紳也特急

紳也特急 vol,98


カテゴリー: 2007年10月01日
…………………………………………………………………………………………
 ■■■■■■■■■■■  紳也特急 vol,98  ■■■■■■■■■■
          http://www.cai.presen.to/
  全国、津々浦々年間100ケ所以上の教育機関などへ性教育の講演を行う
    地域医療振興協会、岩室紳也医師の衝撃のメールニュース!
   今まで届きにくかった性教育の現場を指導者の立場から鋭く解説
   〜人に聞けない性の疑問など岩室医師が答えるコーナーもあり!〜
                  Shinya Express (毎月1日発行)
-------------------------------------------------------------AD------
★ @OKAMOTO CONDOMS(アット・オカモトコンドームズ)は国内コンドーム★
★           No.1シェアのオカモト株式会社が運営する         ★
★        インターネットショッピングサイト         ★
★       新製品のモニターやアンケートを実施中        ★
★           http://www.okamoto-condoms.com/               ★
----------------------------------------------------------------------


〜今月のテーマ『考えることを放棄しない』〜

●『パートナー』
○『考えることを放棄しない』
●『若者が教えてくれること』
○『間(ま)』
●『絵を描いて記憶』

◆CAIよりお知らせ

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ハッピートラックブログ(訪問者が25,000人を突破!)
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
http://blogs.yahoo.co.jp/happytruckjp/


★横浜のイベントに出張啓発ハッピートラックが初出店!★
10月14日ディワリ横浜@山下公園に出店予定です。
http://india.hamacco.net/

10月27,28日アースガーデン秋@代々木公園に出店予定です。
http://www.earth-garden.jp/en_event/2007/08/post_11.html

※両イベント共に
25才以下の方へクラミジア郵送検査キット無料配布します!

…………………………………………………………………………………………

●『パートナー』
 ○○高校で講演を聞いたものです。僕は最近彼女にふられてしまったので
すが、友達の延長線上でつきあってる感じでした。中学のときから同じクラ
スで家もチャリで10分とかの距離で幼なじみって感じでした。その分相手
をよく見てなかったと思います。先生が講演中、奥さんを『家内』とか『妻』
とかでなく、パートナーっと言っていたことに気づきました。自分に足らな
かったのはこれかなと思いました。相手をパートナーとして互いに助け合い、
理解しながら生きてくのが大事なんですね。とても大切なことにきづけたき
がします。講演会ありがとうございました。
 講演会でどのような言葉を使うかは常に神経を使います。ただ、自分の奥
さんのことをどう呼んでいるかを意識したことはありませんでした。しかし、
この講演会では確かにパートナーがいることがどんなに素敵なことなのかを
語っていた、語ろうとしていたように思います。この彼は私のその思いを自
分がふられた経験に重ねてみて何かを感じてくれたのだと思いました。言葉
選びの問題だけではなく、自分が語っていることすべてに、丁寧に、神経を
いきわたらせなければならないことを高校生の彼にあらためて確認させても
らいました。感謝です。
 一つ若者からの学びが印象に残ると、次から次へと同じような経験が続く
ものです。そこで、最近若者に教えてもらった言葉「考えることを放棄しな
い」を今回のテーマとしました。

『考えることを放棄しない』

○『考えることを放棄しない』
 ある講演会の後、こんな感想をもらいました。
 いままでのいくつかの講演と比べてみると岩室先生が仰っている内容は酷
く難しい事だ、と感じました。
 以前講義をされた、中絶反対の女の方は、考えなしにセックスしてはいけ
ない。相手のことを考えなければならない。中絶は精神的にも身体的にもき
ついのだ。そういったことを一時間ばかり話されました。しかし、その時の
話はみんな理性に基づいた考え方ばかりで、まったく間違いがない正論ばか
りだったので、私はとても微妙な気分で「そもそもセックスをする時に理性
なんてふっとんでしまう。そんなとき、理性がたたき出した正論なんて、ど
んなに役に立つだろう?ぜんぜん意味がないじゃないか」と、そんなふうな
無力感ばかりを感じました。
 そんな難しい問題を、私達難しい年頃の若者に、冗談を交えつつ話をされ
ている岩室先生からは、何かを真摯に伝えたい、と心から願う人特有の、人
を惹きつける力を感じました。だけど、先生の明るい語り口とは裏腹に、ど
こか悲しい、寂しい印象を少し受けました。実際にAIDSで亡くなった患
者さん達が、先生の話される軽快な言葉に勢いや情熱ばかりでなく、重さや
真剣さをもたせているのだろう、と思うと、他人事だと笑い、流す事はでき
ませんでした。
 「知識は何の役にも立たない」という一言が、講演の後もずっと頭のなか
に浮かんだままです。
 高校生(しかも女子)をやっている今、性について真面目に考える機会な
どはほぼないですし、あまり気軽にぺらぺら話したりすることは、難しいで
す。自分で色々考えたくても、材料となる情報は氾濫していて、何を思考の
軸におけばよいのかわからず、自分のなかに浮かんだ疑問・問題はいままで
ほったらかしのままでした。
 今日岩室先生の話を聞いて、いくつか初めて知ることもあり、とても勉強
になりました。特に男女の性の感じ方、考え方の大きな違いについては
「ああ、やっぱりそうなんだ」と思いました。
 これからも色々なことについて、考えることを放棄せずに生きていけたら、
と思います。 
 疑問に思うことがあったらまたメールさせて頂きたいです!
 日本中を飛び回っているということですが、お身体に気を付けてがんばっ
てください! 
 今日は本当にありがとうございました。

 思春期保健指導者研修会というのをさせていただいていますが、そこでは
受講生の方に「事例性」、「当事者性」を大事にしながら、聞き手との関係
性を損なう「スローガン」はやめましょうを基本に、それぞれが話す内容、
話し方を磨いていただいています。そのような研修会をさせていただく時期
は、実は一番自分の講演を振り返る時期でもあり、自分自身の話の「事例性」
「当事者性」、「関係性」を意識して話していたように思います。そして、
その思いがちゃんと伝わっていたことに、あらためて人に何かを伝える上で
大事にしなければならないことを再確認させてもらいました。

●『若者が教えてくれること』
 若者に「ちゃんと考えているの」といった説教をしたことはありませんか。
言葉にしなくても、私自身、同じような思いで若い人を含め他の人を見てし
まうことがあります。そんな私は「考えることを放棄しない」という言葉を
高校生から聞くとは思っていませんでした。さらにその言葉が私の講演を聞
いた感想の中で語られたことで私自身、ハッとさせられました。
 私の講演では、ただ知識を押し付けるだけではなく、ただ情報を伝えるだ
けではなく、自分のことを含めた、私自身の周りにある様々な方々の経験を
通して、何かを感じ、これからの生き方について少しでも考えてもらえれば
と思っていました。しかし、「あなたはどう思う」とか、「あなたならどう
する」ということはあまり聞きません。その代り、例えば、HIVに感染してい
る友達の保健師さん、北山翔子さんはパートナーがHIVに感染しているとは思
えなかった。知識があっても、逆にその知識が邪魔をしちゃった。間(ま)を
一呼吸入れながら、私が彼女とこの件でやり取りした時の状況を思い出しなが
ら、彼女との会話を再現するようにしていました。この「間」をとることが聴
衆に考える余裕、機会を与えているようです。「考えることを放棄せず」と
彼女が考えてくれた背景には、考える間を、考えるチャンスを講演の中で作っ
ていた自分があったのかと気付きました。

○『間(ま)』
 最近、他の人の話を聞くのが面白いのですが、ある人の「これでもか、こ
れでもか」という思いのこもった講演会を聞きながら、聴衆の何人かがコッ
クリコックリと睡眠タイムに入っていきました。その人たちも「聞かなくっ
ちゃ」と思いつつ、目をさまそうとしつつ、なぜか頭がさえず眠気が襲って
きていました。
 ところが、その講師の話が情報の伝達から事例の紹介に移ると寝ている人
がいなくなりました。情報の伝達の時は一生懸命知識を羅列するのですが、
事例の話になると、丁寧に、その事例を話し手自身が思い出しながら話すた
め聞き手とのキャッチボールのような感覚になってきます。専門職に限らず、
人は情報を伝えたくなるとトップダウン、詰め込み、機関銃方式で情報を伝
えようとしますが、それだと相手がその情報を受け止め、考え、自分のもの
とする余裕が生まれません。一方で聞き手の心とのコミュニケーションが成
立すれば、伝えたいことが伝わるだけではなく、聞き手自身がいろんなこと
を考えてくれる余裕が生まれます。

●『絵を描いて記憶』
 こんなことを考えていたら、タモリさんの記憶術という話を聞きました。
記憶力のいいタモリさんは物事を記憶しようとする時、頭の中にある情景を
思い浮かべ、そこに記憶したいことを絵として書き込んでいくそうです。人
に何かを伝えようとする時、言葉で伝えてもなかなか覚えてもらえないのを
絵や映像を見せると記憶に、印象に残って覚えてもらえやすいようです。
Power Pointの良さは絵や写真とともに音楽を組み合わせ印象に残る伝え方が
できることです。もっとも、映像文化に慣れている人にはBGMのように印象
に残らないものになる可能性もありますので要注意です。
 私のこころに響いた話をしてくれる人は、その話を聴いている時に私のこ
ころの中に一つの絵を描いてくれています。これからも、「間(ま)」を意
識し、聴き手のこころの中に絵が描けるような講演会をしなければと、若者
の声と他の人の講演会を聴きながら今更ながら認識させていただきました。
そして、やはり「聴く」とは「十四の心で聞くこと」なのですね。いろんな
人に感謝です。



◆CAIよりお知らせ

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ハッピートラックブログ(訪問者が25,000人を突破!)
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
http://blogs.yahoo.co.jp/happytruckjp/

★横浜のイベントに出張啓発ハッピートラックが初出店!★
10月14日ディワリ横浜@山下公園に出店予定です。
http://india.hamacco.net/

10月27,28日アースガーデン秋@代々木公園に出店予定です。
http://www.earth-garden.jp/en_event/2007/08/post_11.html

…………………………………………………………………………………………
■御意見・御質問、お問い合わせ
☆岩室先生宛の質問も cai@circus.ocn.ne.jp 受け付けています。
…………………………………………………………………………………………
■登録/解除の方法
http://www.mag2.com/
「紳也特急」(マガジンID:0000016598)は、
上記URLよりいつでも登録/解除可能です。
…………………………………………………………………………………………
…………………………………………………………………………………………

ついでに読みたい

紳也特急

RSSを登録する
発行周期 月刊
最新号 2017/04/01
部数 798部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

今週のおすすめ!メルマガ3選

相馬一進の、1億稼ぐビジネスの本質|マーケティングと心理学
・天職で1億稼いだ相馬一進が、お金、自己啓発、仕事について、 心理学とマーケティングの側面から語る本格派メールマガジン。 ・著者の相馬一進は、ダライ・ラマ14世や、『7つの習慣』の スティーブン・コヴィーや、リチャード・ブランソンなどの、 海外セミナーへの日本人ツアーを企画、集客した実績を持つ。 ・最先端の起業・副業のノウハウや、マーケティングの原理原則、 生活の中からストレスを減らす方法、モチベーションの心理学、 複数の収入源を持つ方法、働く時間を減らす秘密などを配信中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

一緒に歩もう!小富豪への道
富裕層むけ、富裕層入りを目指す方むけの究極の資産防衛メルマガ!一国だけに資産を集めておくのは危険な時代がやってきました。海外ヘッジファンド、貴金属、不動産からアンティーク・コインまで、金融不安に負けない世界分散ポートフォリオを、経験豊富なファイナンシャル・プランナーが誠意をもってご案内します。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2009年10月、130万円だった株式資産は2015年に5000万円を突破。定期預金などを合わせた資産は1億円に。 平成24年より投資顧問業(助言)を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 メールマガジン「日本株投資家 坂本彰 公式メールマガジン」は2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数2万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 2016年12月1日『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』が日本実業出版社より発売!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から3年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

ダメおやじの全財産をかけた崖っぷちFX通信
【1日に数万人が熟読する人気FXブログのメルマガ版】 相場歴30年以上のダメおやじがFXノウハウを大公開! 毎朝配信!毎日の経済指標情報や攻略法を無料で解説しています。 ●損切りがうまくできない、利食いが浅い ●ポジポジ病(ポジションを不要に持ってしまう) ●コツコツドカーン(小さく勝っても大きく負ける) ●エントリータイミングわからない ●メンタル面が弱い このようなお悩みがあれば購読してみてください。 FX初心者から経験者まで、FXの悩みをこのメルマガで解消します。 期間限定でメルマガ内で数万円相当分のFX情報商材をプレゼント中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング