紳也特急

紳也特急 vol,181


カテゴリー: 2014年09月01日
 ………………………………………………………………………………………… 
 ■■■■■■■■■■■  紳也特急 vol,181 ■■■■■■■■■■ 

 全国で年間200回以上の講演、HIV/AIDSや泌尿器科の診療、HPからの相談を 
        精力的に行う岩室紳也医師の思いを込めたメールニュース!  
  
性やエイズ教育にとどまらない社会が直面する課題を 
                                         専門家の立場から鋭く解説。 
                    Shinya Express (毎月1日発行) 

………………………………………………………………………………………… 

~今月のテーマ『変えられない、わからないことにどう向き合うか』~ 

○『遅漏についての質問』
●『近所づきあいのご縁で』 
○『考えることを放棄していた』 
●『事件勃発』 
○『偶然の録画から』
●『自閉症の僕が飛び跳ねる理由』
○『私なりのコミュニケーションを』

………………………………………………………………………………………… 

○『遅漏についての質問』
 高校卒業して、包茎手術(カントン)をしました。
 大学生のとき、こすれば勃起するし、固さも持続力ありましたが、なかなか
射精できませんでした。オナニーでは自分でいける部分がわかってるので射精
できたんですが。ただ、亀頭部分はこすられたりするとくすぐったい感じでだ
めで、亀頭裏スジしかいけませんでした。
 今でも、裏スジしか感じず、亀頭部分はくすぐったい感じでかわりがないん
ですが、持続力がないというか、勃起しても長続きせず、行為の途中で萎えて
しまいます。亀頭でも感じるようにする方法は何かないのかなーっていうこと
と、行為途中でも勃起力を長続きさせる方法ないのかーっていうこと、感度アッ
プできる方法ないのかなーっという質問です。これは、やっぱり遅漏なんでしょ
うか。なにかサプリメント飲めば改善多少はあるんでしょうか。
 
 HPから相談を受けていると本当にいろんな相談が来ます。性の問題に限らず、
体の問題、心の問題で解決策があればそれをお伝えすることで「一件落着」と
なるのですが、この方のようにそうはいかない場合があります。私の返事です。

 ご相談の内容というのは「遅漏」というより「知覚鈍麻」だと思います。お
そらく包茎の手術の際に神経を切断して感覚が伝わらなくなったのだと思いま
す。神経細胞の再生は現時点では難しいので、残っている感覚を大事にするし
かありません。裏筋のところを刺激するようにしてみてはいかがでしょうか。
あまりこれといった答えをお伝えできずごめんなさい。

 このようなケースは現状を受け止め、向き合い続けるしかありません。容易
なことではありませんが、様々な知恵と工夫、そして多くの人の理解が得られ
る環境整備が求められています。
 HPで相談を受けていると最近特に感じるのが断定的な、「白か黒か」、さら
には「自分が受け入れられる」答えを求める風潮がますます強くなっているこ
とです。例えば「この症状、この状況でHIVに感染していますか」と聞かれても、
「検査を受けなければ何とも言えません」が答えですが納得してくれません。
自分が受け入れられない、変えられない状況にどう向き合えばいいかがわから
ず、結果としてそのような状況を、人々を排除するような風潮が広がっていな
いでしょうか。そこで今月のテーマを「変えられない、わからないことにどう
向き合うか」としました。

『変えられない、わからないことにどう向き合うか』

●『近所づきあいのご縁で』 
 「岩室さん、甥っ子が製作した映画がDVDになったので見てやってくれません
か」、とマンションの理事会関係で親しくさせていただいている方がDVDを届け
てくださいました。2年近く前に輪番制で廻ってくるマンションの理事会の理事
長に立候補し(もちろん全員OK)、理事会だけではなく関心がある人たちも巻き
込みながら、公開拡大理事会とその後の懇親会を重ねてきました。その結果、私
が思春期問題に首を突っ込んでいることを知ったその方が、甥っ子さんが自閉症
の妹さんを撮影した「ちづる」( http://chizuru-movie.com/ )という映画を
紹介してくださいました。
 このDVDを拝見して感じたのが、実際に私の外来を自閉症の患者さんが受診し
ている(もちろん「自閉症」の診療ではなく「包茎」や「性の諸問題」などが目
的ですが)にも関わらず、自閉症を正しく理解しようとも、積極的によりより
コミュニケーションの方法を模索しようとしていなかったと反省させられました。
 
○『考えることを放棄していた』 
 病気の人だけではなく、病気の予防も呼びかけておちんちん外来を開いている
私の所には、おちんちんを清潔にできるようになることを目的に自閉症のお子さ
んを連れてこられる保護者の方がいらっしゃいます。そのお子さんたちへの対応
方法を改めて振り返ると、保護者の方の行動の見様見真似でやっていました。保
護者の方々はお子さんが納得するまで、行動するまで辛抱強く待っていましたの
で、私も同じようにしていました。一方で、どうすれば本人が積極的に自分のお
ちんちんのケアをする気になるか、本人がどのような思いで外来に来て、私に関
わっていたかについて積極的に考えたことがありませんでした。私の講演に対し
て大学生が書いてくれた「考えることを放棄しないようにしたい」という貴重な
メッセージをいろんなところで紹介しているにも関わらず、実は私も考えること
を放棄していたと反省です。

●『事件勃発』 
 ある日、思わぬ事件が勃発しました。一人の保護者の方が血相を変えて(その
時は顔は見えず、声だけでそう感じたのですが)診察時の対応のクレームを受付
にぶつけていました。何度も来られている方なので声と状況からすぐに診察室に
入っていただき、思いをお聞きしました。そう言えば前回の受診時、自閉症のお
子さんがあまり処置に乗り気ではなく帰ったのを思い出しました。お母さん曰く、
いつもと違う看護師さんが「頑張ろう」といった趣旨のことを言ったことで本人
がその日一日荒れてしまった。そのような対応がないようにして欲しいとのこと
でした。
 確かに外来での診察では比較的いつもいる看護師さんもいれば、処置や会議、
勤務の都合等で別の看護師さんが対応することもあります。もちろん看護師さん
一人ひとりに個性があり、対応方法も言葉づかいも異なります。ただ、おかげさ
まで私の外来についてくださる看護師さんはどの人も気持ちのいい、問題のない
方々だったので、私自身、看護師さんが代わることについては特に意識していま
せんでした。
 ただ、保護者の方の訴えをお聞きしていてわかったことは、自閉症のお子さん
に対する対応が従来とは異なり、ごく普通の言葉として使った「頑張ろう」が患
者さん自身が受け入れられないほどつらいことだったということでした。今後の
対応についていつも外来についてくれている看護師さんと話してもあまりいいア
イディアが浮かばず、「当面、岩室だけで対応するようにする」ということにし
ました。

○『偶然の録画から』
 そんなことがあった数日後、家内が「間違って録画した番組だったけど、すご
く考えさせられたので見ない?」と誘ってくれたのがNHKで放送された「君が僕
の息子について教えてくれたこと」(再々放送は2014年9月13日15時05分~16時
04分)でした。それもあとで気づいたのですが何故か1時間番組なのに30分しか
録画されていなかったのに目から鱗、涙、感動の連続でした。早速自閉症の当
事者であり、この番組で紹介された東田直樹さんのHP
( http://naoki-higashida.jp/ )を検索し、本も注文しました。その後、8月
28日の再放送で番組全体を見て、改めて感動すると共に、わからないこと、変え
られないこととどう向き合うかについて考えさせられました。
 
●『自閉症の僕が飛び跳ねる理由』
 東田直樹さんが「自閉症の僕が跳びはねる理由 ~会話のできない中学生がつ
づる内なる心~」(エスコアール)を出版したのが2007年2月でした。日本では
少しは報道されたものの、あまり関心が持たれないまま時間が過ぎていました。
しかし、ある日、日本語教師の経験があり、日本語も読めるアイルランド在住の
作家David Mitchellさんの目に留まりました。Mitchellさんの息子さんも自閉症
でしたが、この本と出合うまでは息子さんの行動を理解し、受け入れることがで
きませんでした。しかし、この本のおかげで理解し受容できるようになったとの
ことでした。彼が訳した「The Reason I Jump: One Boy's Voice from the 
Silence of Autism」がきっかけで世界中の様々な言語に翻訳され、多くの人々
を救っています。
 自閉症(と言う言葉自体がもしかしたら誤解を生んでいるのかもしれません
が)である東田直樹さんがいろんな思いを、言葉を持っていたことを保護者の
方がちゃんと理解し、受け止めたことからすべてが始まっています。そして、
言葉が思うように出ない、行動も多くの人から見ると突拍子もない、飛び跳ね
たり、今でなくてもいいと他の人は思ったりすることを、何と直樹さん自身が
自分の言葉で説明する方法を身に着けたのでした。そうなったのも、保護者の
方が、直樹さんが豊かな語彙を持っていることに気づき、直樹さんができる言
葉の表現方法が何かを見抜き、ローマ字によるキーボード入力やキーボードに
見立てたものを使うことで、一つ一つの文字から言葉をつくる方法を獲得した
のでした。保護者の方に脱帽です。
 皆さんはパソコンへの入力は何でしていますか。私はローマ字入力です。
ローマ字入力はかな入力と異なり、音声に沿った入力方法のため自分自身は受
け入れやすかったのですが、もしかしたら直樹さんも同じなのかなと勝手に思っ
たりしています。一度機会があれば聞いてみたいです。
 
○『私なりのコミュニケーションを』
 私にとって「自閉症」は周りには当事者の方がいらっしゃるものの、自分自
身が何かを考え、できることを模索する問題になっていなかったと反省してい
ます。何事においても「他人事意識」が障壁となることはわかっていても、自
分にとって身近な問題にならなければ人は考えもしないというのを改めて反省
しています。今度は私なりに、先入観を持たずに自分の患者さんとのコミュニ
ケーションを図り、看護師さんたちとも積極的に自閉症について勉強したいと
思っています。
 こう書きながら、キーボードと日々格闘している自分自身も、もしこのパソ
コンという機能がなければどれだけ自分の周囲とつながっていただろうか、ど
れだけ情報を世の中に発信できていただろうかと改めて思いました。確かに
LINEをはじめとしたSNSでしかコミュニケーションが取れない若者たちも増え
ていますが、どのようなコミュニケーション手段であれ、人は人とつながり続
けることが大事だということを今回も学ばせてもらいました。
 これもまた不思議なご縁で10月にはちづるさんのお兄さんとトークをするこ
とになりました。本当にいろんな縁に学ばせてもらっています。ちづるさん、
直樹さん、私の患者さん、そして皆さんのご家族に感謝です。


………………………………………………………………………………………… 
■御意見・御質問、お問い合わせ 
☆岩室先生宛の質問も t.watanabe49@gmail.com 受け付けています。 
………………………………………………………………………………………… 
■登録/解除の方法 
http://www.mag2.com/ 
「紳也特急」(マガジンID:0000016598)は、 
上記URLよりいつでも登録/解除可能です。 
………………………………………………………………………………………… 
…………………………………………………………………………………………

紳也特急

RSSを登録する
発行周期 月刊
最新号 2017/07/01
部数 807部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

紳也特急

RSSを登録する
発行周期 月刊
最新号 2017/07/01
部数 807部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

相馬一進の、1億稼ぐビジネスの本質|マーケティングと心理学
・天職で1億稼いだ相馬一進が、お金、自己啓発、仕事について、 心理学とマーケティングの側面から語る本格派メールマガジン。 ・著者の相馬一進は、ダライ・ラマ14世や、『7つの習慣』の スティーブン・コヴィーや、リチャード・ブランソンなどの、 海外セミナーへの日本人ツアーを企画、集客した実績を持つ。 ・最先端の起業・副業のノウハウや、マーケティングの原理原則、 生活の中からストレスを減らす方法、モチベーションの心理学、 複数の収入源を持つ方法、働く時間を減らす秘密などを配信中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

WEBマーケティングを学ぶためのメールマガジン
国内トップクラス(ユーザー数70000人)のWordPressテーマTCDやフォトマルシェ、ロゴマルシェなどを運営する株式会社デザインプラスの中田俊行が発行するメールマガジン。 アフィリエイトから始めた著者が、ネットマーケティングや最新のウェブ業界の情報を発信していきます。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から3年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

3連単3頭ボックスで超簡単に万馬券をゲットする競馬プロジェクト
◆読者6000人突破!まぐまぐ殿堂入り!! 圧倒的に少ない買い目で馬券を的中させます。 指定した《3頭》をボックスで買うだけで・・・ 昨年は9万馬券&7万馬券が当たりました。 一昨年にはなんと10万馬券も的中させています! 馬券は3頭をボックスで買うだけなので 誰がやっても買い目は同じ。 女性でもOK、競馬初心者でもOK 資金が少ない人でもOKです。 しかし、買い目が少ないので 当たればガツンと儲かります! こんな競馬予想は他にありません! ☆彡メルマガ広告主様大歓迎です☆彡
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

生きる意味は仏教に学びなさい
仏教メルマガ読者数日本一。今この瞬間に幸せを感じ、後悔のない人生にする方法とは?なぜどんなにお金があっても幸せになれないのか。むなしい人生になってしまう原因とは?あなたの人生を背後で支配する運命の法則と99%の人が自覚なく不幸を引き寄せている6つの行いとは…?仏教史上初のウェブ通信講座を開設、仏教の歴史を変え続ける中村僚が、葬式法事仏教となった現代日本の仏教界では失われた本当の仏教の秘密を公開。発行者サイトでも隠された仏教の秘密を無料プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング