KISARAGI

KISARAGI vol.924


カテゴリー: 2017年08月06日
><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><>><><><   
K I S A R A G I vol.924                              2017/08/06
                                             編集/発行:みやこたまち
                         E-mail:tamachim@yahoo.co.jp
                                  http://mmkisaragi.blogspot.jp/
><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><
┏ 配信システム ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ KISARAGIは「まぐまぐ」で配信しています               ┃
┃ 「まぐまぐ」:http://www.mag2.com/                   ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
┏ 登録解除の方法 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃  KISARAGIを解除するには、次のアドレスへアクセスして『購読及び解除    ┃
┃  はこちら』のフォームをご利用いただくか、まぐまぐHPへアクセスして下さ┃
┃  い。解除できない場合は、メールして下さい。                ┃
┃ --> http://mmkisaragi.blogspot.jp/                              ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
=============================================================================
通信欄:夏らしい夏を迎える
=============================================================================
今週のお話

◆ "古典へのいざない" [695]
   伽婢子《おとぎぼうこ》[4] 牡丹灯籠 [4]
   作者 たまさん


◆ 空想技術集団 [40]
     作者 みやこたまち

● KISARAGIについて

------------------------------------------------------------------------------
<運営よりお知らせ>
メルマガの配信ドメインが変更になります。
全てのメルマガが受信できるよう、以下のドメイン全ての受信設定をお願いいたします。
・mag2.com
・mag2official.com
・mag2-tayori.com
・mag2tegami.com
・mag2premium.com
------------------------------------------------------------------------------
==============================================================================
△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△
------------------------------------------------------------------------------

古典へのいざない [695]

  伽婢子《おとぎぼうこ》[4]  牡丹灯籠 [3]                  作者:たまさん

------------------------------------------------------------------------------

 新之丞《しんのじょう》は前になり後ろになり、相手に気がある素振りを
示していたが、やがて一町ほど西に行ったところで女は立ち止まり、振り返
って静かに微笑んだ。
「わたしは人と約束をし、待ちわびている身ではありません。ただ今宵の月
に誘《いざな》われ出たものの、気がつくといつの間にか夜更けになり、帰
り道が恐ろしく思っていたところです。よろしければ、屋敷まで送っていた
だけませんか」
 新之丞は女の前に進み出た。
「もう随分と夜深い時分ですので、まだ距離があるようでしたら、あまり具
合がよろしくありません。我が家は塵がうずたかく積もった見苦しいあばら
屋ですが、もしわたしを頼って夜を明かすのが嫌でなければ、一夜の宿とし
てお貸ししましょう」
 ふざけて言うと、女は微笑しながら答えた。
「いつも窓から漏れ入る月を一人で眺め、夜を明かすわびしさを感じており
ましたので、あなたからの申し出をとても嬉しく思います。情けに弱いのが
人の心というものです」
 そう言って道を引き返してきた女の手を取り、屋敷に帰った。
(続く)
                                  ★

 主人公は女と意気投合し、一緒に屋敷に戻ることになりました。
 この続きは次回にお届けします。それではまた。

------------------------------------------------------------------------------
HP
「かたかご」http://yamanekoya.jp/
 趣味で読んでいる古典文学の現代語訳と参考文献を主に掲載しています

「山猫屋本舗」http://yamanekoya.net/
 写真日記を綴っています

==============================================================================
△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△
==============================================================================
△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△
------------------------------------------------------------------------------

空想技術集団 [40]

5 砂の女 6
                           作者:みやこたまち
-----------------------------------------------------------------------------
5-6

 あら、今日はこっちなの?

 大きなマスクの若い女性。私が、元厚生部の才女とよび、顔と心に大きな傷をおって、
タイラカナル商事を去り、ンリドルホスピタルでカウンセリングを受けるうちに才能が
開花。いまではンリドルホスピタル、精神科のインターンとなった、平喇香鳴クンだ。
 彼女は、ここでのPTSDを見事に克服し、いまでは数ヶ月に一回、メンタルヘルスケ
アのため、古巣の厚生部に出向してきては、全社員のカウンセリングを行っているので
ある。

 いえ、今日は脳外科の方の依頼でデータとりと、タンクのプロトタイプについての問
診に伺ったんです。

「タンク」というのは、現在タイラカナル商事が取組んでいる社内プロジェクトの内で、
もっとも費用がかかるものの一つである。
 数年前に導入された勤怠管理及び喫茶凪システムは、MOMUSと呼ばれていた。簡単
に言えば、社員を監督するための鞭と飴という、古い方法論を、流動的グリッドシステム
論という最先端のさらに少し前をいっている理論に従って設計された。一言で言えば、人
間の空想力を支配下におくことで、作業能率を高めるための、リゾーム的アプローチなの
だという。私はその時にはまだ学生だった。
 総務部秘書課に採用された私は、当時の室長であった室田六郎という、出世欲と色欲に
凝り固まったポマードベットリ野郎に、なびかなかったせいで、その後の数年、社史編纂
質付きとなった。そこでは、過去の資料を、そっくりそのまま新しいノートへ手書き更新
するという、非生産的作業の極みに身をやつして、少々脳をやられたのであった。
 そしてンリドルホスピタルの精神科に入院歴があり、現在も定期的にカウンセリングを
受けている。現在の担当が、彼女だ。

あ、ついでにカウンセリングやっちゃいます?
今日はまだいいわ。それよりこれ。

 と私は右ひじを彼女にみせる。マスクを少し押し下げて彼女が私の肘に近づいてくる。

どうしたんですか? 散弾銃にでも打たれたみたいな傷……

 大量の微細な粒子が、狭い範囲に、早い速度でぶつかったような傷だと、彼女は説明し、
それから少し口ごもった。

それで?
はい。これ、内側から、弾けています……
そ。じゃ、弾は全部抜けているってわけね。
え、ええ。一応レントゲンはとりますけれど。多分。
うん。じゃ、外傷の処置だけお願いね。とりあえず血が止まってくれないと、清掃部が私の
後をついてあるくことになるから。

 清掃部の裏の顔。あそこは社内ゴシップを拾っては、広報部が発行している社内報へ売って
いるのである。ありとあらゆるゴミを片付けるのが、清掃部の仕事だ。彼らに付きまとわれる
のは、ひじょうに煩わしい。

だけどあの、こういうことってあまり例がなくて……
そう? それは好都合っだわ。私、前例なんて、大っ嫌い。
フフ。そうでしたね。釜名見さん。じゃ、肘をここへ。

 オキシドールの香り。身体に張り付くように沁みるその痛みを、私はいつも、分厚いゼリー
の外側を指でつつかれている程度にしか感じなかった。
 痛みはある。
 だが、その痛みに意識を集めることができないのである。(20170806)

===================================================================================
はてなブログ内 ”望月の蟲惑”毎週一回更新ペース。
http://mochizuki.hatenablog.jp/

星空文庫 過去作品上げていきます https://slib.net/a/20077/
-------------------------------------------------------------------------
△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△
=========================================================================
_/_/ KISARAGIについて_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

投稿随時募集中
    http://mmkisaragi.blogspot.jp/2013/10/blog-post.html

このメールマガジンは、投稿によって全てが成り立っています。
ぜひ、あなたの小説を投稿して下さい。

投稿はkisaragi HP の投稿要綱
 http://mmkisaragi.blogspot.jp/2013/10/blog-post_6740.html

または、直接のメールでも結構です。

作者情報が必要ですので、以下の内容をお送り下さい。
--------------------------------------------------------------------------
タイトル(必須):
種別:ショートショート/短編/中編/長編/エッセイ
ジャンル:(時代、現代、SF、冒険、推理、ファンタジー、など……)
作者名(ハンドル可;必須):
メールアドレス(必須):
HPアドレス&名前:
一行コメント:
--------------------------------------------------------------------------
なお、発行の都合上、一行の最大文字数は半角で75(原則)までといたします。
それを超えるものはこちらで修正させていただきますのでご了承下さい。
投稿作品の著作権は各作者にあります。
==========================================================================
_/_/ 発行者について _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
 編集者 みやこたまち
 E-mail :tamachim@yahoo.co.jp
 WebPage:http://mgkisaragi.web.fc2.com/index.html
<><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><>><><><><><><><><><><><><><>

KISARAGI

RSSを登録する
発行周期 週刊
最新号 2018/07/15
部数 48部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

KISARAGI

RSSを登録する
発行周期 週刊
最新号 2018/07/15
部数 48部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

親鸞に学ぶ幸福論
【あなたを幸せにさせない理由はただ一つの心にあった。その心がなくなった瞬間に人生は一変する】と親鸞は解き明かします。 「本当の幸福とは何か」はっきり示す親鸞の教えを、初めての方にもわかるよう、身近な切り口から仏教講師が語ります。登録者にもれなく『あなたを幸せにさせない5つの間違った常識』小冊子プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング