紳也特急

紳也特急


カテゴリー: 2013年02月04日
 …………………………………………………………………………………………
 ■■■■■■■■■■■  紳也特急 vol,162 ■■■■■■■■■■

 全国で年間200回以上の講演、HIV/AIDSや泌尿器科の診療、HPからの相談を
        精力的に行う岩室紳也医師の思いを込めたメールニュース!

性やエイズ教育にとどまらない社会が直面する課題を
                                         専門家の立場から鋭く解説。
                    Shinya Express (毎月1日発行)

…………………………………………………………………………………………

~今月のテーマ『原因と結果』~

●『メルマガの原稿は?』
○『被災地の自殺の状況』
●『宮城県の自殺が増えた』
○『原因は一つではない』
●『被災地に学ぶ自殺対策』
○『居場所とは』

…………………………………………………………………………………………

●『メルマガの原稿は?』
 1月31日、陸前高田市にいる私の携帯に「2月号の紳也特急の原稿はまだで
すか」というショートメールが入りました。完全に失念していました。被災
地に入ったらメールチェックはできても被災地の仕事で夜まで手一杯の状態
でとても書けませんということで発行が今日になってしまいました。
 原稿を忘れてしまった原因を検証してみました

 1.57歳という年齢は何かと物忘れがすすみ、認知症の入口に?
 2.パソコンのトップページに「メモ」を張り付けていますが、更新せず
      に何故か削除していました。
 3.忙し過ぎてとにかく目の前のことをこなすことで精一杯の状況。
 4.それも「No」と言えずいろんな人にいい顔をしているから。
 5.性教育でも、被災地支援でも他の人材を育てない岩室紳也が悪い。
     などなど・・・・・・・・・・

 こうやって今回の原稿を失念していたという結果の原因は総合的に判断す
れば「岩室紳也の性格と老化」となります。個人の問題、責任です。自分で
自己批判をする分にはそれでもいいのですが、今後このようなことが起こら
ないようにする、すなわち「高齢者の物忘れ予防」という観点から考えると、
結果は一つであっても原因は多様であり、その多様な原因のすべてに対処し
つつ、同じ結果(失敗)を繰り返さないようにすることが求められています。
しかし、最近の世の中を見ていると、結果に対して原因は一つのような異常
な風潮になっているようなので今月のテーマを「原因と結果」としました。

『原因と結果』

○『被災地の自殺の状況』
 平成24年の日本の自殺者数は3万人を切ったと報道されていますが、どうし
て3万人を切ったのか。どの施策が効果的だったのかという報道はされていま
せん。それどころか、未だにバブルの崩壊が自殺の急増の原因であるかのよ
うに弁じる方が少なくありません。丁寧にみると、実は増え続けていた男性
の自殺がバブルで一時的に減ったものの、バブルの崩壊で再び増加傾向に転
じただけでした。すなわち男性の自殺が増え続けている原因には手をつけな
かったもののバブルが一時的にブレーキをかけてくれただけのことでした。
 1947年から統計がとられていますが、当初から男性の方が自殺する人が多
かったのは事実ですが、女性は現在に至るまでほぼ横ばいにも関わらず、男
性が増え続けています。この歴然たる事実に目を向け、なぜ男性の自殺が増
えているのかを考え、対策を地道に講じていかないと同じ不幸な事態が続く
ことになりますが、そのような議論はありません。それは原因と結果という
シンプルな話ではないから、難しいし専門家に任せたい話だからです。

●『宮城県の自殺が増えた』
 メルマガの153号で東日本大震災前後の平成22年と平成23年を比較すると、
あの大被害があったにもかかわらず岩手県と宮城県で自殺が明らかに減ったの
に対して、福島県ではほぼ横ばいのようなわずかな減少にとどまったことを紹
介しました。その理由として岩手県と宮城県では同じような被害にあった人た
ちが、体育館のような劣悪条件の中で避難生活を送らなければならなかったに
も関わらず、実は同じような仲間が周囲にいたことがこころのケアになり、結
果として自殺の減少につながったということを紹介しました。
 ところが平成24年の発表では岩手県と福島県は自殺が減り続けたものの、宮
城県では自殺が増えました。この原因を軽々には言えませんが、岩手県と宮城
県の両方に関わる中で気づかされたのが、被害者の方々が現在住まわれている
仮設住宅の差でした。一般的に仮設住宅というと突貫工事で建てられるプレハ
ブのものを想像されるでしょうが、民間住宅等の空き部屋を行政が借上げて仮
の住まいとする仮設住宅もあります。プレハブだと周囲が全員被災者であるの
に対して、借上げタイプだと周囲は被災者ではないだけではなく、借り上げで
入っている人が被災者であることがわからない、そのような目で見られない可
能性があります。そのため、こころのケアに大事なコミュニティが生まれず、
結果的にストレスを抱える人が少なくありません。もちろんそのような人たち
に対して行政だけではなく、いろんな人が支援の手を差し伸べていますが、こ
ころのケアで一番大事なのは日常の中でのコミュニケーションです。岩手県と
比べ宮城県は被災地周辺に被害を受けていない住宅が多かったため、結果的に
借上げ仮設の割合が高くなっています。もちろんプレハブよりはるかに住宅環
境はいいのですが、こころをケアする環境はプレハブの方がよかったといえま
す。

○『原因は一つではない』
 大阪で体罰を受けた後に自殺した高校生の件は本当に気の毒です。ただ、気
の毒なのは、先に書いた男性の自殺が増えているところへの検証や対策がほと
んど行われないまま、今回の不幸なことが起こったことでした。そして今だに
マスコミを含めて「体罰がいけない」という議論だけで、教師を総入れ替えし
ろというとんでもない発想の方に対する反論がないことです。
 今回の自殺の問題で原因(体罰)と結果(自殺)だけに注目するのはこころ
の健康問題の素人の発想です。こう書くと「岩室は体罰を容認するのか」とい
うこれまた(こころの健康問題の)素人の反論が聞こえてきますが、そのよう
なことは一言も言っていません。体罰はなくす必要があります。いじめも同じ
です。しかし、こころの健康問題の根底は大変根深く、原因は多様ですから、
ただ「体罰反対」と訴えるだけの発想は、結果として問題解決を先延ばしにし、
次なる犠牲者を出すだけの無責任な対応です。それどころか、かえって自殺を
増やす可能性がある非常に危険な対応です。

●『被災地に学ぶ自殺対策』
 コミュニティ、居場所の存在が大事だということは被災地の自殺の実態が教
えてくれています。もしコミュニティや居場所という観点から考えると、残念
ながらその学校だけではなく、今の学校にはそのような居場所としての雰囲気
が弱くなっているのではないでしょうか。そこに教師総入れ替えといったコミュ
ニティを壊すような介入をしようとする人は、まるで弁護士のように有罪か無
罪かの二つの判断基準でしか考えられない、とても人の健康や幸せのことを考
える立場には置いてはいけない発想の持ち主です。
 昔がいいという意味ではないのですが、昔だったら体罰を受けた仲間が卒業
証書をもらった後に体罰教師にお礼参りの仕返しをしたものです。そのような
仲間が、コミュニティが、居場所があれば、自分にとってもみんなにとっても
最悪の顛末を選ばずに済んだはずです。
 横浜市の寿町で活動されている村田由夫さん、石井淳一さんたちがつくった
「良くしとするのはやめたほうがよい」という本に「(大人は子どもを、人は
他人を)変えることはできないけれど、(子どもも大人も、環境・関係性次第
で)変わることはできる」ということを学ばせてもらいました。われわれはど
のような環境・関係性を子どもたちに与えられるのでしょうか。

○『居場所とは』
 千葉県浦安市は被災地でもありますが、そこで自殺対策の協議会の委員長を
しています。その協議会の実務担当者が「居場所とは」ということで議論して
次のような言葉を紹介してくれました。

一人で居ても居場所がある 大勢といても居場所がないことも
心地よい居場所のみを選ぶのではなく、つらい居場所も体験することが必要
仲間からの声かけが居場所になる
自分自身は今、居場所づくりを必要としているとは思えない
職場が居場所になることも多い
職場を転々とする非正規雇用は職場が居場所になりえていないという社会構造
的問題もある
居場所を多く作っていくとリスクが分散されるのでは
場所だけでなく、目標や夢に向かう取り組みも居場所になる
支えるときも、支えられているときも、それが居場所

みなさんにとって居場所ってなんですか。

………………………………………………………………………………………… 
■御意見・御質問、お問い合わせ 
☆岩室先生宛の質問も cai@circus.ocn.ne.jp 受け付けています。 
………………………………………………………………………………………… 
■登録/解除の方法 
http://www.mag2.com/ 
「紳也特急」(マガジンID:0000016598)は、 
上記URLよりいつでも登録/解除可能です。 
………………………………………………………………………………………… 
…………………………………………………………………………………………

ついでに読みたい

紳也特急

RSSを登録する
発行周期 月刊
最新号 2017/04/01
部数 798部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

今週のおすすめ!メルマガ3選

相馬一進の、1億稼ぐビジネスの本質|マーケティングと心理学
・天職で1億稼いだ相馬一進が、お金、自己啓発、仕事について、 心理学とマーケティングの側面から語る本格派メールマガジン。 ・著者の相馬一進は、ダライ・ラマ14世や、『7つの習慣』の スティーブン・コヴィーや、リチャード・ブランソンなどの、 海外セミナーへの日本人ツアーを企画、集客した実績を持つ。 ・最先端の起業・副業のノウハウや、マーケティングの原理原則、 生活の中からストレスを減らす方法、モチベーションの心理学、 複数の収入源を持つ方法、働く時間を減らす秘密などを配信中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

一緒に歩もう!小富豪への道
富裕層むけ、富裕層入りを目指す方むけの究極の資産防衛メルマガ!一国だけに資産を集めておくのは危険な時代がやってきました。海外ヘッジファンド、貴金属、不動産からアンティーク・コインまで、金融不安に負けない世界分散ポートフォリオを、経験豊富なファイナンシャル・プランナーが誠意をもってご案内します。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2009年10月、130万円だった株式資産は2015年に5000万円を突破。定期預金などを合わせた資産は1億円に。 平成24年より投資顧問業(助言)を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 メールマガジン「日本株投資家 坂本彰 公式メールマガジン」は2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数2万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 2016年12月1日『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』が日本実業出版社より発売!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から3年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

ダメおやじの全財産をかけた崖っぷちFX通信
【1日に数万人が熟読する人気FXブログのメルマガ版】 相場歴30年以上のダメおやじがFXノウハウを大公開! 毎朝配信!毎日の経済指標情報や攻略法を無料で解説しています。 ●損切りがうまくできない、利食いが浅い ●ポジポジ病(ポジションを不要に持ってしまう) ●コツコツドカーン(小さく勝っても大きく負ける) ●エントリータイミングわからない ●メンタル面が弱い このようなお悩みがあれば購読してみてください。 FX初心者から経験者まで、FXの悩みをこのメルマガで解消します。 期間限定でメルマガ内で数万円相当分のFX情報商材をプレゼント中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング