紳也特急

紳也特急 vol,221


カテゴリー: 2018年01月01日
 …………………………………………………………………………………………
 ■■■■■■■■■■■  紳也特急 vol,221 ■■■■■■■■■■

 全国で年間200回以上の講演、HIV/AIDSや泌尿器科の診療、HPからの相談を
        精力的に行う岩室紳也医師の思いを込めたメールニュース!

性やエイズ教育にとどまらない社会が直面する課題を
                                         専門家の立場から鋭く解説。
                    Shinya Express (毎月1日発行)

…………………………………………………………………………………………

~今月のテーマ『できる人が、できることを』~

●『元気になる高校生の感想』
○『関わり続けることを厭わない』
●『聞く力の限界』
○『聞く力の差』
●『電話が新幹線脱線危機の主要要因?』

…………………………………………………………………………………………

新年、明けまして、おめでとうございます

昨年は、例年以上に何かと慌ただしい一年でした。
本年は、少し地に足を付け、丁寧な仕事と、もう少しゆったりとした生活をと
考えています。

今年もよろしくお願いします。

●『元気になる高校生の感想』
 正直、今まで性についてあまり興味がなかったけど、今回の講演会で詳し
く知ることができてよかった。以前、友人からシンジらいないという目で見
られたことがあった。理由は、中学校の時に二次元にどっぷりとはまってし
まい、現実の女性やアイドルグループに興味を持てなくなってしまったこと
があった。岩室先生から二次元の話が出た時、「この人も二次元を否定する
のかな」と思ったが、全くそんなことはなくて驚くと同時に安心した。だか
ら、これからは現実もちゃんと見て行きたいと思った。
 今は昔と違って性のことを友人と話す機会が少なくなったと思う。また、
性のことを話すことは、恥ずかしいし変態だと思ってしまい、あまり話がで
きなかったけど、今日を機に変えて行けるといいと思った。
 始めてSEXをした時、コンドームの使い方を知らずにYouTubeで調べたこと
を思い出した。今日の講演を聞いていて、岩室先生の動画を見ていたことが
わかり安心した。これから性のことで困ったことがあったら先生に相談しよ
うと思った。
 女子の体だけでなく、今まで知らなかった男子の体のことを知ることがで
きてよかった。
 男性性器からHPVが女性の体に入り子宮頸がんになるのは怖いなと思った。
 私は友達が少ない方だと思うし、あまり深く付き合うような関係はありま
せん。岩室先生の話を聞いて、これってSEXについてだけでないと感じたので、
人間関係について見直していかなければならないと思った。
 一番初めからステージに立ってしゃべるのだろうなと思ってたけど、ステー
ジから降りてきて質問などしながらの講演会はよかった。いつも講演会は退
屈なので、今回も最初から寝るモードで参加したが、聞いているとだんだん
ためになる話ばかりだったので、一度も寝ませんでした。生理日をカレンダー
につけることはしていなかったので、今度からやろうと思った。いろいろた
めになったので今日学校に来てよかったと思った。
 講演を聞いて、何でも一人で抱え込まず、抑え込むのではなく、周りに話
したり家族に相談するなど、周りとのコミュニケーションをとることがやっ
ぱり大事なんだと思った。
 高校へ忙しい中お越しいただいてありがとうございました。岩室先生の講
演会とてもタメになる話でした。毎学期学期末になるとこのような講演会が
多くて、生徒は退屈するばかりです。ですが岩室先生の話は1秒たりとも退
屈せずに聞くことができました。
 人間は経験からしか学ばないとか言われるまで気づかなかったし、他の先
生がパワーポイントを使ったり、大っきな画面で話したりしているのに、体
育館に入った時ホワイトボードが置いてあるだけで、あぁ絶対つまんないなぁっ
て思ってた自分が馬鹿らしく思えました。やはり目で見るではなくて耳で聞
くことが大事ですね。うまくまとめられないのですがとても参考になる話を
ありがとうございました。
 それと小さなことですがこのサイトの性別の欄にその他があることに感激
しました。僕はLGBTの類には属しませんがこういう小さなところからの気遣
いから始まるんだと思いました。とても楽しかったです。これからもたくさ
んの人に性の事を伝えていってください。
 
 今回はいつも以上に多くの感想を紹介させていただきました。これらの感
想を読んでいただければ、岩室紳也がこれらの感想にどれだけ励まされてい
るかがお分かりいただけると思います。確かに学校に書かされた感想文かも
しれませんが、一人ひとりの文字から、真剣に、思いを伝えようとしてくれ
ることが感じ取れるものばかりです。昨年もいろいろありましたが、改めて
自分にできることは何かを考え、新しい年の最初のテーマを、「できる人が、
できることを」としました。

『できる人が、できることを』

○『関わり続けることを厭わない』
 絆という漢字は「きずな」の他に「ほだし(手かせ、足かせ、束縛、迷
惑)」と読むことを、築地本願寺のご本尊の前で教えていただいてから2年
が過ぎました。言葉を知るということは、単に知識が増えるだけではなく、
生き方の支えになるのだと、改めて感じています。先日、「基礎体温計測推
進研究会」というところから講演依頼があったのですが、正直なところ「岩
室紳也がお役に立つとは思えない」と思いながらも、声をかけてくださった
のが大変お世話になり続けている方なので、お断りできず話をさせていただ
きました。まさしく「ほだし」というか、「柵(しがらみ)」でしょうか
(笑)。ところが、そのような素晴らしい方の周りには、岩室紳也の力だと
絶対につながれない、これまた素晴らしい方々が集まっておられました。そ
の中のお一人が私の講演を聞き、私の誤解を訂正してくださいました。
 
 愛の反対は憎しみではなく無関心。
 The opposite of love is not hate, it’s indifference.
 
 この言葉はマザー・テレサの言葉だ思っていたのですが(←これも大いに
反省すべき点ですが)、実はマザー・テレサではなく、同じくノーベル平和
賞受賞者のユダヤ人作家で、自らのホロコースト体験を自伝的に記したエリ・
ヴィーゼル(Elie Wiesel)の言葉だと教えていただきました。この歳になっ
ても関わり続けることで新たな気づき、学びをいただけることを再認識させ
ていただきました。

●『聞く力の限界』
 この情報をいただいたのが懇親会の席で隣り合わせた方からでした。しかし、
「エリ・ヴィーゼル」という名前を一回聞いてもとても覚えられるものではあ
りません。そこで「せっかくなのでメモを取らせてください」と断りながらメ
モを取ったのですが、ありがたいことにその方が後ほど、文献を含めていろん
な資料を送ってくださいました。それでも自分の講演でこの名前を言えるよう
になるまで、久しぶりに歴史上の人の名前を記憶する訓練を重ねていました。
 常々、北山修先生の言葉の「目から入った情報はわかったような気になるだ
けで記憶に残らない。耳から入った情報は想像力を育み記憶に残る」というの
を大事にしているのですが、この歳になると、やはり聞く力の限界を感じざる
を得ませんでした。

○『聞く力の差』
 聞く力の大切さを教えてくれたのが、毎年お邪魔しているある中学校の生徒
さんでした。その学校はやんちゃな子が多いのですが、いつも、それなりに聞
いてくれていました。ところが、昨年お邪魔したら、ただ聞いているだけでは
なく、すごく反応がよく、私の一つひとつの言葉をちゃんと受け止めてくれて
いるのを実感できました。「ラジオを聞いている人」と質問したら、何と6割
以上の生徒さんが手を挙げました。ほとんどの中学校、高校ではせいぜい数パー
セントです。そこで学年主任に「この生徒さんは成績がいいでしょ」と尋ねた
ら、「岩室先生はどうしてわかったのですか?わが校はいつも市内の平均点以
下なのですが、実はこの学年だけは市の平均点を超えているのです。」とのこ
と。ラジオを通して「聞く力」が育ち、その結果として成績も上がっていたの
です。

●『電話が新幹線脱線危機の主要要因?』
 新幹線の台車枠が破断寸前の状態だったという情報を聞き、皆さんはどう思
われたのでしょうか。「指令と現場 認識にズレ」、「停止判断 相互依存」
とマスコミはいろいろ書いていますが、私は次のように考えました。
 電話でのやり取りをしたことがない人たちが、危機的な状況で使い慣れてい
ない電話で的確な情報共有ができなかっただけではないでしょうか。「だけ」
といってもとんでもないことですが、そもそも電話を日常的にほとんど使って
いない人に対して、危機時に、一方が危機感を持って何かを伝えようとしても、
果たしてそれが伝わるでしょうか。さらに、報告を聞いていた人の上司が何か
を言ってきたので受話器を耳から外して重大な報告を聞き逃したという話もあ
りますが、上司に対して「いま、大事な話なのでちょっと待ってください」と
言えばいいだけです。しかしこれができないのが、「受話器を耳から外すと大
事なことを聞き漏らす」ということを教わっていない上に、優先順位を考えら
れず、目の前の困難(上司)を避けようとする習性のなせる業ではないでしょ
うか。
 時代に合わせるのであれば、危機管理もLINEで、「 新幹線車内に煙充満。す
ぐに点検すべし( ;´Д`) 」とした方がいいのかもしれません。半分冗談、
半分本気です。
 今年もいろいろと考え続けたいと思います。よろしくお願いします。
 
 宣伝です。
 松本俊彦先生、井門宗之さん、岩室紳也でお届けする
 THINK ABOUT AIDS 2018 の放送日です。

 1月3日(水)  18:00-18:55 FMとやま
 1月6日(土)  11:00-11:55 FM山形
        19:00-19:55 FM福井
 1月7日(日)  19:00-19:55 FM岩手
               ふくしまFM
              FM滋賀
              FM岡山
              FM佐賀
              FM長崎
              FM熊本
              FM大分
              FM鹿児島
        20:00-20:55 FM三重
 1月8日(月)  19:00-19:55 FM山陰
 1月14日(日) 19:00-19:55 FM長野
              FM石川


………………………………………………………………………………………… 
■御意見・御質問、お問い合わせ 
☆岩室先生宛の質問も t.watanabe49@gmail.com 受け付けています。 
………………………………………………………………………………………… 
■登録/解除の方法 
http://www.mag2.com/ 
「紳也特急」(マガジンID:0000016598)は、 
上記URLよりいつでも登録/解除可能です。 
………………………………………………………………………………………… 
…………………………………………………………………………………………

紳也特急

RSSを登録する
発行周期 月刊
最新号 2018/01/01
部数 807部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

紳也特急

RSSを登録する
発行周期 月刊
最新号 2018/01/01
部数 807部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

ゼロから始める不動産投
はじめまして、椙田拓也です。このメルマガでは、ゼロから不動産投資を始めるための具体的な手法を解説しています。 ◎ゼロから始めて4年で14棟102室を購入した方法を大公開! ◎書籍『空室率70%でもキャッシュが回る非常識な不動産投資術』(ごま書房新社)になった方法を大公開! ◎メルマガ読者特典として、椙田が運営する不動産投資会社で無料個別面談を実施中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

『資金調達など経営者の悩みを真に解決するマガジン』
経営コンサルタントが実践から得た経験や知恵を基に、経営に役立つ「本日の経営者への一言」と、実際にあった話を基に実名を出さずに「実話風読物(カードローン取立との戦い等)」に仕立てた読物との2部構成で綴られたメルマガです。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

首都圏不動産インサイドニュース
不動産業者がゼッタイ言わない最新の業界ウラ事情をリアルタイムで暴露します!!不動産投資で儲けよう!と意気込んでいるあなた。家族を守り夢を叶える手堅い不動産投資ですが数億円の借金を負う100%自己責任の事業。海千山千の業者相手に知識武装は万全ですか?「まかせっぱなし」は命取りです。かく言う私も業者ですが、不動産に携わる者として不幸な投資家さんをゼロにしたい。本気です。業界経験13年のプロとして真実だけをお伝えします。業者と対等な立場で戦ってください。決して損はさせません。村上しゅんすけ
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

僕は『絶対倒産する』と言われたOWNDAYSの社長になった。
売上20億,負債14億,赤字2億『絶対倒産する』と言われ、メガネ業界内ではただの質の悪い安売りチェーンと馬鹿にされ続けていたOWNDAYS(オンデーズ)を30歳の時に買収し社長に就任。その後、10年間で奇跡のV字回復を遂げて、売上150億,世界10カ国に進出するまで・・、みたいな巷によくある再生物語。半分ノンフィクション。半分はフィクション。いつまで、どこまで書き続けるかはまだ未定です。 https://www.owndays.com Twitter:https://twitter.com/shuji7771 blog:https://ameblo.jp/shuji7777/
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング