安心!?食べ物情報

安心!?食べ物情報 Food Review 942


カテゴリー: 2017年12月10日
安心!?食べ物情報942号
-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/
--安心!?食べ物情報--Food-Review-----------------------------
-------------------------------------942号--2017.12.10------
--〔今週の内容〕--------------------------------------------

「ニュースから」「ビワの種子とアミグダリン」

-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/
--〔話題〕--------------------------------------------------

 前回の記事で「反ワクチン派」のことを「反社会的勢力」と書い
たら、それはヤクザのことでしょうというご指摘をいただきました。
さすがにヤクザと同一というのは言い過ぎですので、お詫びして訂
正させていただきます。

 でも、以下の記事なんかを読むと、かなり犯罪に近いことをして
いるようではあります。

「反HPVワクチン活動家に科学で立ち向かった日本医師への言論弾
圧」
https://togetter.com/li/1177678

 さて、いつものように「カンビロバクターの食中毒」事件です。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

■食中毒で柏の飲食店営業停止 カンピロバクター菌見つかる 
千葉

 柏市は6日、同市柏の飲食店「全力鶏」を、食品衛生法に基づき、
同日から5日間の営業停止とした。同市保健所によると、先月22
日に同店で飲食したグループ7人のうち、いずれも20代の男性2
人、女性2人が腹痛などの食中毒症状を訴え、便からカンピロバク
ター菌が見つかった。全員症状は軽く快方に向かっている。4人は
鶏レバーたたきなどを食べたという。

http://www.sankei.com/affairs/news/171207/afr1712070027-n1.html
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 毎週、いやになるほど続きます。そろそろ何かの対応策が必要だ
と思います。

 次は「生レバーで逮捕」の記事です。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

■「SNSに写真アップしないで」と口止めして牛生レバー提供、
加熱指示せずに…兵庫県警、43歳焼肉店主を逮捕

 焼肉店で加熱を指示せず牛の生レバーを提供したとして、兵庫県
警生活経済課は4日、食品衛生法違反の疑いで、同県加東市の焼肉
店経営の男(43)を逮捕した。「『焼いてください』と注意しな
かった」と容疑を認めている。

 県警によると、従業員が「生レバーあります」と客に伝えた上で
1皿あたり約800~千円で提供。注文客には「ツイッターなどの
SNS(会員制交流サイト)などに写真をアップするのは止めてく
ださい」と口止めしていた。健康被害は報告されていないという。

 逮捕容疑は、9月21日と11月9日、客に加熱するよう指示し
ないまま牛の生レバーを提供したとしている。

 牛の生レバーの提供は、死者を出した平成23年の焼肉店で集団
食中毒が起きたのを機に禁止された。

http://www.sankei.com/west/news/171204/wst1712040039-n1.html
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 こういうことをやって儲かる金額と、摘発または食中毒発生のリ
スクを考えたら、得にならないことくらいわかりそうなものですが、
世の中には馬鹿が絶えないという見本です。

 次は久々に「ベクレル」などという記事がありました。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

■長野のシカ肉、出荷制限 基準値超のセシウム検出

 国の原子力災害対策本部は7日、基準値を超える放射性セシウム
を検出したとして、長野県軽井沢町と富士見町で捕獲されたシカの
肉の出荷を制限するよう同県に指示した。

 厚生労働省によると、11月13日に富士見町で捕獲されたシカ
肉から食品衛生法が定める基準値(1キログラム当たり100ベク
レル)を超える160ベクレルの放射性セシウムを検出した。

 軽井沢町のシカ肉は5年前に140ベクレルを検出したが、流通
していないとの理由で出荷自粛にとどまっていた。今回、50キロ
以上離れた富士見町のシカ肉が基準値を超えたため、軽井沢町も出
荷制限の対象とした。

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2017120701001587.html
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 キロあたり100ベクレルの「基準値」を作ったときは、食品の
半分が汚染されていたとして計算されたはずです。

 そろそろこの低すぎる基準値を訂正した方がよいと思うのですが。

 私としては「野生の鹿肉」は食べない方がよいと思っています。

 次は「日欧EPAE」関連の話題です。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

■日欧EPA 輸入麦差益 菓子用45%引き下げ

 政府は、日欧経済連携協定(EPA)対策として、菓子用小麦の
輸入差益(マークアップ、1キロ約17円)を45%引き下げる方
針を固めた。パスタ用小麦は同1、2円程度まで下げる。欧州産の
ビスケットなどの菓子、パスタの関税撤廃で輸入が増えれば、国内
菓子・製粉メーカーの経営悪化が懸念されるため、配慮した。だが、
輸入麦の価格低下で国内麦の生産に悪影響が及ぶとの懸念は根強い。
影響が及ばないよう、慎重な対応が求められる。

 日欧EPAでは、欧州産のクッキーやビスケットなどの関税(1
3~20・4%)、マカロニやスパゲティなどパスタの関税(1キ
ロ30円)を段階的に撤廃する。日本の菓子・製粉業者は欧州産製
品と厳しい競争にさらされるとして、原料小麦を安く調達できるよ
うマークアップ引き下げを求めていた。

 菓子用の小麦は、主に米国産のウエスタン・ホワイト(WW)が
使われている。日欧EPA発効と合わせ、米国産を含め日本が輸入
する菓子用小麦を45%引き下げる。環太平洋連携協定(TPP)
で合意した内容と同水準の引き下げとなる。

 政府は制度運用の詳細をこれから詰めるが、流用防止を確保でき
るかが課題となる。WWは、日欧EPAで影響が懸念されるビスケ
ット以外にも、和菓子や天ぷら粉などにも広く使われるからだ。政
府は引き下げ対象を菓子用小麦に限定するが、他の用途に流用され
れば、国産小麦の需要に悪影響は必至だ。

 パスタの原料となるデュラム小麦のマークアップは、1キロ当た
り1、2円程度とする。政府の管理経費を残し、実質的に撤廃する。
デュラム小麦のほぼ全量はカナダから輸入している。TPPの合意
内容を上回る水準。政府は、デュラム小麦の国内生産がほとんどな
いとして、影響は少ないと説明する。だが、輸入麦の価格低下が、
国内麦に影響する懸念がある。

https://www.agrinews.co.jp/p42691.html
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 この記事は農業新聞のもので、「欧州産クッキーなどへの対応で
小麦価格を下げる」というメーカー向けの対策について怒っている
ようです。

 ここで指摘されているように「菓子用小麦粉」のみ価格を下げる
というのは難しいでしょう。結局、うやむやになりそうな気がしま
す。

 最後は「既存添加物」についての話題です。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

■既存添加物リスト、健食成分含む半数超が「消除」候補に

 厚生労働者は11月30日、使用実態のない既存添加物を消除する第
四次「消除予定添加物名簿(案)」を公表した。添加物としての流
通実態が確認できないもの、食品添加物の規格基準で成分規格が設
定されていないものを消除対象候補に、名簿の5割強にあたる19
6品目を選定した。

 厚労省では、地方自治体や海外からの情報提供等を通じて、今月
から来年8月にかけて販売等の流通実態調査を2回実施。来年10月
をめどに「消除予定添加物名簿」を公示する。公示後、6カ月の訂
正の申出期限を設け、申出内容の確認や再調査を経て6カ月以内に
消除予定添加物名簿を確定する流れ。2019年10月の施行(既存
添加物名簿の改正)を予定している。

http://www.kenko-media.com/health_idst/archives/7241
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 既存添加物の削減も今回が4回目なんですね。この件に関しての
厚労省の文書は以下のようなものです。

 対象となっている198品目のリストがあったので、そのまま掲
載します。 

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

既存添加物の消除について
平成29年11月30日

1.概要

 食品衛生法等の一部を改正する法律により、新たに「食品衛生法
及び栄養改善法の一部を改正する法律」附則第2条の3の規定が追
加され、厚生労働大臣は、その販売、製造、輸入、加工、使用、貯
蔵及び陳列の状況からみて、現に販売の用に供されていないと認め
る既存添加物並びにこれを含む製剤及び食品について「消除予定添
加物名簿(当該添加物の名称を記載した表)」を作成の上公示し、
必要な手続きを経て既存添加物名簿(以下「名簿」という。)から
消除することができることとされている。

 これまでに既存添加物 489品目のうち 124品目(平成16年の第一
次消除で38品目、平成19年の第二次消除で32品目及び平成23年の第
三次消除で53品目並びに平成16年に安全性の問題で消除されたアカ
ネ色素)が名簿から消除されており、現在収載されている既存添加
物は 365品目となっている。

 今般、第四次消除を実施すべく、その対象候補品目の選定を行っ
た。

2.消除対象候補品目の選定にあたっての基本方針

・流通実態調査2で添加物としての流通実態が確認できないもの

・食品添加物の規格基準で成分規格が設定されていないもの

3.消除予定添加物名簿(案)

1 アウレオバシジウム培養液
2 アガラーゼ
3 アクチニジン
4 アグロバクテリウムスクシノグリカン
7 L-アスパラギン
9 アスペルギルステレウス糖たん白質
10 α-アセトラクタートデカルボキシラーゼ
13 アマシードガム
17 L-アラニン L-アラニン液
19 アラビノガラクタン
20 L-アラビノース
24 アルミニウム
25 アントシアナーゼ
27 イソアルファー苦味酸
28 イソマルトデキストラナーゼ
29 イタコン酸
30 イナワラ灰抽出物
31 イヌリナーゼ
34 ウェランガム
36 ウルシロウ
39 エステラーゼ
40 エレミ樹脂
41 塩水湖水低塩化ナトリウム液
42 オゾケライト
43 オゾン
44 オリゴガラクチュロン酸
45 γ-オリザノール
46 オレガノ抽出物
47 オレンジ色素
48 海藻灰抽出物
49 カオリン
51 カキ色素
52 花こう斑岩
53 カシアガム
58 カテキン
61 カラギナン(ユーケマ藻末)
66 カラメル2
71 カルボキシペプチダーゼ
74 カワラヨモギ抽出物
76 カンゾウ油性抽出物
82 キチン
84 キトサン
85 キナ抽出物
86 キハダ抽出物
87 魚鱗箔
89 金
90 銀
92 グァーガム酵素分解物
93 グアヤク脂
94 グアヤク樹脂
95 クエルセチン
99 グッタハンカン
100 グッタペルカ
101 クリストバル石
104 グルコサミン
108 α-グルコシルトランスフェラーゼ処理ステビア(α-グルコシ
ルトランスフェラーゼ処理ステビオール配糖体)
113 グレープフルーツ種子抽出物
114 クーロー色素
115 クローブ抽出物
116 クロロフィリン
118 くん液(木酢液、リキッドスモーク)
120 ゲンチアナ抽出物
121 高級脂肪酸
122 香辛料抽出物
124 酵素処理ナリンジン
127 酵素処理レシチン
128 酵素分解カンゾウ
129 酵素分解リンゴ抽出物
135 骨炭色素
136 ゴマ油不けん化物
137 ゴマ柄灰抽出物
138 ゴム
139 ゴム分解樹脂
140 コメヌカ油抽出物
141 コメヌカ酵素分解物
142 コメヌカロウ
144 サトウキビロウ
145 サバクヨモギシードガム
148 酸素
149 シアナット色素
151 シェラック
152 シェラックロウ
154 ジェルトン
158 シソ抽出物
159 シタン色素
161 ジャマイカカッシア抽出物
162 ショウガ抽出物
163 焼成カルシウム(うに殻焼成カルシウム、造礁サンゴ焼成カル
シウム、乳清焼成カルシウム)
165 植物炭末色素
168 水素
169 ステビア抽出物(ステビオール配糖体)
170 ステビア末
172 スフィンゴ脂質
173 生石灰
174 精油除去ウイキョウ抽出物
175 セイヨウワサビ抽出物
176 ゼイン
177 ゼオライト
178 セージ抽出物
179 セピオライト
182 粗製海水塩化カリウム
184 ソバ柄灰抽出物
185 ソルバ
186 ソルビンハ
187 ダイズサポニン
195 胆汁末
196 単糖・アミノ酸複合物
198 タンニン(抽出物)(柿タンニン、ミモザタンニン)
199 チクル
200 窒素
201 チャ乾留物
202 チャ抽出物
203 チルテ
205 ツヌー
206 ツヤプリシン(抽出物)
208 低分子ゴム
209 テオブロミン
212 鉄
214 銅
216 トウガラシ水性抽出物
217 動物性ステロール
226 トリプシン
227 トレハロース
228 トレハロースホスホリラーゼ
229 トロロアオイ
231 ナフサ
232 生コーヒー豆抽出物
235 ニガーグッタ
236 ニガヨモギ抽出物
237 ニッケル
239 ばい煎コメヌカ抽出物
240 ばい煎ダイズ抽出物
241 パーオキシダーゼ
242 白金
246 パラジウム
247 パラフィンワックス
249 ヒアルロン酸
254 L-ヒドロキシプロリン
255 ヒマワリ種子抽出物
256 ひる石
257 ファーセレラン
258 ファフィア色素
259 フィシン
262 フィチン(抽出物)
263 フェリチン
265 フクロノリ抽出物
266 ブタン
268 ブドウ果皮抽出物
270 ブラジルカンゾウ抽出物
275 プロパン
276 プロポリス抽出物
278 L-プロリン( L-プロリン液)
281 粉末モミガラ
282 ペカンナッツ色素
287 ヘゴ・イチョウ抽出物
295 ベネズエラチクル
297 ヘプタン
302 ヘリウム
306 没食子酸
307 ホホバロウ
311 マクロホモプシスガム
312 マスチック
313 マッサランドバチョコレート
314 マッサランドババラタ
316 マルトースホスホリラーゼ
318 未焼成カルシウム(貝殻未焼成カルシウム、骨未焼成カルシウ
ム、真珠層未焼成カルシウム、卵殻未焼成カルシウム)
321 ミルラ
324 ムラサキヤマイモ色素
325 ムラミダーゼ
326 メナキノン(抽出物)
327 メバロン酸
328 メラロイカ精油
329 モウソウチク乾留物
330 モウソウチク抽出物
331 木材チップ
332 木炭
333 モクロウ
334 木灰
335 木灰抽出物
336 モモ樹脂
343 ラノリン
344 ラムザンガム
346 卵黄レシチン
347 L-リシン(L-リシン、L-リシン液)
350 リポキシゲナーゼ
352 流動パラフィン
353 リンターセルロース
355 ルチン(抽出物)(アズキ全草抽出物、ソバ全草抽出物)
356 ルテニウム
357 レイシ抽出物
358 レッチュデバカ
359 レバン
362 ログウッド色素
363 ロシディンハ
364 ロシン
365 ローズマリー抽出物

https://goo.gl/qxKmZ5http://www.mhlw.go.jp/~/0000186819.pdf)
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 削除されたら困りそうなものも入っているので、このまま決まる
ことはないと思いますが、こんな既存添加物があるのだな、という
興味は持ちました。

--〔Q&A〕------------------------------------------------

 「安心!?食べ物情報」では、みなさんからの質問を常時受け付け
ています。質問の宛先は

why@kenji.ne.jp

です。いつでもどうぞ。

------------------------------------------------------------

今週は休みます。

-〔食べ物情報〕---------------------------------------------
「ビワの種子とアミグダリン」
------------------------------------------------------------

 こんな記事がありました。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

■ビワの種子の粉末は食べないようにしましょう

 ビワなどの種子や未熟な果実には、天然の有害物質が含まれてい
ます。本年度、ビワの種子を粉末にした食品から、天然の有害物質
が高い濃度で検出され、製品が回収される事案が複数ありました。
ビワの種子が健康に良いという噂を信用して、有害物質を高濃度に
含む食品を多量に摂取すると、健康を害する場合があります。

 一方、熟した果肉は、安全に食べることができます。

□ビワの種子には、天然の有害物質が含まれています

 ビワ、アンズ、ウメ、モモ、スモモ、オウトウ(サクランボ)な
どのバラ科植物の種子や未熟な果実の部分には、アミグダリンやプ
ルナシンという青酸を含む天然の有害物質(総称して、「シアン化
合物」と言います。)が多く含まれています。

 一方で、熟した果肉に含まれるシアン化合物はごくわずかです。
果実を未熟な状態で食べてしまったり、果実を種子ごと食べてしま
ったりすることは稀ですので、通常、果実を食べることによる健康
影響は無視できます。

 しかし、種子を乾燥して粉末に加工などした食品の場合は、シア
ン化合物を一度に大量に食べてしまう危険性が高まります。高濃度
のシアン化合物が検出されて回収が行われているビワの種子粉末食
品のうち、特に濃度が高いものでは、小さじ一杯程度の摂取量でも、
健康に悪影響がないとされる量を超えて青酸を摂取してしまう可能
性があります。

 ちなみに、青梅は、熟していないのでシアン化合物が高濃度に含
まれていることが知られており、そのままでは食べるのに適してい
ませんが、梅干しや梅酒、梅漬けに加工をすることにより、シアン
化合物が分解し、大幅に減少することが知られています。

 種子を単純に乾燥・粉末にしたような食品では、シアン化合物は
ほとんど分解せずに残っている可能性があります。

□アミグダリンは健康に良いわけではない

 インターネットや書籍の情報では、シアン化合物の一種であるア
ミグダリンを「ビタミンの一種」、「ビタミンB17」と称したり、
「がんに効果がある」とうたったりして、アミグダリンが健康に良
い成分としているものがあります。

 しかし、アミグダリンをビタミンとする説は現在では明確に否定
されている他、アミグダリンの有効性に関する情報については科学
的に十分な根拠はありません。むしろ、アミグダリンから体内で青
酸ができる可能性があるため、健康への悪影響が懸念されています。

 実際に、海外では、アミグダリンを含む生のアンズの種子を体に
良いとして大量に食べたことによる健康被害や死亡例が複数報告さ
れています。

□ビワの種子を使った料理を食べるときは注意

 料理レシピの検索サイトには、ビワの果実を食べた後に残ったビ
ワの種子を活用したレシピに関する情報(ビワの種子を使った杏仁
豆腐やビワの種子の煮物など)がたくさん掲載されています。

 現時点では、ビワの種子を使った料理を食べたことによる健康被
害の報告はありません。しかし、原料であるビワの種子には高濃度
のシアン化合物が含まれる場合があることから、ビワの種子を使っ
た料理にシアン化合物が残っている可能性がありますので、食べる
場合は注意してください。(ビワの種子に限らず、ウメ、モモ、ス
モモ、アンズなどの種子も同様です。)

□アミグダリンとは

 アミグダリンは、ビワなどのバラ科の植物に天然に含まれている
主なシアン化合物で、マンデロニトリルに2個のグルコース(ブト
ウ糖)が結合した構造を持っています。植物に天然に含まれる酵素
や人の腸内細菌により、マンデロニトリルとグルコースに分解され、
マンデロニトリルがさらに分解されると、ベンズアルデヒドと青酸
ができます。

 青酸は、一度に大量にとると、頭痛、めまい、悪心、おうとなど
の中毒症状を起こし、場合によってはけいれんや呼吸困難になり、
死に至ることもあります。

 なお、アミグダリンが分解してできるベンズアルデヒドは、バラ
科の果実、杏仁(アンズの仁)、アーモンド(バラ科のヘントウの
仁)等に特徴的な甘い香りの成分です。

https://goo.gl/gNEycChttp://www.maff.go.jp/)
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 ビワのタネは大きいですから、つい利用したくなりそうです。そ
ういう心理から、「ビワのタネ」を使ったレシピというのがネット
上には大量にあるそうです。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

■「ビワの種食べないで」 農水省が注意喚起、クックパッドなど
一部レシピ削除

 ビワの種に有害物質が含まれているとし、農林水産省が食べない
よう注意喚起したことを受け、レシピサイト「クックパッド」や
「楽天レシピ」の運営元はそれぞれ、ビワの種を使った一部のレシ
ピを12月8日までに削除するなど、対応を行っている。

 農水省はこのほど、ビワの種を食べないよう注意喚起する文書を
公表。ビワの種に含まれているシアン化合物の一種「アミグダリン」
という物質について、ネットや書籍で「健康に良い」「がんに効く」
と紹介されるケースがあるが、アミグダリンから体内で青酸ができ
る可能性があり、「健康への悪影響が懸念されている」とし、注意
を呼び掛けた。

 種を単純に乾燥・粉末にした食品では、シアン化合物はほとんど
分解せずに残っている可能性があり、ビワの種子を粉末にした食品
から有害物質が高い濃度で検出され、製品が回収される事案も今年、
複数あったという。

 また、ビワの種を使った料理レシピがレシピサイトに多数掲載さ
れていると指摘し、注意喚起していた。

 6日時点でクックパッドや楽天レシピには、ビワの種を使ったレ
シピが多数残っており、「問題では」とネットで話題になっていた。

 クックパッドは8日、「農水省の注意喚起を受け、注意喚起の強
化や公開の取り下げを進めている」とコメント。どのようなレシピ
を削除したかなど詳細は明らかにしなかったが、編集部で確認した
ところ、ビワの種を刻んで作る「ビワの種の粉」「ビワの種で杏仁
豆腐」などのレシピが削除されており、「ビワの種酒」「ビワの蜂
蜜漬け」など種を丸ごと漬けたレシピのみが残っていた。

 「楽天レシピ」を運営する楽天は7日までに対応。「ビワの種子
にシアン化合物が高濃度で含まれたままになる可能性が高い調理法」
のレシピや、市販のビワの種の粉末を利用したレシピの掲載を取り
下げたとし、Webサイトで告知した。楽天レシピで「ビワの種」を
検索すると、ビワの種を丸ごと使った「蜂蜜漬け」のレシピのみ残
っている。

 農水省はビワだけでなくアンズ、ウメ、モモ、スモモなどのバラ
科植物の種には同様に有害物質が含まれていると注意喚起しており、
楽天は、これらの種を使ったレシピについても今後、対策を検討す
るという。

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1712/09/news019.html
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 現在でも、「ビワのタネ」を使った商品は売られています。全部
が有害というわけではなく、無害化の対策をしているものもあるの
でしょうが、やはり心配です。

 以下は国立健康・栄養研究所の健康食品に関する記事です。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

□アミグダリンについて

■アミグダリンとは?

 アミグダリン (amygdalin) は、アンズ、ウメ、モモ、スモモ、
アーモンド (ハタンキョウ) 、ビワなどのバラ科サクラ属植物の未
熟果実の種子にある仁<じん>に多く含まれる青酸配糖体です。

 同じバラ科植物にはプルナシンという青酸配糖体もあります。青
酸配糖体は、微量ですが未熟な果実の果肉や葉、樹皮にも含まれて
います。

■アミグダリンはビタミンではありません。

 過去にアミグダリンをビタミンB17と呼び、ビタミンとする主張
がありましたが、現在では否定されています。

 これはアミグダリンが生体の代謝に必須な栄養素ではなく、また
欠乏症も報告されていないためビタミンの定義には該当しないから
です。従って、アミグダリンをビタミンB17と呼ぶことは適切では
ありません。

 アミグダリンはレートリル (laetrile) と呼ばれることもありま
す。なお、ビタミンの定義は、「微量で体内の代謝に重要な働きを
しているにもかかわらず自分で作ることができない化合物」です。

■アミグダリンの作用

 アミグダリンを含む果実を傷つけたり、動物が食べたりした時、
アミグダリンは果実の仁に存在するエムルシンという酵素や動物の
腸内細菌のβ-グルコシダーゼという酵素によって分解され、シア
ン化水素 (青酸、HCN) を発生します。シアン化水素は非常に強い
毒物で、細胞のミトコンドリアに存在するチトクロムCオキシダー
ゼという酵素に結合し、細胞の呼吸を阻害します。

 アミグダリンの多量摂取による有害作用としては、悪心、嘔吐、
頭痛、目まい、血中酸素の低下による皮膚の青白、肝障害、異常な
低血圧、眼瞼下垂、神経障害による歩行困難、発熱、意識混濁、昏
睡、死亡などが知られています。
 
 果実が成熟するとアミグダリンは酵素のエムルシンにより分解さ
れて糖に変わるため、果肉中の青酸配糖体は消失していきます。ま
た梅干しや梅酒、梅漬けなどの加工はアミグダリンの分解を促進す
ると言われ、それらの加工品ではアミグダリンの影響は非常に僅か
であると考えられます。

 一方、仁のアミグダリンは果肉に比べて高濃度で、成熟や加工に
よるアミグダリンの分解も果肉より時間がかかります。なお、アー
モンドには甘味種と苦味種の二種類があり、食用である甘味種はア
ミグダリンを含みません。

 アンズやモモの仁は、生薬の材料 (杏仁<キョウニン>、桃仁
<トウニン>) でもあり、アミグダリンを薬効成分として経口で去
痰・鎮咳などの用途に利用されています。

 また正常な皮膚に塗布すると局所麻酔 (かゆみを止めるなど) の
作用があります。

 青酸はごく少量であればミトコンドリアの酵素 (ロダナーゼ) の
作用により、毒性が弱く排泄されやすい形に変換されます。これは
毒も少量を上手に用いれば薬に転じる典型的な例です。ただし上記
のような目的での利用は必ず医療従事者の監督の下で行う必要があ
ります。

■アミグダリンとがんとの関連

 アミグダリンの抗がん作用については長期間にわたり議論が続け
られてきました。米国の生化学者Ernst Krebsがビターアーモンド
の仁から抽出したレートリル (=アミグダリン) ががんの増殖を抑
制するとの説を唱えたことから、米国やメキシコを中心にがんの治
療に用いられた時期がありました。

 しかし、米国国立がん研究所 (NCI) は、レートリルの効果を検
証した臨床研究に基づき、『レートリルはがんの治療、改善および
安定化、関連症状の改善や延命に対しいずれも効果がなく、むしろ
青酸中毒をおこす危険性がある』という結論を出しています。

 現在、FDA (米国食品医薬品局) は米国内でのレートリルの販売
を禁じています。それにもかかわらず、レートリルは現在でも「ア
ミグダリン」や「ビタミンB17」などの別名でインターネットなど
で流通している実態が報告されています。

■アミグダリンによる健康被害

 アミグダリンについては、俗に「アミグダリンはビタミンの一つ」
「アミグダリンの欠乏ががんや生活習慣病の原因となる」「アミグ
ダリンはがん細胞だけを攻撃する」などとうたわれています。これ
らの科学的根拠は現時点で確認できていない、あるいは否定されて
いるにも関わらず、アミグダリンの効果を強調した健康食品が後を
絶ちません。

 アミグダリンは日常摂取しているウメ加工品の仁にも微量ながら
含まれていますが、食品として常識的な量を摂取する場合には健康
被害の危険性はそれほどないと考えられます。

 しかし、特別な効果を期待して過剰に摂取することは、期待した
効果が得られないばかりか思わぬ健康障害を招く危険性をはらんで
います。アミグダリンを多量摂取したヒトで健康障害を起こした例
が報告されています。

http://hfnet.nih.go.jp/contents/detail678.html
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 ネット上では「アミグダリンの抗がん作用」を強調する記述もよ
く見かけます。

 「アミグダリンはビタミンの一つ」とか書いてあったらインチキ
サイトと断定してよいと思います。

 さて、ビワではなくてギンナンも毒性がある、ということもあり
ました。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

■ギンナンの食べすぎは中毒症状で危険 死亡例も! 中毒情報セ
ンターが警告

 あぶってよし、ゆでてよし、電子レンジのチンもよし――。ギン
ナンが美味しい季節になったが、日本中毒情報センターは2017年11
月、「ギンナンを食べすぎるとおう吐やけいれんなどの中毒症状を
起こす」と注意を呼びかけた。

 2016年は22件の中毒事故の報告があり、毎年、11~1月の冬のシ
ーズンに事故が急増、過去には死亡例もあるという。

□子どもは1回に7個、大人は40個以内に

 同センターの発表資料によると、ギンナンは古くから食用、薬用
にされてきたが、食べすぎると、おう吐やけいれん、めまい、腹痛、
顔面蒼白、呼吸困難、意識混濁、不整脈、高熱などの症状を起こす
ことが知られてきた。

 特に食糧難だった終戦直後は事故が多発、死者が出た。また、て
んかんの治療中の高齢者がイチョウの葉エキスを服用したところ、
てんかん発作が連続して起きた例などが報告されている。

 有毒成分は長い間、不明だった。ギンナンには、酵素で分解され
るとシアン化水素(青酸)を発生させる糖分が含まれているので、
長らくその青酸化合物が疑われた。最近では動物実験によって、神
経の働きに欠かせないビタミンB6の働きを阻害する有毒成分「メチ
ルピリドキシン」が原因とわかっている。特に、脳内の神経伝達物
質である「GABA」(ギャバ)を生成させるビタミンB6の働きを邪魔
するため、けいれんや呼吸困難を引き起こすのだ。しかも、メチル
ピリドキシンは熱に強いので、焼いたり、ゆでたりしても毒性は失
われない。

 いったい、どのくらいの量のギンナンを一度に食べると危険なの
か。同センターでは、個人差があるが、「小児7~150個」「成人40
~300個」が危険ラインとしている。食べすぎると、1~12時間以内
にけいれんなどの症状が表れる。症状が表れたらすぐに医療機関を
受診する必要があるが、家庭でできる処置の注意点として、つぎの
2つを強調している。

(1)	けいれんを誘発するので、絶対に吐かせてはいけない。

(2)	症状がたとえ表れなくても、大量に食べた時は医療機関を
受診する。

http://news.livedoor.com/article/detail/13973532/
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 あまり現実的ではないですが、ギンナンを食べて死ぬことも不可
能ではないようです。

 子供に食べさせるのはやめた方がよいな、と思います。

--〔後記〕--------------------------------------------------

 今回は「既存添加物」のリストなんかに興味を持ってしまい、長
くなって申し訳ありませんでした。子供のころから一覧表なんかに
目がないもので…。

 孫が熱を出したということで、一日家にいたのですが、その風邪
をもらってしまったようです。今週は白内障の手術もあり、なかな
か元気とはいきません。

------------------------------------------------------------
-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/
-942号----------------- e-mail why@kenji.ne.jp -------------
--発行--渡辺--宏------- URL  http://food.kenji.ne.jp/
------------------------------------------------------------
「宮沢賢治の童話と詩 森羅情報サービス」
http://why.kenji.ne.jp/
------------------------------------------------------------
 購読者数3790名です。ご購読ありがとうございます。
------------------------------------------------------------
私あてのメールのあて先は、
why@kenji.ne.jp
私のホームページ(「[\]安心!?食べ物情報」)は
http://food.kenji.ne.jp/    です。
バックナンバーもすべて、このページで読めます。
【まぐまぐ】
このメールマガジンは、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』を
利用して発行しています。( http://www.mag2.com/ )
マガジンIDは21668です。
このメールマガジンの登録や解除は
http://food.kenji.ne.jp/food2.html  へ。
-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/

安心!?食べ物情報

RSSを登録する
発行周期 週刊
最新号 2017/12/10
部数 3,421部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

安心!?食べ物情報

RSSを登録する
発行周期 週刊
最新号 2017/12/10
部数 3,421部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

ダメおやじの全財産をかけた崖っぷちFX通信
【1日に数万人が熟読する人気FXブログのメルマガ版】 相場歴30年以上のダメおやじがFXノウハウを大公開! 毎朝配信!毎日の経済指標情報や攻略法を無料で解説しています。 ●損切りがうまくできない、利食いが浅い ●ポジポジ病(ポジションを不要に持ってしまう) ●コツコツドカーン(小さく勝っても大きく負ける) ●エントリータイミングわからない ●メンタル面が弱い このようなお悩みがあれば購読してみてください。 FX初心者から経験者まで、FXの悩みをこのメルマガで解消します。 期間限定でメルマガ内で数万円相当分のFX情報商材をプレゼント中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

僕は『絶対倒産する』と言われたOWNDAYSの社長になった。
売上20億,負債14億,赤字2億『絶対倒産する』と言われ、メガネ業界内ではただの質の悪い安売りチェーンと馬鹿にされ続けていたOWNDAYS(オンデーズ)を30歳の時に買収し社長に就任。その後、10年間で奇跡のV字回復を遂げて、売上150億,世界10カ国に進出するまで・・、みたいな巷によくある再生物語。半分ノンフィクション。半分はフィクション。いつまで、どこまで書き続けるかはまだ未定です。 https://www.owndays.com Twitter:https://twitter.com/shuji7771 blog:https://ameblo.jp/shuji7777/
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

石渡浩の不動産投資を本業に―保証人無しでも融資を受け自己資金にレバレッジをかけて家賃年1億円越えを―
大学院修了時に資本金990万円で作った投資不動産保有会社の石渡住宅サービスを9年後の2016年に上場企業フィンテックグローバル子会社ベターライフサポートホールディングス等に約5億円で売却(株式譲渡)して上場会社連結子会社にして石渡住宅サービス(現商号:ベターライフプロパティ)名誉会長に就任した石渡浩が,自己資金数千万円規模の一般投資家さんを主対象に,銀行融資を活用してアパート経営を成功させ不動産賃貸業を本業にするためのノウハウを伝授します. 主著:『たった4年! 学生大家から純資産6億円を築いた私の投資法- 借りて増やす技術-』ソフトバンククリエイティブ(2012)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

首都圏不動産インサイドニュース
不動産業者がゼッタイ言わない最新の業界ウラ事情をリアルタイムで暴露します!!不動産投資で儲けよう!と意気込んでいるあなた。家族を守り夢を叶える手堅い不動産投資ですが数億円の借金を負う100%自己責任の事業。海千山千の業者相手に知識武装は万全ですか?「まかせっぱなし」は命取りです。かく言う私も業者ですが、不動産に携わる者として不幸な投資家さんをゼロにしたい。本気です。業界経験13年のプロとして真実だけをお伝えします。業者と対等な立場で戦ってください。決して損はさせません。村上しゅんすけ
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から3年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング