KISARAGI

KISARAGI vol.931


カテゴリー: 2017年09月24日
><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><>><><><   
K I S A R A G I vol.931                              2017/09/24
                                             編集/発行:みやこたまち
                         E-mail:tamachim@yahoo.co.jp
                                  http://mmkisaragi.blogspot.jp/
><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><
┏ 配信システム ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ KISARAGIは「まぐまぐ」で配信しています               ┃
┃ 「まぐまぐ」:http://www.mag2.com/                   ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
┏ 登録解除の方法 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃  KISARAGIを解除するには、次のアドレスへアクセスして『購読及び解除    ┃
┃  はこちら』のフォームをご利用いただくか、まぐまぐHPへアクセスして下さ┃
┃  い。解除できない場合は、メールして下さい。                ┃
┃ --> http://mmkisaragi.blogspot.jp/                              ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
=============================================================================
通信欄: たまさんの次のお話「竜宮の棟上げ」キャッチーなタイトル!
=============================================================================
今週のお話

◆ "古典へのいざない" [702]
   伽婢子《おとぎぼうこ》[11] 竜宮の棟上げ [1]
   作者 たまさん


◆ 空想技術集団 [47]
     作者 みやこたまち

● KISARAGIについて

------------------------------------------------------------------------------
<運営よりお知らせ>
メルマガの配信ドメインが変更になります。
全てのメルマガが受信できるよう、以下のドメイン全ての受信設定をお願いいたします。
・mag2.com
・mag2official.com
・mag2-tayori.com
・mag2tegami.com
・mag2premium.com
------------------------------------------------------------------------------
==============================================================================
△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△
------------------------------------------------------------------------------

古典へのいざない [702]

  伽婢子《おとぎぼうこ》[11] 竜宮の棟上げ [1]                  作者:たまさん

------------------------------------------------------------------------------

江州《ごうしゅう》の瀬田《せた》の橋は東国一の大橋で、琵琶湖から流
れ出た瀬田川に東西方向に架けられている。
 北西の方角に目をやると、志賀《しが》・辛崎《からさき》の里が間近に
あり、山田・矢橋《やばせ》への渡し船や、塩津《しおづ》・海津《かいづ》
の上り船が帆を掛けて走る様が言いようもなく素晴らしい。夕暮れになると
南の石山《いしやま》寺から鐘の音が響き、山伝いに更に南に下ると岩間
《いわま》寺がある。
 北東には蓮《はす》の名所として知られる志那《しな》の里がある。六月
の中頃から蓮の花が咲き乱れ、四方に芳香を漂わせている。古今和歌集に、

  蓮葉《はちすば》の濁りに染《し》まぬ心もて
  なにかは露を玉とあざむく
  (蓮の葉は濁りにも染まらぬ清い心を持っているのに、
   どうして露を玉と見せ掛けて欺くのだろうか)

 と歌われたように、見た者の心を清めるほど見事である。
 南東は夏になると田上《たなかみ》山の夕日の影が落ち、蝉の声が響き渡
る涼しい地である。背後は伊勢路へと続き、前面には湖水が流れ、鹿飛《し
しとび》の瀬から宇治の川瀬に出るという。
 その北には蛍谷《ほたるだに》という洞がある。四月の初めから五月中旬
に至るまで、数百万匹の蛍が湧き出て湖面に集まり、鞠や車輪ほどの大きさ
に丸く固まり、雲路遙かに舞い上がったかと思うと、にわかに水面にはたと
落ち、はらはらと砕けて水に流れる。それはまるで石榴《ざくろ》の花が五
月雨の中で点々と咲くようで、明るく光り輝きながら乱れる様は見捨てがた
い眺めである。
 そのようなわけで、僧俗問わず世の好事家《こうずか》たちはこの地に遊
びにやって来て、多くの和歌を詠み、漢詩を作り、口伝や書物として後世に
残した。
(続く)
                                  ★

 今回から「竜宮の棟上《むねあ》げ」をお届けします。
 前回まで、最も有名な「牡丹灯籠」を先に取り上げましたが、この「竜宮
の棟上げ」が「伽婢子」の一番目のエピソードとなります。
 物語の舞台となるのは、現在の地名で言うと滋賀県大津市。琵琶湖から南
に向かって瀬田川となって流れ始める場所で、ちょうど国道一号線と名神高
速道路の間に「瀬田の唐橋」という橋が架けられています。
 この続きは次回にお届けします。それではまた。


------------------------------------------------------------------------------
HP
「かたかご」http://yamanekoya.jp/
 趣味で読んでいる古典文学の現代語訳と参考文献を主に掲載しています

「山猫屋本舗」http://yamanekoya.net/
 写真日記を綴っています

==============================================================================
△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△
==============================================================================
△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△
------------------------------------------------------------------------------

空想技術集団 [47]

6 能面師 土師無明のこと 5
                           作者:みやこたまち
-----------------------------------------------------------------------------
6-5
 欠如ヲ埋メラレルモノハ空想ダケダ。
 室田六郎にはその空想するユニットが欠落していた。この男のキナ臭さは、この欠
落部を杜撰に埋め戻した廃棄物から立ち昇っていた。

 タンクはエコーでしかないの。思い出が現在を癒す。

 「キオラ画廊」で偶然にあった肌が漂白したかのように白く、瞳が透き通るような琥
珀色をした長身痩躯の男性に、私はそんなことを話したことがあった。私を傷つけたも
のが私の過去であったとしたら、じゃあ、どうやってその刃が私を癒せるというのだろう?

 男は美しく整え、おそらくはクリアなマニキュアを何層も塗りか重ねた十本の爪の内側
に、私の手をそっと包み込んで言った。

 あなたは、美しい。

 それは、土師無明ではないわね。

 つい私は香鳴の話に嘴をはさんでしまった。香鳴はうつむき、肩をすくめた。

 私は、こういうとき彼女が舌先をチロリと覗かせる癖がすきだった。唇と舌とは本当に生
殖器そのものだと思う。私は、もう十分にむき出したな彼女の顔の、さらにその奥からチロ
リと現われる真っ赤な舌に、えもいわれぬエロスを感じていた。今はマスクに隠されている
その部分を、乱暴に露にして震える唇の間から、彼女の舌の感触を、私自身の唇と舌とで感
じたい衝動を抑えることに困難を感じていた。
 そんなときふと、社史編纂室の在日之文護の、床にはいつくばった後頭部から、薄い背中、
そして痩せた尻が思い起こされ、それで私は正気にかえるのだった。

 空想するユニットの欠落は人間にとって致命的ではない。だが人類にとっては致命的にな
りうる。
 空想とはこの世界の鋳型であり世界の多様性と存在態とをマッチングさせる唯一の経路だ
からだ。
 隊毛頭像はそのことをずっと考えていた。
 そしてもっとも空想が空想らしくありうる場とは、現代美術であるとの結論に達した。

 私も、その通りだと思いました。いくら仕事ができるといっても、新機軸を打ち出すと
いっても、アイデアマンだともてはやされても、所詮は、来た道を辿っているに過ぎません。
業務というのは、迷わず往けよ。往けば分るさ! ってわけにはいかないんです。そもそも、
空想なんて理解されて時点でもう、駄目なんです。

 駄目っていうのは乱暴だけど、いいたいことは分るわよ。あなたは、空想の躯体としての
顔を失って、よりいっそう、アニマとしての顔、共同幻想としての空想、という思想にのめ
りこんでいったのね。

 だから、ユングだったし、ブランショだったの。

 浅田彰よね。つまり。
 
 私は、平喇香鳴が何を思考しどこを志向するのかを知りたかった。タンク内部での、彼女
と土師との睦言の意味が明らかになれば、それはあのイルカちゃんシステムが目的とするも
のを示しているに違いないと考えたからだ。

 あの日、一糸纏わぬ姿でタンクに入った二人は、世にも奇態なるアンドロギュノスただ一
体として産出された、いや算出されたのであった。

 それが、私が、このシステムによって解放の端緒についた「空想技術」なるものに触れた
瞬間であった。(20170924)

===================================================================================
星空文庫 過去作品上げていきます https://slib.net/a/20077/
-------------------------------------------------------------------------
△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△
=========================================================================
_/_/ KISARAGIについて_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

投稿随時募集中
    http://mmkisaragi.blogspot.jp/2013/10/blog-post.html

このメールマガジンは、投稿によって全てが成り立っています。
ぜひ、あなたの小説を投稿して下さい。

投稿はkisaragi HP の投稿要綱
 http://mmkisaragi.blogspot.jp/2013/10/blog-post_6740.html

または、直接のメールでも結構です。

作者情報が必要ですので、以下の内容をお送り下さい。
--------------------------------------------------------------------------
タイトル(必須):
種別:ショートショート/短編/中編/長編/エッセイ
ジャンル:(時代、現代、SF、冒険、推理、ファンタジー、など……)
作者名(ハンドル可;必須):
メールアドレス(必須):
HPアドレス&名前:
一行コメント:
--------------------------------------------------------------------------
なお、発行の都合上、一行の最大文字数は半角で75(原則)までといたします。
それを超えるものはこちらで修正させていただきますのでご了承下さい。
投稿作品の著作権は各作者にあります。
==========================================================================
_/_/ 発行者について _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
 編集者 みやこたまち
 E-mail :tamachim@yahoo.co.jp
 WebPage:http://mgkisaragi.web.fc2.com/index.html
<><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><>><><><><><><><><><><><><><>

KISARAGI

RSSを登録する
発行周期 週刊
最新号 2017/10/22
部数 45部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

KISARAGI

RSSを登録する
発行周期 週刊
最新号 2017/10/22
部数 45部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

ダメおやじの全財産をかけた崖っぷちFX通信
【1日に数万人が熟読する人気FXブログのメルマガ版】 相場歴30年以上のダメおやじがFXノウハウを大公開! 毎朝配信!毎日の経済指標情報や攻略法を無料で解説しています。 ●損切りがうまくできない、利食いが浅い ●ポジポジ病(ポジションを不要に持ってしまう) ●コツコツドカーン(小さく勝っても大きく負ける) ●エントリータイミングわからない ●メンタル面が弱い このようなお悩みがあれば購読してみてください。 FX初心者から経験者まで、FXの悩みをこのメルマガで解消します。 期間限定でメルマガ内で数万円相当分のFX情報商材をプレゼント中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

超一流の年収を稼ぐスーパービジネスマンになる方法
全国700社以上の顧客を持つ経営コンサルタントで累計15万部のビジネス書作家の吉江勝が定価20万円で販売した集客が今の10倍楽になるセミナー動画を期間限定無料プレゼン中【※詳細は著者サイトへ】 【創刊17年まぐまぐオススメの殿堂入りメルマガ】借金まみれだった会社員が全米フォーチュン500や東証一部上場企業を指導する人気コンサルに転身できた方法を公開 【こんな方にオススメ】起業したい、出版したい、会員制ビジネスで安定的な収入を稼ぎたい、コンサル、コーチ、カウンセラー、セミナー講師等で活躍したい、マーケティングと潜在意識を身につけて儲けの仕組みをマスターしたい方に役立つ情報を連日配信
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2009年10月、130万円だった株式資産は2017年に7000万円を突破。定期預金などを合わせた資産は1億2000万円に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数2万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

3連単3頭ボックスで超簡単に万馬券をゲットする競馬プロジェクト
◆読者8000人突破!まぐまぐ殿堂入り!! 圧倒的に少ない買い目で馬券を的中させます。 指定した《3頭》をボックスで買うだけで・・・ 昨年は9万馬券&7万馬券が当たりました。 一昨年にはなんと10万馬券も的中させています! 馬券は3頭をボックスで買うだけなので 誰がやっても買い目は同じ。 女性でもOK、競馬初心者でもOK 資金が少ない人でもOKです。 しかし、買い目が少ないので 当たればガツンと儲かります! こんな競馬予想は他にありません! ☆彡メルマガ広告主様大歓迎です☆彡
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング