KISARAGI

KISARAGI vol.939


カテゴリー: 2017年11月19日
><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><>><><><   
K I S A R A G I vol.939                              2017/11/19
                                             編集/発行:みやこたまち
                         E-mail:tamachim@yahoo.co.jp
                                  http://mmkisaragi.blogspot.jp/
><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><
┏ 配信システム ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ KISARAGIは「まぐまぐ」で配信しています               ┃
┃ 「まぐまぐ」:http://www.mag2.com/                   ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
┏ 登録解除の方法 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃  KISARAGIを解除するには、次のアドレスへアクセスして『購読及び解除    ┃
┃  はこちら』のフォームをご利用いただくか、まぐまぐHPへアクセスして下さ┃
┃  い。解除できない場合は、メールして下さい。                ┃
┃ --> http://mmkisaragi.blogspot.jp/                              ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
=============================================================================
通信欄:新しい手帳じわじわと使い始めている
=============================================================================
今週のお話

◆ "古典へのいざない" [709]
   伽婢子《おとぎぼうこ》[18] 竜宮の棟上げ [8]
   作者 たまさん


◆ 大学ノート狂詩曲 宇祖田都子の話
   第三回 ゼロハリバートンのスーツケース 3     
     作者 宇祖田都子

● KISARAGIについて

------------------------------------------------------------------------------
<運営よりお知らせ>
メルマガの配信ドメインが変更になります。
全てのメルマガが受信できるよう、以下のドメイン全ての受信設定をお願いいたします。
・mag2.com
・mag2official.com
・mag2-tayori.com
・mag2tegami.com
・mag2premium.com
------------------------------------------------------------------------------
==============================================================================
△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△
------------------------------------------------------------------------------

古典へのいざない [709]

  伽婢子《おとぎぼうこ》[18] 竜宮の棟上げ [8]                  作者:たまさん

------------------------------------------------------------------------------

 とても喜んだ竜王は、三人の客にも祝辞を見せた。皆、感心して褒め称え、
すぐに棟上《むねあ》げの宴が開かれた。
「阿祇奈《あきな》殿は人間なのでご存じないかもしれませんが、ここにい
る三人はそれぞれ江《え》の神、河の神、淵の神です。あなたの友人となり、
今日の宴で親交を深めてください。さあ、遠慮は無用です」
 竜王は杯を巡らせ、酒を勧めた。
 やがて、二十歳前後の女たちが十数人現れ、風に舞う雪のように袖を翻し
ながら歌い踊り始めた。この世の者とは思えぬ美しさで、麗しくたおやかな
身のこなしである。玉のかんざしに花を飾り、白い薄絹《うすぎぬ》に袖を
付け、歌声を雲まで響かせながら舞った。
 女たちが退くと、今度は角髪《みずら》を結った十余人の童子が登場した。
その愛らしさはまるで雛人形のようで、唐縫《からぬ》いの直垂《ひたたれ》
に錦の袴《はかま》を身に付け、花をかざしながら立ち巡り、袂《たもと》
を翻して踊った。管弦の音に合わせた澄んだ歌声は、梁《はり》の塵を吹き
飛ばし、空まで上るほど素晴らしかった。
(続く)
                                  ★

 主人公が上棟式の祝辞を書き終えると、宴が始まりました。
 続きは次回にお届けします。それではまた。

------------------------------------------------------------------------------
HP
「かたかご」http://yamanekoya.jp/
 趣味で読んでいる古典文学の現代語訳と参考文献を主に掲載しています

「山猫屋本舗」http://yamanekoya.net/
 写真日記を綴っています

==============================================================================
△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△
==============================================================================
△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△
------------------------------------------------------------------------------

大学ノート狂詩曲 -宇祖田都子のはなし

第三回 ゼロハリバートンのスーツケース 3
                           作者:宇祖田都子
-----------------------------------------------------------------------------

 上がるのか、続くのかはっきりとしない小雨の一日は、忙しいのか、閑なのか分らな
いまま、終えようとしていました。私は、返却処理を終えた書籍を分類順にワゴンに並
べて、館内を三周? 朝から閉館まで、それぞれのベンチや出窓の張り出しにじっとし
たまま読書し続ける人達の間を、息をとめて、ゆっくりと、力をこめてワゴンを押して
回りました。ある程度勢いをつけてしまえば、もっと楽に押せるのですが、そうすると、
目的の地点でワゴンを停める際に、案外と力を使わなければならないのです。それに、
それは安全とはいえません。ですから、私は「静中動」という言葉を思い浮かべながら、
「お能」のゆったりとした所作のように、太極拳のように、爪先、踵、踝を円滑に回し
て、ふくらはぎへ。膝をクランクのように使って腿から臀部、そしてインナーマッスル
を意識して、背筋を撓めずに両方の肩に直接踵がついているイメージで、一歩一歩力を
こめて押すのです。
 それがあまりに気持ちが良いので、つい、返却すべき書架を通り過ぎてしまいそうに
なって、結果的にワゴンを急停止させなければならないという事態も幾度か発生するの
ですが、あくまでも静寂の元に、それらは遂行されねばなりません。

 その日、最後の返却作業からもどると、カウンターの後ろで、主幹と午後に2時間だ
けくるアルバイトのコサカさんとが、話していました。その間には、並木さんのものと
思われるゼロハリバートンのスーツケースが置いてあります。
「あ、それ並木さんのスーツケースですか?」
 私はそういいながらカウンターに戻りました。他愛のない報告的な雑談をニ三言、主
幹とかわしたらタイムカードに打刻して、地階の更衣室へ向かう。全くいつもと変わら
ぬ気持ちで、私は主幹と目をあわせたのです。
「宇祖田さん。このスーツケースのこと、並木さんから何か聞いていませんか?」
 私は、いつもの微笑みを唇の端にひっかけたまま、へっ? と固まりました。そして、
私は並木さんから言付かっていたことがあったということを、すっかり忘れていたこと
を思い出したのでした。

「その、スーツケースは、今日、並木さんが持っていらしたものですか?」
「こんな高級品を持ってる人が、一日に二人も、ここに来るなんてことないと思うな」
 コサカさんは、足元のスーツケースをまじまじと見ながら言いました。私は、並木さ
んから預かったときに感じた重要を、二の腕に思い出していました。
「ちょっと、持ってみてもいいですか?」
「それで何か、分るのですか?」
 主幹は、ちょっと首をかしげ、それから、
「まぁ、それではちょっと、持ってみてください」
 といって、ハンドルを私の方へむけました。コロはキシともいわず、スーツケースは
滑らかに向きを変えました。
「かなり、重たいですよ」
「はい。階段を上がるとき、お手伝いしましたから」
 私はそう答えてスーツケースのハンドルをもつと、床から軽くもちあげようとしました。
それは、辛うじて床から浮かすことができたかどうか、という程度にしか持ち上がらな
かったのです。
「主幹」
「どうでしたか?」
「私がお手伝いしたときよりも、重たくなっています」
「となると、上で何か、詰め直したということですか。それとも、並木さんのカバンでは
ないのか……」

 主幹は顎に手を当てて、少し考えています。他の職員たちが、私達三人を怪訝そうに見
ながら、「お先にしつれいします」といって、地階へ向かいます。
「ああ。お疲れ様」
 主幹はあきらかに上の空でそう応えて、それから、主幹の目の前に突っ立っている二人、
私とコサカさんとに、改めて気がついたというような顔をしました。
「あ、君達も、今日はいいよ。お疲れさま」
 私は何か、釈然とせず、うやむやに会釈を返すことしかできませんでした。
「それじゃ、また明日」
「はい。お疲れ様です」
 私がそういって、カウンターを出るとき、コサカさんと主幹の話し声が聴こえました。
「私、拙かったですか?」
「いや。行きがかり上、こうなるより他なかったのだと思います。ともかくこの件は、遺失
物扱いにして、明日にでも、並木さんに連絡してみましょう」
 私は背中越しの会話がきになって、エレベーターのボタンを押してからずっと、会話に耳
をそばだたせていました。

「宇祖田さん」
 と不意にすぐ後ろから私を呼ぶ声がして、私は、ビクッっと肩を震わせました。
「エレベーター、故障してるよ」
 振り向くと、コサカさんが張り紙を指差していました。そこには、今朝私が書いて貼った
案内文がありました。
「そ、そうだったね。コサカさん。あのバッグ、並木さんから預ったの?」
 私は、動揺していて、つい、聞きたかったことを口にだしてしまいました。コサカさんは、
少し眉を寄せて、コクリと頷きました。

「今日、テモズルって人、おみえになりましたか?」
「あっ!」と私は少しだけ、大きな声をあげてしまいました。口をおさえて、カウンターを盗
み見ると、主幹の端末を叩く指が、一瞬戸惑っているのが見えた気がしました。
「なんっか、あるんでしょ、宇祖田さん。鸚鵡、寄りましょ。参謀会議しないと」
 鸚鵡というのは、この図書館の敷地の隣にある「カフェギャラリー 鸚鵡」のことです。以
前、私と友人とで展覧会をするのでお世話になった、コーヒーとランチが美味しい喫茶室です。

「うん。ちょっと気になるんだ、私も」
 私達は、かさをさしたり、とじたりしながら、夕暮れ時の坂をだらだら下っていきました。

(20171119)
===================================================================================
星空文庫 過去作品上げていきます https://slib.net/a/20077/
-------------------------------------------------------------------------
△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△
=========================================================================
_/_/ KISARAGIについて_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

投稿随時募集中
    http://mmkisaragi.blogspot.jp/2013/10/blog-post.html

このメールマガジンは、投稿によって全てが成り立っています。
ぜひ、あなたの小説を投稿して下さい。

投稿はkisaragi HP の投稿要綱
 http://mmkisaragi.blogspot.jp/2013/10/blog-post_6740.html

または、直接のメールでも結構です。

作者情報が必要ですので、以下の内容をお送り下さい。
--------------------------------------------------------------------------
タイトル(必須):
種別:ショートショート/短編/中編/長編/エッセイ
ジャンル:(時代、現代、SF、冒険、推理、ファンタジー、など……)
作者名(ハンドル可;必須):
メールアドレス(必須):
HPアドレス&名前:
一行コメント:
--------------------------------------------------------------------------
なお、発行の都合上、一行の最大文字数は半角で75(原則)までといたします。
それを超えるものはこちらで修正させていただきますのでご了承下さい。
投稿作品の著作権は各作者にあります。
==========================================================================
_/_/ 発行者について _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
 編集者 みやこたまち
 E-mail :tamachim@yahoo.co.jp
 WebPage:http://mgkisaragi.web.fc2.com/index.html
<><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><>><><><><><><><><><><><><><>

KISARAGI

RSSを登録する
発行周期 週刊
最新号 2018/02/18
部数 45部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

KISARAGI

RSSを登録する
発行周期 週刊
最新号 2018/02/18
部数 45部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

ダメおやじの全財産をかけた崖っぷちFX通信
【1日に数万人が熟読する人気FXブログのメルマガ版】 相場歴30年以上のダメおやじがFXノウハウを大公開! 毎朝配信!毎日の経済指標情報や攻略法を無料で解説しています。 ●損切りがうまくできない、利食いが浅い ●ポジポジ病(ポジションを不要に持ってしまう) ●コツコツドカーン(小さく勝っても大きく負ける) ●エントリータイミングわからない ●メンタル面が弱い このようなお悩みがあれば購読してみてください。 FX初心者から経験者まで、FXの悩みをこのメルマガで解消します。 期間限定でメルマガ内で数万円相当分のFX情報商材をプレゼント中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

問題解決研究所刊【よくわかる!英字新聞の読み方】
このメルマガは、中学レベルの英語を復習できるように、毎号、英字新聞記事を使って文法事項を解説します。また、取り上げたニュースの背景を解説し世界で起こった出来事が我々にどのように関係するのかをお伝えします。2020東京オリンピックに向かって英語は欠かせません。このメルマガを購読すれば、世界の人とつながるための英語脳ができ、さらにはグローバル競争に勝つための戦略脳を作れます。戦略は弱者のためにあります。忙しい方、英語の苦手な方に最適なメルマガです。メルマガ読者だけの特典・イベントを開催します。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

毎日1分!経済英語NEWS(解説付き)
TOEIC235点だった私が900点を超えるまでの勉強の過程で感じた、「英語のニュースを解説してくれる教材があったらいいのに。。。」という思いを形にしました。 全ての英文に、文法解説・和訳 がついています。 「読めない英語」は聞き取れません。 1ヶ月無料です。もしあなたが、「本気で英語を身に着けたい!」と思っているのであれば、挑戦しない理由はないはずです。 あなたの英語力を必ず引き上げてみせます。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング