ロシア政治経済ジャーナル

【RPE】★第2次朝鮮戦争は起こるか?


カテゴリー: 2016年03月10日
【RPE】★第2次朝鮮戦争は起こるか?

RPE Journal==============================================



        ロシア政治経済ジャーナル No.1352 



                                2016/3/10


===========================================================

朝鮮半島情勢が緊迫化しています。

第2次朝鮮戦争は起こるのでしょうか?


詳細は、【本文】で!↓
↓



【衝撃】

●国際金融資本の世界支配は終焉する!?


北野です。

「国際金融資本」の「世界支配」が「終焉しつつある」という
「お知らせ」が届きました。


「・・・・・北野さん。まぐまぐ大賞総合1位をとって日本一にな
ったのに、『陰謀論』の紹介ですか?」


ちょっとお待ちください。

話を聞かせてくれるのが「あやしい陰謀論者」であれば、皆さん
にお伝えしません。

その面子と、目玉が飛び出すほど面白そうな「テーマ」をごらん
ください。


●馬淵睦夫先生(元ウクライナ、モルドバ大使)

「操られる国際紛争 ~ 世界最終戦争ははじまっている」


●藤井厳喜先生(国際政治学者)

「崩壊する国際金融資本 ~ 国際紛争=支配者の断末魔」


●菅沼光弘先生(元公安調査庁調査第2部長)

「支配者の逆襲 ~ 世界の裏金はどこにむかう???」


●片桐勇治先生(国際政治アナリスト)

「FRBの終焉 ~ 産声をあげる新時代の金融支配」


どうですか、皆さん?

こんな面白そうなテーマ、私は聞いたことがありません。

これらの話、いまだけ【完全無料】でしることができます。

私も、早速登録しました。

皆さんもいますぐ登録され、世界の裏真実を知ってください。

【無料】登録はこちら。
↓
https://hec.su/c3Wc



↓




【北野絶対推薦】

●●医食住の不都合な真実
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

北野です。

「日本の自立は、私の自立から」

「私の自立は、心身の健康から」ですね。

健康でなければ、家族や日本のためにバリバリ働くこと
もできません。

では、どうすれば健康でいることができるのでしょうか?

リアルインサイトさんから、【驚愕】の情報が届きました。

「健康界」の「超カリスマ5人」のセミナーを【無料】
で見ることができるというのです。

「すごいカリスマ」の名前と、テーマをごらんください。

●第1回 
衝撃の70万部ベストセラーから10年
食品問題のカリスマが再び語る
食の安全を脅かす魔物 食品添加物
(ゲスト:安部 司氏)

●第2回
そのサプリ、お金の無駄です・・・
サプリメーカーの社長が明かす
飲むほどに健康から遠ざかる サプリメントの正体
(ゲスト:田村 忠司 氏)

●第3回
家、車、オフィス、学校、病院、商業施設・・・
あなたの周りは、体を蝕む“毒ガス”でいっぱい
本当に怖い室内空気の話 
(ゲスト: 中野 博 氏)

●第4回
雑誌・TVが扱う海外セレブの健康ネタが
日本人を不健康にしている?
消化・代謝・免疫を強化する
日本人のための「毒出し」法 
(ゲスト:蓮村 誠 氏)

●第5回
気づいて!対症療法の前にすべきこと
免疫学の世界的権威が解き明かす
38億年の生命史に基づく究極の健康法 
(ゲスト: 安保 徹 氏)


これを全部【無料】で見れるなんて、奇跡的ですね。

健康に興味のある方は、いますぐご登録ください。

もちろん「健康オタク」の私も、見させていただきます。

【無料】↓
https://hec.su/c898



↓




●北野、目が良くなりました


先日、免許書き換えのための健康診断にいきました。

視力検査をしてびっくり。

「目がよくなっていた」のです!

それも劇的に。

私は、小学生のころから目が悪く、クラスで唯一「メガネっ子」
でした。

その時すでに、0.2だった。

ところが、先日の視力検査では、1.2になっていました!

「なんで目がよくなったんだ!???」

自分でも驚きです。

しかし、目がよくなることは、あるみたいですね。

「視力をあげたい」人は、こちらを熟読してみてください。
↓
http://hec.su/bck

(●本文へ↓)

===========================================================
★新規購読者の皆様へ!
はじめまして!RPE発行者北野です。RPEのモットーは、
1ー、わけのわからない世界情勢を世界一わ¥かりやすく解説する。
2、でも、きれいごとは一切言わない。です。
世界の裏側で起こっていることを、あなただけにこっそりお教えします。
これは、国連・世銀・外務省・政治家・ファンド・社長さん軍団・大企業
幹部・起業家等々が内緒で読んでいる、秘伝のメルマガです。
友人知人には、このメルマガのこと絶対秘密 
にしておいてください。
3、RPEの広告は、北野が実際に購入した製品とは限りません。必ず
★HP を熟読され、★自己責任 で決定を下してください。
===========================================================

★第2次朝鮮戦争は起こるか?


全世界のRPE読者の皆さま、こんにちは!

北野です。


今年は、「北朝鮮問題」が大きく動いています。

皆さんご存知のように、北朝鮮は1月6日、「水爆実験を行った」
と宣言しました。

2月7日には、長距離弾道ミサイル発射実験を行った。


1月の実験をうけ、国連安保理は、制裁に関する協議を開始。

3月2日、制裁決議案が採択されました。

中央日報日本語版 3月3日から。
↓


<国連安保理が2日(現地時間)、4回目の核実験および長距離ロ
ケット発射をめぐる対北朝鮮制裁決議案に最終合意した。

歴代最も強力だという今回の決議案はこの日午前(日本時間3日
0時)の安保理全体会議で採択された。

北朝鮮の4回目の核実験から57日目だ。

過去に比べて長い時間がかかったが、はるかに強度が高い制裁
内容となった。>



「はるかに強度が高い制裁内容」とはなんでしょうか?
↓


<決議案を見ると、金正恩(キム・ジョンウン)政権に打撃を与え
るものが多い。

石炭・鉄鉱石など鉱物輸出禁止、軍事用航空燃料の供給中断、禁輸
品の積載が疑われる北朝鮮船舶の入港禁止などだ。

ロシアの影響で旅客機への海外給油が認められ、朝鮮鉱業貿易開発
会社(KOMID)幹部に対する制裁が抜けたが、重要な部分は変わっ
ていない。

特に昨年の北朝鮮の対中輸出額24億ドルのうち鉱物の比率が45%
を占め、外貨稼ぎに大きな打撃を与えることができる。>

(同上)


さらに、アメリカと韓国は、「過去最大規模の軍事演習」を開始し
ました。
↓


<<米韓>過去最大の演習 30万人規模、「先制攻撃」想定も

毎日新聞 3月7日(月)11時38分配信 

【ソウル米村耕一】韓国で7日、定例の米韓合同軍事演習「キー・
リゾルブ」と野外機動訓練「フォール・イーグル」が始まった。

国連安保理制裁決議に北朝鮮が反発を強める中、演習は「過去最
大規模」(韓国国防省関係者)で進められる。

演習には韓国軍約30万人と米軍約1万7000人が参加。指揮系
統訓練中心のキー・リゾルブは18日までの約2週間、フォール・
イーグルは韓国各地で来月30日までそれぞれ行われる。

韓国メディアによると、キー・リゾルブには北朝鮮による核ミサイ
ル発射の兆候をつかんだ場合、先制攻撃を仕掛けるシナリオも
含まれる。>



これに対し北朝鮮、「アメリカと韓国を『核攻撃』する!」と宣言
しています。
↓


<北朝鮮、米国と韓国に核攻撃の警告

BBC News 3月7日(月)11時53分配信 

北朝鮮は6日、米韓両軍が7日から韓国で始める合同軍事演習を非
難し、遂行するならば米韓両国に「無差別の」核攻撃を実施する
との談話を発表した。

「正義の核先制攻撃」を実施する方針という。>



「正義の核先制攻撃」だそうです。


これは、本当にショッキングな話ですが、日本国民はほとんど反応
しなくなっていることでしょう。

北朝鮮の指導者が過激な発言をするのは、日常茶飯事。

「オオカミ少年」のようになってしまい、日本国民も、「また言ってる。
はは」という反応。

特に恐怖も感じない。

しかし、朝鮮半島情勢は、確実に悪化しています。

そして、戦争になる可能性もでてきています。

理由は、「アメリカ側」の変化にあるのです。

どういうことでしょうか?



▼「不可解」だった、アメリカの対北朝鮮政策



「核兵器開発問題」と聞くと、私たちは「二つの国」を思い出しま
す。


イランと北朝鮮。


ともに2000年代に入ってから、「核兵器開発問題」で大さわぎさ
れるようになってきました。

「同列」に語られることが多かった、イランと北朝鮮の「核兵器
開発問題」。

実をいうと、脅威のレベルは全然異なっています。

北朝鮮は、05年時点で「核兵器保有」を宣言した。

そして、06年10月、はじめての「地下核実験」を実施していま
す。

以後09年5月、13年2月、16年1月と核実験を繰り返してきた。

いまでは、「北朝鮮が核兵器を保有していること」に疑問をい
だく人はいません。


一方のイラン。

この国は、「核兵器を開発する」という意向を示したことす
ら、一度もありません。

そして、実をいうと「アメリカ自身」も「イランは核兵器を開
発していない」ことを認めていました。

「トンデモ~、トンデモ~」という大合唱が聞こえてきます。

では、証拠をお見せしましょう。
↓



<〈イラン核〉米が機密報告の一部公表 「脅威」を下方修正

[ワシントン笠原敏彦]マコネル米国家情報長官は3日、イラン核
開発に関する最新の機密報告書「国家情報評価」(NIE)の一部
を公表し、イランが03年秋に核兵器開発計画を停止させたとの分
析結果を明らかにした。>

(毎日新聞2007年12月4日 )


どうですか、これ?

NIEは、「イランは二〇〇三年秋に核兵器開発計画を停止させた」
と分析していた。

アメリカだけではありません。

世界の原子力、核エネルギーを管理、監視、監督する国際機関とい
えば、IAEA(国際原子力機関)。

そこのトップ、日本人・天野之弥(あまのゆきや)氏は、2009年12月
就任直前になんと言っていたか?



<イランが核開発目指している証拠ない=IAEA次期事務局長

[ウィーン 3日 ロイター] 国際原子力機関(IAEA)の天
野之弥次期事務局長は3日、イランが核兵器開発能力の取得を目指
していることを示す確固たる証拠はみられないとの見解を示した。

ロイターに対して述べた。

天野氏は、イランが核兵器開発能力を持とうとしていると確信して
いるかとの問いに対し「IAEAの公的文書にはいかなる証拠もみ
られない」と答えた。>

(ロイター2009年7月4日)



どうですか、これ?

09年半ば時点で、IAEAの次期トップが「イランは核兵器開発
を目指していない」と断言しているのです。

こう見ると、


・核兵器を実際に保有している北朝鮮

・核兵器を持たず、開発する意志すら示したことがないイラン


という事実が理解できます。

しかし、アメリカは、常に北朝鮮よりイランを敵視してきました。

アメリカのトップが、繰り返し繰り返し「イラン攻撃の可能性」に
言及してきたこと、皆さんもご存知でしょう。


一方で、「核兵器開発」でいえば「明白な脅威」であるはずの北朝
鮮。

好戦的なブッシュは、06年時点で、「北朝鮮を攻撃することはない
!」と宣言しています。

06年10月12日の毎日新聞。


<〈北朝鮮核実験〉ブッシュ大統領「米国は攻撃意思ない」(中略)

北朝鮮が核開発の理由に米国からの攻撃を阻止する抑止力を挙げて
いることに対し、「北朝鮮を攻撃する意思はない」と明確な姿勢を
示している、と説明した。>



核兵器を開発してないイランには、「攻撃する!」と脅し、

核兵器保有を宣言している北朝鮮には、「攻撃しない!」と宣言す
る。

この「不可解さ」はなんなのでしょうか?



▼イラン敵視、北朝鮮放置の真因



理由はいろいろありますが、とりあえず三つ挙げておきましょう。


1、石油・ガス利権確保

03年、理不尽な「イラク戦争」がはじまりました。

なぜ「理不尽」なのか?

アメリカが「開戦理由」にあげた二つ。

すなわち、「フセインはアルカイダを支援している」「大量破壊兵
器を保有している」は、共に「ウソ」だった。

では、「本当の理由」はなんだったのでしょうか?

FRBのグリーンスパン元議長は、こんな告白をしています。
↓


<「イラク開戦の動機は石油」=前FRB議長、回顧録で暴露

[ワシントン17日時事]18年間にわたって世界経済のかじ取り
を担ったグリーンスパン前米連邦準備制度理事会(FRB)議長
(81)が17日刊行の回顧録で、二〇〇三年春の米軍によるイラ
ク開戦の動機は石油利権だったと暴露し、ブッシュ政権を慌てさせ
ている。>

(2007年9月17日時事通信)



「石油利権で戦争を起こすなんて!」

日本国民には、理解できませんね。

そうはいいますが、日本がアメリカとの開戦を決意したのも、
「ABCD包囲網」で「石油が入らなくなったから」です。


アメリカの場合、当時「2016年に自国の石油が枯渇する」と
いう予測が出されていました。

それで、世界中の「石油利権確保」にヤッキになっていたの
です。

原油埋蔵量世界4位、天然ガス埋蔵量世界1位のイランがター
ゲットになったのも理解できます。



2、「ドル基軸通貨体制」防衛

アメリカがイラクを攻めたもうひとつの理由は、フセインが
2000年11月、

「イラク原油の決済通貨をドルからユーロにかえたこと」

といわれています。

06年4月17日付の毎日新聞。


<イラクの旧フセイン政権は〇〇年一一月に石油取引をドルからユ
ーロに転換した。

国連の人道支援「石油と食料の交換」計画もユーロで実施された。

米国は〇三年のイラク戦争後、石油取引をドルに戻した経過がある>


実をいうと、イランも、「原油の決済通貨をドル以外」にかえています。


<イラン、原油のドル建て決済を中止[テヘラン 8日]

イラン学生通信(ISNA)は8日、ノザリ石油相の話として、同
国が原油のドル建て決済を完全に中止した、と伝えた。

ISNAはノザリ石油相からの直接の引用を掲載していない。

ある石油関連の当局者は先月、イランの原油の代金決済の「ほぼす
べて」はドル以外の通貨で行われていると語っていた。>

(2007年12月10日ロイター)


イランも、フセイン時代のイラク同様、「ドル基軸通貨体制」を崩
壊させる動きをしていた。



3、イスラエル防衛

イランは、イスラエルにとって最大の仮想敵です。

そして、イスラエルロビーは、少し前までアメリカで最強だった。

それで、アメリカもイランを敵視していた。


三つ、アメリカが北朝鮮よりもイランを敵視していた理由をあげま
した。

イラン、核兵器開発をしていないかもしれませんが、アメリカには、
他に「攻撃したい理由」があったのです。

それで、北朝鮮は、事実上放置されてきました。



▼アメリカ、戦略の変化と北朝鮮問題



しかし、オバマの時代になると、アメリカで大きな変化が起こって
きました。

最大の変化は、「シェール革命」です。

アメリカは、すでに世界一の「産油、産ガス国」に浮上。

「資源がたっぷりある」中東の重要度はどんどん下がっています。


もう一つの大きな変化は、中国が十分力をつけ、アメリカの覇権に
挑戦するようになった。

つまり、中国が「最大の脅威」に浮上した。

このことを踏まえて、ここ数年の動きを振り返ってみましょう。


11年11月、オバマ、戦略の重点を「アジアに移す」と宣言。

13年8月、オバマ、「シリア(アサド政権)を攻撃する!」と宣言。

13年9月、オバマ、シリア攻撃をドタキャン。

この頃、「イランとの和解」に動きはじめる。


14年3月、ロシア、クリミアを併合。

アメリカは、日欧を巻き込んで「対ロシア制裁」を発動。


14年8月、アメリカと有志連合、イスラム国への空爆を開始。

15年2月、ロシア、ドイツ、フランス、ウクライナ首脳、ウクラ
イナ内戦の「停戦」で合意。


15年3月、「AIIB事件」。

親米国家群を多く含む57か国が、アメリカの制止を無視し、中国
主導「AIIB」への参加を表明。

以後、アメリカの「反中」はエスカレートしていく。


15年5月、米中、「南シナ海埋め立て問題」で対立。

「米中軍事衝突」を懸念する声も。


15年9月、習近平、訪米するも冷遇され意気消沈。

同月、ロシアは、ISと反アサド派への空爆を開始。


16年1月6日、北朝鮮、「水爆実験」。

16年2月7日、北朝鮮、長距離弾道ミサイル実験。

16年2月22日、アメリカとロシア、「シリア停戦」で合意。

16年3月2日、国連安保理、北朝鮮制裁決議案を採択。

16年3月7日、アメリカ、韓国、「最大規模の軍事演習」開始。

北朝鮮は、「米韓を先制核攻撃する!」と恫喝。


こうやって振り返ると、アメリカが、ウクライナ問題とシリア問
題を解決し、アジアに重点をシフトしている様子がはっきり見え
てきます。


00年代、石油の枯渇を恐れるアメリカは、中東を重視し、アジア・
北朝鮮問題を事実上無視してきた。

しかし、今は、シェール革命と中国の台頭で、中東の重要度が減
り、アジアの重要度が増している。

それでイランは救われ、北朝鮮問題が浮上してきたのです。

だから、今までの延長で北朝鮮問題を見ていてはダメなのですね。



▼中国は北朝鮮を守る



日本ではよく、「中国も、わがままな金正恩に困っている」「中国
も北朝鮮を見捨てる」

という話をよく聞きます。

確かに、中国がわがままな金正恩に困っているのは、そのとおりで
しょう。

しかし、「見捨てる」というのは違うと思います。

なぜでしょうか?

「地政学的」な理由です。


中国が北朝鮮を見捨てたらどうなるでしょうか?

そう、韓国を中心に朝鮮半島は統一されるでしょう。

そして、韓国は、米中間で揺れているとはいえ、「アメリカの軍事
同盟国」です。

ということは、「南北統一」後、アメリカ軍が中国の国境沿いに駐
留することになる。

統一後、北朝鮮、中国国境にミサイルでも配備された日にゃあ。

こう見ると、中国には、「なんとしても北朝鮮を守りたい」動機が
ある。


ちなみに、国連制裁。

成功するかどうかのカギを握っているのは、中国です。



<しかし効果的な制裁になるには条件が一つ満たされなければいけ
ない。

北朝鮮貿易取引の90%を占める中国が徹底的かつ持続的に制裁
に参加しなければいけないという点だ。

中国はその間、制裁に積極的に参加するような態度を見せ、時間が
過ぎれば手綱を緩めてきた。

これでは5回目、6回目の核実験を防ぐことはできない。

政府は国際社会、特に中国が国連制裁を徹底的に守るよう万全を
尽くさなければいけない。>

(中央日報3月3日)


中国の国益から見ると、「制裁を守るわけがない」ということになりま
す。



▼第2次朝鮮戦争は、米中戦争に転化する?



もし「第2次朝鮮戦争」が勃発すれば、それは、韓国と北朝鮮の
戦争では終わりません。

米中戦争に発展する可能性もでてきます。


「そんなバカな!米中共に、『核超大国』ですぞ!」

という反論がでるでしょう。



しかし、核超大国の米ロは、あちこちで「代理戦争」を繰り返して
います。


まず08年8月の、ロシア―グルジア戦争。

グルジアのサアカシビリ大統領(当時)は、「アメリカの傀儡大統
領」として知られていました。


14年~15年の「ウクライナ内戦」。

これは、アメリカが支援するウクライナ政府と、ロシアが支援する
「東部親ロシア派」の戦いでした。


11年からはじまり、今年2月に「停戦」にいたった「シリア内戦」。

ロシアはアサド政権を支援し、アメリカは「反アサド」を支援して
いました。


こういう例を見ると、「核大国同士の代理戦争は起こらない」とは
決していえません。

実際「しばしば起こっている」のですから。



しかも、「第2次朝鮮戦争」が起これば、「代理戦争」では終わら
ないでしょう。

なぜなら、アメリカにとって韓国は、グルジアやウクライナと違い

「軍事同盟国」だからです。


つまり、第2次朝鮮戦争が起これば、


アメリカ、韓国 対 中国、北朝鮮


となってしまう。


このことが、アメリカと中国にとっては、「戦争を回避したい動機」
になることでしょう。


しかし、北朝鮮がはじめてしまえば、アメリカも韓国を見捨てるわ
けにはいかず、参戦ということになります。

そうなると、

日本も、「集団的自衛権」を行使することになり、アメリカと韓国
の支援をすることになるでしょう。

ですから、戦争阻止のためにできるかぎりのことをしていく必要
があるのです。

●PS

北野が「世界情勢分析する方法」を完全暴露しています。

これを読むと、あなた自身で、日本と世界の未来を予測でき
るようになります。

政治家、経営者、起業家、ビジネスマン必読。
↓


【3刷決定!】

●日本人の知らない「クレムリン・メソッド」
~ 世界 を動かす11の原理 (集英社インターナショナル)

北野 幸伯

(詳細は→ http://hec.su/hHN )


●面白かったら、拡散お願いいたします。>


▼危機克服本コーナーへ
================================================================



【北野幸伯の激面白本】


●日本自立のためのプーチン最強講義(集英社インターナショナル)

(詳細は→ http://tinyurl.com/nkam4c9 )


「日本自立本」の決定版!


最初から最後まで、徹底的に具体的・現実的!


これで、「日本が自立する方法」を完璧に理解できます。

09年9月、アメリカに嵌められたロシア・ベド大統領は、プ
ーチン首相を解任した。

命の危険を感じたプーチンは、日本に政治亡命する。

日本柔道界に保護され、稽古に励むプーチン。


しかし、日本政界は、彼を放っておかなかった。


行列をなして彼のもとへ訪れる日本の政治家たち。


その中に、再起を誓う矢部元首相の姿があった。

プーチンは、90年代アメリカの属国だったロシアを、どうや
って「自立」させることに成功したのか?


懇願する矢部に 、ついにプーチンは口を開き、その「秘密」
を語りはじめた。


「プーチン最強講義」の内容は?

・中国から尖閣・沖縄を守り、かつアメリカからの自立も成
し遂げる方法とは?


・集団的自衛権と憲法改正。日本にとってなぜ前者は「天
国」、後者は「地獄」になるのか?


・難問TPPにどう対処すべきか?


・日本のエネルギー自給率を100%にする方法とは?


・日本経済を復活させ、財政も再建する方法とは?


・核兵器を保有すれば、日本は自立できるのか……?

さて、首相に返り咲いた矢部は、はたしてプーチンの秘
策に従って「日本自立」を成し遂げられるだろうか……?

この本を読み終えたとき、あなたは「日本自立」までの
道筋 を、
完璧に理解できるようになっていることでしょう。



●日本自立のためのプーチン最強講義(集英社インターナショナル)

(詳細は→ http://tinyurl.com/nkam4c9 )





↓●「危機克服本コーナー」へ
================================================================


★北野の「危機克服本」コーナー

はじめての方は、まず「危機克服本」の動機と意義について、
こちらをお読みください。↓
http://rpejournal.com/osusumehon.html



ここ8年ぐらいずっと私のバイブルになっている本があります。

ディーパック・チョプラ博士の、


●「富と成功をもたらす7つの法則」

(詳細は→ https://hec.su/Rl5 )


です。

ディーパック・チョプラ博士は、世界でもっとも影響力のあるス
ピリチャルリーダーの一人。

私はチョプラ博士の本をたくさん読んでいますが、「富と成功を
もたらす7つの法則」が「最高傑作」だと思っています。

内容ですが、「宇宙の法則に合致して生きていけば、幸せにな
り、成功も富もゲットしてしまう」ということでしょうか。

「宇宙の法則」とは?



1、純粋な可能性の法則

2、与える法則

3、原因と結果の法則

4、最小限の努力の法則

5、意図と願望の法則

6、手放す法則

7、人生の目的の法則


です。

私は、この本を繰り返し読み、実践するよう意識してい
ます。

そのせいか、以前より幸せにな り、願望実現のスピードがはやく
なった気がします。

1億円払ってもゲットしたいこの本。

私は、07年版を買ったのですが、絶版になり、今は角川から文庫版
が出ています。

その値段がすごい。


たったの475円!!!!!!!


なんてこった。

私は、07年に買った本を「家宝」として残し、1000回読みにむけて
文庫本を買いました。

私は多くの人から、「うんざりするほどリアリスト」と呼ばれてい
ます。

しかし、それは、「世界情勢がリアリズムに沿って動いているから」
で、

実生活で「自分の利益だけを追求する冷酷リアリスト」なのではあ
りません。

むしろ、「宇宙の法則」を体得することで
、「よりよい日本」「より
よい世界」 づくりに貢献していきたいと願っているのです。

「宇宙の法則」を知って、健康で幸せで豊かに暮らしたい方は、ぜひ
こちらをご一読ください。


●「富と成功をもたらす7つの法則」

(詳細は→ https://hec.su/Rl5 )




★★今までに紹介した、絶対お薦め本はこちら↓
(めちゃくちゃ面白く・役立つ本ばかりを厳選してありますよ!)(^▽^)
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://rpejournal.com/osusumehon.html


↓●おたよりコーナーへ
================================================================







★★★【北野幸伯の本】


【6刷決定!】【アマゾン(社会・政治部門)1位!】



●「プーチン最後の聖戦」 (集英社インターナショナル)

(詳細は→ http://tinyurl.com/8y5mya3 )

↑

<プーチン本はいろいろ出ているが、これが独特で面白い。>

(立花隆 「週刊文春」2012年7月12日号)


「100年に1度の大不況」はプーチンのせいで起こった?!

今明かされる驚愕の裏真実!(証拠つき)

2003年、フセイン政権を打倒したアメリカは、次にロシアの石油利
権獲得を目指す。

ユダヤ系新興財閥ホドルコフスキーから、ロシア石油最大手「ユコ
ス」買収の約束をとりつけることに成功したのも束の間。

プーチンはホドルコフスキー逮捕を命じ、ロシアの石油をアメリカ
に渡さない決意を示した。

しかし、ホドルコフスキーの後ろには、ロスチャイルド家、ネオコン
の首領チェイニー米副大統領が・・ 。(証拠つき)

こうしてプーチン率いるKGB軍団と世界の支配者の壮絶な戦い
が開始された。

08年のロシア-グルジア戦争でピークに達した米ロの争い。

なぜ両国は和解し、関係を「再起動」することに合意したのか?

プーチンとメドベージェフの対立。

そして、プーチンを裏切ったメドベージェフの背後にいた勢力とは?

大統領に返り咲いたプーチンは、どのようにアメリカに「とどめを
刺す」のか?

豊富な資料と証拠で、あなたの世界観を一変させる真実の書。

「洗脳マトリックス」の心地よいぬるま湯につかっていたい方は、
決して読まないでください。危険です。



●「プーチン最後の聖戦」 (集英社インターナショナル)

(詳細は → http://tinyurl.com/8y5mya3 )







↓●おたよりコーナーへ
================================================================



●Sさまからのメール


「富と成功をもたらす7つの法則」

北野先生の猛烈プッシュに負けて買っちゃいました。

最近ずっと、RPEを読んでいて、ここにやられていました。
---- 8< ----
たったの475円!!!!!!!


なんてこった。

---- >8 ----

これから読みますね。
先生に近づけるように。



↓●編集後記へ
================================================================







【無料】

●世界一わかりやすいアメリカ没落の真実【北野幸伯著】


RPE発行者・北野幸伯が、「アメリカ没落の真実」を世界一
わかりやすく解説します。

「住宅バブル崩壊」「サブプライム問題」
「リーマン・ショック」

等、一般的な説明ではありません。


「アメリカは、ドイツ、フランス、ロシア、中国等 『多極主 義陣営』

に『意図的』に『没落させられた』」


山盛り資料 ・証拠つきで、真実を暴露していきます。

おかげさまで、「メルぞう」ニュース・情報源部門、【歴代NO1】。

第10回、11回Eブック大賞・優秀賞連続受賞。

第12回Eブック大賞・最優秀賞受賞。

まだ読んでいない方、いますぐ歴史の真実を知ってください。


【完全無料】です。

ダウンロードは↓  
http://tinyurl.com/pnx6e2m






↓●編集後記へ
================================================================


★編集後記


3月8日は、「国際婦人デー」というのですね。

ロシアでは、とても大々的に祝います。

日本ではほとんど祝わないと思いますが。

RPE女性読者の皆さま、おめでとうございます!

こんなくそ難しいメルマガを読んでくださっているあなたは、

日本国の「宝」です。


あなたに
よいことが、雪崩のごとく起こってくることを、こころから
お祈りいたします。


RPEジャーナル
北野幸伯



●北野への応援・激励・新刊感想メールは
こちら→ tjkitanojp●yahoo.co.jp 


▲迷惑メール対策のために真ん中が●になっています。
これを@にかえてお送りください。



▼メールを書くまえに必ずご一読ください。

1、メール多数で、ほとんどお返事で
きませんが、すいません。
しかし感謝して読ませていただいております。

2、いただいたメールは掲載させていただくことがあります。匿名
希望の方はその旨必ずお書きください。

3、広告に関するクレームにはお返事できません。広告主さんに
直接連絡するようお願いします。

4 、RPEの広告は、北野が実際に購入した製品とは限りません。
必ず★HPを熟読され、★
自己責任で決定を下してください。

===========================================================


○メールマガジン「ロシア政治経済ジャーナル」


発行者 北野 幸伯


Copyright (C) RPE Journal  All Rights Reserved. 358



アドレス変更・解除は http://www.mag2.com/m/0000012950.html



===========================================================

ロシア政治経済ジャーナル

RSSを登録する
発行周期 不定期
最新号 2017/07/27
部数 56,547部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

ロシア政治経済ジャーナル

RSSを登録する
発行周期 不定期
最新号 2017/07/27
部数 56,547部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

相馬一進の、1億稼ぐビジネスの本質|マーケティングと心理学
・天職で1億稼いだ相馬一進が、お金、自己啓発、仕事について、 心理学とマーケティングの側面から語る本格派メールマガジン。 ・著者の相馬一進は、ダライ・ラマ14世や、『7つの習慣』の スティーブン・コヴィーや、リチャード・ブランソンなどの、 海外セミナーへの日本人ツアーを企画、集客した実績を持つ。 ・最先端の起業・副業のノウハウや、マーケティングの原理原則、 生活の中からストレスを減らす方法、モチベーションの心理学、 複数の収入源を持つ方法、働く時間を減らす秘密などを配信中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

WEBマーケティングを学ぶためのメールマガジン
国内トップクラス(ユーザー数70000人)のWordPressテーマTCDやフォトマルシェ、ロゴマルシェなどを運営する株式会社デザインプラスの中田俊行が発行するメールマガジン。 アフィリエイトから始めた著者が、ネットマーケティングや最新のウェブ業界の情報を発信していきます。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から3年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

3連単3頭ボックスで超簡単に万馬券をゲットする競馬プロジェクト
◆読者6000人突破!まぐまぐ殿堂入り!! 圧倒的に少ない買い目で馬券を的中させます。 指定した《3頭》をボックスで買うだけで・・・ 昨年は9万馬券&7万馬券が当たりました。 一昨年にはなんと10万馬券も的中させています! 馬券は3頭をボックスで買うだけなので 誰がやっても買い目は同じ。 女性でもOK、競馬初心者でもOK 資金が少ない人でもOKです。 しかし、買い目が少ないので 当たればガツンと儲かります! こんな競馬予想は他にありません! ☆彡メルマガ広告主様大歓迎です☆彡
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

生きる意味は仏教に学びなさい
仏教メルマガ読者数日本一。今この瞬間に幸せを感じ、後悔のない人生にする方法とは?なぜどんなにお金があっても幸せになれないのか。むなしい人生になってしまう原因とは?あなたの人生を背後で支配する運命の法則と99%の人が自覚なく不幸を引き寄せている6つの行いとは…?仏教史上初のウェブ通信講座を開設、仏教の歴史を変え続ける中村僚が、葬式法事仏教となった現代日本の仏教界では失われた本当の仏教の秘密を公開。発行者サイトでも隠された仏教の秘密を無料プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング