紳也特急

紳也特急 vol,70


カテゴリー: 2005年06月01日
---------------------------------------------------------------------
 ■■■■■■■■■■■  紳也特急 vol,70  ■■■■■■■■■■
          http://www.cai.presen.to/
  全国、津々浦々年間100ケ所以上の教育機関などへ性教育の講演を行う
    地域医療振興協会、岩室紳也医師の衝撃のメールニュース!
   今まで届きにくかった性教育の現場を指導者の立場から鋭く解説
   〜人に聞けない性の疑問など岩室医師が答えるコーナーもあり!〜
                  Shinya Express (毎月1日発行)
-------------------------------------------------------------AD------
★ @OKAMOTO CONDOMS(アット・オカモトコンドームズ)は国内コンドーム★
★           No.1シェアのオカモト株式会社が運営する         ★
★        インターネットショッピングサイト         ★
★       新製品のモニターやアンケートを実施中        ★
★           http://www.okamoto-condoms.com/               ★
----------------------------------------------------------------------

〜今月のテーマ『若者が求める性教育』〜

●『高校生の思い』』
○『岩室からの返事』
●『まるで岩室の差し金?』
○『自民党のシンポジウムや本に岩室が写真で登場』
●『ウソはいけません』
○『自民党よ、しっかりしてください』
●『否定ではなく共生を』


◆CAIよりお知らせ
「ハッピートラック@第7回アジア・太平洋地域エイズ国際会議(7th ICAAP)」
2005年7月2,3,4日 展示ブースに出展します!

「ハッピートラック@*earth garden“夏”at 代々木公園」
2005年7月9,10日 出店します!

---------------------------------------------------------------------

●『高校生の思い』

 先日、次のメールをいただきました。ご本人の了解を得てご紹介させていた
だきます。

初めましてこんにちは。
 私は今埼玉県のとある学校で高校3年生をしている17歳の女子です。岩室
先生のメールマガジンを毎回逐一細かく・・・とは言えませんが拝見させて頂
いてます。これは岩室先生に尋ねることでは無いと思うのですが前からずっと
思っていた疑問があるので先生から見てどう思っているのか聴いてみたいと思
い、先生にメールをさせてもらいました。
 お聴きしたいことというのは今の日本の性教育についてです。私は以前にも
(といっても結構最近ですが)とあるサイトのBBSで訊いたことがあるので
すが私は今の日本の性教育は緩いと思うんです。といっても昔よりは良くなっ
ているのかもしれませんが。他の国では性教育の際にコンドームも配布したり
など、最近の若者の異様な性の発達(?)に合わせてしているらしいのに何故、
日本の学校ではそういうことを殆ど全くと言って良いほどしないのでしょうか?
確かに保健の時間等で色々言ってくれる先生達もいます。が、その先生達でさ
え間違ったことを教えることもあるようです。それにそこまで深くはやってく
れないのが現実です。私はもっと徹底・・・というのも変かもですがもっと、
ちゃんと日本でも性について教えるべきだと思うのです。ただでさえ今の日本
の若者の初SEXの時期の平均は16.5歳くらいだと聞いています。でもその年
齢の時までにどれだけの性教育がされているのでしょうか?避妊の仕方やSE
Xをしたことによって起こる事や・・・殆どと言って良いほど私にはされてい
ない様に感じるのです。保健で習うとしたらただただお決まりのコンドームを
正しく着けましょう。とかで勿論、それは良いことなのですが正しい着け方に
ついて教えることもなく言っているだけです。そんなので性教育と言えるので
しょうか?私は疑問なのです。
 私は昔観たドラマ等の影響でAIDSについてやSTDについて等、そこま
で深くはないですが個人的に調べたりもしました。だから周りの同世代の人達
より多少は知ってるつもりなのですが正直、驚かされました。周りの人達がい
かに知らな過ぎかということに。生理中にやるSEXが安全なワケないですし、
ましてや途中からコンドームを着けることや膣外射精で避妊が出来るわけでも
ない。今は思い出せませんがもっと根本的なこと等も知らな過ぎていて頭がク
ラクラしそうだったのを覚えています。そんな人達が無知式のSEXをしてい
ると思うと恐くて仕方ありません。そういう所も考慮して日本はもっと性教育
にも力を入れるべきではないのでしょうか?と思うのです。
 岩室先生にまるで愚痴の様に言ってしまいすみません。ですが実際先生はど
う思われますか?もし、気が向いたらで良いのでご返事下さると光栄です。気
が向かなかったり何だ、こりゃ。と思われたら別に返事は良いので・・・ ご
多忙な中、こんな長文メールを送ってしまいすみません。そしてここまで読ん
で下さってありがとうございます。

○『岩室からの返事』
 貴重なメールありがとうございます。
 あなたの意見はごもっともだと思います。しかし、あなたのように思ってい
てもそのことを社会に対して発信する人はほとんどいません。私に送っていた
だいたメールをぜひとも新聞、それもメジャーなのに投稿しませんか。大人た
ちが考えている以上に日本の若者の性の現状は悲惨な状況になっています。そ
れは単に性体験の年齢が低くなっているだけではなく、エイズをはじめとした
性感染症や望まない妊娠の蔓延にみんなが他人事意識を持ってしまっているこ
とだと思っています。さらには逆のセックスレスの問題といった人と人との関
係性障害が性生活の中に影を落としているという現実もあります。
 しかし、残念ながら危機意識を持っている人は少なく、むしろ自分たちの都
合がいいように性教育批判をしている人たちが幅を利かせています。若い人の
視点で「大人たちよもっと責任を持て」と声を出していただけるとありがたい
ですね。

 読者の方からのメールほど励まされるものはありません。どんな理由にせよ
「岩室にメールを書くなんて・・・」と思っている人がいたとしたらそれはと
んでもない誤解です。一番メールを、コミュニケーションを待っているのが私
だと思います。特に励ましのメールはうれしいですね。
 ということで今月のタイトルは「若者が求める性教育」としました。

『若者が求める性教育』

●『まるで岩室の差し金?』
 『保健で習うとしたらただただお決まりのコンドームを正しく着けましょう。
とかで勿論、それは良いことなのですが正しい着け方について教えることもな
く言っているだけです。そんなので性教育と言えるのでしょうか?私は疑問な
のです。』
 先のメールで一番気に入ったところを改めて紹介しましたが、まるで岩室が
後ろで操っている、というか女子高生を語って架空のメールを紹介していると
もとれる内容です。スローガンだけでは「何が正しいの」と若者たちは思うの
でしょうが、多くの大人たちは「そんなのは自然と覚えるもの」と勘違いして
いる事実があります。そして性教育バッシングの嵐が、なんと自民党の中で吹
き荒れていました。

○『自民党のシンポジウムや本に岩室が写真で登場』
 先日、自民党で開催された「過激な性教育・ジェンダーフリー教育を考える
シンポジウム」で私の写真が映し出されたというのを聞き、そこで参考資料と
して写真やイラストが抜粋された『新・国民の油断』「ジェンダーフリー教育」
「過激な性教育」が日本を滅ぼす(西尾幹二、八木秀次著:PHP研究所)を私自
身が早速購入してみました。
 読んで、というより開いてびっくり。確かにその本の129ページに
「170センチの巨大ペニス模型を用いて講演する岩室紳也氏」と紹介された私の
写真が出ています。ゲッ!!!!!ですよね。
両著者の対談形式で書かれた中の一文を紹介します。
八木 「思春期研究会」と言う小中高の養護教諭をメンバーとする全国組織が
あるのですが、そこにおかしな性教育が入り込んでいます。先ほど、名前の出
た北村邦夫氏らが指導にあたっています。
 養護教諭は圧倒的に女性が多いのですが、彼女たちが子どもたちに性教育を
するために手作り教材の製作を指導しています。川崎の小学校には「チャンピ
オン」と名づけられ百七十センチの巨大ペニスの模型がありますが、これもそ
この指導で作られたものです。ここには岩室紳也氏という医者が関わっていま
す。(一二九ページ参照)
なお、PHP研究所には無断で写真を掲載した経緯と今後の出版社としての対応に
ついて申し入れているところです。

●『ウソはいけません』
 この写真を見れば某県(敢えて伏せます。これ以上喧嘩をしても意味がない
ので。でもそこは最近性感染症も望まない妊娠も明らかに減少しているんです
よね。)の方は「うちが呼んだ時の写真だ」とすぐわかるでしょう。そしてこ
の巨大ペニスの模型は私を呼んでくださった方々が作ったもので、私がつくっ
たものではありません。さらに私の記憶ではこの模型は他にも貸し出されたと
は聞きましたが、少なくとも私が触っているのは川崎で作ったものではありま
せん。
 そもそも私がコンドームの装着法の研究をするようになったのは、日本人に
多い包茎の人に正確でより科学的、かつ安全なコンドームの装着法を伝えるた
めです。その過程で模型を作り、友人であり、私の患者でもあるHIV(+)のパ
トリックが「チャンピオン」と名づけてくれました。しかし、私の模型は小さ
く、広い会場で後ろの方の人は見えないから見えるようにということで私を呼
んでくれた人たちが講演会の時に「こんなのをつくりました」と紹介してくれ
ました。ちなみにその本に紹介された写真時の講演会参加者は大人で、専門的
な視点からコンドームの重要性を学びたいということでした。(もっとも私は
学校の体育館の後ろの方で見えない人はそれでよく、興味があればネットを検
索してくれるのでいいと思っています)。

○『自民党よ、しっかりしてください』
 このように、私が書かれたところだけしかコメントしませんが、その部分は
まったくの創作物語ですよね。私が手作り教材の製作を指導している事実もな
ければ、私が触っている写真は川崎の小学校のものでもなければ、「チャンピ
オン」という名でもないものが、まるで私の指導で作られたという全て誤った
情報がお金をとって売られています。そのような本を題材に、自民党ともあろ
う政党が事実関係の確認もせずシンポジウムで使ったというのはあまりにも情
けないですね。しっかりしてください。

●『否定ではなく共生を』
 私の話を聞き、コンドームの装着法も見て、それでも次のような感想をくれ
る女の子がいます。
 『私は恋人ができても、結婚するまで相手が望んでいようが、相手に嫌われ
ようが、性行為はしたくありません。私は「自分を大切にしろ。自分の行動に
責任を持って行動しろ。」といつも言っている両親を誇りに思っているからで
す。』
 現代のように誤った、欲情を煽るような情報があふれている中で、自分がど
う生きたいかを言えるなんてすごいですよね。親ももちろんですが、多くの大
人が自分の背中をもっと見せたいものです。若者たちはすごい能力をもってい
ます。そのことが信じられないと結局は自分の勝手な思いを押付け合う、愛の
ない世界になってしまうと思いませんか。





◆CAIよりお知らせ
「ハッピートラック@第7回アジア・太平洋地域エイズ国際会議(7th ICAAP)」
2005年7月2,3,4日 展示ブースに出展します!
 http://www.icaap7.jp/jpn/index.html
※最終日の4日は一般開放(無料)される予定です。
☆レッドリボンのオリジナルピアスを特別に販売します!

「ハッピートラック@*earth garden“夏”at 代々木公園」
2005年7月9,10日 出店します!
 http://www.earth-garden.jp/
 性感染症検査キット無料配布予定!(25才以下先着500名様)

---------------------------------------------------------------------
■御意見・御質問、お問い合わせ
☆岩室先生宛の質問も cai@circus.ocn.ne.jp 受け付けています。
---------------------------------------------------------------------
■登録/解除の方法
http://www.mag2.com/
「紳也特急」(マガジンID:0000016598)は、
上記URLよりいつでも登録/解除可能です。
---------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------



ついでに読みたい

紳也特急

RSSを登録する
発行周期 月刊
最新号 2017/04/01
部数 798部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

今週のおすすめ!メルマガ3選

相馬一進の、1億稼ぐビジネスの本質|マーケティングと心理学
・天職で1億稼いだ相馬一進が、お金、自己啓発、仕事について、 心理学とマーケティングの側面から語る本格派メールマガジン。 ・著者の相馬一進は、ダライ・ラマ14世や、『7つの習慣』の スティーブン・コヴィーや、リチャード・ブランソンなどの、 海外セミナーへの日本人ツアーを企画、集客した実績を持つ。 ・最先端の起業・副業のノウハウや、マーケティングの原理原則、 生活の中からストレスを減らす方法、モチベーションの心理学、 複数の収入源を持つ方法、働く時間を減らす秘密などを配信中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

一緒に歩もう!小富豪への道
富裕層むけ、富裕層入りを目指す方むけの究極の資産防衛メルマガ!一国だけに資産を集めておくのは危険な時代がやってきました。海外ヘッジファンド、貴金属、不動産からアンティーク・コインまで、金融不安に負けない世界分散ポートフォリオを、経験豊富なファイナンシャル・プランナーが誠意をもってご案内します。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2009年10月、130万円だった株式資産は2015年に5000万円を突破。定期預金などを合わせた資産は1億円に。 平成24年より投資顧問業(助言)を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 メールマガジン「日本株投資家 坂本彰 公式メールマガジン」は2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数2万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 2016年12月1日『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』が日本実業出版社より発売!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から3年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

ダメおやじの全財産をかけた崖っぷちFX通信
【1日に数万人が熟読する人気FXブログのメルマガ版】 相場歴30年以上のダメおやじがFXノウハウを大公開! 毎朝配信!毎日の経済指標情報や攻略法を無料で解説しています。 ●損切りがうまくできない、利食いが浅い ●ポジポジ病(ポジションを不要に持ってしまう) ●コツコツドカーン(小さく勝っても大きく負ける) ●エントリータイミングわからない ●メンタル面が弱い このようなお悩みがあれば購読してみてください。 FX初心者から経験者まで、FXの悩みをこのメルマガで解消します。 期間限定でメルマガ内で数万円相当分のFX情報商材をプレゼント中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング