紳也特急

紳也特急 vol,77


カテゴリー: 2006年01月01日
---------------------------------------------------------------------
 ■■■■■■■■■■■  紳也特急 vol,77  ■■■■■■■■■■
          http://www.cai.presen.to/
  全国、津々浦々年間100ケ所以上の教育機関などへ性教育の講演を行う
    地域医療振興協会、岩室紳也医師の衝撃のメールニュース!
   今まで届きにくかった性教育の現場を指導者の立場から鋭く解説
   〜人に聞けない性の疑問など岩室医師が答えるコーナーもあり!〜
                  Shinya Express (毎月1日発行)
-------------------------------------------------------------AD------
★ @OKAMOTO CONDOMS(アット・オカモトコンドームズ)は国内コンドーム★
★           No.1シェアのオカモト株式会社が運営する         ★
★        インターネットショッピングサイト         ★
★       新製品のモニターやアンケートを実施中        ★
★           http://www.okamoto-condoms.com/               ★
----------------------------------------------------------------------


〜今月のテーマ『ストレス社会を取り戻そう』〜

●『お金を払っているんだから』
○『相談にみるストレス弱者たち』
●『出会いは必然』
○『評価はストレス弱者づくり?』
●『ストレス社会の再来を』


◆CAIよりお知らせ
「本年も宜しくお願いいたします」

http://blogs.yahoo.co.jp/happytruckjp
新宿ゴールデン街のイベント報告はブログで。


---------------------------------------------------------------------
●『お金を払っているんだから』
 電車の中での親子の会話
 子:スポーツクラブの泊まりのスキーの時、夜おしっこをしたくなったら
一人で行かないといけないの。
 母:引率のお兄さんにお願いすればいいじゃない。
 子:ついていってくれるかな。
 母:当たり前でしょ。お金払っているんだから。
 どこか変だと思いませんか。思い出すのが新聞でも話題になっていた「親が
給食費を払っているのに、学校の給食時に『いただきます』『ごちそうさま』
と言わせるのはおかしい」という意見です。やはりどこか変です。確かにお金
で解決することも多く、私もお金のありがた味を感じていますが、どっちも変
ですよね。このような感覚がどうして育つのでしょうか。原因はいろいろある
でしょうが、このような感覚の人は私のようなうるさ型の友人はいないのでしょ
うね。よく類友といいますが、同じような考えの人しか友達にしないのは少し
でも自分の意に反することを言う人を自然と遠ざけてしまうためでしょう。た
だ、自分の意に沿うような人だけと付き合っていると、結果的にはストレスに
弱い人、切れる人、閉じこもる人になってしまいます。人にはある程度ストレ
スが必要だという思いから、今年最初のテーマを「ストレス社会を取り戻そう」
としました。

『ストレス社会を取り戻そう』

○『相談にみるストレス弱者たち』
 最近、紳也’s HPのi-mode版からの相談が増えたのですが、そこから来る相
談の特徴は「他人からの解答」だけを求めていて「自分で考える」ことを放棄
している人が多いことです。でもこれは世間一般でも同じではないでしょうか。
迷うとその迷いに対する解答を求めてインターネットや携帯サイトにアクセス
するんでしょうが、「最後に決めるのはあなたですよ」という風に持っていく
と「冷たい」という反応になります。先を、結果を考えないで行動し、不安に
なり、誰かに相談し、何とかしてもらう。その時に自分がお金でも払っていよ
うものなら強気に出る。他人にしてもらうことだけを考え、自分から何かをす
るという発想がない。確かに自分で考え、自分で選択し、自分で行動し、結果
に責任をもつことは結構なストレスとなります。誰かが決めてくれた方が楽だ
という育ち方をしてくると、ついついその楽な生き方を選択してしまうのでしょ
うね。

●『出会いは必然』
 お子さんが性同一性障害ではないかと悩んでいるので情報をもっていません
かという相談を受けました。私は文献や本を読んだ程度で、詳しいことはわか
らなかったのでそのように返事をさせていただきました。ただ、個人的には
「包茎」で悩んで泌尿器科を受診する人の中にかなりの数のこころの病が背景
にあるように、いろんなストレスや悩みを抱えている人が「性同一性障害」と
いう診断に逃げ込む場合もあるのではないかと思っていました。そんなことを
考えていたら、熊本で開催された日本エイズ学会後のぷれいす東京の飲み会で
必然とも思えるすばらしい出会いをいただきました。中村美亜さんという性同
一性障害の方でした。思わず私が感じていた「診断に逃げ込む人がいるのでは
ないか」という疑問をぶつけたところ、「そういう場合もあるんじゃないです
か」という返事をいただき、中村さんの著書「心に性別はあるのか?」(医療
文化社)を読んで、セクシュアリティやジェンダーを少し違った目で見られる
ようになった気がします。いろんな人との出会いをストレスではなく、自分が
生きる糧にしたいですね。本当に熊本での出会いに感謝です。

○『評価はストレス弱者づくり?』
 話は少し飛びますが、最近、各方面で「評価」ということを叫んでいる人が
多くないでしょうか。「Evidenceに基づくエイズ教育」と聞くと一見すばらし
いようですが、本当に一言言っただけで行動を変えるような人たちを作ってい
いのでしょうか。本来(というか、昔の)人間は行動を変えられるようになる
までに相当な時間とストレスを繰り返していなかったでしょうか。
 反省を込めて自己分析をしてみると、私がどんどん増える体重に歯止めをか
けられなかったのも、少しお金があるから太ってもワンサイズ上の服をすぐに
買えたからです。自分の体型が気に入らないと、その事実を無視するようにし
ていたのは何を隠そう私自身です。その私にやせる気を起こさせ、10キロのダ
イエット(後5キロはやせる予定)に導いてくれたのが「先生、顔変わりまし
た?(はっきり言って醜くなりましたというニュアンスでした)」という何と
も言えないきつい一言でした。でもそのようなストレスに切れることなく、逆
にやる気に変えられたのは、ストレスに少しは強いところがあるからだと思い
ます。しかし、ストレスに弱い人は、我慢が出来ず、気に入ったものがすぐ手
に入るお金に執着し、もっとも大事な小言を言ってくれる友達を排除していな
いでしょうか。安易な評価を求めることは、すぐに結果を出したい現代人をま
すますストレスに弱くしてしまう、ストレス弱者づくりに加担しているように
思えてきました。

●『ストレス社会の再来を』
 受験戦争を解消して、一人一人が自分にあった生き方を選択できるストレス
の少ない社会づくりを目指してきた結果、思いとは裏腹に、人に学べない、自
分で考えられないストレス弱者を数多く育ててきたようです。大家族だと世代
間の価値観も異なるし、好みも、ライフスタイルも異なるからと核家族化が進
み、ストレスにまみれる環境がなくなりました。関係性の喪失はストレス回避
の結果です。
 ストレス社会、すなわち関係性を再構築した社会は人づくりをする上で不可
欠なもののようです。その意味でも性教育も「純潔」を叫んでいる人もいれば、
「コンドーム」を叫んでいる人もいる。「生きる力」にこだわる人もいる。い
ろんな人に関われば若者たちにとって「自分で考え、自分で選択し、自分で行
動し、結果に責任をもつ」ことが当たり前となり、悩んだときにも、いろんな
人が周りにいるので適切な情報をもらえるようになるのではないでしょうか。
そんな社会に早くしたいものです。
 今年もよろしくお願いします。


◆CAIよりお知らせ

「本年も宜しくお願いいたします」

http://blogs.yahoo.co.jp/happytruckjp
新宿ゴールデン街のイベント報告はブログで。

アースデイ東京に向けてクルーを募集しています。

---------------------------------------------------------------------
■御意見・御質問、お問い合わせ
☆岩室先生宛の質問も cai@circus.ocn.ne.jp 受け付けています。
---------------------------------------------------------------------
■登録/解除の方法
http://www.mag2.com/
「紳也特急」(マガジンID:0000016598)は、
上記URLよりいつでも登録/解除可能です。
---------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------





紳也特急

RSSを登録する
発行周期 月刊
最新号 2017/07/01
部数 807部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

紳也特急

RSSを登録する
発行周期 月刊
最新号 2017/07/01
部数 807部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

相馬一進の、1億稼ぐビジネスの本質|マーケティングと心理学
・天職で1億稼いだ相馬一進が、お金、自己啓発、仕事について、 心理学とマーケティングの側面から語る本格派メールマガジン。 ・著者の相馬一進は、ダライ・ラマ14世や、『7つの習慣』の スティーブン・コヴィーや、リチャード・ブランソンなどの、 海外セミナーへの日本人ツアーを企画、集客した実績を持つ。 ・最先端の起業・副業のノウハウや、マーケティングの原理原則、 生活の中からストレスを減らす方法、モチベーションの心理学、 複数の収入源を持つ方法、働く時間を減らす秘密などを配信中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

WEBマーケティングを学ぶためのメールマガジン
国内トップクラス(ユーザー数70000人)のWordPressテーマTCDやフォトマルシェ、ロゴマルシェなどを運営する株式会社デザインプラスの中田俊行が発行するメールマガジン。 アフィリエイトから始めた著者が、ネットマーケティングや最新のウェブ業界の情報を発信していきます。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から3年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

3連単3頭ボックスで超簡単に万馬券をゲットする競馬プロジェクト
◆読者6000人突破!まぐまぐ殿堂入り!! 圧倒的に少ない買い目で馬券を的中させます。 指定した《3頭》をボックスで買うだけで・・・ 昨年は9万馬券&7万馬券が当たりました。 一昨年にはなんと10万馬券も的中させています! 馬券は3頭をボックスで買うだけなので 誰がやっても買い目は同じ。 女性でもOK、競馬初心者でもOK 資金が少ない人でもOKです。 しかし、買い目が少ないので 当たればガツンと儲かります! こんな競馬予想は他にありません! ☆彡メルマガ広告主様大歓迎です☆彡
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

生きる意味は仏教に学びなさい
仏教メルマガ読者数日本一。今この瞬間に幸せを感じ、後悔のない人生にする方法とは?なぜどんなにお金があっても幸せになれないのか。むなしい人生になってしまう原因とは?あなたの人生を背後で支配する運命の法則と99%の人が自覚なく不幸を引き寄せている6つの行いとは…?仏教史上初のウェブ通信講座を開設、仏教の歴史を変え続ける中村僚が、葬式法事仏教となった現代日本の仏教界では失われた本当の仏教の秘密を公開。発行者サイトでも隠された仏教の秘密を無料プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング