紳也特急

紳也特急 vol,48


カテゴリー: 2003年08月01日
######################################################################
 ■■■■■■■■■■■  紳也特急 vol,48  ■■■■■■■■■■
          http://www.cai.presen.to/
  全国、津々浦々年間100ケ所以上の教育機関などへ性教育の講演を行う
    地域医療振興協会、岩室紳也医師の衝撃のメールニュース!
   今まで届きにくかった性教育の現場を指導者の立場から鋭く解説
   〜人に聞けない性の疑問など岩室医師が答えるコーナーもあり!〜
                  Shinya Express (毎月1日発行)
########################################################〜 AD 〜######
★ @OKAMOTO CONDOMS(アット・オカモトコンドームズ)は国内コンドーム★
★           No.1シェアのオカモト株式会社が運営する         ★
★        インターネットショッピングサイト         ★
★       新製品のモニターやアンケートを実施中        ★
★           http://www.okamoto-condoms.com/               ★
######################################################################

〜今月のテーマ『いま、12歳が求めていること』〜

●『講演後のメール』
○『今日から第10回AIDS文化フォーラム in 横浜』
●『いま、12歳が求めていること』
○『小学生としての記憶』
●『日本の小学校はへん?』
○『体の変化に一人で戸惑う』
●『人の体を見て安心』
○『12歳に必要なこと』
●『お医者さんごっこ』
○『痛みを知る大切さ』
●『命の大切さを言葉だけで言うな』


◆CAIより今月のコラム
「10代女性を取り巻く性情報」

---------------------------------------------------------------------
●『講演後のメール』(HPから送られてきました)
 この前は○○高校に来てくださって、本当にありがとうございました。私は
○○高校の2年です。この前の講演会での先生の話、とってもよかったです。
すごくためになりました。
 私の彼氏はエッチのときに、自分でコンドームを持ってきてくれないんです。
一度頼んだけど、忘れちゃったって笑って済ますし…。それがずっとイヤでし
た。自分の事本当は大切にしてくれてないんじゃないかなぁとか、妊娠の事を
軽く考えてるのかなぁなんて、彼氏には言わなかったけど正直本当に辛かった
んです。
 けど「彼女を大切にしている男なら、コンドームをハードケースに入れて持
ち歩く」という先生の話を聞いて、勇気を出して悩みを彼氏に打ち明けました。
そしたら彼氏も謝ってくれて、これからはちゃんと持ち歩くからって言ってく
れてます。もし先生の話を聞いていなかったら、自分の気持ちをいえないまま
コンドームをつけないでエッチしていたかも…。そう考えると凄く怖くなりま
す。望まない妊娠なんてかなしすぎるから。
 きっと私だけじゃない、他の女の子や男の子も先生の話で何かが変わったと
思います。講演会が終わった後、「あの先生、よかったよね」って友達も言っ
てました☆ これからも色んな場所で、お話してください。応援してます!!

○『今日から第10回AIDS文化フォーラム in 横浜』
 夏休み前はいろんな学校で講演を頼まれ、東奔西走する日々でしたが、この
ような励ましのメールをもらえると正直ほっとします。本当は私の話で若者の
性行動がどうかわるかの統計を取りたいところですが、学校では生徒のプライ
バシーを教師が知ってしまう可能性があることやPTAの反発を警戒して性行動
調査はなかなかできません。といってもそのような状況をきちんと知って対策
を立てたいという意見も少なくないため、機会を見てやってみようと思ってい
ます。ご協力いただける読者の方はよろしくお願いします。
 そして今日、8月1日は第10回AIDS文化フォーラム in 横浜
 http://www.yokohamaymca.org/AIDS/
の初日です。10時からのセッションは脚本家の早坂暁氏が「エイズ」をテーマ
としたドラマ作りを会場の参加者とともに考えると言う場です。他にも興味深
いセッションが数多く組まれています。岩室はやはりコンドームにこだわった
セッションで「これからのコンドーム普及のあり方」を皆さんと一緒に考えた
いと思っています。ぜひ会場に足を運んでください。

 ところで最近は長崎や渋谷の事件をきっかけに「12歳問題」というのが世間
やマスコミの注目を集めています。しかし、事件に関する情報が十分ではない
ためきちんとした議論ができませんが、事件自体がどうこうではなく、「いま、
12歳が求めていること」を今一度考えてみたいと思います。

●『いま、12歳が求めていること』

○『小学生としての記憶』
 大人たちはよく「自分たちの頃は・・・・・ではなかった。性教育なんて受
けなくてもちゃんと育った。知らない人について行くなんて信じられない」と
いいます。ちゃんと育ったかどうかはともかく、とりあえず大きな悩みを抱え
ず、トラブルにも巻き込まれずここまで来られたのはどうしてなのかを自己分
析してみてください。
 私の場合は小学校の6年間をアフリカのケニアで過ごしました。性教育を受
けることもありませんでしたが、友達と「大人はセックスをする」「しない」
の議論をしていたことを鮮明に記憶しています。同級生の友達が「家のお手伝
いさんがセックスをしている場面を見た」と言い、その真偽について話しなが
らも、どうしても自分についているペニスを女性のどこかに入れるということ
が理解できなかった私は「ウソだ」と言い張るグループでした。このような時
も決して性に対して興味がないわけではないのですが、興味があるものの、自
分の問題という認識が持てないままでした。

●『日本の小学校はへん?』
 小学校6年の3学期に日本に戻り、転校した学校で一番ショッキングな出来
事は体育の授業時の着替えでした。ケニアでは着替えは男女別で専用の更衣室
があったのに日本では同じ教室で戸惑いました。当時の小学生は今ほど体が成
長していないとはいえ、異性が下着になる姿を目の当たりにするのが常識とい
うのにびっくりしました。今思えば、これがイギリス流の習慣、躾と日本流の
違いだったのでしょう。しかし、自分が好意を抱いている人が着替えている場
面を目の当たりにするということは小学生の私にとってはドキドキものでした
が、それ以上のことは何も考えられませんでした。

○『体の変化に一人で戸惑う』
 中学に入ると発毛が起こり、何となく恥ずかしさ、戸惑いを感じながらも一
日一日が流れていきました。その頃ペニスのサイズも少しは大きくなったはず
ですが、ペニスのサイズを話題にする友達もいなかったのか気にもなりません
でした。当然「包茎」という言葉も知らず、一人で入る風呂の中で何気なくむ
いているうちに痛い思いをしつつも何か白いもの(恥垢)が出てきて少しずつ
むけていくのを面白がっていました。そしてある日、完全にむけたにもかかわ
らずその状態さえも理解できないままさらにむこうとしていました。夢精に至
ってはそれが何なのか、どう受け止めたらいいのかわからないまま一人で戸惑
っていました。

●『人の体を見て安心』
 中学2年から寮生活をするようになり、中1から高3までの裸を見る機会を得、
また、男子寮の夜といえば性の話で盛り上がるのは当然の成り行きでした。そ
のような環境を得て初めて「自分の体と性」にどう向き合うべきかを友達とい
う見本を通して確認することができました。もちろん友達がマスターベーショ
ンをしているのを見たり、その話で盛り上がるうちに「人の体は多様」、「マ
スターベーションは自然なこと」というのを覚えることができました。

○『12歳に必要なこと』
 私は女ではないため12歳の女の子としての経験を語ることはできません。し
かし、発達の個人差はあるにしても、性に対して関心はあっても「自分の体と
性」については月経が始まったからといってすぐに自覚し、考えられないとい
うのは男の子と同じではないでしょうか。
 では、今の子どもたちと昔の子どもたちとどこが違うのでしょうか。精神面
での成長は今も昔もそれほど変わりません。実際に小学校6年生や中学校1年生
と話をしていると精神年齢は昔と変わりませんが、身体的には大人顔負けの子
もいます。その子たちを見てしまうとどうしても体が立派な分、精神的にもあ
る程度成長していると思ってしまう人もいますが、これは大きな誤解です。情
報が氾濫していることや、金銭を含めた大人たちからの誘惑のため性体験をも
った小学生もいますが、その子たちも決して性について特別関心があるわけで
はありません。
 思春期の入り口にある12歳が求めること、12歳に必要なことは、自分の悩み
を解決、あるいは予防してくれる情報であり、それを一緒に話したり体験でき
る友達、環境です。最近は雑誌やメディア等で性に関する情報が数多く流れて
いるため自分の体に起こる変化が何なのか、他の人はどうなのか、自分は異常
なのか正常なのか、といったことを確認したいのですが、それができる場が少
なくなりました。銭湯に行くのが当たり前の時代のように他人の裸を見るチャ
ンスも場もありません。友達といろんな話をするにも塾や行事で忙しく、仮に
一緒に遊ぶことになったとしてもテレビゲームをしていて会話はほとんどあり
ません。過激なゲームに至っては喧嘩をしたことがない現代っ子に殴られると
痛いということを感じるチャンスさえも奪ってしまいそうなものばかりです。

●『お医者さんごっこ』
 いきなりですが、皆さんはお医者さんごっこというのをしたことはあります
か。もちろん私はあります。「お医者さんごっこ」は医者の診察のまねをして
相手の体を観察する遊びですが、多くの場合、そのターゲットは小さい子ども
たちです。裸にして「ここに何があるんだろうね」と興味があるところを見た
りしたものです。もし「包茎」ということに興味がある子は小さいこのおちん
ちんをむこうとするでしょうし、鋏で切って中をのぞきたいと思う子がいても
不思議ではないように思います。

○『痛みを知る大切さ』
 「鋏で切るなんて異常です。だって痛いでしょ」と思った方は、自分がどう
して鋏で切られると痛いと思えるようになったかを考えてみてください。自分
自身がどこかで痛い思いをして経験的に覚えませんでしたか。怪我をすること
で痛みを知ることは大事な経験です。しかし、今の親は「痛いのはかわいそう」
と痛い経験をしつつも超えなければならないことを教えることを避けているよ
うに思います。おちんちんの包皮翻転指導を行っていても「痛くないんでか」
「自分にないからわからない」という父母、祖父母が多いのですが、むくこと
で様々な障害を乗り越えられるようになるのであれば少々の痛みは(といって
もそんな無茶なことはしませんが)我慢してもらうことも大事だと思いません
か。

●『命の大切さを言葉だけで言うな』
 人は経験していないことはなかなか実感として理解できません。「命の尊さ
の教育」と言う偉い人たちは、自分がどのような経験から「命の尊さ」を学習
したかをあらためて振り返って欲しいですね。私は家族、友人、そして多くの
患者さんが亡くなるのを経験させてもらったおかげで「命の大切さ」を知るこ
とができました。人を傷つけないように自分がなったのはどうしてなのかを考
えれば、今の若者に何を伝えるべきかが見えてくると思います。
 私は12歳前後の若者に性の話をするときは自分の経験、戸惑いを交えながら
「第2次性徴に伴う体の変化の科学的な情報提供」を心がけています。体の解
剖を知ることで自分の体の変化を受容し、自分でペニスをむく痛みを感じる中
で痛みを我慢し、変化に向き合える「人」が育つのではないでしょうか。そう
期待して日々、性の情報伝達をしています。皆さんはどう思われますか。


◆CAIより今月のコラム

「10代女性を取り巻く性情報」

今年もAIDS文化フォーラムin横浜が開催されます。
CAIでは「10代女性を取り巻く性情報」をテーマに講演会を行います。
今回はCAIの女性メンバーが聞き込みや調査を重ね皆さんに御報告いたします。
多角的な「10代女性を取り巻く性情報」を参加者の皆様と考えていけたら良い
と思います。ふるってご参加下さい。宜しくお願いいたします。

日時 8月3日(日)10:00〜12:00 304教室


---------------------------------------------------------------------
■御意見・御質問、お問い合わせ
☆岩室先生宛の質問も cai@circus.ocn.ne.jp 受け付けています。
---------------------------------------------------------------------
■登録/解除の方法
http://www.mag2.com/
「紳也特急」(マガジンID:0000016598)は、
上記URLよりいつでも登録/解除可能です。
---------------------------------------------------------------------
#####################################################################



紳也特急

RSSを登録する
発行周期 月刊
最新号 2017/07/01
部数 807部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

紳也特急

RSSを登録する
発行周期 月刊
最新号 2017/07/01
部数 807部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

相馬一進の、1億稼ぐビジネスの本質|マーケティングと心理学
・天職で1億稼いだ相馬一進が、お金、自己啓発、仕事について、 心理学とマーケティングの側面から語る本格派メールマガジン。 ・著者の相馬一進は、ダライ・ラマ14世や、『7つの習慣』の スティーブン・コヴィーや、リチャード・ブランソンなどの、 海外セミナーへの日本人ツアーを企画、集客した実績を持つ。 ・最先端の起業・副業のノウハウや、マーケティングの原理原則、 生活の中からストレスを減らす方法、モチベーションの心理学、 複数の収入源を持つ方法、働く時間を減らす秘密などを配信中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

WEBマーケティングを学ぶためのメールマガジン
国内トップクラス(ユーザー数70000人)のWordPressテーマTCDやフォトマルシェ、ロゴマルシェなどを運営する株式会社デザインプラスの中田俊行が発行するメールマガジン。 アフィリエイトから始めた著者が、ネットマーケティングや最新のウェブ業界の情報を発信していきます。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から3年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

3連単3頭ボックスで超簡単に万馬券をゲットする競馬プロジェクト
◆読者6000人突破!まぐまぐ殿堂入り!! 圧倒的に少ない買い目で馬券を的中させます。 指定した《3頭》をボックスで買うだけで・・・ 昨年は9万馬券&7万馬券が当たりました。 一昨年にはなんと10万馬券も的中させています! 馬券は3頭をボックスで買うだけなので 誰がやっても買い目は同じ。 女性でもOK、競馬初心者でもOK 資金が少ない人でもOKです。 しかし、買い目が少ないので 当たればガツンと儲かります! こんな競馬予想は他にありません! ☆彡メルマガ広告主様大歓迎です☆彡
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

生きる意味は仏教に学びなさい
仏教メルマガ読者数日本一。今この瞬間に幸せを感じ、後悔のない人生にする方法とは?なぜどんなにお金があっても幸せになれないのか。むなしい人生になってしまう原因とは?あなたの人生を背後で支配する運命の法則と99%の人が自覚なく不幸を引き寄せている6つの行いとは…?仏教史上初のウェブ通信講座を開設、仏教の歴史を変え続ける中村僚が、葬式法事仏教となった現代日本の仏教界では失われた本当の仏教の秘密を公開。発行者サイトでも隠された仏教の秘密を無料プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング