう話した。

 「普通に良い商品として取り扱い、普通に販売する。それが私た
ちの復興支援です」

 小ネギは、津波で被害を受けたエリアにできた大型園芸施設「ひ
ばり菜園」から仕入れている。菜園を運営しているのは、被災した
農業者たちだ。

 販売は東北エリア164店舗のみ。ここまでなら「安定した供給量
が見込めるため」通年で取り扱うことができるが、東京など他エリ
アへの販売は供給量の関係で予定はないという。

□飯舘村で品種改良されたカボチャも

 イオングループでは今後も、避難解除されたばかりの飯舘村で品
種改良されたカボチャ「いいたて雪っ娘」の販売が予定されている。
福島市内の畑で種を蒔き、冬至の時期に販売するという。

 「『いいたて雪っ娘』は30年がかりで開発された品種で、震災の
年に品種登録されたもの。農家の方や協力者が種を絶やしてはいけ
ない、と避難先などで栽培を続けたんです。私たちも種まきから関
わります」(広報)

□なぜ福島産を取り扱うのか?

 「普通に良い商品だからです。『安全なのかどうか表示してほし
い』という声もありますが、私たちは『大丈夫』を強調するのでは
なく、普通の商品として、普通に売り場で販売したいのです」

 「自主検査もしていますし、品質も安全性も店頭にあるという時
点で自信を持って並べていると思ってほしい」

 消費者から懸念の声はあるのだろうか?広報担当者は続ける。

 「『福島産はちょっと……』といった反応があるのも事実です。
しかし、私たちは良い商品として、他と同じように販売する。それ
が復興支援だと思っています。これからも福島産を取り扱っていき
ますよ」

https://www.buzzfeed.com/jp/satoruishido/aeon-fukushima?utm_term=.ulq65vVQDG
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 これはこれで結構ですが、私としてはイオンには「ゼロベクレル」
の反省と総括を要求したいところです。

 あのとき大いに足を引っ張ったのは、なかったこはとにはならな
い…。

 現場の、インタビューを受けた人の応対は納得できるもので、私
も現場にいればこう言うと思います。しかし、会社全体として、露
骨に不安を煽り、商売のネタにしようとしたことにも抵抗してほし
かったですね。

 そんなことをすれば、クビになって、結局私のようになるのです
が。

 次はちょっと唖然とする記事です。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

■イカ不漁に“救世主”!?

先行き見えないイカのまち

 5月中旬、イカの水揚量日本一を誇る青森県の八戸港では、イカ
漁のシーズンを迎え、たくさんの中型イカ釣り船が太平洋の漁場に
向けて出港しました。

 ところが、漁業者にとっては、これまでにない不安を抱えながら
の船出となりました。その理由は、ここ数年続いているスルメイカ
の水揚げ量の減少です。特に去年は記録的な不漁となりました。原
因は、スルメイカの産卵場の海洋環境が悪く、資源量が減ってしま
ったためだと考えられています。 

 不漁の影響は広がり続けています。イカを扱う八戸市のある水産
加工会社では、加工する原料が手に入らないため、従業員を解雇し
て加工場の休業に踏み切りました。

 一方で加工会社からは、原料の確保のため、外国産のイカを輸入
できる量を増やすよう求める声も上がっています。全国いか加工業
協同組合の野々山浩専務理事は「国内だけでは加工に必要なイカを
十分に確保できない。外国産のイカに頼らざるをえない状況だ」と
話しています。

■AIでイカの漁場予測を

 こうした中で、さまざまな方法でイカを確保しようと模索する取
り組みが始まっています。そのひとつが、AI=人工知能を使った
漁場予測システムの開発です。

 京都大学やJAMSTEC=海洋研究開発機構などのチームでは、
八戸港を拠点にする漁業者の協力で、ことしの漁からイカ釣り漁船
にシステムの構築に必要な装置を設置しました。漁船が操業した漁
場の位置や海水温などのデータを集めるのが目的です。

 開発中のシステムでは、AIが、蓄積された漁のデータと潮の流
れや海水温などの海洋環境の予測データをもとにイカの漁場を分析
します。その分析した結果を漁業者に届け、漁に役立ててもらうの
です。

 漁業者は長年の経験や勘をもとにイカの漁場を探っていますが、
AIを使えば、蓄積された膨大なデータを短時間で処理して分析す
るため、より確実に漁場を見つけることができ、漁の効率が上がる
ことが期待されています。チームでは、5年後の実用化を目指して
います。

https://www3.nhk.or.jp/news/business_tokushu/2017_0529.html
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 獲り過ぎて不漁になっているのに、科学技術を応用して、もっと
獲ってどうするのですか。

 今の課題は「漁の効率を上げる」ことではありません。こんなこ
とを実際にやれば、すぐに資源が枯渇することがわからないとは。

 以下は関連した記事です。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

■「身勝手な漁業」はもうやめませんか

□自然保護団体と水産庁の研究所、早大が共催した国際シンポジウ
ムの大きな意義

 日本近海のマグロが激減し、国際社会から乱獲の責任が問われて
いるなか、「水産物の透明性と持続可能性」と題する国際シンポジ
ウムが5月16、17日に早稲田大学で開かれた。

 ワシントンに本部を置く世界的な自然保護団体ザ・ネイチャー・
コンサーバンシー(TNC)と国立研究開発法人水産研究・教育機
構(水研機構)、早稲田大学地域・地域間研究機構の3者が共催し
たもので、とかく利害が対立しがちな世界と日本、自然保護団体と
漁業者、水産庁傘下の研究所と大学といった多様な立場の関係者が
一堂に会したユニークで意義深い催しとなった。議論を聞いて、日
本の水産行政は根本的な変革を迫られていると改めて痛感した。

 拡大2日目の「水産物の透明性と持続可能性の実現に向けた政策
・取組み」のセッション。ジャーナリストの井田徹治氏やTNCのマ
ーク・ジムリング氏、米国の水産輸出会社のトーマス・クラフト氏
らが登壇した。

 国際シンポのテーマは大きくわけて二つあった。一つは違法・無
報告・無規制(IUU)漁業対策、もう一つが日本として水産物の
透明性と持続可能性の確保のためにこれからどんな取り組みをして
いくか、だ。

 「水産物の透明性」と言われても、消費者はピンと来ないだろう。
要は、いつ、どこで、どんな魚をどれだけ獲ったか、データをきち
んと集めて公開していくということだ。そのデータをもとに、獲り
すぎになっていないかチェックする科学者がいて、その報告を踏ま
えて漁獲規制が行われて、その規制が守られることでようやく持続
可能な漁業が成立する。

 TNCの資料によると、国連食糧農業機関(FAO)は世界の水産
資源の90%近くはすでに生物学的限度(獲っても大丈夫な限度)も
しくはそれ以上まで獲られていると報告している。もはや「獲りた
いだけ獲る漁業」は「地球の敵」であり「人類の敵」なのである。

 だから国際社会は漁業には管理が不可欠だと考え、自国の漁業管
理制度を整える一方で、国際協力によって管理が遅れている途上国
も巻き込んでIUU漁業対策を進めようとしている。最近よく聞く
ようになった世界共通の2030年目標「SDGs(持続可能な開発の
ための2030アジェンダ)」でも、169のターゲットのうちの一つと
してIUU漁業をなくして科学的情報に基づいた管理を進めること
により水産資源を回復させるという目標が入っている。

http://webronza.asahi.com/science/articles/2017052300005.html
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 「違法・無報告・無規制」とはまさに日本漁業の姿ですね。

 「違法」の実態にはこんなのもあります。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

■クロマグロ漁獲を過少報告 まき網漁船、水産庁が修正指導

 水産庁は3日までに、大型まき網漁船によるクロマグロ漁獲に過
少報告があったとして関係漁船に報告を修正するよう指導した。養
殖用の活魚の尾数や重量が1割程度少なく報告されていたもよう。
同庁は再発防止策として活魚のビデオ記録の保存などを求めている。

http://www.nikkei.com/article/DGXLASJC03H14_T00C17A6000000/
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 マグロの巻き網漁を禁止するのが一番簡単そうです。

--〔Q&A〕------------------------------------------------

 「安心!?食べ物情報」では、みなさんからの質問を常時受け付け
ています。質問の宛先は

why@kenji.ne.jp

です。いつでもどうぞ。

------------------------------------------------------------

今回は休みます。

-〔食べ物情報〕---------------------------------------------
「抹茶と碾茶」
------------------------------------------------------------

 今年のお茶はちょっと成育がよくなかったそうです。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

■静岡県産一茶「異例ずくめ」 生育遅れ、商機を逸す

 静岡県内の一番茶生産は27日までにほぼ終了した。今期は生産
も取引も異例ずくめの展開になった。天候不順で生育が遅れ新茶商
戦を逃した後も収量が伸びず、年間売り用の相場も高止まりし、生
産者にとっても製茶問屋など流通業者にとっても厳しさが増した。
一番茶の生産量は過去最低水準となることが確実視されている。

■破格1キロ108万円

 4月24日に静岡茶市場(静岡市葵区)で行われた新茶初取引で、
JA富士宮の手もみ茶1キロに、富士宮市の茶商が108万円をつ
けて話題になった。

 最高値は機械でもんだ茶にご祝儀込みで8万8800円などの慣
例が破られ、業界内で賛否両論がわき起こった。「新茶シーズンを
知ってもらう話題づくりになった」との声が聞かれた一方、これま
で努力してきた関係者への配慮があってしかるべきという指摘も。
初取引に手もみ茶が上場されるのも前代未聞で、業績低迷からの活
路を模索する静岡茶市場の在り方に一石を投じた。

■芽伸びに異変

 今期は3、4月の気温が低く推移。さらに生育を促す降雨が少な
く、新芽の伸びが進まなかった。芽が小さいうちに摘み取り続けた
農家はより減産になり、芽伸びを待った農家は収穫量は持ち直した
が、生育が進んだ硬い葉が混ざって販売価格を落とした。

 生産は前年より数日から10日ほど遅れた。買い手は八十八夜
(5月2日)に合わせた新茶商戦向けの仕入れを県内産で満足にで
きず、茶を仲介する手数料で稼ぐ茶市場や、あっせん業者も取扱量
を減らした。

■低価格帯が不足

 新茶商戦を終えると年間を通して販売する低価格帯の茶が足りな
くなった。静岡茶市場の相場は1キロ当たり2千円台以下で下げ方
が緩やかになった。

 一方、山間部の上級品は生産遅れで売り時を逃し、特に厳しい販
売状況だった。「品質は良いが価格が高い」と言われ、商談に苦労
した。

 県内産の二番茶は6月10日前後に生産が本格化する見通し。ド
リンク原料など需要は多いが、年々、厳しくなる相場展開を受けて
二番茶の生産を見送る農家が増えている。県内二茶の相場動向を流
通業者は「大手の仕入れ姿勢によるが、例年より高値で推移するの
ではないか」と見通す。

<メモ>

 茶は摘採されるとすぐに蒸し、もみ、乾燥されて「荒茶」になっ
て取引される。茶の取引は野菜などと異なり、品不足になっても前
日より類似品の価格が上がることはほぼなく、下落を続ける。静岡
茶市場での平均価格は初取引の4月24日が1キロ当たり7847
円、5月25日は1484円だった。

http://www.at-s.com/news/article/economy/shizuoka/tea/364040.html?page=2
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 そんな中、昨年から「碾茶」の生産が増加しているのだとか。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

■「てん茶」製造の動き続々 抹茶原料、国内外で重要増

 国内外で需要が高まっている抹茶の原料「てん茶」製造に向けた
動きが、製茶業界で広がっている。鹿児島堀口製茶(志布志市、堀
口泰久社長)は、海外市場を見据えた大規模なてん茶加工施設を新
設。JAあおぞら(同市)は京都の茶商などと組み、「べにふうき」
を使ったてん茶の開発に乗り出す。

 消費者のリーフ茶離れで価格が低迷する中、茶の新たな需要拡大
を目指す狙いだ。

 鹿児島堀口製茶の新工場は11日に落成式があった。年間250
トンのてん茶生産が可能なラインを持ち、4月末に稼働を始める。
生産規模は国内最大級とみられる。

http://www.47news.jp/photo/1593383.php
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 理由の一つとして、こんな記事がありました。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

■抹茶の定義、26年ぶり改定…製法具体的に明記

 日本茶の業界団体である「日本茶業中央会」は6月、抹茶の定義
を26年ぶりに改定し、素材や製法を明確にする。

 海外では日本食ブームとともに、抹茶の人気も高まっており、厳
格な基準を作り、国産抹茶のブランド力を高める狙いがある。

 同会の定義は業界基準で強制力はないが、抹茶の定義を今後検討
する国際標準化機構(ISO)に反映してもらうよう働きかける。

 同会によると、抹茶は、わらなどで覆って日光が当たらないよう
にして育てた茶葉(てん茶)を粉にして作る。光を遮ることで、香
りやうまみが増すという。

 現在の定義は、「てん茶を茶臼でひいて微粉末状にしたもの」と
しか定めていない。新たな定義では「摘み取る前に2~3週間、光
が当たらないように覆いをする」と栽培方法に加え、茶葉を高温の
蒸気で熱する製法なども具体的に明記する。定義通りに作っていな
い場合は「粉末茶」に分類し、抹茶と区別する。

http://www.yomiuri.co.jp/economy/20170528-OYT1T50164.html
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 「抹茶」と「粉末茶」は違う、というところがポイントです。

 中国でも「抹茶」というと、抹茶味のお菓子なども含めて、日本
独特のものというイメージを持たれています。

 何故か抹茶味の好きな人が多くて、抹茶そのものにはまだ手がで
なくても、抹茶味のお菓子は大人気です。

 私が抹茶はそもそも中国原産で、茶臼も当初は中国からの舶来品
であった、などと言っても、中国にはそんなものはない、と言われ
てしまいます。

 中国だけでなく、抹茶味のお菓子は世界中で日本独特の味という
評価を得ています。人気があるのは結構なんですが、こういう「定
義」が必要になる背景には、「ニセモノ抹茶」の横行があるようで
す。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

■抹茶の定義、26年ぶり改定・・・日本茶業中央会

 日本茶の業界団体である「日本茶業中央会」は、6月、抹茶の定
義を26年ぶりに改定し、素材や製法を明確にすることを決めた。読
売新聞などが報じている。

 改訂は、海外では日本食ブームとともに抹茶の人気も高まってお
り、厳格な基準を作り、国産抹茶のブランド力を高める狙い。同会
の定義は業界基準で強制力はないが、抹茶の定義を今後検討する国
際標準化機構(ISO)に反映してもらうよう働きかけるという。

 国外では“偽”抹茶が横行。特に韓国では抹茶の起源を主張した
上で、ただの緑茶も抹茶として販売するなど、利益を優先したトン
デモ商法が盛ん。さらにはアメリカなどに偽抹茶を輸出、日本の誤
った文化を拡大させている。

 そういった背景もあることから、抹茶の厳格な定義が必要となっ
てきた。米Amazonなどではここ数年で粉末抹茶の売れ行きが大幅増。
日本の魅力を失わせずに海外に発信するための決め手となりそうだ。

http://www.media-japan.info/?p=4537
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 韓国ではお茶はほとんど飲みませんし、寒い地方なので韓国産の
お茶があるのかと疑問に思っていましたが、南部の方で少しは生産
しているようです。

 「抹茶の起源を主張」などというのはいつもの迷惑行為ですが、
こうしたニセモノの「抹茶」は現地ではそれほど需要はないでしょ
うから、主に日本に入ってきて、抹茶味お菓子などの原料になって
いるのかもしれません。

 せっかくの高評価を得ているのですから、何とか「抹茶」のブラ
ンド価値を維持してほしいものです。メーカー諸氏には、安物漁り
は身を滅ぼすと心得てほしいですね。

 抹茶と碾茶の関係や作り方について、以下はその解説です。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

■抹茶(まっちゃ)

 てん茶を石臼で挽いてつくられる抹茶は、茶の湯でおなじみです。
お茶として飲む以外にも、お菓子や料理などで利用されます。

□茶の湯でおなじみの「抹茶」

 てん茶を出荷する直前に石臼で挽いたものが「抹茶」となります。
お点前(おてまえ)における濃茶(こいちゃ)用の抹茶は、以前は
樹齢100年以上という古木から摘採した茶葉が使われましたが、近
年は濃茶に適した品種(さみどり・ごこう・あさひ・やぶきたなど)
の選定や、肥培管理・被覆期間などの検討を行い、良質なものが濃
茶用とされています。

■てん茶

 通常のお茶とは異なり、茶葉を揉まず、そのまま乾燥させた抹茶
の原料となるお茶です。

□抹茶の原料として用いられる「てん茶」

 主に抹茶の原料となるお茶。玉露と同じように、茶園をヨシズや
ワラで覆い(被覆栽培)、日光をさえぎって育てた生葉(一番茶)
を原料としますが、蒸した後、揉まずにそのまま乾燥し、茎や葉脈
などを除いた後、細片が「てん茶(碾茶)」となります。

 一般に、玉露の被覆期間である20日前後より長く被覆されます。
名称の「碾(てん)」は挽臼を表していて、挽臼で粉砕するための
お茶であることから「てん茶(碾茶)」と呼ばれます。出荷直前に
石臼で挽いたものは抹茶として出荷されます。

http://www.ocha.tv/varieties/nihoncha_varieties/maccha/
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 茶畑を見ると、一部に黒い布のようなもので覆いをした畑があり
ます。あれは玉露や碾茶を育てているのです。

 いわゆる「覆下」で育てた茶葉ですが、製法の違いで玉露と碾茶
に分かれます。一番の違いは乾燥時に「揉む」かどうかですが、玉
露は緑茶の仲間として飲まれ、碾茶は抹茶の原料になります。

 以下は詳しい「抹茶ができるまで」。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

抹茶のできるまで

【覆(おおう)】

■“よしず”と“わら”で覆われた覆下茶園

 日光をさえぎることにより、葉は薄くやわらかくなり、色も鮮や
かな濃い緑色になります。 うま味の成分であるアミノ酸も多く蓄
えられ、 “覆い香 ”といわれる独自の香りも生まれます。

【摘(つむ)】

■一芽一芽も手摘み

 碾茶と玉露は覆いをしてから約二十日後に、手摘みします。これ
は根気と熟練のいる作業です。一方、煎茶の茶摘みは機械化され、
一番茶のあと二番茶三番茶と摘まれます。碾茶の場合は品質を守る
ため、一年に一度しか摘みません。

【蒸(むす)】

■日本の緑茶独自のもの

 新芽を蒸して茶の中の酸化酵素の作用を止めます。これを蒸さず
に発酵させると紅茶や半発酵の烏龍茶になります。製造第一段階の
この「蒸し」は、製品のよしあしを左右する 大切な行程です。

【乾(かわかす)】

■碾茶と玉露の違い

 碾茶は葉を揉まずに乾かします。

 揉みながら乾燥させると玉露になります。

【揃(そろえる)】

■葉の形を揃える精選行程

 乾燥が終わってできた茶を碾茶の荒茶といいます。葉の大きさを
揃え、茎と葉脈を取り除きます。

【煉(ねる)】

■仕上げの乾燥

 選り分けた碾茶を仕上げ乾燥します。これを専門的に「煉り」と
いい、この煉りが抹茶に碾きあげた時の品質に影響します。

【選(よる)】

■仕立碾茶の完成

 乾燥した茶は静電気を帯びやすく、この性質を利用して電気選別
機で、わずかに混じっている古葉を選り分けます。

【蔵(かこう)】

■年中変わらぬ口切りの味

 低温除湿のよい状態で仕立碾茶のまま保存するとうまく熟成し、
ふくよかな香りとまろやかな味がいっそう高まります。需要に応じ
て石臼で抹茶に碾き上げます。

※抹茶は長期保存ができません

【審(しらべる)】

■茶問屋代々の伝統技術

 茶園の栽培管理や立地条件、摘採時期や、気象条件など製造過程
によって、碾茶はそれぞれ異なった特色を持ちます。これを経験豊
かで鋭敏な感覚の専門家が審査します。審査で等級がつけられた碾
茶はそれぞれの持ち味を生かし、色・香り・味の三拍子そろった茶
にブレンド(合組)します。

【碾(ひく)】

■クリーン化工場で昔と変わらぬ石臼で碾く

 すべてに機械化が進む中、お茶を碾くのに石臼に勝るものはあり
ません。しかし、石臼は芯木の納め方、目立、そしてすり合わせの
ふくみなど、調整が大変微妙です。この技術いかんによって、なめ
らかでとろけるような舌ざわりの抹茶が生まれます。

http://www.yamamasa-koyamaen.co.jp/trivia_flow.html
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 「抹茶は長期保存ができません」が覚えておくべきポイントです。

--〔後記〕--------------------------------------------------

 私は中国茶(鉄観音や竜井茶)は好きですが、日本のお茶は苦く
てあまり得意でなく、抹茶も敬遠していました。

 先日、和歌山城内の紅葉谷庭園(入園無料)に行ったとき、休憩
所があって、濃茶と茶菓子を出していました。ここのお茶はおいし
かったです。飲まず嫌いだったわけです。

 抗ガン剤治療中で体調不良ながらも、味覚には異常がなくて何で
も食べられるのはラッキーでした。

------------------------------------------------------------
-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/
-915号----------------- e-mail why@kenji.ne.jp -------------
--発行--渡辺--宏------- URL  http://food.kenji.ne.jp/
------------------------------------------------------------
「宮沢賢治の童話と詩 森羅情報サービス」
http://why.kenji.ne.jp/
------------------------------------------------------------
 購読者数3790名です。ご購読ありがとうございます。
------------------------------------------------------------
私あてのメールのあて先は、
why@kenji.ne.jp
私のホームページ(「[\]安心!?食べ物情報」)は
http://food.kenji.ne.jp/    です。
バックナンバーもすべて、このページで読めます。
【まぐまぐ】
このメールマガジンは、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』を
利用して発行しています。( http://www.mag2.com/ )
マガジンIDは21668です。
このメールマガジンの登録や解除は
http://food.kenji.ne.jp/food2.html  へ。
-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/

安心!?食べ物情報

RSSを登録する
発行周期 週刊
最新号 2017/08/20
部数 3,501部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

安心!?食べ物情報

RSSを登録する
発行周期 週刊
最新号 2017/08/20
部数 3,501部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

ハロー株式
読者2万人超。「週刊ダイヤモンド」・「日経ネットトレーディング」・「初歩のパソコン」にも紹介され、3年連続「まぐまぐ大賞マネー部門第1位!」、メルマでは9年連続で最高栄誉の「総合大賞」を受賞中。「まぐまぐ殿堂入り」の無料投資情報誌です。役立つ情報満載で必見。株式相場見通し・投資ノウハウ、有望銘柄情報を10年以上に渡って配信しています。是非ともご活用下さい!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

オンラインカジノ情報ドットコム
カジノって楽しいですよね。ラスベガス、マカオ、韓国などのカジノへ行く前や行った後も日本でカジノを楽しみたいと思いませんか?実はそのカジノが日本でもオンラインカジノを通じて遊べるんです!そんなオンラインカジノの魅力をたくさんご紹介しちゃいますね。今話題の海外FXについても詳しく解説します。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

幸せを引き寄せるメール
毎朝7時に配信します。ゴールデンセレブヒーリング創始者本藤弘美があなたの人生をより豊かに幸せにするハッピーナビゲーション情報をお届けします。夢を叶えたい人、幸せになりたい人、心身共に健康になりたい人、人間関係を良くしたい人、豊かになりたい人に。読んでいると波動が上がります。GoldenCelebとは黄金の祝福。あなたの成功を祝福します。あなたにすべての安らぎと愛と豊かさと幸せがやってきます。♥
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

社長が知っておきたい、お金とビジネスの話
税理士の山下久幸が、「お金とビジネス」を切り口に語るメールマガジン。 このメールマガジンのコンセプトは『不易流行』(ふえきりゅうこう)。 メルマガの内容は僕が日々得た情報の中から様々な変化を、独断と偏見でお伝えしたいと思います。変わるものと、変わらないものを知り、皆さまのビジネスや人生のヒントとしてお役立て下さい! この他、有料で『メルマガ顧問税理士』も絶賛発行中です(*^_^*) http://www.mag2.com/m/0001670898.html
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

自分らしく生きるレッスン
筆者 坂上 浩(さかうえ ひろし)は、東大卒、東大大学院修了 メガバンク出身のプロコーチ。 専門領域は「ライフコーチング」 (充実した人生を創るサポート) 一見、順風満帆な経歴に見えるも、母子家庭に育ち、会社員時代はワクに縛られ自分らしく振舞えず不眠・うつで出社拒否を経験。 暗闇から抜け、好きな仕事で独立を果たすプロセスから掴んだ、自分らしく生きる為の「考え方」と「具体的な実践法」を惜しみなく披露! プロコーチから学びたい! コーチングに興味がある!そんな意欲の高いあなたのご購読をお待ちしています!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング