KISARAGI

KISARAGI vol.334


カテゴリー: 2006年02月26日
------------------------------------------------------------------------
K I S A R A G I vol.334                               2006/02/26発行
                          編集/発行:みやこたまち
http://miytako.hp.infoseek.co.jp     ★ E-mail:tamachim@yahoo.co.jp                 
------------------------------------------------------------------------
文学史25

作家が書きたいことと、読者が読みたいことの隔たりについて考えていて、ふと、
自分が、他人の創作物から学ぶことはあまりなくて、むしろ実用的な知識をうる
ために、読書時間などを費やしたいなと思ったが、このフィクションとノンフィ
クションの違いなどというものは、実際に体験をしていない自分にとてってみれ
ば、実は全く等価であって、おもしろいかおもしろくないか、の違いしかないの
だと気づいた。だが、そのおもしろさの基準が、自分の知らない知識、の有無な
のだ。

------------------------------------------------------------------------

◆古典へのいざない【179】     とりかへばや物語[129]   作者 たまさん

------------------------------------------------------------------------
 尚侍《ないしのかみ》は十一月三十日に参内した。尚侍は呆れるほど長い
間、内裏から足が遠ざかっていたので、東宮は逢う事が嬉しくて今か今かと
待っていたが、一方の尚侍は東宮の許に参上したらどう思われるかと気の毒
で、また自分も具合が悪いのでどう言葉を掛けたらいいか悩んでいた。
 とても苦しげに臥している東宮は身体は非常に小柄だが腹部だけが窮屈そ
うに膨らみ、見ているだけで心苦しかった。そっと添い臥すと四の君との夫
婦生活を思い出し、しみじみと感慨に耽った。東宮は目の前の相手が昔の尚
侍とは別人だとは気付かずに日頃の不安や憂鬱な思いを打ち解けて話すので、
尚侍は心苦しく思い、詳しく事情を説明したい気持ちになった。だが口にす
るとなるとさすがに恥ずかしい話なので逡巡した。
「……日頃も東宮様がどうしているかと不安で、一日も早く参上してお目に
掛かりたいと思いながら、失踪した右大将や父上の身の上を心配しているう
ちに今日になってしまいました。わたし自身も心外な事だと思っております」
 尚侍の話し方も気配も以前と少しも違わないので、東宮は相手が別人だと
は思いも寄らず、その夜は日頃の話などを互いに語り合った。東宮は手紙さ
えも貰えない月日を重ねた心細さを訴えながら泣くので、尚侍は気の毒で心
苦しく、涙を流して親しく話をした。尚侍の愛敬に満ちた気配や姿に、東宮
は以前よりももっと尚侍の声をもっと聞きたいという心地で心を慰められて
いたが、尚侍はその様子を見てより気の毒に思った。

(続く)
                                   ★

 最終巻である第四巻は尚侍と東宮との顔合わせからスタートします。出産
間近にも関わらず、男君と離れてさびしく暮らす東宮の許に、尚侍――女君
――は参上しますが、以前の尚侍(男君)と別人だとは微塵も疑っていない
ようです。
 続きは来週にお送りします。それではまた。


※これまでKISARAGIに掲載した「とりかへばや物語」の現代語訳を下記に
 まとめました。
 http://homepage3.nifty.com/miztam/classic/change/

------------------------------------------------------------------------
ジャンル:古典レビュー
メール :miztam@nifty.com
HP  :【かたかご】http://homepage3.nifty.com/miztam/
--------------------------------------------------------------------------
うわ、丸一日中部屋にいた。で、退屈じゃなくてあっというまに夜だった。時間っ
て、簡単に越えられるんだな。
---------------------------------------------------------------------------

◆きせい 【七十四】                              作者:みやこたまち

--------------------------------------------------------------------------
高校生、語る 4

 これは、当事者間でしか取り扱えない問題ではないか。相談されても困る。方法
は分かっていても実行できるかどうかは疑問だ。だが、求める結論が決まっている
のなら、いかに気が進まなくてもやるしかない。でも、出来ない。どうしよう。
 くだらない悩みを安易に一般化してしまうのは、最近、どうも勿体無いように思
われてきた。同時に、この個別の悩みに対して、先に述べたような旧来の言葉をも
って思考することもまた、間違っているのではないかと思われる。そもそも、こう
した悩み自体が、この旧来の言葉のせいで指定されているにすぎないのではないか。
他の言葉を使って考えることができるはずなのに、一般論を解説する言葉しか持た
ないから、そこに収まりきれない雑多なものがクローズアップされるのではなかろ
うか。

つづく
--------------------------------------------------------------------------
ジャンル:小説
メール :tamachim@yahoo.co.jp
HP  :【電網 昼行灯】http://www1.odn.ne.jp~cak87430/index.html
--------------------------------------------------------------------------

_/_/ KISARAGIについて _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
■配信システム
 KISARAGIは「まぐまぐ」:http://www.mag2.com/で配信しています。
■登録解除の方法
  KISARAGIを解除するには、次のアドレスへアクセスしてフォームに記入を。
 -->http://miytako.hp.infoseek.co.jp

_/_/ 発行者について _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
 編集者 みやこたまち
 E-mail :tamachim@yahoo.co.jp
 WebPage:http://www1.odn.ne.jp/~cak87430/index.html
------------------------------------------------------------------------
 前編集者 仙ちゃん
 E-mail :slowhand@sea.plala.or.jp
 WebPage:http://www7.plala.or.jp/slowhand/
------------------------------------------------------------------------
 初代編集者 牧瀬佑樹(マッキー)/スタック作家
 E-mail :macky@livrer.jp
 WebPage:http://www.livrer.jp/
------------------------------------------------------------------------

KISARAGI

RSSを登録する
発行周期 週刊
最新号 2018/07/15
部数 48部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

KISARAGI

RSSを登録する
発行周期 週刊
最新号 2018/07/15
部数 48部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

親鸞に学ぶ幸福論
【あなたを幸せにさせない理由はただ一つの心にあった。その心がなくなった瞬間に人生は一変する】と親鸞は解き明かします。 「本当の幸福とは何か」はっきり示す親鸞の教えを、初めての方にもわかるよう、身近な切り口から仏教講師が語ります。登録者にもれなく『あなたを幸せにさせない5つの間違った常識』小冊子プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング