GAUZINE

[GAUZINE:101] 踊るレジェンド【3】コメディとシリアスのリミックス


[GAUZINE:101] 踊るレジェンド【3】コメディとシリアスのリミックス

━━━━━━━━━━━━━No.101 2010-07-09━━

  G A U Z I N E      Social Media version  

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【ブログ版】 http://gaucho.jugem.cc/?cid=16
【RSS版】 http://flavors.me/slowbreath#91d/feed
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
『踊るレジェンド【3】コメディとシリアスのリミックス』
 「映画OD3の背景にあるリアルな出来事と今後の展開予測」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ワールドカップもついに、ベスト4の戦いが終わり、最終日7/12の
オランダ VS スペイン の決勝となりました。
http://www9.nhk.or.jp/fifaworldcup/game/m64.html

オランダのスナイデルと、スペインのイニエスタという、
ルックス的にもテクニック的にもタイプの似た選手の対決が
個人的には楽しみです。

では、さっそく踊るレジェンド【2】のつづきです。

++++++++++

映画第2弾「踊る大捜査線 THE MOVIE2 レインボーブリッジを封鎖せよ!」
が、2003年7月に公開されてから、
映画第3弾「踊る大捜査線 THE MOVIE 3 ヤツらを解放せよ!」

が公開されるまでに7年かかってますが、実は、この7年の間に
「踊る大捜査線」に関連した大きな事件が2つ起こっています。

ひとつは
●和久刑事を演じていた、いかりや長介さんが亡くなったこと
(2004/03/20) - http://bit.ly/ikariyaWaKu

もうひとつは、
●臨海副都心の東京都江東区青海に湾岸署(東京湾岸警察署)
 が本当にできたこと(2008/03/31)
 http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/1/tokyowangan/

です。

映画「踊る大捜査線 THE MOVIE 3 ヤツらを解放せよ!」
は、この2つの事件があったからこそ、出来上がった作品とも
言われています。

今回の作品は、ある意味、「いかりやさんの追悼」と「新湾岸署」
というリアルな出来事が、作品に反映されたものになっています。


「踊る」シリーズの脚本は、ほぼすべて、君塚良一さんが書き上げて
ますが、「踊る」の世界観は、亀山プロデューサーのコンセプト
メイキングと君塚さんのプロット作りと脚本がベースになっています。

「和久刑事」の甥の登場と「新湾岸署」への引っ越しという
ストーリー展開は、現実の出来事ともシンクロしています。

そして、そのプロットは、「THE MOVIE 3」の大きなテーマにも
つながっていきます。

「笑っていいとも」で青島係長も語ってましたが、今回の映画の
大きなテーマのひとつとして「生きる」ということがあげられて
います。

OD3の劇中でも、和久刑事は亡くなったことになっており、
伊藤淳史演じる和久刑事の甥が湾岸署に配属され「和久ノート」を
片手に、和久さんのなつかしい名言を唐突に読み上げるシーンが
何度かでてきます。

青島は、和久さんのいない「踊る」はどうなのかな、と思って
いたと言ってましたが、湾岸署(東京湾岸警察署)の現実化や
周りをとりまく状況の中で、和久さんの意志を引き継いだ青島の
その後をもう一度描く必要性を感じたスタッフが、「踊る」を
総決算すべきだと感じ制作されたのが「生きる」ということを
テーマにした「踊る大捜査線 THE MOVIE 3 ヤツらを解放せよ!」
だったのではないかなと感じます。


+++++++++ ネタバレ注意 ++++++++++

少しだけ、OD3の内容に踏み込みますが、この作品は終盤、
「生きたい男」と「死にたい女」の対決という構図があります。

シナリオを書いた君塚さんは、他の作品でも「少年犯罪」や
「冤罪」など、今の社会を投影した人間ドラマを書き続けており、
映画「容疑者 室井慎次」では、監督も担当しています。

その後、「冤罪」を描いた「容疑者 室井慎次」は、2008年の
映画「誰も守ってくれない」で、さらなる不条理をシリアスに
描き、モントリオール世界映画祭で最優秀脚本賞を受賞しています。

「踊る」シリーズが、1997年から2010年まで続いているのは、
コメディテイストの背景にある君塚脚本の人間ドラマとしての
深みや普遍性のようなものが、しっかりしているからのように
感じます。

「生きたい男」と「死にたい女」の対決という構図は、ある意味、
現代社会の縮図のようなもので、なぜ犯罪は起こるのか、
犯罪者は何を考え犯罪を起こすのか、という壮大な疑問
を観客に投げ掛けているようにも感じます。

■君塚良一 プロフィール - http://bit.ly/kiMiZukaR


++++++++++

「踊る大捜査線」シリーズが今後、どう展開していくかは、
いろいろと噂になってますが、個人的には、新たな「スピンオフ」
とともに今後も続いていくような気がします。

「THE MOVIE 3」は、「踊る」の総決算的な作品であると同時に
魅力的な新キャラクターも登場してますし、このまま終わらせる
は、やはり惜しいと誰もが思っているはずです。

スタッフやキャストも7年越しの「THE MOVIE 3」の完成で、
まだまだやれそうな実感をつかんだように見えますし、
「スピンオフ」してほしいキャラクターはいくらでもいます。

ニュースやキャストのインタビュー記事を読んでいても、
こりゃ続編ありだなと感じさせる記述もあり、きっと今後も
新企画とともに「踊るレジェンド」は続いていくことでしょう。

「THE MOVIE 3」は、総決算としての「終わり」であると同時に
新たなネクストステージの「はじまり」の作品にも見えます。

多分、5年くらい先の「THE MOVIE 4」までに、いろいろなキャラ
クターの「スピンオフ」作品がドラマ化されることでしょう。

とりあえず、小栗旬主演の「管理補佐官 鳥飼誠一」と
伊藤淳史主演の「強行犯係・巡査部長 和久伸二郎」あたりから
作ってほしいところです。


【関連ニュース】

■織田裕二、『踊る3』完成に「涙出そう!」
 続編「早く見せたい」とファンに約束 [2010/06/30]
http://www.oricon.co.jp/news/movie/77685/full/

■織田裕二、万感の思い胸に迫る…  [2010/07/03]
 故いかりや長介さんに思いをはせ「和久さんにも観てほしい」
http://www.cinematoday.jp/page/N0025373

■『踊る大捜査線3』、初日2日間で興収9億7199万円、
 動員70万人を記録  [2010/07/05]
http://www.oricon.co.jp/news/movie/77821/full/


■織田裕二主演『踊る大捜査線3』が初日。
 ユースケは小栗らと新ユニット結成か!? [2010/07/04]
http://www.moviecollection.jp/news/detail.html?p=1361

スピンオフ『新署長 真下正義の憂鬱』の製作が決定。
今年の11月から撮影開始。
ユースケ、伊藤淳史、小栗旬の新ユニット『ザ・ブブゼラ3』。
 by ユースケのジョークより


■映画「踊る大捜査線 THE MOVIE 3 ヤツらを解放せよ!」
http://www.odoru.com/
http://www.cinematoday.jp/movie/T0008539
http://bit.ly/oDoRuRejend

++++++++++

『踊るレジェンド【4】キャストの意外な関係性』

以下、メルマガのスピンオフとしてのおまけコーナーです。

今回の「THE MOVIE 3」を観ていると、キャスト同士の
意外な関係性が見えてきました。

実は、小栗旬は、内田有紀に憧れて芸能界に入ったのだが、
「THE MOVIE 3」で、ついに共演という夢を果たしたことは、
あまり紹介されていない。ウィキペディア参照。
http://ja.wikipedia.org/wiki/小栗旬

小栗旬とユースケ・サンタマリアは、映画「キサラギ」、
TVドラマ「貧乏男子 ボンビーメン」と意外と共演作が多い。

伊藤淳史と織田裕二は、映画「アマルフィ 女神の報酬」(2009)
でも共演していた。

伊藤淳史と深津絵里は、「西遊記」では、
猪八戒と三蔵法師として共演していだが、「THE MOVIE 3」で
和久さんと縁の深い恩田すみれが、和久刑事の甥と出会う
シーンは、猪八戒と三蔵法師の出会いのようだった。

深津絵里とユースケ・サンタマリアは二人とも大分県出身である。
http://ja.wikipedia.org/wiki/深津絵里

さらに、織田裕二と深津絵里は「踊る大捜査線」(1997)
よりも以前の作品、「予備校ブギ」(1990)で初共演していた。
http://www.tbs.co.jp/tbs-ch/lineup/d0236.html


以上、『踊るトリビア』でした。
http://bit.ly/oDoRuRejend

最後までご覧になっていただき、ありがとうございました。
『踊るレジェンド』も、一応これで完結とします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【PROFILE】 gaucho - Hideaki Osaki

 ■BLOG ──── http://slowbreath.jugem.jp/
 ■TWITTER ── http://twitter.com/slowbreath
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━  『GAUZINE』 ━━━━━━━━━━━━━━━
 発行 GAUZINE NET  [ http://www.gselect.com/gauzine/ ]
 登録・解除  [ http://www.mag2.com/m/0000015223.html ]
 バックナンバー [ http://archive.mag2.com/0000015223/ ]
 Copyright(C) 1999-2010. GAUZINE NET. All rights reserved.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

このメルマガは現在休刊中です

GAUZINE

RSSを登録する
発行周期 ほぼ 日刊
最新号 2014/12/04
部数 1,548部

このメルマガは
現在休刊中です

ついでに読みたい

GAUZINE

RSSを登録する
発行周期 ほぼ 日刊
最新号 2014/12/04
部数 1,548部

このメルマガは
現在休刊中です

今週のおすすめ!メルマガ3選

オンラインカジノ情報ドットコム
カジノって楽しいですよね。ラスベガス、マカオ、韓国などのカジノへ行く前や行った後も日本でカジノを楽しみたいと思いませんか?実はそのカジノが日本でもオンラインカジノを通じて遊べるんです!そんなオンラインカジノの魅力をたくさんご紹介しちゃいますね。今話題の海外FXについても詳しく解説します。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から3年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

ダメおやじの全財産をかけた崖っぷちFX通信
【1日に数万人が熟読する人気FXブログのメルマガ版】 相場歴30年以上のダメおやじがFXノウハウを大公開! 毎朝配信!毎日の経済指標情報や攻略法を無料で解説しています。 ●損切りがうまくできない、利食いが浅い ●ポジポジ病(ポジションを不要に持ってしまう) ●コツコツドカーン(小さく勝っても大きく負ける) ●エントリータイミングわからない ●メンタル面が弱い このようなお悩みがあれば購読してみてください。 FX初心者から経験者まで、FXの悩みをこのメルマガで解消します。 期間限定でメルマガ内で数万円相当分のFX情報商材をプレゼント中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

ダメおやじの全財産をかけた崖っぷちFX通信
【1日に数万人が熟読する人気FXブログのメルマガ版】 相場歴30年以上のダメおやじがFXノウハウを大公開! 毎朝配信!毎日の経済指標情報や攻略法を無料で解説しています。 ●損切りがうまくできない、利食いが浅い ●ポジポジ病(ポジションを不要に持ってしまう) ●コツコツドカーン(小さく勝っても大きく負ける) ●エントリータイミングわからない ●メンタル面が弱い このようなお悩みがあれば購読してみてください。 FX初心者から経験者まで、FXの悩みをこのメルマガで解消します。 期間限定でメルマガ内で数万円相当分のFX情報商材をプレゼント中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

僕は『絶対倒産する』と言われたOWNDAYSの社長になった。
売上20億,負債14億,赤字2億『絶対倒産する』と言われ、メガネ業界内ではただの質の悪い安売りチェーンと馬鹿にされ続けていたOWNDAYS(オンデーズ)を30歳の時に買収し社長に就任。その後、10年間で奇跡のV字回復を遂げて、売上150億,世界10カ国に進出するまで・・、みたいな巷によくある再生物語。半分ノンフィクション。半分はフィクション。いつまで、どこまで書き続けるかはまだ未定です。 https://www.owndays.com Twitter:https://twitter.com/shuji7771 blog:https://ameblo.jp/shuji7777/
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング