紳也特急

紳也特急 vol,209


カテゴリー: 2017年01月01日
 …………………………………………………………………………………………
 ■■■■■■■■■■■  紳也特急 vol,209 ■■■■■■■■■■

 全国で年間200回以上の講演、HIV/AIDSや泌尿器科の診療、HPからの相談を
        精力的に行う岩室紳也医師の思いを込めたメールニュース!

性やエイズ教育にとどまらない社会が直面する課題を
                                         専門家の立場から鋭く解説。
                    Shinya Express (毎月1日発行)

…………………………………………………………………………………………

~今月のテーマ『経験していないことは他人ごと』~

●『生徒の感想』
○『人は経験に学ぶ』
●『LINEを経験』
○『「SNSルール」って意味があるの?』
●『トラブルが減るような経験を』

…………………………………………………………………………………………

●『生徒の感想』
 今までの講演で、一番面白くて、一番笑いました!ありがとうございまし
た!
 保健講和2時間?絶対寝るだろう・・・と思っていたのに始まった瞬間にこ
れは寝てはいけない話だと悟ったのでおどろきました。コンドームをつけな
きゃいけないことは知ってたけれど、包茎のこととか、コンドームの持ち運
び方も大事で気を付けなければならないなんて、そんなの誰も教えてくれな
いだろうから。もしパートナーができたら必ず確認しようと思いました。こ
れだけ話が残っているということはやっぱり耳からの情報が多いからですか
ね。こんなにまじめにこういう講演を聞いたことがなかったので聞けて良かっ
たです。HPも見ます!
 「人は経験からしか学べない」という言葉、とても印象に残りました。経
験をするということを、これからいろんなことでしていって、たくさん活か
していくことをしたいと思いました。
 自分が今日、先生から学べたこと。経験していないことはとても怖いこと
だと学びました。どこか一度、間違いを犯しただけで人生がくるってしまう
かもしれないことを学べてよかったです。
 病気で亡くなってしまう話は、今後何年関係がない人生だったとしても、
いつか絶対必要になると思ったのでとても勉強になりました。

 父が今、大変な状況にあるので、今日の話は、自分の中で響いてくるもの
がありました。

 この感想を書いてくれた生徒さんのお父様が講演の1週間後に亡くなられた
そうです。その時まで周りには話さず、部活も部長として元気に引っ張って
いたようです。

 最近の講演で必ず話す言葉が「人は経験に学ぶ 経験していないことは他人
ごと」です。この言葉に何故か多くの生徒さんが反応してくれます。そこで今
月のテーマを「経験していないことは他人ごと」としました。

『経験していないことは他人ごと』

○『人は経験に学ぶ』
 最後に紹介した生徒さんの感想に学校の先生が付箋で生徒さんの状況を紹介
してくださいました。それを読ませてもらいながら、生徒さんの前で話をして
いる時に、この生徒さんのようにまさしく講演を聞いている瞬間、保護者が亡
くなろうとしている生徒さんが目の前にいるかもしれないという意識が私の中
になかったということに気づかされました。こういう経験をさせてもらい、一
つずつを講演の中に入れ込み続けているからこそ、年々伝える内容が少しずつ
ですが聞き手に伝わるものにバージョンアップしているようです。

●『LINEを経験』
 これまでFacebookやTwitterなどのSNSは使っていたのですが、LINEは必要性
も感じることもなく手を付けていませんでした。しかし、今回ひょんなことか
ら使うことになり、いま、6人の方と「友だち」になっています。携帯番号で
はつながりませんが、講演を聞いた人がつながるためのIDは一応つくりました。
岩室紳也が何者かを考えて検索してみてください(笑)。
 LINEも経験しないとその問題点が見えてきませんね。LINEを導入するきっか
けになった人が教えてくれたのが「既読」機能の便利さでした。確かにメール
を送っても読んでもらえたのか、伝わったのかを確認する術がありません。と
ころが、LINEだと開いた瞬間に「見てくれた」ことが確認できます。そのため、
「会議に遅れます」といった連絡には大変便利です。
 一方で「見てくれた」は確認できますが、「理解してくれた」かどうかはも
ちろんのことわかりませんし、どのような思いで「見てくれた」かもわかりま
せん。「まったく大事な会議なのに遅れるなんてとんでもない奴だ」と思われ
ているかもわかりません。すなわち、いつも言っていることですが、「SNSは
文字情報伝達ツールでしかない」ということを改めて確認させてもらいました。

○『「SNSルール」って意味があるの?』
 ところが、最近、学校現場ではSNSのトラブルを解決するために、「SNSルー
ルづくり」や「ネットの使い方教室」が流行っているようですが、そんなルー
ルづくり、教室って意味があるのでしょうか。6項目のSNSルールというのがネッ
トに出ていました。

1, 相手が傷つくか迷ったら書きこまないようにしよう!
 →そもそも迷う子は書き込みません。迷わない子、自己中の子を育てるのが
自己完結型SNSです。迷う子を育てるために、もっといろんな人との会話とい
うコミュニケーションで多様な他人の意識構造を知る環境整備が求められてい
ます。

2, お金・個人情報に関する利用規約は必ず読もう!同意ボタンは印鑑だ!
 →大人も、少なくとも私は読みません。大人も読まないことを子どもに求め
ないようにしたいものです。そもそも法律や規則、規約というのは何が悪いか
を明確にするために作られていますが、法律があっても、決まりがあっても違
反する人もいれば、意識もせず、結果的に守っている人がいます。問題を起こ
さない人たちはそもそも一定の人間関係の中で育ち、他者の経験に学んでいま
す。

3, 利用時間は各家庭で決めて、寝る前のSNSの時間を違うことに使おう!
 →SNS以外にすることがないからSNSに没頭しているのです。他人のせいにし
ながら、友達がLINEしてくるからと言い訳をしながら、結局のところは自己満
足のためのSNSになっています。SNSが文字情報伝達ツールでしかない人と、SNS
が居場所になっている人の違いがなぜ起こるのでしょうか。確かに「既読」に
なると文字情報伝達ツールとしか思っていない人は「読んでもらえてよかった」
と思いますが、SNSに居場所機能を求めている人は、相手のレスポンス、反応
がないと「既読スルー」と思ってしまってもおかしくないですよね。

4, 載せてほしくないときは、相手に伝える勇気を持とう!
 →そのようなコミュニケーションが取れないからトラブルになるのです。失
敗したくない病、傷つきたくない病にさせておきながら、そもそも勇気を奪っ
ておきながらこのようなきれいごとを並べるというのはイマドキの若者の実情
をわかっていない、生の若者たちとの触れ合いを経験していないとしか思えま
せん。

5, SNSでのトラブルは、自分で抱えこまず、信頼できる人に相談しよう!
 →相談できるコミュ力があれば最初からトラブルになりません。自分で抱え
込むのがSNSという環境です。Twitter、Facebook、LINEの違いはそれぞれを使っ
てみると、経験してみるとわかります。Twitterの場合、自分が何かツィート
すると、岩室紳也の場合はフォロワーの1,728人が見てくれていると錯覚する
こともできます。Facebookの場合は「いいね」の数だけ確実に見てくれていま
すし、それ以外の人にも伝わっている可能性があります。LINEの場合は「既読」
になった人は一応見てくれていますが、Twitterやそれこそ2チャンネルのよう
に大勢に伝わるわけではありません。その分、「仲間意識」、「居場所意識」
が強くなり、思わぬトラブルも発生します。自分で抱え込まない人はSNSを伝え
る手段にしていますが、自分で抱え込んでいる人はSNSで一見他人とつながっ
ていると錯覚するのですが、実際には孤立している、相談できない、自分の弱
みを見せられない人ではないでしょうか。

6, 直接会ったことのない人には必要以上に関わらないようにしよう!
 →こんなことを言うから、日常の挨拶もできない子が増えるのです。SNSで
つながっている人が怖いと思える人は、リアルな対人関係の中で怖い思いをし
ているのではないでしょうか。傷ついたことがない人はSNSの中でのつながり
に疑問を持たない、持てない人たちです。だから逆に傷つくと逆切れして、と
んでもないトラブルが発生します。

●『トラブルが減るような経験を』
 政治家の仕事は法律づくりなのでその意味を否定するつもりはありませんが、
根底のところを、社会に蔓延するリスクを絶たなければトラブルの根絶や未然
防止はできません。SNSのルールづくりも単なる「正解提供」、「大人のアリ
バイづくり」になっていないかの検証が必要です。イマドキの社会は誰かの、
他人の責任を前面に出して、その人を責めて自分の責任がなかったことにする
怖い社会です。よく「ネットの時代になり見えないところでいじめが起きるよ
うになった」と発言する人がいますが、「見えない」のではなく、「見ていな
い」だけです。繰り返しになりますが、SNSは所詮文字情報伝達ツールでしか
ないということを「見ていない」だけです。大人こそもっと若者たちとつなが
る経験を重ね、SNSでトラブルになる人とならない人の違いを、実感をもって
経験してもらいたいものです。トラブルにならない人は、多くの人と接する経
験を通して、何が大事か、何がトラブルを起こすかを経験していると思いませ
んか。トラブルが減るような経験を多くの若者たちができる環境を作り続けた
いものです。
 こんなことを考えていたら新年になりました。
 本年もよろしくお願いします。


………………………………………………………………………………………… 
■御意見・御質問、お問い合わせ 
☆岩室先生宛の質問も t.watanabe49@gmail.com 受け付けています。 
………………………………………………………………………………………… 
■登録/解除の方法 
http://www.mag2.com/ 
「紳也特急」(マガジンID:0000016598)は、 
上記URLよりいつでも登録/解除可能です。 
………………………………………………………………………………………… 
…………………………………………………………………………………………

紳也特急

RSSを登録する
発行周期 月刊
最新号 2017/06/01
部数 804部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

紳也特急

RSSを登録する
発行周期 月刊
最新号 2017/06/01
部数 804部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

集客は一生懸命やるから失敗する!大反響ストーリーチラシ集客術
チラシ反響率が1万分の1以下と言われる今の時代に、チラシ50枚で1件の問い合わせを獲得する大反響チラシを開発しました。これを「ストーリーチラシ」と呼んでいます。 その大反響チラシのノウハウをこのメルマガで公開します。 しかし、誰にでも大反響が実現できるわけではありません。「何としてでも集客をしないと!」と一生懸命になる人は、ノウハウ通りにチラシを作っても反響が取れません。 なぜか?表面的なノウハウではなく、大反響がずっと続く本質部分をお伝えします。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

WEBマーケティングを学ぶためのメールマガジン
国内トップクラス(ユーザー数70000人)のWordPressテーマTCDやフォトマルシェ、ロゴマルシェなどを運営する株式会社デザインプラスの中田俊行が発行するメールマガジン。 アフィリエイトから始めた著者が、ネットマーケティングや最新のウェブ業界の情報を発信していきます。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

ダメおやじの全財産をかけた崖っぷちFX通信
【1日に数万人が熟読する人気FXブログのメルマガ版】 相場歴30年以上のダメおやじがFXノウハウを大公開! 毎朝配信!毎日の経済指標情報や攻略法を無料で解説しています。 ●損切りがうまくできない、利食いが浅い ●ポジポジ病(ポジションを不要に持ってしまう) ●コツコツドカーン(小さく勝っても大きく負ける) ●エントリータイミングわからない ●メンタル面が弱い このようなお悩みがあれば購読してみてください。 FX初心者から経験者まで、FXの悩みをこのメルマガで解消します。 期間限定でメルマガ内で数万円相当分のFX情報商材をプレゼント中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

一緒に歩もう!小富豪への道
富裕層むけ、富裕層入りを目指す方むけの究極の資産防衛メルマガ!一国だけに資産を集めておくのは危険な時代がやってきました。海外ヘッジファンド、貴金属、不動産からアンティーク・コインまで、金融不安に負けない世界分散ポートフォリオを、経験豊富なファイナンシャル・プランナーが誠意をもってご案内します。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

楽しく幸せな会社組織づくりのすすめ
組織変革コンサルタントが語る楽しく幸せな会社組織づくり・社員育成実践テクニックをご紹介。社員数名~100名前後の中堅・中小企業オーナー社長や経営層・人事部・管理職・仕事の幅を広げたいフリーランス・士業の方は必見! 社員の主体性や部門間の連携力を高める効果的なコーチング・研修・ワークショップなど具体的な打ち手も解説します。また自社で取り組んでいる管理・評価・指示命令が不要な新世代型の組織運営法「びりかん式経営」についてもご紹介していきます。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

生きる意味は仏教に学びなさい
仏教メルマガ読者数日本一。今この瞬間に幸せを感じ、後悔のない人生にする方法とは?なぜどんなにお金があっても幸せになれないのか。むなしい人生になってしまう原因とは?あなたの人生を背後で支配する運命の法則と99%の人が自覚なく不幸を引き寄せている6つの行いとは…?仏教史上初のウェブ通信講座を開設、仏教の歴史を変え続ける中村僚が、葬式法事仏教となった現代日本の仏教界では失われた本当の仏教の秘密を公開。発行者サイトでも隠された仏教の秘密を無料プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング