KISARAGI

KISARAGI vol.932


カテゴリー: 2017年10月01日
><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><>><><><   
K I S A R A G I vol.932                              2017/10/01
                                             編集/発行:みやこたまち
                         E-mail:tamachim@yahoo.co.jp
                                  http://mmkisaragi.blogspot.jp/
><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><
┏ 配信システム ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ KISARAGIは「まぐまぐ」で配信しています               ┃
┃ 「まぐまぐ」:http://www.mag2.com/                   ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
┏ 登録解除の方法 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃  KISARAGIを解除するには、次のアドレスへアクセスして『購読及び解除    ┃
┃  はこちら』のフォームをご利用いただくか、まぐまぐHPへアクセスして下さ┃
┃  い。解除できない場合は、メールして下さい。                ┃
┃ --> http://mmkisaragi.blogspot.jp/                              ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
=============================================================================
通信欄:10月。衣替えですね。袖まくるのも久しぶり。
=============================================================================
今週のお話

◆ "古典へのいざない" [703]
   伽婢子《おとぎぼうこ》[12] 竜宮の棟上げ [2]
   作者 たまさん


◆ 空想技術集団 [48]
     作者 みやこたまち

● KISARAGIについて

------------------------------------------------------------------------------
<運営よりお知らせ>
メルマガの配信ドメインが変更になります。
全てのメルマガが受信できるよう、以下のドメイン全ての受信設定をお願いいたします。
・mag2.com
・mag2official.com
・mag2-tayori.com
・mag2tegami.com
・mag2premium.com
------------------------------------------------------------------------------
==============================================================================
△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△
------------------------------------------------------------------------------

古典へのいざない [703]

  伽婢子《おとぎぼうこ》[12] 竜宮の棟上げ [2]                  作者:たまさん

------------------------------------------------------------------------------

 橋の南東の湖畔に小さな社《やしろ》が建っている。その昔、俵藤太《た
わらのとうた》こと藤原秀郷《ひでさと》がここから竜宮に赴き、三上《み
かみ》山の百足《むかで》を退治して、絹・俵・鍋・釣り鐘《がね》を得て
凱旋した。中でも釣り鐘は三井寺に寄付され、今もなおその高名が世に残っ
ている。

 後柏原《ごかしわばら》院の治世、永正《えいしょう》年間に、滋賀郡
《しがのこおり》の松本というところに真上《まかみ》阿祇奈《あきな》と
いう者がいた。元は文章生《もんじょうしょう》(大学寮で中国の歴史と詩
文を学ぶ学生)として禁中に仕えていたが、世の慌ただしさを嫌って官職を
辞し、この地に移り住んで心静かに月日を過ごしていた。
(続く)
                                  ★

 今回は場所設定の続きと、移り住んできた主人公が描かれています。
 文中に登場する「藤原秀郷」は平安時代、平将門の乱の鎮圧で活躍した武
将です。百足退治の逸話は様々な作品で語られ、このときに竜宮から授かっ
たとされる刀が伊勢神宮に奉納されています(「蜈蚣切《むかできり》」)。
 また、「永正年間」は一五〇四年から一五二〇年までの間で、いわゆる戦
国時代になります。応仁の乱後、室町幕府の権威はほとんど喪失しており、
これより数十年後、上洛した織田信長によってとどめを刺されます。
 続きは次回にお届けします。それではまた。


------------------------------------------------------------------------------
HP
「かたかご」http://yamanekoya.jp/
 趣味で読んでいる古典文学の現代語訳と参考文献を主に掲載しています

「山猫屋本舗」http://yamanekoya.net/
 写真日記を綴っています

==============================================================================
△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△
==============================================================================
△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△
------------------------------------------------------------------------------

空想技術集団 [48]

6 能面師 土師無明のこと 6
                           作者:みやこたまち
-----------------------------------------------------------------------------
6-6
 このマスクには、未だ顔がありません

 土師無明のくぐもった声に、インジケーターが明滅する。平喇香鳴と土師の二人がタ
ンクに入るまで、私は隣室の「タンク洗浄室」に潜んで、耳をそばだてているしかな
かった。
 皮をなめしているような異臭が鼻を突く。
 強いアルカリ性の洗浄剤は、皮膚に浴びればひどい化学火傷の症状を呈するだろうし、
常温で気化した気体も有害だ。
 現在は洗浄は終了しており、この部屋には3台のタンクがスタンバイしている。タンク
は楕円状のレール上に放射状にNo.1からNo.6までの6台並んでおり、使用した台数ごとに
レール上を回って、この洗浄室に送られてくる。つまり、最大三台を同時使用でき、最
大三台を同時に洗浄できるのである。
 また、このレールとは別に、No.7と記されたタンクが、壁際においてあり、これはコロ
がついた台車上に設置されている。

 補助席みたいなものです。

 と、ンリドルホスピタルから出向してきている看護婦はこともなげに言ったが、それぞ
れのタンクから伸びている幾本ものチューブや配線の接続機器が、レール上のものとは明
らかに異なっていることから、イレギュラーなデータを採るために使用されるのだろうと
推察している。

 そうこうするうちに、二人がタンクに入る準備を始めたようだ。

 この皮膜は、ひじょうにハイブリッドな技術によって成型されています。
 生春巻きか、生八橋の皮にしか見えないんだけど(笑)
 このシャーレから取り出すと、すぐに乾いてパリパリになってしまうんだ。
 歯ごたえがよさそうね(笑)
 ここにはまだ、目も鼻の穴も口腔も耳朶も、なにもない。
 現代能面師の腕を見せる場面はなさそうね(笑)
 私は顔を木塊から掘り出す技術をもっていますが、この皮膜を成型する技術もまた、併
せもっています。
 ハイブリッドってわけね(笑)

 土師がもっていると思われる皮膜は、南米の奥地に飛翔し、この物体に慣れていない学
者などに張り付いて、ドロドロに溶かして養分をとっている生物だといわれている。もち
ろん、生きたままでは危険なので、必要な機能を残したうえで、素材化することに成功し
たものだ。化学的処理、というより医学的処理が重要だったときいたことがある。土師が
いっていたハイブリッドというのは、こういう出自を暈して説明したのだと思う。
 美容のためなら、どんなゲテモノでも、ありがたがって、体に塗りたくり、躊躇せず飲
み込む連中がいるのだから、こういう思い切った素材開発にもGOサインが出るのである。
 
 とそのとき、私は今までに聞いたことの無い音と、異臭を感じた。

 はっとして、顔を上げると、平喇香鳴はいつのまにか、カモミールティーをお替りして、
ティーカップを鼻先でくるくると回しているところだった。

 私、この香りが大好きよ。

 いつも通りの香鳴だ。ひきつづき、香鳴は、キオラ画廊での新しい展示について、画廊
主隊毛頭像からの受け売りを、ニコニコしながら話している。私は、妙な気持ちになった
が、こういう気持ちは、やはりあのタンク洗浄室で味わった感じに似ていたのだった。

 あの時、二人がタンクに入るのを間接的に確認したあと、私はタンクのモニターを開始
したはずだった。その記憶の中に、今しがた嗅いだ匂いや聞いた音など、含まれてはいな
かった。なぜなら、任務中に身の危険を予感させるシグナルを感じたら、必ず記憶に残る
はずだからだ。その記憶に全くない音が、今もまた、薄暗いタンク洗浄室内にこだまして
いる。

 なんだコレは。

当時の私今の私は、同時にそう思っていた。(20171001)

===================================================================================
星空文庫 過去作品上げていきます https://slib.net/a/20077/
-------------------------------------------------------------------------
△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△
=========================================================================
_/_/ KISARAGIについて_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

投稿随時募集中
    http://mmkisaragi.blogspot.jp/2013/10/blog-post.html

このメールマガジンは、投稿によって全てが成り立っています。
ぜひ、あなたの小説を投稿して下さい。

投稿はkisaragi HP の投稿要綱
 http://mmkisaragi.blogspot.jp/2013/10/blog-post_6740.html

または、直接のメールでも結構です。

作者情報が必要ですので、以下の内容をお送り下さい。
--------------------------------------------------------------------------
タイトル(必須):
種別:ショートショート/短編/中編/長編/エッセイ
ジャンル:(時代、現代、SF、冒険、推理、ファンタジー、など……)
作者名(ハンドル可;必須):
メールアドレス(必須):
HPアドレス&名前:
一行コメント:
--------------------------------------------------------------------------
なお、発行の都合上、一行の最大文字数は半角で75(原則)までといたします。
それを超えるものはこちらで修正させていただきますのでご了承下さい。
投稿作品の著作権は各作者にあります。
==========================================================================
_/_/ 発行者について _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
 編集者 みやこたまち
 E-mail :tamachim@yahoo.co.jp
 WebPage:http://mgkisaragi.web.fc2.com/index.html
<><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><>><><><><><><><><><><><><><>

KISARAGI

RSSを登録する
発行周期 週刊
最新号 2018/07/15
部数 48部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

KISARAGI

RSSを登録する
発行周期 週刊
最新号 2018/07/15
部数 48部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

親鸞に学ぶ幸福論
【あなたを幸せにさせない理由はただ一つの心にあった。その心がなくなった瞬間に人生は一変する】と親鸞は解き明かします。 「本当の幸福とは何か」はっきり示す親鸞の教えを、初めての方にもわかるよう、身近な切り口から仏教講師が語ります。登録者にもれなく『あなたを幸せにさせない5つの間違った常識』小冊子プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング