紳也特急

紳也特急 vol,37


カテゴリー: 2002年09月02日
######################################################################
 ■■■■■■■■■■■  紳也特急 vol,37  ■■■■■■■■■■■
          http://www.cai.presen.to/
  全国、津々浦々年間100ケ所以上の教育機関などへ性教育の講演を行う
      厚木保健所、岩室紳也医師の衝撃のメールニュース!
   今まで届きにくかった性教育の現場を指導者の立場から鋭く解説
   〜人に聞けない性の疑問など岩室医師が答えるコーナーもあり!〜
                  Shinya Express (毎月1日発行)
########################################################〜 AD 〜######
★ @OKAMOTO CONDOMS(アット・オカモトコンドームズ)は国内コンドーム★
★           No.1シェアのオカモト株式会社が運営する         ★
★        インターネットショッピングサイト         ★
★       新製品のモニターやアンケートを実施中        ★
★           http://www.okamoto-condoms.com/               ★
######################################################################
〜今月のテーマ『AVに教わるセックス』〜

●『ビデオへの抗議』
○『高校生に教えられる』
●『大学生に教えられる』
○『スチール写真時代のセックス教育』
●『成人映画時代のセックス教育』
○『AV世代のセックス教育』
●『コンドーム、着ける男がチャンピオン』

◆CAIより今月のコラム
「住民参加型フォーラムについて」

---------------------------------------------------------------------
●『ビデオへの抗議』
 いろんなことが起こりますね。先日、私が不在だった自宅に夜10時頃、ビ
デオ「エイズ・性感染症予防」(大修館書店:16,000円(税別))に抗議す
る電話が2人の女性からかかってきました。「コンドームを高校生に教えるな
んてとんでもない。高校生は勉強をしていればいい。16,000円は高い。」等々。
名乗らない。夜の10時という非常識な(と私は思っています)時間帯に電話
してくる。一方的に自分の思いだけをしゃべる。私にならいざ知らず家族にま
で抗議の矛先を向ける。とんでもない人がいるんですね。自宅の電話番号は
NTTでも公開していないのにどうやって調べたのでしょうか? たかがビデオ
だし、あんなに高いのを買う人は私以上に確信犯(笑)だ、といろいろと思う
ところはあります。
 ところがどっこい、抗議してこられた方々にぜひぜひ抗議していただきたい
と私も思うビデオがありました。というかそのビデオに対抗するものを作らな
いといけないと思いしらされました。日本中の中学生、高校生はもちろんのこ
と、大学生、そして多くの大人が楽しんでいるアダルトビデオ(AV)です。
この夏は性教育に取り組んでいる自分の認識の甘さを思い知らされました。
AVが作り出す新たな性文化(?)、AVが教えるセックスに戸惑い、自分の価
値観や性に対する認識を新たにした夏でした。
 そこで今月のテーマは「AVに教わるセックス」としました。(ここで言う
セックスとはペニスと膣による性交を指します)

『AVに教わるセックス』

○『高校生に教えられる』
 この夏はAIDS文化フォーラム in 横浜で始まりました。今回のフォーラムで
はタイで感染が抑えられた理由(あまりにも増えたため他人事意識が解消され
た)の紹介、HIVに感染している人たちが社会に向けたメッセージを自ら発信
する企画、等々、改めていろんなことを感じさせていただきました。私の患者
さんたちも来てくれて「居心地のいいフォーラムでした」とうれしい感想を言
ってくれました。そんなフォーラムで「こんなエイズ教育があったらな」とい
う企画をし、現役高校生2名を迎えてディスカッションをしました。その内の
一人、E子さんに岩室のエイズ教育に足らないものを教えられました。
 E子さんは中学3年生の時に私の話を聞き、その後メールをやり取りするよう
になりました。中学生や高校生がセックスをすることについても自分の意見を
きちん言え、HIV(+)の友人を呼んでの講演会を聞きに来てくれたりという
ことがあって、フォーラムでボランティアやらない、「こんなエイズ教育があ
ったらな」に出て発言しないと誘いました。最初は出ることに躊躇していたも
のの当日の発言は堂々たるものでした。彼女の発言はフロアの人から「きちん
とした自分の意見が言える高校生」と立派に映ったようです。その彼女の発言
の中で一番私にとってショックだったのは「岩室先生はチャンピオン君を使っ
たコンドームの着け方を見せてくれたけど、実際に着ける練習をしないといざ
という時にちゃんとできないじゃない。コンドームの装着法を見せるだけでは
なく実習させて欲しい」というものでした。「その通り!もっと実践的な教育
をしないと」と反省すると共に、後で聞くとその会場に彼女のお母さんが来て
いたのに発言できたE子さんに拍手喝采でした。若い世代の声をきちんと聞く
必要性を改めて感じました。E子さん、ありがとう。

●『大学生に教えられる』
 ショッキングだったプログラムはこのメルマガを出してくれているCAIの企
画「若者をとりまく、性とHIV/AIDSの情報環境」でした。大学生の男女が若
者相手のファッション雑誌にいかに多くのセックス関連の記事が掲載されてい
るか。裏を返せば、セックス記事が販売促進になるということでしょう。さら
にインターネットをテレビ画面上で紹介しながら、いかに若者が簡単にエッチ
サイトにアクセスできるかを紹介してくれました。しかし、それら以上にショ
ッキングだったのはAVが若者のセックスに与えている影響でした。確かに男
子中学生、高校生のほとんどがAVを見ていることは承知しています。そして
セックスをしている若者の中で膣外射精が行われているというのも知っていま
した。しかし、膣外射精はあくまでも少数派で、多くの女性はそのことを嫌が
っていると思っていました。私にとって膣外射精のイメージは相手の女性に対
する凌辱的なものでしたから当然のことながら相手の女性は嫌がるものだと思
い込んでいました。しかし、今の若い女性は膣外射精でセックスが終わっても
何ら抵抗感がないということをCAIのメンバーに生の声として教えられ、驚き
を隠せませんでした。

○『スチール写真時代のセックス教育』
 私は中学生のときにセックス=ペニスと膣の結合ということを知ったのです
が、友達が学校に持ってくるポルノ雑誌(平凡パンチやプレイボーイ)に出て
くる映像情報はもっぱら裸の女性だけでした。高校生になった昭和46年頃でも
動く映像としてセックスの場面を見ることは非常に難しく、セックスに関する
情報と言えば町田の小さな本屋で買った奈良林祥さんの「How to SEX」でし
た。この本を熟読して、体位の勉強をし、セックスとはこうするものなのだと
いう学習をしていました。一方で愛読していたのが東スポ(東京スポーツ新聞)
でした。東スポと言えばプロレスですが、当事大人気のジャイアント馬場、ア
ントニオ猪木、ラッシャー木村、サンダー杉山、豊登(よくこれだけの名前が
出てくるものだと感心しつつ)、といったスターの情報を知りたくて駅の売店
で買っていました。しかし、繰り返し読んでいたのがエッチ関連記事や連載小
説でした。さらに活用させてもらったのは成人・ポルノ映画の写真入り広告で、
それだけでオナニーができるほど想像力を書き立てられるものでした。今考え
てみれば、セックスとはどのようなものなのかという「動的」な情報・映像を
知らないため、東スポや雑誌にある「静的」な写真と小説等の情報を自分なり
に組み立てて「岩室紳也のセックス像」を作り上げていました。

●『成人映画時代のセックス教育』
 大学に入ると成人映画、ポルノ映画を見るようになりました。(余談ですが、
はじめてオールナイトで見に行った時はさすがに興奮していたものの、オール
ナイトといっても3〜4本の映画が繰り返し放映されるだけで、途中から飽き
て寝てしまい、しばらくして目覚めると同じ場面が再び映されているのにうん
ざりした覚えがあります。) 実際に見る男女がするセックスの場面は、高校
時代に想像していたセックスの部分と、成人・ポルノ映画として創られた部分
があると何となく感じていました。これはおそらく同時並行的に実生活の中で
もセックスを経験していく中で自分がすること、しないことの区別が刷り込ま
れていた結果だと思います。確かに映画には膣外射精が出てきましたが、実際
の性生活でするものではないと思っていました。誇張されて描かれている性描
写は実際のセックスの場面ではできないことが多く、そのようなものを見れば
見るほど東スポ、雑誌、成人映画に出てくる性描写の中には自分はしないセッ
クスもあると教えられていたように思います。

○『AV世代のセックス教育』
 そんな私にとって、今の若い女性がパートナーに膣外射精をされても特に気
にしないというのは大変なショックでした。私のセックス観が完全に否定され
たわけです。いままで「AVのようなセックスをしている大人はいないよ」と話
している私は全てではないにせようそをついていたことになります。その思い
をある研修会で確認してみました。全員がAVを見た経験があり、参加者のほと
んどが女性で保健師、助産師という専門職でした。「パートナーがセックスの
最後に膣外射精をしたとしたらあなたはどう思いますか」という質問に挙手で
回答を求めたところ、複数の若い女性が「別にいいんじゃないですか」という
素直な、特に違和感もない感じで手を挙げてくれました。もっとも比較的年配
者の反応は「どうしてOKなの」という否定的なものでした。どのようなセック
スが正常で、どのようなセックスが異常かというとそんな決まりはないと思い
ます。人間のように想像力がある生き物の場合は、想像したもの、学習したも
のを実現しようと思うでしょう。私はセックスとはこうあるものと刷り込まれ
る中で「膣外射精」を自分はしないセックスと考えるようになっていました。
しかし、今のAV世代は膣外射精をセックスの一形態と教育されているんですね。
 CAIによれば最近のAVは中出しものが流行っていて、中出しものがこれから
のAVの主流になる可能性があるとのことでした。膣外射精ものが飽きられたか
ら中出しものにしようとする作り手側の気持ちはわかるのですが、膣外射精が
社会的認知を受けたように、中出しものが認知された暁には、避妊はどうなる
のでしょうか? 性感染症予防はどうなるのでしょうか? でも中出しができ
ない患者の治療にはいい?

●『コンドーム、着ける男がチャンピオン』
 結局人、セックスを含めた人の行動は何らかの教え、導きによって方向付け
られるとすれば、「寝た子を起こそう健やかに」と大人がセックスとはこうい
うものだ、こうあって欲しいという情報を刷り込むようにしないといけないの
でしょうね。「高校生はセックスをするな」というのもいいでしょうがあふれ
る性情報の中でどう健やかに起きられるのでしょうか。私はどうせならブラッ
クコンドームをつけていることを鼓舞する男と、「コンドームを着ける男はす
てき」と女性が思っているというイメージ作りをしてもらえないかと思ったの
ですが、AV監督様、いかがでしょうか。無理かな?

◆CAIより今月のコラム
 
「住民参加型フォーラムについて」
 AIDS文化フォーラム in 横浜が無事閉会しました。沢山の立場の違う市民
の参加にこそAIDS文化フォーラムは意義が有るのだな。と再認識させられま
した。
 現在、南アフリカで開催されている環境開発サミットは現地通貨で1日
150ランド(日本円で1700円程)で住民の関心は高いが実際に関係者
意外の大半は参加しないと新聞に掲載されていました。南アフリカの生活水
準を考えると非常に高価との事です。
 私はHIV/AIDS関連の国際会議に2回参加した事が有りますが、バックグ
ラウンドが医療や教育の専門家では無いので、講演の内容が、正直完全に理
解できているとは言いがたい状況です。しかし、学ぶ事や気がつく事の多さ
チャンネルの多さには国際会議ならではなのかなとも思いますし、今の活動
のアイディアになっているのは言うまでもありません。
 今回の環境開発サミットの問題に1つにNGOの展示ブースまでも有料だっ
た事が上げられていました。来年の神戸アジア環太平洋国際会議はどうなの
でしょう?会議以外に、住民参加型のフォーラムはあります。今年神戸でプ
レイベントもあります。もちろん無料で参加できます。
 日本のHIV/AIDSに関するNGOが準備をすすめています。色んな市民向け
のチャンネルが用意できると思います。専門家向けでは無いチャンネルが様々
な形で御用意できるのでは無いかと思っています。それがNGOの強みでも有
ります。できる限り参加してみて下さい。詳細は可能な限り情報発信をして
いきたく考えています。住民中心のフォーラムを神戸にも!
成功させたいですね。
                                R.L
 
---------------------------------------------------------------------
■御意見・御質問、お問い合わせ
☆岩室先生宛の質問も cai@circus.ocn.ne.jp 受け付けています。
---------------------------------------------------------------------
■登録/解除の方法
http://www.mag2.com/
「紳也特急」(マガジンID:0000016598)は、
上記URLよりいつでも登録/解除可能です。
---------------------------------------------------------------------
#####################################################################



ついでに読みたい

紳也特急

RSSを登録する
発行周期 月刊
最新号 2017/04/01
部数 798部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

今週のおすすめ!メルマガ3選

相馬一進の、1億稼ぐビジネスの本質|マーケティングと心理学
・天職で1億稼いだ相馬一進が、お金、自己啓発、仕事について、 心理学とマーケティングの側面から語る本格派メールマガジン。 ・著者の相馬一進は、ダライ・ラマ14世や、『7つの習慣』の スティーブン・コヴィーや、リチャード・ブランソンなどの、 海外セミナーへの日本人ツアーを企画、集客した実績を持つ。 ・最先端の起業・副業のノウハウや、マーケティングの原理原則、 生活の中からストレスを減らす方法、モチベーションの心理学、 複数の収入源を持つ方法、働く時間を減らす秘密などを配信中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

一緒に歩もう!小富豪への道
富裕層むけ、富裕層入りを目指す方むけの究極の資産防衛メルマガ!一国だけに資産を集めておくのは危険な時代がやってきました。海外ヘッジファンド、貴金属、不動産からアンティーク・コインまで、金融不安に負けない世界分散ポートフォリオを、経験豊富なファイナンシャル・プランナーが誠意をもってご案内します。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2009年10月、130万円だった株式資産は2015年に5000万円を突破。定期預金などを合わせた資産は1億円に。 平成24年より投資顧問業(助言)を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 メールマガジン「日本株投資家 坂本彰 公式メールマガジン」は2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数2万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 2016年12月1日『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』が日本実業出版社より発売!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から3年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

ダメおやじの全財産をかけた崖っぷちFX通信
【1日に数万人が熟読する人気FXブログのメルマガ版】 相場歴30年以上のダメおやじがFXノウハウを大公開! 毎朝配信!毎日の経済指標情報や攻略法を無料で解説しています。 ●損切りがうまくできない、利食いが浅い ●ポジポジ病(ポジションを不要に持ってしまう) ●コツコツドカーン(小さく勝っても大きく負ける) ●エントリータイミングわからない ●メンタル面が弱い このようなお悩みがあれば購読してみてください。 FX初心者から経験者まで、FXの悩みをこのメルマガで解消します。 期間限定でメルマガ内で数万円相当分のFX情報商材をプレゼント中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング