ロシア政治経済ジャーナル

【RPE】★世界の孤児にならずに、事実上の核保有を実現する方法


カテゴリー: 2016年04月19日
【RPE】★世界の孤児にならずに、事実上の核保有を実現する方法

RPE Journal==============================================



        ロシア政治経済ジャーナル No.1375



                                2016/4/19


===========================================================

日本がNPTを脱退して核武装に突き進めば、また「世界の孤児」
になります。

しかし、「世界の孤児」にならずに、【事実上】の核武装を実
現する方法もあります。


詳細は、【本文】で!↓
↓



【北野も卒倒】
=======================

●勉強しないで、TOEIC【満点】をとった方法

=======================

北野です。

ホントに面白い動画を見ました。


「英語指導の神様」として知られる藤永丈司先生。


生徒の100%が「話せるようになる!」「聞けるように
なる!」と圧倒的な支持を得ています。

そんな藤永先生。

なんと、【偏差値40】の落ちこぼれだった。

ド田舎の野球部出身で、英語はまったくできなかった。

それがどうして、


【一回目】の受験でTOEIC【満点990点】をとり、

【英語指導の神様】と呼ばれるようになったのか?

先生はいいます。

・聞き流しても話せるようにはならない

・英文法は、勉強する必要なし!

・英会話教室にいってもムダ!

・ネイティブに学んでも話せるようにならない!

・語学留学生の99%は話せるようになっていない!

ではいったいどうすればいいんだ???!!!

究極の【藤永メソッド】を知りたい方は、こちらの
動画をごらんください。

北野絶対お勧めです。

【無料】↓
http://hec.su/dp7d



↓



【唖然】

●北野、目が良くなりました


先日、免許書き換えのための健康診断にいきました。

視力検査をしてびっくり。

「目がよくなっていた」のです!

それも劇的に。

私は、小学生のころから目が悪く、クラスで唯一「メガネっ子」
でした。

その時すでに、0.2だった。

ところが、先日の視力検査では、1.2になっていました!

「なんで目がよくなったんだ!???」

自分でも驚きです。

しかし、目がよくなることは、あるみたいですね。

「視力をあげたい」人は、こちらを熟読してみてください。
↓
http://hec.su/bck




↓




【口臭い人必見!】

●究極の口臭消滅プログラム
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

口臭は、小さな問題ではありません。


・相手への迷惑が気になって、会話に集中できない・・・
・人と話す事自体がストレスになってくる・・・
・言いたい事があるのに、遠慮して言えない・・・
・愛する家族に「臭い」と言われ続け、肩身の狭い生活を強いられる・・・
・恋人を作る事もできない・・・
・結婚できないのではないかという不安・・・


あなたがどんなに性格のよい人でも、能力のある人でも、口臭はす
べてを「無」にしてしまう、強力な破壊力をもっているのです。


「・・・・・・・・そうか!それで俺は彼女できないし、性格いいのに友達
が少ないのか!

・・・・・・・・・・でもどうすれば???」


ご安心ください。

数日間で口臭も体臭もウソのように消えていく方法があります。


「・・・・そんなもんあるか、ボケ!」


そういわず、まずこちらのページを熟読し、情報をゲットしてください。
↓
http://tinyurl.com/nxmqhuc

(●本文へ↓)

===========================================================
★新規購読者の皆様へ!
はじめまして!RPE発行者北野です。RPEのモットーは、
1ー、わけのわからない世界情勢を世界一わ¥かりやすく解説する。
2、でも、きれいごとは一切言わない。です。
世界の裏側で起こっていることを、あなただけにこっそりお教えします。
これは、国連・世銀・外務省・政治家・ファンド・社長さん軍団・大企業
幹部・起業家等々が内緒で読んでいる、秘伝のメルマガです。
友人知人には、このメルマガのこと絶対秘密 
にしておいてください。
3、RPEの広告は、北野が実際に購入した製品とは限りません。必ず
★HP を熟読され、★自己責任 で決定を下してください。
===========================================================


★世界の孤児にならずに、事実上の核保有を実現する方法


全世界のRPE読者の皆さま、こんにちは!

北野です。


トランプさんが、

「在日米軍を撤退させる可能性がある」

「朝鮮戦争にはかかわらない」

「日本の核保有を認める」


と発言した。

それで、「日本も核保有を!」という話がこれからあちこちで聞か
れるようになるでしょう。

これは、「満州国問題」によく似ています。

日本が満州に進出したのは、「ロシア(後にソ連)の南下政策を防
ぐため」でした。

ところが、満州に固執しすぎて、中国、アメリカ、イギリスも敵に
まわしてしまった。

それどころか1933年には、国際連盟を脱退し、「世界の孤児」にな
ってしまった。


日本が核兵器を保有するとすれば、理由は、「中国と北朝鮮がも
っているから」となるでしょう。

核兵器保有を目指す際、口では「北朝鮮の脅威に備えるため」と
いいつつ、本音は「中国の脅威に対抗するため」となるはずです。


ところが、問題があります。

日本は、「対中国」で核保有を目指したい。

しかし、アメリカもロシアも欧州も、日本の核保有には反対するだ
ろう。

(もちろん、トランプさんが大統領になり、「私は日本の核保有を
断固支持する。安保理で制裁論議になったら、必ず拒否権を出して
阻止する!」と公式に宣言してくれれば話は別ですが。)


核拡散防止条約(NPT)から脱退する必要があるので、190か国を敵
にまわし、満州国の時同様、「世界の孤児」になる。

もっとも本質を書けば、


中国の脅威に対抗するために核保有を目指したら、

アメリカと中国、両方敵になり、「反日米中同盟」が成立してし
まう。


こういう事態がもっとも恐ろしい。

アメリカは、そういうことを平気でやる国です。

たとえば、第2次大戦時、ドイツと日本をぶちのめすために、仮想
敵NO1ソ連と組みました。

大戦が終わると、今度は敵だったドイツ(西ドイツ)、日本と組
みソ連と対峙した。




▼ニュークリア・シェアリングとは?



ところで、「アメリカを敵にまわさず、世界の孤児にならず、事
実上核保有を実現してしまう方法」があります。



●日本自立のためのプーチン最強講義(集英社インターナショナル)

(詳細は→ http://tinyurl.com/nkam4c9 )



から一部転載してみましょう。



【転載ここから▼】


<「ニュークリアシェアリング」で、中国に対抗せよ

「一番危険な仮想敵国は、中国」という話を第一章でしました。

日本で「核武装を主張する人たち」も、結局、最大の脅威は中国。

次に同国の属国・北朝鮮。

その次にロシアであることを同意してくれるでしょう。


「だから、日本も核を持て!」という論理ですが、それをやると、


「中国どころか、アメリカ、欧州、ロシアも敵にまわしてしまう」


という話をしました。

では、「核を持てない」日本はいったいどうすればいいのか?



第一のステップは、既述のように、日米安保を「片務」から「双
務」にすること。

そのために、「集団的自衛権を認めよう」と。


次のステップですが、「ニュークリア・シェアリング」(核の共
有)という仕組みがあります。

これは核兵器を持たないベルギー、イタリア、ドイツ、オランダ
がアメリカと結んでいる条約です。

過去には、カナダ、ギリシャ、トルコも参加していました。


「ニュークリア・シェアリング」とは何かというと、右の四国は、
有事の際、アメリカの核を使って反撃できるのです。

そのため、この四国は日常的にアメリカの核を使って訓練をして
います。

「集団的自衛権」を自らに認めることで、アメリカと対等な同盟
国になりうる日本。  

アメリカと数年間信頼関係を醸成したうえで、「ニュークリア・
シェアリング」を要求したらいい、と私は考えます。

そのメンツを見てください。

第二次世界大戦で、日本の同盟国としてアメリカと戦ったドイ
ツ、イタリアが入っています。

両国が「ニュークリア・シェアリング」に参加していることで、
これまで「ドイツとイタリアでファシズムが復活している!」
という批判はありませんし、これからも起こらないでしょう。

ですから、日本が同じ決断をし、同じ行動を取ってもおかしく
はありません。

次のメリットは、「ニュークリア・シェアリング」の場合、日
本が単独で「核兵器保有」を目指すのと違い、「アメリカ」
「欧州」を敵にまわすことがありません。

よって、「国際的に孤立する」とか「国連で制裁を受ける」と
か、「エネルギー供給を止められる」といった心配をする必要
がないのです。

そして、最後のメリット。

この「ニュークリア・シェアリング」によって、日本はアメリ
カの核兵器を利用することができるようになるので、中国の武
力的圧力に対する強力な「抑止力」になります。

これは、「自国は核兵器を保有しなくとも、核兵器保有国と同
じ抑止力を持てる」というすばらしい仕組みなのです。

しかし、これはあくまでも現時点での話。

既述のように、アメリカの衰退トレンドは止まりません。

ですから、日本は、同国の衰えを補完するという名目で

徐々に軍事的自立を成し遂げていくべきなのです。>


【転載ここまで▲】




▼ニュークリア・シェアリングの前にやるべきこと




この本を出したのは、2013年11月です。

いい仕組みだと思いますが、ひとつ考慮しておくべき事実が
あります。

世界3大戦略家のルトワックさんや、リアリストの大家ミアシ
ャイマーさんは、

大昔から「中国がアメリカ最大の脅威になる」と断言していまし
た。

そして、アメリカが中国に勝つための重要ポイントは、


「中国とロシアを分断し、日米側にひきいれよ」ということ。


オバマさんは、「AIIB事件」後、ようやくロシアとの和解に動
きはじめました。

この「ニュークリア・シェアリング」ですが、中国が猛反発す
るのはもちろん、現時点ではロシアも「大いなる脅威」と認識
する可能性が高いです。

そうなると、中国とロシアは、反米、反日でますます一体化し
てしまう。

日本がニュークリアシェアリングを目指すなら、その前にロシ
アがもはや日本を警戒しないレベルまで和解する必要がある。


これ、いかにも「ロシア在住者」「ロシアより」の発言ぽいで
すね。

その疑念はわかりますが、「対中国でロシアが最重要」と主張
しているのは、ルトワックさんやミアシャイマーさんです。

証拠として、ルトワックさんの超名著



●自滅する中国

(詳細は→ http://tinyurl.com/l2f87d6 )



から引用します。


<日本が引き続き独立を保っていられるかどうかは、反中同盟
全体の強さに大きく左右されることになるからだ。>

(同上187~188p)


↑衝撃的ですね。

反中同盟が形成されない、あるいは脆弱な場合、「日本は独立
を保てない」

つまり、「中国に実質併合される可能性もある」といっているので
す。

では、どうすれば、日本は勝てるのか?


<もちろん日本自身の決意とアメリカからの支持が最も重要な
要素になるのだが、

ロシアがそこに参加してくれるのかどうかという点も極めて重要
であり、

むしろそれが決定的なものになる可能性がある。>

(同上188p)



というわけで、今回は、

「米中を同時に敵にまわさず、事実上の核保有国になる方法」

についてでした。


今は、1930年代同様、大国間の関係がコロコロ変わっています。

日本も大局を見ながら、「孤立しないよう」慎重に行動する必要
があります。

●PS

北野が「世界情勢分析する方法」を完全暴露しています。

これを読むと、あなた自身で、日本と世界の未来を予測でき
るようになります。

政治家、経営者、起業家、ビジネスマン必読。
↓


【4刷決定!】

●日本人の知らない「クレムリン・メソッド」
~ 世界 を動かす11の原理 (集英社インターナショナル)

北野 幸伯

(詳細は→ http://hec.su/hHN )


●面白かったら、拡散お願いいたします。>


▼危機克服本コーナーへ
================================================================



【北野幸伯の激面白本】


●日本自立のためのプーチン最強講義(集英社インターナショナル)

(詳細は→ http://tinyurl.com/nkam4c9 )


「日本自立本」の決定版!


最初から最後まで、徹底的に具体的・現実的!


これで、「日本が自立する方法」を完璧に理解できます。

09年9月、アメリカに嵌められたロシア・ベド大統領は、プ
ーチン首相を解任した。

命の危険を感じたプーチンは、日本に政治亡命する。

日本柔道界に保護され、稽古に励むプーチン。


しかし、日本政界は、彼を放っておかなかった。


行列をなして彼のもとへ訪れる日本の政治家たち。


その中に、再起を誓う矢部元首相の姿があった。

プーチンは、90年代アメリカの属国だったロシアを、どうや
って「自立」させることに成功したのか?


懇願する矢部に 、ついにプーチンは口を開き、その「秘密」
を語りはじめた。


「プーチン最強講義」の内容は?

・中国から尖閣・沖縄を守り、かつアメリカからの自立も成
し遂げる方法とは?


・集団的自衛権と憲法改正。日本にとってなぜ前者は「天
国」、後者は「地獄」になるのか?


・難問TPPにどう対処すべきか?


・日本のエネルギー自給率を100%にする方法とは?


・日本経済を復活させ、財政も再建する方法とは?


・核兵器を保有すれば、日本は自立できるのか……?

さて、首相に返り咲いた矢部は、はたしてプーチンの秘
策に従って「日本自立」を成し遂げられるだろうか……?

この本を読み終えたとき、あなたは「日本自立」までの
道筋 を、
完璧に理解できるようになっていることでしょう。



●日本自立のためのプーチン最強講義(集英社インターナショナル)

(詳細は→ http://tinyurl.com/nkam4c9 )





↓●「危機克服本コーナー」へ
================================================================


★北野の「危機克服本」コーナー

はじめての方は、まず「危機克服本」の動機と意義について、
こちらをお読みください。↓
http://rpejournal.com/osusumehon.html



ここ8年ぐらいずっと私のバイブルになっている本があります。

ディーパック・チョプラ博士の、


●「富と成功をもたらす7つの法則」

(詳細は→ https://hec.su/Rl5 )


です。

ディーパック・チョプラ博士は、世界でもっとも影響力のあるス
ピリチャルリーダーの一人。

私はチョプラ博士の本をたくさん読んでいますが、「富と成功を
もたらす7つの法則」が「最高傑作」だと思っています。

内容ですが、「宇宙の法則に合致して生きていけば、幸せにな
り、成功も富もゲットしてしまう」ということでしょうか。

「宇宙の法則」とは?



1、純粋な可能性の法則

2、与える法則

3、原因と結果の法則

4、最小限の努力の法則

5、意図と願望の法則

6、手放す法則

7、人生の目的の法則


です。

私は、この本を繰り返し読み、実践するよう意識してい
ます。

そのせいか、以前より幸せにな り、願望実現のスピードがはやく
なった気がします。

1億円払ってもゲットしたいこの本。

私は、07年版を買ったのですが、絶版になり、今は角川から文庫版
が出ています。

その値段がすごい。


たったの475円!!!!!!!


なんてこった。

私は、07年に買った本を「家宝」として残し、1000回読みにむけて
文庫本を買いました。

私は多くの人から、「うんざりするほどリアリスト」と呼ばれてい
ます。

しかし、それは、「世界情勢がリアリズムに沿って動いているから」
で、

実生活で「自分の利益だけを追求する冷酷リアリスト」なのではあ
りません。

むしろ、「宇宙の法則」を体得することで
、「よりよい日本」「より
よい世界」 づくりに貢献していきたいと願っているのです。

「宇宙の法則」を知って、健康で幸せで豊かに暮らしたい方は、ぜひ
こちらをご一読ください。


●「富と成功をもたらす7つの法則」

(詳細は→ https://hec.su/Rl5 )




★★今までに紹介した、絶対お薦め本はこちら↓
(めちゃくちゃ面白く・役立つ本ばかりを厳選してありますよ!)(^▽^)
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://rpejournal.com/osusumehon.html


↓●おたよりコーナーへ
================================================================







★★★【北野幸伯の本】


【6刷決定!】【アマゾン(社会・政治部門)1位!】



●「プーチン最後の聖戦」 (集英社インターナショナル)

(詳細は→ http://tinyurl.com/8y5mya3 )

↑

<プーチン本はいろいろ出ているが、これが独特で面白い。>

(立花隆 「週刊文春」2012年7月12日号)


「100年に1度の大不況」はプーチンのせいで起こった?!

今明かされる驚愕の裏真実!(証拠つき)

2003年、フセイン政権を打倒したアメリカは、次にロシアの石油利
権獲得を目指す。

ユダヤ系新興財閥ホドルコフスキーから、ロシア石油最大手「ユコ
ス」買収の約束をとりつけることに成功したのも束の間。

プーチンはホドルコフスキー逮捕を命じ、ロシアの石油をアメリカ
に渡さない決意を示した。

しかし、ホドルコフスキーの後ろには、ロスチャイルド家、ネオコン
の首領チェイニー米副大統領が・・ 。(証拠つき)

こうしてプーチン率いるKGB軍団と世界の支配者の壮絶な戦い
が開始された。

08年のロシア-グルジア戦争でピークに達した米ロの争い。

なぜ両国は和解し、関係を「再起動」することに合意したのか?

プーチンとメドベージェフの対立。

そして、プーチンを裏切ったメドベージェフの背後にいた勢力とは?

大統領に返り咲いたプーチンは、どのようにアメリカに「とどめを
刺す」のか?

豊富な資料と証拠で、あなたの世界観を一変させる真実の書。

「洗脳マトリックス」の心地よいぬるま湯につかっていたい方は、
決して読まないでください。危険です。



●「プーチン最後の聖戦」 (集英社インターナショナル)

(詳細は → http://tinyurl.com/8y5mya3 )







↓●おたよりコーナーへ
================================================================



●Tさまからのメール


先日は丁寧なご返信、有難うございました

本日のメルマガ、米国は日本の核装備を許すのかについて考える処
があり、メールをさせて頂きます

恐らくご存知の事と思いますが、その理由には他に幾つかあります

一つは、WW2の太平洋戦線において米国も多大な戦死者、被害が有
った事に対する、未だに消すことの出来ない米国のトラウマです

二つ目は、米国はアイデアにおいて優れているが、日本は不良品の
非常に少ない製品を作る技術を有しており、実際に自動車産業やパ
ソコンにおいて米国は過去に大敗しています

さらに日本は独自技術によるロケットの開発、省燃費の航空機など
侮る事が出来ない事を米国は認識しています

第三に、日本が核武装をすれば米露中に次ぐ第4番目の軍事大国と
なり、米国の将来にとって脅威となる恐れが有ること

北朝鮮の核問題は、いざとなれば瞬時に壊滅させられる自信が米国
には有るため、ことさら騒ぐ必要が有りませんが、技術大国の日本
となると米国の覇権に大いなる脅威となる恐れがあること

第四に、日米が敵対したのは日米の歴史の中で非常に短期間ではあ
りましたが、今後また米国と敵対関係にならないとは限らないこと

これらが大きな理由と考えております

しかし米国議会内に於いては、その議員の約半数が日本の核装備に
賛成している事も忘れてはならないでしょう

余談ではありますが、現在、米国から購入して日本海側に装備され
ている対空ミサイルも、通常弾頭と核弾頭を付け替える事が出来る
構造になっており、角度を変えて発射すると中国の沿岸部にまで到
達します(当然、ロシアの一部にも届きます)





↓●編集後記へ
================================================================





【無料】

●世界一わかりやすいアメリカ没落の真実【北野幸伯著】


RPE発行者・北野幸伯が、「アメリカ没落の真実」を世界一
わかりやすく解説します。

「住宅バブル崩壊」「サブプライム問題」
「リーマン・ショック」

等、一般的な説明ではありません。


「アメリカは、ドイツ、フランス、ロシア、中国等 『多極主 義陣営』

に『意図的』に『没落させられた』」


山盛り資料 ・証拠つきで、真実を暴露していきます。

おかげさまで、「メルぞう」ニュース・情報源部門、【歴代NO1】。

第10回、11回Eブック大賞・優秀賞連続受賞。

第12回Eブック大賞・最優秀賞受賞。

まだ読んでいない方、いますぐ歴史の真実を知ってください。


【完全無料】です。

ダウンロードは↓  
http://tinyurl.com/pnx6e2m






↓●編集後記へ
================================================================


★編集後記


土曜日、大雪が降って、仰天しました。


RPEジャーナル
北野幸伯



●北野への応援・激励・新刊感想メールは
こちら→ tjkitanojp●yahoo.co.jp 


▲迷惑メール対策のために真ん中が●になっています。
これを@にかえてお送りください。



▼メールを書くまえに必ずご一読ください。

1、メール多数で、ほとんどお返事で
きませんが、すいません。
しかし感謝して読ませていただいております。

2、いただいたメールは掲載させていただくことがあります。匿名
希望の方はその旨必ずお書きください。

3、広告に関するクレームにはお返事できません。広告主さんに
直接連絡するようお願いします。

4 、RPEの広告は、北野が実際に購入した製品とは限りません。
必ず★HPを熟読され、★
自己責任で決定を下してください。

===========================================================


○メールマガジン「ロシア政治経済ジャーナル」


発行者 北野 幸伯


Copyright (C) RPE Journal  All Rights Reserved. 358



アドレス変更・解除は http://www.mag2.com/m/0000012950.html



===========================================================

ついでに読みたい

ロシア政治経済ジャーナル

RSSを登録する
発行周期 不定期
最新号 2017/04/23
部数 56,891部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

今週のおすすめ!メルマガ3選

相馬一進の、1億稼ぐビジネスの本質|マーケティングと心理学
・天職で1億稼いだ相馬一進が、お金、自己啓発、仕事について、 心理学とマーケティングの側面から語る本格派メールマガジン。 ・著者の相馬一進は、ダライ・ラマ14世や、『7つの習慣』の スティーブン・コヴィーや、リチャード・ブランソンなどの、 海外セミナーへの日本人ツアーを企画、集客した実績を持つ。 ・最先端の起業・副業のノウハウや、マーケティングの原理原則、 生活の中からストレスを減らす方法、モチベーションの心理学、 複数の収入源を持つ方法、働く時間を減らす秘密などを配信中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

一緒に歩もう!小富豪への道
富裕層むけ、富裕層入りを目指す方むけの究極の資産防衛メルマガ!一国だけに資産を集めておくのは危険な時代がやってきました。海外ヘッジファンド、貴金属、不動産からアンティーク・コインまで、金融不安に負けない世界分散ポートフォリオを、経験豊富なファイナンシャル・プランナーが誠意をもってご案内します。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2009年10月、130万円だった株式資産は2015年に5000万円を突破。定期預金などを合わせた資産は1億円に。 平成24年より投資顧問業(助言)を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 メールマガジン「日本株投資家 坂本彰 公式メールマガジン」は2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数2万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 2016年12月1日『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』が日本実業出版社より発売!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から3年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

ダメおやじの全財産をかけた崖っぷちFX通信
【1日に数万人が熟読する人気FXブログのメルマガ版】 相場歴30年以上のダメおやじがFXノウハウを大公開! 毎朝配信!毎日の経済指標情報や攻略法を無料で解説しています。 ●損切りがうまくできない、利食いが浅い ●ポジポジ病(ポジションを不要に持ってしまう) ●コツコツドカーン(小さく勝っても大きく負ける) ●エントリータイミングわからない ●メンタル面が弱い このようなお悩みがあれば購読してみてください。 FX初心者から経験者まで、FXの悩みをこのメルマガで解消します。 期間限定でメルマガ内で数万円相当分のFX情報商材をプレゼント中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング