KISARAGI

KISARAGI vol.920


カテゴリー: 2017年07月09日
><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><>><><><   
K I S A R A G I vol.920                              2017/07/09
                                             編集/発行:みやこたまち
                         E-mail:tamachim@yahoo.co.jp
                                  http://mmkisaragi.blogspot.jp/
><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><
┏ 配信システム ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ KISARAGIは「まぐまぐ」で配信しています               ┃
┃ 「まぐまぐ」:http://www.mag2.com/                   ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
┏ 登録解除の方法 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃  KISARAGIを解除するには、次のアドレスへアクセスして『購読及び解除    ┃
┃  はこちら』のフォームをご利用いただくか、まぐまぐHPへアクセスして下さ┃
┃  い。解除できない場合は、メールして下さい。                ┃
┃ --> http://mmkisaragi.blogspot.jp/                              ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
=============================================================================
通信欄:たまさん。春雨物語 ついにフィナーレ! おめでとうございます。そして
ありがとうございます。四年間の積み重ねの尊さ。じっくりと味わいましょう。
=============================================================================
今週のお話

◆ "古典へのいざない" [691]
   春雨物語 [203] 樊カイ [56]
   作者 たまさん


◆ 空想技術集団 [36]
    作者 みやこたまち

● KISARAGIについて

------------------------------------------------------------------------------
<運営よりお知らせ>
メルマガの配信ドメインが変更になります。
全てのメルマガが受信できるよう、以下のドメイン全ての受信設定をお願いいたします。
・mag2.com
・mag2official.com
・mag2-tayori.com
・mag2tegami.com
・mag2premium.com
------------------------------------------------------------------------------
==============================================================================
△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△
------------------------------------------------------------------------------

古典へのいざない [691]

 春雨物語 [203]  樊カイ[56]                  作者:たまさん

------------------------------------------------------------------------------

 ――さて、この物語は以下の経緯で語られたものである。
 陸奥《みちのく》のとある古寺の大和尚が、八十余歳で臨終を迎える際に
沐浴《もくよく》をして衣服を改め、椅子に座って目を閉じたが、仏の名す
ら唱えない。
 焦れた侍者《じしゃ》や客僧《きゃくそう》が進み出て、「ありがたいこ
とです。どうか遺偈《いげ》(仏教の真理)をお示しください」と願い出た
ところ、ようやく大和尚は口を開いた。
「遺偈というものはすべからく偽りである。真実を語ってこの命を終えたい。
儂は伯耆国《ほうきのくに》に生まれ、しかじかの悪者であったが、ふとし
たことから発心して今日に至る。釈迦や達磨、この儂も心は同じで、一点の
曇りもない」
 そう語って亡くなったということである。
「心をおさめれば誰もが仏心を得ることができるが、野放しにすれば妖魔と
なる」とは、この樊カイ《はんかい》のことをいうのである。
(了)
                                  ★

 以上で「樊カイ」と「春雨物語」は終了となります。
 ここまでお付き合いいただき、誠にありがとうございました。
 連載第一回でも触れましたが、この「春雨物語」は作者・上田秋成が亡く
なる二年前、七十五歳のときに完成させた作品です。物語を締めくくる最後
の文章は「性悪説」に近い主張ですが、フィクションを越えた作者の人生観
そのもののような気がしてなりません。

 なお、これまでの訳と参考文献を下記URLにまとめました。
 原文や補足説明などが気になる方は、ご覧いただければ幸いです。
 http://yamanekoya.jp/harusame/

 次回からは新しい作品をお届けする予定です。
 それではまた。

------------------------------------------------------------------------------
HP
「かたかご」http://yamanekoya.jp/
 趣味で読んでいる古典文学の現代語訳と参考文献を主に掲載しています

「山猫屋本舗」http://yamanekoya.net/
 写真日記を綴っています

==============================================================================
△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△
==============================================================================
△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△
------------------------------------------------------------------------------

空想技術集団 [36]

5 砂の女 2
                           作者:みやこたまち
-----------------------------------------------------------------------------
 砂が入ってくる。皮膚を切り裂いて傷口から毛細血管へ。鼻や耳の穴、眼球と瞼の隙
間から涙腺を逆行して。脳関門などやすやすと越え、肺も食道も全てが砂で満たされ
ていく。
 苦しくはない。焼けつくような痛みが内外にまんべんなく貼りついてしまうと、もは
やどこが痛いのか、どこまでが躰でどこからが沙漠なのかが分からなくなる。砂が続い
ている限りの地平からの振動を感じることができる。

 イフガメ沙漠の砂は三原色に発光する、片栗粉よりも細かな粒子の一粒一粒がまざり
あい極彩色に流動する。体内の細胞と結びついた砂の発光は、器官に発光バクテリアを
住まわせた深海生物へと私を変化させた。
 光っているのは砂か私か。見えているのは砂の幻影か私の記憶か。
 脳細胞の、シナプスの、ニューロン骨格の微小管につまった極小の明滅する砂が空想す
る歴史は、もはや私の記憶と混然となって久しい。数千万年分の夢が私を沙漠へと還し
てくれる。砂の中にうずもれている私はもう存在しない。私は沙漠の空想であり、沙漠の
使者であり沙漠のアンバサダーであり、沙漠そのものの代弁者でもある。

 砂男は夢を奪う。だが砂男が見る夢は誰が奪うというのだろうか。ゴーレムは魂を持た
ない。だがここには魂しか存在しないのだ。私は砂の塊にすぎず、砂の空想を具現する
ための傀儡にすぎない。

 三原色の光がまばゆい白一色となり、私を浮き上がらせようとしている。帝王切開され
る私の身体は砂の鋳型を壊して成型された釜名見煙という個体として産声を上げる。

 元気な女の子ですよ

 取り上げた看護婦の声は若かった。だが顔がなかったので正確な年齢は把握できない。
彼女の手の中で、私は彼女の白衣をはぎとって、まだ硬さののこる乳首に吸い付いた。
「あっ」という短い叫びが顔のない唇の間からあがり、スカートの間からはざらざらと
砂が零れ落ちた。

 私は安心して彼女の胸にしがみついている私を見送った。

(20170709)
===================================================================================
はてなブログ内 ”望月の蟲惑”毎週一回更新ペース。
http://mochizuki.hatenablog.jp/

星空文庫 過去作品上げていきます https://slib.net/a/20077/
-------------------------------------------------------------------------
△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△
=========================================================================
_/_/ KISARAGIについて_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

投稿随時募集中
    http://mmkisaragi.blogspot.jp/2013/10/blog-post.html

このメールマガジンは、投稿によって全てが成り立っています。
ぜひ、あなたの小説を投稿して下さい。

投稿はkisaragi HP の投稿要綱
 http://mmkisaragi.blogspot.jp/2013/10/blog-post_6740.html

または、直接のメールでも結構です。

作者情報が必要ですので、以下の内容をお送り下さい。
--------------------------------------------------------------------------
タイトル(必須):
種別:ショートショート/短編/中編/長編/エッセイ
ジャンル:(時代、現代、SF、冒険、推理、ファンタジー、など……)
作者名(ハンドル可;必須):
メールアドレス(必須):
HPアドレス&名前:
一行コメント:
--------------------------------------------------------------------------
なお、発行の都合上、一行の最大文字数は半角で75(原則)までといたします。
それを超えるものはこちらで修正させていただきますのでご了承下さい。
投稿作品の著作権は各作者にあります。
==========================================================================
_/_/ 発行者について _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
 編集者 みやこたまち
 E-mail :tamachim@yahoo.co.jp
 WebPage:http://mgkisaragi.web.fc2.com/index.html
<><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><>><><><><><><><><><><><><><>

KISARAGI

RSSを登録する
発行周期 週刊
最新号 2018/06/17
部数 48部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

KISARAGI

RSSを登録する
発行周期 週刊
最新号 2018/06/17
部数 48部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

生きる意味は仏教に学びなさい
あなたは何のために生きていますか?なぜどんなにお金があっても幸せになれないのか。あなたの人生をむなしくする心の闇とは?今この瞬間に幸せを感じ、後悔のない人生にする方法。本当の生きる意味とは何か。仏教史上初のウェブ通信講座を開設して年間受講者数日本一、5万部突破のベストセラー『生きる意味109』の著者・長南瑞生が、現代の葬式法事の仏教界では失われた、生きている人を心から幸せにする仏教の秘密を分かりやすく公開。発行者サイトでも隠された仏教の教えを知る秘密を無料プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

【六単塾】1日数分で英単語・英文をあきれるほど覚える方法
「英語をやり直したいけど面倒なことはしたくない」「英会話したいけど時間がない」「TOEICスコアが急に必要になった」そんなあなたに。1日10分、たった6単語で英語が話せるようになるためのメルマガを1日1通お送りします。登録は2秒で終了。今すぐ登録してくださいね。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

生きる意味は仏教に学びなさい
あなたは何のために生きていますか?なぜどんなにお金があっても幸せになれないのか。あなたの人生をむなしくする心の闇とは?今この瞬間に幸せを感じ、後悔のない人生にする方法。本当の生きる意味とは何か。仏教史上初のウェブ通信講座を開設して年間受講者数日本一、5万部突破のベストセラー『生きる意味109』の著者・長南瑞生が、現代の葬式法事の仏教界では失われた、生きている人を心から幸せにする仏教の秘密を分かりやすく公開。発行者サイトでも隠された仏教の教えを知る秘密を無料プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング