ロシア政治経済ジャーナル

【RPE】★人民解放軍が尖閣に上陸したらどうする?


カテゴリー: 2016年08月09日
【RPE】★人民解放軍が尖閣に上陸したらどうする?

RPE Journal==============================================



        ロシア政治経済ジャーナル No.1428



                                2016/8/9

===========================================================

中国の挑発が、ますます激化しています。

もし人民解放軍が尖閣に上陸したら?

日本はどうすればいいのでしょうか?

世界最高の戦略家に聞いてみましょう。


詳細は、【本文】で!↓


↓




【北野絶対推薦!】

【さらば自虐史観!】

===============

●池間哲郎、感動の日本史!!!

===============

北野です。

超ベストセラー


「日本はなぜアジアの国々から愛されるのか」


の著者・池間哲郎先生の講演が【無料】聴けます。

池間先生は、20年以上にわたって10億円近くの費用を投じ、

ネパール、タイ、カンボジア、ミャンマー、モンゴル、スリ
ランカ、ラオスなど

アジア各国で支援活動を続け、貧困地域で暮らす人々ととも
に汗を流し、その壮絶な過去を分かち合い、多くの人々の命
を救ってきました。

先生は、アジア各国で現地の人々と直に触れ合う中で知り得
た日本の真実、日本人が知らない日本の歴史を、今回あなた
に伝えてくださいます。

是非、家族皆でごらんになってください。

【無料】↓
http://tinyurl.com/z5d67w2



↓



【糖尿病の人必見!】

●1日5分で糖尿病が劇的に改善する方法


糖尿病の人は、必ずチェックしてください。

あなたはこんなことで悩んでいませんか?

・こんなにつらい食事制限をしているのに、どうして治らないの
・1日1万歩のウォーキング。万歩計を見るたび、憂鬱になる
・病院で薬を処方された。とうとう糖尿病も深刻な状態に
・毎日のインスリン注射。これが一生続くと思うと泣きたくなる
・食事も運動も普通に暮らせている健康な人がうらやましい
・できれば、薬に頼らずに安心な生活を送りたい
・合併症のことが心配で、夜もゆっくり眠れない
・残りの人生、あと何日病院に通わなければならないの
・薬代や病院の費用で家計もかなり大変
・副作用や後遺症のない糖尿病改善方法を探している

こんな悩みを抱えている方、その苦しみから解放された
い方は、いますぐこちらの情報をご確認ください。
↓
http://tinyurl.com/z2r5lk6



↓



【 英語 】

●『初心者が3ヶ月で英語ペラペラになる!

超実践的英会話習得法』
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

北野です。

皆さん、勝木龍先生をご存知でしょうか?

リーマン・ブラザーズのニューヨーク本社でバリバリ活躍
されていた金融超エリートです。

(しかも、リーマン・ショック直前に、見切りをつけやめ
ている。)

その後転職して、今は別の外資系金融機関で活躍されてい
ます。

一方、勝木先生は、英語教育に情熱をもっておられ、

「英語本」で累計20万部を誇っています。

なんでも勝木先生に英語を教わると、

「初心者が3か月後に【バイリンガルレベル】になる」とか。


「・・・うそだ!絶対信じられない!」

私も信じられません。

しかし、ホントだったらどうします?

一応チェックしてみたいですよね?

今回勝木先生から、トンデモナイ朗報が飛び込んで
きました。

勝木先生の【無料講座】を見ることができるのです。

内容は、

●なぜ、日本人は学生時代に10年以上勉強しても英語を話せ
ないのか?
●なぜ、・・・すると、誰でもバイリンガルになれるのか?
●全く違う英語と日本語のマスター方法
●リスニングの練習なしで完璧に聞き取る方法
●英単語を並べても英語が通じない秘密
●3ヶ月で英語ペラペラになる秘訣
●脳科学に基づく記憶力9倍速の秘密

この究極の秘密を知りたい方は、いますぐこちらに
ご登録ください。
↓
http://tinyurl.com/gmfqxu6


(●本文へ↓)

===========================================================
★新規購読者の皆様へ!
はじめまして!RPE発行者北野です。RPEのモットーは、
1、わけのわからない世界情勢を世界一わかりやすく解説する。
2、でも、きれいごとは一切言わない。です。
世界の裏側で起こっていることを、あなただけにこっそりお教えします。
これは、国連・世銀・外務省・政治家・ファンド・社長さん軍団・大企業
幹部・起業家等々が内緒で読んでいる、秘伝のメルマガです。
友人知人には、このメルマガのこと絶対秘密にしておいてください。
3、RPEの広告は、北野が実際に購入した製品とは限りません。必ず
★HP を熟読され、★自己責任 で決定を下してください。
==========================================================

★人民解放軍が尖閣に上陸したらどうする?


全世界のRPE読者の皆さま、こんにちは!

北野です。


メルマガ前号で、中国が挑発をどんどん強めている現実を書き
ました。

(証拠記事抜きで)おさらいすると、


・6月9日、中国とロシアの軍艦が尖閣周辺の接続水域に入った。

・6月15日、鹿児島県付近の領海に中国軍艦が侵入。

・6月17日、航空自衛隊機と中国軍機が、「ドッグファイト」状
態に。

・6月30日、自衛隊トップの河野克俊統合幕僚長は、今年4~6
月に日本領空に接近した中国軍機に対する航空自衛隊戦闘機の
緊急発進(スクランブル)回数が、約200回だったことを明ら
かにした。

・8月6日、尖閣諸島周辺の接続水域に、中国海警局の公船7隻と
漁船230隻が進入。


このように、中国は、挑発のレベルを着実に上げてきているの
で、

「このままでは確実に日中戦争になる」という話をしました。


そこで、今回は、「人民解放軍が尖閣に上陸したらどうするの?」
という話をしたいと思います。

テキストは、全国民必読の書


●中国4.0 ~ 暴発する中華帝国 エドワード・ルトワック

(詳細は→ http://tinyurl.com/ht5l83a )


です。

こんなお得な本は、メッタにありません。

たったの780円で、「世界最高の戦略家」と呼ばれるルトワッ
クさんの考えを知ることができる。

しかもこれは、「日本人のためだけに」書かれた本。

巻末には、再臨の諸葛孔明・奥山真司先生の詳細な解説もある。

迷わずご一読ください。

そして、今回の話は、「アメリカはアテになるのか?」という話
も深くかかわってきます。

「ヒラリーさんの本当に不都合な真実」についてダイヤモンド・
オンラインさんに記事を書きました。

こちらも、ぜひご一読ください。

とても重要な内容です。↓
http://diamond.jp/articles/-/97964



▼中国の今の戦略と、対処法



ルトワックさんは、「中国の戦略は15年間で3回も変わった」と
いいます。


・中国1.0(2000~09年)=「平和的台頭」

これは、ルトワックさんも大絶賛のすばらしい戦略。

中国は、誰にも警戒されることなく、世界第2の大国になること
ができた。


・中国2.0(09~14年)= 「対外強硬路線」

08年からはじまった「100年に一度の大不況」で、中国はアメリ
カの没落を確信。

「もう邪魔するものはない!」とばかりに、「平和的台頭」戦
略を捨て去り、

「強硬路線」に転じます。

日本、ベトナム、フィリピン、その他東南アジア諸国、インド
などなど、あちこちで問題を起こすようになりました。


・中国3.0(14年~ )= 「選択的攻撃」

ところが「強硬路線」による反発が強まった。

結果として、中国は孤立して追い詰められていった。

そこで14年、「選択的攻撃」戦略に転じたのです。

その本質は、


<彼らは抵抗の無いところには攻撃的に出て、

抵抗があれば止めるという行動に出た>(58p)



この「抵抗があれば止める」というのが大事です。

いつも書いているように、「アメリカ以上に」中国を挑発して
はいけません。

しかし、中国が日本の主権を侵害するような行為をしたら、

「抵抗」しなければならない。

抵抗しなければ、彼らは「どこまでいいのかな?」と、どんど
ん浸食してきます。

しかし、ベトナムのように抵抗すれば、「ああ、これはダメな
んだ」と引っ込む。

ベトナムにできて日本にできないはずがありません。



▼「尖閣有事」でアメリカは日本を守るか?



「尖閣有事の際、アメリカは日本を守ってくれるのか?」

これは、日本国内で大きな論争になっていました。

ルトワックさんの見解はどうなのでしょうか?


<率直に言って、アメリカは、現状では日本の島の防衛までは面
倒を見切れないのである。>(148p)


<端的に言って、これらを守るのは、完全に日本側の責任だ。>

(同上)

<日本が自ら対処すべき問題なのである。>(同上)



誤解のないように書いておきますが、ルトワックさんは、

「日米安保は機能していない」とか、

「アメリカには日本を守る気がない」とかいっているのではあり
ません。


<たしかにアメリカという同盟国は、日本を「守る」能力と意志
を持っている。

しかし、この「守る」とは、「日本の根幹としての統治機構シス
テムを守る」という意味である。

中国軍が日本の本州に上陸しようとしても、アメリカはそれを阻
止できる>

(同上)


どうも尖閣に関していえば、「自分で守る!」という決意を固め
る必要がありそうです。



▼尖閣を守るために必要な三つのこと



ルトワックさんは、日本が中国の脅威に対抗するために、「三つ
のこと」が必要だといっています。


1、物理的手段(船、飛行機など)

2、法制上の整備

3、政治的コンセンサス


要するに、日本は「中国軍が尖閣に上陸したことを想定し、それ
に備えよ!」といっている。


・尖閣防衛に必要な武器を確保し、

・即座に尖閣奪回に動けるような法整備をし、

・「中国軍が尖閣に上陸したら、即日奪回する!」という政治的
コンセンサスを今からつくっておく


もっと具体的に書いています


<より具体的に言えば、

(A)「領土を守る」という国民的コンセンサスと、

(B)それを実現するためのメカニズム、

つまり電話をとって自衛隊に尖閣奪回を指示できる仕組みの両
方が必要になる。>(150p)



人民解放軍がある日、尖閣に上陸した。

それを知った安倍総理は、自衛隊トップに電話をし、

「尖閣をいますぐ奪回してきてください!」という。

自衛隊トップは、「わかりました。いってきます」といい、

尖閣を奪回してきた。


こういう迅速さが必要だというのです。

なぜ?

ぐずぐずしていたら、「手遅れ」になるからです。


<ここで肝に銘じておくべきなのは、

「ああ、危機が発生してしまった。

まずアメリカや国連に相談しよう」

などと言っていたら、島はもう戻ってこないということだ。

ウクライナがそのようにしてクリミア半島を失ったことは
記憶に新しい。> (152p)



安倍総理は、「人民解放軍が尖閣に上陸した」と報告を受けた。

「どうしよう・・・」と悩んだ総理は、いつもの癖で、アメリ
カに相談することにした。

そして、「国連安保理で話しあってもらおう」と決めた。

そうこうしているうちに3日過ぎてしまった。

尖閣周辺は中国の軍艦で埋め尽くされ、誰も手出しできない。

アメリカ軍は、「ソーリー、トゥーレイトゥ」といって、動かな
い。

国連は、常任理事国中国が拒否権を使うので、制裁もできない。

かくして日本は、尖閣を失いました。

習近平の人気は頂点に達し、「次は日本が不法占拠している沖
縄を取り戻す!」と宣言した。

こんなことにならないよう、政府はしっかり準備しておいてほ
しいと思います。



▼多元的な阻止能力とは?



ルトワックさん、さらに細かい話をされています。

今の段階から、「人民解放軍が尖閣に上陸した」ことを想定し、


・海上保安庁に任務を与える

・海上自衛隊に任務を与える

・陸上自衛隊に任務を与える

・航空自衛隊にも任務を与える(制空権を掌握し、島を隔離する)


これは軍事面ですね。

次にルトワックさん、「外交面」についても書いておられます。

「尖閣有事」の際、外務省はどう動くべきなのか?

いまから「準備をしておくことが大事」だそうです。




<外務省も、中国を尖閣から追い出すための独自の計画をもたな
ければならない。

中国が占拠した場合を想定して、アメリカ、インドネシア、ベト
ナム、

そしてEUなどへの外交的対応策を予め用意しておくのだ。>

(171p)


では、外務省は具体的に何をするべきなのでしょうか?

ルトワックさんは例として、こんな提案をしています。


<たとえば中国からの貨物を行政的手段で止める方策なども
有効であろう。

EUに依頼して、軍事的な手段によらずに、中国からの貨物処
理の手続きのスピードを遅らせるよう手配するのだ。

(中略)

こうすれば、中国は、グローバルな規模で実質的に「貿易取
引禁止状態」に直面することになる。

(中略)

全体としては、かなり深刻な状況に追い込まれるはずだ。>

(171p)



結論をいえば、

「日本政府は今から、

人民解放軍が尖閣に上陸したら、何をすべきか、決めておくこと
が必要」

ということですね。

読者さんの中で総理をご存知の方がいれば、ぜひ教えてあげてく
ださい。

今回の話、メルマガという媒体では、やはり限界があります。

ルトワックさんの詳細な解説を知りたい方は、いますぐこちらを
ご一読ください。


●中国4.0 ~ 暴発する中華帝国 エドワード・ルトワック

(詳細は→ http://tinyurl.com/ht5l83a )

●PS
北野が「世界情勢分析する方法」を完全暴露しています。

これを読むと、あなた自身で、日本と世界の未来を予測でき
るようになります。

政治家、経営者、起業家、ビジネスマン必読。
↓


【4刷決定!】

●日本人の知らない「クレムリン・メソッド」
~ 世界 を動かす11の原理 (集英社インターナショナル)

北野 幸伯

(詳細は→ http://tinyurl.com/hrq5f3x )


●面白かったら、拡散お願いいたします。>


▼危機克服本コーナーへ
================================================================



【北野幸伯の激面白本】


●日本自立のためのプーチン最強講義(集英社インターナショナル)

(詳細は→ http://tinyurl.com/nkam4c9 )


「日本自立本」の決定版!


最初から最後まで、徹底的に具体的・現実的!


これで、「日本が自立する方法」を完璧に理解できます。

09年9月、アメリカに嵌められたロシア・ベド大統領は、プ
ーチン首相を解任した。

命の危険を感じたプーチンは、日本に政治亡命する。

日本柔道界に保護され、稽古に励むプーチン。


しかし、日本政界は、彼を放っておかなかった。


行列をなして彼のもとへ訪れる日本の政治家たち。


その中に、再起を誓う矢部元首相の姿があった。

プーチンは、90年代アメリカの属国だったロシアを、どうや
って「自立」させることに成功したのか?


懇願する矢部に 、ついにプーチンは口を開き、その「秘密」
を語りはじめた。


「プーチン最強講義」の内容は?

・中国から尖閣・沖縄を守り、かつアメリカからの自立も成
し遂げる方法とは?


・集団的自衛権と憲法改正。日本にとってなぜ前者は「天
国」、後者は「地獄」になるのか?


・難問TPPにどう対処すべきか?


・日本のエネルギー自給率を100%にする方法とは?


・日本経済を復活させ、財政も再建する方法とは?


・核兵器を保有すれば、日本は自立できるのか……?

さて、首相に返り咲いた矢部は、はたしてプーチンの秘
策に従って「日本自立」を成し遂げられるだろうか……?

この本を読み終えたとき、あなたは「日本自立」までの
道筋 を、
完璧に理解できるようになっていることでしょう。



●日本自立のためのプーチン最強講義(集英社インターナショナル)

(詳細は→ http://tinyurl.com/nkam4c9 )





↓●「危機克服本コーナー」へ
================================================================


★北野の「危機克服本」コーナー

はじめての方は、まず「危機克服本」の動機と意義について、
こちらをお読みください。↓
http://rpejournal.com/osusumehon.html



ここ8年ぐらいずっと私のバイブルになっている本があります。

ディーパック・チョプラ博士の、


●「富と成功をもたらす7つの法則」

(詳細は→ http://tinyurl.com/jlzfxkw  )


です。

ディーパック・チョプラ博士は、世界でもっとも影響力のあるス
ピリチャルリーダーの一人。

私はチョプラ博士の本をたくさん読んでいますが、「富と成功を
もたらす7つの法則」が「最高傑作」だと思っています。

内容ですが、「宇宙の法則に合致して生きていけば、幸せにな
り、成功も富もゲットしてしまう」ということでしょうか。

「宇宙の法則」とは?



1、純粋な可能性の法則

2、与える法則

3、原因と結果の法則

4、最小限の努力の法則

5、意図と願望の法則

6、手放す法則

7、人生の目的の法則


です。

私は、この本を繰り返し読み、実践するよう意識してい
ます。

そのせいか、以前より幸せにな り、願望実現のスピードがはやく
なった気がします。

1億円払ってもゲットしたいこの本。

私は、07年版を買ったのですが、絶版になり、今は角川から文庫版
が出ています。

その値段がすごい。


たったの475円!!!!!!!


なんてこった。

私は、07年に買った本を「家宝」として残し、1000回読みにむけて
文庫本を買いました。

私は多くの人から、「うんざりするほどリアリスト」と呼ばれてい
ます。

しかし、それは、「世界情勢がリアリズムに沿って動いているから」
で、

実生活で「自分の利益だけを追求する冷酷リアリスト」なのではあ
りません。

むしろ、「宇宙の法則」を体得することで
、「よりよい日本」「より
よい世界」 づくりに貢献していきたいと願っているのです。

「宇宙の法則」を知って、健康で幸せで豊かに暮らしたい方は、ぜひ
こちらをご一読ください。


●「富と成功をもたらす7つの法則」

(詳細は→ http://tinyurl.com/jlzfxkw ) 




★★今までに紹介した、絶対お薦め本はこちら↓
(めちゃくちゃ面白く・役立つ本ばかりを厳選してありますよ!)(^▽^)
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://rpejournal.com/osusumehon.html


↓●おたよりコーナーへ
================================================================







★★★【北野幸伯の本】


【6刷決定!】【アマゾン(社会・政治部門)1位!】


●「プーチン最後の聖戦」 (集英社インターナショナル)

(詳細は→ http://tinyurl.com/8y5mya3 )

↑

<プーチン本はいろいろ出ているが、これが独特で面白い。>

(立花隆 「週刊文春」2012年7月12日号)


「100年に1度の大不況」はプーチンのせいで起こった?!

今明かされる驚愕の裏真実!(証拠つき)

2003年、フセイン政権を打倒したアメリカは、次にロシアの石油利
権獲得を目指す。

ユダヤ系新興財閥ホドルコフスキーから、ロシア石油最大手「ユコ
ス」買収の約束をとりつけることに成功したのも束の間。

プーチンはホドルコフスキー逮捕を命じ、ロシアの石油をアメリカ
に渡さない決意を示した。

しかし、ホドルコフスキーの後ろには、ロスチャイルド家、ネオコン
の首領チェイニー米副大統領が・・ 。(証拠つき)

こうしてプーチン率いるKGB軍団と世界の支配者の壮絶な戦い
が開始された。

08年のロシア-グルジア戦争でピークに達した米ロの争い。

なぜ両国は和解し、関係を「再起動」することに合意したのか?

プーチンとメドベージェフの対立。

そして、プーチンを裏切ったメドベージェフの背後にいた勢力とは?

大統領に返り咲いたプーチンは、どのようにアメリカに「とどめを
刺す」のか?

豊富な資料と証拠で、あなたの世界観を一変させる真実の書。

「洗脳マトリックス」の心地よいぬるま湯につかっていたい方は、
決して読まないでください。危険です。



●「プーチン最後の聖戦」 (集英社インターナショナル)

(詳細は → http://tinyurl.com/8y5mya3 )




↓●おたよりコーナーへ
================================================================



●Aさまからのメール


北野様

いつもお世話になっております。

ところで小池百合子都知事の件について、北野さんは
愛国者だとメルマガでお書きしていました。

私の意見は違います。

小池知事は、郵政民営化に賛成し、郵政民営化に反対した
小林興起議員を、小泉政権の刺客候補として派遣され、
落選させた議員です。

その結果、世界第二位の銀行であるゆうちょ、世界第一位
の簡保は今やアフラックの代理店と化しています。

株式も民間に放出され、乗っ取られるのも時間の問題です。
私の知人の郵政官僚は、郵政公社の幹部がことごとく
外資系出身者で占められてしまった、と述べていました。

日銀によってマイナス金利が導入され、国債などの金利も
マイナスにされ運用先が厳しくなっていることを条件に、
外国への投資に資金をまわされるでしょう。

安倍自民政権は、アメリカなどよりもTPPの加盟にはるか
に積極的ですが、小池候補も全く同じです。

新自由主義政策を行い、日本の財産をハゲタカ外資に譲り
渡してきた議員です。

日本では、戦後になって売国保守というのが形成されてき
ました。

ただし売国をするには、愛国者を演じなければなりません。

それが、国旗や国歌、靖国参拝などの肯定です。

これは愛国を演じるのに分かりやすく、国際銀行権力にと
っては何の損失も与えません。

そのように愛国を演じる一方で、国民の資産を売却してい
っているのです。

ご連絡まで。




↓●編集後記へ
================================================================





【無料】

●世界一わかりやすいアメリカ没落の真実【北野幸伯著】


RPE発行者・北野幸伯が、「アメリカ没落の真実」を世界一
わかりやすく解説します。

「住宅バブル崩壊」「サブプライム問題」
「リーマン・ショック」

等、一般的な説明ではありません。


「アメリカは、ドイツ、フランス、ロシア、中国等 『多極主 義陣営』

に『意図的』に『没落させられた』」


山盛り資料 ・証拠つきで、真実を暴露していきます。

おかげさまで、「メルぞう」ニュース・情報源部門、【歴代NO1】。

第10回、11回Eブック大賞・優秀賞連続受賞。

第12回Eブック大賞・最優秀賞受賞。

まだ読んでいない方、いますぐ歴史の真実を知ってください。


【完全無料】です。

ダウンロードは↓  
http://tinyurl.com/pnx6e2m






↓●編集後記へ
================================================================


★編集後記


モスクワは一昨日、33度まで上がりました。

日本よりはまだマシですが、それでもかなり暑いです。

ところが、昨日は最高気温22度でした。

心地よいです。


RPEジャーナル
北野幸伯



●北野への応援・激励・新刊感想メールは
こちら→ tjkitanojp●yahoo.co.jp 


▲迷惑メール対策のために真ん中が●になっています。
これを@にかえてお送りください。



▼メールを書くまえに必ずご一読ください。

1、メール多数で、ほとんどお返事できませんが、すいません。
しかし感謝して読ませていただいております。

2、いただいたメールは掲載させていただくことがあります。匿名
希望の方はその旨必ずお書きください。

3、広告に関するクレームにはお返事できません。広告主さんに
直接連絡するようお願いします。

4 、RPEの広告は、北野が実際に購入した製品とは限りません。
必ず★HPを熟読され、★
自己責任で決定を下してください。



===========================================================


○メールマガジン「ロシア政治経済ジャーナル」


発行者 北野 幸伯


Copyright (C) RPE Journal  All Rights Reserved. 358



アドレス変更・解除は http://www.mag2.com/m/0000012950.html



===========================================================

ついでに読みたい

ロシア政治経済ジャーナル

RSSを登録する
発行周期 不定期
最新号 2017/02/22
部数 57,299部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

今週のおすすめ!メルマガ3選

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から3年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2009年10月、130万円だった株式資産は2015年に5000万円を突破。定期預金などを合わせた資産は1億円に。 平成24年より投資顧問業(助言)を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 メールマガジン「日本株投資家 坂本彰 公式メールマガジン」は2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数2万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 2016年12月1日『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』が日本実業出版社より発売!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

幸せを引き寄せるメール
毎朝7時に配信します。ゴールデンセレブヒーリング創始者本藤弘美があなたの人生をより豊かに幸せにするハッピーナビゲーション情報をお届けします。夢を叶えたい人、幸せになりたい人、心身共に健康になりたい人、人間関係を良くしたい人、豊かになりたい人に。読んでいると波動が上がります。GoldenCelebとは黄金の祝福。あなたの成功を祝福します。あなたにすべての安らぎと愛と豊かさと幸せがやってきます。♥
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

WEBマーケティングを学ぶためのメールマガジン
国内トップクラス(ユーザー数70000人)のWordPressテーマTCDやフォトマルシェ、ロゴマルシェなどを運営する株式会社デザインプラスの中田俊行が発行するメールマガジン。 アフィリエイトから始めた著者が、ネットマーケティングや最新のウェブ業界の情報を発信していきます。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

へなちょこ社長中松のだるだる日記
アフィリエイトとインフォビジネスで、年商1~2億円規模の会社を経営する中松のまぐまぐ殿堂入りメルマガです。アマゾンランキング1位獲得「レバレッジでさらに増える!副収入が月16万円入ってくるしくみ」の著者。中松に興味がある人しか読まないマニアックなメルマガなのであしからず。(旧メルマガ名:月100万稼ぐ脱サラアフィリエイターの本音)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

水戸市のサラリーマン大家さん
総発行部数15万部。購読者日本一の不動産メルマガ。 2017年1月現在8400人以上の投資家さんとお会いしてきました。 年間取引額300億円以上、累計取引額900億以上の不動産会社社長が、不動産投資について真剣に書いています。 今ならメルマガ内で10万円相当の「不動産投資大百科」を無料配布中。 テリー伊藤のまる金ライダー8に毎週、代表の峯島がコメンテーターでレギュラー出演中。 メルマガ登録で非公開の物件情報も入ってきます。 不動産仲介業 宅地建物取引業免許 国土交通大臣(1)第8944号
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング