ロシア政治経済ジャーナル

【RPE】★安倍総理は、「米朝首脳会談」を【熱狂的】に支持する?


カテゴリー: 2018年03月12日
【RPE】★安倍総理は、「米朝首脳会談」を【熱狂的】に支持する?

RPE Journal==============================================



        ロシア政治経済ジャーナル No.1719 


                                2018/3/12


===========================================================

安倍総理は、トランプー金正恩会談が実現することを、

「熱狂的」に喜んだそうです。


詳細は、【本文】で!↓



↓



【北野絶対推薦】
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
●ビットコインとの正しいつきあい方(金融の超プロが伝授)(
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

北野です。

皆さん、お金の超プロ・内藤忍先生のことご存知ですか?


・東大経済学部卒 → 住友信託銀行 → MITにてMBA取得

→ シュローダー投信 → マネックス証券立ち上げ→

マネックス・オルタナディブ・インベストメンツ代表取締役

→ マネックス・ユニバーシティ代表取締役 → 

クレディ・スイス証券プライベート・バンキング・ディレクター

→ 海外資産運用協会設立


これを見てもわかるように正真正銘のお金の「超プロ」であります。

そんな内藤先生が、


ビットコインとの正しいつきあい方
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

を無料で教えてくださるそうです。

そればかりではありません。

リーマン・ショックが再来してもビクともしない、

着実にお金を守り殖やす、【資産運用術】をなんと無料公開して
います。

リーマンショック時、多くの個人投資家は大打撃を受けましたが、
この「資産運用術」を実践していた人達は、ほとんど問題にしなか
ったのだとか。

本当に、こんな機会はメッタにありません。

いますぐ、こちらの情報をゲットしてください。

【無料】↓
http://bit.ly/2D2tTaD

(●もちろん北野も勉強してます。)



↓



●安倍総理の通訳が、究極の語学習得法を暴露
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

北野です。

学べど、学べど、いっこうに話せるようにならず・・・。

皆さん、外国語についてこんな悩みをもっていませんか?

そんな皆さんに朗報です。

安倍総理の通訳を務める坪田充史先生が、

文法、単語の暗記はなしで、

ペラペラ話せるようになる方法を、【無料】で教えてくだ
さるそうです。

坪田先生は、安倍総理の「スペイン語」通訳ですが、

英語でも勉強法は変わりません。


「もう~、いいかげんにペラペラ話せるようになりたい!!!!!!!」

と自分に憤っておられる方、

いますぐ、安倍総理通訳の確実な方法を入手してください。
↓
http://bit.ly/2FUbjV4



(●本文へ↓)
===========================================================
★新規購読者の皆様へ!
はじめまして!RPE発行者北野です。RPEのモットーは、
1、わけのわからない世界情勢を世界一わかりやすく解説する。
2、でも、きれいごとは一切言わない。です。
世界の裏側で起こっていることを、あなただけにこっそりお教えします。
これは、国連・世銀・外務省・政治家・ファンド・社長さん軍団・大企業
幹部・起業家等々が内緒で読んでいる、秘伝のメルマガです。
友人知人には、このメルマガのこと絶対秘密にしておいてください。
3、RPEの広告は、北野が実際に購入した製品とは限りません。必ず
★HP を熟読され、★自己責任 で決定を下してください。
==========================================================

★安倍総理は、「米朝首脳会談」を【熱狂的】に支持する?


全世界のRPE読者の皆さま、こんにちは!

北野です。



●ええ!米軍がロシア傭兵部隊をせん滅!?

詳細を知りたい方は、こちらをご一読ください。
↓
http://diamond.jp/articles/-/162050
(●スマホ、携帯で読めない方は、PCでお試しください。)



近い将来予定されている、トランプさんと金正恩の首脳会談。

「対話派のボス」習近平は、大いに歓迎しているようです。



<習氏、トランプ氏を「称賛」…早期の対話促す

読売新聞 3/10(土) 20:11配信 

 【北京=東慶一郎】中国中央テレビは9日夜、習近平(シ
ージンピン)国家主席とトランプ米大統領が電話会談し、米
朝首脳会談に向けて動き出した朝鮮半島情勢について意見交
換したと報じた。

 トランプ氏は「北朝鮮が前向きな態度を示したことで、ハ
イレベル対話を行えるようになったのはいいことだ」と述べ、
最終的には対話による問題解決を目指す考えを伝えた。

 習氏は「大統領の前向きな意思を称賛する」とした上で、
早期に対話を始めるよう促した。>



習は、なぜ米朝首脳会談を喜んでいるのでしょうか?

中国の立場は、


・核の寡占体制(=NPT体制)を守るため、北朝鮮の非核化に
賛成

・中国の「緩衝国家」北朝鮮を守るため、戦争に反対


です。

トランプと金が交渉し、


・北朝鮮の非核化

・北の体制保証


が実現すれば、中国にとって、まことに都合のいい状況になり
ます。

3月11日AFP=時事によると、トランプさんは、習に激励された
ことを、大変喜んでいたようです。



<5月末までに金正恩氏と会うという提案を受け入れたトラン
プ大統領の決断は驚きをもって受け入れられた。

9日にアジア各国の指導者らと電話会談したトランプ大統領は
10日朝、ツイッター(Twitter)に中国の習近平(Xi Jinping)
国家主席は

「米国が(北朝鮮の核の)問題を不吉な別の選択肢によるの
ではなく外交的に解決しようとしていることを高く評価してい
る。中国は助けてくれている!」


と書き込んだ。>



習近平は、アメリカが戦争ではなく、対話による解決を目指し
ていることを高く評価した。

それで、トランプさんは、「中国は助けてくれている!」と習
を褒めました。

中国は、一方で北朝鮮の体制を支えながら、もう一方でトラン
プを支持し、

結果的に、習はトランプに称賛されている。

最近習が「終身国家主席」への道を開いたこと、完全スルー状
態です。



▼安倍総理は、トランプの決断を「熱狂的」に支持する



トランプさん、もう一人の人物に言及しています。

そう、わが国の安倍総理。


<10日の別のツイートでトランプ大統領は、安倍晋三(Shinzo
 Abe)首相は米朝首脳会談に「とても熱狂的」だったと述べた。
>
(同上)


トランプさんは、安倍総理のリアクションについて、

「とても熱狂的に喜んでいる」と認識したようです。


安倍総理、見事です。


夫婦が共同で何かのプロジェクトに取り組んできたとしましょ
う。

ところがある日、夫が妻に相談せず、自分一人で重大な決断を
した。


妻は、「なんで私に相談せず、勝手に決めたのよ!」と拗ねる
こともできます。

今回の件について、日本でも、「頭越し」「蚊帳の外」などと
拗ねている人がいます。

その時夫は、「いい決断をしたのに、何で怒ってるんだ」と考
えるでしょう?

夫婦仲は、険悪になります。


賢い妻なら、こういいます。


「あなたは、なんて賢明な決断をしたのでしょう!

これは、世界を変える歴史的なできごとよ!」


そして、ニッコリ微笑めば、夫は「なんといい妻だろう!」と
神さまに感謝することでしょう。


「日本はアメリカの妻か!」と憤る人がいれば、別に日本は夫
でアメリカは妻でもいいのです。

あるいは「友達」でもいいのです。

要は、他の人の決断を喜び、支持すれば、その人と近くなる。

心小さく、「どうせうまくいくはずがない」といったり、

「俺に相談なしで決めやがって!」などと憤れば、

その人と遠くなる。


私たちは、「日本に沖縄の領有権はない!」と公言している中
国に勝つために、アメリカと仲よくしなければならない。

だから、「トランプさんすごい!」「トランプさん偉い!」で
いいのです。


で、米朝首脳会談は、成功するのでしょうか?

そんなことは、誰にもわかりません。

しかし、金正恩が「非核化の意志」を示したのですから、交渉
、対話を開始するのは当然です。




ちなみに今回の話、「なぜ北朝鮮の話が、中国の話にかわって
るんだ?!」と思われた方。

必ずこちらをご一読ください。

すべて理解できるようになります。
↓


●PS(★キンドル版もあり)

北野の新刊でました。


・発売4日で2刷、一か月で3刷決定!

・アマゾン、外交・国際関係部門、国際政治情勢部門、政治入
門部門、トリプル1位を達成。

これを読むと、中国驚愕の対日戦略のすべてと、それを無力化
する方法が全部わかります。

今、世界と日本で起こっていることの裏を知りたい方は、是非
こちらをご一読ください。

↓

●中国に勝つ日本の大戦略

(詳細は→ http://amzn.to/2iP6bXa  )



▼お勧め本コーナーへ
================================================================



【北野幸伯の秘密本】


●クレムリン・メソッド ~世界を動かす11の原理

(詳細は → http://amzn.to/2vHKRuM  )


「あなた自身が、世界の未来を知る方法」に関する本です。


「北野がその分析手法を暴露した!」ということで、大さ
わぎになりました。

この本を何回か読むと、自然と未来が見えるようになって
しまいます。

だまされたと思って、是非ご一読ください。


●クレムリン・メソッド ~世界を動かす11の原理

(詳細は → http://amzn.to/2vHKRuM  )



↓●「お勧め本コーナー」へ
================================================================


★北野の「お勧め本」コーナー


私が非常に尊敬する伊勢雅臣先生の著作群です。

伊勢先生の本を何度も読み返すことで、

すべてが好転しはじめます。

まだの方は、迷うことなく、ご一読ください。


●日本人として知っておきたい皇室の祈り → http://amzn.to/2no1TbF

●世界が称賛する 日本の教育 → http://amzn.to/2k9Jcqk

●世界が称賛する日本の経営 → http://amzn.to/2karByr

●世界が称賛する 日本人が知らない日本  → http://amzn.to/2k7r806

●世界が称賛する国際派日本人  → http://amzn.to/2kamrml



↓●おたよりコーナーへ
================================================================


【北野幸伯の激面白本】


●日本自立のためのプーチン最強講義(集英社インターナショナル)

(詳細は→ http://amzn.to/2vIbBv3 )


「日本自立本」の決定版!


最初から最後まで、徹底的に具体的・現実的!


これで、「日本が自立する方法」を完璧に理解できます。

09年9月、アメリカに嵌められたロシア・ベド大統領は、プ
ーチン首相を解任した。

命の危険を感じたプーチンは、日本に政治亡命する。

日本柔道界に保護され、稽古に励むプーチン。


しかし、日本政界は、彼を放っておかなかった。


行列をなして彼のもとへ訪れる日本の政治家たち。


その中に、再起を誓う矢部元首相の姿があった。

プーチンは、90年代アメリカの属国だったロシアを、どうや
って「自立」させることに成功したのか?


懇願する矢部に 、ついにプーチンは口を開き、その「秘密」
を語りはじめた。


「プーチン最強講義」の内容は?

・中国から尖閣・沖縄を守り、かつアメリカからの自立も成
し遂げる方法とは?


・集団的自衛権と憲法改正。日本にとってなぜ前者は「天
国」、後者は「地獄」になるのか?


・難問TPPにどう対処すべきか?


・日本のエネルギー自給率を100%にする方法とは?


・日本経済を復活させ、財政も再建する方法とは?


・核兵器を保有すれば、日本は自立できるのか……?

さて、首相に返り咲いた矢部は、はたしてプーチンの秘
策に従って「日本自立」を成し遂げられるだろうか……?

この本を読み終えたとき、あなたは「日本自立」までの
道筋 を、
完璧に理解できるようになっていることでしょう。


●日本自立のためのプーチン最強講義(集英社インターナショナル)

(詳細は→ http://amzn.to/2vIbBv3 )



↓●おたよりコーナーへ
================================================================


●Shige様のレビュー


今回は、アマゾンから、Shige様の

「中国に勝つ日本の大戦略」

レビューを転載させていただきます。


●日本の安全保障を真剣に考えるべきことについて気づかせて
くれる好著

著者のメルマガ「 ロシア政治経済ジャーナル」で愛読させて
頂いており、国家間の関係における戦略的な視点の重要さに
改めて気づかされた。

第二次世界大戦では日本が米国に負けたと私は認識していた
のだが、実は日本は米国、中国、ソ連、英国などを敵に回し
た孤立無援の状態で戦争にのぞみ、負けるべくして負けたと
の説明になるほどど感じた。

戦争はすべきではないが、戦争にならないようにするため、
また万一戦争になった場合に仲間(同盟国)を確保しておく
ことの重要性が理解できた。

日本では平和主義に侵されいまだにこういった視点での戦略
を語ることがタブー視されるが、中国、ロシア、米国などと
日本の関係をどう構築していくのかが将来の日本の平和にと
って大切な戦略になるということに気づかされた。

冷戦時代には米国とソ連が対立していたのであって、米国と
中国は必ずしも敵対関係ではなかった(ソ連の敵である中国
が米国と裏で手を組んでいた)といった話は目からうろこの
話で、

単なる自由主義国家(米国中心)と共産圏(ソ連、中国)の
対立といった単純な構図ではなかったということに驚いた。

中国が一帯一路などで世界進出(経済的な側面と軍事的な側
面の両方あり)をはかり、空母など軍備増強を図ったり、尖
閣諸島や沖縄!は中国の領土だと主張するといった情勢で、
日本は米国との安全保障だけでなく、ロシアとのつながりを
築くとか安倍総理のやっていることの背景が理解できるよう
な気がした。

日本ではいまだに自衛隊は違憲とか言っている人がいるのだ
が、そういう人たちは日本の安全保障のために自衛隊は不要
だと思っているのだろうか?

もう少し日本の安全保障についてまじめに考えるべきではな
いか(私は戦争は嫌いですし、反対しますが)と感じさせら
れました。



●中国に勝つ日本の大戦略

(詳細は→ http://amzn.to/2iP6bXa  )




↓●編集後記へ
================================================================



★★★【北野幸伯の本】


【6刷決定!】【アマゾン(社会・政治部門)1位!】


●「プーチン最後の聖戦」 (集英社インターナショナル)

(詳細は→ http://amzn.to/2vIpBVC )

↑

<プーチン本はいろいろ出ているが、これが独特で面白い。>

(立花隆 「週刊文春」2012年7月12日号)


「100年に1度の大不況」はプーチンのせいで起こった?!

今明かされる驚愕の裏真実!(証拠つき)

2003年、フセイン政権を打倒したアメリカは、次にロシアの石油利
権獲得を目指す。

ユダヤ系新興財閥ホドルコフスキーから、ロシア石油最大手「ユコ
ス」買収の約束をとりつけることに成功したのも束の間。

プーチンはホドルコフスキー逮捕を命じ、ロシアの石油をアメリカ
に渡さない決意を示した。

しかし、ホドルコフスキーの後ろには、ロスチャイルド家、ネオコン
の首領チェイニー米副大統領が・・ 。(証拠つき)

こうしてプーチン率いるKGB軍団と世界の支配者の壮絶な戦い
が開始された。

08年のロシア-グルジア戦争でピークに達した米ロの争い。

なぜ両国は和解し、関係を「再起動」することに合意したのか?

プーチンとメドベージェフの対立。

そして、プーチンを裏切ったメドベージェフの背後にいた勢力とは?

大統領に返り咲いたプーチンは、どのようにアメリカに「とどめを
刺す」のか?

豊富な資料と証拠で、あなたの世界観を一変させる真実の書。

「洗脳マトリックス」の心地よいぬるま湯につかっていたい方は、
決して読まないでください。危険です。



●「プーチン最後の聖戦」 (集英社インターナショナル)

(詳細は → http://amzn.to/2vIpBVC )



↓●編集後記へ
================================================================


★編集後記


東日本大震災から、早7年。

7年前、

生まれて1カ月ちょっとの娘を抱き、地震、津波、
原発事故の映像を見て涙が止まらなかったことを
思いだします。

2011年、一時帰国した時の、暗い東京、
外国人が全然いない東京を思いだします。

今は、外国人が多すぎて、ホテルの予約も難しい
感じになりました。

うれしいことです。

しかし、今も苦しんでいる人がいることを、忘れ
てはいけないですね。



RPEジャーナル
北野幸伯


●北野への応援・激励・新刊感想メールは
こちら→ tjkitanojp●yahoo.co.jp 


▲迷惑メール対策のために真ん中が●になっています。
これを@にかえてお送りください。



▼メールを書くまえに必ずご一読ください。

1、メール多数で、ほとんどお返事できませんが、すいません。
しかし感謝して読ませていただいております。

2、いただいたメールは掲載させていただくことがあります。匿名
希望の方はその旨必ずお書きください。

3、広告に関するクレームにはお返事できません。広告主さんに
直接連絡するようお願いします。

4 、RPEの広告は、北野が実際に購入した製品とは限りません。
必ず★HPを熟読され、★
自己責任で決定を下してください。



===========================================================


○メールマガジン「ロシア政治経済ジャーナル」


発行者 北野 幸伯


Copyright (C) RPE Journal  All Rights Reserved. 358



アドレス変更・解除は http://www.mag2.com/m/0000012950.html



===========================================================

ロシア政治経済ジャーナル

RSSを登録する
発行周期 不定期
最新号 2018/04/24
部数 56,229部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

ロシア政治経済ジャーナル

RSSを登録する
発行周期 不定期
最新号 2018/04/24
部数 56,229部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

ダメおやじの全財産をかけた崖っぷちFX通信
【1日に数万人が熟読する人気FXブログのメルマガ版】 相場歴30年以上のダメおやじがFXノウハウを大公開! 毎朝配信!毎日の経済指標情報や攻略法を無料で解説しています。 ●損切りがうまくできない、利食いが浅い ●ポジポジ病(ポジションを不要に持ってしまう) ●コツコツドカーン(小さく勝っても大きく負ける) ●エントリータイミングわからない ●メンタル面が弱い このようなお悩みがあれば購読してみてください。 FX初心者から経験者まで、FXの悩みをこのメルマガで解消します。 期間限定でメルマガ内で数万円相当分のFX情報商材をプレゼント中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

がんばれ建設~建設業専門の業績アップの秘策
ダム、トンネル等大型建設工事の参画経験を有し、テレビ、ラジオ、新聞に出演中の著者が、「儲かる」「身につく」建設(土木、建築、設備、電気、プラント)関連情報を厳選。建設業の業績アップ、技術者育成、技術提案、原価低減ネタを紹介します。ベストセラー「今すぐできる建設業の原価低減」等著書多数。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

システマティックな「ま、いっか」家事術
食べるのは大好きだけど、作るのは超苦手。棚拭きとアイロンがけが何より嫌い。 そんな家事オンチだった私がソレナリに家事をこなせるようになったワケ。 家事全体を見渡して、最小の手間で最大のリターンを得る、具体的なシステムをお知らせするメールマガジンです。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

ダメおやじの全財産をかけた崖っぷちFX通信
【1日に数万人が熟読する人気FXブログのメルマガ版】 相場歴30年以上のダメおやじがFXノウハウを大公開! 毎朝配信!毎日の経済指標情報や攻略法を無料で解説しています。 ●損切りがうまくできない、利食いが浅い ●ポジポジ病(ポジションを不要に持ってしまう) ●コツコツドカーン(小さく勝っても大きく負ける) ●エントリータイミングわからない ●メンタル面が弱い このようなお悩みがあれば購読してみてください。 FX初心者から経験者まで、FXの悩みをこのメルマガで解消します。 期間限定でメルマガ内で数万円相当分のFX情報商材をプレゼント中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング