KISARAGI

KISARAGI vol.902


カテゴリー: 2017年03月05日
><><><><><><><><><><><><><><><>><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><   
K I S A R A G I vol.902                               2017/03/05
                                             編集/発行:みやこたまち
                         E-mail:tamachim@yahoo.co.jp
                                  http://mmkisaragi.blogspot.jp/
><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><
┏ 配信システム ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ KISARAGIは「まぐまぐ」で配信しています               ┃
┃ 「まぐまぐ」:http://www.mag2.com/                   ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
┏ 登録解除の方法 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃  KISARAGIを解除するには、次のアドレスへアクセスして『購読及び解除    ┃
┃  はこちら』のフォームをご利用いただくか、まぐまぐHPへアクセスして下さ┃
┃  い。解除できない場合は、メールして下さい。                ┃
┃ --> http://mmkisaragi.blogspot.jp/                              ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
=========================================================================
通信欄:俳句は大リーグボール養成ギブス
=========================================================================
今週のお話

◆ "古典へのいざない" [674]
   春雨物語 [186] 樊カイ [39]
   作者 たまさん

◆ 連続愛の小説 E [20]
  作者 みやこたまち

◆ 空想技術集団 [19]
    作者 みやこたまち

● KISARAGIについて

------------------------------------------------------------------------------
<運営よりお知らせ>
メルマガの配信ドメインが変更になります。
全てのメルマガが受信できるよう、以下のドメイン全ての受信設定をお願いいたします。
・mag2.com
・mag2official.com
・mag2-tayori.com
・mag2tegami.com
・mag2premium.com
--------------------------------------------------------------------------
=========================================================================
△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△
-------------------------------------------------------------------------

古典へのいざない [674]

 春雨物語 [186]  樊カイ[39]                  作者:たまさん

-------------------------------------------------------------------------

 樊カイ《はんかい》は火を切り出して縄につけ、上から中に放り込んだ。
二人が見回すと、確かに金蔵《かねぐら》だった。二階から梯子《はしご》
で下りてから改めて確認すると、金銀が入った箱が幾つも重なっている。
「今回は金だけにしておけ」
 そう言って樊カイは一箱、二箱を肩に担ぎ、二階に上がった。
「さて、これからどうしたものか。その辺りに縄などはないか」
 辺りを調べると、太い麻縄が束ねて置いてあった。
「樊カイ殿、これがありました」
「その縄をお前たちのどちらか一人の身体にくくりつけて、物を伝って上っ
て来い」
 小猿が自分の身体を縛り、月夜に梯子を二階まで引き上げさせ、これを壁
に立てて這《は》い上った。あと少しだと焦る小猿に、また錫杖《しゃくじ
ょう》を差し伸べて引き上げた。
(続く)
                                  ★

 樊カイたちは侵入した金蔵で財宝を見つけ、金を運び出す準備を始めまし
た。
 この続きは次回にお届けします。それではまた。


-------------------------------------------------------------------------
HP
「かたかご」http://yamanekoya.jp/
 趣味で読んでいる古典文学の現代語訳と参考文献を主に掲載しています

「山猫屋本舗」http://yamanekoya.net/
 写真日記を綴っています

=========================================================================
△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△
-------------------------------------------------------------------------

連続愛の小説 E [20]

e-4 生き難い魂 [e4-9]                 作者:みやこたまち

-------------------------------------------------------------------------
e4-9

 それからひと月ほどで、二学期の期末テストを迎え、二日目の古文の試験監督
としてその教師がやってきた時、私はワケあって学校指定の上履きとは別の靴を
履いていた。学校指定の上靴とは、便所のスリッパのようなもので、私は入学し
てから4回ほど買い直していた。そして当日の朝、五回目の紛失が起こったのだ
が、購買に買いに行く時間がなかったため、急きょ、体育館シューズを履いて古
文の試験に臨んだのであるが、出席番号順に並ぶと折悪く私は先頭の席であり、
しかも椅子と机は小さかったので、どうしても足を机の前に投げ出すような恰好
になるのだ。
 当然、教師は私の靴に目を付け、靴を何度も蹴りつけながら、私の列には試験
問題を配らないと言い始めた。
 私は靴を脱ごうとしたが、勢いあまって、両方の靴が教卓まで飛んでいき、バ
タンバタンと派手な音を立てて転がった。傍から見れば非常に反抗的な態度に見
えただろう。教師は激高し、私の足を横ざまに蹴りはらった。その勢いで、私は
机の上でバランスを失い、足と反対方向、つまり教師が立っている方向をめがけ、
弧を描いた。正面のやや左に立ち、左から右へと蹴りはらった教師に対し、私は
左半身から床にむかって弧を描いていったわけだ。その時私は右手に削りたての
鉛筆を握っていた。2Hの鉛筆の芯を長めに削り出すのが私の決まりだった。蹴
りはらった私の足が右へ流れたため、ふんばりがきかなくなった教師の身体もま
た、私の左にむかって沈み込んだ。その教師の左のこめかみに、私の右手が追い
ついた瞬間、ブチ、という気持ちの悪い感触が肩まで駆け上ってきた。教師が私
の左の床にうつ伏せに倒れ、その上に私が落ちた。横ざまに落ちたため、咄嗟に
躰をかばおうとして、私は左ひじを出していた。その肘が、どうやら教師の頸椎
あたりへ鉛直に突き立ったらしい。
 椅子と机がぶつかりあう音が響く教室は静まり返っていた。 僕の身体の下で、
ブヨブヨと震える教師の身体は気持が悪かった。
 私はその場に立ち上がり、テスト用紙を後ろに送ると、靴を拾って教室を出た。
足がジンジンとして、頭がぼんやりとしていた。(20170305)

=============================================================================
△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
-----------------------------------------------------------------------------

空想技術集団 [19]

3 勤怠管理部の氷の女と福利厚生部の水の女 9
                           作者:みやこたまち
-----------------------------------------------------------------------------
3-9

 落下の終了はつねに、身体、内臓、気持 の順番に終わります。いくら低反発クッ
ションの塊が「息子よ!」とばかりに包み込んでくれたとしても、速度の急速な変化は、
重力の増加として感じられ、自らの体重によってへしゃげるほどの衝撃を受けねばなり
ません。
「グェッ」というオオマトペは、擬音語であると同時に擬態語でもあるという教科書の
挿絵のような感じで、僕が押し込められたのは、再び暗くて狭い場所でした。
「アルビヤ? アヤノ? さん?」
 切れ切れの半疑問系で鈴のような声が響きました。確かに、響きました身体じゅうに。
この振動に伝わり方は……
「勤怠管理部? から? ことづかる? こと?づかっておりますアルビヤさん?アル
ビヤ?アヤノさん?」
 これは、呼びかけられているのだと気付いて、私は返事をしようとしました。が声が
出ません。声を出すための材料が足りていないのだと気付いた僕は、息を思い切り吸い
込もうとしました。が、吸い込めません。もはや、肺は一杯に膨らんでいて「もうたべ
られないよぉ」状態なのです。知っています。これは、気胸です。または、肺水腫です。
私は乙種蘇生法講習を受けているので、呼吸に関しては詳しいのです。このままでは、
窒息してしまいます。慌てて、手を振り回そうとしました。ひじょうに重く、何かが纏
わり着く感覚があります。足も同じです。四肢の運動麻痺と発語不具合。これらは神経
系のトラブルと考えられます。落下のため脊椎を損傷したか、酸欠により脳がダメージ
を受けているのかのいづれかでしょう。
「タンク? 内?で暴れないで下さい。いい? ですか? アルビヤアヤノさん。アル
ビヤ? アヤノ? さん。あなた? はタンクの中にいるのです? から?」

 タンク? 私の脳内を、様々なタンクが巡りました。それはとても錯乱に似ていまし
たが、脈絡はありました。そういえば息苦しさもありません。タンク? 厚生部のイル
カチャンではないでしょうか。
 勤怠管理部で、認証エラーとの判断を下された私に、地媚型端末はこう告げました。
「社員証発行のため、厚生部へ送ります」と。(20170305)

==========================================================================
はてなブログ内 ”望月の蟲惑”毎週一回更新ペース。
http://mochizuki.hatenablog.jp/
-------------------------------------------------------------------------
△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△
=========================================================================
_/_/ KISARAGIについて_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

投稿随時募集中
    http://mmkisaragi.blogspot.jp/2013/10/blog-post.html

このメールマガジンは、投稿によって全てが成り立っています。
ぜひ、あなたの小説を投稿して下さい。

投稿はkisaragi HP の投稿要綱
 http://mmkisaragi.blogspot.jp/2013/10/blog-post_6740.html

または、直接のメールでも結構です。

作者情報が必要ですので、以下の内容をお送り下さい。
--------------------------------------------------------------------------
タイトル(必須):
種別:ショートショート/短編/中編/長編/エッセイ
ジャンル:(時代、現代、SF、冒険、推理、ファンタジー、など……)
作者名(ハンドル可;必須):
メールアドレス(必須):
HPアドレス&名前:
一行コメント:
--------------------------------------------------------------------------
なお、発行の都合上、一行の最大文字数は半角で75(原則)までといたします。
それを超えるものはこちらで修正させていただきますのでご了承下さい。
投稿作品の著作権は各作者にあります。
==========================================================================
_/_/ 発行者について _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
 編集者 みやこたまち
 E-mail :tamachim@yahoo.co.jp
 WebPage:http://mgkisaragi.web.fc2.com/index.html
<><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><>><><><><><><><><><><><><><>

KISARAGI

RSSを登録する
発行周期 週刊
最新号 2017/06/25
部数 46部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

KISARAGI

RSSを登録する
発行周期 週刊
最新号 2017/06/25
部数 46部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

一緒に歩もう!小富豪への道
富裕層むけ、富裕層入りを目指す方むけの究極の資産防衛メルマガ!一国だけに資産を集めておくのは危険な時代がやってきました。海外ヘッジファンド、貴金属、不動産からアンティーク・コインまで、金融不安に負けない世界分散ポートフォリオを、経験豊富なファイナンシャル・プランナーが誠意をもってご案内します。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

楽しく幸せな会社組織づくりのすすめ
組織変革コンサルタントが語る楽しく幸せな会社組織づくり・社員育成実践テクニックをご紹介。社員数名~100名前後の中堅・中小企業オーナー社長や経営層・人事部・管理職・仕事の幅を広げたいフリーランス・士業の方は必見! 社員の主体性や部門間の連携力を高める効果的なコーチング・研修・ワークショップなど具体的な打ち手も解説します。また自社で取り組んでいる管理・評価・指示命令が不要な新世代型の組織運営法「びりかん式経営」についてもご紹介していきます。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

生きる意味は仏教に学びなさい
仏教メルマガ読者数日本一。今この瞬間に幸せを感じ、後悔のない人生にする方法とは?なぜどんなにお金があっても幸せになれないのか。むなしい人生になってしまう原因とは?あなたの人生を背後で支配する運命の法則と99%の人が自覚なく不幸を引き寄せている6つの行いとは…?仏教史上初のウェブ通信講座を開設、仏教の歴史を変え続ける中村僚が、葬式法事仏教となった現代日本の仏教界では失われた本当の仏教の秘密を公開。発行者サイトでも隠された仏教の秘密を無料プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

相馬一進の、1億稼ぐビジネスの本質|マーケティングと心理学
・天職で1億稼いだ相馬一進が、お金、自己啓発、仕事について、 心理学とマーケティングの側面から語る本格派メールマガジン。 ・著者の相馬一進は、ダライ・ラマ14世や、『7つの習慣』の スティーブン・コヴィーや、リチャード・ブランソンなどの、 海外セミナーへの日本人ツアーを企画、集客した実績を持つ。 ・最先端の起業・副業のノウハウや、マーケティングの原理原則、 生活の中からストレスを減らす方法、モチベーションの心理学、 複数の収入源を持つ方法、働く時間を減らす秘密などを配信中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

水戸市のサラリーマン大家さん
総発行部数15万部。購読者日本一の不動産メルマガ。 2017年5月現在8900人以上の投資家さんとお会いしてきました。 年間取引額300億円以上、累計取引額1000億以上の不動産会社社長が、不動産投資について真剣に書いています。 今ならメルマガ内で10万円相当の「不動産投資大百科」を無料配布中。 メルマガ登録で非公開の物件情報も入ってきます。 不動産仲介業 宅地建物取引業免許 国土交通大臣(1)第8944号
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

『資金調達など経営者の悩みを真に解決するマガジン』
経営コンサルタントが実践から得た経験や知恵を基に、経営に役立つ「本日の経営者への一言」と、実際にあった話を基に実名を出さずに「実話風読物(カードローン取立との戦い等)」に仕立てた読物との2部構成で綴られたメルマガです。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング