紳也特急

紳也特急 vol,213


カテゴリー: 2017年05月01日
 …………………………………………………………………………………………
 ■■■■■■■■■■■  紳也特急 vol,213 ■■■■■■■■■■

 全国で年間200回以上の講演、HIV/AIDSや泌尿器科の診療、HPからの相談を
        精力的に行う岩室紳也医師の思いを込めたメールニュース!

性やエイズ教育にとどまらない社会が直面する課題を
                                         専門家の立場から鋭く解説。
                    Shinya Express (毎月1日発行)

…………………………………………………………………………………………

~今月のテーマ『LGBTという枠組みのおかしさ』~

●『生徒さんの感想』
○『L・G・B・T?』
●『ジェンダー(社会的性別)とは』
○『性同一性障害は医学病名』
●『トランスジェンダーは性同一性障害を包含』
○『ジェンダークィア』
●『ゲイでも、バイでも、ストレートでもない』
○『人は経験に学ぶ』

…………………………………………………………………………………………

●『生徒さんの感想』
 「わからない」は禁句。目で見たことは耳で聞いたことよりも情報は残り
づらいなど、普段の生活や考え方に関することまで教えていただきありがと
うございます。これからの生活に反映させていきたいと思います。私は、母
から生理の日はしっかりマークしておけと言われていて、なんとなくマーク
してきましたが、それをすることで、自分だけでなく家族も楽になるし、生
理が止まった時に確認できると思いました。岩室先生の体験談を元に話して
いただき、とてもわかりやすかったです。(中3女子)

 私は施設で暮らしています。そこには同性が好きな男の子もいました。施
設の中でその子は「おねぇ」とか「ゲイ」だとか言われており、気持ちが悪
いと言われていました。ですが、私はその子はその子でいいと思いました。
世の中で言われている常識や当たり前などをなくしたいとも感じました。
(中3女子)

 私は「愛の反対は無関心」という言葉にすごくひかれました。相手の意志
を尊重せず、自分中心の人が例え誰かと付き合っても絶対に長くは続かない
と思ったからです。岩室先生の彼氏にするならどのような人がいいか見極め
る方法がとても面白く、実際にやってみようと思いました。私にはレズの友
だちがいます。私はバイです。なんでみんなは同性愛のことを否定するので
しょうか。いつか同性愛も周りに認められてほしいです。(中3女子)

 性教育で大事なことは自分の性ときちんと向き合えるようになることだと
思っています。そのためにも必ずセクシュアリティ(この定義も難しいので
すが)の話はしますが、最近、生徒さんの感想の中で自らカミングアウトし
てくる方もいます。一方でまだ教科書には異性愛者についてしか記載されて
いないのが現実です。
 文部科学省が「性同一性障害に係る児童生徒に対するきめ細かな対応の実
施等について」という通知を出しましたが、未だに「性同一性障害」、「性
別違和」、「LGBT」といった言葉が正しく使われていない、というか自分自
身も安易に使っていたし、正しく、きちんと伝えようともしてこなかったこ
とを反省しています。そこでLGBTについて再考するため、今月のテーマを
「LGBTという枠組みのおかしさ」としました。

『LGBTという枠組みのおかしさ』

○『L・G・B・T?』
 Lesbianは女性同性愛者。Gayは同性愛者を指すが主に男性同性愛者の意で
使われることが多い。Bisexualは両性愛者。Transgenderはジェンダー(社会
的性別)を乗り越えて、反対側に行く人。日本ではトランスジェンダーを性
同一性障害(GID:Gender Identity Disorder)、性別違(Gender dysphoria)
と訳したり、同義語と考えている人が多かったりしますが、トランスジェン
ダー=性同一性障害(性別違和)ではありません。さらに言うと、LGBはどの
性を愛するか、好きになるかを表現していますが、Tは自分の中の身体的性別
と社会的性別の不一致を表現しています。すなわち、同じTでもLもGもBもいる
ということです。ということであればそもそもLGBTという言い方自体に問題が
ある、というか誤解、混乱を広げることになると思いませんか。

●『ジェンダー(社会的性別)とは』
 「ジェンダー」のように時代とともに考え方、整理のされ方が変化する概念
を理解する上で、意外と便利なのがWikipediaだとあらためて思いました。も
ちろんそこに書かれていることを全部鵜呑みにするわけではありませんが、
Wikipediaなどを参考に岩室なりに整理してみると次のようになりました。
 
 ジェンダー(社会的性別)とは、社会や文化、時代の流れの結果として生ま
れた、「男らしさ」、「女らしさ」という考え方、価値観。生まれ持った身体
的性別(男性、女性)に対して、その人の社会的役割、思考、行動、あり様が
いかにあるべきか、あることがふさわしいか、という考え方、価値観をいう。
 
 昔は「女性は家庭に入り、子どもを産み育てる」というのが社会的多数派の
価値観だったのが、女性の社会進出や育メンという考え方が出てくるなど、
「ジェンダー(社会的性別)」は時代とともに変わっています。

○『性同一性障害は医学病名』
 正直に言うと、岩室も「トランスジェンダー=性同一性障害(性別違和)」
と安易に考えていた時期がありました。さらにLGBTという言葉を多くの人が安
易に使う時代になったからこそ、ここで今一度整理しておく必要があります。
 性同一性障害(性別違和)は医学病名だということが重要なポイントです。
身体的性別(男性、女性)についてくる社会的性別がご本人の中で一致しない
ために違和感、不全感を持っている人のことを言います。病名というぐらいで
すので、当然のことながら治療を希望される方がいます。MTF(Male to female)
身体的性別が男性だった人が女性になる場合もあれば、FTM(Female to male)
身体的性別が女性だった人が男性になる場合もあります。

●『トランスジェンダーは性同一性障害を包含』
 自分が生まれもった身体的性別(男性、女性)と、生まれた後に経験する、
自覚する社会的性別(男らしさ、女らしさ)が一致しない人をトランスジェン
ダーと呼んでいますが、身体的性別と社会的性別が一致していなくても、ご本
人の中に違和感が生まれず、そのまま生活し続けている方もいます。性同一性
障害(性別違和)と診断されない、すなわち身体的性別は男だけど社会的性別
は女としてその人なりに女らしく生きていて、身体を変えたいとは思わない人
もいます。すなわち、トランスジェンダーとは身体的性別と社会的性別が一致
していない人のことであって、必ずしも性同一性障害(性別違和)という病名
が付く人だとは限りません。

○『ジェンダークィア』
 一方で自分の身体的性別とは関係なく、社会的性別が男性でも、女性でもど
ちらでもないと思っている人をジェンダークィア(Gender queer)と呼びます。
生まれ持った身体的性別とある意味その時代の社会が押し付けてきたジェンダー
(社会的性別)に対して一番大事なのが自分の気持ちの性別、すなわち性自認
がどうかということを教えてくれているのがジェンダークィアの方々だと思い
ませんか。

●『ゲイでも、バイでも、ストレートでもない』
 今回、このようにLGBTについて改めて掘り下げようと思ったのには、自分自
身の浅はかさからきた経験がきっかけでした。HIV/AIDSの診療をしていると、
ゲイやバイセクシャルの方との接点が多く、自分なりにきちんと向き合ってい
る、向き合おうとしているという自負がありました。トランスジェンダーにつ
いても性同一性障害(性別違和)の方の診療も行っていますので、それなりに
理解しているつもりでした。
 ところが少し前、HIV感染が判明した男性が受診された際に、「ゲイの方で
すか」と聞いたところ「???」という感じの反応でした。なぜストレートな
表現で「ゲイの方ですか」と聞くかというと、私自身が「ゲイ」ということに
違和感がないことを伝え、その後の性生活についてもきちんと話ができるよう
な関係性を構築しようという思いからです。
 「ゲイ」で「???」だったので「バイですか」と聞いたらますます
「???」という感じでした。
 詳しく話を聞いてみると、それまでずっと女性と付き合ってきたのが、一人
の男性と出会い、夢中になってしまったそうです。その彼に対して、私は「ゲ
イ」か「バイセクシュアル」か「異性愛者」かといった枠にはめた質問をして
いたことに、私自身の未熟さを感じました。

○『人は経験に学ぶ』
 これまでLGBTという言葉を何気なく使っていた自分でしたが、気が付けばあ
いまいな思いでLGBTの方々と向き合っていたのだと思い知らされました。
 人は経験に学ぶ。経験していないことは他人事。
 今回の経験に学び、これからも少しでも成長し、いろんな人のお役に立てる
ようにしたいと思っています。次はどのような経験をいただけるのでしょうね。
これからも失敗経験を積極的に受け入れ続けたいと思っていますのでよろしく
お願いします。

………………………………………………………………………………………… 
■御意見・御質問、お問い合わせ 
☆岩室先生宛の質問も t.watanabe49@gmail.com 受け付けています。 
………………………………………………………………………………………… 
■登録/解除の方法 
http://www.mag2.com/ 
「紳也特急」(マガジンID:0000016598)は、 
上記URLよりいつでも登録/解除可能です。 
………………………………………………………………………………………… 
…………………………………………………………………………………………

紳也特急

RSSを登録する
発行周期 月刊
最新号 2017/12/01
部数 803部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

紳也特急

RSSを登録する
発行周期 月刊
最新号 2017/12/01
部数 803部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

オンラインカジノ情報ドットコム
カジノって楽しいですよね。ラスベガス、マカオ、韓国などのカジノへ行く前や行った後も日本でカジノを楽しみたいと思いませんか?実はそのカジノが日本でもオンラインカジノを通じて遊べるんです!そんなオンラインカジノの魅力をたくさんご紹介しちゃいますね。今話題の海外FXについても詳しく解説します。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から3年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

ダメおやじの全財産をかけた崖っぷちFX通信
【1日に数万人が熟読する人気FXブログのメルマガ版】 相場歴30年以上のダメおやじがFXノウハウを大公開! 毎朝配信!毎日の経済指標情報や攻略法を無料で解説しています。 ●損切りがうまくできない、利食いが浅い ●ポジポジ病(ポジションを不要に持ってしまう) ●コツコツドカーン(小さく勝っても大きく負ける) ●エントリータイミングわからない ●メンタル面が弱い このようなお悩みがあれば購読してみてください。 FX初心者から経験者まで、FXの悩みをこのメルマガで解消します。 期間限定でメルマガ内で数万円相当分のFX情報商材をプレゼント中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

ダメおやじの全財産をかけた崖っぷちFX通信
【1日に数万人が熟読する人気FXブログのメルマガ版】 相場歴30年以上のダメおやじがFXノウハウを大公開! 毎朝配信!毎日の経済指標情報や攻略法を無料で解説しています。 ●損切りがうまくできない、利食いが浅い ●ポジポジ病(ポジションを不要に持ってしまう) ●コツコツドカーン(小さく勝っても大きく負ける) ●エントリータイミングわからない ●メンタル面が弱い このようなお悩みがあれば購読してみてください。 FX初心者から経験者まで、FXの悩みをこのメルマガで解消します。 期間限定でメルマガ内で数万円相当分のFX情報商材をプレゼント中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

僕は『絶対倒産する』と言われたOWNDAYSの社長になった。
売上20億,負債14億,赤字2億『絶対倒産する』と言われ、メガネ業界内ではただの質の悪い安売りチェーンと馬鹿にされ続けていたOWNDAYS(オンデーズ)を30歳の時に買収し社長に就任。その後、10年間で奇跡のV字回復を遂げて、売上150億,世界10カ国に進出するまで・・、みたいな巷によくある再生物語。半分ノンフィクション。半分はフィクション。いつまで、どこまで書き続けるかはまだ未定です。 https://www.owndays.com Twitter:https://twitter.com/shuji7771 blog:https://ameblo.jp/shuji7777/
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング