安心!?食べ物情報

安心!?食べ物情報 Food Review 907


カテゴリー: 2017年04月09日
安心!?食べ物情報907号
-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/
--安心!?食べ物情報--Food-Review-----------------------------
-------------------------------------907号--2017.04.09------
--〔今週の内容〕--------------------------------------------

「ニュースから」「トクホ見直しと難消化性デキストリン」

-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/
--〔話題〕--------------------------------------------------

 結局、二回休んでしまいました。今回から再開しますので、よろ
しくお願いします。

 まず、ちょっとショッキングなニュースから。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

■乳児ボツリヌス症で初の死亡例 ハチミツ与える 6カ月男児へ
1カ月にわたり

 東京都は7日、ハチミツを与えられたことが原因で乳児ボツリヌ
ス症になった足立区の生後6カ月の男児が死亡したと発表した。男
児の家族が約1カ月間にわたってハチミツが入った離乳食を食べさ
せていたという。

 都によると、統計が残る1986年以降、乳児ボツリヌス症による死
亡例は全国で初めて。

 1歳未満の乳児がハチミツを摂取すると、腸管内でボツリヌス菌
が増殖し、毒素で呼吸困難、便秘などの症状を引き起こす危険があ
る。

 都は「1歳未満の乳児にハチミツを与えてはいけない」と注意喚
起しているが、離乳食を食べさせた家族はハチミツが乳児ボツリヌ
ス症を引き起こすことを知らなかったという。

 男児は1月中旬から約1カ月間、ジュースにハチミツを混ぜた離
乳食を食べていた。都の調べでは、1日当たり約10グラムのハチミ
ツを摂取していた可能性があるという。2月中旬から体調が悪化。
けいれんや呼吸困難を起こして同下旬に救急搬送され、3月末に死
亡した。

http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG07HFV_X00C17A4CC1000/
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 先日も乳児ボツリヌス症の事例が報告され、警告が出ていました
が、とうとう死亡例が出てしまいました。

 ネット上では、「離乳食」にハチミツを使用する事例がたくさん
あるということです。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

■「はちみつ入り離乳食」で0歳児死亡 無知な「ネット上のレシ
ピ」に警鐘

 ネットでは、今回の悲しい報道を受けて「0歳児にはちみつを与
えるな」という注意喚起を促す声が次々とあがっている。

 中でも「加熱すれば大丈夫」と記述されたネット上の記事や、有
名レシピサイト等に「はちみつ入りの離乳食レシピ」があがってい
ることが問題視する声が目立つ。

-----------------------------

 ハチミツ入り離乳食のレシピとやらが存在することが信じられず
に調べてみたら、まあ、あるわあるわ。引くくらい出てくる。

 なかでも戦慄を覚えたのが「砂糖は人工物だから、自然でオーガ
ニックなハチミツは赤ちゃんでも安心」的な内容のやつ。オーガニ
ックな毒で赤子を殺す気か。

-----------------------------

 乳幼児に野菜ジュースにハチミツをまぜ離乳食として与えたとこ
ろボツリヌス菌により乳幼児がお亡くなりになったそうでHPなどで
レシピとか載ってるのではないかと調べたらやはり普通に有りまし
た

 加熱してるから大丈夫なようになってるけどボツリヌス菌は熱に
強い芽胞状態なので使わない方が良いです

-----------------------------

 1歳未満のお子にハチミツやきび糖厳禁なのは子供のいない私で
も知ってるのにクックパッドにアホみたいに「ハチミツ入り離乳食」
が出てくる恐怖。「蜂蜜で自然な甘さ」とか脳みそに虫沸いてんの
か?ってレシピもあって運営ももうちょっとチェックしろと…

-----------------------------

 有名レシピサイト『クックパッド』で「離乳食 はちみつ」と検
索すると、100件以上のレシピがヒットする。

 そのほとんどのレシピには「1歳未満にははちみつを与えないこ
と」といった記述のある、1歳~の「離乳食完了期」向けのレシピ
なのだが、中には「注意書きのない0歳児向けと思われるレシピ」
も存在する。

 乳児ボツリヌス症の予防として、厚生労働省も昭和62年に通知を
出しており、今回の報道を受けて改めて注意喚起を促している。

-----------------------------

 1歳未満の乳児がハチミツを食べることによって乳児ボツリヌス
症にかかることがあります。今般、ハチミツを原因とする乳児ボツ
リヌス症による死亡事案が発生しました。腸内環境が整う1歳を過
ぎるまでは、ハチミツやハチミツ入りの飲料・お菓子などは与えな
いようにしましょう。
?
 厚生労働省食品安全情報 (@Shokuhin_ANZEN) April 7, 2017

-----------------------------

 ボツリヌス菌は熱に非常に強いため、加熱したものでも0歳児に
は与えてはならない。

https://sirabee.com/2017/04/08/20161090524/
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 ボツリヌス菌と加熱の問題については、いくつかの異なる要素が
あるため、混乱しがちです。簡単にまとめると…。

(1)ボツリヌス毒素

 最強の毒なんですが、たんぱく質のため熱には弱く、普通の調理
での加熱で毒性を失います。加熱して食べれば安全と考えられます。

(2)ボツリヌス菌

 この菌は酸素を嫌うため、普通の環境では成育しません。危ない
のは加熱不足の真空パック食品などで、密閉された環境で繁殖し、
毒素を生成します。

 菌自体は加熱で死にますが、後述の芽胞を作るのがやっかいなと
ころです。

(3)ボツリヌス菌芽胞

 ボツリヌス菌は環境が悪くなると、芽胞を作って生き延びようと
します。この芽胞は普通の加熱では死なないため、缶詰やレトルト
パウチの食品では、加圧して130度以上などの高温で殺菌するよ
うにしています。

 芽胞のままでは毒素を作りませんし、芽胞を含む食品を食べても、
普通は芽胞から成育してきたりしませんので、無害です。

 ただし、一歳未満の赤ちゃんの体内では、芽胞が発芽し、毒素を
生成することによる、「乳児ボツリヌス症」が知られています。

 ということで、ハチミツに限らず、生野菜なんかも赤ちゃんには
食べさせてはいけません。ジュースなどにしても同じです。

 また、毒素は加熱で無毒化できるが、芽胞は加熱では死なない、
ということも押さえておかないといけません。

 次はしばらく前から話題になっていた、ブラジルでの鶏肉問題に
ついて、こんなまとめがありました。
	
--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

■ブラジルで食肉検査不正疑惑 検疫所が21施設からの輸入保留

 ブラジルの食肉加工業者が、同国農務省の衛生検査官らに賄賂を
贈り、衛生基準に満たない牛肉や鶏肉などを不正に販売・輸出した
とされる問題が明らかになり、日本の厚生労働省検疫所や農林水産
省動物検疫所は3月21日以降、捜査対象となった21施設で処理・加
工・製造された製品の輸入手続きを保留している。

 一連の問題は、同国の警察が賄賂を取り締まる2年がかりの捜査
で表面化したもの。在日ブラジル大使館を通じて厚労省に提供され
た情報によると、捜査対象の21施設のうち、3施設は衛生管理に問
題があったとして即時操業停止となった。ただし、同省が25年度以
降に営業目的で輸入された食品の届出情報を確認したところ、この
3施設から日本への鶏肉などの輸出実績はなかった。

 残りの18施設は農務省の特別検査対象として出荷を停止し、この
うち1施設からは鶏肉が28年度に8700トン、27年度に8900トン、別
の1施設からは、はちみつとプロポリスが27年度に7.3トン日本に輸
入されていた。

 ただし、ブラジル当局はこれらの施設について違反事例を確認し
たわけではなく、JBS傘下のセアラの1施設もリストに入ってい
るが、同社の日本法人は「警察の捜査で、収賄などが疑わしい人物
が工場に一時駐在していたことなどからリストに入ったようで、衛
生上の問題はないことが20日以降の当局の検査などで明らかになり
つつある。本国では警察に、間違いではないかと訴えてリストから
の除外を求めているとのことで、現在は同工場からの輸入はほとん
どないが、納入先に迷惑をかけないよう早期に解決したい」とコメ
ントしている。

(略)

 ブラジルには食肉処理施設が約4800か所あるとされる。厚労省が
確認したブラジルからの食肉、食肉製品の輸入実績は43万7000トン。
うち42万1000トンが冷凍鶏肉。輸入鶏肉全体の7~8割を占める。

http://www.keimei.ne.jp/article/20170405n1.html
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 ブラジル産鶏肉の流通量は圧倒的で、冷凍の鶏肉はほぼブラジル
産です。

 直接、衛生に問題があったというわけではないので、近いうちに
解決しそうですが、ブラジル国内での管理体制に問題があったとい
うことなのでしょう。

 最後は例の「きざみのりとノロウィルス」について、こんなニュ
ースがありました。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

■営業停止問題ない 集団食中毒で和歌山県知事

 和歌山県御坊市の幼稚園と小中学校で1月に起きた集団食中毒を
巡り、仁坂吉伸知事は21日の記者会見で、給食センターへの営業停
止処分について「被害を食い止めるための措置だった」と述べ、問
題はなかったとの認識を示した。

 センターの運営会社は、刻みのりが原因だと考えられるとして処
分に抗議し、取り消しを求めているという。

 御坊市では1月、園児や児童、生徒、教職員の800人以上が食
中毒症状を訴え、県御坊保健所は1月28日から2月10日までの14日
間、センターを営業停止処分にした。 

http://www.47news.jp/localnews/wakayama/2017/03/post_20170322170159.html
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 会社側は、原因はきざみのりにあったのだから、自分は責任がな
かった、と言いたいようですが、知事の回答で撃沈ですね。

 処分は「被害を食い止めるための措置」ですが、原因が何であれ、
食品の最終的な提供者に責任があるのは当然です。

 給食会社からのりの製造者に損害賠償請求をするのでしょうが、
給食会社の責任問題とは関係ありません。

 さて、いつもお世話になっている笈川さんから、この件に関する
文書をいただきました。まとめの部分を紹介します。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

■「キザミのり」食中毒事件が残したこと

(1)「キザミのり」が食中毒原因食品になる

 多くの人が熱風乾燥食品である「刻み海苔」はノロウイルス食中
毒の原因食品とはならないと考えていた。立川市の学校給食におい
て調理従事者の糞便検検査で、ノロウイルス不検出であったが、未
開封の「キザミのり」からノロウイルスを分離した東京都健康安全
研究センターは大金星と考えます。

(2)密封されている袋の中で拡散

 原材料である板海苔を素手で扱っても汚染される部分は、ごく一
部と考えます。しかし、食中毒が多人数発生しているので、密封さ
れ乾燥剤が入っているため、袋全体に拡散したものと考えられます。

(3)加工後加熱せずに摂取する食品加工(調理)は、手洗いが最
重要管理点となる

 今回の「キザミのり」に加工する際に、嘔吐・下痢症状がある従
事者が素手で扱ったの原因とされています。急性期の人は作業して
はならないのが幻想であるが、手洗いを徹底していれば防げた可能
性があり、加工後加熱せずに摂取する食品加工(調理)は、手洗い
が最重要管理点となると考えます。

(4)単純作業でも、賠償保険に加入が必要

 患者一人あたり治療費、慰謝料併せて平均1万円とすると約2,000
万円。学校給食施設等の休業補償費を加えれば4,000万円を超える
と推定します。そのために食品を扱う場合、単純作業工程でも賠償
保険に加入しておく必要があると考えます。


 おわりに、今回の「キザミのり」ノロウイルス食中毒では手洗い
の重要性が再確認されます。これからも従事者に対して作業前、用
便後の手洗いを徹底してください。

--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 最初の和歌山での事例では、たぶん作業場に残っていたであろう
「きざみのり」を検査しなかったのでしょうね。普通はしないだろ
うと私も思います。さすが東京都、です。

--〔Q&A〕------------------------------------------------

 「安心!?食べ物情報」では、みなさんからの質問を常時受け付け
ています。質問の宛先は

why@kenji.ne.jp

です。いつでもどうぞ。

------------------------------------------------------------

今回は休みます。

-〔食べ物情報〕---------------------------------------------
「トクホ見直しと難消化性デキストリン」
------------------------------------------------------------

 「トクホ」について、見直し案が出ています。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

「トクホ」の定期検査義務付け…消費者庁が再発防止策

2017年03月27日

 有効成分が必要量を満たさない一部商品の表示許可が取り消され
るなど、信頼性が疑問視されていた「特定保健用食品」(トクホ)
について、消費者庁は17日、定期的な検査をメーカー側に義務付
けるといった再発防止策を公表した。

 有効成分が必要量を満たしているかどうか、第三者機関による検
査を少なくとも年に1度は実施し、検査結果を同庁に報告すること
を義務付ける。これまでは、表示許可を受けるのに必要な許可試験
を受ければ、その後にチェックする仕組みはなかった。

 死亡や重大な疾病等につながるなど、有効成分の安全性や効果が
疑われる研究結果など新たな知見が明らかになった場合は、30日
以内に同庁へ報告することとした。

 消費者庁は、表示許可取り消しの問題を受け、有効成分が問題な
く含まれていることを、抜き打ちでチェックする「買い取り調査」
を新年度から予定していたが、前倒しして今月から一部の商品で始
めている。第三者機関での検査と併せて確認することで不正を防ぐ。

 販売実態を把握するため、過去1年間の販売状況の報告も求めた。
これまでは許可を受けても実際には売られていない商品も多く、昨
年秋に消費者庁が行った調査では、許可した1271点のうち、販
売されていたのは366点にとどまった。

 主婦連合会(東京)事務局長の河村真紀子さんは「第三者機関で
の検査義務化に関しては、チェック体制が整えられたという点で、
はるかに改善された」と評価する一方、「何をもって新たな知見と
するのか、報告を受けた消費者庁がどう動くのかが分かりにくい。
そこをはっきり示す必要がある」と注文をつける。

 トクホを巡っては昨年9月、一部のサプリメントで有効成分が必
要量を満たしていないとして、初めて6商品が表示許可を取り消さ
れた。

http://www.yomiuri.co.jp/komachi/news/20170323-OYT8T50018.html
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 トクホに指定しておきながら、その後は野放しであったと指摘さ
れてみれば、改善するしかない、というところです。

 トクホと「機能性表示」の境界もあいまいで、同じものを使って
いても、手間のかかるトクホではなく、機能性表示の届出ですます
事例が多くなっています。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

■山崎製パン、機能性表示の「煎茶」発売 難消化性デキストリン
配合

 山崎製パンは4月4日、難消化性デキストリンを配合した「機能性
表示食品」の「煎茶」(写真)を全国で新発売する。

 同品は、食品表示法で定められた「機能性表示食品」で、製品1
本当たりに5gの難消化性デキストリン(食物繊維として)を含んで
いる。

 難消化性デキストリンは、食事から摂取した脂肪の吸収をおだや
かにする機能があること、糖の吸収をおだやかにする機能があるこ
と、おなかの調子を整える機能があることが報告されている。

https://news.nissyoku.co.jp/news/detail/?id=AOYAGI20170321115811711&cc=01&ic=120
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 早晩、機能性表示についても、トクホと同様の見直しが必要にな
りそうです。

 トクホ、機能性表示を通じて最大派閥を形成している、「難消化
性デキストリン」について、こんな説明があります。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

■難消化性デキストリンは食物繊維不足を補う目的で作られた

 そもそもデキストリンとは、数個のα-グルコースがグリコシド
結合によって重合した物質の総称で、デンプンの1種なのです。

 難消化性デキストリンとは、読んで字のごとく「消化しにくいデ
キストリン」というわけですが、どういうものでしょう?

 まず、トウモロコシのデンプンを培焼し、アミラーゼ(食物とし
て摂取したデンプンを消化する酵素)で加水分解します。その中の
難消化性成分を取り出して調製した水溶性の食物繊維が難消化性デ
キストリンです。

 日本人の食生活が欧米化し、食物繊維の役割が重視されるように
なったため、不足しがちな食物繊維を補う目的で作られました。低
粘性・低甘味で水溶液はほぼ透明、耐熱性・耐酸性に優れている食
品素材です。

 ミネラルの吸収が阻害されないため、さまざまな食品に応用され
ています。

http://www.otsuka.co.jp/health_illness/fiber/about_fiber/type/dextrin/
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 それに対して、最近話題になった、「週刊新潮」による批判記事
を紹介しておきます。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

【トクホの大嘘】「魔法の成分」難消化性デキストリンは効き目ゼ
ロだった(上) 血糖値の上昇は抑制されない

 トクホを日常的に口にしている方、特に「糖」や「脂肪」を気に
してそれにすがっている方にはぜひ商品の側面をチェックしていた
だきたい。そこには、かなりの確率で「難消化性デキストリン」
(難デキ)と書かれているはずだ。トクホ全体の約3分の1を占め、
様々な効能があるとされる“魔法の成分”である。

 「難デキは水溶性の食物繊維で、デンプンを加工処理した物質の
ことです。トクホの制度が発足してから20年ほどの間、国が許可し
た難デキの効能を謳うための文句は整腸効果または血糖値への言及
のみでした」(群馬大学名誉教授の高橋久仁子氏)

 そこに「脂肪」の文字が加わるのは2011年。まず4月に「脂肪の
吸収を抑え、糖の吸収をおだやかにするので、血中中性脂肪が高め
で脂肪の多い食事を摂りがちな方、食後の血糖値が気になり始めた
方に適した飲料です」とする「からだすこやか茶W」が許可され、
10月には「脂肪の吸収を抑えて排出を増加させる難消化性デキスト
リン(食物繊維)の働きにより、食後の中性脂肪の上昇を抑制する
ので、脂肪の多い食事を摂りがちな方、食後の中性脂肪が気になる
方の食生活の改善に役立ちます」という「キリンメッツコーラ」が
許可された。続いて同様の効用を謳う商品として許可されたのが、
「ペプシスペシャル」と「食事と一緒に十六茶W」である。

 まずは「糖」について。

「鮭定食、ハンバーグ定食、豚めしという日常的な試験食を摂取し
ながら、被験者には200ミリリットルずつ試験飲料を飲んでもらい
ました」

 と沼尾氏は説明する。

「試験飲料の1つ目が難デキが6グラム含有された茶飲料、2つ目は
グァバ葉茶ポリフェノールが70ミリグラム以上含有された茶飲料、
対照飲料が普通の水出し煎茶です。それと合わせてダンベル体操の
食後血糖値上昇抑制効果も調べました」

 で、その結果は──、

「どの食事においても、難デキやポリフェノールが入ったトクホ茶
が有意に血糖値の上昇を抑制したものはなかった。有意差が出たの
はダンベル体操だけでした」

 つまり、一般的な食事をしている限り、難デキ入りのお茶を飲ん
でも血糖値の上昇は抑制されないのだ。

 もう一方の「脂肪」についてはどうか。いずれの商品でもやはり
ハンバーグにフライドポテトにマーガリン入りバターロールといっ
た高脂質食を食べさせて実験をしているが、こちらの場合、高脂質
食を食べようが日常的な食事をしようが、それとは関係なく、

「難デキには脂肪の吸収を抑制する効果はない。今回、難デキに関
するトクホの根拠論文に目を通してみて、それが分かりました」

 と、千葉大学名誉教授の山本啓一氏(生理学・生化学)は断言す
るのである。

 山本氏によると、難デキに脂肪の吸収を抑える効果がある、と謳
うトクホ商品の多くは特定の2つの論文を根拠として取り上げてい
る。いずれも松谷化学工業という会社の研究者らが作成した「Effe
ct of Resistant Maltodextrin on Digestion and Absorption of 
Lipids」【J Health Sci, 55(5),838―844, 2009】(以下、松谷
の09年論文)と「Suppressive effect of resistant maltodextrin
 on postprandial blood triacylglycerol elevation」【Eur J Nu
tr 46,133―138,2007】(以下、松谷の07年論文)である。ちなみ
に松谷化学工業は兵庫県伊丹市にあり、難デキの国内シェア8割を
誇る会社だ。

「そもそも、難デキの製造元で作成された論文を各社で使いまわし
ているわけです。その時点で客観性は高くないと言える」

 山本氏はそう指摘するが、本項で取り上げる4商品全てで松谷の
07年論文が、「すこやか茶」以外の3商品で松谷の09年論文が取り
上げられている。

 松谷の09年論文に記されているのは、次のような実験結果だ。ヒ
トが10日間に亘って5グラムの難デキを1日3回の食事のたびに摂取
した場合、最後の3日間では1日あたり平均1・44グラムの脂肪が糞
便として排出され、難デキ未摂取の比較対照群ではそれが0・77グ
ラムだったという。

「要するにこの論文は、難デキを摂取すると、身体に吸収されずに
糞便として排出される脂肪の量が増加する、と言いたいわけです。
しかし、2倍の差がついたというこの結果は、数字上のゴマカシで
あるかのように見えるのです」

 と、山本氏は語る。

「前提として、難デキを摂取した実験群は1日あたり平均55・0グラ
ムの脂肪、難デキなしの対照群は54・9グラムの脂肪を摂取してい
る。この数字をもとに、糞便として排出されなかった脂肪量の割合
を計算すると、実験群は97・4%、対照群は98・6%。その差はわず
か1・2%です」

 細かい計算式については別掲の〈引用論文の問題点1〉を参照し
ていただきたい。ちなみにこの実験はわずか男女5人ずつのグルー
プで行われており、

「そこに表れた1・2%の差は生物学の世界では誤差の範囲。このこ
とから、難デキには脂肪の吸収を抑制する効用はない、と言えるの
です」(同)

http://www.dailyshincho.jp/article/2017/03300801/?all=1
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 メーカー(松谷化学工業)から「難消化性デキストリン」を仕入
れて、自社の商品に入れれば機能性表示商品が一丁上り!になるの
は事実です。

 それに対して、批判的な研究者からの指摘が出ているのですから、
もう少し慎重にやった方がよいと思うのですが、最近は大手がこぞ
って「難消化性デキストリンによる機能性表示」に参入してきて、
あまり上品ではないな、という感想を持っています。

--〔後記〕--------------------------------------------------

 手術前は元気なはずだったのですが、手術前の検査で患部が傷み
でして、結局手術前の方が大変でした。手術後は経過も順調で、悪
い部分がなくなったので、貧血もおさまり、案外元気にしています。

 大腸の内出血しており、今にも閉塞しそうなところを切り取った
だけですので、残りのガンには18日から抗ガン剤治療をしていく
予定です。この手のガンには標準治療が確立しているようで、抗ガ
ン剤を投与するカテーテルも手術時に埋め込んでいます。

 手術から抗ガン剤治療まで、医者の方は当然のような顔をして決
めてしまいましたが、獣医をしている息子曰く、患者に治療法を選
ばせるのは、もう手の打ちようがないということだとか。標準治療
があり、改善が見込める場合は、患者の意向なんか無視でよいわけ
です。

------------------------------------------------------------
-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/
-907号----------------- e-mail why@kenji.ne.jp -------------
--発行--渡辺--宏------- URL  http://food.kenji.ne.jp/
------------------------------------------------------------
「宮沢賢治の童話と詩 森羅情報サービス」
http://why.kenji.ne.jp/
------------------------------------------------------------
 購読者数3790名です。ご購読ありがとうございます。
------------------------------------------------------------
私あてのメールのあて先は、
why@kenji.ne.jp
私のホームページ(「[\]安心!?食べ物情報」)は
http://food.kenji.ne.jp/    です。
バックナンバーもすべて、このページで読めます。
【まぐまぐ】
このメールマガジンは、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』を
利用して発行しています。( http://www.mag2.com/ )
マガジンIDは21668です。
このメールマガジンの登録や解除は
http://food.kenji.ne.jp/food2.html  へ。
-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/

安心!?食べ物情報

RSSを登録する
発行周期 週刊
最新号 2017/11/19
部数 3,428部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

安心!?食べ物情報

RSSを登録する
発行周期 週刊
最新号 2017/11/19
部数 3,428部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

【六単塾】1日数分で英単語・英文をあきれるほど覚える方法
「英語をやり直したいけど面倒なことはしたくない」「英会話したいけど時間がない」「TOEICスコアが急に必要になった」そんなあなたに。1日10分、たった6単語で英語が話せるようになるためのメルマガを1日1通お送りします。登録は2秒で終了。今すぐ登録してくださいね。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

井出ひろゆき 最速不動産オーナーへの道
日本で唯一の不動産満室コンサルタント。 普通の人を不動産オーナーにする スペシャリスト&不動産オーナーに満室コーチング行い、 口コミで無料面談は、常にキャンセル待ち状態。 30代OL、   90日で家賃年収756万円。 40代会社社員 150日で家賃年収1586万8000円。 過去最短でコンサル開始後144日で 20代高利回り2棟家賃年収1456万8千円を記録!!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

首都圏不動産インサイドニュース
不動産業者がゼッタイ言わない最新の業界ウラ事情をリアルタイムで暴露します!!不動産投資で儲けよう!と意気込んでいるあなた。家族を守り夢を叶える手堅い不動産投資ですが数億円の借金を負う100%自己責任の事業。海千山千の業者相手に知識武装は万全ですか?「まかせっぱなし」は命取りです。かく言う私も業者ですが、不動産に携わる者として不幸な投資家さんをゼロにしたい。本気です。業界経験13年のプロとして真実だけをお伝えします。業者と対等な立場で戦ってください。決して損はさせません。村上しゅんすけ
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

ダメおやじの全財産をかけた崖っぷちFX通信
【1日に数万人が熟読する人気FXブログのメルマガ版】 相場歴30年以上のダメおやじがFXノウハウを大公開! 毎朝配信!毎日の経済指標情報や攻略法を無料で解説しています。 ●損切りがうまくできない、利食いが浅い ●ポジポジ病(ポジションを不要に持ってしまう) ●コツコツドカーン(小さく勝っても大きく負ける) ●エントリータイミングわからない ●メンタル面が弱い このようなお悩みがあれば購読してみてください。 FX初心者から経験者まで、FXの悩みをこのメルマガで解消します。 期間限定でメルマガ内で数万円相当分のFX情報商材をプレゼント中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング