KISARAGI

KISARAGI vol.938


カテゴリー: 2017年11月12日
><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><>><><><   
K I S A R A G I vol.938                              2017/11/12
                                             編集/発行:みやこたまち
                         E-mail:tamachim@yahoo.co.jp
                                  http://mmkisaragi.blogspot.jp/
><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><
┏ 配信システム ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ KISARAGIは「まぐまぐ」で配信しています               ┃
┃ 「まぐまぐ」:http://www.mag2.com/                   ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
┏ 登録解除の方法 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃  KISARAGIを解除するには、次のアドレスへアクセスして『購読及び解除    ┃
┃  はこちら』のフォームをご利用いただくか、まぐまぐHPへアクセスして下さ┃
┃  い。解除できない場合は、メールして下さい。                ┃
┃ --> http://mmkisaragi.blogspot.jp/                              ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
=============================================================================
通信欄:突如としていつもの冬
=============================================================================
今週のお話

◆ "古典へのいざない" [708]
   伽婢子《おとぎぼうこ》[17] 竜宮の棟上げ [7]
   作者 たまさん


◆ 大学ノート狂詩曲 宇祖田都子の話
   第ニ回 ゼロハリバートンのスーツケース 2     
     作者 宇祖田都子

● KISARAGIについて

------------------------------------------------------------------------------
<運営よりお知らせ>
メルマガの配信ドメインが変更になります。
全てのメルマガが受信できるよう、以下のドメイン全ての受信設定をお願いいたします。
・mag2.com
・mag2official.com
・mag2-tayori.com
・mag2tegami.com
・mag2premium.com
------------------------------------------------------------------------------
==============================================================================
△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△
------------------------------------------------------------------------------

古典へのいざない [708]

  伽婢子《おとぎぼうこ》[17] 竜宮の棟上げ [7]                  作者:たまさん

------------------------------------------------------------------------------

 阿祇奈《あきな》は辞退することもできず、筆に墨を含ませてしたためた。

    ※

 天と地の間にあるもので最も大きいのは青海原である。生きものたちは特
に龍神《わたつみ》を敬うが、これは世をあまねく潤している功績に基づく。
その恩恵に感謝を述べるのは当然のことであり、集まって香を焚き、灯火を
掲げて祈る。
 飛龍は聖人を見抜く目に長け、この者を用いることで思い掛けない業績を
残す。
 本日、新たに玉の御殿を構え、照り輝く精巧な装飾をしつらえた。水晶・
珊瑚の柱を立て、琥珀・硬玉《こうぎょく》の梁《はり》を組んだ。玉の簾
《すだれ》を巻き上げれば山の雲が青く映え、玉の戸を開けば洞《ほら》の
霞《かすみ》が白く巡る。
 天は高く地は厚く、南の海八千里を鎮め、雨を従え風を調え、北の渚《な
ぎさ》五百淵《ふち》を治める。空の上から泉の底に至るまで民の望みを叶
え、姿を表し身を隠して天帝の仁を助ける。その威光は古今に渡り、その偉
徳は河原の小石に及ぶ。黒亀や赤鯉が踊って祝い、木霊《こだま》や山彦
《やまびこ》が集まって喜ぶ。
 ここに歌を一首作り、彫り飾った梁の上に掲げる。

  扶桑海淵落瑶宮 水族駢テン(※)承徳化  (※足偏に眞)
  万籟唱和慶賛歌 若神河伯朝宗駕

 (日本国の海底で玉のような宮殿が落成し、
  水に生きるものたちが連なって徳化に従う。
  風の音が喜び称える歌を唱和し、
  海神や河神が拝謁にやって来る)

  おさまれるみちぞしるけき竜《たつ》の宮の
  世はひさかたのつきじとをしる

 (龍宮城への道が整備されていると知り、
  いつまでも尽きない場所だと分かりました)

 伏して願わくは、棟上《むねあ》げの後、百の幸いが共に訪れ、千の喜び
があまねくやって来て、玉の宮殿は安らかで穏やかに、大海原は平穏に治ま
り、天空の月日に等しく永遠にあらんことを。

(続く)
                                  ★

 主人公は龍神に頼まれて、上棟式の祝辞を書きました。
 なお、文中で「飛龍」に関する下りがやや浮いている感じがしますが、中
国の易経に関するもので、作者がオリジナル「剪燈新話《せんとうしんわ》」
から持ってくる際に残してしまったのだと思われます。
 続きは次回にお届けします。それではまた。 

------------------------------------------------------------------------------
HP
「かたかご」http://yamanekoya.jp/
 趣味で読んでいる古典文学の現代語訳と参考文献を主に掲載しています

「山猫屋本舗」http://yamanekoya.net/
 写真日記を綴っています

==============================================================================
△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△
==============================================================================
△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△
------------------------------------------------------------------------------

大学ノート狂詩曲 -宇祖田都子のはなし

第ニ回 ゼロハリバートンのスーツケース 2
                           作者:宇祖田都子
-----------------------------------------------------------------------------
 「並木さん。もうしわけありません。エレベーター故障中なんです」
 私は、並木さんに声をおかけしました。
 毎日13時ごろおみえになるこの紳士は、並木喜寿郎さんとおっしゃる方で、私がこ
の図書館のお手伝いを始めるずっとずっと以前から、ほぼ毎日この時間にお越しになり、
閉館の18時まで、二階の自習室でずっと調べ物をなさっています。
 これまで並木さんは、二階に上がるまえには必ずカウンターにお寄りになり、調べ物
に必要な資料のメモを担当者にお見せになって、私たちがその調べ物に適していると考
える書籍をお渡ししていました。どういった資料かというと、その傾向はおどろくほど
バラティーに富んでいて、特定のジャンルというわけではありません。
 この地域の民俗誌であったり、ルネサンス期の西洋美術に関するものであったり、古
代錬金術、エジプト文明期における世界の気候変更に関するものであったり、パンダの
生態、鉄腕アトムの21世紀工学的考察についてとか、介護保険の実務、ざくろ石の写真
集や、華厳経のなるべく古い注釈書とか。とにかく、広範囲で、その都度私たち職員は、
頭をつきあわせて思いつく限りの検索語で蔵書検索をかけるのです。
 不思議なもので、どんな特殊な内容であっても、それなりに資料価値がありそうな書
籍は必ず見つかりました。私はそのたびに、図書館の存在意義や、その図書を探し当て
る楽しさや、死蔵されているであろう知識からの沈黙の抗議などを、感じていました。
 職員のなかには、この並木さんのご依頼を「面倒くさい」と感じている方もいたよう
ですが、私にとっては、とても楽しい一時でしたし、常に、ジェントルマンとして振舞
う並木さんの、物静かな態度や、丁寧な物腰を、一度たりとも不快に感じたことはあり
ませんでした。
 今日も、千鳥格子のハンチングを浅くかぶって、身体にぴったりしたツイードのス
リーピースに、品のよい光沢を放つ紫のネクタイに同系色のポケットチーフを少し覗か
せていて、とてもお洒落です。
 ただ、普段と違っていたのは、普段お持ちになっているヴィトンのアタッシュケース
ではなく、その何倍も大きく、武骨な、ゼロハリバートンのスーツケースを左手で引っ
張っていらしたことでした。右手にはいつものように、樫の木のステッキをお持ちに
なっています。

 「そうでしたか。それでは階段で参りましょう」
 並木さんは、エレベーターにむけて踏み出しかけた脚をとめ、すぐ脇にある階段に正
対しました。
 「本日は、なにかお調べになられますか?」
 私がそう尋ねると、並木さんは「いや」と首を横に振りました。
 「今日はね、調べ物はないです。すこし人を待とうと思います」
 並木さんが、図書館で調べ物をしない、というのは、私が知る限り始めてのことでした。
そして並木さんがこの図書館で人に会うというのもまた、私の知る限りは初めてだったの
です。
 「お待ちあわせなんですね」
 と私が訪ねると、並木さんはすこし表情を暗くしました。
 「いや、そういうわけではないが……」
 私は、そういう並木さんの顔を始めてみました。そして、そのとき初めて、私は並木さ
んが現実に生きていて、この図書館の外でもずっと生きてこられて、さまざまな経験を、
それこそ私が経験してきた何倍もの経験を、その身体に刻み込んでこられてのだというこ
とに気付かされたような気がしました。
 「では、自習室へ?」
 「はい。あなたすまないが、このカバンもってくださいますか?」
 「もちろんです」
 私は並木さんから、スーツケースのとってを預かりました。カーペット上を転がすだけ
ならば、ひじょうに軽いのですが、階段を上がるとなると、このスーツケースはなかなか
重たいものでした。
 
 一体、何が詰まっているのかしら?

 私は、その武骨でありながらも洗練されたスーツケースを引っ張り上げながら、その中
に詰まっているものを、並木さんの人生に重ね合わせていました。並木さんの人生を少し
だけお手伝いできる、ということを嬉しく感じました。

 221Bのブースの前で並木さんにスーツケースをかえしました。並木さんは、ハンチ
ングととり、上着を丁寧に裏返しにたたんでイスの背にかけました。
 「どうもありがとう。そしてもうひとつお願いしていいですか?」
 「もちろんです」
 私は並木さんが、ゆっくりとイスに腰掛け、背筋をまっすぐに伸ばされるのを見ながら、
言葉を待ちました。

 「手藻蔓空也さんが見えたら、私がここにいることを、伝えていただきたい」

 一瞬「えっ?」っといいそうになる言葉をぐっと飲み込んで、私は 分りました。お伝
えします。と返事をして、並木さんの傍らを離れました。(20171112)

===================================================================================
星空文庫 過去作品上げていきます https://slib.net/a/20077/
-------------------------------------------------------------------------
△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△
=========================================================================
_/_/ KISARAGIについて_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

投稿随時募集中
    http://mmkisaragi.blogspot.jp/2013/10/blog-post.html

このメールマガジンは、投稿によって全てが成り立っています。
ぜひ、あなたの小説を投稿して下さい。

投稿はkisaragi HP の投稿要綱
 http://mmkisaragi.blogspot.jp/2013/10/blog-post_6740.html

または、直接のメールでも結構です。

作者情報が必要ですので、以下の内容をお送り下さい。
--------------------------------------------------------------------------
タイトル(必須):
種別:ショートショート/短編/中編/長編/エッセイ
ジャンル:(時代、現代、SF、冒険、推理、ファンタジー、など……)
作者名(ハンドル可;必須):
メールアドレス(必須):
HPアドレス&名前:
一行コメント:
--------------------------------------------------------------------------
なお、発行の都合上、一行の最大文字数は半角で75(原則)までといたします。
それを超えるものはこちらで修正させていただきますのでご了承下さい。
投稿作品の著作権は各作者にあります。
==========================================================================
_/_/ 発行者について _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
 編集者 みやこたまち
 E-mail :tamachim@yahoo.co.jp
 WebPage:http://mgkisaragi.web.fc2.com/index.html
<><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><>><><><><><><><><><><><><><>

KISARAGI

RSSを登録する
発行周期 週刊
最新号 2018/01/14
部数 45部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

KISARAGI

RSSを登録する
発行周期 週刊
最新号 2018/01/14
部数 45部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

ゼロから始める不動産投
はじめまして、椙田拓也です。このメルマガでは、ゼロから不動産投資を始めるための具体的な手法を解説しています。 ◎ゼロから始めて4年で14棟102室を購入した方法を大公開! ◎書籍『空室率70%でもキャッシュが回る非常識な不動産投資術』(ごま書房新社)になった方法を大公開! ◎メルマガ読者特典として、椙田が運営する不動産投資会社で無料個別面談を実施中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

『資金調達など経営者の悩みを真に解決するマガジン』
経営コンサルタントが実践から得た経験や知恵を基に、経営に役立つ「本日の経営者への一言」と、実際にあった話を基に実名を出さずに「実話風読物(カードローン取立との戦い等)」に仕立てた読物との2部構成で綴られたメルマガです。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

首都圏不動産インサイドニュース
不動産業者がゼッタイ言わない最新の業界ウラ事情をリアルタイムで暴露します!!不動産投資で儲けよう!と意気込んでいるあなた。家族を守り夢を叶える手堅い不動産投資ですが数億円の借金を負う100%自己責任の事業。海千山千の業者相手に知識武装は万全ですか?「まかせっぱなし」は命取りです。かく言う私も業者ですが、不動産に携わる者として不幸な投資家さんをゼロにしたい。本気です。業界経験13年のプロとして真実だけをお伝えします。業者と対等な立場で戦ってください。決して損はさせません。村上しゅんすけ
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

僕は『絶対倒産する』と言われたOWNDAYSの社長になった。
売上20億,負債14億,赤字2億『絶対倒産する』と言われ、メガネ業界内ではただの質の悪い安売りチェーンと馬鹿にされ続けていたOWNDAYS(オンデーズ)を30歳の時に買収し社長に就任。その後、10年間で奇跡のV字回復を遂げて、売上150億,世界10カ国に進出するまで・・、みたいな巷によくある再生物語。半分ノンフィクション。半分はフィクション。いつまで、どこまで書き続けるかはまだ未定です。 https://www.owndays.com Twitter:https://twitter.com/shuji7771 blog:https://ameblo.jp/shuji7777/
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング