紳也特急

紳也特急


カテゴリー: 2009年03月02日
 …………………………………………………………………………………………
 ■■■■■■■■■■■  紳也特急 vol,115 ■■■■■■■■■■
          http://www.cai.presen.to/
 全国で年間200回以上の講演、HIV/AIDSや泌尿器科の診療、HPからの相談を
        精力的に行う岩室紳也医師の思いを込めたメールニュース! 
 
性やエイズ教育にとどまらない社会が直面する課題を
                                         専門家の立場から鋭く解説。
                    Shinya Express (毎月1日発行)
-------------------------------------------------------------AD------
★ @OKAMOTO CONDOMS(アット・オカモトコンドームズ)は国内コンドーム★
★           No.1シェアのオカモト株式会社が運営する         ★
★        インターネットショッピングサイト         ★
★       新製品のモニターやアンケートを実施中        ★
★           http://www.okamoto-condoms.com/               ★
----------------------------------------------------------------------


〜今月のテーマ『正常と異常の境目』〜

●『人はやはり、だれかとつながってこそ人なのだと思う。』
○『病気なのか状態なのか』
●『正常と異常』
○『こころを病む』
●『大麻と社会規範』
○『つながるために』

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ハッピートラックブログ(訪問件数が50,000件を突破間近!)
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2009年からのハッピートラッククルー募集中です!
一緒に春から野外イベントで啓発活動をしませんか?

http://blogs.yahoo.co.jp/happytruckjp/


…………………………………………………………………………………………

●『人はやはり、だれかとつながってこそ人なのだと思う。』
 「つながる」という言葉に敏感になっているとき、「ゆっくりていねいに
つながりたい」というコピーを見て思わずAmazonで本を注文していました。
 発達障害当事者研究 ゆっくりていねいにつながりたい 綾屋紗月・熊谷
晋一郎 医学書院 2100円。
 著者の綾屋紗月さんはアスペルガー症候群と診断された当事者の方です。
熊谷晋一郎さんは脳性まひの当事者で小児科医です。このお二人が既成概念
にとらわれることなく自分たちのこころとからだの葛藤を丁寧に振り返った
当事者研究です。私にとってはすごく興味深く、考えさせられる内容であり、
多くの皆様に紹介したいと思いましたので敢えて内容には触れません。ただ、
その中に綾屋さんのことば「人はやはり、だれかとつながってこそ人なのだ
と思う」というのがありました。つながる上で多くの障害を抱えておられる
二人ですが、共感することが多く、あらためて自分自身を見つめなおす時間
もいただけたことに感謝したいと思います。
 「障害」や「病気」という枠組みで人を見る、「障害者」や「病人」とい
う枠組みでその人と向き合うことが本当に正しいのでしょうか。医学教育で
は「病気を診るのではなく、人を診る」ことの大切さが強調されていますが、
私自身もそのことを忘れがちです。そこで今月のテーマを「正常と異常の境
目」としました。

『正常と異常の境目』

○『病気なのか状態なのか』
 性感染症という考え方はそもそもクラミジアやHIVを持っていることがよ
くないこと、病的なことという発想があります。そして感染している人たち
を病的な人、病人としてクラミジア感染者数やHIV感染者数という形で扱う
考え方が一般的です。ところが「HPVは性感染であって性感染症ではない」
と教えてくれた先生が「HPV感染者数と学会等で報告している人がいるが、
正確にはHPV検出数とすべきだ」とおっしゃっていました。正直なところ、
その意図がすぐに飲み込めませんでした。HPVに感染していることは事実な
のでHPV感染者数という言い方でも問題はないはずと思っていました。
 しかし、ある会議でこころの健康をどのような指標で評価すればいいかと
いう話になった時に「不登校の生徒数」というのはどうかと私が話したとこ
ろ、「不登校」は学校という環境に適応できない状態ではあるもののそれを
「不健康」と決めつけて良いのかという指摘を受けました。確かに大勢の人
の状態を「健康」といい、そうではない人たちを「不健康」という発想はお
かしいですね。不登校も性感染も一つの状態、その人にとっての通過点とと
らえれば、その状態になった人に学び、何が原因でそうなってしまったのか、
そうならないためにはどうすればいいのか、あるいはそうなってしまった時
にどう対処すればいいのかを考えることが大事なはずです。しかし、実際に
は不登校や性感染というレッテルを貼ることで解決策を教育関係者や医療関
係者にゆだね、責任を本人や家族に背負わせ、結果的には他人事にしていま
す。私自身も「エイズは他人事ではありません」と言いながらも、病気は医
療関係者が扱うべき問題という社会の意識に対して、病気があってもそれは
その人の状態の一部であって、大事なのはその人が一番生きやすい支援環境
が整っているか否かだということを積極的に伝えようとしていなかったと反
省させられました。

●『正常と異常』
 病気ではない状態を正常と考え、病気を持った状態を異常と考えてしまう
のはどうしてでしょうか。医者が病気や病人という考え方をとりたがるのは、
「病気」という診断があるとこの人は医師が対処しなければならない人
(=患者さん)というお墨付きをもらったことになります。しかし、医者が
治せる病気はいざ知らず、治せない病気までを医者に押し付けた結果、患者
さんやその家族がつらい思いをしているのだとしたらどうすればいいのでしょ
うか。
 社会学者の方に教わったのは、健康における正常(健康)と異常(病気)
という考え方は「社会」を考える時の社会規範の考え方に似ているとのこと
でした。社会規範を受け入れた社会をつくっていかないと、みんなが好き勝
手なことを言ったり、行ったりして混乱が起こってきます。そのため、社会
規範、社会のルールを決め、それにのっとって秩序を守ることで大勢の人が
安心して暮らせる社会をつくっているとのことでした。確かに社会規範は大
切ですが、社会規範という考え方も病気を診て人を診ずということに通じて
いるようです。結婚制度を異性愛者には認めても同性愛者には認めない社会
規範も人を、マイノリティーを見ていない、見ないことで大多数の方は自分
の中での葛藤をせずにすんでいます。

○『こころを病む』
 「こころを病むとはその人のものごとの優先順位が周囲の人の常識や思慮
分別から大きくかけ離れてしまうこと」という春日武彦先生の言葉をよく講
演会で紹介させてもらっています。よく考えてみると、この言葉はとらえよ
うによってはマイノリティー排除の発想とも言えますが、こころが病んでい
ることを「異常」ではなく、「大きくかけ離れているだけ」ととらえる必要
性を教えてくれている言葉でもあります。
 こころが病んでいる人は何に困るのでしょうか。周囲の人の常識や思慮分
別から大きくかけ離れていると人とつながることもできません。つながれな
かった結果、いろんな意味でつらいのだとこころを病んだ人から教えてもら
いました。こころの病を克服するために薬や精神科での専門的な治療が必要
な人もいますが、多くの人にとって大事なのはいろんな人とつながる中で、
かけ離れている状態を少しずつ修正していくことです。それも本人が修正す
るだけではなく、周りの環境、周りの人も少しずつでも修正していくことが
求められています。
 先日、「死にたくなって強くなる」というイベントに出させてもらった時
に、インドによく行かれている方が、日本では排便の後、トイレットペーパー
でおしりをふくのが常識だが、飛行機で8時間飛んだだけで、おしりを自分の
手でふくのが常識になっている。常識とはその地域の都合や事情で変わるも
のだとおっしゃっていました。なるほど。日本で公衆トイレに入り、おしり
を左手でふいた後に手を洗っている人がいたらこころが病んでいると思うで
しょうが、よく考えれば「エコ」ですね。
 
●『大麻と社会規範』
 社会規範に反することをした人は「犯罪者」という扱いになり、その人は
こころが病んでいる、あるいはそもそも社会が病んでいるという見方にはな
りにくいものです。大学内での大麻汚染も、大麻はいけないものという社会
規範を押し付けると、規範に反した人は罰を受けるという意味で退学という
のも一つの対処法なのかもしれません。しかし、社会規範を押し付けても、
どんなに正論を教えても様々な要因から一定割合の人が社会規範に反するこ
とをすると理解されれば対処法は変わってくるのではないでしょうか。
 大学生の大麻摘発が続く中、大学はもちろんのこと、中学や高校でも「薬
物は違法です。使い続けると悲惨な状態になります」というダメ絶対的手法
の講演会が繰り返されています。しかし、ダメ絶対は純潔教育と同じように
一つの社会規範、あるいは病的な状態にならないための正解の押し付けでし
かありません。もちろんそれも大事ですが、そもそも社会規範を確立し、そ
れを押し付けることで社会が成り立っているとすれば、そのことは社会規範
を守れない人がいることを認めていることとも言えます。

○『つながるために』
 綾屋紗月さんの言葉を借りると人はやはり、だれかとつながって、つなが
れてこそ人なのだとすると、つながることがつらい人にとっても、やはり最
終的にはつながれるようになることが目標になります。しかし、人とつなが
れない、つながることが難しいアスペルガー症候群という状態の方に、「病
気」や「障害」というレッテルを貼ることでかえってつながることへの障壁
を作っているように思いました。アスペルガー症候群という診断がその人の
周りの人にとって、アスペルガー症候群を正確に理解し、その人と上手につ
ながるためのノウハウ、コツを教えてもらうきっかけになるのであればいい
のでしょうが、診断の結果、アスペルガー症候群の人はつながりにくい人、
つながれない人という言い訳を周りの人に与えているとすれば本末転倒です。
 大麻に手を出してしまった人は、大麻に手を出さない強い意志を持った人
や自分を止めてくれる人とつながっていなかったことが問題です。今大麻を
していない人は、大麻につなげてくれる人とつながっていないだけのことか
もしれません。
 正常と異常、健常と障害、健康と病気、社会規範が守れる人と守れない人
という区分があることで一人ひとりがよりよくつながることができるのであ
ればいいのですが、その区分が異常や障害、病気や規範を守れない人を区別
して、切り捨て、他人事としてしまい、一人ひとりが考えることを放棄する
ために使われているとすれば悲しいことです。つながるためには正常と異常
の境目がなくなること、すべてのことが他人事でなくなることなのでしょう
ね。でもこれが難しい。



┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ハッピートラックブログ(訪問件数が50,000件を突破間近!)
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
http://blogs.yahoo.co.jp/happytruckjp/
各国コンドームの大きさを比較中。

…………………………………………………………………………………………
■御意見・御質問、お問い合わせ
☆岩室先生宛の質問も cai@circus.ocn.ne.jp 受け付けています。
…………………………………………………………………………………………
■登録/解除の方法
http://www.mag2.com/
「紳也特急」(マガジンID:0000016598)は、
上記URLよりいつでも登録/解除可能です。
…………………………………………………………………………………………
…………………………………………………………………………………………

紳也特急

RSSを登録する
発行周期 月刊
最新号 2018/01/01
部数 806部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

紳也特急

RSSを登録する
発行周期 月刊
最新号 2018/01/01
部数 806部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

ゼロから始める不動産投
はじめまして、椙田拓也です。このメルマガでは、ゼロから不動産投資を始めるための具体的な手法を解説しています。 ◎ゼロから始めて4年で14棟102室を購入した方法を大公開! ◎書籍『空室率70%でもキャッシュが回る非常識な不動産投資術』(ごま書房新社)になった方法を大公開! ◎メルマガ読者特典として、椙田が運営する不動産投資会社で無料個別面談を実施中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

『資金調達など経営者の悩みを真に解決するマガジン』
経営コンサルタントが実践から得た経験や知恵を基に、経営に役立つ「本日の経営者への一言」と、実際にあった話を基に実名を出さずに「実話風読物(カードローン取立との戦い等)」に仕立てた読物との2部構成で綴られたメルマガです。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

首都圏不動産インサイドニュース
不動産業者がゼッタイ言わない最新の業界ウラ事情をリアルタイムで暴露します!!不動産投資で儲けよう!と意気込んでいるあなた。家族を守り夢を叶える手堅い不動産投資ですが数億円の借金を負う100%自己責任の事業。海千山千の業者相手に知識武装は万全ですか?「まかせっぱなし」は命取りです。かく言う私も業者ですが、不動産に携わる者として不幸な投資家さんをゼロにしたい。本気です。業界経験13年のプロとして真実だけをお伝えします。業者と対等な立場で戦ってください。決して損はさせません。村上しゅんすけ
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

僕は『絶対倒産する』と言われたOWNDAYSの社長になった。
売上20億,負債14億,赤字2億『絶対倒産する』と言われ、メガネ業界内ではただの質の悪い安売りチェーンと馬鹿にされ続けていたOWNDAYS(オンデーズ)を30歳の時に買収し社長に就任。その後、10年間で奇跡のV字回復を遂げて、売上150億,世界10カ国に進出するまで・・、みたいな巷によくある再生物語。半分ノンフィクション。半分はフィクション。いつまで、どこまで書き続けるかはまだ未定です。 https://www.owndays.com Twitter:https://twitter.com/shuji7771 blog:https://ameblo.jp/shuji7777/
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング