ロシア政治経済ジャーナル

【RPE】★資本主義の終焉と、次の時代


カテゴリー: 2017年08月18日
【RPE】★資本主義の終焉と、次の時代

RPE Journal==============================================



     ロシア政治経済ジャーナル No.1601  


                                           2017/8/18

===========================================================

資本主義が終わると、どんな時代が来るのでしょうか???


詳細は、【本文】で!↓



↓




【子供がいる方必見】

●あなたは、子供に【毒】を食べさせている
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

北野です。

皆さん、安部司先生をご存知でしょうか?

70万部のベストセラー「食品の裏側」著者です。

今回、安部先生が、「日本の食の実態」を【無料】で教えて
くださるそうです。

私も、もちろん登録します。

はっきりいいますが、日本の食品事情はかなりヤバいです。

たとえば、先進国では、「マーガリン」や「ショートニング」を
禁止しているところがたくさんあります。

しかし、日本では、「マーガリン」「ショートニング」が入ってな
いパンを見つけるのが困難な状況。

他にもいろいろありますが、安部先生から真実を学び、是非
子供達を守ってあげてください。

北野絶対お勧め。

いますぐご登録ください。
↓
http://tinyurl.com/y6u6o454



↓



【極秘】

●潜在意識超活性法
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

潜在意識の神様ジョセフ・マーフィーから指導を受けた
井上裕之先生。

「ジョセフ・マーフィー・トラスト」から、

「潜在意識グランドマスター」という驚くべき称号を与え
られました。

そんな井上先生が、潜在意識の使い方を、【無料】でお
しえてくださいます。

成功、幸せ、出世、理想の結婚、すべてを可能する
潜在意識。

使い方を完全マスターしたい方は、いますぐこの情報を
ゲットしてください。
↓
http://tinyurl.com/ybwm94ju



↓



【驚愕】

●売って、愛され、感謝される方法???

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

北野です。

私たち社会人は、たいてい何かを売って生きています。

それで、ジレンマがある。

「強く売り込めば、嫌われ、避けられ、敬遠される」

しかし、

「売り込まなければ、嫌われないが、売れない」(涙)


「バンバン売れて、なおかつ愛され、感謝され、尊敬される」

そんな方法はないのでしょうか?

あります。

業界の超カリスマ浅川先生が、【無料】で教えてくださる
そうです。

いますぐこちらの情報をゲットしてください。
↓
http://tinyurl.com/yamlwzjl



(●本文へ↓)
===========================================================
★新規購読者の皆様へ!
はじめまして!RPE発行者北野です。RPEのモットーは、
1、わけのわからない世界情勢を世界一わかりやすく解説する。
2、でも、きれいごとは一切言わない。です。
世界の裏側で起こっていることを、あなただけにこっそりお教えします。
これは、国連・世銀・外務省・政治家・ファンド・社長さん軍団・大企業
幹部・起業家等々が内緒で読んでいる、秘伝のメルマガです。
友人知人には、このメルマガのこと絶対秘密にしておいてください。
3、RPEの広告は、北野が実際に購入した製品とは限りません。必ず
★HP  を熟読され、★自己責任 で決定を下してください。
==========================================================


★資本主義の終焉と、次の時代


全世界のRPE読者の皆さま、こんにちは!

北野です。


日本人は、一つの分野を、どこまでも極めていくのが得意です。

一方で、「大きな話」は苦手なのですね。

ロシア人は、「大きな話」が得意です

たとえば、リーマン・ショックの少し後、ロシアの大学教授にあ
った。

「最近、どんなことしてますか?」と聞くと、

教授は、

「アメリカ没落後の新世界秩序について、学生たちと話し合って
いる」

といいました。

私は、「相変わらず、でかいな・・・」と思いました。



▼閉じてゆく帝国と逆説の21世紀経済



というわけで、日本人の書く本は、「○〇の技術」といった
本が多いです。

「歴史観」とか「世界観」とかを語る本は、あまりない。


マルクス、フランシス・フクヤマ、ハンティントン、ラビ・バトラ
のような「大きな話」をする人は、あまりいません。


ところが、水野和夫先生は


●「閉じてゆく帝国と逆説の21世紀経済」

(詳細は→ http://amzn.to/2w1B6I4 )



の中で、日本人離れした「でかい話」をされています。

先生は、民主党政権時代に政府で働いていたので、
保守派の皆さんは、敬遠されるかもしれません。

しかし、「民主党政権時代に働いていたこと」と「本の面白さ」
は別次元の話です。



▼トランプと資本主義の終わり



さて、2016年、二つの重大事件が起こりました。

一つは、イギリス国民投票で「EU離脱」を決めたこと。

もう一つは、アメリカ大統領選でトランプが勝ったこと。


これが、「反グローバリズム的な動き」であることは、誰でも知って
います。

なぜそういう動きが強くなってきたのでしょうか?

水野先生は、ここで「大きく」出ます。



<大きな歴史の見取り図をもとに言えば、

一三世紀初頭に始まった資本主義が最終局面を

迎えているここと無縁ではありません。>(4p)


どひゃあ~~~。

4pですでに「資本主義が最終局面を迎えている」ときました。



▼「資本主義の終わり」意味は?



ところで、「資本主義が終わる」という話、他の人からも聞いた
ことがあるかもしれません。

しかし、「なぜ資本主義が終わるか?」をきっちり解説してくれ
た人はいましたか?

たぶんいなかったはずです。

水野先生は、「資本主義が終わる」という言葉の意味を明確に
解説してくださっています。



<投資をしても利潤を得ることが極めて困難な

「資本主義の終焉」

という

「歴史の危機」>(同上)



なるほど~。

投資しても利潤を得ることが極めて困難になるのが、

「資本主義の終焉」なのですね。



▼グローバリズムの正体



そして、先生にいわせると、「グローバリズム」はこうなります。


<利潤獲得が難しいがゆえに、

資本の側が、わずかな利潤が得られるのであればと

あらゆる国境の壁を越え、

なりふりかまわぬ「蒐集」(しゅうしゅう)をおこなうようになっ
てきたのです。

これこそが、グローバリゼーションの正体>(同上)


そして、「グローバリゼーション」は、世界の99%を不幸にし
ます。


<社会の安定が、

ナオミ・クラインの言う

「ショック・ドクトリン(惨事便乗型資本主義)」

も厭わないグローバルな資本の動きによって脅かされる。

そうなると、国内の格差や貧困という形でしわ寄せを食うの
は、

「九九%」という言葉で象徴される一般の国民です。>

(5p)



そして、99%の一般人が、「ブレグジット」や「トランプ」を選択した。



▼トランプは、「今の危機」の「解決策」になり得るか?



ところで、どうして資本主義は、終わらなければならないのでしょ
うか?

水野先生はいいます。


<利潤をもたらしてくれるフロンティアを求めるために地球の隅
々にまでグローバリゼーションを加速させていくと、

地球が有限である以上、

いつかは臨界点に到達し、

膨張は収縮に反転する―――。

資本の自己増殖を目的とする資本主義が限界に達している

現在、これは当然のなりゆきです。>(同上)



では、ブレグジットやトランプは、崩壊していく資本主義の解
決策になり得るのでしょうか?

この二つは、「解決策ではない」と先生はいいます。



<今、進んでいる国民国家へのゆり戻しという動きの延長
線上に

「歴史の危機」を乗り越える解決策はなのではないか、

というのが本書を通じて、私が問いかけたいことです。>

(5~6p)


「ブレグジット」「トランプ」は。

グローバリズムへの反動としての、

「国民国家」への揺り戻しである。

しかし、今の危機は、「国民国家への揺り戻し」では解決できない。

なぜかというと、今回の危機は、トンデモナイ規模なのだから。



<なぜならば、

国民国家の基盤である、

五〇〇年続いた近代システムそのものが、

八〇〇年の資本主義の歴史とともに終わりを迎えつつあるか
らです。>(同上)



では、解決策は、どこにあるのでしょうか?

先生は、断言します。



<「資本主義の終焉」という「歴史の危機」を乗り越えるために、

必要なのはどんなシステムなのか。

結論を先取りして言えば、

このあと世界が一〇〇年近くかけて移行していくと私が考える
のは

「閉じた帝国」が複数並び立つという世界システムです。>

(16p)



「閉じた帝国」????????????????

なんのことかわかりませんね。


資本主義崩壊後に訪れる

『閉じた帝国』の時代。


さらに、詳しく知りたい方は、こちらをご一読ください。
↓


●「閉じてゆく帝国と逆説の21世紀経済」

(詳細は→ http://amzn.to/2w1B6I4 )



●PS

北野が「世界情勢分析する方法」を完全暴露しています。

これを読むと、あなた自身で、日本と世界の未来を予測でき
るようになります。

政治家、経営者、起業家、ビジネスマン必読。
↓


【4刷決定!】

●日本人の知らない「クレムリン・メソッド」
~ 世界 を動かす11の原理 (集英社インターナショナル)

北野 幸伯

(詳細は→ http://amzn.to/2vHKRuM )


●面白かったら、拡散お願いいたします。>




===========================================================


○メールマガジン「ロシア政治経済ジャーナル」


発行者 北野 幸伯


Copyright (C) RPE Journal  All Rights Reserved. 358



アドレス変更・解除は http://www.mag2.com/m/0000012950.html



===========================================================

ロシア政治経済ジャーナル

RSSを登録する
発行周期 不定期
最新号 2017/08/18
部数 56,610部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

ロシア政治経済ジャーナル

RSSを登録する
発行周期 不定期
最新号 2017/08/18
部数 56,610部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

ハロー株式
読者2万人超。「週刊ダイヤモンド」・「日経ネットトレーディング」・「初歩のパソコン」にも紹介され、3年連続「まぐまぐ大賞マネー部門第1位!」、メルマでは9年連続で最高栄誉の「総合大賞」を受賞中。「まぐまぐ殿堂入り」の無料投資情報誌です。役立つ情報満載で必見。株式相場見通し・投資ノウハウ、有望銘柄情報を10年以上に渡って配信しています。是非ともご活用下さい!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

オンラインカジノ情報ドットコム
カジノって楽しいですよね。ラスベガス、マカオ、韓国などのカジノへ行く前や行った後も日本でカジノを楽しみたいと思いませんか?実はそのカジノが日本でもオンラインカジノを通じて遊べるんです!そんなオンラインカジノの魅力をたくさんご紹介しちゃいますね。今話題の海外FXについても詳しく解説します。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

幸せを引き寄せるメール
毎朝7時に配信します。ゴールデンセレブヒーリング創始者本藤弘美があなたの人生をより豊かに幸せにするハッピーナビゲーション情報をお届けします。夢を叶えたい人、幸せになりたい人、心身共に健康になりたい人、人間関係を良くしたい人、豊かになりたい人に。読んでいると波動が上がります。GoldenCelebとは黄金の祝福。あなたの成功を祝福します。あなたにすべての安らぎと愛と豊かさと幸せがやってきます。♥
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

社長が知っておきたい、お金とビジネスの話
税理士の山下久幸が、「お金とビジネス」を切り口に語るメールマガジン。 このメールマガジンのコンセプトは『不易流行』(ふえきりゅうこう)。 メルマガの内容は僕が日々得た情報の中から様々な変化を、独断と偏見でお伝えしたいと思います。変わるものと、変わらないものを知り、皆さまのビジネスや人生のヒントとしてお役立て下さい! この他、有料で『メルマガ顧問税理士』も絶賛発行中です(*^_^*) http://www.mag2.com/m/0001670898.html
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

自分らしく生きるレッスン
筆者 坂上 浩(さかうえ ひろし)は、東大卒、東大大学院修了 メガバンク出身のプロコーチ。 専門領域は「ライフコーチング」 (充実した人生を創るサポート) 一見、順風満帆な経歴に見えるも、母子家庭に育ち、会社員時代はワクに縛られ自分らしく振舞えず不眠・うつで出社拒否を経験。 暗闇から抜け、好きな仕事で独立を果たすプロセスから掴んだ、自分らしく生きる為の「考え方」と「具体的な実践法」を惜しみなく披露! プロコーチから学びたい! コーチングに興味がある!そんな意欲の高いあなたのご購読をお待ちしています!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング