ロシア政治経済ジャーナル

【RPE】★中国から逃げる企業~この国の栄華はいつまでつづく?


カテゴリー: 2011年07月06日
=== RPE Journal==================================================

 
         ロシア政治経済ジャーナル No.751

                         2011/7/7号

================================================================

超美人・ハーフモデル【道端カレン】も大絶賛
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

★世界的言語学者スコット・ペリーのメソッドで
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
あなたも、英語ペラペラ・ネイティブ人間になれます!
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

スコット・ペリーはこれまで、22年間で2000人以上の日本人に
英語を教えてきました。

日本人の発音を矯正し、バイリンガルにした圧倒的実績をほこっ
ています。

どんな実績でしょうか?

彼が指導してきた企業名を一部ごらんください。


ANA、JAL、トヨタ、日立、ホンダ、ペプシ・ジャパン、KDDI、サン
ヨー、東京ガス、キャノン、サントリー、三菱自動車 等々。


スコット・ペリーは、また芸能人の英語指導も行っており、彼の指
導のおかげでハリウッドで活躍できるようになった俳優・女優も
います。(詳細は、HPで)

あなたがもし英語を身につけたいのなら、高い金を払って英会話
教室にいく必要はありません。

圧倒的実績に裏付けされたスコット・ペリーの方法で、英語ペラペ
ラ人間になってください。
↓
http://tinyurl.com/3eqd6hr
(●超激安価格でゲットできるのは【後30名】です。お急ぎください)





↓





●脳みそを使わずに年収を84万円増やす方法?

【完全無料】↓
http://tinyurl.com/63a5y7x 





↓





【無料】

★【 たった5分で読める 】書籍「人を動かす」(デール・カー
ネギー 著)を要約しました。


北野です。

これは、本当に役に立つレポートです。

人生に役に立つ名言が、洪水のように出てきます。

【完全無料】ですので、是非読んでみてください。↓
http://www.muryoj.com/get.php?R=4484&M=100003821

================================================================
★新規購読者の皆様へ!
はじめまして!RPE発行者北野です。RPEのモットーは、
1、わけのわからない世界情勢を世界一わかりやすく解説する。
2、でも、きれいごとは一切言わない。です。
世界の裏側で起こっていることを、あなただけにこっそりお教えします。
これは、国連・世銀・外務省・政治家・ファンド・社長さん軍団・大企業幹部・
起業家等々が内緒で読んでいる、秘伝のメルマガです。
友人知人には、このメルマガのこと絶対秘密にしておいてください。
3、RPEの広告は、北野が実際に購入した製品とは限りません。必ず★H
Pを熟読され、★自己責任で決定を下してください。
=================================================================

★中国から逃げる企業 ~ この国の栄華はいつまでつづく?


全世界のRPE読者の皆さん、こんにちは!

北野です。


最近は、アメリカのひどい状況を書くことが多かったですが。

ライバルの中国はどうなんでしょうか?


▼中国から逃げ出す企業たち


先日、<「中国網日本語版(チャイナネット)」2011年7月4日>に

面白い記事が載っていました。



<「世界の工場」の地位が揺らぐ中国 人件費上昇のせいか
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

米スポーツ用品大手のナイキがこのほど発表した2011年第4四
半期決算には、世界各地にある生産拠点のシェアは示されてい
なかった。

しかし、あるメディアは昨日、

「2010年に中国に取って代わりナイキにとって
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

世界最大の生産拠点となった
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

ベトナムは、2011年もその地位を守ることになるだろう」との予測
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

を発表した。>



↑
ナイキにとって、2010年までは、中国が最大の生産拠点だった。

それが2010年からは【ベトナム】が最大の生産拠点になっている
と。


なんでナイキは、中国からベトナムにシフトしているの???
↓



<中国で人件費が上昇するに伴い、多くのメーカーが東南アジアな
ど人件費の低い国に生産拠点を移すようになった。>

(同上)



↑
人件費があがっているのが原因なんですね。

もう少し、細かくみてみましょう。
↓



<ナイキは海外の業者にスニーカーの生産を委託している。

2010年までは、中国はその最大の生産国であったが、2010年以
降、ベトナムが中国からトップの座を奪った。

ナイキのデータをみると、

2001年の時点で、中国はスニーカー生産シェアの40%を占め、世
界1位だった。

一方、ベトナムは13%を占めるにすぎなかった。

2005年になると、中国のシェアは36%にまで落ち、一方、ベトナム
はシェアを26%にまで伸ばし、世界2位となった。

2009年、中国とベトナムのシェアは36%で並び、2010年に、中国は
ベトナムに抜かれることとなった。>

(同上)



↑
なるほど~~~~。

ナイキは2005年頃から、生産拠点を中国からベトナムにシフトさせ
てきたのですね。


ナイキが拠点を移している理由は【人件費】です。

この会社は今までも人件費の安い国を転々としてきました。
↓



<ナイキは、スニーカーの生産にとって


人件費は重要な要因
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

であり、競争力を保つためには、人件費を24%以内に抑えなければ
ならないとしている。

過去30年間、ナイキは各地のコストの変化に応じて、生産拠点を次
々と移した。

最初は日本で生産していたが、人件費の上昇にともない、生産拠点
を韓国と台湾省に移し、その後は、フィリピン、タイ、マレーシア、香
港に移行した。

中国に生産拠点ができたのは1981年のことである。>

(同上)




そして、専門家は「外資系企業が中国から逃げる傾向はますます強
まっていくだろう」と警告します。
↓



<「長年以来、人件費の安さが中国の特徴だった。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

しかし、最近は、

人民元の切り上げ、インフレの拡大により、人件費が上昇し、
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

中国はその優位性を失うこととなった。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

現在、

多くの企業が工場を人件費のより安い国に移すようになっている。」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

南京大学商学院の宋頌興教授はインタビューでこう答えた。

宋教授によると、

今後この流れはさらに顕著になっていくという。>
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
(同上)



ところで、企業が逃げる中国と、ベトナムってどの程度差があるの
でしょうか?

IMFのデータによると2010年、

中国の一人当たりGDPは、4382ドル=約35万円。

月収にすると3万円弱ですか。

もちろん都市部はずっと高いでしょうが、国全体で見ると。


一方、ベトナム。

1174ドル。

1174ドル=約94000円。

月収にすると7800円(!)。


ざっくり計算すると、中国比で3.7分の1です。

どうですか、皆さん?

同じレベルの労働者が二人いる。


一人は月37万円を要求している。

もう一人は「月10万円でいいですよ」という。


どっちが採用されるか、決まってますね。



何がいいたいかというと、企業が中国から逃げるのは当然であり、
これからもドンドン逃げていくだろうということです。


ちなみにナイキだけでは、例が少なすぎですか。

有名どころでは、ユニクロが生産拠点を中国から他国に移してい
るのは、よく知られています。

先日は、こんな情報も入ってきました。
↓



<インタビュー:中国以外でデジカメ海外生産を拡大へ= 富士フ
イルム

ロイター 7月4日(月)20時13分配信

 [大宮 4日 ロイター] 富士フイルムホールディングス<4901.
T>の樋口武取締役(子会社の富士フイルム常務執行役員)は
4日、ロイターのインタビューで、デジタルカメラの海外生産の拡
大に向けて東南アジアで調査を開始したことを明らかにした。


中国に集中する生産拠点の分散化が狙いで、
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

今期中にも調査中の一部地域で少量生産を始める方向で検討
しているという。

 同社のデジカメは、一部の高級機種を国内の「富士フイルムデ
ジタルテクノ(宮城県大和町)」で製造しているが、ほとんどの生
産は中国の「蘇州富士フイルム映像機器有限公司」で展開。

樋口常務は「中国以外にも生産拠点を求めていく」とし、


ベトナム、タイ、インドネシア、フィリピンなど東南アジアの各国で
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

調査に入ったことを明らかにした。>



↑
こんな話しを聞くと、「いよいよ中国もダメか!」と思いがちですが、
いったいこの国の栄華はいつまでつづくのでしょうか?



(つづく)↓
=================================================================






【ありえねえよ!】

★1日2時間労働で月収【300万円】の秘密
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

自宅で1日2時間しか仕事しない丸山さん。

でも月収300万円を超えています。(年収じゃないよ)

1年中、朝から晩まで働いて月収30万円そこそこ。

どんなに会社に忠誠を誓っても、いつリストラされるかわかったも
んじゃない。

お金もたりない、家族と過ごす時間もない、未来への確信ももて
ないあなた。

丸山さんの秘密を学んでみてはいかがでしょうか?


「・・・・・・・ていうか、ウソだろ!1日2時間で月収300万円て?」


たしかにウソっぽいし、ウサンクサイ。

しかし、あの億万長者【石田健】先生が大絶賛されているとなる
と、「信用できるかも」と思えてきます。

何はともあれ、↓のページを熟読してみてください。

ひょっとしたら、あなたの人生、変わるかもしれませんよ。
↓
http://tinyurl.com/5rut23h
(●締め切り間近です)






↓(本文つづきへ)
=================================================================

▼中国の栄華はいつまでつづく?


日本でいつの時代もニーズがあるのは「中国崩壊論」です。

数年前も「北京オリンピックで建設バブルがはじけ、中国は崩壊
する!」という説が流行していました。


しかし、私は05年1月の


「ボロボロになった覇権国家」(詳細は→ http://tinyurl.com/dypky )


から一貫して、「バブルは崩壊するが立ち直りは速い」と主張してき
ました。

実際、08年にバブルは崩壊しましたが、立ち直りは世界一はやかっ
た。


「なんでわかったのですか?」と聞かれると、私は「国家ライフサイク
ルでわかる」と答えます。


中国のライフサイクルについて、07年発売の


「中国・ロシア同盟がアメリカを滅ぼす日」

(詳細は→ http://tinyurl.com/yro8r7 )


から引用してみましょう。


【引用ここから▼】

<1、中国は日本より30年遅れている

清は1912年に滅びました。

その後、中華人民共和国が成立したのは1949年。
 
しかし、毛沢東の政策は、「大躍進」とか「文化大革命」とか、誇大
妄想的。

彼は移行期の政治家といえるでしょう。
 
中国が成長期に入ったのは、1976年に毛沢東が亡くなり、トウ
小平が実権を握った1978年。
 
トウ小平が開放政策を宣言したのは78年12月ですから、実質的に
は79年からといえるでしょう。

 
日本は第2次大戦に敗れ、1950年の朝鮮戦争で復活のきっかけ
をつかみました。

日本と中国が成長期に入った時期は29年、約30年ズレがある。

 
日本は1960年代、特に後半に急成長しています。

それから30年後の90年代。

中国は急成長をつづけ、90年代後半に世界から注目を集めるよう
になりました。

 
70年代、日本は「世界の工場」の地位を確立。
 
30年後の2000年代、中国は相変わらず急成長をつづけ、「世界
の工場」になりました。

 
日本の全盛期は80年代後半、90年代の初めにバブルが崩壊し成
熟期に入った。
 
ということは、中国の成長期は2020年までつづき、その後成熟期
に入るということになります。>


【引用ここまで▲】



つまり、中国は、日本でいえば80年代に入ったところ。

日本では80年代、円高で人件費があがり、企業は生産拠点を徐
々に外国へシフトさせていきました。

中国でも同じ動きが起こってきます。


そして、起こるであろう危機。


中国政府は熱心に日本の失敗を研究しています。

それで時期は多少ずれるかもしれない。

しかし、だいたい2018年~2020年くらいに中国経済は本格的危
機にみまわれることでしょう。

ひょっとしたらその時、「体制崩壊」まで行くかもしれません。

日本はどうすればいいの?



↓(つづく)
================================================================





【ウソだ!】

★★★ついに国連が【ドル崩壊】を警告!
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

先日、ショッキングなニュースが飛び込んできました。

国連が「米ドルが崩壊する可能性がある」と警告したのです。
↓

<国連が米ドル信頼の危機を警告、今年の日本の成長率予測を引き
下げ

ロイター 5月26日(木)10時33分配信

 [国連 25日 ロイター] 国連は25日、昨年12月に出した「世界経
済情勢と見通し2011」の中間見直しを発表し、米ドルの主要通貨に
対する価値が下がり続ければ、米ドルに対する信頼の危機、さらには

米ドルの「崩壊」が起こりかねないと警告した。>
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



ところで、アメリカの財政が破綻した時、ドルは紙くずになることでしょう。

ドルが紙くずになった時に資産を守る方法を知りたい人はいませんか?
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
知りたい方は↓

【完全無料】ダウンロードはいますぐこちら
↓
http://tinyurl.com/2cqjr7w
(●500人限定です。すぐなくなる可能性があるので、お急ぎください。)

(●投資の神様が教える「FXで失敗しなくなる方法」(無料)はこちら
→ http://123direct.info/tracking/af/289883/SdLSJ4El/






↓(本文つづきへ)
=================================================================

▼日本は、ここ10年がもっとも危ない


上記のように、中国は、まったくとはいいませんが、おおむね日
本の後を追っています。

危機の種は既にまかれているのです。

しかし、80年代の日本を思い出してください。

日本製品は世界を席巻し、「ジャパン・アズ・NO1」と呼ばれた
時代。


つまり、見た目中国のパワーはどんどん強まっていくのです。

そして、アメリカはますます衰えていきます。


問題は、中国は日本と違って、領土と資源を奪うのに遠慮がないと
いうこと。

10年に尖閣で問題を起こした中国。

今では、南シナ海の領土と資源をめぐり、ベトナム・フィリピンと対立
しています。


これは要するに「アメリカが弱くなったから、南シナ海の資源を独占
したれ!」ということなのです。



これから10年、中国は繁栄し、アメリカは衰えていく。



日本にとっては、「もっとも危ない10年」ということができるでしょう。


わが国はどうすればいいの?

答えは、腐っても鯛アメリカとの同盟をますます強化していかなけ
ればいけません。

なぜかというと、中国はいまだに「アメリカが後ろにいる」と思えば
強気に出てこないからです。

このことは尖閣問題でも、ベトナム、フィリピンの問題を見てもはっ
きりしています。


「・・・・・・・・でもアメリカはこれからどんどん弱くなっていくのですよ
ね?」


そのとおり。

だから日本はいうのです。


「おたくも財政問題などあって大変ですね。日本が負担を軽くして
あげましょう」


思いやり予算を倍増しますとか、そういう話ではありません。

日本はアメリカのお墨付きを得て、「自主防衛能力」を充実させて
いくのです。

おわかりでしょうか。

アメリカが弱くなっていく分、日本軍が強くなっていく。

これは、日本の利益であり、アメリカの利益です。



そして、中国の後に世界の工場になるであろう親日反中国家イン
ドとの連携を深めていきます。


毎回毎回書きますが。

日本は第2次大戦時、アメリカ、イギリス、ソ連、中国を敵にして必
然的に負けました。

同じあやまちを決して繰り返してはいけません。

日本は、少なくとも欧米、そしてインド、できればロシアも味方につ
けて、進んでいくのです。

(もちろん、中国ともできれば仲良くするのがいいにきまっていま
す。国益を損なわない範囲で)



今ネット上では「諸悪の根源はアメリカだ!」というプロパガンダが
力強く行われています。

確かにアメリカは悪いことばかりしていますが、日本の同盟国。

世界総軍事費の約半分にあたる60兆円を軍隊につかっている超
軍事大国です。

こんな恐ろしい国を敵にすれば、2次大戦の二の舞。

味方につけておけば、しばらくは安泰です。

日米分裂を狙う中国のプロパガンダに乗せられないよう、くれぐれ
も注意してください。



ところで超大国アメリカは何で没落したの?


新規購読者の皆さまは、「無料情報ドットコム」ビジネス部門
●歴代1位!


【世界一わかりやすいアメリカ没落の真実】


をご一読ください。
山盛り資料・証拠つきです。

【完全無料】ダウンロードは→ http://tinyurl.com/278esph



ところで、覇権を目指す中国はどうなるの?

没落した元覇権国家アメリカの運命は?

日本は米中どっちにつくのがお得なの?


先回りして未来を知りたい方は、今すぐ【国家の気概】をご一読くださ
い。



電子書店パピレスの週間ベストセラーランキング(ビジネス
・教育部門)で1カ月以上●1位でした!)


●パソコンで読めるようになりました。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


ダウンロードは、今すぐこちら。
↓
http://www.papy.co.jp/act/books/1-146532/



↓「危機克服本」コーナーへ
=================================================================






【無料】

★脳みそをつかわず年収を84万円増やす方法
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

二人の億万長者が、【完全無料】で以下のことを教えます。


1.今から数時間あることをやって、現金を即ゲットする方法

2.相手の財布を自動的に開いて、あなたの口座へ入金させる方法

3.あなたの趣味を生かして、お金をザクザク増やす方法とは?

4.3大インターネットビジネスの、圧倒的に稼ぐための裏ワザ

5.加藤が最近、実際に儲けた「44つ」の稼ぎネタとは?

6.5万円どころじゃない、50万円、100万円と稼ぐ方法

7.即金をゲットするための最新ノウハウを入手できる情報源とは?


いつ封印になるかわかりません。

今すぐ見てしまってください。
↓
http://tinyurl.com/63a5y7x 






↓お薦め本コーナーへ
=================================================================

★北野の「危機克服本」コーナー


はじめての方は、まず「危機克服本」の動機と意義について、
こちらをお読みください。↓
http://rpejournal.com/osusumehon.html


★「転生と地球」 高木善之 PHP研究所 

(詳細は→ http://tinyurl.com/9jg9l )


強烈な本です。 

今まで、資本主義の競争社会にはまっていた人の価値観を、
天動説から地 動説に変えてしまうほどインパクトがあります。 

筆者の高木善之さんは、日本最大の環境NPO「地球村」の創設者。 

私は、以前松本で高木さんの講演に行き、本にサインしてもらい
ました。 


「あの世を見てきた人」「一日一食しか食べない人」等々、
いろいろな伝説を 聞いていたので、ドキドキしながら、
高木さんの前に立ったのです。


ところが、印象は全く普通のおじさんという感じ。 


サインをしようと本(転生と地球)を開いている高木さんを見ながら、
私はフト (失礼ながら・・)「普通の人みたいよね~~~~」
などと考えてしまったの です。 

そう思った瞬間。。。 

今まで下をむいていた高木さんが、フッと顔を上げ、
私の目をジッと見つめ ました。 北野(・・・・うわっ!心読まれた!) 
そう思った瞬間、高木さんはニッコリ微笑み、本にサインしてくれました。 

「 北野幸伯さん   未来は変わる     高木善之  」 

この本は、今でも私の宝物。

「きれいごとは一切言わないがモットーでも、平和を目指して。。。」


●内容紹介

松下電器で、出世街道を驀進していた高木さん。 

1981年にバイクで事故って、瀕死の重傷をおってしまいます。 

そして、魂は肉体を離れ、いわゆるあの世を旅することになったの
です。

そこは、光の世界。 すべては一つ。 そこで見た未来の光景は、
その後次々と現実化していきます。 

この臨死体験の結果、高木さんの価値観は
180度変化してしまいました。 

これから、世界はどこに行くのか、あまりにも強烈、
しかし論理的な予測 に、反論の余地がありません。 

私たちはどう生きていったらいいのだろう。 

素直な心で読めば、天と地がひっくりかえるほどの変化が皆さん
の人生 に起こるでしょう。 


★「転生と地球」 高木善之 PHP研究所

(詳細は→ http://tinyurl.com/9jg9l )


●要注意!↑この本は1997年の本なので、
なかなか入手が難しいかもしれ ません。 
そんなときは、

「非対立の生き方ー一瞬でしあわせをつかむ成功法則」 

をご一読ください。 (詳細は→ http://tinyurl.com/9lafj )


★★★今までに紹介した、絶対お薦め本はこちら↓
(めちゃくちゃ面白く・役立つ本ばかりを厳選してありますよ!)(^▽^)
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://rpejournal.com/osusumehon.html



↓おたよりコーナーへ
=================================================================





【これが全部無料???】

★巨大震災不況を乗り切る【三種の神器】とは?
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

戦後最悪の不況を乗り切っていくための、【超強力】なツールをご
紹介します。

しかも、全部【無料】。

1、インターネット集客のルール
↓
http://bit.ly/f1N8ew
(●インターネットを使って、ウジャウジャお客さんを集める方法を
伝授します。
申し訳ありませんが、これで営業マンはいらなくなります。)


2、ソーシャルメディア大富豪の教え
↓
http://123direct.info/tracking/af/301314/gXbH13TO/
(●フェイスブック、ミクシイ、ユーチューブ、ツイッター等々を使っ
て大金を稼ぐ方法を伝授します。
これを知らないと、あなたは【時代遅れの】経営者、ビジネスマン
になってしまいます。)


3、ザ・コピーライティング・シークレット
↓
http://tinyurl.com/44m8ees
(●広告の文章をチョイチョイと直すだけで、売上を【数倍化】させ
る秘密を公開しています。
同じ広告費で、何倍もの効果をあげることができるようになります。)

↑
(●ホントに役に立つ内容。これが全部無料なんて信じられません。
北野 )






↓おたよりコーナーへ
================================================================

★マチャさまからのおたより


北野さん

私も昔からたけしさんのファンで、一度映画祭で拝見したことあり
ます。

テレビで見るよりも小さくて細くて、この人がお笑いの一時代を築
き、今は映画監督としても世界に名を馳せているのかと思うと、
不思議な感じがしました。

北野さん(同姓でらっしゃいますね!)のメールで色々考えさせら
れました。

もしかして、私のような人間が日本人の多くを代表しているとしたら、
残念ながら政府を許しているのではなく、

諦めている、

あるいは、だれかがやるから任せておこうとか、面倒くさいとか、
自分は打たれたくないから、出る杭にはならないでおこう、

という感じかと(笑)

わたしの場合は、これらに加えて、あまのじゃくであることと、協調
性がないという問題がありまして。

たぶんデモにもっとも参加しそうにないタイプだと思います(笑)


ところで、最近話題になっていたテレビドラマJIN2を見る機会があ
りました。

医師が江戸時代にタイムスリップして、坂本龍馬始め歴史上の偉
人たちと出会い、(ちょっとだけ?)歴史を変えていくというストーリ
ーなのですが。


所詮、マンガ原作のチープな話しと思っていたのですが、(そういう
面もあるのですが)私が興味がある部分について考えさせられて
しまいました。

個人と国家と歴史のうねり


これらは別々のようで一つ一つが互いに混じり合っている関係なん
だろうな、と思ってしまいました。

ちょっとスピリチュアルよりで、あまり話すと怪しい人だと思われか
ねないのですが。

物語自体はふつうに面白いと思いますので、機会があればぜひご
らんください!

では。




↓編集後記へ
=================================================================

★北野絶対お勧めメルマガ


・中国に対抗する方法は?日本一軍事情報メルマガ。
→ http://www.mag2.com/m/0000049253.html

・中国、現地からの情報は
→  http://chinachips.fc2web.com/common/31mag.html

=================================================================

★編集後記


おたよりコーナーのマチャさんからのお薦めで

遅ればせながら「JIN」を見はじめました。

ご存じの方も多いと思いますが。

医者の仁さんが、江戸時代にタイムスリップしてしまうという話。

そこで、坂本龍馬をはじめとする偉人たちに出会います。

また、多くの人々の命を救うことで、歴史が変わっていきます。

口でいってもようわからないと思いますが、ホントに面白いです。

まだごらんになっていない方は、是非家族でごらんください。


予告はこちら。
↓
http://www.tbs.co.jp/jin-final/



RPEジャーナル
北野幸伯


●北野への応援・激励・新刊感想メールは
こちら→ tjkitanojp●yahoo.co.jp 

▲迷惑メール対策のために真ん中が●になっています。
これを@にかえてお送りください。



▼メールを書くまえに必ずご一読ください。

1、メール多数で、ほとんどお返事できませんが、すいません。
しかし感謝して読ませていただいております。

2、いただいたメールは掲載させていただくことがあります。匿名
希望の方はその旨必ずお書きください。

3、広告に関するクレームにはお返事できません。広告主さんに
直接連絡するようお願いします。

4、RPEの広告は、北野が実際に購入した製品とは限りません。
必ず★HPを熟読され、★自己責任で決定を下してください。

================================================================


○メールマガジン「ロシア政治経済ジャーナル」
   

発行者 北野 幸伯


Copyright (C) RPE Journal  All Rights Reserved.  358



北野幸伯・公式HPは→ http://rpejournal.com/ 

アドレス変更・解除は→ http://www.mag2.com/m/0000012950.html


=====================================RPE Journal=================

ついでに読みたい

ロシア政治経済ジャーナル

RSSを登録する
発行周期 不定期
最新号 2017/03/28
部数 57,421部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

今週のおすすめ!メルマガ3選

水戸市のサラリーマン大家さん
総発行部数15万部。購読者日本一の不動産メルマガ。 2017年1月現在8400人以上の投資家さんとお会いしてきました。 年間取引額300億円以上、累計取引額900億以上の不動産会社社長が、不動産投資について真剣に書いています。 今ならメルマガ内で10万円相当の「不動産投資大百科」を無料配布中。 テリー伊藤のまる金ライダー8に毎週、代表の峯島がコメンテーターでレギュラー出演中。 メルマガ登録で非公開の物件情報も入ってきます。 不動産仲介業 宅地建物取引業免許 国土交通大臣(1)第8944号
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

ダメおやじの全財産をかけた崖っぷちFX通信
アフィリエイトとインフォビジネスで、年商1~2億円規模の会社を経営する中松のまぐまぐ殿堂入りメルマガです。アマゾンランキング1位獲得「レバレッジでさらに増える!副収入が月16万円入ってくるしくみ」の著者。中松に興味がある人しか読まないマニアックなメルマガなのであしからず。(旧メルマガ名:月100万稼ぐ脱サラアフィリエイターの本音)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

相馬一進の、1億稼ぐビジネスの本質|マーケティングと心理学
・天職で1億稼いだ相馬一進が、お金、自己啓発、仕事について、 心理学とマーケティングの側面から語る本格派メールマガジン。 ・著者の相馬一進は、ダライ・ラマ14世や、『7つの習慣』の スティーブン・コヴィーや、リチャード・ブランソンなどの、 海外セミナーへの日本人ツアーを企画、集客した実績を持つ。 ・最先端の起業・副業のノウハウや、マーケティングの原理原則、 生活の中からストレスを減らす方法、モチベーションの心理学、 複数の収入源を持つ方法、働く時間を減らす秘密などを配信中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

へなちょこ社長中松のだるだる日記
アフィリエイトとインフォビジネスで、年商1~2億円規模の会社を経営する中松のまぐまぐ殿堂入りメルマガです。アマゾンランキング1位獲得「レバレッジでさらに増える!副収入が月16万円入ってくるしくみ」の著者。中松に興味がある人しか読まないマニアックなメルマガなのであしからず。(旧メルマガ名:月100万稼ぐ脱サラアフィリエイターの本音)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

幸せを引き寄せるメール
毎朝7時に配信します。ゴールデンセレブヒーリング創始者本藤弘美があなたの人生をより豊かに幸せにするハッピーナビゲーション情報をお届けします。夢を叶えたい人、幸せになりたい人、心身共に健康になりたい人、人間関係を良くしたい人、豊かになりたい人に。読んでいると波動が上がります。GoldenCelebとは黄金の祝福。あなたの成功を祝福します。あなたにすべての安らぎと愛と豊かさと幸せがやってきます。♥
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング