紳也特急

紳也特急 vol,31


カテゴリー: 2002年03月01日
######################################################################
 ■■■■■■■■■■■  紳也特急 vol,31  ■■■■■■■■■■■
          http://www.cai.presen.to/
  全国、津々浦々年間100ケ所以上の教育機関などへ性教育の講演を行う
      厚木保健所、岩室紳也医師の衝撃のメールニュース!
   今まで届きにくかった性教育の現場を指導者の立場から鋭く解説
   〜人に聞けない性の疑問など岩室医師が答えるコーナーもあり!〜
                  Shinya Express (毎月1日発行)
########################################################〜 AD 〜######
★            〜 どうぞ OK CONDOMESへ 〜            ★
★         プレゼントや新商品情報、コンドームの話など        ★
★    コンドーム適正診断であなたにぴったりのコンドームを!   ★
★       ↓そしてオンライン購入!今すぐクリック!      ★
★         http://www.ok-condoms-g.co.jp/index.html           ★
######################################################################
######################################################################
★         〜 3/9(土)岩室医師勉強会開催決定 〜        ★
★           ■「性教育の構造改革について考える」         ★
★   「コンドームを見せないで下さい」から            ★
★       「コンドームを教えてあげて下さい」になるまで    ★
★  詳細情報 →   http://www.cai.presen.to/              ★
######################################################################
〜今月のテーマ『エイズ検査って受けた方がいいのですか?』〜

●『いまさら抵抗勢力の多さにビックリ?』
○『エイズ検査って受けた方がいいのですか?』
●『メリット、デメリットは何か再検証』
○『エイズ検査を勧めない保健所の医者』
●『受けやすい検査体制づくりと受けることの勧めは違う』
○『検査結果に関係なく生活習慣を考えよう』


◆CAIより今月のコラム
「本の扉の向こうがわに」
---------------------------------------------------------------------
●『いまさら抵抗勢力の多さにビックリ?』
 2月、3月は中学校、高校が卒業式を目前に控え、最後のチャンスとばかり
に、性やエイズに関する講演会を依頼されます。今ではコンドームだけではな
くトータルな意味での評価をいただいてのことだと思いますが、「具体的なこ
と(コンドームの装着法)を含めて教えてください」という学校が多く、忙し
い毎日です。そんな中で性教育に対する抵抗勢力が多い地域に呼ばれる機会が
ありました。その地域では保健所が学校との連携を模索し、全校に性教育、エ
イズ教育を出前でするとPRした結果、管内の1割程度の学校で講演会を実施す
ることができるようになっていました。しかし、学校との事前打ち合わせでは
「寝た子をおこすな」、「性交の話はするな」、「避妊具はだめ」と厳しい注
文がついたと担当の方は弱った顔で状況を説明してくれました。もちろん学校
サイドからは「コンドーム」という言葉はでてきません(笑い)。性教育の抵
抗勢力は深ーく深ーく浸透しているんです。
 ところが幸か不幸か、私が行った学校では保健所と学校の事前打ち合わせが
されておらず、私も校長先生の雰囲気から生徒の雰囲気やその日の盛り上がり
方を見定めながらどのように話を展開するかを決めることにしました。結局は
チャンピオン君を使ったコンドームの達人講座を披露し、終わった後に校長室
に乱入してきた男子4人組は「チャンピオン君最高」、「パンフレット頂戴」、
「俺がうつさないよう彼女のためにコンドーム着ける」と明るく話してくれ、
校長先生も喜んでいました。
 その時、保健所の保健婦さんが「厚木保健所でエイズ検査を受ける人を増や
すためにどのような工夫をされていますか?」と聞いてきたので「努力はして
いません。むしろ本当にエイズ検査を受けるのを勧める必要があるのかどうか
疑問に思っているところです」と答えました。その保健婦さんは目を白黒させ
ながら「岩室は何ていう医者だ」と思ったようです。そこで、今回のテーマは
「エイズ検査って受けた方がいいのですか?」としました。

○『エイズ検査って受けた方がいいのですか?』
 こんな質問を受けることは余りなく、むしろ「みんなで受けましょう」、
「検査を受けやすい体制づくりをつくりましょう」、「感染していることを知
ったら相手にうつさないようにしましょう」、「自分の病状をきちんと把握し
て適切な治療を受けましょう」、といったアドバイスが全国各地で当たり前の
ように行われていないでしょうか。では、本当にエイズ検査は受けた方がいい
のですか? HIVに感染しているか、感染していないかをはっきりさせるメリ
ット、デメリットは何か再検証してみました。

●『メリット、デメリットは何か再検証』

エイズ検査を受けるメリット(順不同)
 ・感染の有無がはっきりする
 ・不安材料を払拭できる
 ・感染していなければより安心
 ・出産方法等の選択による母子感染予防
 ・感染していたら相手に感染させないよう行動を選択
 ・結果的に母子感染も予防
 ・ノーセックスを選択
 ・発病前に治療を開始
 ・発病前の治療でエイズを発症しない

エイズ検査を受けるデメリット(?)(順不同)
 検査結果を知ることでかえって問題となる点
 
 感染していた場合のデメリット
 ・将来の心配
 ・さらに不安になる
 ・心配でストレスを溜め、エイズ発症を早める
 ・パートナーや周囲に伝えるか否かで迷う
 ・パートナーにわかれば去っていく可能性あり
 ・セックスに対する抵抗が生まれる
 ・抗HIV治療開始時期が早すぎる可能性が否定できない(開始時期が少しで
も遅い方がより使いやすい薬になっている可能性が高い)

 感染していなかった場合のデメリット
 ・感染していないことで過去の性行動が安全だったと誤解
 ・性行動パターンを変えることなく、ハイリスクなセックスを続ける
 ・感染が確定するまで同じような性行動をとる

エイズ検査を受けても受けなくても変わらないこと
 ・検査結果は所詮検査を受ける3ヶ月前の状況の証明でしかない
 ・性感染症や避妊を確実にするにはノーセックスしかない
 ・自分の感染症を相手にうつさないためにはコンドーム
 ・相手の感染症を避けるためにはコンドーム
 ・避妊と性感染症予防を両立させるにはコンドーム

○『エイズ検査を勧めない保健所の医者』
 私は最近、HIV感染を知っていても知らなくても、どんな人でも「するなら
着けようコンドーム」がHIV/AIDSのまん延予防とHIVと共に生きる上で最も
重要なキーワードだと思っています。こう話すと必ず「子供をつくるときはど
うするのですか」と聞く人がいますので、その「子供をつくる時点、妊娠を希
望する時点で検査を受け、妊娠方法、出産方法を選択すればいい」と話してい
ます。
  セックスパートナーが感染しているかしていないかはわかりません。あな
たは(と敢えて投げかけますが)パートナーがセックスをする前の3ヶ月は禁
欲した上で検査を受け感染していないことを確認してくれることを望んでいる
のかもしれません。しかし、それって非現実的です。今までは「信頼できるパ
ートナー」といったわけのわからない表現が一人歩きして、結局のところ
「HIV感染は信頼できない人から」という誤解がまん延しています。

●『受けやすい検査体制づくりと受けることの勧めは違う』
 ここまで読んでいただいた方が「エイズ検査を受けやすくすれば受ける人は
増えるはず。保健所の怠慢を棚に挙げるな」と怒っていらっしゃるとすれば、
それまた誤解です。現在、保健所の検査は匿名、無料を謳っているものの、保
健所が不便なところにあり「受けたい人も受けにくい」ということについては
大いに反省しています。神奈川県では大和保健所で夜間検査、NATを導入した
早期診断、等々、神奈川県衛生研究所の今井先生たちと連携しながら少しずつ
ではありますが受けやすい体制づくりをしているつもりです。インターネット
やi-modeで検査サイト検索できるようになっています。エイズ検査を受けた
いという人にはできるだけ受けやすい良質なサービスを提供することが必要だ
と考えその議論は常に続けています。しかし、受けやすい体制をつくることと、
検査を受けましょうと勧めることの意味は全く違います。

○『検査結果に関係なく生活習慣を考えよう』
 エイズ対策が曲がり角に来ているのは、従来の手法が行き詰っているからで
はないでしょうか。「検査を受けやすくして、感染する人を早期発見する」と
いう一見まともな、自分でも取り組めそうな対策に取り組もうとして、実は感
染拡大を十分阻止できていないということがないようにしたいものです。検査
を受けていても受けていなくてもHIV感染は予防できます。

 HIVはどうして感染するのか?
 感染している人とセックスをするから。
 感染しているか否かを見分ける方法は?
 そんなのないし、必要もない。
 どうして? だって知っておくとこっちが楽じゃない?
 大丈夫! コンドームをつければ相手が感染していてもしていなくともあな
 たにはうつりません。
 そうだよな。検査受けるのも面倒だし・・・
 じゃ、コンドームを着ければいいんだね。
 コンドームを着ければ誰とでもして良いのか?(と怒る大人)
 誰もそんなことは言っていません。
 どのようなパートナーを選ぶかはその人のチョイスです。
 感染予防と避妊をしたければ「するなら着けようコンドーム」。
 確かにノーセックスかコンドームでしか予防できないよね。

 保健所関係者の方々。今一度、検査の意義を考え直してみてください。
 よろしくお願いします。


◆CAIより今月のコラム

「本の扉の向こうがわに」

 本当の自分は、もっと違うはず。
 いつか誰かが自分を見つけ出して、行くべく世界に連れて行ってくれる。光
り輝く誰かの人生は、本当は自分のものだったかもしれない。そんな風に考え
たことがあるのはきっと私だけではないと思う。
 本を読んでいる間だけは、私は違う自分になれた。これといった才能もない
臆病な自分から抜け出して、怪物と戦う勇者、名探偵、怪盗にも、誰もが愛さ
ずにはいられない少女にだってなれた。
 私の周りには、いつも本があった。小さい頃は両親が交替で毎晩本を読んで
くれた。父が毎日のように本を買って帰ってきていたのを今でも覚えている。
 最近の新聞で東大生が本を読まなくなったことを嘆く記事を見かけたが、学
歴と本好きは必ずしも比例しないと思う。私の両親は高卒だけれども、私の歳
の頃には遥かにたくさんの本を読んでいたようだ。本以外の選択肢が増えた現
在、昔に比べて学生が本を読まなくなったことは事実だと思う。
 文章を読むことは好きな私だが、元来書くことは苦手だった。
 私はあまりにも他人の人生を生きすぎたのかもしれない。小説を読んで、映
画、演劇を見ては、私は簡単に泣き、笑う。しかし、自分に降りかかった悲し
い出来事、嬉しいはずの出来事の前に感情が麻痺して、泣くことも笑うことも
できずにいる自分を見つけ出して愕然とする。私はもっともっと、笑って、泣
いていいはずなのに。今なら、なぜ自分の書く文章が面白くなかったか解る気
がする。経験が足りないのだ。もっといろんな人と出逢って、沸き起こる自分
の感情に素直に向き合い、悲しいことも楽しいことも経験して、それを誰かと
共有する喜びも知ったときに初めていい文章が書けるのではないか。
 大学に来て4年が経ち、出逢えたたくさんの人たちの充実した生が放つ光を浴
びて、私も少しは前に進むことができたと信じている。本との付き合い方も変
わるときに来ている。自分を忘れるために本を読むのではなく、誰かの生を生
きることで学び、現実に流されずしっかりと立ち、心を研ぎ澄まして、自分の
生を深めるために本を読もうと、今は思っている。

                             K.O(♀)

---------------------------------------------------------------------
■御意見・御質問、お問い合わせ
☆岩室先生宛の質問も cai@excite.co.jp 受け付けています。
---------------------------------------------------------------------
■登録/解除の方法
http://www.mag2.com/
「紳也特急」(マガジンID:0000016598)は、
上記URLよりいつでも登録/解除可能です。
---------------------------------------------------------------------
#####################################################################

紳也特急

RSSを登録する
発行周期 月刊
最新号 2017/07/01
部数 807部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

紳也特急

RSSを登録する
発行周期 月刊
最新号 2017/07/01
部数 807部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

相馬一進の、1億稼ぐビジネスの本質|マーケティングと心理学
・天職で1億稼いだ相馬一進が、お金、自己啓発、仕事について、 心理学とマーケティングの側面から語る本格派メールマガジン。 ・著者の相馬一進は、ダライ・ラマ14世や、『7つの習慣』の スティーブン・コヴィーや、リチャード・ブランソンなどの、 海外セミナーへの日本人ツアーを企画、集客した実績を持つ。 ・最先端の起業・副業のノウハウや、マーケティングの原理原則、 生活の中からストレスを減らす方法、モチベーションの心理学、 複数の収入源を持つ方法、働く時間を減らす秘密などを配信中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

WEBマーケティングを学ぶためのメールマガジン
国内トップクラス(ユーザー数70000人)のWordPressテーマTCDやフォトマルシェ、ロゴマルシェなどを運営する株式会社デザインプラスの中田俊行が発行するメールマガジン。 アフィリエイトから始めた著者が、ネットマーケティングや最新のウェブ業界の情報を発信していきます。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から3年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

3連単3頭ボックスで超簡単に万馬券をゲットする競馬プロジェクト
◆読者6000人突破!まぐまぐ殿堂入り!! 圧倒的に少ない買い目で馬券を的中させます。 指定した《3頭》をボックスで買うだけで・・・ 昨年は9万馬券&7万馬券が当たりました。 一昨年にはなんと10万馬券も的中させています! 馬券は3頭をボックスで買うだけなので 誰がやっても買い目は同じ。 女性でもOK、競馬初心者でもOK 資金が少ない人でもOKです。 しかし、買い目が少ないので 当たればガツンと儲かります! こんな競馬予想は他にありません! ☆彡メルマガ広告主様大歓迎です☆彡
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

生きる意味は仏教に学びなさい
仏教メルマガ読者数日本一。今この瞬間に幸せを感じ、後悔のない人生にする方法とは?なぜどんなにお金があっても幸せになれないのか。むなしい人生になってしまう原因とは?あなたの人生を背後で支配する運命の法則と99%の人が自覚なく不幸を引き寄せている6つの行いとは…?仏教史上初のウェブ通信講座を開設、仏教の歴史を変え続ける中村僚が、葬式法事仏教となった現代日本の仏教界では失われた本当の仏教の秘密を公開。発行者サイトでも隠された仏教の秘密を無料プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング