KISARAGI

KISARAGI vol.899


カテゴリー: 2017年02月12日
><><><><><><><><><><><><><><><>><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><   
K I S A R A G I vol.899                               2017/02/12
                                             編集/発行:みやこたまち
                         E-mail:tamachim@yahoo.co.jp
                                  http://mmkisaragi.blogspot.jp/
><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><
┏ 配信システム ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ KISARAGIは「まぐまぐ」で配信しています               ┃
┃ 「まぐまぐ」:http://www.mag2.com/                   ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
┏ 登録解除の方法 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃  KISARAGIを解除するには、次のアドレスへアクセスして『購読及び解除    ┃
┃  はこちら』のフォームをご利用いただくか、まぐまぐHPへアクセスして下さ┃
┃  い。解除できない場合は、メールして下さい。                ┃
┃ --> http://mmkisaragi.blogspot.jp/                              ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
=========================================================================
通信欄:知識や経験がどんだけのもんだっていうんだぁ!!
=========================================================================
今週のお話

◆ "古典へのいざない" [671]
   春雨物語 [183] 樊カイ [36]
   作者 たまさん

◆ 連続愛の小説 E [17]
  作者 みやこたまち

◆ 空想技術集団 [16]
    作者 みやこたまち

● KISARAGIについて

------------------------------------------------------------------------------
<運営よりお知らせ>
メルマガの配信ドメインが変更になります。
全てのメルマガが受信できるよう、以下のドメイン全ての受信設定をお願いいたします。
・mag2.com
・mag2official.com
・mag2-tayori.com
・mag2tegami.com
・mag2premium.com
--------------------------------------------------------------------------
=========================================================================
△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△
-------------------------------------------------------------------------

古典へのいざない [671]

 春雨物語 [183]  樊カイ[36]                  作者:たまさん

-------------------------------------------------------------------------

 樊カイ《はんかい》たちは城下町にたどり着いた。
「ここは某《なにがし》殿の治める国で、とても豊かで人も多いことで知ら
れております。この家は国守の一族ですが臣下に下り、北陸道に並ぶものの
いない大金持ちです」
 月夜たちが語った通り、その屋敷は石垣を高く積み、白壁がきらきらと輝
き、門構えは高く、邸内も広かった。
「俺は盗人になったが、未だに一度も盗んだことがない。今夜、この家に入
って試してみよう」
 周囲をくまなく見て歩いてから居酒屋に入った。
「酒を温めてくれ。四人で一斗を買おう」
 そう言いながら樊カイは金を前払いした。店主はとても驚いたが、先に勘
定を払ってくれたので言われた通りに燗《かん》をつけて出した。
「酒の肴はないのか」
「山のものがございます」
 兎や猪の肉をあぶったものを喰らい、心ゆくまで酒を飲んでいるうちに日
が暮れた。一同は「いざ」と言って、先ほどの家に向かった。
(続く)
                                  ★

 樊カイたちは城下町にある金持ちの家を次のターゲットと決め、景気づけ
に近くの居酒屋で大酒を飲みました。
 この続きは次回にお届けします。それではまた。

-------------------------------------------------------------------------
HP
「かたかご」http://yamanekoya.jp/
 趣味で読んでいる古典文学の現代語訳と参考文献を主に掲載しています

「山猫屋本舗」http://yamanekoya.net/
 写真日記を綴っています

=========================================================================
△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△
-------------------------------------------------------------------------

連続愛の小説 E [17]

e-4 生き難い魂 [e4-6]                 作者:みやこたまち

-------------------------------------------------------------------------
e4-6

 どうも余談にかまけすぎたようだ。結婚後のみづはと私との間にあった、いくつ
かの交渉ごとについてはもう少し後から綿密に書くはずだったのだ。今話していた
のは、尾花友希のことだった。そう。尾花友希の結婚についてだ―

 尾花、というのは私が知る限り彼女の二番目の姓だ。それは彼女の母の何番目か
の夫の姓であり、そのような姓の変更を彼女は三回は行っていた。
 彼女は自分の、いわゆる生物学上の父の顔を知らないという。だが彼女が自らの
余命を知った後、その生物学上の父の姓で死ぬことを望み、そのように手続きをし
たのだと聞いた。その姓がどういうものだったのか、私は知らない。前にも書いた
ように、その頃にはもう私は彼女との交流を断っていたからだ。

 私にとっては、高校1年生の時の「尾花」が彼女のシンボルであった。だから、
彼女が結婚して姓が変わった後で、手紙を書くときなどには、まるでゴッコ遊びを
してでもいるかのような愉快さを感じていた。芸名というか、役名というか。

 旧姓尾花友紀は、結婚生活という演劇に興じていた。そしてその演劇は、喜劇で
はなかったし、芸術的色彩も皆無だったようだ。
 私にとっては、初めて、彼女の陰鬱な様子を知ることができたという点で、ひ
じょうに有意義な期間だったし、その陰鬱な彼女と向き合うのに、「新幹線なら二
時間半という距離」のあるのがありがたかった。
 当時もし、私も都内に住んでいたとしたら、彼女からの電話のたびに、終電に飛
び乗り、始発までファミレスで話を聞くことになっただろう。
 実は私は、そのように時を過ごすことにやぶさかではない。だが、仕事しなけれ
ば食えない身としては、徹夜明けの身体をひきずって、細かな製図作業にいそしむ
苦痛になど耐えられるものではないのだ。

 だが、本当のところ、もし私が彼女の近所に住んでいたのだとしたら、多分彼女
は私には連絡をしてこなかっただろう。彼女が彼女自身に陰鬱さを許すとき、その
姿を見せる相手は、なるべく遠くにいるほうがよかったのだと思う。
 手紙では、自己解決を演じてしまうだろうし、面と向かっては、十分に落ち込む
ことができなくなる。だから、深夜の電話だったのだと思う。

 私は彼女が高校生の時にこうした陰鬱さを露わにしていた相手について、考える。
当時は「害をなす夫」という切迫した状況にはなかったとはいえ、当時は当時なり
の切迫した事情を飲み込んで生きてきたはずなのだ。

 高校時代の彼女はまん丸い鼈甲柄のめがねの奥で、ただ目を細めて笑っていた。
 高校を卒業すると、彼女はコンタクトレンズを使うようになり、大きく見開いて
驚き、その目をゆっくりと閉じて微笑んだ。
 思うに、彼女は高校生活の全てを自らの夢に呑みこんでいたのだ。一人暮らしが
できるその時まで。(20170212)

=============================================================================
△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
-----------------------------------------------------------------------------

空想技術集団 [16]

3 勤怠管理部の氷の女と福利厚生部の水の女 6
                           作者:みやこたまち
-----------------------------------------------------------------------------
3-6

 僕はそのご宣託の意味を即座には把握できませんでした。認証エラー? この社の
完璧な社員管理システム内にあって、僕が僕だと認証されないなどということはおこ
りうるはずはないのです。いつの間にか溢れていた涙が頬を伝う生ぬるさが、極北の
鉄路のように凍てつき始めるのに、さほどの時はかかりませんでした。

「どどどどういうことでしょうか?」

 僕は彼女のほうへにじりよろうと、腰を浮かせました。その浮いた尻と僕の背骨と、
視線とが、地媚型端末の膝小僧と膝小僧との隙間と一直線を形成する瞬間に、120%
正確なショットが尾てい骨の数ミリ下部にヒットしたのです。
 そうです。ビリヤードのキューのような細く固く長くしなやかな黒光りする棒状のも
ので。

 あと数ミリ上であれば、僕の尾てい骨は砕けていたでしょうし、あと数ミリ下で
あったなら、その素敵に長い棒は、僕の… ああ、みなまでは言いますまい。もしかし
たら、その棒は私の腸壁をまっすぐに貫いて彼女の秘部を刺し貫いていたのかもしれな
いとだけ、申しておきましょう。(20170212)

==========================================================================
はてなブログ内 ”望月の蟲惑”毎週一回更新ペース。
http://mochizuki.hatenablog.jp/
-------------------------------------------------------------------------
△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△
=========================================================================
_/_/ KISARAGIについて_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

投稿随時募集中
    http://mmkisaragi.blogspot.jp/2013/10/blog-post.html

このメールマガジンは、投稿によって全てが成り立っています。
ぜひ、あなたの小説を投稿して下さい。

投稿はkisaragi HP の投稿要綱
 http://mmkisaragi.blogspot.jp/2013/10/blog-post_6740.html

または、直接のメールでも結構です。

作者情報が必要ですので、以下の内容をお送り下さい。
--------------------------------------------------------------------------
タイトル(必須):
種別:ショートショート/短編/中編/長編/エッセイ
ジャンル:(時代、現代、SF、冒険、推理、ファンタジー、など……)
作者名(ハンドル可;必須):
メールアドレス(必須):
HPアドレス&名前:
一行コメント:
--------------------------------------------------------------------------
なお、発行の都合上、一行の最大文字数は半角で75(原則)までといたします。
それを超えるものはこちらで修正させていただきますのでご了承下さい。
投稿作品の著作権は各作者にあります。
==========================================================================
_/_/ 発行者について _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
 編集者 みやこたまち
 E-mail :tamachim@yahoo.co.jp
 WebPage:http://mgkisaragi.web.fc2.com/index.html
<><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><>><><><><><><><><><><><><><>

KISARAGI

RSSを登録する
発行周期 週刊
最新号 2017/06/25
部数 46部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

KISARAGI

RSSを登録する
発行周期 週刊
最新号 2017/06/25
部数 46部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

一緒に歩もう!小富豪への道
富裕層むけ、富裕層入りを目指す方むけの究極の資産防衛メルマガ!一国だけに資産を集めておくのは危険な時代がやってきました。海外ヘッジファンド、貴金属、不動産からアンティーク・コインまで、金融不安に負けない世界分散ポートフォリオを、経験豊富なファイナンシャル・プランナーが誠意をもってご案内します。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

楽しく幸せな会社組織づくりのすすめ
組織変革コンサルタントが語る楽しく幸せな会社組織づくり・社員育成実践テクニックをご紹介。社員数名~100名前後の中堅・中小企業オーナー社長や経営層・人事部・管理職・仕事の幅を広げたいフリーランス・士業の方は必見! 社員の主体性や部門間の連携力を高める効果的なコーチング・研修・ワークショップなど具体的な打ち手も解説します。また自社で取り組んでいる管理・評価・指示命令が不要な新世代型の組織運営法「びりかん式経営」についてもご紹介していきます。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

生きる意味は仏教に学びなさい
仏教メルマガ読者数日本一。今この瞬間に幸せを感じ、後悔のない人生にする方法とは?なぜどんなにお金があっても幸せになれないのか。むなしい人生になってしまう原因とは?あなたの人生を背後で支配する運命の法則と99%の人が自覚なく不幸を引き寄せている6つの行いとは…?仏教史上初のウェブ通信講座を開設、仏教の歴史を変え続ける中村僚が、葬式法事仏教となった現代日本の仏教界では失われた本当の仏教の秘密を公開。発行者サイトでも隠された仏教の秘密を無料プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

相馬一進の、1億稼ぐビジネスの本質|マーケティングと心理学
・天職で1億稼いだ相馬一進が、お金、自己啓発、仕事について、 心理学とマーケティングの側面から語る本格派メールマガジン。 ・著者の相馬一進は、ダライ・ラマ14世や、『7つの習慣』の スティーブン・コヴィーや、リチャード・ブランソンなどの、 海外セミナーへの日本人ツアーを企画、集客した実績を持つ。 ・最先端の起業・副業のノウハウや、マーケティングの原理原則、 生活の中からストレスを減らす方法、モチベーションの心理学、 複数の収入源を持つ方法、働く時間を減らす秘密などを配信中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

水戸市のサラリーマン大家さん
総発行部数15万部。購読者日本一の不動産メルマガ。 2017年5月現在8900人以上の投資家さんとお会いしてきました。 年間取引額300億円以上、累計取引額1000億以上の不動産会社社長が、不動産投資について真剣に書いています。 今ならメルマガ内で10万円相当の「不動産投資大百科」を無料配布中。 メルマガ登録で非公開の物件情報も入ってきます。 不動産仲介業 宅地建物取引業免許 国土交通大臣(1)第8944号
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

『資金調達など経営者の悩みを真に解決するマガジン』
経営コンサルタントが実践から得た経験や知恵を基に、経営に役立つ「本日の経営者への一言」と、実際にあった話を基に実名を出さずに「実話風読物(カードローン取立との戦い等)」に仕立てた読物との2部構成で綴られたメルマガです。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング