紳也特急

紳也特急 vol,35


カテゴリー: 2002年07月01日
######################################################################
 ■■■■■■■■■■■  紳也特急 vol,35  ■■■■■■■■■■■
          http://www.cai.presen.to/
  全国、津々浦々年間100ケ所以上の教育機関などへ性教育の講演を行う
      厚木保健所、岩室紳也医師の衝撃のメールニュース!
   今まで届きにくかった性教育の現場を指導者の立場から鋭く解説
   〜人に聞けない性の疑問など岩室医師が答えるコーナーもあり!〜
                  Shinya Express (毎月1日発行)
########################################################〜 AD 〜######
★ @OKAMOTO CONDOMS(アット・オカモトコンドームズ)は国内コンドーム★
★           No.1シェアのオカモト株式会社が運営する         ★
★        インターネットショッピングサイト         ★
★       新製品のモニターやアンケートを実施中        ★
★           http://www.okamoto-condoms.com/               ★
######################################################################
〜今月のテーマ『エイズのいまを考える』〜

●『コンドーム装着法入りビデオ』
○『エイズのいまを考える』
●『AIDS文化フォーラム in 横浜』
○『プログラムの多様性がエイズそのもの』
●『エイズ対策に求められているもの』
○『多様性を受け入れないのは大人?』
●『若者が求めているメッセージ』
○『HP読者からの手紙(嬉しい包茎の話)』

◆CAIより今月のコラム
 「若者をとりまく、性とHIV/AIDSの情報環境」

---------------------------------------------------------------------
●『コンドーム装着法入りビデオ』
 HIV/AIDS、若者の性感染症が相変わらずの勢いで増え続けています。予防は
ノーセックスかコンドームしかありません。しかし、わかっているけどこれが
教えにくいんですね。一生懸命予防を教えてくれている大人も多いのですがま
だまだ少数派です。ではどうすればいいのでしょうか。今まで性感染症やエイ
ズの状況に危機感を持っていたけどこれ以上手をこまねいている訳にはいかな
い・・・・と思いつつ、でも自分がコンドームを教えることはできない。そん
な学校現場の苦悩を受け止めて(?)コンドーム装着法を学校現場に広めよう
と立ち上がってくれたのが教科書を作っている出版社2社でした。大修館書店
と一橋出版が授業の中で使える20分物のビデオ・DVDを作るに当たってコンド
ームの達人、岩室紳也に監修・出演を依頼してきました。大修館書店のビデオ
(エイズ・性感染症予防)は既に発売されました(一橋出版のDVDは秋の発売)。
全国の学校で先生が話さなくてもこの岩室がコンドーム装着法を実演している
ビデオ・DVDの映像が流されるというのは若者達にとって吉報となること間違い
なし(と思いませんか)。
 コンドームを教える教材も揃ったところでエイズ教育が進むことを祈って、
今回は「エイズのいまを考える」としてみました。

○『エイズのいまを考える』
 アフリカの某国では成人の40%が、中国で150万人が、日本では推定5,000人
に1人がHIVに感染。と言われても・・・・・・・・自分は、恋人は、家族は大
丈夫と思っています。学校現場ではエイズ教育が行われるようになって何年も
経過しました。初期の頃のエイズ教育を受けた世代が次から次へとHIVに感染し
ています。どうしてなのでしょうか。

●『AIDS文化フォーラム in 横浜』
 今年も8月に「AIDS文化フォーラム in 横浜」
( http://www.yokohamaymca.org/AIDS/ )が開催されます。

日 程:2002年8月2日(金)〜4日(日)
場 所:かながわ県民活動サポートセンター
    〒221-0835
     横浜市神奈川区鶴屋町2-24-2
      かながわ県民センター内
入 場:無料
主 催:「2002AIDS文化フォーラムin横浜」組織委員会
共 催:神奈川県
後 援:横浜市、川崎市、横須賀市、相模原市、横浜商工会議所(予定)

お問合せ先:「AIDS文化フォーラムin横浜」事務局
〒231-8458 横浜市中区常盤町1−7
横浜YMCA  高橋亮 大江浩
TEL:045-662-3721
FAX:045-651-0169
E-mail:abunkaf@yokohama-ymca.or.jp
 
 このフォーラムは1994年横浜で開催された第10回国際エイズ会議が入場料7万
円と高く、一般市民にとっては到底参加できるものではないという危機感、さ
らにはHIV/AIDSについてもっと市民レベルで理解を広めなくてはいけないとい
う主旨で始まりました。1994年当時といえばエイズについて詳しい人はほんの
一握りの医療関係者とボランティアだけでした。その人たちから情報をもらお
うとしても、カミングアウトしていたHIVに感染している人たちに会ったり、話
を聞いたりするような場もない状況でした。私も1990年頃から性教育の延長線
上でエイズ予防、コンドーム装着を学校現場で話してきましたが、1994年まで
実際にHIV(+)の人に会ったこともありませんでした。当時の私は「コンドー
ムの達人」と称してエイズ予防に一生懸命取り組んでいましたが、その年初め
てHIV(+)のパトと握手しただけでパニックになったとんでもない医者でした
(詳細は紳也特急1号に)。そんな私がAIDS文化フォーラム in 横浜に関わるよ
うになって随分意識が変わりました。

○『プログラムの多様性がエイズそのもの』
 AIDS文化フォーラム in 横浜の特徴はHIV/AIDSに様々な角度から関わる団体
・個人がボランティアとしてセッションを担当していることです。運営委員会
主催のプログラムもありますが、それもプログラムの中の一つでしかありませ
ん。プログラムの中味は感染している当事者主催のものから、NPO、ボランテ
ィア教育、医療、セクシュアリティ、国際問題、等、様々な視点のものが開催
されます。一つの団体、一個人がイベントを開催するとどうしてもその団体、
個人のカラーが出てしまいます。岩室紳也がエイズの話しをすればどうしても
「コンドーム」が前面に出ているという印象を持つ方がいます。しかし、様々
な団体・個人がプログラムを構成していることでHIV/AIDSに関する多様な立場
多様な視点が見え、エイズに関わる多様性を理解できるのがこのフォーラムの
特徴です。

●『エイズ対策に求められているもの』
 ところが、その多様性にこそエイズ対策の難しさがあります。1999年に後天
性免疫不全症候群に関する特定感染症予防指針のなかで、青少年、外国人、同
性愛者、性風俗産業の従事者及び利用者について個別施策層という考え方が当
時の厚生省から示されました。4年経ったいま、個別施策層として積極的な対
応がなされたのは実は同性愛者だけではないでしょうか。それでさえも十分な
効果をあげることができず男性同性愛の方の感染拡大の勢いは止まりません。
青少年対策として学校現場で一生懸命取り組んでいる先生方も多いのでしょう
が、先日中学校でマイクを向けた生徒が「エイズは空気感染」と言ったのでビ
ックリ仰天しました。その子に必要な情報は「これからあなたがするセックス
でHIVに感染する可能性がある。予防はノーセックスかコンドーム」ということ
なのにどうして「空気感染」といったウソが刷り込まれてしまうのでしょうか。
彼女の横にいた生徒は「違うよ、血、血」と言っていました。これもまたエイ
ズの多様性に振り回された大人によって刷り込まれた情報なのでしょう。

○『多様性を受け入れないのは大人?』
 エイズは今まで考えたこともなかった、考えたくもなかった多様な問題をわ
れわれに問いかけています。薬害エイズ(行政の責任)、男性同性愛というセ
クシュアリティ、若者の性行動の低年齢化、性風俗、性感染症、性教育、人権
偏見、差別、共生。その結果、われわれ人は「エイズ対策」の目的、目標を見
失ってはいないでしょうか。われわれはエイズの多様性を理解しようとしてい
ろんなことを学び、いろんな方法でエイズを語ってきました。AIDS文化フォー
ラム in 横浜も多様性の理解という点で重要な役割を担っています。しかしフ
ォーラムが9回目をむかえたいまでも、日本でHIV感染拡大に歯止めがかかって
いない状況をどう考えたらいいのでしょうか。多様性を学び、多様性を受け止
めることが求められているのは実は偏見、誤解に満ちた大人たちだけではない
でしょうか。いまの若者たちはエイズに対しても白紙の状態です。ここが重要
です。偏見、誤解があるとすれば大人たちに刷り込まれたものです。子供たち
にエイズを通して人権を教える必要はないと思っています。セクシュアリティ
についても「ゲイでもいいじゃない」と思っています。そんな彼らにあなたは
HIV感染予防について、いま、何を、どう伝えますか。

●『若者が求めているメッセージ』
 若い人がHIVに感染しないためには「ノーセックス」か「コンドーム」しか
ありません。よくある「エイズ予防にコンドーム」というメッセージでは「エ
イズは自分と無関係」と思い込んでいる人には効果がありません。もっともっ
とシンプルに語りませんか。シンプルなメッセージを若い世代に送り続けませ
んか。
 「するなら着けようコンドーム」。
 「するなら着けようコンドーム」。
 「するなら着けようコンドーム」。
 「するなら着けようコンドーム」。
 「するなら着けようコンドーム」。
 もしこのキャッチフレーズが連日テレビから、ラジオから流れ続けたらコン
ドームをしたセックスが当たり前のことになります。厚生労働省大臣。そのよ
うな状態を作り上げない限りHIV感染の拡大に歯止めはかかりませんよ。政府
広報が取り上げてくれると本当にありがたいのですが・・・・。

※「するなら着けようコンドーム」は着メロに!(CAI的発想?談)

○『HP読者からの手紙(嬉しい包茎の話)』
 はじめまして、岩室先生。本日はお礼を申し上げたくメールしました。
 先生のHPを覗いたのはつい昨日6月29日の事なのですが、なんと小4の息
子のおちんちんが見事に顔を出したのです(笑)。本当にありがとうございま
す。この息子が生まれてから色々と気に病むことのひとつに包茎がありました。
自分なりに調べた結果真性包茎の形でした。全然むけずおしっこをする時は少
し先が風船のようにふくらんでいました。ただおしっこが出づらいということ
はなく、炎症を起こすこともないので泌尿器科のお世話になることもなくやっ
てきました。小1になった時一度神経性頻尿になりました。そのとき初めて泌
尿器科に見てもらいました。その時、はじめに見た先生は頻尿はすぐ治るだろ
うから次は包茎の処置をしましょうとおっしゃいました。そして次回病院に行
ったら今度は前と違う先生で、このぐらいでは処置する必要ないですとそっけ
なく言われてしまいました。怯えて泣く息子をなだめて連れて行った私は呆然
として帰宅しました。一体何を信じればいいのか・・・。同じ病院の中でも医
師によって考えもまちまちとは。そして気がかりながらも月日は流れて息子は
小4になりました。
 三日前やはり少しむく練習した方がいいのでは思い立ち息子と試行錯誤。素
人判断ではよくないと、ネットで探して岩室先生のHPを見つけたのは昨日でし
た。そしてやっぱり練習した方がいいんだと確信した私は息子と夫とついでに
妹にも説明してムキムキレッスンを本格的に自信を持って始めました。そして
ついさっき、お風呂場から息子の喜びの叫び声、「少し頭が見えたよー」の言
葉が。びっくりしました。私も夫も何より息子本人が感激していました。中学
になる前には病院で処置をしなければと半ば覚悟していたのでもう手放しで喜
んでいます。本当にありがとうございました。

追伸
・7月3日水曜日NHKの首都圏ニュース(18時10分〜)でエイズ・性感染症予
防に取り組むコンドームの達人が放送されるかもしれません。首都圏の方だけ
の限定情報ですが、よかったら見てください。
・紳也’s HP( http://homepage2.nifty.com/iwamuro/)のカウントが開設以
来6ヶ月で10,000を超えました。ありがとうございます。今後ともよろしくお
願いします。

◆CAIより今月のコラム
 「若者をとりまく、性とHIV/AIDSの情報環境」
                        CAI&岩室紳也

 「あなたは性の情報、もっと具体的に言えばSEXの仕方を何処で仕入れまし
たか?」
 1972年生まれの私は間違い無く、こう答えます。「アダルトビデオです。」
と。小学校高学年で我が家にビデオデッキが来て以来、当時の私達をとりまく
性情報が今までに無いメディアの出現で親の目を盗めば、いつでも他人のSEX
(動画)を見れるようになりました。そして思春期を迎えた青年達のSEX観は
「アダルトビデオ」そのものになりました(とくに男)。
 では、1960年代生まれの人達のSEX観はどのような情報環境で形成していっ
たのでしょうか?また、高度情報化時代に思春期を迎える青年達は?
 
 現在、発表に向けての最終的な詰めの作業に入っています。俗に言う「エロ
本」を始め「アダルトビデオ」「インターネットのアダルトページ」を主に
CAIメンバーの大学生を中心に調査し「若者をとりまく、性とHIV/AIDSの情
報環境」の問題点や疑問点等を岩室医師をはじめ会場の方々と考えて行きた
く思っております。

AIDS文化フォーラム in 横浜へ御来場の際には是非御参加お待ちしております。

発表日時 2002年8月4日 13:00〜15:00
発表会場 403
                  
                     渡部享宏(わたなべたかひろ)

子「ねぇ、"せっくす"ってどうやってするの?」
親「そうね。インターネットで調べなさい。」
 
そんな時代が来てしまうのかも知れません。
                     
---------------------------------------------------------------------
■御意見・御質問、お問い合わせ
☆岩室先生宛の質問も cai@circus.ocn.ne.jp 受け付けています。
---------------------------------------------------------------------
■登録/解除の方法
http://www.mag2.com/
「紳也特急」(マガジンID:0000016598)は、
上記URLよりいつでも登録/解除可能です。
---------------------------------------------------------------------
#####################################################################


ついでに読みたい

紳也特急

RSSを登録する
発行周期 月刊
最新号 2017/04/01
部数 798部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

今週のおすすめ!メルマガ3選

相馬一進の、1億稼ぐビジネスの本質|マーケティングと心理学
・天職で1億稼いだ相馬一進が、お金、自己啓発、仕事について、 心理学とマーケティングの側面から語る本格派メールマガジン。 ・著者の相馬一進は、ダライ・ラマ14世や、『7つの習慣』の スティーブン・コヴィーや、リチャード・ブランソンなどの、 海外セミナーへの日本人ツアーを企画、集客した実績を持つ。 ・最先端の起業・副業のノウハウや、マーケティングの原理原則、 生活の中からストレスを減らす方法、モチベーションの心理学、 複数の収入源を持つ方法、働く時間を減らす秘密などを配信中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

一緒に歩もう!小富豪への道
富裕層むけ、富裕層入りを目指す方むけの究極の資産防衛メルマガ!一国だけに資産を集めておくのは危険な時代がやってきました。海外ヘッジファンド、貴金属、不動産からアンティーク・コインまで、金融不安に負けない世界分散ポートフォリオを、経験豊富なファイナンシャル・プランナーが誠意をもってご案内します。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2009年10月、130万円だった株式資産は2015年に5000万円を突破。定期預金などを合わせた資産は1億円に。 平成24年より投資顧問業(助言)を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 メールマガジン「日本株投資家 坂本彰 公式メールマガジン」は2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数2万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 2016年12月1日『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』が日本実業出版社より発売!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から3年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

ダメおやじの全財産をかけた崖っぷちFX通信
【1日に数万人が熟読する人気FXブログのメルマガ版】 相場歴30年以上のダメおやじがFXノウハウを大公開! 毎朝配信!毎日の経済指標情報や攻略法を無料で解説しています。 ●損切りがうまくできない、利食いが浅い ●ポジポジ病(ポジションを不要に持ってしまう) ●コツコツドカーン(小さく勝っても大きく負ける) ●エントリータイミングわからない ●メンタル面が弱い このようなお悩みがあれば購読してみてください。 FX初心者から経験者まで、FXの悩みをこのメルマガで解消します。 期間限定でメルマガ内で数万円相当分のFX情報商材をプレゼント中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング