ロシア政治経済ジャーナル

【RPE】★第2次朝鮮戦争をストップし、半島非核化を成し遂げる方法


カテゴリー: 2017年04月17日
【RPE】★第2次朝鮮戦争をストップし、半島非核化を成し遂げる方法

RPE Journal==============================================



        ロシア政治経済ジャーナル No.1540 


                                2017/4/17

===========================================================

朝鮮戦争を回避し、半島非核化も成し遂げる方法はないのでしょ
うか???


詳細は、【本文】で!↓



↓



【北野絶対推薦】
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
●超プロによる資産運用実践講座(無料)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

北野です。

今回は、「リーマン・ショックが再来しても崩れない、
鉄壁の資産構築をしたい人」に朗報です。

皆さん、お金の超プロ・内藤忍先生のことご存知ですか?


・東大経済学部卒 → 住友信託銀行 → MITにてMBA取得

→ シュローダー投信 → マネックス証券立ち上げ→

マネックス・オルタナディブ・インベストメンツ代表取締役

→ マネックス・ユニバーシティ代表取締役 → 

クレディ・スイス証券プライベート・バンキング・ディレクター

→ 海外資産運用協会設立


これを見てもわかるように正真正銘のお金の「超プロ」であります。

そんな内藤先生が、


「色々見てきましたが、資産を殖やすには 結局これしかありません!」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

と言い切る、

着実にお金を守り殖やす、【資産運用術】をなんと無料公開して
います。

リーマンショック時、多くの個人投資家は大打撃を受けましたが、
この「資産運用術」を実践していた人達は、ほとんど問題にしなか
ったのだとか。

本当に、こんな機会はメッタにありません。

いますぐ、こちらの情報をゲットしてください。

【無料】↓

https://tinyurl.com/n8daa3c

(●もちろん北野も勉強してます。)


(●本文へ↓)
===========================================================
★新規購読者の皆様へ!
はじめまして!RPE発行者北野です。RPEのモットーは、
1、わけのわからない世界情勢を世界一わかりやすく解説する。
2、でも、きれいごとは一切言わない。です。
世界の裏側で起こっていることを、あなただけにこっそりお教えします。
これは、国連・世銀・外務省・政治家・ファンド・社長さん軍団・大企業
幹部・起業家等々が内緒で読んでいる、秘伝のメルマガです。
友人知人には、このメルマガのこと絶対秘密にしておいてください。
3、RPEの広告は、北野が実際に購入した製品とは限りません。必ず
★HP を熟読され、★自己責任 で決定を下してください。
==========================================================

★第2次朝鮮戦争をストップし、半島非核化を成し遂げる方法


全世界のRPE読者の皆さま、こんにちは!

北野です。


まず、お知らせから。

ダイヤモンド・オンラインに二つ最新記事がでています。


1、なぜ、アメリカのシリア攻撃で、一番得をするのは
【中国】なのか???↓

http://diamond.jp/articles/-/124488
(●スマホ、携帯で読めない方は、PCでお試しください。


2、【新ロシア革命工作】がはじまった。黒幕はあの【大富豪】
↓
http://diamond.jp/articles/-/124649
(●スマホ、携帯で見れない方は、PCでお試しください。)



では、本題。

4月14日から16日にかけて、「朝鮮半島で戦争が勃発するので
はないか?」と心配していた人も多かったと思います。


4月13日、アメリカのメディアは、「北朝鮮が核実験を強行し
た場合、米軍は先制攻撃する」と報じました。

そして、「金日成生誕105年」にあたる4月15日、「金正恩は、
核実験をするのではないか?」と予想されていた。

つまり、「それをきっかけに米軍が先制攻撃し、北朝鮮が反
撃することで、戦争が起こるのではないか?」と。


しかし、4月15日は、軍事パレードがあっただけで、核実験
や大陸間弾道ミサイル(ICBM)実験はありませんでした。

4月16日、北は、弾道ミサイル実験を行いましたが、ICBMで
はありませんでした。(そして、失敗した。)


というわけで、ひとまず戦争の危機は回避されました。

しかし、北が、核実験、ICBM実験を永遠にやめることはない
でしょうから、危機はつづいていきます。

今回は、


第2次朝鮮戦争を回避し、半島非核化を成し遂げる方法


について考えてみましょう。



▼中国がポイント



この問題、日本政府もアメリカ政府も同じ認識ですが、

「中国がポイント」です。

なぜ?

北朝鮮が「制裁下」で生き残っているのは、中国が支援をつづけて
いるからなのです。

中国が、支援と貿易をストップすれば、金体制は1年もたないでしょ
う。

では、なぜ中国は、北支援をつづけるのか?


1、北朝鮮の核兵器は、中国の脅威ではないから

北朝鮮が核兵器やICBMをもっても、中国は困りません。

なぜなら北の標的は、韓国、日本、アメリカだからです。

そう、北朝鮮の核兵器は、まったく中国の脅威ではないのです。


2、金王朝が崩壊し、韓国中心に半島が統一されると困る

北朝鮮が崩壊し、韓国中心に半島が統一されたらどうでしょう
か?

アメリカの同盟国・韓国が、半島を統一した。

すると、北と中国の国境近くに、米軍基地ができるかもしれな
い。

北京を即座に壊滅させることのできるミサイルが配備されるか
もしれない。

中国にとって、緩衝国家の消滅は、「悪夢」です。

それで、「わがままな金正恩でも、いたほうがまだマシ」とい
うことなのです。



▼中国を動かす方法1 韓国への核兵器配備



中国がこんな感じなので、本気で制裁などしません。

金正恩体制がつづくよう、きっちり支援をつづけている。

中国を動かす方法はあるのでしょうか?

こんな方法はどうでしょうか?


トランプさんは、いいます。


「北朝鮮は核をもち、韓国は核をもちません。

パワーバランスが崩れているので、戦争が起こりやすくなってい
ます。

均衡を取り戻すために、韓国に『核』を配備するつもりです」


中国は、メチャクチャ嫌がることでしょう。

なぜ?



「アメリカは、『ピョンヤンがターゲット』といいながら、

『北京も狙える』ような核ミサイルを配備するだろう」」



と思うから。

そして、「北朝鮮が核兵器を放棄すれば、もちろん
韓国に核兵器を置いておく必要はなくなる」と約束する。


中国は、自国の安全が大いに脅かされることになるので、
モチベーションが高まります。



▼中国を動かす方法2 半島非核化で習近平は世界史の英雄に?



「韓国への核兵器配備」は、中国にとって「ムチ」ですね。

「アメ」も必要です。


習近平がもっとも欲しいものはなんでしょうか?

そう、「中国の夢」を実現することです。

「中国の夢」とは、「アヘン戦争があった1840年以前の世界
的地位を取り戻すこと」。

それで習近平は、「G2でいこう」「新型大国関係でいこう」
とずっと提案しつづけている。

「G2」「新型大国関係」とはつまり、「アメリカと中国で世
界を支配していこう」ということ。


だから、トランプは習近平にいえばいい。


「いま、朝鮮半島は、世界最大の問題だ。

これを、中国主導で解決する。

そうすれば、中国の世界的名声、地位は、一気に高まる。

南シナ海や東シナ海を侵略して版図をひろげなくても、こ
の問題を解決するだけで、世界中の国が、

『嗚呼、中国は、世界に平和をもたらす、真の大国だ!』

と認めるぞ」と。


「毛沢東は、朝鮮戦争でアメリカと戦った。

あなたは、『戦わずして』問題を解決する。

孫子は、毛沢東よりあなたを褒めるだろう。

そして、あなたは中国で『毛沢東をこえる存在』になるだろう。

世界的名声も大いに高まり、『ノーベル平和賞』も受賞できる
だろう。

なんなら、俺(トランプ)が、『習近平にノーベル平和賞を!』
運動を推進してもいい」




「アメリカが韓国に、北京を狙える核兵器を配備する」状態。

「北問題を平和的に解決し、世界史の英雄になる」状態。


習近平は比較して、「毛沢東を超えた方がいいよな」と思うの
ではないでしょうか?



▼中国を動かす方法3 金正恩体制の後は、「中国」の傀儡政権を



とはいえ、もう一つの懸念を取り去る必要があります。

それは、「アメリカの同盟国・韓国中心に、朝鮮半島が統一される
こと」。

これは、中国の脅威ですね。

ですから、トランプさんは、

「北朝鮮の核兵器とミサイルを廃棄できれば、

次の政権は、中国主導でいい」

と宣言する。


これ、中国は容易に信じないでしょう。

ですから、米中は、きっちりプロセスを話し合い、書類化して
おく必要があります。


これで、中国は、「北がなくなれば、アメリカの同盟国・韓国
が半島を統一する」という心配をしなくてすむようになる。



▼国連安保理を巻き込む



次に、「国連安保理」を巻き込みます。

この機関、普段は、拒否権をもつ常任理事国


アメリカ、イギリス、フランス と 中国、ロシア


が争っていて、何も決まらない。

しかし、今回は、米中が主導するので、まとまる可能性が高
まります。

米中は、何を提案するのか?


まず、一応「核兵器廃棄」に同意し、実際にそうすれば、「体制
は保証する」というオファーを金正恩にしたらいいでしょう。

この場合、これまでフセインやカダフィを殺したアメリカが、
金正恩に同じことを繰り返さないよう、きちんと約束させる必要
があります。

そもそも、金正恩がかたくななのは、アメリカがこれまで、フセ
イン、カダフィを殺し、いままたアサドを殺そうとしているから
です。

北は、アメリカを信じられない。

金正恩が、この提案を受け入れることは、期待できません。

それでも、「はじめに平和的な提案をすること」は大事です。


そして、

「北朝鮮が次に核兵器実験をしたら、武力行使する」


これで金正恩は、「米中を同時に敵にすれば、勝ち目はゼロだ!」
と悟り、核実験を封印するかもしれない。


あるいは、強行するかもしれない。

強行したら、まず中国人民解放軍が大挙してピョンヤンに押し
寄せ、金正恩を捕まえます。


100%確信はありませんが、「中国軍が攻めてきたから、韓国
を火の海にしよう!」ということにはならないと思います。


これだけだと、中国が約束を破るかもしれないので、アメリカ
を中心とする国連軍も入ります。

そして、「非核化プロセス」「ミサイル廃棄プロセス」がはじ
まります。

北朝鮮から核兵器とミサイルが撤去された時点で、中国主導の

「新政権づくり」がはじまります。



▼各国のメリット



以上、「こんな感じで解決したらどうだろう」という案を書い
てきました。

各国のメリットを書いておきましょう。

まず、日本、アメリカ、韓国。

これはいうまでもなく、「北朝鮮の核の脅威が消滅すること」
です。

新北朝鮮には、中国の傀儡政権ができますが、核はない。


中国のメリットは、「朝鮮半島問題を、少ない犠牲者で解決
した」という名声を得る。

そして、「北朝鮮の実質的支配権を得る」というのが、最大
のメリットですね。


最後に北朝鮮のメリット。

北朝鮮は、制裁が解除されることで、かなり楽になるでしょ
う。

中国の「経済植民地」になるかもしれませんが、いまよりず
いぶんマシになるでしょう。


というわけで、


「第2次朝鮮戦争をストップし、

半島非核化を成し遂げる方法」


を考えてみました。

どう考えても、「最低100万人死ぬ」といわれる戦争が起こる
より、マシなのではないでしょうか?


もちろん、「現実的ではない」という批判はあるでしょう。

そういうメールを書きたくなっている方は、是非批判だけでな
く、「代案」もお送りください。

「現実的な解決策」があれば、メルマガでご紹介させていただ
きます

●PS

北野が「世界情勢分析する方法」を完全暴露しています。

これを読むと、あなた自身で、日本と世界の未来を予測でき
るようになります。

政治家、経営者、起業家、ビジネスマン必読。
↓


【4刷決定!】

●日本人の知らない「クレムリン・メソッド」
~ 世界 を動かす11の原理 (集英社インターナショナル)

北野 幸伯

(詳細は→ http://tinyurl.com/hrq5f3x )


●面白かったら、拡散お願いいたします。>


▼危機克服本コーナーへ
================================================================



【北野幸伯の激面白本】


●日本自立のためのプーチン最強講義(集英社インターナショナル)

(詳細は→ http://tinyurl.com/nkam4c9 )


「日本自立本」の決定版!


最初から最後まで、徹底的に具体的・現実的!


これで、「日本が自立する方法」を完璧に理解できます。

09年9月、アメリカに嵌められたロシア・ベド大統領は、プ
ーチン首相を解任した。

命の危険を感じたプーチンは、日本に政治亡命する。

日本柔道界に保護され、稽古に励むプーチン。


しかし、日本政界は、彼を放っておかなかった。


行列をなして彼のもとへ訪れる日本の政治家たち。


その中に、再起を誓う矢部元首相の姿があった。

プーチンは、90年代アメリカの属国だったロシアを、どうや
って「自立」させることに成功したのか?


懇願する矢部に 、ついにプーチンは口を開き、その「秘密」
を語りはじめた。


「プーチン最強講義」の内容は?

・中国から尖閣・沖縄を守り、かつアメリカからの自立も成
し遂げる方法とは?


・集団的自衛権と憲法改正。日本にとってなぜ前者は「天
国」、後者は「地獄」になるのか?


・難問TPPにどう対処すべきか?


・日本のエネルギー自給率を100%にする方法とは?


・日本経済を復活させ、財政も再建する方法とは?


・核兵器を保有すれば、日本は自立できるのか……?

さて、首相に返り咲いた矢部は、はたしてプーチンの秘
策に従って「日本自立」を成し遂げられるだろうか……?

この本を読み終えたとき、あなたは「日本自立」までの
道筋 を、
完璧に理解できるようになっていることでしょう。



●日本自立のためのプーチン最強講義(集英社インターナショナル)

(詳細は→ http://tinyurl.com/nkam4c9 )




↓●「危機克服本コーナー」へ
================================================================


★北野の「危機克服本」コーナー

はじめての方は、まず「危機克服本」の動機と意義について、
こちらをお読みください。↓
http://rpejournal.com/osusumehon.html



●『世界が称賛する 国際派日本人』

(詳細は→ http://tinyurl.com/zj9qvkg )


私がもっとも尊敬する伊勢雅臣先生の新刊です。


尊く生きた日本人、

尊く生きている日本人

の考え方、行き方を知ることができ、本当に感動しました。


既に読ませていただいたので、絶対的自信をもって推薦さ
せていただきます。

皆さん、この本は、間違いなくあなたの「家宝」になりま
す。

繰り返し読むことで、あなた自身、ますます尊く生きるこ
とができるようになるでしょう。

小さいお子さんがいる方は、是非読んで聞かせてあげてく
ださい。

少し大きいお子さんがいる方は、是非プレゼントしてあげ
てください。

親孝行で、大志をもって、熱心に勉強する子供になること
でしょう。

学校の先生は、子供たちに読ませてあげてください。

子供達の目が輝きだすことでしょう。


そして、皆さん、是非この本を大拡散してください。

日本の変革は、私から。

私の変革は、「私の心から」はじまります。



●『世界が称賛する 国際派日本人』

(詳細は→ http://tinyurl.com/zj9qvkg  )



は、まさに心の栄養。

これを読むことで、あなたは、変わります。


毎日元気で、使命感をもち、会社で、家族で、みんなと仲がよ
く、

仕事熱心で、やさしく、皆から尊敬される人物になることでし
ょう。


「そんな大げさな!」


と思われかもしれませんが、この本を読んでいただければ、


「ホントにそうだ。

北野さんの話はウソではなかった。

いや、あまりに控え目ですらある。」


と気づいていただけることでしょう。


●『世界が称賛する 国際派日本人』

(詳細は→ http://tinyurl.com/zj9qvkg  )


☆PS こちらも絶対お勧めです。↓

●「世界が称賛する 日本人が知らない日本」

(詳細は→ http://tinyurl.com/z5kejz5 )



★★今までに紹介した、絶対お薦め本はこちら↓
(めちゃくちゃ面白く・役立つ本ばかりを厳選してありますよ!)(^▽^)
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://rpejournal.com/osusumehon.html


↓●おたよりコーナーへ
================================================================







★★★【北野幸伯の本】


【6刷決定!】【アマゾン(社会・政治部門)1位!】


●「プーチン最後の聖戦」 (集英社インターナショナル)

(詳細は→ http://tinyurl.com/8y5mya3 )

↑

<プーチン本はいろいろ出ているが、これが独特で面白い。>

(立花隆 「週刊文春」2012年7月12日号)


「100年に1度の大不況」はプーチンのせいで起こった?!

今明かされる驚愕の裏真実!(証拠つき)

2003年、フセイン政権を打倒したアメリカは、次にロシアの石油利
権獲得を目指す。

ユダヤ系新興財閥ホドルコフスキーから、ロシア石油最大手「ユコ
ス」買収の約束をとりつけることに成功したのも束の間。

プーチンはホドルコフスキー逮捕を命じ、ロシアの石油をアメリカ
に渡さない決意を示した。

しかし、ホドルコフスキーの後ろには、ロスチャイルド家、ネオコン
の首領チェイニー米副大統領が・・ 。(証拠つき)

こうしてプーチン率いるKGB軍団と世界の支配者の壮絶な戦い
が開始された。

08年のロシア-グルジア戦争でピークに達した米ロの争い。

なぜ両国は和解し、関係を「再起動」することに合意したのか?

プーチンとメドベージェフの対立。

そして、プーチンを裏切ったメドベージェフの背後にいた勢力とは?

大統領に返り咲いたプーチンは、どのようにアメリカに「とどめを
刺す」のか?

豊富な資料と証拠で、あなたの世界観を一変させる真実の書。

「洗脳マトリックス」の心地よいぬるま湯につかっていたい方は、
決して読まないでください。危険です。



●「プーチン最後の聖戦」 (集英社インターナショナル)

(詳細は → http://tinyurl.com/8y5mya3 )




↓●おたよりコーナーへ
================================================================


●Oさまからのメール


北野さま


いつも貴重な情報ありがとうございます。

米軍のシリア攻撃だけを見ると
あっさり金正恩の斬首作戦が完遂できるに思ってしまいますが、、

さすがに、韓国民150万人の命が掛かると思うと、
普通はGO出せないですよね。


それにしても、アフガンでの最強の非核爆弾の投下や
連日のツイートでもトランプ大統領の北朝鮮へのプレッシャーの掛け方は、
ある意味、わざと金正恩より狂人みたいに見せているような気がします。

遠藤健太郎先生のブログでは、
http://endokentaro.shinhoshu.com/japan/post4682/

韓国大統領選挙は、米韓の工作で、安哲秀候補が逆転勝利すれば、
米朝の軍事的衝突も避けられるとの見方です。

その兆しが見えていますので、
そうあって欲しいです。

拙ブログでも紹介しました。

●【朝鮮有事】5月9日のデットラインが延期? 
韓国大統領選挙で【米韓工作】の巻き返しか?
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/blog-entry-5197.html

明日、北朝鮮は第一の山場、
金日成生誕105周年記念日ですね。

本当に緊張します。。

いつもありがとうございます。




↓●編集後記へ
================================================================





【無料】

●世界一わかりやすいアメリカ没落の真実【北野幸伯著】


RPE発行者・北野幸伯が、「アメリカ没落の真実」を世界一
わかりやすく解説します。

「住宅バブル崩壊」「サブプライム問題」
「リーマン・ショック」

等、一般的な説明ではありません。


「アメリカは、ドイツ、フランス、ロシア、中国等 『多極主 義陣営』

に『意図的』に『没落させられた』」


山盛り資料 ・証拠つきで、真実を暴露していきます。

おかげさまで、「メルぞう」ニュース・情報源部門、【歴代NO1】。

第10回、11回Eブック大賞・優秀賞連続受賞。

第12回Eブック大賞・最優秀賞受賞。

まだ読んでいない方、いますぐ歴史の真実を知ってください。


【完全無料】です。

ダウンロードは↓  
http://tinyurl.com/pnx6e2m





↓●編集後記へ
================================================================


★編集後記


ひょえ~~~。

雪が降っています・・・。


RPEジャーナル
北野幸伯


●北野への応援・激励・新刊感想メールは
こちら→ tjkitanojp●yahoo.co.jp 


▲迷惑メール対策のために真ん中が●になっています。
これを@にかえてお送りください。



▼メールを書くまえに必ずご一読ください。

1、メール多数で、ほとんどお返事できませんが、すいません。
しかし感謝して読ませていただいております。

2、いただいたメールは掲載させていただくことがあります。匿名
希望の方はその旨必ずお書きください。

3、広告に関するクレームにはお返事できません。広告主さんに
直接連絡するようお願いします。

4 、RPEの広告は、北野が実際に購入した製品とは限りません。
必ず★HPを熟読され、★
自己責任で決定を下してください。



===========================================================


○メールマガジン「ロシア政治経済ジャーナル」


発行者 北野 幸伯


Copyright (C) RPE Journal  All Rights Reserved. 358



アドレス変更・解除は http://www.mag2.com/m/0000012950.html



===========================================================

ロシア政治経済ジャーナル

RSSを登録する
発行周期 不定期
最新号 2017/07/22
部数 56,579部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

ロシア政治経済ジャーナル

RSSを登録する
発行周期 不定期
最新号 2017/07/22
部数 56,579部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

相馬一進の、1億稼ぐビジネスの本質|マーケティングと心理学
・天職で1億稼いだ相馬一進が、お金、自己啓発、仕事について、 心理学とマーケティングの側面から語る本格派メールマガジン。 ・著者の相馬一進は、ダライ・ラマ14世や、『7つの習慣』の スティーブン・コヴィーや、リチャード・ブランソンなどの、 海外セミナーへの日本人ツアーを企画、集客した実績を持つ。 ・最先端の起業・副業のノウハウや、マーケティングの原理原則、 生活の中からストレスを減らす方法、モチベーションの心理学、 複数の収入源を持つ方法、働く時間を減らす秘密などを配信中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

WEBマーケティングを学ぶためのメールマガジン
国内トップクラス(ユーザー数70000人)のWordPressテーマTCDやフォトマルシェ、ロゴマルシェなどを運営する株式会社デザインプラスの中田俊行が発行するメールマガジン。 アフィリエイトから始めた著者が、ネットマーケティングや最新のウェブ業界の情報を発信していきます。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から3年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

3連単3頭ボックスで超簡単に万馬券をゲットする競馬プロジェクト
◆読者6000人突破!まぐまぐ殿堂入り!! 圧倒的に少ない買い目で馬券を的中させます。 指定した《3頭》をボックスで買うだけで・・・ 昨年は9万馬券&7万馬券が当たりました。 一昨年にはなんと10万馬券も的中させています! 馬券は3頭をボックスで買うだけなので 誰がやっても買い目は同じ。 女性でもOK、競馬初心者でもOK 資金が少ない人でもOKです。 しかし、買い目が少ないので 当たればガツンと儲かります! こんな競馬予想は他にありません! ☆彡メルマガ広告主様大歓迎です☆彡
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

生きる意味は仏教に学びなさい
仏教メルマガ読者数日本一。今この瞬間に幸せを感じ、後悔のない人生にする方法とは?なぜどんなにお金があっても幸せになれないのか。むなしい人生になってしまう原因とは?あなたの人生を背後で支配する運命の法則と99%の人が自覚なく不幸を引き寄せている6つの行いとは…?仏教史上初のウェブ通信講座を開設、仏教の歴史を変え続ける中村僚が、葬式法事仏教となった現代日本の仏教界では失われた本当の仏教の秘密を公開。発行者サイトでも隠された仏教の秘密を無料プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング