紳也特急

紳也特急 vol,184


カテゴリー: 2014年12月01日
 ………………………………………………………………………………………… 
 ■■■■■■■■■■■  紳也特急 vol,184 ■■■■■■■■■■ 

 全国で年間200回以上の講演、HIV/AIDSや泌尿器科の診療、HPからの相談を 
        精力的に行う岩室紳也医師の思いを込めたメールニュース!  
  
性やエイズ教育にとどまらない社会が直面する課題を 
                                         専門家の立場から鋭く解説。 
                    Shinya Express (毎月1日発行) 

………………………………………………………………………………………… 

~今月のテーマ『やめよう性教育』~ 

○『生徒の感想』
●『15歳の人生相談』 
○『ストーカー相談』 
●『方法論の議論で見えなくなる課題』 
○『語らないのも性教育』
●『やれないことに時間をかけない』
○『「正しい知識」が生む偏見、差別』
●『できる人ができることを』

………………………………………………………………………………………… 

○『生徒の感想』
 岩室先生の話を聞くのは2回目だったけど、たくさん考えることがあって、
去年聞いたのに忘れていたこととかもあって聞いてよかったなと思えました。
昨年はあまりまじめに聞いていなかったのですが、今年は真面目に来たら将来
女性と交際していく上でとても大切なことをたくさん言っていていてとてもた
めになりました。去年とはまた違った心情で聞けたのでよかったと思う。なん
か、岩室先生の話はリアリティーがあったからちゃんと気を付けてよーって思っ
た。昨年聞いたことを思い出すことが出来ました。去年とだいたい同じ話だっ
たけど、2回聴いてみても新鮮に感じました。

 このような感想をいただくと頑張って講演をし続けなければと思ってしまい
ます。今日、12月1日は世界エイズデー。やや横ばいになったとはいえ、HIVに
感染する、AIDSを発症する人が少なくない世の中で、HIV感染予防も訴え続けな
ければならないと思いつつ、「家庭でできる性教育」や「学校現場での性・エ
イズ教育」の依頼をいただくと、なぜか心の中がすっきりせず、以前のように
「このような性教育をしてください」という気持ちになれないのです。
 そこで今月のテーマを「やめよう性教育」としました。

『やめよう性教育』

●『15歳の人生相談』
 読売新聞の「人生案内」に「15歳女子 失恋して自己嫌悪」というのが出てい
ました。回答者の最相葉月さんが「あなたには絶望が足りません」、「きれい
ごといっちゃあいけません」、「悔しかったら泣いて泣いて、みっともないぐ
らい泣きましょう」、「高校生の時、勇気を振り絞って告白したのに手痛いふ
られ方をしたものとして、一言申し上げました」と素晴らしい回答をされてい
ました。
 ちょうど「家庭でできる性教育」という依頼の準備をしていた時だったので
思わずうなづき、拍手を送っていました。これまでの性教育はどちらかといえ
ば「付き合った結果生まれるトラブルへの対処」が多かったのですが、これか
らはこの相談のように、人生で繰り返し経験する挫折への対処法を教え込まな
ければならない世の中になっているようです。

○『ストーカー相談』 
 2ヶ月間付き合っていた彼女にふられました。短い期間でしたが、とてもとて
も大切な人でした。別れた理由があまり明確ではないのですが、自分自身も迷
惑かけてたし、かっこよくもないし、喧嘩すると自分は必要以上に話をしよう
としてしまい「重い」と呆れられます。彼女はそういうところも直してほしい
と言っていました。別れてからも彼女からグチを言われ、連絡もつきません。
ですがまだ彼女を忘れられません。復縁したいです。ストーカーになりつつあ
ると自覚しています。いけないのはわかっています。どうしたら良いでしょう
か。返事待ってます。
 最初からふられたのではなく、少しは付き合った人に心ならずもふられてし
まったらそう簡単にはあきらめられないものです。ただ、昔は連絡を取る手段
も限られていたのが、メールやSNSでその人がこれまで通り暮らしている、生
きているという情報が入り続けてくると、あきらめる気持ちよりも、あきらめ
たくない気持ちが大きくなるのもわからなくはありません。「3日経てば忘れ
る」と言いますが、現代社会では忘れたくても忘れられないほどつながり続け
てしまいます。改正ストーカー規制法ができたからといって、この彼のような
思いを解消する手助けにはなりません。で、どうすればいいのでしょうか。

●『方法論の議論で見えなくなる課題』 
 敢えて「やめよう性教育」と銘打っているのは、アレルギーが強い、どこか
ら取り組んだらいいかがわからない、ほとんどの人が経験したことがない「性
教育」に取り組もうとすると、価値観のぶつかりや方法論の議論になりがちで
す。
 私自身、先輩の女性の小児科医に「私は女なので女の子の性教育をするから、
岩室君は泌尿器科医で男性だから男の子の性教育をやってちょうだい」とトッ
プダウンに言われ、仕方なく始めたのが岩室流性教育でした。たまたま、当時
は「包茎」に関する美容外科の広告が雑誌に氾濫し、多くの男子は友達と話を
しても「正しい情報」にありつけないで悩んでいました。また、性の話にはか
らかいや迷信がつきものですが、マスターベーションについて、「頭が悪くな
る」、「3000発打ち止め」、「背が伸びなくなる」といったことがまことしや
かに思春期男子の中で語り継がれていたため、「それはウソ」といった話をし
ては受けていました。コンドームについても「正しい装着法」を紹介すること
でみんなが正しく使ってくれると信じていました。
 ところが今になってみて、もし私がこれまでやってきた性教育が一定の効果
があったとしたら、それは「正しい知識の伝達」を通して、「マスコミや仲間
の情報は鵜呑みにしてはならない」ということを伝え、「人が生きていく上で
大事なのは疑ってかかり、いろんな人と関わり続けることが大事」と感じても
らうことができたからではないでしょうか。

○『語らないのも性教育』
 私自身、性について語ることに抵抗感がありましたが、それは既に他界した
母の教えでした。少なくとも私が育った岩室家では性教育はおろか、性の話も
タブー視されるような環境でした。しかし、その結果、人前で性のことをペラ
ペラ話すものじゃないということや、いろんな価値観の人がいることを教えら
れました。だいたい、語れない人が語ると、同じ言葉を使っていても何も伝わ
りません。むしろ「私は性教育は苦手」と言い切ってくださったほうが、「性
にはいろんな価値観がある」ということが伝わります。
 「それだと学校の授業が困るのです」という保健体育の先生には、「先生が
苦手な単元でで、教科書を生徒に読ませ、『ここを試験に出すからちゃんと覚
えておけよ』と言えばいいのです」と、「家庭での性教育はどうすればいいで
すか」という父母には、「語らない、語れないのも性教育」と伝えています。
もちろん語れる人は語ればいいのですが、大事なことは正しい知識を伝えるこ
とではなく、正しくても間違っていても、それらの知識を仲間と共有できるコ
ミュニケーション能力と環境をその子が持っているか否かです。

●『やれないことに時間をかけない』
 性教育ほど価値観や人生観が問われるものはありません。そのため、「正し
い知識」を教えているつもりでも、実は「自分の価値観の押しつけ」をしてい
る場合が少なくありません。その結果、一番大事な一人ひとりの生徒さんと、
一人ひとりの家族と向き合うことを忘れているのかもしれないと先日の教員向
けの研修会で感じました。

質問:生徒が次から次へといろんなトラブルに巻き込まれるので「ダメ、絶対」
と言い続け、「正しい知識」を伝え続けるだけで終わってしまいます。「正し
い知識」や「ダメ、絶対」をわかってもらえるように伝えるにはどうすればい
いでしょうか。

岩室:生徒さんたちは「大人が求めていること」、「正しい知識」や「ダメ、
絶対」については基本的にわかっているはずです。でも人間って「わかっちゃ
いるけどやめられない」というのは昔から繰り返されてきたことです。「どう
すればいいのか」を伝えるのではなく、「どうしてそうしちゃうんだろうね?」
といった姿勢で、まずはその生徒さんを受け入れ、一緒に考えるようにしては
どうでしょうか、とお伝えしました。「正しい知識」や「ダメ、絶対」といっ
たことを繰り返しても効果は少ないでしょうから、むしろ共感の時間を増やし
た方がいいと思いませんか。先のストーカー相談についても、「ダメ、絶対」
ではなく、辛さを共感することから始めればいいのです。最相さんの回答もそ
うだったように。

○『「正しい知識」が生む偏見、差別』
 HIV/AIDSで差別や偏見が生じたのも、結局のところ「正しい知識」がなかっ
たからではなく、「自分のことを棚に上げた価値観の押しつけ」や「多数派に
よる排除の論理」ではないでしょうか。「そもそもゲイなんておかしい」とい
う「価値観」が刷り込まれた人が大勢います。未だにHIV診療が一般化しないの
も、医師の中に「(ゲイなんか)診たくない」という心理があるからで、実際
にはカミングアウトしていないゲイの方の診療をほとんどの医者はしています。
「正しい知識」という言葉を使っている人こそ、「正しい知識」という言葉の
裏に隠されている自分自身の偏見や差別について考えてもらいたいものです。
人間は理屈通りにいかないものですし、性に関わることが一番理屈通りにいき
ません。
 性教育でも「正しい知識」を伝えたいと思っている人も気を付けないと、伝
えようとしている「正しい知識」が偏見や差別を生み、本当にその人が必要と
している関係性、居場所、コミュニケーション能力といったことが見えなくなっ
てしまいます。

●『できる人ができることを』
 こう書いてくると、「岩室先生も性教育をやめるのですか?」と聞かれそう
なので、「やめません」と宣言しておきます。性に関わる話についてはできる
人ができることをしましょう。だから特別勉強してというより、自分なりにそ
れまでの成育歴や、思春期における自分自身の性との葛藤、出産、育児といっ
た人生経験の中で語れることを、語る場の求めに応じて行えばいいのです。そ
して何より「語らないのも性教育」ということを忘れず、「性の話を私の前で
しないでください」といったオーラを発する性教育も大いに歓迎です。
 若者たちの現状にきちんと目を向け、トラブルに巻き込まれているとしたら、
なぜかを一緒に考え、誰かの話を聞かせたいと思ったら外部講師を探すなどし
てください。それも難しいときは2014年12月6日23時30分~ニッポン放送系列で
放送される「福山雅治の魂のラジオ」で流れる福山さんと岩室のトークを紹介
してください。
 そして若い人たち一人ひとりが元気になれる日本を夢見て、皆さん投票に行
きましょうね(苦笑)。


………………………………………………………………………………………… 
■御意見・御質問、お問い合わせ 
☆岩室先生宛の質問も t.watanabe49@gmail.com 受け付けています。 
………………………………………………………………………………………… 
■登録/解除の方法 
http://www.mag2.com/ 
「紳也特急」(マガジンID:0000016598)は、 
上記URLよりいつでも登録/解除可能です。 
………………………………………………………………………………………… 
…………………………………………………………………………………………

紳也特急

RSSを登録する
発行周期 月刊
最新号 2018/01/01
部数 806部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

紳也特急

RSSを登録する
発行周期 月刊
最新号 2018/01/01
部数 806部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

ゼロから始める不動産投
はじめまして、椙田拓也です。このメルマガでは、ゼロから不動産投資を始めるための具体的な手法を解説しています。 ◎ゼロから始めて4年で14棟102室を購入した方法を大公開! ◎書籍『空室率70%でもキャッシュが回る非常識な不動産投資術』(ごま書房新社)になった方法を大公開! ◎メルマガ読者特典として、椙田が運営する不動産投資会社で無料個別面談を実施中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

『資金調達など経営者の悩みを真に解決するマガジン』
経営コンサルタントが実践から得た経験や知恵を基に、経営に役立つ「本日の経営者への一言」と、実際にあった話を基に実名を出さずに「実話風読物(カードローン取立との戦い等)」に仕立てた読物との2部構成で綴られたメルマガです。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

首都圏不動産インサイドニュース
不動産業者がゼッタイ言わない最新の業界ウラ事情をリアルタイムで暴露します!!不動産投資で儲けよう!と意気込んでいるあなた。家族を守り夢を叶える手堅い不動産投資ですが数億円の借金を負う100%自己責任の事業。海千山千の業者相手に知識武装は万全ですか?「まかせっぱなし」は命取りです。かく言う私も業者ですが、不動産に携わる者として不幸な投資家さんをゼロにしたい。本気です。業界経験13年のプロとして真実だけをお伝えします。業者と対等な立場で戦ってください。決して損はさせません。村上しゅんすけ
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

僕は『絶対倒産する』と言われたOWNDAYSの社長になった。
売上20億,負債14億,赤字2億『絶対倒産する』と言われ、メガネ業界内ではただの質の悪い安売りチェーンと馬鹿にされ続けていたOWNDAYS(オンデーズ)を30歳の時に買収し社長に就任。その後、10年間で奇跡のV字回復を遂げて、売上150億,世界10カ国に進出するまで・・、みたいな巷によくある再生物語。半分ノンフィクション。半分はフィクション。いつまで、どこまで書き続けるかはまだ未定です。 https://www.owndays.com Twitter:https://twitter.com/shuji7771 blog:https://ameblo.jp/shuji7777/
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング