もてない男の心の語り

[メルマガ もてない男の心の語り vol.85]


カテゴリー: 2007年07月30日
--------------------------------------------------------------------------------

もてない男の心の語り メールマガジン             
                              vol.85
 


                             2007.7.30

Homepage:http://www.motenai.net/
(登録・解除作業もこちらでできます)
毎日更新の日記コラム「今日の一語り」絶賛公開中
E-mail:small_editor@yahoo.co.jp
           produced by もてない男の「かず」こと 大津和行

--------------------------------------------------------------------------------
 
 ちょうど一年ぶりくらいの配信となります。みなさま、本当にご無沙汰し
ておりました。結婚してから、もてない男という立ち位置での語りもして
いいのかなという迷いもありつつ、だからこそ語れることもあるのではない
かと思いつつ、久々の更新の語りです。

 2007年7月15日更新分の語りです。どうぞお楽しみください。

--------------------------------------------------------------------------------

コンプレックスの行き先、もしくは、罠


 さて、ひさびさに「もてない」論を語ろうと思う。

 前回語ったのが、2006年の12月末の私自身の結婚式を報告した語りであったこと
を思うと、半年以上開いてしまったことになる。ここまでインターバルが開いてし
まったことには、やはり、結婚という「もてない」のひとつのゴールに到達したと
ころで、どういう立ち位置で語っていけばいいのかという迷いもあったことも事実
だ。また、「結婚」した(できた)者としての目線から「もてない」ということを
語っていいのかという迷いもあった。

 ただ、ここで「もてない」を語るのをやめてしまっていいのか?と思う時
に・・・ある種、今だからこそ語れることもあるんじゃないか・・・もっと客観的
に「もてない」を見ていくことができるんじゃないか・・・そんな思いもあり、
久々にキーを叩き始めたのである。


 さて、私の思う「もてない者」とは語り「「もてない者」とは 〜もてない者の
定義〜」(2004.6.27)に定義づけたように、「今現在において彼女・彼氏がいな
い」という客観的要件、かつ「自分はもてない者であると思う」という主観的確信
が同時に成立した人と言うことができよう。


 そう、「自分はもてない者であると思う」という主観的確信ゆえに「もてない
者」はそれへの引け目、コンプレックス、劣等感に悩むことになるのは必然なわけ
であり、そういう主観的確信があったからこそ、私もこのような「もてない男」の
ページを持つに至ったわけだ。


 そして、その引け目、コンプレックス、劣等感に関して、私は語り「もてないこ
とへの自覚はあながち悪いものじゃない」(2006.3.30)において、その引け目、コ
ンプレックス、劣等感ゆえにもてない者はがんばっていけるということを語った。
そう、その引け目、コンプレックス、劣等感ゆえに学業や趣味においてすばらしい
ものを持つ人がたくさんいる。


 特に学歴において秀でた経歴を持つ人がたくさんいよう。


 というのも、もてる、もてないというのが、異性の非常に主観的な価値観に左右
されるものであり、なにをすれば、かっこいいのかなんてよくわからないわけだ。
努力の方向がよくわからない・・主観に左右されるものなのであるゆえ、そのへん
でうまくいかなくてコンプレックスを持ってしまっている「もてない者」は、客観
的な指標で達成できるコンプレックスの「補償」を行おうとするわけだ。

 学歴のいいところは、客観的な指標で計られるある能力の客観的指標たり得るも
のであり、また、今の日本社会において、過去の学歴至上主義の時代に尾を引いて、
未だにそれなりの社会的評価も伴うものであることから、もてない者にとっても目
指しやすいものだからだ。


 と小難しく言ってしまったが、もっと平たく言えば、例えば、持って生まれた変
えようがない容姿・体質で「キモイ」「クサイ」で門前払いになってしまったりす
ることがあることは容易に想像が付くことだが、これらは非常に主観的な問題で、
今では小顔がトレンドであろうが世が世ならそうでない方がトレンドだったかもし
れないし、また、日本ではたまたまアポクリン汗腺が少ない人が多い土地柄で無臭
社会を過度に要求するだ社会だが、外国ではアポクリン汗腺が多い人が多い土地柄
であるから体臭はさほど問題にならないわけである。もう一つ例を挙げたら、本人
のためを思って思いやりを持って忠告したことも「ウザイ」の一言で嫌われたりし
てしまうのも主観的門前払いであろう。


 それに比して、受験戦争においては、そんな主観的門前払いはないわけで、唯一
の用件としては年齢や卒業という要件だけで、それら当たり前とも言える要件がそ
ろっていれば門前払い学参加できるものであり、テストの点数というきわめて客観
的な基準で決められる者である。一度や二度のペーパーテストで人生を左右するこ
とが決定されるなんて不合理だという思いもあるかもしれないが、「キモイ」「ク
サイ」「ウザイ」等々のもとに主観的門前払いを受けてしまう不合理よりはよほど
がんばりがいがあるし、実際、学歴社会ではそれだけの努力をしたら、それにかな
り忠実に正比例した結果が期待できる。

 思い立っての一年くらいの努力では学歴社会のトップに位置する東京大学までは
無理かもしれないが、1年間の必死の努力次第で名門校に入ることができることが
多かろう。ドラマ化までされた人気漫画である「ドラゴン桜」では、落ちこぼれか
ら一年で東大合格を主人公たちが果たしていくわけだが、受験業界で話題を呼んで
いるこの漫画の方法んい沿えばそれだけの相当の努力をすれば東大も射程圏内なの
かもしれない。


 そんなわけで、もてない者は、「もてない」コンプレックスを補償するために、
学歴において秀でることを目標とする場合も多いだろう。

 それは、学齢期における主たる庇護者、スポンサーである親の願いにも合致する
ことから、学業に専念して秀でた結果を残すことが多かったりするわけである。


 いくら、異性受けしようと、外見を繕うことに努力したり、面白い話し方を工夫
したりしても結局は主観の問題であるから相手に受けるかどうかは分からない。そ
れに比べて努力のしがいのあるものに努力してそちらで秀でようという思いは悪い
ことではない。変にへこたれるよりも全然いいと思う。


 その意味で、私は前述の語り「もてないことへの自覚はあながち悪いものじゃな
い」(2006.3.30)において、もてないコンプレックスの有用性について語ったのだ。


 ただね、ここでひとつ警鐘を鳴らしたいことがあって語り始めたんだ。


 ひとつ、忘れられない光景があるんだ。目に焼き付いて離れない光景を目撃して
しまったことが。

 東京の代表的な繁華街である渋谷・・・そこを歩いていたんだよね。なんでかな
ぁ、ダンスダンスレボリューションなどにはまっていたころだから多分ゲームセン
ターにでも行くためだったんだろう。だから、今から10年近く前かなぁ、少なく
とも7〜8年前の話なんだけどね。だから、記憶に基づいて語るので多少の誤謬が
あるかもしれないが、ご容赦あれ。


 渋谷のまちなか、そうあの混雑している中を、私から言うのもなんだけど、さえ
ない感じの男性・・・年のころはあのころの私とさほど変わりない感じだったから
20台後半くらいに見えた方がなにか身分証みたいなものを胸のあたりに掲げなが
らゆっくり歩いているんだよね、ある一定の区間を往復しているようでいつまでも
歩いている感じだった。ちょっと気にかかる光景だよね。

 私が何か所用を終えてまたそこを通りかかるとね、まだいるんだよね。思わずそ
の男性の掲げている身分証を見てしまったんだ。とりわけ鮮明に覚えているんだけ
ど、東京大学の大学院の身分証だったんだ。


 さて、この男性の行動をみなさんならどう解釈するであろうか?

 私はこう思ったんだ。渋谷の繁華街を東大大学院の身分証を掲げて歩いていたら、
それに惹かれた女性から声をかけられることを期待していたのではないかと。より
卑近に言い回せば、逆ナンパされることを期待していたのだろうと。

 そう考えないと、わざわざ身分証を掲げながら、渋谷という華やかな街を歩く必
然性が説明つかないと思うのだ。


 その解釈でいいと考えて、私はこの男性の気持ちは「もてない」の語り部として
非常に共感できたわけだ。


 その心境を察せざるをえないが、私がその男性の心理を解釈し推測を大いに含め
て語ると、次のような感じになる。


 男性は、前述のような、もてないコンプレックスの補償のために学歴のために非
常に努力をしたんだと思うんだよね。かなりのコンプレックスがあったからこそ東
大に入ることができたし、それだけの努力はしたんだろう。私から見てもさえない
感じであったから、やはり、もてなかったと思うのだ。

 でも、東大に入ってもすぐにもてるわけでもないわけで、思いあまってこのよう
な行動に出たのだろう。


 そう、私の鳴らしたい警鐘はここにある。


 東大に入る→もてる ということはないということである。

 もてないコンプレックスを補償するために東大に入ったのは立派である。それは
誰から見ても称賛に値することだ。客観的指標である東大合格ということは見事で
ある。

 しかし、だからといって、主観が判断基準の「もてる」ということにそれが直結
するわけでは決してないということなのだ。

 その男性は、そこを履き違えてしまったんだろうなと推測できるのだ。

 もてないコンプレックスの補償のために、客観的指標で秀でることを目指すこと
は確かに良いことだ。しかし、それはその客観的指標での成功であって主観的基準
での、もてる・もてない問題へアドバンテージはあまりないということをしっかり
分かっておかねばならない。


 でもね、なおかつ私がその男性に共感できてしまったのは、客観的指標での成功
があたかも主観的指標での成功につながるかのような錯覚を、この世の中全体が持
ってしまっている部分があるから、その誤解はある程度仕方ないことかとも思うん
だよね。


 私は30代なわけだけれども、親世代は、我が子をとにかくいい大学にという学
歴偏重の志向を持っていることが多い。確かにね、親世代の時には大学に行く人は
少なかったし、実際に大学も東大を初めとした旧帝大系統ほか国立大学と今で言う
ところの有名私学くらいしかなかったわけだから、学士の絶対数も少なかったから、
大学を出たと言うだけでそれなりの社会的ステータスが保証されたし、世の中全体
が貧しかったからそのステータスに惹かれて結婚に至る場合も多かったから今ほど
もてないことで悩まなかったわけだ。

 だから、親世代を中心に、いい大学に行けば結婚を含めてうまくいくと思う風潮
も根強く残っているからだ。

 それは言ってみれば罠とも感じられるからくりである。


 もしかしたら、その男性もそのような価値観のもとで育てられたのかもしれない
し、それを素直に自分の価値観にしてしまっているのかもしれない。


 これは私も似たような誤解をある程度してきてしまったことだから自戒を込めて
語っていることでもあるんだ。


 現在は、かなりの多くの人が大学に行く時代になっているし、たとえ、旧帝大系
の大学を出たとしても、それだけで結婚の話があるということはないくらい世の中
全体が豊かになってきているわけだ。

 そう、昔にはよくあった、女性が生活のために男性のもとに嫁ぐというケースが
減少してきており、女性も経済力をつけて自立してきていることはここで敢えて説
明するまでもないだろう。


 そうなのだ。学歴を持っていてももてるとは限らない。学歴という客観的指標と
もてるという主観的指標の、双方は、関係はないわけではないだろうが直接的に因
果関係になるほどの強力な結びつきはないと言えるのである。


 だから、もてないコンプレックスを補償するために学歴等の客観的指標における
成功を目指すのはいい、それはあなた自身がつかんだ成功だ。しかし、だからとい
って、主観的指標で計られるもてる・もてない問題においても成功できるとは限ら
ない、客観的指標と主観的指標を混同してしまう罠にはまってはいけないというこ
とをここでは強く警鐘を鳴らしたいのだ。


 もちろん、社会的ステータスへのひとつのステップとしての可能性としての学歴
の効用を否定することはない。しかし、学歴があるゆえに「もてる」わけではない
のもまた事実だ。


 客観的指標での成功は、もてる・もてない問題といういばらの道を歩く際の杖程
度のものに考えておいた方がよいんだということで。


 コンプレックスの行き先をきちんと見据えながら動くことが、もてない者の歩き
方と言えるんだろう。
--------------------------------------------------------------------------------

 いかがだったでしょうか。

 ひさびさに語ってみましたが、なかなかに慣れない感じで・・・。
 ひとつ、また語っていきたいなとは思っていますので、よろしくご愛顧のほどを
 お願いできればと思います。

 日記的エッセイ「今日の一語り」http://www.webnikki.org/mt7/
 の方は、私の肉声でお送りする音声バージョン(ポッドキャスト)も始めました。
 こちらは毎日更新しておりますのであわせてお楽しみください♪
 
 
もてない男 こと 大津 和行 small_editor@yahoo.co.jp
--------------------------------------------------------------------------------

このメルマガは現在休刊中です

ついでに読みたい

もてない男の心の語り

RSSを登録する
発行周期 不定期
最新号 2007/07/30
部数 0部

このメルマガは
現在休刊中です

ついでに読みたい

今週のおすすめ!メルマガ3選

水戸市のサラリーマン大家さん
総発行部数15万部。購読者日本一の不動産メルマガ。 2017年1月現在8400人以上の投資家さんとお会いしてきました。 年間取引額300億円以上、累計取引額900億以上の不動産会社社長が、不動産投資について真剣に書いています。 今ならメルマガ内で10万円相当の「不動産投資大百科」を無料配布中。 テリー伊藤のまる金ライダー8に毎週、代表の峯島がコメンテーターでレギュラー出演中。 メルマガ登録で非公開の物件情報も入ってきます。 不動産仲介業 宅地建物取引業免許 国土交通大臣(1)第8944号
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

ダメおやじの全財産をかけた崖っぷちFX通信
アフィリエイトとインフォビジネスで、年商1~2億円規模の会社を経営する中松のまぐまぐ殿堂入りメルマガです。アマゾンランキング1位獲得「レバレッジでさらに増える!副収入が月16万円入ってくるしくみ」の著者。中松に興味がある人しか読まないマニアックなメルマガなのであしからず。(旧メルマガ名:月100万稼ぐ脱サラアフィリエイターの本音)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

相馬一進の、1億稼ぐビジネスの本質|マーケティングと心理学
・天職で1億稼いだ相馬一進が、お金、自己啓発、仕事について、 心理学とマーケティングの側面から語る本格派メールマガジン。 ・著者の相馬一進は、ダライ・ラマ14世や、『7つの習慣』の スティーブン・コヴィーや、リチャード・ブランソンなどの、 海外セミナーへの日本人ツアーを企画、集客した実績を持つ。 ・最先端の起業・副業のノウハウや、マーケティングの原理原則、 生活の中からストレスを減らす方法、モチベーションの心理学、 複数の収入源を持つ方法、働く時間を減らす秘密などを配信中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

へなちょこ社長中松のだるだる日記
アフィリエイトとインフォビジネスで、年商1~2億円規模の会社を経営する中松のまぐまぐ殿堂入りメルマガです。アマゾンランキング1位獲得「レバレッジでさらに増える!副収入が月16万円入ってくるしくみ」の著者。中松に興味がある人しか読まないマニアックなメルマガなのであしからず。(旧メルマガ名:月100万稼ぐ脱サラアフィリエイターの本音)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

幸せを引き寄せるメール
毎朝7時に配信します。ゴールデンセレブヒーリング創始者本藤弘美があなたの人生をより豊かに幸せにするハッピーナビゲーション情報をお届けします。夢を叶えたい人、幸せになりたい人、心身共に健康になりたい人、人間関係を良くしたい人、豊かになりたい人に。読んでいると波動が上がります。GoldenCelebとは黄金の祝福。あなたの成功を祝福します。あなたにすべての安らぎと愛と豊かさと幸せがやってきます。♥
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング