ロシア政治経済ジャーナル

【RPE】★トランプが衝撃告白、「私は習近平がとても好きだ!」プーチンは?


カテゴリー: 2017年04月19日
【RPE】★トランプが衝撃告白、「私は習近平がとても好きだ!」
プーチンは?

RPE Journal==============================================



        ロシア政治経済ジャーナル No.1541 


                                2017/4/19

===========================================================

トランプは、いつの間にか「習近平が大好き!」になった
そうです。


詳細は、【本文】で!↓



↓



【北野絶対推薦】
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
●超プロによる資産運用実践講座(無料)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

北野です。

今回は、「リーマン・ショックが再来しても崩れない、
鉄壁の資産構築をしたい人」に朗報です。

皆さん、お金の超プロ・内藤忍先生のことご存知ですか?


・東大経済学部卒 → 住友信託銀行 → MITにてMBA取得

→ シュローダー投信 → マネックス証券立ち上げ→

マネックス・オルタナディブ・インベストメンツ代表取締役

→ マネックス・ユニバーシティ代表取締役 → 

クレディ・スイス証券プライベート・バンキング・ディレクター

→ 海外資産運用協会設立


これを見てもわかるように正真正銘のお金の「超プロ」であります。

そんな内藤先生が、


「色々見てきましたが、資産を殖やすには 結局これしかありません!」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

と言い切る、

着実にお金を守り殖やす、【資産運用術】をなんと無料公開して
います。

リーマンショック時、多くの個人投資家は大打撃を受けましたが、
この「資産運用術」を実践していた人達は、ほとんど問題にしなか
ったのだとか。

本当に、こんな機会はメッタにありません。

いますぐ、こちらの情報をゲットしてください。

【無料】↓

https://tinyurl.com/n8daa3c

(●もちろん北野も勉強してます。)



↓



【極秘】
ーーーーーーーーーーーーーーーーー

●潜在意識を完璧に使いこなす方法

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

皆さん、潜在意識使いこなせていますか????


「・・・・・なんか潜在意識には巨大な力があり、使い
こなせれば、なんでも夢がかなうといいますが、方法が
わかりません」


こんな人は、多いのではないでしょうか?

ところで、皆さん井上裕之先生をご存知でしょうか?

「潜在意識」といえば、ジョセフ・マーフィーですね。

井上先生は、なんと「ジョセフ・マーフィー・インステ
ィテュート」の

【グランドマスター】

なのです。

「日本一潜在意識の使い方を熟知した人物」

といって間違いないでしょう。

井上先生も、潜在意識を活用し、次々とありえない成功
を成し遂げておられる。

自らの人生で「潜在意識の存在」を証明しておられるの
ですね。

今回そんな潜在意識のグランドマスター井上先生が、


潜在意識を完璧に使いこなす方法
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

を【無料】で教えてくださるそうです。

「女性向け」だそうですが、潜在意識の使い方に、

男性も女性もないですから、男性の皆さんも必ずゲットし
てみてください。

詳細はこちら。↓
https://tinyurl.com/l4gywjz


(●本文へ↓)
===========================================================
★新規購読者の皆様へ!
はじめまして!RPE発行者北野です。RPEのモットーは、
1、わけのわからない世界情勢を世界一わかりやすく解説する。
2、でも、きれいごとは一切言わない。です。
世界の裏側で起こっていることを、あなただけにこっそりお教えします。
これは、国連・世銀・外務省・政治家・ファンド・社長さん軍団・大企業
幹部・起業家等々が内緒で読んでいる、秘伝のメルマガです。
友人知人には、このメルマガのこと絶対秘密にしておいてください。
3、RPEの広告は、北野が実際に購入した製品とは限りません。必ず
★HP を熟読され、★自己責任 で決定を下してください。
==========================================================

★トランプが衝撃告白、「私は習近平がとても好きだ!」
プーチンは?


全世界のRPE読者の皆さま、こんにちは!

北野です。


まず、お知らせから。

ダイヤモンド・オンラインに二つ最新記事がでています。

1、なぜ、アメリカのシリア攻撃で、一番得をするのは
【中国】なのか???↓

http://diamond.jp/articles/-/124488
(●スマホ、携帯で読めない方は、PCでお試しください。


2、【新ロシア革命工作】がはじまった。黒幕はあの【大富豪】
↓
http://diamond.jp/articles/-/124649
(●スマホ、携帯で見れない方は、PCでお試しください。)



まだの方は、是非ご一読ください。

では、本題。


アメリカのシリア攻撃、北朝鮮問題でかすんでしまいましたが。

習近平、トランプに会ったのですね。

この件、「夕食中、トランプが習近平にシリア攻撃のことを伝
えた」話ばかりです。

二人の関係はどうだったのでしょうか?



▼トランプの衝撃告白



ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)4月13日付を見
てみましょう。



<ドナルド・トランプ米大統領は12日、就任後に知己になった
ある国の首脳との関係について冗舌に語った。


「われわれの関係は非常に良い」。

トランプ氏はホワイトハウスの大統領執務室で行われたウォー
ル・ストリート・ジャーナルとのインタビューでそう述べた。



「われわれの相性はすごくいい。

互いに好意を持っている。

私は彼のことがとても好きだ。

彼の妻も素晴らしい」


これほど温かい言葉で評されているリーダーとは誰か。>



皆さん、クイズです。

トランプがある国のリーダーについて、以下のように語ってい
ます。


「われわれの相性はすごくいい。

互いに好意を持っている。

私は彼のことがとても好きだ。

彼の妻も素晴らしい」



トランプは、誰のことを語っているのでしょう???

答えを紙に書いてみてください。


正解です。

安倍総理ですね。


すいません。

ウソです。

答えは、こちら。


<中国の習近平国家主席だ。>(同上)


「え~~~~~、トランプは、習近平の悪口ばかりいってい
たのでは???」


ですね。

だから、トランプにインタビューしたWSJの記者さんも驚いて
います。


<トランプ氏の口からこうした言葉が出てくると思っていた人は
ほとんどいないと言ってもいいだろう。

昨年の米大統領選挙中、中国はどの国よりもトランプ氏による
「口撃」の標的だった。

いわく、世界経済の枠組みの中で公正に取引していない、自分
たちが有利になるよう米国を利用している、米国の仕事を盗ん
でいる、周辺諸国をどう喝している――。>(同上)



そう、トランプは、当時明らかに「習近平が嫌い」だった。

トランプは、安倍総理が大好きですが、他にもお気に入りがい
ますね?

そう、プーチンです。



<その一方で当然のことながら、大国の指導者の中ではロシア
のウラジーミル・プーチン大統領がトランプ氏のお気に入りの
人物になり、緊密な関係を築いて過去の罪を許されるはずだっ
た。>(同上)


そうなんです。

選挙戦中も大統領就任後も、トランプの「プーチン愛」は一貫
していました。

しかし・・・。



< ところがどういうわけか、トランプ氏が選挙で勝利した後
のこの5カ月ほどの間に、ほとんど正反対のことが起こった。

今やトランプ氏と習氏の関係が世界で最も重要なものとなりつ
つあるかのようだ。>(同上)



アメリカはGDPでも軍事費でも世界一。

中国は、GDP、軍事費で世界2位。


世界1位と2位の首脳の関係が「世界でもっと重要」なのは、当然
でしょう。

しかし、その関係の質は、いろいろあり得ます。



▼トランプ、習近平との会談を語る



ここから、最近の首脳会談に話が移ります。

どうだったのでしょうか?



<トランプ氏がインタビューの中で詳細に語ったところによると、
習氏とは先週、フロリダ州の別荘「マール・ア・ラーゴ」で長時
間ともに過ごし、随行者を同席させずに対話した時間も長かった
という。

米中首脳会談の最初の協議は「10分から15分の予定だったが、3
時間に延びた」。

さらに「2日目に10分間の予定で組んでいた会談は2時間に延びた。


われわれは本当に相性がいい」とも述べた。>(同上) 



もちろん、「話すネタがあった」というのも大事でしょう。

シリア問題、北朝鮮問題。

特に北朝問題は、中国が金正恩体制への支援をつづけていること
が、根本的大問題。

だから、「話が盛り上がる」のは、わかる。

しかし、「おまえが金正恩を甘やかしているせいで、あの小僧は
もうすぐ、アメリカ本土を核攻撃できるようになる!
なんとかしないと、中国もタダではすまないぞ!」

と脅迫することもできたはずです。

しかし、会談後の感想は、


「われわれは本当に相性がいい」


これは、本当にそうなのでしょう。

トランプはこの辺、正直です。

メルケルさんに対して、「相性がいい」とはいいません。



▼なぜトランプは、習近平を好きになったのか?



「シリア攻撃」と習近平の話になります。



<習氏はトランプ氏によるシリア攻撃の決断を世界で最初に知っ
た外国の首脳だ。

シリア攻撃では59発の巡航ミサイル「トマホーク」が発射された。

トランプ氏は6日夜に行われた夕食会でデザートを食べながら習
氏に伝えた。>(同上)



このニュースを聞いた時、ロシアは、


「アサドは、化学兵器を使っていない!

アメリカは、イラクのときと同じで、ウソをついている!」


と非常にネガティブで、激しい反応をしました。

一方、習近平は、


「化学兵器を使うのは、容認できない。

アメリカがシリアを攻撃したのは、『理解できる』」


といった。

そして、国連安保理は4月12日、「シリア非難決議」の採決を
しました。

ロシアは「拒否権」を行使し、この決議を葬った。


問題は、中国の動きです。

中国は普通、ロシアと共に「拒否権」を行使する。

ところが、今回は「棄権」しました。

つまり、中国は、ロシアを裏切った。



ロシアのテレビでは、報道されませんでしたが、ショックは大
きいだろうと思います。



< 選挙期間中の厳しい発言から習氏とのこうした関係が生ま
れることを想像できたかと尋ねると、簡潔に「ノー」と答えた。

そしてこう付け加えた。

「彼はとても聡明だ。

それが彼の長所だ。

順応性と呼んでもいい」>(同上)



習近平には「順応性」があるそうです。

まさにその通りでしょう。

習近平は、「中国の夢」を標榜する「ナショナリスト」として登
場しました。

それで、ダボス会議に集まるような国際金融資本に嫌われ、2015、
2016年、中国経済はボロボロになってしまった。

しかし、「ナショナリスト」トランプがアメリカ大統領になると、
国際金融資本は、彼を敵視しはじめた。

習は、その機会をとらえ、1月のダボス会議で、


「グローバリズム、絶対支持!」


を宣言しました。

「ナショナリスト」だったのが、一夜にして「グローバリスト」に
変貌した。

これも「順応性」ですね。

以後、欧米メディアから、「中国経済のハードランディングは不可
避」といった論調は消えました。

むしろ、「中国経済、底打ち」といった記事ばかりになってきた。


そして今回の件。

習は、中国では「皇帝」です。

しかし、トランプに会った時は、「皇帝らしい振る舞い」を封印
しました。

微笑みを絶やさず、トランプの話に耳を傾け、シリア攻撃のニュ
ースを聞いたときも、

「アメリカの行動は理解できる」と賛意すら示した。


これは、なんでしょう?

中国人のいわゆる「陰陽論」なのでしょう。

つまり、トランプみたいな強い「陽」の人と会うとき、

自分自身は「陰」にならなければならない。


考えてみると、メラニア夫人、娘のイヴァンカさん。

安倍総理、イギリスのメイ首相。


「陰」になれる人が、トランプのお気に入りですね。

習近平も、見事に「演じた」のでしょう。

これを、「順応性がある」といいます。



▼冷める「プーチン愛」



一方、トランプの「プーチン愛」はどうなったのでしょうか?



<習氏との関係をプーチン氏との関係と対比させて質問したとこ
ろ、トランプ氏は選挙後にプーチン氏から好意的な電話がかかっ
てきたことや、ロシアで最近発生したテロ事件後にトランプ氏か
ら電話をかけて哀悼の意を表し、協力を申し出たことについて語
った。


「あなた方がこれまで書いてきたこととは裏腹に、私はプーチン
を知らない。

知らないのだ」>



「私は、プーチンを知らない」

これも本音でしょう。

トランプは、プーチンに会ったことがない。

一方で、シリア問題で、対立している。

会えば変わるかもしれませんが、現状は、


トランプは、「習近平が大好きだ!」と公言している。

トランプは、「プーチンを知らない!」と公言している。


WSJ、記事をこんな風に結んでいます。



<少なくとも今のところは、トランプ、習両氏の関係は世界で最
も驚くべき「ブロマンス(男性同士の親密な関係)」になりつつ
ある。 >(同上)



日本は、こういう現状を踏まえ、


1、アメリカとの同盟関係をますます強固にしていく。


2、ロシアとの関係をますます強化し、結果的に中ロを分断させる。

(しかし、中国の悪口をいうべきではない。)


3、中国を挑発しない

(米中関係がさらに良好になると、梯子を外される可能性がある。)


でいきましょう。

移り変わりの激しい、「米中ロ・三国志」には関わらないように。


アメリカとは、「最高の関係」

ロシアとは、「良好な関係」

中国とは、「悪くない関係」


を築いていけば、80年前の過ちを繰り返すことはないでしょう。

現在の国際関係は、1930年代並に移り変わりが激しい。


注意深く、情勢を追いつづけていきましょう。


●PS

北野が「世界情勢分析する方法」を完全暴露しています。

これを読むと、あなた自身で、日本と世界の未来を予測でき
るようになります。

政治家、経営者、起業家、ビジネスマン必読。
↓


【4刷決定!】

●日本人の知らない「クレムリン・メソッド」
~ 世界 を動かす11の原理 (集英社インターナショナル)

北野 幸伯

(詳細は→ http://tinyurl.com/hrq5f3x )


●面白かったら、拡散お願いいたします。>


▼危機克服本コーナーへ
================================================================



【北野幸伯の激面白本】


●日本自立のためのプーチン最強講義(集英社インターナショナル)

(詳細は→ http://tinyurl.com/nkam4c9 )


「日本自立本」の決定版!


最初から最後まで、徹底的に具体的・現実的!


これで、「日本が自立する方法」を完璧に理解できます。

09年9月、アメリカに嵌められたロシア・ベド大統領は、プ
ーチン首相を解任した。

命の危険を感じたプーチンは、日本に政治亡命する。

日本柔道界に保護され、稽古に励むプーチン。


しかし、日本政界は、彼を放っておかなかった。


行列をなして彼のもとへ訪れる日本の政治家たち。


その中に、再起を誓う矢部元首相の姿があった。

プーチンは、90年代アメリカの属国だったロシアを、どうや
って「自立」させることに成功したのか?


懇願する矢部に 、ついにプーチンは口を開き、その「秘密」
を語りはじめた。


「プーチン最強講義」の内容は?

・中国から尖閣・沖縄を守り、かつアメリカからの自立も成
し遂げる方法とは?


・集団的自衛権と憲法改正。日本にとってなぜ前者は「天
国」、後者は「地獄」になるのか?


・難問TPPにどう対処すべきか?


・日本のエネルギー自給率を100%にする方法とは?


・日本経済を復活させ、財政も再建する方法とは?


・核兵器を保有すれば、日本は自立できるのか……?

さて、首相に返り咲いた矢部は、はたしてプーチンの秘
策に従って「日本自立」を成し遂げられるだろうか……?

この本を読み終えたとき、あなたは「日本自立」までの
道筋 を、
完璧に理解できるようになっていることでしょう。



●日本自立のためのプーチン最強講義(集英社インターナショナル)

(詳細は→ http://tinyurl.com/nkam4c9 )




↓●「危機克服本コーナー」へ
================================================================


★北野の「危機克服本」コーナー

はじめての方は、まず「危機克服本」の動機と意義について、
こちらをお読みください。↓
http://rpejournal.com/osusumehon.html



●『世界が称賛する 国際派日本人』

(詳細は→ http://tinyurl.com/zj9qvkg )


私がもっとも尊敬する伊勢雅臣先生の新刊です。


尊く生きた日本人、

尊く生きている日本人

の考え方、行き方を知ることができ、本当に感動しました。


既に読ませていただいたので、絶対的自信をもって推薦さ
せていただきます。

皆さん、この本は、間違いなくあなたの「家宝」になりま
す。

繰り返し読むことで、あなた自身、ますます尊く生きるこ
とができるようになるでしょう。

小さいお子さんがいる方は、是非読んで聞かせてあげてく
ださい。

少し大きいお子さんがいる方は、是非プレゼントしてあげ
てください。

親孝行で、大志をもって、熱心に勉強する子供になること
でしょう。

学校の先生は、子供たちに読ませてあげてください。

子供達の目が輝きだすことでしょう。


そして、皆さん、是非この本を大拡散してください。

日本の変革は、私から。

私の変革は、「私の心から」はじまります。



●『世界が称賛する 国際派日本人』

(詳細は→ http://tinyurl.com/zj9qvkg  )



は、まさに心の栄養。

これを読むことで、あなたは、変わります。


毎日元気で、使命感をもち、会社で、家族で、みんなと仲がよ
く、

仕事熱心で、やさしく、皆から尊敬される人物になることでし
ょう。


「そんな大げさな!」


と思われかもしれませんが、この本を読んでいただければ、


「ホントにそうだ。

北野さんの話はウソではなかった。

いや、あまりに控え目ですらある。」


と気づいていただけることでしょう。


●『世界が称賛する 国際派日本人』

(詳細は→ http://tinyurl.com/zj9qvkg  )


☆PS こちらも絶対お勧めです。↓

●「世界が称賛する 日本人が知らない日本」

(詳細は→ http://tinyurl.com/z5kejz5 )



★★今までに紹介した、絶対お薦め本はこちら↓
(めちゃくちゃ面白く・役立つ本ばかりを厳選してありますよ!)(^▽^)
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://rpejournal.com/osusumehon.html


↓●おたよりコーナーへ
================================================================







★★★【北野幸伯の本】


【6刷決定!】【アマゾン(社会・政治部門)1位!】


●「プーチン最後の聖戦」 (集英社インターナショナル)

(詳細は→ http://tinyurl.com/8y5mya3 )

↑

<プーチン本はいろいろ出ているが、これが独特で面白い。>

(立花隆 「週刊文春」2012年7月12日号)


「100年に1度の大不況」はプーチンのせいで起こった?!

今明かされる驚愕の裏真実!(証拠つき)

2003年、フセイン政権を打倒したアメリカは、次にロシアの石油利
権獲得を目指す。

ユダヤ系新興財閥ホドルコフスキーから、ロシア石油最大手「ユコ
ス」買収の約束をとりつけることに成功したのも束の間。

プーチンはホドルコフスキー逮捕を命じ、ロシアの石油をアメリカ
に渡さない決意を示した。

しかし、ホドルコフスキーの後ろには、ロスチャイルド家、ネオコン
の首領チェイニー米副大統領が・・ 。(証拠つき)

こうしてプーチン率いるKGB軍団と世界の支配者の壮絶な戦い
が開始された。

08年のロシア-グルジア戦争でピークに達した米ロの争い。

なぜ両国は和解し、関係を「再起動」することに合意したのか?

プーチンとメドベージェフの対立。

そして、プーチンを裏切ったメドベージェフの背後にいた勢力とは?

大統領に返り咲いたプーチンは、どのようにアメリカに「とどめを
刺す」のか?

豊富な資料と証拠で、あなたの世界観を一変させる真実の書。

「洗脳マトリックス」の心地よいぬるま湯につかっていたい方は、
決して読まないでください。危険です。



●「プーチン最後の聖戦」 (集英社インターナショナル)

(詳細は → http://tinyurl.com/8y5mya3 )




↓●おたよりコーナーへ
================================================================


●山岡さまからのメール


北野様

お久しぶりです。

非常に興味深い考察ありがとうございました。

ひとつだけ補足させて頂くとすれば、韓国でこのまま親北政権
ができてしまったらどうするか、ということです。

北朝鮮が核抜きで、中国主導のもとで存続したとします。

ほっとするのもつかの間、今度は極端に左傾化した韓国が北朝
鮮に急接近し、連邦制を組もうと言いだすかもしれません。

そうすると今度は逆に、半島全体が中国の影響下の北朝鮮、そ
して、北朝鮮の影響下の韓国となってしまい、日本の防衛ライ
ンが38度線から一気に対馬海峡まで南下してしまう可能性があ
ります。

北朝鮮を存続させるのがマシな選択肢だとして、北朝鮮の工作
で左傾化する韓国をどうするのか、これもアメリカと対策をよ
く協議しておく必要があるのではないでしょうか?

山岡鉄秀(やまおかてつひで)
AJCN代表



↓●編集後記へ
================================================================





【無料】

●世界一わかりやすいアメリカ没落の真実【北野幸伯著】


RPE発行者・北野幸伯が、「アメリカ没落の真実」を世界一
わかりやすく解説します。

「住宅バブル崩壊」「サブプライム問題」
「リーマン・ショック」

等、一般的な説明ではありません。


「アメリカは、ドイツ、フランス、ロシア、中国等 『多極主 義陣営』

に『意図的』に『没落させられた』」


山盛り資料 ・証拠つきで、真実を暴露していきます。

おかげさまで、「メルぞう」ニュース・情報源部門、【歴代NO1】。

第10回、11回Eブック大賞・優秀賞連続受賞。

第12回Eブック大賞・最優秀賞受賞。

まだ読んでいない方、いますぐ歴史の真実を知ってください。


【完全無料】です。

ダウンロードは↓  
http://tinyurl.com/pnx6e2m





↓●編集後記へ
================================================================


★編集後記


遅ればせながら、「君の名は」を見ました。

妻も娘も、泣いていました。

新海監督の作品は全部みましたが、

「やはり、売れる作品は違うな~~~」

と思いました。


RPEジャーナル
北野幸伯


●北野への応援・激励・新刊感想メールは
こちら→ tjkitanojp●yahoo.co.jp 


▲迷惑メール対策のために真ん中が●になっています。
これを@にかえてお送りください。



▼メールを書くまえに必ずご一読ください。

1、メール多数で、ほとんどお返事できませんが、すいません。
しかし感謝して読ませていただいております。

2、いただいたメールは掲載させていただくことがあります。匿名
希望の方はその旨必ずお書きください。

3、広告に関するクレームにはお返事できません。広告主さんに
直接連絡するようお願いします。

4 、RPEの広告は、北野が実際に購入した製品とは限りません。
必ず★HPを熟読され、★
自己責任で決定を下してください。



===========================================================


○メールマガジン「ロシア政治経済ジャーナル」


発行者 北野 幸伯


Copyright (C) RPE Journal  All Rights Reserved. 358



アドレス変更・解除は http://www.mag2.com/m/0000012950.html



===========================================================

ロシア政治経済ジャーナル

RSSを登録する
発行周期 不定期
最新号 2017/06/22
部数 57,294部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

ロシア政治経済ジャーナル

RSSを登録する
発行周期 不定期
最新号 2017/06/22
部数 57,294部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

集客は一生懸命やるから失敗する!大反響ストーリーチラシ集客術
チラシ反響率が1万分の1以下と言われる今の時代に、チラシ50枚で1件の問い合わせを獲得する大反響チラシを開発しました。これを「ストーリーチラシ」と呼んでいます。 その大反響チラシのノウハウをこのメルマガで公開します。 しかし、誰にでも大反響が実現できるわけではありません。「何としてでも集客をしないと!」と一生懸命になる人は、ノウハウ通りにチラシを作っても反響が取れません。 なぜか?表面的なノウハウではなく、大反響がずっと続く本質部分をお伝えします。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

WEBマーケティングを学ぶためのメールマガジン
国内トップクラス(ユーザー数70000人)のWordPressテーマTCDやフォトマルシェ、ロゴマルシェなどを運営する株式会社デザインプラスの中田俊行が発行するメールマガジン。 アフィリエイトから始めた著者が、ネットマーケティングや最新のウェブ業界の情報を発信していきます。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

ダメおやじの全財産をかけた崖っぷちFX通信
【1日に数万人が熟読する人気FXブログのメルマガ版】 相場歴30年以上のダメおやじがFXノウハウを大公開! 毎朝配信!毎日の経済指標情報や攻略法を無料で解説しています。 ●損切りがうまくできない、利食いが浅い ●ポジポジ病(ポジションを不要に持ってしまう) ●コツコツドカーン(小さく勝っても大きく負ける) ●エントリータイミングわからない ●メンタル面が弱い このようなお悩みがあれば購読してみてください。 FX初心者から経験者まで、FXの悩みをこのメルマガで解消します。 期間限定でメルマガ内で数万円相当分のFX情報商材をプレゼント中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

一緒に歩もう!小富豪への道
富裕層むけ、富裕層入りを目指す方むけの究極の資産防衛メルマガ!一国だけに資産を集めておくのは危険な時代がやってきました。海外ヘッジファンド、貴金属、不動産からアンティーク・コインまで、金融不安に負けない世界分散ポートフォリオを、経験豊富なファイナンシャル・プランナーが誠意をもってご案内します。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

楽しく幸せな会社組織づくりのすすめ
組織変革コンサルタントが語る楽しく幸せな会社組織づくり・社員育成実践テクニックをご紹介。社員数名~100名前後の中堅・中小企業オーナー社長や経営層・人事部・管理職・仕事の幅を広げたいフリーランス・士業の方は必見! 社員の主体性や部門間の連携力を高める効果的なコーチング・研修・ワークショップなど具体的な打ち手も解説します。また自社で取り組んでいる管理・評価・指示命令が不要な新世代型の組織運営法「びりかん式経営」についてもご紹介していきます。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

生きる意味は仏教に学びなさい
仏教メルマガ読者数日本一。今この瞬間に幸せを感じ、後悔のない人生にする方法とは?なぜどんなにお金があっても幸せになれないのか。むなしい人生になってしまう原因とは?あなたの人生を背後で支配する運命の法則と99%の人が自覚なく不幸を引き寄せている6つの行いとは…?仏教史上初のウェブ通信講座を開設、仏教の歴史を変え続ける中村僚が、葬式法事仏教となった現代日本の仏教界では失われた本当の仏教の秘密を公開。発行者サイトでも隠された仏教の秘密を無料プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング