紳也特急

紳也特急 vol,135


カテゴリー: 2010年11月01日
 …………………………………………………………………………………………
 ■■■■■■■■■■■  紳也特急 vol,135 ■■■■■■■■■■

 全国で年間200回以上の講演、HIV/AIDSや泌尿器科の診療、HPからの相談を
        精力的に行う岩室紳也医師の思いを込めたメールニュース! 
 
性やエイズ教育にとどまらない社会が直面する課題を
                                         専門家の立場から鋭く解説。
                    Shinya Express (毎月1日発行)

…………………………………………………………………………………………

~今月のテーマ『ラジオのような講演』~

●『高1女子の感想』
○『聴衆が見えた』
●『講演会の評価』
○『コンドームの装着法にNo!』
●『持ち物より持ち主が大事』
○『26週と22週』
●『悩めない子どもたち』

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ハッピートラックブログ(訪問件数が60,000件を突破間近!)
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

CAIは新団体「Source(ソース)」に生まれ変わりました。

秋のイベントシーズン到来!!!
25歳以下の方々にクラミジア自己採取キットを無料で配布しています。
※厚生労働省研究班協力

出店イベント予定

・11月3日@日本体育大学学園祭(青葉台キャンパス)
  本年度最後の出展になります。

http://blogs.yahoo.co.jp/happytruckjp/


…………………………………………………………………………………………

●『高1女子の感想』
 「最初、岩室先生がいろんな生徒に質問を投げかけた時、『この人、どう
かしてるんじゃないか』と思いました。ゲイとか、エイズとか、人には言え
ない恥ずかしいことまでさらさらいう先生に、少し気持ち悪いと思っていま
した。ごめんなさい。でもでも、話しを聞いている内に、気持ち悪いと思う
のは、すべて私が他人事だったからです。エイズなどはテレビでしか見たこ
とがなく、私にとって遠い存在だと言えます。ゲイなども私は女だし関係な
いんだとずっと思っていました。だけど先生が『あなたの好きな人がゲイだっ
たらどうしますか』という質問をした時、私は考えてしまいました。好きで
好きで仕方ない人は、もう私を絶対見てくれない。そもそも対象ではないと
考えた時に、私は、その好きな人をどう思うのか。ゲイなんて気持ちが悪い。
嫌いってなるのか。その人が好きだからその人を認めて、人間として好きで
あり続けるのか。私は後者になっていたいと思います。」
 メルマガでよく講演会の感想を紹介させていただいています。生徒さん一人
ひとりの感想を読んでいると、自分の講演で何が足らないのか、逆に何が役
に立ったのかといったことが見えてくるからです。そして、何よりこの高1
の女子生徒さんのように自分の中で何かを考えてくれたという感想をもらう
と、正直なところ「やった!」とうれしくなります。前回のメルマガ134号で
紹介した「想像力が掻き立てられるラジオ」ならぬ、「想像力が掻き立てら
れる講演」を目指して、これからはラジオのような講演をしようと思いまし
た。そこで今月のテーマは「ラジオのような講演」としました。

『ラジオのような講演』

○『聴衆が見えた』
 先日、毎年11月末から1月にかけて全国各地のFM局で取り上げられる
「THINK ABOUT AIDS」という番組を、妊娠時にHIV感染がわかった私の患者さん
の石田心さんと一緒に収録してきました。すごくいいトークが出来たと思って
いた時に、パーソナリティーの井門宗之さんが「いまの話の時、ラジオの向こ
うでリスナーがうなずき、考えている姿が手に取るように見えました。そんな
トークでしたね」とおっしゃいました。さすがにレギュラー番組を何本も持っ
ているプロのDJならではの感性だと思いませんか。「ラジオは微笑みを生み、
テレビは爆笑を作り出す」というのも井門さんに教わりました。ただ、ラジオ
業界も大変なようで、ラジオコマーシャルの効果が見えにくいということで、
スポンサー離れが顕著になり、FM業界ではつぶれる局もあるそうです。私のマ
イク一本の講演で耳から入った情報が本当にその人のものになっているのか
正直なところいつも不安を感じつつも感想文などに励まされています。

●『講演会の評価』
 今年も夏休み前にそのような講演会が続きました。夏休みに開放的になって
いろんなトラブルが起こるのを防ぎたいという学校の先生たちの思いに応えつ
つ、「で、実際に効果はあったの?」と聞きたいところですが、そこまでのフォ
ローができる学校はほとんどありません。毎年呼ばれている学校では、夏休み
中の、夏休み後の生徒さんたちの状況が去年とどう変わったかと聞かれてもあ
まりわからないというのが実際だと思います。ところが、今年初めて呼んでく
ださった高校から次のような感想をいただきました。

教師から
●2学期も半ばに差し掛かりましたが、妊娠・性感染症の相談はまだ受けていま
せん。把握しきれていない部分もあるかもしれませんが、昨年、一昨年の状況
とは明らかに違い、効果が上がっているように思います。
●性教育に批判的だった職員もいましたが、アンケートの結果や感想を見て、
性教育の必要性や生徒の切迫した状況も理解できたようでした。
●岩室先生の楽しく、また真摯に話される姿に生徒は引き込まれ、きちんとお
話を受け止めて自分なりに考えることができたようです。
●いつもほとんど書いてくれない男子がたくさん書いていてくれたのには驚き
ました。

生徒から
●自分が今までとってきた行動が相手にどういう影響をあたえたか考えさせら
れました。自分の考えの甘さが良くわかったので、これから相手の気持ちを大
切にして、理性を保てる男になりたいと思いました。(男子)
●友達との会話で普通のように「セックスしたことあるだろ」などとふざけて
会話してたけど、もっと真剣に考えていかないといけないことがよくわかりま
した。(男子)
●性行為をする上での注意を話していましたが、相手のいないものにとっては
タダの嫌みです。出来るかどうかわからないようなことを詳しく説明されても、
できないものは出来ないのです。自分にとっては雲の上のもう少し上の話なの
です。(男子)
●私は今まで、好きならセックスしなきゃいけないんだと思って不安だったけど、
自分の意思をしっかり持って、相手に伝えることは大切なんだなあと思いまし
た。(女子)
●何回かコンドーム無しでやっても大丈夫だったから、今回も大丈夫だろうと
思ってやってたりしたけど、やめようと思った。エイズ検査に行きたいと思っ
た。(女子)
●Hするのを拒んでも拒み切れずやったことがあるけど、自分は傷つくけど、
相手が喜ぶならいいやと思ってガマンしてた。こんどからちゃんと断ろうと
思った。(女子)
●話がおもしろくて、高校生がこんなに人の話を真剣に聞こうとする話をして
くれたのは、すごいと思うし、本当にためになった。(女子)

 「たった一回の性教育で」と思うでしょうが、私もある女性の「たった一言」
でダイエットを決意しました。たった一回だからこそ、こちらもいろいろとこ
だわっていますが、久しぶりにコンドームの達人講座に「No」と言われました。

○『コンドームの装着法にNo!』
 「コンドームの装着法については、正しい情報を得られるサイト(岩室先生の
ホームページ等)の紹介にとどめていただけるとありがたいです。」
 私への講演依頼の多くはHPからの申込ですが、最初からこのような依頼をし
てきた高校がありました。学校からの依頼ですので、基本的には依頼者の考え
に沿った話をするようにしています。しかし、「高校でどうして」という思い
もあり、少し早目に学校に出向き、学校長を交えて「どうしてコンドームの装
着法をしないでくれという話になったのでしょうか」と確認したところ、依頼
してきた養護教諭の先生が「私がいやだからです」とこれまた率直におっしゃっ
てくださいました。学校の方針ではないということだったので学校長の了解も
得てコンドームの達人講座を組み入れました。
 生徒さんだけではなく、教師からの反応も良く無事終わった後、「私がいや
だからです」とおっしゃった先生から、「『性』についてどう子どもたちに伝
えるか?どうしたら伝わるか・・・という、未だ自分の中でぐちゃぐちゃなま
ま、自信を持ちきれないままの課題について、先生のお話を聴きながら改めて
いろいろと考えさせられました」という率直な感想をいただきました。岩室紳
也を呼ぶ前に、周りの人たちとコンドームの装着法を教えることについてどう
思うかをディスカッションできなかったことがびっくりでした。

●『持ち物より持ち主が大事』
 私の講演のネタや、この紳也特急のネタは実は夫婦の会話から生まれるもの
が多々あります。「持ち物より持ち主が大事」という家内の名言に対して、次
のような感想をもらいました。
 「正直に言って講演の前はたいくつで寝そうだなとか、一時間以上もやるの
かと思っていました。しかし、そんなことは思う間もなく終わってしまいまし
た。笑い話を交えながらも時にかなりシリアスなことだったりして、その恐怖
や重大さがかなり伝わってきました。そして、とても貴重で大切な話なのに、
今まで全くこのような機会がなかったことに疑問を感じます。今回の講演で2
つのことが印象に残りました。一つは「持ち物より持ち主」です。どのような
ことにもあてはめられると思います。この言葉はこの先も何度も思い出すこと
があるだろうと思います。もう一つは「持ち主をよくするには友達とたくさん
話せ」という言葉でした。最近人と話すのが煩わしいというか、何も話す気も
なくなる自分に嫌気がさしていたので、ずいぶん心が軽くなった気がします。
ありがとうございました。」
 キャッチボールをしながら人は考え、悩み、そして悩みを解決するようです。

○『26週と22週』
 「中絶の話で22週?までなら大丈夫と聞いて勉強になりました。自分は26週
で生まれたので色々と重なるところがあったりして少し苦しかった。助けられ
ない命もあるけど、助けられる命もある」。
 この感想は本当に苦しいですね。たった4週(実際には22週未満なので5週?)
の違いで中絶されるか、生きて高校生としてこの話を聞くのかの違いが生まれま
す。このような感想をもらったのは初めてでしたが、私の言葉をいろんな角度か
ら受け止めてもらえたことに一番感謝しなければならないのは私かもしれません。
この感想文を書いてくれた女の子に感謝です。


●『悩めない子どもたち』
 「思考のための言葉」とか、「考えさせるラジオ」のことを考えていた時に、
「悩むってことは言語化するってこと」とうちの奥さんが言ったので「その言
葉もらった」とメモ書きをしていました。確かに「悩むことができる、悩める
人」と「悩むことができない、悩めない人」がいるようです。でも「不愉快」、
「きらい」、「いや」という感情は誰にでもあります。「不愉快だけど我慢し
なければならない」、「学校は行きたくないけど行かなければならない」状況
に置かれると悩みが生まれます。でも「不愉快」だけしか出てこないと、「切
れる」とか「暴力」といった行動になります。
 聞くこと。聴くこと。考えること。言葉にすること。その言葉を誰かと共有
すること。そのようなプロセスがあると言葉が、思いが少しずつ心の中に入っ
ていくはずです。確かに私の講演を聞きながら、まるでラジオの前の友達同士
のように、「どう思う」、「でもさ~」、「そうそう」、「あるある」、「うっ
そ~」とお互いに反応しながら話を聞いている生徒さんたちを見ていると、私
の講演は人間スピーカーから流れてくるラジオのトークのような講演なのかも
しれません。次も頑張ります。


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ハッピートラックブログ(訪問件数が60,000件を突破間近!)
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


http://blogs.yahoo.co.jp/happytruckjp/


…………………………………………………………………………………………
■御意見・御質問、お問い合わせ
☆岩室先生宛の質問も cai@circus.ocn.ne.jp 受け付けています。
…………………………………………………………………………………………
■登録/解除の方法
http://www.mag2.com/
「紳也特急」(マガジンID:0000016598)は、
上記URLよりいつでも登録/解除可能です。
…………………………………………………………………………………………
…………………………………………………………………………………………

紳也特急

RSSを登録する
発行周期 月刊
最新号 2017/07/01
部数 807部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

紳也特急

RSSを登録する
発行周期 月刊
最新号 2017/07/01
部数 807部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

相馬一進の、1億稼ぐビジネスの本質|マーケティングと心理学
・天職で1億稼いだ相馬一進が、お金、自己啓発、仕事について、 心理学とマーケティングの側面から語る本格派メールマガジン。 ・著者の相馬一進は、ダライ・ラマ14世や、『7つの習慣』の スティーブン・コヴィーや、リチャード・ブランソンなどの、 海外セミナーへの日本人ツアーを企画、集客した実績を持つ。 ・最先端の起業・副業のノウハウや、マーケティングの原理原則、 生活の中からストレスを減らす方法、モチベーションの心理学、 複数の収入源を持つ方法、働く時間を減らす秘密などを配信中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

WEBマーケティングを学ぶためのメールマガジン
国内トップクラス(ユーザー数70000人)のWordPressテーマTCDやフォトマルシェ、ロゴマルシェなどを運営する株式会社デザインプラスの中田俊行が発行するメールマガジン。 アフィリエイトから始めた著者が、ネットマーケティングや最新のウェブ業界の情報を発信していきます。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から3年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

3連単3頭ボックスで超簡単に万馬券をゲットする競馬プロジェクト
◆読者6000人突破!まぐまぐ殿堂入り!! 圧倒的に少ない買い目で馬券を的中させます。 指定した《3頭》をボックスで買うだけで・・・ 昨年は9万馬券&7万馬券が当たりました。 一昨年にはなんと10万馬券も的中させています! 馬券は3頭をボックスで買うだけなので 誰がやっても買い目は同じ。 女性でもOK、競馬初心者でもOK 資金が少ない人でもOKです。 しかし、買い目が少ないので 当たればガツンと儲かります! こんな競馬予想は他にありません! ☆彡メルマガ広告主様大歓迎です☆彡
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

生きる意味は仏教に学びなさい
仏教メルマガ読者数日本一。今この瞬間に幸せを感じ、後悔のない人生にする方法とは?なぜどんなにお金があっても幸せになれないのか。むなしい人生になってしまう原因とは?あなたの人生を背後で支配する運命の法則と99%の人が自覚なく不幸を引き寄せている6つの行いとは…?仏教史上初のウェブ通信講座を開設、仏教の歴史を変え続ける中村僚が、葬式法事仏教となった現代日本の仏教界では失われた本当の仏教の秘密を公開。発行者サイトでも隠された仏教の秘密を無料プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング