紳也特急

紳也特急 vol,158


カテゴリー: 2012年10月01日
 ………………………………………………………………………………………… 
 ■■■■■■■■■■■  紳也特急 vol,158 ■■■■■■■■■■ 

 全国で年間200回以上の講演、HIV/AIDSや泌尿器科の診療、HPからの相談を 
        精力的に行う岩室紳也医師の思いを込めたメールニュース!  
  
性やエイズ教育にとどまらない社会が直面する課題を 
                                         専門家の立場から鋭く解説。 
                    Shinya Express (毎月1日発行) 

………………………………………………………………………………………… 

~今月のテーマ『いじめとけんかの違い』~ 

●『中高生のためのメンタル系サバイバルガイド』 
○『いじめた経験』 
●『けんかをしない理由』 
○『昔のいじめと今のいじめ』
●『異質者に相談しても理解されない』 
○『同質化の蔓延』 
●『急がば回れ』 

………………………………………………………………………………………… 

●『中高生のためのメンタル系サバイバルガイド』 
 私のHPのトップからAmazonで買えるようにリンクを貼っていることが効い
たかどうかは定かではないですが、精神科医の松本俊彦先生が編集した「中
高生のためのメンタル系サバイバルガイド」(評論社)がバカ売れしていま
す。確かに面白い。何が面白いかというと、「中高生のための」と謳ってい
るにも関わらず、とても中高生が読めたものではない(笑)。活字だらけの、
難しい内容ばかりですが、中高生、若者たちが直面している性、薬物、リス
トカット、いじめなどに向き合ってきたおこの分野の専門家たちが一堂に会
し、本質は何かを書いているという点で編者の松本先生のすごさを感じます。
 1680円(税込)という安さなので、中高生に向き合っている大人たちが、
自分なりに咀嚼して、よりわかりやすい言葉で中高生に伝えたり、そもそも
中高生にまつわる様々な問題の背景にどのような問題があるのかを理解した
りするには最良、最新のガイドブックです。松本先生の『問題に「気づき」
「かかわり」、そして「つなぐ」』という総論に始まり、「毎日のくらし」
「恋愛と性」「くすり」「やめられない・とまらない」「いのち」「わるい
こと」「親のこと」を総勢31名の最先端を走っている人たちが書いています。
 ちなみに私は「毎日のくらし」の中で「男の子のこころに性のモヤモヤを
花開かせよう」を書いています。久しぶりに書いていて面白かったのですが、
そこに書いた
いい男になるための7カ条
 (1)おちんちんをむこう(頑張り続ける力)
 (2)ネット・AV・2次元は5人以上で(仲間に学ぶ力)
 (3)コンドームの事前練習を(先を読む力)
 (4)失恋を恐れるな(理不尽と向き合う力)
 (5)持ち物より持ち主が大事(理解する力)
 (6)愛の反対は無関心(思いやる力)
 (7)高校卒業までセックス禁止(我慢する力) をこれからも発展させたい
と思っています。
 この原稿を書いている時も、そして最近いろんな学校に行っても必ず話題
になるのが「いじめ」問題です。いじめがない人間社会はあり得ないのに大
人たちはあり得ない「いじめ根絶」を訴え、そのことに違和感を持ち続けて
いました。ガイドブックに筑波大学の土井隆義先生が現代のいじめについて
書いておられます。土井先生のお考えも「その通りだな」と思いながら読ま
せていただきましたが、ある高校生が今時のいじめとけんかの違いを教えて
もらいましたので、今月のテーマは「いじめとけんかの違い」としました。

『いじめとけんかの違い』

○『いじめた経験』
 いじめはやめよう。いじめを根絶しよう。このような言葉を聞く度に「い
じめがない社会は人間社会じゃない」と思っています。自分自身、寮生活を
していた高校時代に後輩をいじめたことがあります。そのことを今でも覚え
ているぐらい後味の悪いものです。自分自身もいじめられた経験があります
が、これは人と人が一緒にいれば当たり前のように起こる現象、人間関係の
一つではないでしょうか。そうはいってもいじめの結果で自殺するといった
不幸な結末は何としても回避したいのですが、そもそも現代版のいじめをど
う受け止めればいいのでしょうか。

●『けんかをしない理由』 
 ある高校生が、「いまはけんかなんかしないよ。だからいじめるんだ」と
教えてくれました。最初は意味がわからなかったのですが、話を聞くとどう
もこういうことでした。
 けんかは相手と意見が合わないこと、思いが違うことを確認する作業です。
自分はこう思う。お前のやっていることは違う。意見の相違から来る争い、
いさかいを言います。今の日本と近隣諸国との領土をめぐる関係もそうです
が、いろんなやり取りが起こるのがけんかです。
 ところが今時の若者は自分の意見と他人の意見が異なる状況になることを
極端なほど嫌い、積極的に同質化することを求めています。だから学校での
講演で生徒にマイクを向けると反射的に「わかりません」という言葉が出て
きます。この「わかりません」は本当にわからないのではなく、「わかりま
せん」と答えることで自分の思いを表現しなくてすみ、結果として「あいつ
は俺たちと違う考え方だ」と思われないようにしているとのことです。「そ
んなことはないでしょ」と本気で思っているとしたらぜひ先に紹介した「中
高生のための・・・」をお読みください。
 違いがあることを嫌う人がその違いを意識しないようにするにはどうすれ
ばいいでしょうか。しゃべらないことです。違いを棚上げしておけば「違い」
は明らかにならないのでけんかにならないのです。しかし、一度言葉にして
しまうとけんかがはじまることは、今回の近隣諸国との争いでも明らかです。
若者たちがけんかをしないのは「争いを避けたい」という思いと同時に、も
う一つの理由がありました。それはコミュニケーション能力が低下し、そも
そも自分の思いを上手く伝えられないため、けんかにならないという理由も
ありそうですが、鶏が先か、卵が先か、難しいですね。

○『昔のいじめと今のいじめ』
 最初に紹介したように私も人をいじめた経験があります。その時の後味の
悪さを知っているので今いじめをしている若者たちはどう思っているのだろ
うかと思っていたら、前述の高校生が「相手のことなんか考えていじめない」
と教えてくれました。
 いじめる側が自分の思いを一方的に相手に押し付けるのがいじめで、サン
ドバッグ状態の相手はただそれを受け止めるだけだと言います。反論、すな
わちけんかを選ぶことは、自分がその同質社会の中から出ること、その同質
社会から追放されることを自ら選ぶことになります。「いじめられるぐらい
ならそこから出ればいい」と思うのは強い人の論理で、今のいじめはいじめ
る側は一方的に自分たちの思いを相手にぶつけ、いじめられる側もみんなが
望んでいるその状態を受け入れているとのことでした。もちろん、いじめら
れている側のつらさが一定の限界を超え、自殺という結果になってしまいま
す。

●『異質者に相談しても理解されない』 
 9月10日の世界自殺予防デーや自殺予防週間の際に「もし、あなた自身が悩
んでいたら・・・一人で悩むより、まず相談を」、「気づいてください!体
と心の限界サイン」や「いじめ等で悩んでいるみなさんへのメッセージ」と
いったキャンペーンが繰り広げられています。では皆さんが相談を受けたら
どう答えますか。
 「人生、いろいろあるよ。いずれいいこともあるから頑張れ」
 「そんな奴は無視しろ。他にもいい仲間がいるよ」
 「気にするな。自分だってももっとつらいことがあったけど、こうやって
なんとかやっている」
 そう言われても、今いる同質社会から別の異質社会に飛び込むことができ
ないからこのような状態が続いているのです。私のところに若者たちからい
ろんな相談メールが入りますが、正直なところ、私と全く異なる心理構造の
若者たちの悩みを理解することは難しく、適切な答えを返すのは難しいと思っ
ています。だからというわけではないのですが、
 「つらいよね」
 「よくぞ声をかけてくれた」
 「一緒に考えよ」
と傾聴を心がけるようにしていますが、同じ精神構造ではない人が、どこま
でその人の悩みを本当に受け止められるのでしょうか。さらに同世代で、そ
れも「けんかはしない(できない)けどいじめはする(できる)」世代の中
で相談しても、解決に向かう答えは得られません。

○『同質化の蔓延』 
 思春期を経験する意味は、様々な「異質」との接点を通してストレスに強
くなれることです。思春期には小学生の時のように何となくみんなが一緒と
いうのではなく、体も心も変化し、男女で関心事も大きく異なってくる時期
です。特に性については関心が高くなるので、男女共学だと講演を聞いてい
ても笑いたいところで「相手がどう思うか」が気になって笑を押し殺す人た
ちが大勢います。その点、男子校だと気になる異質(異性:女子)がいない
ので、講演会は結構盛り上がったものでした。ところが最近は男子校でも盛
り上がらない学校が増えてきました。「岩室の講演が下手になったんじゃな
いの」と言われてしまうかもしれませんが、どうもそうではないようです。
 以前は「男子」と「女子」という集団ではお互いをけん制する雰囲気はあっ
たものの、「男子」や「女子」という集団の中には逆に多様性を認め合う、
同質化しなくてもいい雰囲気がありました。しかし、今はすべての集団で
「同質化」を求める雰囲気があります。面白いと思って笑う場合も、「自分
が属しているこの男子集団は一緒に笑うだろうか」ということが心配になり、
結果として「笑わない」、「笑えない」ということが起こっているようです。

●『急がば回れ』 
 結局のところ、いろんな世界を知っていると自分の気持ちの落としどころ
が見えてくるのでしょうが、狭い範囲でしか生きていないと人は生きづらさ
を感じてしまいます。多様性の中に自分を救ってくれる誰かが、世界がある
のでしょうが、同質性の中で自分の居場所を見つける方がある意味楽です。
 思春期は多様性に気づく素晴らしいチャンスであると同時に、多様性に押
しつぶされるリスクがあることをいじめ問題が示しているのかもしれません。
結局のところ、いろんな経験をする中で人は育つことを見抜き、「かわいい
子には旅をさせよ」と言っていた先人たちはすごい!!!
 

………………………………………………………………………………………… 
■御意見・御質問、お問い合わせ 
☆岩室先生宛の質問も cai@circus.ocn.ne.jp 受け付けています。 
………………………………………………………………………………………… 
■登録/解除の方法 
http://www.mag2.com/ 
「紳也特急」(マガジンID:0000016598)は、 
上記URLよりいつでも登録/解除可能です。 
………………………………………………………………………………………… 
…………………………………………………………………………………………

ついでに読みたい

紳也特急

RSSを登録する
発行周期 月刊
最新号 2017/04/01
部数 798部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

今週のおすすめ!メルマガ3選

相馬一進の、1億稼ぐビジネスの本質|マーケティングと心理学
・天職で1億稼いだ相馬一進が、お金、自己啓発、仕事について、 心理学とマーケティングの側面から語る本格派メールマガジン。 ・著者の相馬一進は、ダライ・ラマ14世や、『7つの習慣』の スティーブン・コヴィーや、リチャード・ブランソンなどの、 海外セミナーへの日本人ツアーを企画、集客した実績を持つ。 ・最先端の起業・副業のノウハウや、マーケティングの原理原則、 生活の中からストレスを減らす方法、モチベーションの心理学、 複数の収入源を持つ方法、働く時間を減らす秘密などを配信中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

一緒に歩もう!小富豪への道
富裕層むけ、富裕層入りを目指す方むけの究極の資産防衛メルマガ!一国だけに資産を集めておくのは危険な時代がやってきました。海外ヘッジファンド、貴金属、不動産からアンティーク・コインまで、金融不安に負けない世界分散ポートフォリオを、経験豊富なファイナンシャル・プランナーが誠意をもってご案内します。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2009年10月、130万円だった株式資産は2015年に5000万円を突破。定期預金などを合わせた資産は1億円に。 平成24年より投資顧問業(助言)を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 メールマガジン「日本株投資家 坂本彰 公式メールマガジン」は2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数2万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 2016年12月1日『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』が日本実業出版社より発売!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から3年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

ダメおやじの全財産をかけた崖っぷちFX通信
【1日に数万人が熟読する人気FXブログのメルマガ版】 相場歴30年以上のダメおやじがFXノウハウを大公開! 毎朝配信!毎日の経済指標情報や攻略法を無料で解説しています。 ●損切りがうまくできない、利食いが浅い ●ポジポジ病(ポジションを不要に持ってしまう) ●コツコツドカーン(小さく勝っても大きく負ける) ●エントリータイミングわからない ●メンタル面が弱い このようなお悩みがあれば購読してみてください。 FX初心者から経験者まで、FXの悩みをこのメルマガで解消します。 期間限定でメルマガ内で数万円相当分のFX情報商材をプレゼント中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング