KISARAGI

KISARAGI vol.930


カテゴリー: 2017年09月17日
><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><>><><><   
K I S A R A G I vol.930                              2017/09/17
                                             編集/発行:みやこたまち
                         E-mail:tamachim@yahoo.co.jp
                                  http://mmkisaragi.blogspot.jp/
><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><
┏ 配信システム ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ KISARAGIは「まぐまぐ」で配信しています               ┃
┃ 「まぐまぐ」:http://www.mag2.com/                   ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
┏ 登録解除の方法 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃  KISARAGIを解除するには、次のアドレスへアクセスして『購読及び解除    ┃
┃  はこちら』のフォームをご利用いただくか、まぐまぐHPへアクセスして下さ┃
┃  い。解除できない場合は、メールして下さい。                ┃
┃ --> http://mmkisaragi.blogspot.jp/                              ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
=============================================================================
通信欄:台風、大きな被害がでませんように
=============================================================================
今週のお話

◆ "古典へのいざない" [701]
   伽婢子《おとぎぼうこ》[10] 牡丹灯籠 [9]
   作者 たまさん


◆ 空想技術集団 [46]
     作者 みやこたまち

● KISARAGIについて

------------------------------------------------------------------------------
<運営よりお知らせ>
メルマガの配信ドメインが変更になります。
全てのメルマガが受信できるよう、以下のドメイン全ての受信設定をお願いいたします。
・mag2.com
・mag2official.com
・mag2-tayori.com
・mag2tegami.com
・mag2premium.com
------------------------------------------------------------------------------
==============================================================================
△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△
------------------------------------------------------------------------------

古典へのいざない [701]

  伽婢子《おとぎぼうこ》[10]  牡丹灯籠 [9]                  作者:たまさん

------------------------------------------------------------------------------

 それからおよそ五十日後、新之丞《しんのじょう》は東寺《とうじ》を訪
ねて卿公《きょうのきみ》に礼を述べ、酒に酔って帰途についた。道中、さ
すがに女の面影が恋しかったのか、万寿寺《まんじゅじ》の門前近くに立ち
寄って中を覗き込んでみると、目の前にいきなり女が現れた。
「先日にあなたが約束してくれた言葉は早くも偽りとなり、薄情の色が見え
ております。初めはあなたの愛情が浅くないことを頼りに我が身を任せ、暮
れにあなたの屋敷を訪れて翌朝に辞し、何時迄草《いつまでぐさ》(木蔦
《きづた》)のように永遠に変わらないと契ったのにもかかわらず、卿公と
かいう者による容赦ない術が災いし、あなたの心が離れてしまいました。し
かし、今日、幸いにもこうしてお逢いできたことが大変嬉しく思います。さ
あ、こちらに来てください」
 そう言って女は手を取り、門から奥の方に連れて行った。
 肝を潰した新之丞の下男は、恐ろしさの余り逃げ帰り、近所の人々に告げ
た。驚いて駆け付けた者たちが境内を探すと、新之丞は既に女の墓に引き込
まれ、白骨と折り重なって息絶えていた。怪しんだ寺僧たちはすぐに墓を鳥
辺山《とりべやま》へと移した。
 その後、空が雲に覆われ、雨が降る夜になると、新之丞と女が手を取り、
女《め》の童《わらわ》に牡丹花の灯籠を灯させて出歩く姿が認められた。
彼らに行き会ってしまった者は重く患うと、近隣の人々は非常に恐れたが、
これを嘆いた新之丞の一族が千部の法華経《ほけきょう》を読み、写経を墓
に納めて弔ったところ、以後、二度と姿を現さなくなったという。
(了)
                                  ★

 女が現れなくなったことに安心した主人公は、酒に酔ってつい女の墓があ
った寺に足を運んでしまい、結局、命を落としてしまいました。
 作者の浅井了意《りょうい》は浄土真宗の僧侶ですが、宗教色がそれほど
濃くない、非常に分かりやすいエンターテイメント作品だったと思います。
 次回からは別のエピソードをお届けします。それではまた。

------------------------------------------------------------------------------
HP
「かたかご」http://yamanekoya.jp/
 趣味で読んでいる古典文学の現代語訳と参考文献を主に掲載しています

「山猫屋本舗」http://yamanekoya.net/
 写真日記を綴っています

==============================================================================
△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△
==============================================================================
△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△
------------------------------------------------------------------------------

空想技術集団 [46]

6 能面師 土師無明のこと 4
                           作者:みやこたまち
-----------------------------------------------------------------------------
6-4
 工辞基我陣課長補佐が進めていたプロジェクトには、私も参加していた。ただし、計
画立案というよりも、進捗状況の調整管理に奔走していたのだ。それは、ンリドルホス
ピタルの小児科、精神科、脳神経外科、臨床心理士、児童心理学者、社会心理学者、哲
学者、教育委員会、NPO法人賄いの家などが共同して進めていたもので、そもそもの
発起人は、学習教材ITベンチャー「几螺果巳{きらかみ}」主催 室田六郎というヤ
サ男だった。
 表向きは、この学習塾の新システムの研究開発、という目的で、その取扱代理店とし
てンリドルホスピタルに持ち込まれた話である。まだ、勤怠グリッドシステムも、イル
カチャンも、喫茶凪も導入前のことである。

 社長が、「唯物的精神論者」であったことから、ゴリゴりの精神論を社訓としながら、
その達成のためには直接的かつ具体的な幾つモノステップが明示されえており、社員は
一つ一つ達成するたびに、広間の壁にシールを貼っていく。社への貢献がそのまま人格
の向上につながるよう設計されたプログラムは、会社の業務一辺倒では達せできず、き
ちんと休みを消化し、その休みのあいだの活動を、業務に繋げて行くことが求められて
いた。
 MOMUSにしてもタンクにしても、精神論を肉体に実現させる装置ととれないこと
はない。私はこれらの導入に、社長の強烈なプッシュがあったものと推察している。

 アイデアや人脈は、結局は「自分」にリンクした外部の濃度である。その濃淡にこそ
個性が生じている。タイラカナル総合図案は、その個性を発揮するフォーマットを提供
する。企画を出したまえ。君がリーダーだ。固定した役割は存在しない。常に、熱量の
高い者が周りを率いる。そしてその熱を調整するものが、部課長である。成功は企画者
を初めとするチームのもの。失敗はチームと部課長のものだ。会社への貢献度と、この
世界への貢献度とは等しい。タイラカナル総合図案は、人が生きる意義を明らかにする
会社である。

 工辞基我陣が、課長補佐である理由は、課長が長期入院中であるためだ。ざっと6年
は顔を見ていない。それでいて、退職勧告はなされず、経理課によれば給与も賞与も、
そして慰労手当てという名目で、かなりの額が支給されているという。入院先は、ンリ
ドルホスピタルというが、細かな内容は伏せられていて、見舞いにもいけない。
 平喇香鳴に尋ねてみたこともあったが、彼の治療には特別なチームがあたっており、
専属の看護婦が一人と、老医師が一人だけだという。時折、脳外科の氷見のデスクに、
該当する部屋の番号がかかれたカルテが置かれていることがあるが、さすがに盗み見で
きる隙はないのだという。私は何とかしてそのカルテを見たかったが、嘘をつけない状
況下で応えた香鳴の言葉を、今は尊重するしかなかった。

 そのプロジェクトで、相次いで、勤怠グリッドシステム、喫茶凪、が導入され、2年前
からイルカちゃんが試験稼動を始めている。
 香鳴と土師の二人が入ったのは、導入間もないタンクの中で、私は、室田のプロジェク
トとの間に何かキナ臭い関連を感じていたため、このタンクについても内偵していたとこ
ろだったのである。(20170917)

===================================================================================
星空文庫 過去作品上げていきます https://slib.net/a/20077/
-------------------------------------------------------------------------
△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△
=========================================================================
_/_/ KISARAGIについて_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

投稿随時募集中
    http://mmkisaragi.blogspot.jp/2013/10/blog-post.html

このメールマガジンは、投稿によって全てが成り立っています。
ぜひ、あなたの小説を投稿して下さい。

投稿はkisaragi HP の投稿要綱
 http://mmkisaragi.blogspot.jp/2013/10/blog-post_6740.html

または、直接のメールでも結構です。

作者情報が必要ですので、以下の内容をお送り下さい。
--------------------------------------------------------------------------
タイトル(必須):
種別:ショートショート/短編/中編/長編/エッセイ
ジャンル:(時代、現代、SF、冒険、推理、ファンタジー、など……)
作者名(ハンドル可;必須):
メールアドレス(必須):
HPアドレス&名前:
一行コメント:
--------------------------------------------------------------------------
なお、発行の都合上、一行の最大文字数は半角で75(原則)までといたします。
それを超えるものはこちらで修正させていただきますのでご了承下さい。
投稿作品の著作権は各作者にあります。
==========================================================================
_/_/ 発行者について _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
 編集者 みやこたまち
 E-mail :tamachim@yahoo.co.jp
 WebPage:http://mgkisaragi.web.fc2.com/index.html
<><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><>><><><><><><><><><><><><><>

KISARAGI

RSSを登録する
発行周期 週刊
最新号 2018/01/21
部数 45部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

KISARAGI

RSSを登録する
発行周期 週刊
最新号 2018/01/21
部数 45部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

ゼロから始める不動産投
はじめまして、椙田拓也です。このメルマガでは、ゼロから不動産投資を始めるための具体的な手法を解説しています。 ◎ゼロから始めて4年で14棟102室を購入した方法を大公開! ◎書籍『空室率70%でもキャッシュが回る非常識な不動産投資術』(ごま書房新社)になった方法を大公開! ◎メルマガ読者特典として、椙田が運営する不動産投資会社で無料個別面談を実施中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

『資金調達など経営者の悩みを真に解決するマガジン』
経営コンサルタントが実践から得た経験や知恵を基に、経営に役立つ「本日の経営者への一言」と、実際にあった話を基に実名を出さずに「実話風読物(カードローン取立との戦い等)」に仕立てた読物との2部構成で綴られたメルマガです。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

首都圏不動産インサイドニュース
不動産業者がゼッタイ言わない最新の業界ウラ事情をリアルタイムで暴露します!!不動産投資で儲けよう!と意気込んでいるあなた。家族を守り夢を叶える手堅い不動産投資ですが数億円の借金を負う100%自己責任の事業。海千山千の業者相手に知識武装は万全ですか?「まかせっぱなし」は命取りです。かく言う私も業者ですが、不動産に携わる者として不幸な投資家さんをゼロにしたい。本気です。業界経験13年のプロとして真実だけをお伝えします。業者と対等な立場で戦ってください。決して損はさせません。村上しゅんすけ
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

僕は『絶対倒産する』と言われたOWNDAYSの社長になった。
売上20億,負債14億,赤字2億『絶対倒産する』と言われ、メガネ業界内ではただの質の悪い安売りチェーンと馬鹿にされ続けていたOWNDAYS(オンデーズ)を30歳の時に買収し社長に就任。その後、10年間で奇跡のV字回復を遂げて、売上150億,世界10カ国に進出するまで・・、みたいな巷によくある再生物語。半分ノンフィクション。半分はフィクション。いつまで、どこまで書き続けるかはまだ未定です。 https://www.owndays.com Twitter:https://twitter.com/shuji7771 blog:https://ameblo.jp/shuji7777/
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング