紳也特急

紳也特急 vol,189


カテゴリー: 2015年05月01日
 ………………………………………………………………………………………… 
 ■■■■■■■■■■■  紳也特急 vol,189 ■■■■■■■■■■ 

 全国で年間200回以上の講演、HIV/AIDSや泌尿器科の診療、HPからの相談を 
        精力的に行う岩室紳也医師の思いを込めたメールニュース!  
  
性やエイズ教育にとどまらない社会が直面する課題を 
                                         専門家の立場から鋭く解説。 
                    Shinya Express (毎月1日発行) 

………………………………………………………………………………………… 

~今月のテーマ『コミュニケーションで深まる理解』~ 

○『根深い誤解』
●『岩室の講演内容に疑問』 
○『やりとり、コミュニケーションで深める理解』 
●『雰囲気で使う言葉?』 
○『コミュニケーションを妨げる言葉の使い方』
●『コミュニケーションで広がる理解』

………………………………………………………………………………………… 

○『根深い誤解』
 1981年にHIV/AIDSが世に知られるようになってから既に34年経ったにも関
わらず、未だに誤解、偏見が根強く残っています。次のような相談がありま
したが、誤解や偏見は医療関係者ほど根深いと感じてしまいます。

Q;病院でHIVにかかわらせてもらっています。いろいろと勉強不足でお恥ず
かしいのですが、教えていただけたらと思い、メールをさせてもらいます。
 HIVの患者さんのお仕事についての質問です。調理師をされていらっしゃ
る方が仕事を続けていいものなのか、包丁などでけがをする危険性もあるの
でやめた方がいいのではないか、と悩まれているのですが、先生のお考えを
お聞かせいただけないでしょうか。
 血液暴露もあるし、やめた方がよいだろう…という主治医の意見なのです
が、もしも包丁などでけがをしたとしても、きちんとした対処さえすれば他
者への感染のリスクはほとんどないのではないだろうか…と先生の本などを
読ませていただく限り感じるのですが。

A:「恥ずかしい」と思ったらいい仕事はできませんよ(笑)。実は今日、
偶然ですが、20年以上前に私の第一号のHIVの患者さんとなった方の関係者
の方にお会いしていました。泌尿器科医でありながらHIV診療に関わること
になった私はいつも「HIVの診療経験がない岩室でよければ診るよ。でもちゃ
んと勉強はするし、最先端の先生の指導は仰ぎ続けるよ」と言って患者さん
に信頼してもらえるようにしていました。
 知らぬは恥ではなく、知ろうとしないで自分で勝手に決めてしまうのが恥
ではないでしょうか。
 前置きが長くなりましたが、この調理師の方は全く悩む必要はありません。
頑張って調理師の仕事をして、よかったらいつか、お礼を込めて岩室に美味
しいものをご馳走してくださるようお伝えください。
 理由と根拠は簡単です。万が一その方が、血があふれるような、それこそ
食材が血に染まるような状況になった時、その食材を調理してお客さんに出
しますか?もしそうだとしたら単なる犯罪者です。もちろん、そうしたとし
てもうつりませんが。
 治療を受け、HIVが検出限界以下になっている人であれば、それこそ相手と
セックスをコンドームなしでしても感染させないでしょう。そのようなケー
スをわれわれは多く見ています。このことを根拠に予防のためには早期発見、
早期治療をと言っている人もいます。
 →このことについては別の問題があり、岩室は賛成しかねていますが、ま
たの機会に触れたいと思います。
 実は日本人は「risk」を考えることが苦手で、riskの「結果」を排除しよ
うとします。すなわち、(感染している)人を排除すれば、riskがなくなる
という発想です。これは一見わかりやすいようで、人権侵害につながり、結
局のところriskが解消されず、同じことが繰り返されるだけです。

 お陰様でこの相談がきっかけとなり、理解が進んだようで何よりでした。
 「わからないことがあれば誰かに聞く」というのが当たり前の岩室紳也だ
からこそ、HPから私にメール相談ができるようにしています。もちろん何で
もかんでも便利屋のように聞かれても対応しきれませんが、「わからない」、
「納得できない」で終わらせるのではなく、ちゃんと聞いたり、質問したり
することの大切さを感じる場面が続きましたので、今月のテーマを「コミュ
ニケーションで深まる理解」としました。

『コミュニケーションで深まる理解』

●『岩室の講演内容に疑問』 
 相変わらず講演をし続けていますが、ありがたいことに講演後に質問を受
け、伝えることの難しさを実感させてもらっています。

  私は高校1年生です。先日はとても面白い講演有難うございました。知ら
なかったことや驚いたことばかりで本当に為になりました。
 さて、今回メールをした理由は先日の講演で少し疑問を抱いたことがあっ
たからです。それはずばり、"女子はセックスをしたがらない"ということで
す。岩室先生は、彼氏または彼女ができたときにやってみたいことを書き出
すと、男子はセックスをしたいと書くが女子はそれを書く人はいないだろう、
とおっしゃっていたかと思います。それを聞いた瞬間、わたしは少し疑問に
思いました。本当に女子はセックスをしたがらないのか、と。
 講演が終わったあと仲の良い友達数人にも、"さっきの講演でさ、女子は
セックス無理みたいなこと言ってたけど実際そんなことなくない?"と聞い
てみました。するとみんな口を揃えて、"好きな人とならいいよね" "キモ
くなければいいよね"と言っていました。キモいの判断基準は難しいかもし
れませんが。(笑)これを聞いて、たしかに周りにはセックスを拒む女子も
いますが、そうでない女子も今はたくさんいるのではないかと思いました。
 それともこの年齢でセックスしたいと思う女子は性欲が強いのでしょうか?
岩室先生のおっしゃる通り拒むのが普通なのですか??わたしは今同い年の
彼氏がいますが、その人とセックスをしたくないと思ったことはありません
し、どちらかというとむしろしたいくらいなので、どうなのかなと思いまし
た。
 お忙しいとは思いますが、どうぞ岩室先生の意見をお聞かせください。

○『やりとり、コミュニケーションで深める理解』 
 何よりこのように疑問と感じたことを言語化し、伝えてくれるとこちらも
話し方を変えることができて勉強になります。そして言葉の一つ一つを丁寧
にやり取りすることで理解が深まることも実感させられます。

 "女子はセックスをしたがらない" この話を話題にしてもらっただけでも
ありがたいです。
 改めて皆さんへの質問です。「好き」や「キモい」の定義は何でしょうか。
ここを曖昧にして、短絡的に"好きな人とならいいよね"、"キモくなければ
いいよね"というのは論理の飛躍、思考の停止ですよね。
 さらにお聞きします。「コンドームは破れる可能性があることを知ってい
ても『好き』や『キモくない』ならその覚悟を含めてOK」なのでしょうか。
ただ、一般論で考えても意味がないのでご自身のことで考えてみてください。
あなたには彼氏がいて、彼氏とはしたいと思っているのだとすると、何故し
たいのでしょうか。
・彼をもっと身近に感じたいから。
・彼とつながっていることを実感したいから。
・彼があなたに夢中になっているのを確認したいから。
・彼氏とならするのが普通だから。
・「コンドームが破れて妊娠する可能性がある」のを知った今でも、あなた
は彼氏とはしたいと思っていますか。
 ぜひ正直な気持ちをおしえてください。

●『雰囲気で使う言葉?』 
 使っている言葉の意味や定義をよくわからないまま、その言葉を使って誰か
とコミュニケーションを図ることってありますか。意味や使い方を誤解して使っ
ている場合はありますが、私は雰囲気や感覚で言葉を使うことはあまりないの
で返事に期待していました。

 好きの定義まではわかりかねますが、キモいというのは"清潔感のない"、と
いうことや"異様に性行為ばかりを要求してくる"ことを私やその友達は指して
いるのかなと思います。
 そうでした、コンドームは破れる可能性があるというのを忘れていました。
それだけまだ考え方が甘いということなのでしょうか。それでもやはり、人間
は経験しないと実感が沸かないものだと思っているので私自身もそうだと思い
ます。
 わたしが彼氏としたいと思うのは、
> ・彼をもっと身近に感じたいから。
> ・彼とつながっていることを実感したいから。
> ・彼があなたに夢中になっているのを確認したいから。
です。
> ・「コンドームが破れて妊娠する可能性がある」のを知った今でも、あなた
は彼氏とはしたいと思っていますか。
 この質問についてはさっき言ったようにまだ実感がないので安全日を確認して
最善の注意を払えば大丈夫だろうと思ってしまいます。それではいけないのもわ
かっていますが、じゃあいつセックスできるんだ、と思ってしまいます。
 そして前回の私の文章が悪く上手く伝わらなかったかもしれないのですが、"女
子がこの歳で性行為を求めるのはおかしいのか"についてもう一度お聞かせくださ
い。

○『コミュニケーションを妨げる言葉の使い方』
 最近、「人は経験にしか学べない」という言葉を伝え続けていますが、そのこ
とを共有できていたようで何よりです。一方で、そうなんだ、なるほど、と思い
ました。この女の子の言葉をおじさん、いやいやおじいさんは理解できていませ
んでした。
 「女子はセックス無理みたいなこと言ってた」は「女子がこの歳で性行為を求
めるのはおかしいのか」という意味だったのです(苦笑)。

 まず、"女子がこの歳で性行為を求めるのはおかしいのか"についてですが、個
人的な問題なので一人ひとりが自分で選択すればいいと思っています。ですから、
あなたがしたいのであれば止めるつもりもありません。ご安心を。
 私は講演の中であくまでも「科学的な事実」を伝えているつもりです。一言も
「セックスをするな」とは言っていませんよね。
 一方で、男子向けに「彼女ができたらしたいことの中に絶対セックスがあるよ
ね」と言ったのは覚えていると思いますが、これはギリギリ先生たちがOKする表
現だからです。
 以下のことを講演で言うと学校の先生たちに怒られますので言いませんが、ズ
バリ言うと、「男は誰しも自分のペニスを女性の膣の中に入れて射精をしたいよ
ね」という意味で話しています。男子は私の表現を「男は誰しも自分のペニスを
女性の膣の中に入れて射精をしたい」と受け取っていたはずです。
 あらためて聞きますが、あなたは
・彼のペニスをあなたの膣の中に受け入れたい
というのではないですよね。あなたが彼氏としたいと思うのは、
> ・彼をもっと身近に感じたいから。
> ・彼とつながっていることを実感したいから。
> ・彼があなたに夢中になっているのを確認したいから。
です。
 だから、私は"女子はセックスをしたがらない"と言ったのです。
 少しくどく言えば、"女子は、彼をもっと身近に感じたいから、彼とつながっ
ていることを実感したいから、彼があなたに夢中になっているのを確認したいか
ら、セックスに応じるのであって、ペニスを膣に入れられ、そこで射精をされる
セックスという行為自体をしたいわけではない"という意味です。いかがでしょ
うか。

●『コミュニケーションで広がる理解』
 性行為とはないか、性行為がそもそも何のためにあるのかを決めつけること
自体、多くの人からご批判をいただくと思いますが、返した言葉をそのまま紹
介しています(笑)。

 女性はセックスをしたいというよりは愛情が欲しい。それに対して男性は(愛
すると人と)セックスをしたい。多少ずれてはいるかもしれませんが、先生の
おっしゃりたいことがなんとなくわかったような気がします。
 セックスに対しての捉え方がそもそも男性と女性で違うのですね。それを踏
まえたうえで先生のお話しを思い出してみると、よりお話しの意味がわかる気
がします。
 普通に過ごしているだけでは、このようにセックスなどのことについて深く
考える機会はないと思います。とても新鮮な思いです。今改めて、講演を聞い
て良かったなと思っています。

 このようなやり取りを重ねることが理解を深める上で重要だと改めて感じさ
せてもらいました。一方で、よりストレートな表現をしないと伝わらないとい
うことも実感させられました。だからこそ「コミュ障」という言葉でくくらず、
諦めず、コミュニケーションをとりつづけることが大事なのではと思いました。


………………………………………………………………………………………… 
■御意見・御質問、お問い合わせ 
☆岩室先生宛の質問も t.watanabe49@gmail.com 受け付けています。 
………………………………………………………………………………………… 
■登録/解除の方法 
http://www.mag2.com/ 
「紳也特急」(マガジンID:0000016598)は、 
上記URLよりいつでも登録/解除可能です。 
………………………………………………………………………………………… 
…………………………………………………………………………………………

紳也特急

RSSを登録する
発行周期 月刊
最新号 2017/07/01
部数 807部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

紳也特急

RSSを登録する
発行周期 月刊
最新号 2017/07/01
部数 807部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

相馬一進の、1億稼ぐビジネスの本質|マーケティングと心理学
・天職で1億稼いだ相馬一進が、お金、自己啓発、仕事について、 心理学とマーケティングの側面から語る本格派メールマガジン。 ・著者の相馬一進は、ダライ・ラマ14世や、『7つの習慣』の スティーブン・コヴィーや、リチャード・ブランソンなどの、 海外セミナーへの日本人ツアーを企画、集客した実績を持つ。 ・最先端の起業・副業のノウハウや、マーケティングの原理原則、 生活の中からストレスを減らす方法、モチベーションの心理学、 複数の収入源を持つ方法、働く時間を減らす秘密などを配信中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

WEBマーケティングを学ぶためのメールマガジン
国内トップクラス(ユーザー数70000人)のWordPressテーマTCDやフォトマルシェ、ロゴマルシェなどを運営する株式会社デザインプラスの中田俊行が発行するメールマガジン。 アフィリエイトから始めた著者が、ネットマーケティングや最新のウェブ業界の情報を発信していきます。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から3年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

3連単3頭ボックスで超簡単に万馬券をゲットする競馬プロジェクト
◆読者6000人突破!まぐまぐ殿堂入り!! 圧倒的に少ない買い目で馬券を的中させます。 指定した《3頭》をボックスで買うだけで・・・ 昨年は9万馬券&7万馬券が当たりました。 一昨年にはなんと10万馬券も的中させています! 馬券は3頭をボックスで買うだけなので 誰がやっても買い目は同じ。 女性でもOK、競馬初心者でもOK 資金が少ない人でもOKです。 しかし、買い目が少ないので 当たればガツンと儲かります! こんな競馬予想は他にありません! ☆彡メルマガ広告主様大歓迎です☆彡
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

生きる意味は仏教に学びなさい
仏教メルマガ読者数日本一。今この瞬間に幸せを感じ、後悔のない人生にする方法とは?なぜどんなにお金があっても幸せになれないのか。むなしい人生になってしまう原因とは?あなたの人生を背後で支配する運命の法則と99%の人が自覚なく不幸を引き寄せている6つの行いとは…?仏教史上初のウェブ通信講座を開設、仏教の歴史を変え続ける中村僚が、葬式法事仏教となった現代日本の仏教界では失われた本当の仏教の秘密を公開。発行者サイトでも隠された仏教の秘密を無料プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング