安心!?食べ物情報

安心!?食べ物情報 Food Review 901


カテゴリー: 2017年02月12日
安心!?食べ物情報901号
-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/
--安心!?食べ物情報--Food-Review-----------------------------
-------------------------------------901号--2017.02.12------
--〔今週の内容〕--------------------------------------------

「ニュースから」「食品ロスの統計」

-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/
--〔話題〕--------------------------------------------------

 まず、なかなか終息しない鳥インフルエンザが、佐賀県で発生し
たというニュースです。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

■佐賀で鳥インフル 江北町の養鶏場 6.9万羽殺処分へ 

 佐賀県は4日、同県江北町の養鶏場で鶏40羽が死んでいるのが
見つかり、高病原性鳥インフルエンザのH5亜型ウイルスの遺伝子
を確認した。この養鶏場は、二つの農場で肉用鶏計6万9千羽を飼
育しており、県は2養鶏場で飼育中の鶏全ての殺処分を始めた。九
州での家禽(かきん)への感染は今季、宮崎県川南町、熊本県南関
町、宮崎県木城町に続き4例目となる。

http://www.nishinippon.co.jp/nnp/saga/article/306026
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 これ以降は発生のニュースはないと思いますので、これで最後に
なってほしいものです。

 次は商品回収のニュース。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

■キユーピー、ドレッシング21万本回収 金属混入恐れ 神戸工
場

 キユーピーは7日、神戸工場(神戸市)から出荷した「キユーピ
ー 深煎りごまドレッシング」に金属繊維が混入した可能性がある
として、約21万本を自主回収すると発表した。定期検査で原料の
ゴマを投入する金属パイプの破損が判明し、未出荷の商品から金属
繊維が見つかったため。同社は健康被害の可能性は低いとしている。

http://www.sankei.com/west/news/170207/wst1702070067-n1.html
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 金属探知機にかからなかったのか、不思議に思いますが、何か事
情があるのでしょうか。

 次は外国人の不法就労のニュースです。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

■超安売り王「スーパー玉出」に罰金 留学生を長時間労働 大阪
簡裁

 外国人留学生らを法定の上限時間を超えて働かせたとして、入管
難民法違反(不法就労助長)の罪に問われた食料品販売店「スーパ
ー玉出」(大阪市西成区)と、同社の男性人事部長(41)に対す
る判決公判が8日、大阪簡裁で開かれ、柏森正雄裁判官は求刑通り
同社に罰金100万円、人事部長に罰金70万円を言い渡した。

 柏森裁判官は判決理由で「正規のタイムカードのほかに裏のタイ
ムカードを作成して発覚を免れようとするなど刑事責任は軽視でき
ない」と述べた。

 判決後、柏森裁判官は「大阪を代表する会社なのだから、今後こ
ういうことがないようにしてほしい」と説諭した。

 判決によると、同社は昨年2~5月、大阪府内の複数店舗で、ア
ルバイトとして雇用していた中国籍やベトナム籍の留学生らに週2
8時間の法定上限時間を超えて働かせるなどした。

http://www.sankei.com/west/news/170208/wst1702080028-n1.html
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 「裏タイムカード」を作っていたというのはかなり悪質です。こ
ういう行為が自分の首を絞めることを自覚してほしいものです。

 次は「鰹節」工場がHACCPの認定をとったという話題です。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

■かつお節 EUへの輸出に向け初の認定

 和食に欠かせないかつお節は、EU=ヨーロッパ連合への輸出が
規制されていますが、静岡県焼津市の水産加工会社が水産庁から全
国で初めて輸出の認定を受けることがわかり、かつお節の本格的な
輸出に弾みがつくと期待されています。

 ヨーロッパでは和食が人気で、だしを取るのに欠かせないかつお
節の需要が高まっていますが、EUが定める衛生管理の基準が厳し
く、日本産のかつお節は輸出できない状況が続いています。

 これに対して、焼津市の水産加工会社新丸正は、ヨーロッパでの
かつお節の販売を実現するために静岡県などの協力も得ながら、E
Uの衛生基準に適合するよう工場の改修などを進めてきました。そ
の結果、近く水産庁からEUへの輸出に必要な食品衛生管理システ
ム=HACCPと呼ばれる認定を受けることになりました。

 かつお節の工場が認定されるのは全国で初めてだということで、
この水産加工会社では来年度にもEUに向けたかつお節の輸出に乗
り出すことにしています。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170208/k10010868241000.html
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 鰹節は伝統食品なので、EUの規制をクリアするのは難しい…と
いうのが今までの言い訳でしたが、これで事実がはっきりしました。

 今まで、日本の鰹節工場で、EUの要求する衛生管理基準をクリ
アするところがなかったせいで、これは鰹節そのもののせいではな
くて、工場の衛生レベルが低かったということです。やればできる、
というわけです。

 最後は「ハラル」の話題です。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

■学校生活、給食など苦慮 ムスリムの子に「理解を」

 静岡文化芸術大主催の多文化子ども教育フォーラムが4日、浜松
市中区の同大で開かれ、静岡県多文化共生審議会委員で、インドネ
シア出身のエフィ・グスティ・ワフユニさん(39)が講演した。
県内のイスラム教徒(ムスリム)への調査を基に、ムスリムの子ど
もたちが学校生活で給食や礼拝などに苦慮している現状を報告。
「ムスリムを取り巻く問題改善のきっかけになれば」と訴えた。

 調査は昨年11月、県内在住の同国人ら26家族を対象に、学校
生活や職場で困っていること、対応策などを尋ね、実態を初めて公
表。「ハラール対応」ではない学校給食に多くの保護者が悩んでい
る様子が浮かび上がった。大半が毎日弁当持参か、豚肉使用のメニ
ュー時におかずを持参する対応を取っていて、「給食は食べるが豚
肉は残す」ように子どもに指示している家庭もあった。

 学校や職場で、お祈りや断食、女性が頭にかぶる「ヒジャブ」を
禁止された例や、侮蔑の言葉を投げ掛けられた体験談も示された。

 エフィさんは、ハラール対応の給食を出す福岡県内の私立保育園
や金曜日の礼拝を例外的に認める浜松市内の学校などを紹介し、
「ルールだから駄目というのではなく柔軟な対応を検討してほしい」
と理解を求めた。

http://www.at-s.com/news/article/topics/shizuoka/326523.html
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 「ルールだから駄目」と言っているのは、日本の学校給食の側で
はなくて、ムスリムの側だろう、と思います。日本人の宗教のよう
に、適当にはできないのか?不思議です。

 そんなことを考えていたら、こういう一群のツッコミがありまし
た。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

□猫組長

 静岡の小学校でムスリムの給食が問題になってるけど、弁当持参
が認められてたみたいで、これは十分に配慮がされてたと捉えてい
いだろう。「ムスリムに理解を」という主張は分かるけれども、イ
スラム圏外の地域へ来て、生活全般にイスラムの慣習を要求するの
は「勝手すぎるで」。

□まわりだ

 ムスリムの友人は問題提起しているグループに迷惑していると嘆
いていました。日本人の人権活動家と自称ジャーナリストがモスク
に来てこの手の運動に勧誘しているそうです。友人曰わくハラーム
は自分の信仰心で対処する問題で、他者に強要するのは間違いだと。

□まわりだ

 多くの在日ムスリムは臨機応変に対応していて、日本人や日本に
ハラル対応を求めてはおらず、自分達は非イスラーム圏に住んでい
るのだから自分達でてきる範囲のことをするのが筋と考えているよ
うに見えます。在日問題と同じで、一部の過激な声だけが政治利用
される構図ですね

□平沢紫電改

 日本には、来日してからトンカツのおいしさを知ったムスリムも
いますからねぇ。彼曰く、「コーランには非常時には食べてもいい
って書いてあるんだ」…確かにそう書いてあるんですよね。

□まわりだ

 意外と酒好きが多いんですよねw 公衆の面前では善きムスリムで
あるためにハラームを口にしますが…

□diablo-delfin

 体質的に全員がアルコールを受け付けないというわけではないの
で、味をしめてしまう方はいるみたいですねぇ。日本とは違う意味
で本音と建て前を使い分ける文化があるように感じます。ほとんど
の人は柔軟な印象。

□まわりだ

 仰る通りで、建前として細かい戒律を口にしますが、実際の生活
ではそこまで頑なでは無い人の方が多数派と見受けられます。真面
目な信徒ももちろんいますが。

□M9P

 昔っから火のないところに煙を立てて、炎上させるのが人権屋さ
んと左派マスコミでしたね。靖国問題、慰安婦問題…。彼等がいな
い方が「多文化共生」も進むかもしれませんねw

□マダオはまだ芽が出ない。

 日本人の人権活動家と思ったら在日でした。ってオチっぽい

□氷川渉@主水さんを応援!

 となりのイスラム という本にそう書いてたと思います。失礼し
ました。

□みつうろこ@light foot

 「友人曰わくハラームは自分の信仰心で対処する問題で、他者に
強要するのは間違い」それが日本国憲法が保障する信教の自由でし
ょ。

https://twitter.com/mawaridayan/status/829969378137432064
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 「信教の自由」についてのオチまでついていました。

--〔Q&A〕------------------------------------------------

 「安心!?食べ物情報」では、みなさんからの質問を常時受け付け
ています。質問の宛先は

why@kenji.ne.jp

です。いつでもどうぞ。

------------------------------------------------------------

今回は休みます。

-〔食べ物情報〕---------------------------------------------
「食品ロスの統計」
------------------------------------------------------------

 こんなニュースがありました。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

■大量の恵方巻が廃棄処分に “フードロス“処理に税金が投入さ
れる日本の現実

 先進国で近年大きな問題になっている「食べられるのに捨てられ
る食品」、フードロスの問題。まだ食べられるにもかかわらず、捨
てられていく食料の量は、世界では年間13億トンに上り、日本では
およそ630万トンに達すると推計されている。国民一人あたり、毎
日おにぎり2個分の食料を捨てている計算だ。

 「フードロス」の実態を分かりやすく教えてくれるスタディーツ
アーを開催している、一般社団法人リディラバの安部敏樹代表は
「自分が食べ残しをしなくても、コンビニで買っている以上はフー
ドロスが出る構造があり、そのために税金が投入されているという
仕組みがある。その現実を体験、考えてもらいたい」と話している。

□実際に、フードロスの現場を取材した。

 株式会社日本フードエコロジーセンターには、1日30トン以上の
食品廃棄物が運び込まれる。取材した2月3日には、賞味期限内の恵
方巻や、その材料が大量に運び込まれていた。同社では運び込まれ
た廃棄食料を丁寧に分別・加工し、豚の餌としてリサイクルしてい
る。この“廃棄食料“からつくられたエサを食べて育った豚は、ブ
ランド肉として販売されている。同社の高橋巧一・代表取締役は
「食品会社は自分たちが廃棄しながら、きちんとした製品として戻
ってくるということで、本当の意味での循環の仕組みが出来上がる」
と説明する。

 しかし、年間630万トンの“フードロス“のうち、リサイクルさ
れているのは「3割程度」だという。残りはゴミとして、自治体の
焼却炉へ運ばれていく。「燃やしても結局灰が残るので、その処理
も必要。1トンのごみを燃やして処分するのには7万円から8万円か
かる計算で、この費用の半分くらいは税金で賄われている」(高橋
氏)。

 現行の食品リサイクル法では、食品事業者はロスを出さない努力
やリサイクルの義務を負っているが、年間100トン以上の廃棄食料
を出す企業以外には罰則規定がないため、小規模事業者の多くはそ
の義務を果たしていないのが現状だという。

 一体なぜ、こんなに大量の“フードロス“が運びこまれるのか。
高橋氏は「コンビニは1日に3回発注をかけるんですよ。それに万が
一間に合わないと食品工場は莫大なペナルティ料金を払わされるん
です。ペナルティ料金を払わされるくらいなら、1トンや2トンのご
はんを捨てることはなんでもないというのが、今の日本のやり方な
んです」と指摘した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170208-00010006-abemav-ind
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 一読して、「世界で13億トン/日本で630万トン」というの
に驚きました。

 世界の中で日本の占める比率は、人口なら2%程度、GDPなら
10%足らずでしょう。つまり、世界が13億トンなら、日本は2
000万トン~1億トンくらいにならないとおかしいので、明らか
に一桁以上違います。

 「食品ロス」はつまるところ数字の話なので、数字をいい加減に
したまま議論しても意味はありません。

 ちょっと調べてみると、こんな情報がありました。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

■日本では、年間約1,700万トンの食品廃棄物が排出。このうち、
本来食べられるのに廃棄されているもの、いわゆる「食品ロス」は、
年間約500~800万トン含まれると推計。(平成22年度推計) 

食品廃棄物(1,713万トン)

 事業系廃棄物(641万トン)

  うち可食部分と考えられる量(300~400万トン)

家庭系廃棄物(1,072万トン)

  うち可食部分と考えられる量(200~400万トン)

「食品ロス」(可食部分と考えられる量(500~800万トン)

再生利用(約400万トン)

焼却・埋立(約1,300万トン)


○  FAOの報告書によると、世界の食料生産量の3分の1にあたる
約13億トンの食料が毎年廃棄されている。 
 
○  先進国ではかなりの割合が消費段階で無駄にされるが、開発途
上国では消費段階の廃棄は極めて少量。 

http://www.caa.go.jp/adjustments/pdf_data/131028_sanko2-5.pdf
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 「13億トン」はFAOの報告なんですね。家庭や工場で出る食
品ロスとは対象が全く違うようです。おそらく食糧生産現場や流通
段階でのでの廃棄量が最大になるのだと思います。

 そこに、ここで調べられているような、家庭や工場でのロスを並
べると、おかしい数字にしかなりません。

 食品ロスの算出方法はかなり難しく、現在のところ統一された方
式はありませんので、各国の数字を比較してもあまり意味はないよ
うに思いますが、上記資料では、こんな数値が記載されていました。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

各国における食品廃棄物の発生量(【】内は一人あたり)

日本 1,713(万トン)【134】
            
韓国 約490(万トン)【約100】

米国 5,540(万トン)【179】

英国 約1,400(万トン)【約225】

ドイツ 約1,100(万トン)【約135】

フランス 約2,210(万トン)【約352】
※食品を含む有機性廃棄物

スウェーデン 約101(万トン)【約108】

http://www.caa.go.jp/adjustments/pdf_data/131028_sanko2-5.pdf
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 それでも、ここに掲載されている国は「そんなものだろうな」と
いう数値にはなっています。フランスだけが明らかに異常な数値で
すが、注にも書かれているように、集計方法が全く違うのでしょう。
イギリスも多すぎかな。

 これを見る限り、日本が特に多いわけでも、少ないわけでもない、
という当たり前の結論になります。

 家庭での食品ロスはどれくらい見積もられているのかというと、
だいたい3%というところのようです。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

■食品ロス率の階層別の世帯分布

 平成21年度の世帯食における食品ロス率は3.7%であるが、食
品ロス率の階層別に調査世帯(680世帯)の分布をみると、全体の
6割がこれを下回る結果となっており、中位(340番目と341番目の
平均値)の世帯における食品ロス率は3.0%となっている。

http://www.caa.go.jp/adjustments/pdf_data/131028_sanko2-5.pdf
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 生活の実感としても、それくらいはあるだろうな、と思います。
3%のロスが怖くて料理ができるか!というところです。

 上記のページのグラフを見るとわかりますが、ロスの非常に多い
家庭があるので、平均値は少し高くなりますが、普通の家庭では3
%と考えてよさそうです。

 次はレストランなどでのロス率です。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

■外食産業における食べ残し状況

(1)食べ残し量の割合

 平成21年の食品の食べ残し量の割合(飲料類を除く)は、食堂
・レストランでは3,2%、結婚披露宴では13.7%、宴会では10.7%、
宿泊施設では14.8%であった。

http://www.caa.go.jp/adjustments/pdf_data/131028_sanko2-5.pdf
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 普通のレストランは一般家庭とほぼ同じくらいのロス率で、特に
多いわけではありません。

 宴会や宿屋ではロス率が多くなっていますが、出す料理の性質か
ら考えると、そうだろうな、と納得する数字です。

 ただ、これらのロス率の高い分野の占有率はそれほどでもないの
で、外食全体でのロス率は4%弱、つまり一般家庭と同等に収まる
と思います。

 テレビでコメンテーターがレストランの注文に注意しろ、とか、
できるだけ持ち帰りすべし、などと言っているのは単に雰囲気に流
されて言っている、根拠のない妄言です。そういうことは中国に行
って言え、という感じですね。

 そんな感情で書かれた(方向は逆ですが)記事です。ちょっと古
いですが、紹介しておきます。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

米中韓と比較すれば「日本は飽食の国ではない」と専門家指摘

2013.01.20 16:00

 「飽食の国」であり「世界一食べ物を捨てている国」。よく聞く
フレーズだし、日本人にとって、日本はそういう国だという思い込
みがある。だがこれらのフレーズは間違っている。はっきり言って
ウソである。

 まず主要各国の1人1日あたりの供給カロリーを調べてみると、FA
OSTAT(国連食糧農業機関)の算出では「肥満大国」と言われるア
メリカが3688kcal。さらにイタリアやドイツ、フランスなども3500
kcalを超えている。対して同じデータで見ると、日本人の供給カロ
リーは2723kcalに過ぎない。もちろん体型の違いから来る、一日に
必要な摂取カロリーの差はあるにせよ、日本は適正な範囲にとどま
っていると考えていいはずだ。

 では体型の似たアジア圏ではどうか。お隣の韓国の供給カロリー
は3200kcal、中国も2002年に日本を上回り、2008年には3000kcalを
超えた。一方日本はというと、統計上供給カロリーが3000kcalを超
えたことは一度もない。少なくとも、一定の経済レベルにある諸外
国と比べて「飽食」だったことなどないのだ。

 食料廃棄についても、同様の思い込みがある。日本の年間食料廃
棄量は、約1900万トン。分別回収の実施状況にもよるため、他に食
料廃棄量を算出している国は多くはないが、例えばアメリカでは、
2004年にアリゾナ大学のティモシー・ジョーンズ教授が5380万トン
という数字を発表している。また食料廃棄の削減に力を入れている
というイギリスの人口は日本の約半分だが、同国の環境食料地域省
の調べでは年間の食品廃棄量は1800万~2000万トンだという。

 お隣、韓国の食品廃棄量は474万トン(韓国環境省・2005年)と
されているが、現在韓国国内で問題となっている食品廃棄物排水の
海洋投棄の120万トン(2012年)の扱いや、飲食店で無料提供され
るおかずの使い回し問題など、各国ともそれぞれの事情を抱えてい
る。

 中国や韓国のように「食べきれないほどの料理でもてなす」こと
が美徳とされる文化の国もあるが、人口が世界シェア20%の中国な
どは食料消費量のシェアも突出している。野菜で実に50%、豚肉で
47.6%、水産物で34.5%、ほかの穀物やイモ類、鶏肉や果実などの
シェアもだいたい20%前後となっている。食料廃棄量を調査したら
どれほどの数字になるのだろうか。

 「米1粒に7人の神様が宿る」という日本だからこそ、「もったい
ない」という概念は、喉に刺さった刺のように人の心に引っかかり
やすい。もちろん、食べ物を粗末にしてはならない。しかし日本が
「飽食の国」「世界一食べ物を捨てている国」というのは間違って
いる。日本を含めた各国の余剰食料を、そのまま途上国に送ること
ができるわけでもあるまい。

 生活習慣病による医療費、自給率、TPPを含めた貿易摩擦など、
食にまつわる問題は山積みだ。卑下するでもなく、他を責めるでも
なく、自らのスタンスを明らかにするために、まずは多くの事実を
知る。課題解決のために、必要不可欠な第一歩目である。

http://www.news-postseven.com/archives/20130120_166663.html
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 日本人が特に贅沢をしているわけではない、というのはそのとお
りで、日本人の摂取カロリーが異常に少ないのは不思議だとされて
います。

 高度成長期を経過して、日本人は急激に金持ちになったのに、摂
取カロリーは全く増えなかったのです。このところはかえって減少
気味なのだとか。

 しかし食品ロスの話に供給カロリーの量を持ち出しても、全く意
味はありません。気持ちはわかりますが、こういう言説も気分だけ
のものと考えます。

 そして、この記事に対して反論しているブログも紹介しておきま
す。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

 ドイツの食料廃棄は1100万トン、食品ロスは31万トン。かたや日
本は食料廃棄1788万トン、食品ロス500~800万トン。日本より、ド
イツのほうがずっと少ないです。

 世界を見渡して、食料廃棄の多い国もあれば、少ない国もありま
す。多い国、要するに、食料廃棄の観点では駄目な国、劣る国と比
較して「日本はそれよりも少ないのだ」と主張して、それが何にな
るのでしょう。なぐさめ?無駄にしていないよという言い訳?責任
逃れ?自分(日本)より劣るものを見つけて他を貶め、自分(日本)
が上に上がる、という構図でしょうか。

http://iderumi.com/?p=157
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 このブログで紹介している「ドイツの食品ロス」はある大学か何
かの研究報告らしいですが、集計方法が違うものを比較しても意味
はないことをわかっていません。

 ドイツと日本の人口・経済の規模から考えて、「食糧廃棄」の数
値はほぼ納得できる範囲です。当然、ドイツの「食品ロス」は200
~500万トン程度でしょう。

 「31万トン」の詳細は不明ですが、何かの限定条件があるはず
です。そんなに少ないはずがないじゃありませんか。

 ということで、「食品ロス」の実態を知ることはなかなか難しい
というのが結論なんですが、そういう報告を紹介しておきます。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

■世界の食品ロス調査

 世界をみると、それぞれの地域で食品ロスの発生メカニズムは大
きく異なる。

 各国のロス統計を並べてみると、米国では米食品業界は年に9億
ドル(900億円)分もの食品を消費・賞味期限切れで廃棄し(レポー
ト「The Dating Game」)、食品廃棄物全体では供給量の30~40%
が廃棄されると指摘する調査結果がある。一方で、インドではイン
フラ整備が不十分なため青果物の30%が廃棄されるという試算もあ
る。

 日本の食品ロス発生量は、642万t(事業系331万t、家庭系312万t
:2012FYで、供給量の0.7%(リサイクル分含む))と農林水産省
が試算している。この値が国際的にどのような評価をなされるべき
なのかは目下の研究課題であるが、全国の米生産量(主食用)が78
8万t(2014FY)であることを考えれば、もったいない話ではある。

 食品ロスの発生には、食文化など各国固有の条件が影響している。
しかし、わが国では先進国に共通する発生メカニズムも根底にある。
例えば、表示期限の1/3を過ぎると出荷できなくなる1/3ルール
は、程度の差はあれ、本質的に世界標準に合わせて製造日表示から
期限表示に切り替わったことが背景にある。また、外食産業の一部
が食べ残しの持ち帰りを禁止する企業行動もわが国特有の商習慣で
はあるが、米国から輸入された外食のチェーンオペレーションが問
題の本質だ。

 FAO(2011)も認めているとおり、ビッグデータの時代にあって、
食品ロスのデータは未だその蓄積が不十分である(現在、食料ロス
・廃棄を測定する国際基準構築や削減の基準策定は、世界資源研究
所(WRI)で進んでいる)。しかし、欧州議会と国連では2025年まで
に食品廃棄物を現状から50%(その後30%に下方修正)減少させる
という共同声明を発表し、欧州委員会では、食品廃棄物半減のため
の資源効率化の促進策を2020年までに検討するとしている。

 現在、世界的に食品ロス削減のムーブメントは高まっている。し
かし、具体策の立案には、下記に示すその発生メカニズムの共通因
子と固有の条件とを峻別することが不可欠である。(2015年10月)

http://www.geocities.jp/tom1031zzz/estimate.html
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 気分としては「食品ロス」減らしていきたいが、現在はまだその
実態を知り、状況を分析する段階にも至っていないようです。

 気分に流されても仕方ないので、そのあたりの研究が成果を上げ
てくるまで待つのがよい、というのが私の意見です。

 改善すべき余地はあるにしても、現状は決して異常な状態ではあ
りません。

--〔後記〕--------------------------------------------------

 先週から「補中益気湯」という漢方薬を飲んでいまして、これが
なかなかよく効きます。私の「かかりつけ医」は高校、大学と同級
だった友人なのですが、大した病気でもない患者には「漢方薬」で
お茶を濁すのを得意技にしています。またしょうもない薬を出して、
と思っていたら効いたのでびっくりです。

 ということで、しばらく続いた体調不良から、少し脱出できそう
です。まだまだ快調にはほど遠いのですが。

------------------------------------------------------------
-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/
-901号----------------- e-mail why@kenji.ne.jp -------------
--発行--渡辺--宏------- URL  http://food.kenji.ne.jp/
------------------------------------------------------------
「宮沢賢治の童話と詩 森羅情報サービス」
http://why.kenji.ne.jp/
------------------------------------------------------------
 購読者数3790名です。ご購読ありがとうございます。
------------------------------------------------------------
私あてのメールのあて先は、
why@kenji.ne.jp
私のホームページ(「[\]安心!?食べ物情報」)は
http://food.kenji.ne.jp/    です。
バックナンバーもすべて、このページで読めます。
【まぐまぐ】
このメールマガジンは、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』を
利用して発行しています。( http://www.mag2.com/ )
マガジンIDは21668です。
このメールマガジンの登録や解除は
http://food.kenji.ne.jp/food2.html  へ。
-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/

安心!?食べ物情報

RSSを登録する
発行周期 週刊
最新号 2017/12/10
部数 3,421部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

安心!?食べ物情報

RSSを登録する
発行周期 週刊
最新号 2017/12/10
部数 3,421部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

オンラインカジノ情報ドットコム
カジノって楽しいですよね。ラスベガス、マカオ、韓国などのカジノへ行く前や行った後も日本でカジノを楽しみたいと思いませんか?実はそのカジノが日本でもオンラインカジノを通じて遊べるんです!そんなオンラインカジノの魅力をたくさんご紹介しちゃいますね。今話題の海外FXについても詳しく解説します。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から3年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

ダメおやじの全財産をかけた崖っぷちFX通信
【1日に数万人が熟読する人気FXブログのメルマガ版】 相場歴30年以上のダメおやじがFXノウハウを大公開! 毎朝配信!毎日の経済指標情報や攻略法を無料で解説しています。 ●損切りがうまくできない、利食いが浅い ●ポジポジ病(ポジションを不要に持ってしまう) ●コツコツドカーン(小さく勝っても大きく負ける) ●エントリータイミングわからない ●メンタル面が弱い このようなお悩みがあれば購読してみてください。 FX初心者から経験者まで、FXの悩みをこのメルマガで解消します。 期間限定でメルマガ内で数万円相当分のFX情報商材をプレゼント中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

ダメおやじの全財産をかけた崖っぷちFX通信
【1日に数万人が熟読する人気FXブログのメルマガ版】 相場歴30年以上のダメおやじがFXノウハウを大公開! 毎朝配信!毎日の経済指標情報や攻略法を無料で解説しています。 ●損切りがうまくできない、利食いが浅い ●ポジポジ病(ポジションを不要に持ってしまう) ●コツコツドカーン(小さく勝っても大きく負ける) ●エントリータイミングわからない ●メンタル面が弱い このようなお悩みがあれば購読してみてください。 FX初心者から経験者まで、FXの悩みをこのメルマガで解消します。 期間限定でメルマガ内で数万円相当分のFX情報商材をプレゼント中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

僕は『絶対倒産する』と言われたOWNDAYSの社長になった。
売上20億,負債14億,赤字2億『絶対倒産する』と言われ、メガネ業界内ではただの質の悪い安売りチェーンと馬鹿にされ続けていたOWNDAYS(オンデーズ)を30歳の時に買収し社長に就任。その後、10年間で奇跡のV字回復を遂げて、売上150億,世界10カ国に進出するまで・・、みたいな巷によくある再生物語。半分ノンフィクション。半分はフィクション。いつまで、どこまで書き続けるかはまだ未定です。 https://www.owndays.com Twitter:https://twitter.com/shuji7771 blog:https://ameblo.jp/shuji7777/
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング