紳也特急

紳也特急 vol,199


カテゴリー: 2016年03月01日
 ………………………………………………………………………………………… 
 ■■■■■■■■■■■  紳也特急 vol,199 ■■■■■■■■■■ 

 全国で年間200回以上の講演、HIV/AIDSや泌尿器科の診療、HPからの相談を 
        精力的に行う岩室紳也医師の思いを込めたメールニュース!  
  
性やエイズ教育にとどまらない社会が直面する課題を 
                                         専門家の立場から鋭く解説。 
                    Shinya Express (毎月1日発行) 

………………………………………………………………………………………… 

~今月のテーマ『私にできる依存者支援』~ 

○『いま〇〇警察署にいます』
●『あなたにもできる薬物依存者支援』 
○『こんな考え方でいいの?』 
●『失敗できる場所』
○『「つなぎ」の促進』
●『医療者に警察への通報義務はない』 
○『「使ってしまった」と告白できる場所』
●『依存症の原因は依存不足』
○『なぜ助けを求めずに一人で対処するのか』
●『当時者に学ぶ姿勢』 


○『200号記念パーティー開催のお知らせ』


………………………………………………………………………………………… 

○『いま〇〇警察署にいます』
 ある講演を終え、主催者の皆さんと雑談をしていたところ、携帯が鳴りまし
た(といってもバイブレーションですが)。あと2~3分で折り返し電話がで
きる状況だったのですぐに出ませんでした。講演会場を後にしてからすぐに留
守電を聞きました。私のHIVの患者さんからでした。毎週火曜日に外来診療をし
ているものの、緊急事態や他での診療拒否等の問題もあるため、私のメールア
ドレスと携帯番号は患者さんにお知らせしています。
 「◇◇です。いま〇〇警察署にいます。覚せい剤をやってしまいました。」と
入っていました。
 折り返し電話をしたものの、既に電源は切られていました。
 いま、HIV/AIDSの診療現場では薬物使用者の問題は避けては通れない問題で
す。こう書くと「やっぱりエイズになる人は特殊な人」と思う人が多いのでしょ
うが、われわれHIV/AIDSに関わっている医療者にとって、何故、HIV/AIDS関係
者にとって薬物問題が身近なのかを教えてくれる本と出会いました。AIDS文化
フォーラム in 横浜でも毎年講演していただいている松本俊彦先生が書かれた
「よくわかるSMARPP~あなたにもできる薬物依存者支援~」です。
 そこで今月のテーマを「私にできる依存者支援」としました。

『私にできる依存者支援』

●『あなたにもできる薬物依存者支援』 
 Amazonで探し物をしていた時に、松本先生の本の発売予告が飛び込んできま
した。正直なところ、タイトルが「よくわかるSMARPP(日本語名:せりがや覚
せい剤依存再発防止プログラム)」だけだったら興味を示さなかったと思いま
す。しかし、副題の「あなたにもできる薬物依存者支援」を読み、思わず予約
しました。陸前高田市に向かう車中で一気に読み、「私にできる依存者支援」、
さらに言うと「みんなでできる依存者支援」、「みんなで行いたい依存者支援」
という思いを強くしました。
 昨今、薬物依存と言えば元プロ野球選手の清原和博容疑者のことを思い浮か
べるでしょうし、マスコミ報道を見ても、本人の自覚や意識といったところが
繰り返し取り上げられています。素人の評論家集団が依存症のことを語るのは、
一般庶民への間違った洗脳につながりますので困ったものだと思っています。

○『こんな考え方でいいの?』 
 HIVの感染経路に静注薬物があることは多くの方の知るところです。ところが、
HIVに感染している人たちの中にどれだけ薬物経験者がいるかはこれまで明らか
になっていませんでした。私がこれまで関わってきた126人のHIV/AIDS患者さん
の中で私が知っているだけで6人の使用者がいます。今回電話をしてきた方も
ご本人から使用経験についてカミングアウトを受けていました。薬物使用で刑
務所に入っていた方もいますので、その人たちをどう支え続けられるかは私だ
けではなく、厚木市立病院のHIV/AIDSチームにとっても喫緊の課題でした。も
ちろん手をこまねいていたわけでもなく、実際に薬物の相談を受けたり(と言っ
ても警察に突き出すのではなく)、幻覚による混乱状態に巻き込まれている家
族からの相談を受け止めたり、外来診療時に少しでも再犯防止につながる工夫
を考えたり、と試行錯誤を重ねていましたが、正直なところ「こんな考えでい
いの?」という不安はありました。
 HIV陽性者のためのウェブ調査( http://survey.futures-japan.jp/result/ )
では、1年以内に薬物使用経験は31.2%、過去の使用経験は74.4%でしたので、
真剣に考えないとだめだと思っていた時に松本先生の本に出合いました。常日
頃、薬物依存の問題に関わっている人であれば「常識」が書かれているだけか
もしれませんが、実はこの本に書かれていることは決して薬物依存への対処法
だけではなく、若者たちが、人が生きていく上で必要としている支援や環境に
ついて書かれていました。ところが多くの人たちは、課題を抱えた若者たちの
根底にある彼らが抱えるリスクではなく、表出した課題(薬物、HIV/AIDS、不
登校、等)にのみ着目し、その状況を脱出させようとしているだけだと、改め
て実感させられました。本の中で特に印象に残った言葉(★)を紹介します。

●『失敗できる場所』
 ★安全に失敗できる場所
 ★失敗したことを正直に言える場所
 この言葉を読み、患者さんが留守電に「◇◇です。いま〇〇警察署にいます。
覚せい剤をやってしまいました。」と言えた、というか言いたかったのだと思
うとともに、そのような居場所をもっと作ってあげなければ、再犯を防止でき
ないと思いました。
 実はこの患者さんは以前にも逮捕されていました。その時も自首したのです
が、自首する前の私の外来で「先生、オレ、薬やっているの知っていた?」と
カミングアウトしてきていました。うすうす感じていたので「そうじゃないか
と思っていたよ」と返したら、「で、何か言わないの?」というので、「どう
したらいいかは自分でわかっているんじゃないの」とさらっと話していました。
その数日後、ご家族から「息子が覚せい剤で逮捕されました」と連絡があり、
警察署で一度面会し、刑務所からも一度手紙をもらっていました。出所後も連
絡があったのですが、更生施設が遠方だったので合えないまま今回の逮捕とな
りました。松本先生の本を読み、今度はもう少し会って話す場を作らねばと思っ
ています。

○『「つなぎ」の促進』
 ★SMARPPの効果と意義は、医療、保健、司法、地域など、さまざまな領域の
ザルを結びつけることにあります。そして援助者と当事者、また援助者同士の
「つなぎ」を促進することにあるのです。
 この一文はまさしく健康づくりの分野が大事にしているソーシャル・キャピ
タル(信頼、お互い様、ネットワーク)の醸成で薬物依存者支援の輪を広げよ
うということです。絆(きずな+ほだし)をいろんな人が共有することでしか
支援は上手く行きませんし、SMARPPは手段の一つでしかないことを教えてくれ
ています。
 病院でチーム医療(医師、看護師、薬剤師、カウンセラー等)を行っていま
すが、大事なのはいろんな職種がいることではなく、いろんな個性を持った人
がいて、利用者(患者)が自分と相性が合う人を見つけられるかです。そのた
めにはまずは「つなぎ」、「関係性の構築」が大事になります。

●『医療者に警察への通報義務はない』 
 ★「医師は患者の違法薬物使用を発見した場合は警察に通報する義務がある」
と信じている医療者は意外なほど多いのです。
 「失敗できる場所」にもつながるのですが、時として患者さんは薬物所持を
見つかるような場面をわれわれ医療者に与えてくれます。試されているのか、
偶然なのかはともかく、われわれ医療者はその現場こそが「失敗したことを正
直に言える場」になっていると信じ、支援の一環の中で何ができるかを問われ
ているという意識を持ちたいものです。もちろんその際にご本人が出頭したい
気持ちになるようであれば、それに寄り添うということも考えられます。

○『「使ってしまった」と告白できる場所』
 ★違法薬物使用の発覚は、治療を深める絶好の機会といえます。(中略)薬
物依存症からの回復に必要なのは、世界中で少なくとも1カ所は正直に「使いた
い」「使ってしまった」と告白できる場所が存在することだからです。
 ここを読ませていただき、すごく残念に思ったのが、今回の患者さんはおそ
らく再度刑務所に入り、「治療を深める絶好の機会」を失うことになることで
した。刑務所の中にいれば薬との縁、つながりは物理的に遮断されます。しか
し、刑務所の中には効果的な更生プログラムがあるわけではなく、さらに言う
と、更生プログラムがあってもそれだけで治るはずがありません。この患者さ
んが次に出所した時に、それこそ松本俊彦先生に紹介したからといって再使用
を予防できるかと言うとそうではありません。患者さんが出てきた時にどのよ
うな環境整備ができるかがわれわれに問われています。

●『依存症の原因は依存不足』
 ★苦痛を緩和するための依存症
 この言葉を読んで、清原和博容疑者のことが浮かんだ方も多いと思います。
痛み止めとして最初は使い始めたという報道もあります。しかし、私は以前か
ら言い続けた「依存症の原因は依存不足」を再確認できたと思いました。
 松本俊彦先生と築地本願寺で行ったシンポジウムでご一緒した時、松本先生
が、私が話した「依存症の原因は依存不足」という言葉を「その通りですよね」
と言ってくださいました。また、最近よく引用させていただいている熊谷晋一
郎先生の「自立は、依存先を増やすこと」にも通じます。人間は「人と人の間」
でしか、誰かに依存し続けなければ生きて行けない存在です。一人ひとりに必
要な、オーダーメードの依存先をどう増やし続けられるかを改めて考えたいと
思います。

○『なぜ助けを求めずに一人で対処するのか』
 ★おそらく物質依存者に見られる援助希求性の乏しさは、実際に援助を求め
て傷つく経験を重ねていたり、そもそも誰かに援助を求められるような環境に
生育して来なかったりしたことが影響しているのでしょう。
 よく大人たちは「つらくなったら相談しよう」と言いますが、援助希求性、
助けを求める力も助けを求めた経験もない、さらに言うと「助けて」という言
葉を発するコミュニケーション自体が苦手なため、結局のところ他者に依存す
ることができず、依存症になるというパターンではないでしょうか。この言葉
は決して依存症患者さんだけの問題ではなく、全ての若者に共通するリスクの
ように感じています。

●『当時者に学ぶ姿勢』
 ★私の依存症臨床の突破口となったのは、当事者に学ぶ姿勢でした。
 あとがきに書かれている松本先生の言葉はまさしく岩室紳也のこれまでの様々
な取り組みにも共通することです。HIV/AIDSの入り口も患者さんからの学びで
した。しかし、当事者に学ぶ姿勢というのが意外と難しいのだと最近思ってい
ます。なぜなら「専門家」、「専門性」を学んだ人たちの多くは、専門という
看板を背負わなければならないと思っているようです。先日、私が若者の自殺
予防の話を宮城県でしたところ、好評だったのですが、感想の中に「最初は泌
尿器科の先生が何故?と思いましたが、最後は納得していました」というのが
ありました。「泌尿器科」と聞くだけで「自殺」と無関係と思ってしまう「日
本人頭」というリスクが社会に蔓延しているようです。

○『200号記念パーティー開催のお知らせ』
 来月号で紳也特急は200号を迎えます。1999年9月1日から200回=16年+8か月。
44歳は既に60歳に。先の号外でお知らせしましたように、この機会に、岩室紳
也の「セミ生前葬」を開催します。
 紳也特急の200回、岩室紳也の17年、一緒に時間を共にした皆さんの17年を
振り返りつつ、そもそも、なぜ、いまの岩室紳也が存在し得たのかを、皆様へ
の感謝と共に振り返る時間にしたいと思います。
 岩室紳也が医学部に入り、泌尿器科医、公衆衛生、さらには性教育、HIV/AIDS
診療、被災地支援、自殺対策といった幅広い活動をするようなったのは、偶然
ではなく、出会いがもたらした必然でした。これからは既成の専門性ではなく、
より幅広い視点で活動できる人が求められる時代です。その時代の一端を一緒
に感じてみませんか。皆様とお会いできるのを楽しみにしています。
 
 日時:2016年3月27日(日)ランチタイムを予定
 場所:横浜駅周辺予定
 会費:5000円程度(半立食パーティー形式予定)
 

………………………………………………………………………………………… 
■御意見・御質問、お問い合わせ 
☆岩室先生宛の質問も t.watanabe49@gmail.com 受け付けています。 
………………………………………………………………………………………… 
■登録/解除の方法 
http://www.mag2.com/ 
「紳也特急」(マガジンID:0000016598)は、 
上記URLよりいつでも登録/解除可能です。 
………………………………………………………………………………………… 
…………………………………………………………………………………………

紳也特急

RSSを登録する
発行周期 月刊
最新号 2017/08/01
部数 807部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

紳也特急

RSSを登録する
発行周期 月刊
最新号 2017/08/01
部数 807部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

生きる意味は仏教に学びなさい
仏教メルマガ読者数日本一。今この瞬間に幸せを感じ、後悔のない人生にする方法とは?なぜどんなにお金があっても幸せになれないのか。むなしい人生になってしまう原因とは?あなたの人生を背後で支配する運命の法則と99%の人が自覚なく不幸を引き寄せている6つの行いとは…?仏教史上初のウェブ通信講座を開設、仏教の歴史を変え続ける中村僚が、葬式法事仏教となった現代日本の仏教界では失われた本当の仏教の秘密を公開。発行者サイトでも隠された仏教の秘密を無料プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

幸せを引き寄せるメール
毎朝7時に配信します。ゴールデンセレブヒーリング創始者本藤弘美があなたの人生をより豊かに幸せにするハッピーナビゲーション情報をお届けします。夢を叶えたい人、幸せになりたい人、心身共に健康になりたい人、人間関係を良くしたい人、豊かになりたい人に。読んでいると波動が上がります。GoldenCelebとは黄金の祝福。あなたの成功を祝福します。あなたにすべての安らぎと愛と豊かさと幸せがやってきます。♥
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

ハロー株式
読者2万人超。「週刊ダイヤモンド」・「日経ネットトレーディング」・「初歩のパソコン」にも紹介され、3年連続「まぐまぐ大賞マネー部門第1位!」、メルマでは9年連続で最高栄誉の「総合大賞」を受賞中。「まぐまぐ殿堂入り」の無料投資情報誌です。役立つ情報満載で必見。株式相場見通し・投資ノウハウ、有望銘柄情報を10年以上に渡って配信しています。是非ともご活用下さい!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

オンラインカジノ情報ドットコム
カジノって楽しいですよね。ラスベガス、マカオ、韓国などのカジノへ行く前や行った後も日本でカジノを楽しみたいと思いませんか?実はそのカジノが日本でもオンラインカジノを通じて遊べるんです!そんなオンラインカジノの魅力をたくさんご紹介しちゃいますね。今話題の海外FXについても詳しく解説します。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

幸せを引き寄せるメール
毎朝7時に配信します。ゴールデンセレブヒーリング創始者本藤弘美があなたの人生をより豊かに幸せにするハッピーナビゲーション情報をお届けします。夢を叶えたい人、幸せになりたい人、心身共に健康になりたい人、人間関係を良くしたい人、豊かになりたい人に。読んでいると波動が上がります。GoldenCelebとは黄金の祝福。あなたの成功を祝福します。あなたにすべての安らぎと愛と豊かさと幸せがやってきます。♥
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング